親が胆管癌になり、手術不可の為に抗がん剤治療をする事になりました。

調べてみると、胆管癌は化学療法が効きにくいとありましたが本当でしょうか?
現在リンパに転移の疑いがあり、手術が難しいそうです。
抗がん剤治療をして、癌が小さくなれば手術するという事らしいですが、そんな事可能なのですか?

もし抗がん剤が効いたとしても、化学療法だけで治すのはやはり難しいのでしょうか・・・
それなら副作用の事などを考えると、抗がん剤をやる意味が薄いのではと考えてしまいます。

わかる範囲で教えて頂けると助かります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

こんにちは。



お辛いですね。心中お察しします。
胆管癌は仰る通り化学療法が効きにくい癌になります。縮小や延命効果もあまり多くありません。

ご本人の体質により抗がん剤の副作用が変わってきますので、ご本人が辛くなければ化学療法を続けるメリットはあるかと思いますが、大変重い副作用の場合はQOLの改善を目指すかどうかをご本人と話し合う方が良いと考えます。

また、大変言いにくい事ですが胆管癌は転移が多くその場合はQOL(生活の質)を向上した緩和治療を薦められる事もある様です。

専門家ではないですが、少しでもお力になれると幸いです。
質問者さんもお身体を大事になさって、無理せずご本人と相談なさってくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
緩和も考えてみます・・・。

お礼日時:2015/08/15 08:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 胆嚢がん、胆管がん<肝臓・胆嚢・膵臓の病気>の症状や原因・診断と治療方法

    胆嚢がん、胆管がんとはどんな病気か  胆管とは肝臓で作られた胆汁を流す管であり、その脇道に胆汁をためる胆嚢があります。それぞれにできたがんを、胆管がん・胆嚢がんと呼びます。胆管がんはさらに、肝臓内の胆管にできる肝内胆管がんと、肝臓外の胆管にできる肝外胆管がんに分類します。  胆管は肝臓内では枝葉のように分かれていますが、肝臓外に出る所で1本の“総胆管”になります。胆汁は総胆管を通って十二指腸に流れ...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【医学用語】癌とがんの違いが曖昧なので再確認させてください。 川島なお美の肝内胆管癌。 北斗晶の乳

【医学用語】癌とがんの違いが曖昧なので再確認させてください。

川島なお美の肝内胆管癌。
北斗晶の乳癌。

確か癌をひらがな明記するのは皮膚がんだけだった気がします。

肝内胆管がん、乳がんという記載は誤りなので訂正すべきでは?

個人ブログは別に良いとしてメディアは統一すべきだと思います。

どう思いますか?

自分が購読している大手新聞社が乳癌のことを乳がんって書いてたらがっかりしませんか?

他の業界のことも適当なのかなと不安になりませんか?

乳癌だろうが乳がんだろうが気にしないですか?

Aベストアンサー

一般人には「癌」であっても「がん」であっても「ガン」であってもイメージ的には同じようなものだと思いますね。
ただ、医学的にはきちんとわけられています。
癌=上皮細胞が悪性化したものだけを指す呼び方
がん=上皮細胞が悪性腫瘍(癌)を含めて全部の悪性腫瘍を総称した呼び方

ですから病院によっては「癌」といわず「がん」だけに統一しているところもあります。そういう意味では肝内胆管がん、乳がんという記載が間違いとは言えません。実際にその病気にかかったご本人や関係者が医学的な違いをきちんとわかっていらっしゃればそれでいいのであって、それ以外の第三者が使う漢字に特に過剰に反応する必要はないと個人的には思います。

Q胆管がんと原発性硬化性胆管炎を見分けるには・・・

主人のことで相談します!よろしくお願いします。
50代の主人が昨年の秋に黄疸がひどくなり診察したところ胆管がんで余命半年、手術不可能とされステントでの減黄をし現在に至っています。癌と診断の理由は腫瘍マーカーCEAが14,6 CA-19-9が5000、DYUPAN2は16000だからでしたがそれから半年以上経ちますが食欲不振と背中の痛みがありますが肝機能の数値も良く状態は落ち着いていて担当医は原発性硬化性胆管炎かもしれないと言うのです。腫瘍マーカーの数値から言ってそんなことがあるのでしょうか??胆汁で癌を調べたところ1~5で3レベルで判断はつかず困っています。どうか教えて下さい。
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

