北京語の詩が、手紙に含まれていて、意味を知りたいのですが?
誰か意味を教えてください。
不在平天長地久、栄在平曽経誰有(一部字が違う?)どうかよろしく

A 回答 (2件)

中国人の知り合いに聞いてみました。

お示しの字句に多少まちがいがあるようで,正しくは次のとおり,有名な決まり文句だそうです。

  不在乎天長地久
  只在乎曽経擁有

「在乎」は「~にある,重要なのは~だ」みたいな意味です。例えば,「事在乎人,不在乎天」なら,「事(の成否)は人にあるのであって,天にあるのではない」となります。

「天長地久」は「永遠であること」。特に「永遠の愛」みたいなニュアンスで使われます。「曽経擁有」は「かつて所有していたこと」(「擁」は簡体字では<手へん>に<用>)。

以上まとめると,「重要なのは,永遠であることではない。大切なのは,ただ,かつて有していたというその事実である」が直訳。かみくだくと,「愛が永遠であるかどうかは重要ではない,仮に愛が終わってしまってもかまわない。かつて愛し合ったというその事実こそが大切なのだ」みたいな内容で,ちょっと気取った(クサすぎ?)別れの言葉なんだそうです。

「手紙」ってひょっとしてそんな内容の手紙なんですか? (^^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変、勉強になりました。
 

お礼日時:2001/06/17 18:40

「平」にいなければ永遠に続く。

「平」にいて繁栄した人はかつて誰かいただろうか?

と,文字通りにはこんなふうになりそうですが,「平」がわかりません。だから全体も意味もわかりません。あんまり役に立ちそうにないですね。(^^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
まったく違う意味を、考えてました。北京語の勉強をし始めた僕に
ウルトラクイズ皆な、お言葉でした。

お礼日時:2001/06/14 22:34

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報