親が胆管癌になり、手術不可の為に抗がん剤治療をする事になりました。

調べてみると、胆管癌は化学療法が効きにくいとありましたが本当でしょうか?
現在リンパに転移の疑いがあり、手術が難しいそうです。
抗がん剤治療をして、癌が小さくなれば手術するという事らしいですが、そんな事可能なのですか?

もし抗がん剤が効いたとしても、化学療法だけで治すのはやはり難しいのでしょうか・・・
それなら副作用の事などを考えると、抗がん剤をやる意味が薄いのではと考えてしまいます。

わかる範囲で教えて頂けると助かります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

こんにちは。



お辛いですね。心中お察しします。
胆管癌は仰る通り化学療法が効きにくい癌になります。縮小や延命効果もあまり多くありません。

ご本人の体質により抗がん剤の副作用が変わってきますので、ご本人が辛くなければ化学療法を続けるメリットはあるかと思いますが、大変重い副作用の場合はQOLの改善を目指すかどうかをご本人と話し合う方が良いと考えます。

また、大変言いにくい事ですが胆管癌は転移が多くその場合はQOL(生活の質)を向上した緩和治療を薦められる事もある様です。

専門家ではないですが、少しでもお力になれると幸いです。
質問者さんもお身体を大事になさって、無理せずご本人と相談なさってくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
緩和も考えてみます・・・。

お礼日時:2015/08/15 08:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【医学用語】癌とがんの違いが曖昧なので再確認させてください。 川島なお美の肝内胆管癌。 北斗晶の乳

【医学用語】癌とがんの違いが曖昧なので再確認させてください。

川島なお美の肝内胆管癌。
北斗晶の乳癌。

確か癌をひらがな明記するのは皮膚がんだけだった気がします。

肝内胆管がん、乳がんという記載は誤りなので訂正すべきでは?

個人ブログは別に良いとしてメディアは統一すべきだと思います。

どう思いますか?

自分が購読している大手新聞社が乳癌のことを乳がんって書いてたらがっかりしませんか?

他の業界のことも適当なのかなと不安になりませんか?

乳癌だろうが乳がんだろうが気にしないですか?

Aベストアンサー

一般人には「癌」であっても「がん」であっても「ガン」であってもイメージ的には同じようなものだと思いますね。
ただ、医学的にはきちんとわけられています。
癌=上皮細胞が悪性化したものだけを指す呼び方
がん=上皮細胞が悪性腫瘍(癌)を含めて全部の悪性腫瘍を総称した呼び方

ですから病院によっては「癌」といわず「がん」だけに統一しているところもあります。そういう意味では肝内胆管がん、乳がんという記載が間違いとは言えません。実際にその病気にかかったご本人や関係者が医学的な違いをきちんとわかっていらっしゃればそれでいいのであって、それ以外の第三者が使う漢字に特に過剰に反応する必要はないと個人的には思います。

Q胆管癌・化学療法について

親が胆管癌になり、手術不可の為に抗がん剤治療をする事になりました。

調べてみると、胆管癌は化学療法が効きにくいとありましたが本当でしょうか?
現在リンパに転移の疑いがあり、手術が難しいそうです。
抗がん剤治療をして、癌が小さくなれば手術するという事らしいですが、そんな事可能なのですか?

もし抗がん剤が効いたとしても、化学療法だけで治すのはやはり難しいのでしょうか・・・
それなら副作用の事などを考えると、抗がん剤をやる意味が薄いのではと考えてしまいます。

わかる範囲で教えて頂けると助かります。

Aベストアンサー

こんにちは。

お辛いですね。心中お察しします。
胆管癌は仰る通り化学療法が効きにくい癌になります。縮小や延命効果もあまり多くありません。

ご本人の体質により抗がん剤の副作用が変わってきますので、ご本人が辛くなければ化学療法を続けるメリットはあるかと思いますが、大変重い副作用の場合はQOLの改善を目指すかどうかをご本人と話し合う方が良いと考えます。