ご主人さんが癌と診断され半年とのこと、ご苦労いかばかりかとお見舞い申し上げます。

画像診断上は胆管癌と原発性硬化性胆管炎を見分けるのは非常に困難です。
原発性硬化性胆管炎が胆管癌を合併することもあり、臨床的に判断がつかない場合も多いです。

腫瘍マーカーの推移はいかがですか? 黄疸の有無によってCA19-9は上下するので、診断された当時黄疸があって今はないということなら、CA19-9は低下しているかもしれません。
CEAは喫煙によって少し高くなることはありますが、黄疸によっては左右されません。
DUPAN-2は良性疾患でもあがることがありますが、1600は高いようですね。
この3つのマーカーが全て下がっているなら原発性硬化性胆管炎だったのか、あるいは癌があっても比較的落ち着いている状態なのかもしれませんね。

ただ、原発性硬化性胆管炎であったとしても、経過は胆管癌とあまり差はありません。少しずつ進行して、身体の調子を崩される日がいつくるかもしれません。

「癌であるかそうでないか」という鑑別に時間を費やすよりも、せっかくお元気でおられるなら、その時間を有意義に過ごしていただくのがいいのではないかと思います。

実際の余命は医師にも誰にも判らないものです。
これからご主人さんが過ごされる時間が長くても短くても、充実した人生を送っていただければと祈ります。

ご主人さんが癌と診断され半年とのこと、ご苦労いかばかりかとお見舞い申し上げます。

画像診断上は胆管癌と原発性硬化性胆管炎を見分けるのは非常に困難です。
原発性硬化性胆管炎が胆管癌を合併することもあり、臨床的に判断がつかない場合も多いです。

腫瘍マーカーの推移はいかがですか? 黄疸の有無によってCA19-9は上下するので、診断された当時黄疸があって今はないということなら、CA19-9は低下しているかもしれません。
CEAは喫煙によって少し高くなることはありますが、黄疸によっては左右され...続きを読む

Q胆管癌・化学療法について

親が胆管癌になり、手術不可の為に抗がん剤治療をする事になりました。

調べてみると、胆管癌は化学療法が効きにくいとありましたが本当でしょうか?
現在リンパに転移の疑いがあり、手術が難しいそうです。
抗がん剤治療をして、癌が小さくなれば手術するという事らしいですが、そんな事可能なのですか?

もし抗がん剤が効いたとしても、化学療法だけで治すのはやはり難しいのでしょうか・・・
それなら副作用の事などを考えると、抗がん剤をやる意味が薄いのではと考えてしまいます。

わかる範囲で教えて頂けると助かります。

Aベストアンサー

こんにちは。

お辛いですね。心中お察しします。
胆管癌は仰る通り化学療法が効きにくい癌になります。縮小や延命効果もあまり多くありません。

ご本人の体質により抗がん剤の副作用が変わってきますので、ご本人が辛くなければ化学療法を続けるメリットはあるかと思いますが、大変重い副作用の場合はQOLの改善を目指すかどうかをご本人と話し合う方が良いと考えます。

また、大変言いにくい事ですが胆管癌は転移が多くその場合はQOL(生活の質)を向上した緩和治療を薦められる事もある様です。

専門家ではないですが、少しでもお力になれると幸いです。
質問者さんもお身体を大事になさって、無理せずご本人と相談なさってくださいね。

Q進行胃がん 化学療法 抗がん剤を変えたほうがいいのか・・・

長文になりますが、よろしくお願いします。73歳になる父が昨年の夏、胃がんと複数の肝転移が見つかりました。
入退院を繰り返しながら、シスプラチンの点滴とTS-1の内服を5クール行い、現在、在宅で TS-1のみの内服の2クール目中です。肝転移は、ラジオ波にて、現在も新たな再発はありません。胃の腫瘍は、一時、かなり縮小したのですが、また、大きくなってきているそうです。腫瘍マーカーは、上昇していません。今後の治療方針について、主治医から、抗がん剤の変更について どうするかとの 相談がありました。
また、効果があるかどうか わからないのに、余命を伸ばすために 入院して(腎機能が悪いため、入院しての治療となるそうです。)、副作用や苦痛を味あわせるべきか、このまま、何もせず、家で過ごすのがいいのか ・・・。私が元看護士ということもあり、家族は 私に任せるというのですが、なかなか、決められず悩んでいます。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

心中お察し申し上げます。

大任をまかされてしまったのですね。

私の父も胃がんで余命一年と言われながらも生きています。
抗がん剤を止めて丸山ワクチンを投与しています。
がんには効き目が無いみたいですが痛みは軽減されています。

一度お試しになってはいかがでしょうか。

もしも私が質問者様の立場なら入院の延命処置はしません。
苦しむよりは楽にさせてあげたいです。

参考URL:http://www.geocities.jp/maruyama_vaccine/

Q胆管癌のステントについて

身内が胆管癌で、ERCPでステントを入れたのですが、何度も何度も詰まってしまいます。
結局PTCDという、お腹の辺りからチューブを出して胆汁パックに出す方法になりました。

しかし手術は出来ないとの事なので、このままPTCDかERCPがどうしますか?と聞かれました。
ERCPの場合はメタリックステントというのを入れるらしく、今までのステントよりは詰まりにくいそうです。
手術不可の胆管癌の場合、どちらの方がメリットがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

復習
ERCPは内視鏡下で十二指腸まですすみ、胆管にはいります。狭窄部にメタリックステントを留置し広げることで正常な胆汁の流れを作ります。
PTCDはこちらのサイトをhttp://medical-checkup.info/article/96771012.html
外から針を指して胆汁を抜くのて、それを常時携帯してもらうと思います。
どちらも肝臓がんによる合併症なので、本文を見る限りではどちらがいいとは、いいがたいです。
http://ganjoho.jp/public/cancer/liver/treatment_option.html
先生が治療方針の参考にする、肝臓がん治療の分岐です。さんこうになれば幸いです。

Q乳がんの化学療法(抗がん剤)について

  はじめまして。乳がんと診断され、術前化学療法を受けています。CEFが4クール終了し、今後は週一回のタキソールの治療を受けます。
  そこで質問ですが、採血でも困るくらい血管が細く、点滴の後に血管に痛みが残ります。タキソールは副作用として、痺れなどが残ると聞き不安です。実際に抗がん剤の治療を経験された方やお詳しい方から、点滴時や後における痛みや副作用を軽減するアドバイスをいただけたらと思います。
  また、白血球が下がりやすく、だるい日もあり、治療中の日常生活が少しでも楽になるようなアドバイスもいただければ幸いです。抗がん剤の治療中、生活上思いがけずこんなことに困って、どう対処したか、などをお聞かせいただければありがたいです。
  どうぞよろしくお願いいします。

Aベストアンサー

『イデアフォー』
という 乳癌治療体験者達が、ボランティアでつくった市民団体が 
無料電話相談 をされています。

良いお話 等 聞けるかとおもいますので、
ご参考までに

参考URL:http://www.ideafour.org/

Q肝内胆管癌とメシマコブ

51歳の母親が、2週間前肝内胆管癌と診断されました。
年明けすぐにオペをし、肝臓が再生する1か月後に、抗癌剤の投与が始まるそうです。検査では転移は見られないのですが、左葉は全部腐っているそうです。詳しいことは、開いてみないとわからないのですが。。。

そこで、その他の併用治療としてメシマコブなどの民間療法に興味があるのですが、肝内胆管癌って珍しいので、資料を集めたいのですが方法が分かりません。あとは、メシマコブの副作用などがもしあれば、教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご家族の心中お察しします。