また、大変言いにくい事ですが胆管癌は転移が多くその場合はQOL(生活の質)を向上した緩和治療を薦められる事もある様です。

専門家ではないですが、少しでもお力になれると幸いです。
質問者さんもお身体を大事になさって、無理せずご本人と相談なさってくださいね。

Q胆管癌のステントについて

身内が胆管癌で、ERCPでステントを入れたのですが、何度も何度も詰まってしまいます。
結局PTCDという、お腹の辺りからチューブを出して胆汁パックに出す方法になりました。

しかし手術は出来ないとの事なので、このままPTCDかERCPがどうしますか?と聞かれました。
ERCPの場合はメタリックステントというのを入れるらしく、今までのステントよりは詰まりにくいそうです。
手術不可の胆管癌の場合、どちらの方がメリットがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

復習
ERCPは内視鏡下で十二指腸まですすみ、胆管にはいります。狭窄部にメタリックステントを留置し広げることで正常な胆汁の流れを作ります。
PTCDはこちらのサイトをhttp://medical-checkup.info/article/96771012.html
外から針を指して胆汁を抜くのて、それを常時携帯してもらうと思います。
どちらも肝臓がんによる合併症なので、本文を見る限りではどちらがいいとは、いいがたいです。
http://ganjoho.jp/public/cancer/liver/treatment_option.html
先生が治療方針の参考にする、肝臓がん治療の分岐です。さんこうになれば幸いです。

Q肝内胆管癌とメシマコブ

51歳の母親が、2週間前肝内胆管癌と診断されました。
年明けすぐにオペをし、肝臓が再生する1か月後に、抗癌剤の投与が始まるそうです。検査では転移は見られないのですが、左葉は全部腐っているそうです。詳しいことは、開いてみないとわからないのですが。。。

そこで、その他の併用治療としてメシマコブなどの民間療法に興味があるのですが、肝内胆管癌って珍しいので、資料を集めたいのですが方法が分かりません。あとは、メシマコブの副作用などがもしあれば、教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご家族の心中お察しします。

メシマコブに関しては、以下の参考URLは関連回答がありますが参考になりますでしょうか?
この中で#3で紹介したサイトを参考にしてください。

個人的にはいろいろある民間療法のものでは効果がある可能性(!)が高いとは推測しますが、過度の期待はどうかと思います。
良く主治医と相談してください。

◎http://humanbalance.net/gan3/data87/data87.html
(胆道がん)
◎http://humanbalance.net/gan3/data28/data28.html
(肝臓がん)
リンク集です。

ご参考まで。

参考URL:http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=710020

Q胆管癌の切除範囲等、教えてください

62歳男性。乳頭癌から胆管癌と説明変わる。内科医は胆嚢は取るが十二指腸と胆管の一部の切除と説明。オペが一杯でひとつき待つ。手術の4日前再入院。初めて外科医がきて
胃の4分の1、すい臓の一部、胆嚢胆管十二指腸全摘とせつめい。術後全く話なし。死去する2日前に話しを聞きたいと2時間待ったがオペが入ったと帰される。死去する1週間前に重湯が始まったが翌日嘔吐、腹部より大出血。2日後に又大出血。CTなど検査なし。翌日輸血。翌々日死去。家族が呼ばれ入った集中治療室では、心臓マッサ-ジが行われていた。癌?は外壁1cm未満

Aベストアンサー

外科が専門ではありませんが、乳頭癌、胆管癌では胃・膵部分切除、胆嚢・胆管。十二指腸合併切除は標準的な手術方法だったと思います。消化器外科では最も広汎で難しい手術の一つです。術後は胆管、膵管の外ドレナージで消化液を体外へ誘導し、消化液の漏れなどによる縫合不全や膵炎を予防するなどの処置がとられます。きちんと膵液が誘導されているかなど、術後管理も大変難しいものです。そのため術後急性期の死亡を含む重篤な合併症の率も高い手術です。外科の先生に手術の危険性をしっかり説明していただかれましたか?
(私の母も同じ手術を受け、結局術後管理は私が自分でしました。10年以上たちますが、元気です)

Q胆管癌のわけ方って?

胆管癌って、関門部、上部、中部、下部と分けているみたいなのですが、
どこまでが上部でどこから中部なんでしょうか?
術式ががらりと変わるみたいなのですが。。。。

Aベストアンサー

肝門部、上部、中部、下部という分け方はあくまでも便宜的なものです。カルテを書くときとか、医師同士が話すときに、使う言葉を統一しようと言うのがこの分類なのです。

実際には肝門部に原発巣があっても、胆管下部に浸潤があるなどの場合もよくあります。悪性腫瘍は、我々の分類に関係なく浸潤していきます。複数領域に浸潤した場合は、肝部分切除および膵頭十二指腸切除を同時に行うことも少なくないです。
PTCDやERCPなどの検査をしたと思うのですが、その結果を見ないことには、上部胆管の癌かどうか、私には判断しかねます。

Q胆管癌の転移

昨年の1月に上部胆管癌の手術をしましたが、今年2月のCTで肝臓に5mmと7mmの発生が離れた位置で確認されました。
放置した場合の余命は半年程で1年は無理だろうとの事です。

放射線や抗癌剤は効かないから治癒の見込みは1割しか無いが、抗癌剤で癌の成長を遅らせば、数年間に渡り共存出来る可能性も有るとの事でした。
鎖骨の下にリザーバーを埋込み、5FUを静脈へ間欠投与して、成長が遅れるか暫くは様子を見る事になりました。

肝臓癌は非環式レチノイド・肝動脈塞栓療法・エタノール注入療法・マイクロ波凝固療法・ラジオ波焼灼法等の新しい方法も考えられるが、胆管癌から転移した場合は肝臓癌ではないから使えないそうです。
5FUの静脈投与も確実に効果が有るとは言えない様です。
上記の新しい方法は全てが全く無効なのでしょうか? 多少は役に立たないのでしょうか? 何故、駄目なのでしょうか?

標準外の療法で良いから、上記以外に治癒の見込みが有る方法は実験中や治験段階、海外だけの日本未承認の話としても存在しないのでしょうか?
ハイパーサミアや免疫療法の話も聞きますが、実際に期待出来る療法は本当に何も無いのでしょうか 

昨年の1月に上部胆管癌の手術をしましたが、今年2月のCTで肝臓に5mmと7mmの発生が離れた位置で確認されました。
放置した場合の余命は半年程で1年は無理だろうとの事です。

放射線や抗癌剤は効かないから治癒の見込みは1割しか無いが、抗癌剤で癌の成長を遅らせば、数年間に渡り共存出来る可能性も有るとの事でした。
鎖骨の下にリザーバーを埋込み、5FUを静脈へ間欠投与して、成長が遅れるか暫くは様子を見る事になりました。

肝臓癌は非環式レチノイド・肝動脈塞栓療法・エタノール注入療法...続きを読む

Aベストアンサー

http://www.so-net.ne.jp/medipro/hypref/cgi-bin/ebook/ebook.cgi?s=pd&id=Q760IM
に転移性肝癌の説明があります。ただ、治療法は載っていません。
胆管癌については以下のHPをご覧ください。
http://www.so-net.ne.jp/medipro/hypref/cgi-bin/ebook/ebook.cgi?s=pd&id=P790IN

http://rad-www.kuhp.kyoto-u.ac.jp/Public/state_of_art/radiosurgery_body.htm
ここに放射線治療の話が載っています。これから転移性肝癌にも適応が拡大していこうとしているそうです。
ただ、京都大学は初診を受け付けていない(紹介患者のみ)なので、紹介状を書いてもらう必要がありますが・・・
http://www.rad.kpu-m.ac.jp/sub/bumon/ivr.htm
ここは、京都府立医科大学の放射線治療の話です。
転移性肝癌には、動注療法・リザーバー留置、ASOに対するPTA・ステント留置が主体なのだそうです。
それらの治療法については以下の病院でもやっているようです。
http://www.hosp.go.jp/~skyoto/

http://www.igaku-shoin.co.jp/04nws/news/n1998dir/n2317dir/n2317_03.htm
ここには遺伝子治療のことが載っています。
千葉大と東大で治験段階のようです。