メシマコブに関しては、以下の参考URLは関連回答がありますが参考になりますでしょうか?
この中で#3で紹介したサイトを参考にしてください。

個人的にはいろいろある民間療法のものでは効果がある可能性(!)が高いとは推測しますが、過度の期待はどうかと思います。
良く主治医と相談してください。

◎http://humanbalance.net/gan3/data87/data87.html
(胆道がん)
◎http://humanbalance.net/gan3/data28/data28.html
(肝臓がん)
リンク集です。

ご参考まで。

参考URL:http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=710020

Q大腸癌 2年程、抗がん剤の治療をしてました。これからも抗がん剤の治療はするつもりですが、転移がある

大腸癌

2年程、抗がん剤の治療をしてました。これからも抗がん剤の治療はするつもりですが、転移があるのと、原発を取り切れて無い事も含め、今回の抗がん剤治療は在宅ケアにする予定になりました。
大体で構わないので、金額がお分かりになる方教えて頂けると助かります。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

金額とは、抗がん剤治療費用ですか?

CVポートを埋設するFOLFOXやFOLFIRI、さらにアバスチンなど
大腸ガンに使われる抗がん剤は多種ありますよ
しかし大半は限度額認定が受けられますので
所得や健康保険の種類によりますが1月4万円代8万円程度では?

Q胆管癌の切除範囲等、教えてください

62歳男性。乳頭癌から胆管癌と説明変わる。内科医は胆嚢は取るが十二指腸と胆管の一部の切除と説明。オペが一杯でひとつき待つ。手術の4日前再入院。初めて外科医がきて
胃の4分の1、すい臓の一部、胆嚢胆管十二指腸全摘とせつめい。術後全く話なし。死去する2日前に話しを聞きたいと2時間待ったがオペが入ったと帰される。死去する1週間前に重湯が始まったが翌日嘔吐、腹部より大出血。2日後に又大出血。CTなど検査なし。翌日輸血。翌々日死去。家族が呼ばれ入った集中治療室では、心臓マッサ-ジが行われていた。癌?は外壁1cm未満

Aベストアンサー

外科が専門ではありませんが、乳頭癌、胆管癌では胃・膵部分切除、胆嚢・胆管。十二指腸合併切除は標準的な手術方法だったと思います。消化器外科では最も広汎で難しい手術の一つです。術後は胆管、膵管の外ドレナージで消化液を体外へ誘導し、消化液の漏れなどによる縫合不全や膵炎を予防するなどの処置がとられます。きちんと膵液が誘導されているかなど、術後管理も大変難しいものです。そのため術後急性期の死亡を含む重篤な合併症の率も高い手術です。外科の先生に手術の危険性をしっかり説明していただかれましたか?
(私の母も同じ手術を受け、結局術後管理は私が自分でしました。10年以上たちますが、元気です)

Q肝外胆管癌の手術

7月上旬に64才の母が閉塞性黄疸で入院し、数日前に肝外胆管癌と診断されました。

本来ならば黄疸が出た時点で無理なのですが、母の場合は可能性があるので手術をすると言われました。
手術内容は、左側の肝臓の切除・胆嚢切除・胆管切除だそうです。
この3つを切除すれば治りますと言われました。
大きな手術になるという他には、手術の危険性や術後等の説明は一切ありませんでした。
体力の回復と減黄の様子次第で、お盆前の手術を予定しているそうです。

本当に手術さえ受ければ治るのでしょうか。
この癌は完治するのでしょうか。
このような説明は一般的なものなのでしょうか。

Aベストアンサー

yuzunohanaさん、ご心中お察しいたします。

私は医療関係者ではありませんが同様の経験から参考にしていただければと思い書いています。

>本当に手術さえ受ければ治るのでしょうか。
>この癌は完治するのでしょうか。

*外科的療法のみだけでなく術後の抗ガン剤治療が行われると思います。

左側の肝臓、胆嚢、胆管切除だそうですが、それなら他臓器転移ありですから、ステージも良くないと思います。

胆嚢、胆管ガンの場合なら、もともと、治療が難しいガンに分類されていたと思います。

***********************************
*【ご注意】
*このことは、とても重要なことです。
*経験からは記述していますが、正確でない場合もあります。
*納得されたいのなら、鵜呑みにせず、必ず、担当医の先生に確認して下さい。
***********************************


>このような説明は一般的なものなのでしょうか。
最先端の治療をしている病院ではないようですが、それなら、少し説明不足程度だと思います。

しかし、インフォームド・コンセントから考えれば十分ではないとの印象は受けました。

*本来なら病状の説明から、その治療の選択肢(手術の有無含)と、その結果(効果とリスク)、その選択肢の中で、その病院でできる治療内容を始めに説明してくれると助かるのですが、日本の現状では難しいでしょう。
(病院の忙しい状況や、経験不足、医療方針が患者主体にないなどから考えれば無理でしょうか。)


そこで、セカンドオピニオンの活用を考えられても良いかもそれません。
(医学知識がないことを埋め合わせて、より良い治療を受けさしたい、結果にしたいなどが担当医の先生に伝わりませんと、まだ日本では一般的でなく、誤解から関係が悪くなるかもしれません。)

*病状を一番把握されているのは担当医の先生です。今後の治療内容とその選択肢と、それぞれの目的、効果、リスクを十分相談されてはいかがでしょうか?
(その中の、治療を決定する方法の手助けにセカンドオピニオンがあっても良いと思います。)


そのためには、yuzunohanaさんも一般向きの本は見られているかもしれませんが図書館などで医療関係者入門用の本などが役に立つと思います。
(yuzunohanaさんの今、できそうなことから始めてみてください。)

担当医の先生もお忙しいので、相談される場合
・事前に約束をする。
 (先生の都合に合わせ、何時から何時までか、仕事後30分、1時間など)
・お母様の診察時間に合わせて相談
 (この場合も事前に概略を伝えるなど約束したほうが良いですし、相談が長いようなら別のお約束にしたほうが良いと思います。)

・約束に遅れない、約束の時間(長さ)を守る。
(長くなりそうなら了解を取ります。次の機会にすます。)
・相談内容、過程、結果が有意義と感じれる時間にします。
(これは、それなりに勉強や事前に考えることが多く難しいですが、こちらも頑張っているのが分かり、相談や約束をしやすくなるなど良い関係が築けます。)

これらの約束やマナーは守りましょう。
(守らないと次からの約束や相談、関係に支障がでます。)

お母様と接する時間が一番長いのは看護士(婦)さんや病院のスタッフです。
(先生の前だけでなく、多くのスタッフにも、同様にさりげない気遣いやマナーを守ることに心がけましょう。)

家族で役割分担や合議方法を決めたほうが良いと思います。(患者のお母様も含めてです。)
(皆がバラバラに担当医の先生に相談したり、違う要望をだすことがないようにしましょう。)


*yuzunohanaさんの文章からはでは、お母様にどこまで告知がされているか不明です。
もしかしたら病名告知さえ、ないのではありませんか?(または、うその病名になっていませんか?)
(これは、とても難しい問題です。病気の本人が無視されているのはおかしいくないでしょうか。告知や告知事例から、担当医の先生と相談が必要かもしれません。)
*すでに病名告知されていればごめんなさい。

yuzunohanaさん、お母様のご病気、手術と、ご心配ごとが多いと思います。
しかし、お母様はもっと不安の中で入院されていると思います。できるだけ、ご家族がおいでになるほうが、ご本人も気が紛れるのではと思います。(個室でないなら、くれぐれもご静かに)
(付き添いされないのでしたら、看護士(婦)さんに日常の様子をそれとなく聞くと参考になると思います。)

yuzunohanaさん、ご心中お察しいたします。

私は医療関係者ではありませんが同様の経験から参考にしていただければと思い書いています。

>本当に手術さえ受ければ治るのでしょうか。
>この癌は完治するのでしょうか。

*外科的療法のみだけでなく術後の抗ガン剤治療が行われると思います。

左側の肝臓、胆嚢、胆管切除だそうですが、それなら他臓器転移ありですから、ステージも良くないと思います。

胆嚢、胆管ガンの場合なら、もともと、治療が難しいガンに分類されていたと思います。

*...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報