原発性(最初にそこに出来た)肝臓癌は、肝細胞癌です。
あなたの胆管癌がどの種類の胆管癌であったかは分かりませんが、
一番可能性が高いのはやはり分化型の腺癌です。
そもそも癌の根本的な種類が違うので、肝細胞癌のために作られた治療法は、
やはり転移性肝癌には適応外ということになります。
(おそらく他の癌からの転移には適応例もあると思います。適応外のことも多いでしょうが。)

原発性肝癌については以下のHPを紹介しておきます。
http://www.jfcr.or.jp/information/symptom/inf_sym_kan.html

治験段階の治療法はたぶん数限りなくあります。
転移性肝癌は現在の治療法では完治は不可能であるからです。
そのため、完治させるような治療法は、きっとどの大学でも研究中であると思います。

お大事にしてください。

http://www.so-net.ne.jp/medipro/hypref/cgi-bin/ebook/ebook.cgi?s=pd&id=Q760IM
に転移性肝癌の説明があります。ただ、治療法は載っていません。
胆管癌については以下のHPをご覧ください。
http://www.so-net.ne.jp/medipro/hypref/cgi-bin/ebook/ebook.cgi?s=pd&id=P790IN

http://rad-www.kuhp.kyoto-u.ac.jp/Public/state_of_art/radiosurgery_body.htm
ここに放射線治療の話が載っています。これから転移性肝癌にも適応が拡大していこうとしているそうです。
ただ、京都大学は初診を受け付けていな...続きを読む

Q胆管癌の術後の食事について

父が胆管癌にかかり、胃、小腸、膵臓、胆管の一部を切除する手術を受け、無事病巣は取り除くことができました。しかし、術後、食物を受け入れなくなり、おかゆのようなものでも、少し食べても、もどしてしまいます。

食物を食べれるようになるなにかいい方法はありませんでしょうか?お知恵を貸して下さい。

Aベストアンサー

こんばんは。

回答がつかないようなので
専門家でもなんでもない、ただのがん患者ですが
思うところを書かせていただきます。

消化管の術後で食物を戻してしまうというのは
消化管をつなぎなおした部分が癒着して
閉塞してしまっている可能性があるかと思います。
もうご質問時から時間がたっているので
すでにお医者様とはお話されていると思うのですが、
消化管閉塞の可能性を、まずは早急にご確認ください。

閉塞ではないと仮定したうえで、
消化管のがんではありませんが
術後の食事に苦労したがん患者として以下を書きます。

おかゆというのは、意外と重いです。
まず最初は、ポタージュなどのスープ類をお勧めします。
ポタージュでも重ければ
具のない吸い物やコンソメ系などさらっとしたスープを。
ご本人の味の好みもありますが
和風、洋風、中華風などなど
結構バリエーションもききます。

手作りができるのであれば、
たとえばジャガイモ、コーン、かぼちゃetcでポタージュを造る際
玄米や雑穀を炊いたもの(または炒ってはじけたものを野菜と一緒に煮る)を少量
一緒にミキサーで粉砕すれば
市販スープよりは栄養バランスも良くなるかと思います。

他の方への回答でも書くのですが
食欲に直結するのは
やはり味です。
本当にご本人の好みしだいなんですが
私はおかゆばっかりってうんざりしました。
だから白粥はほとんどしない。
雑炊、おじや、リゾット
がんを発症してから今年が5年目になりますが
それがいまだに粥食の私が食べる主食です。
あ、使うのは玄米と雑穀少々です。

自分の口から食べて
自分の消化管を使って栄養を取り込むことは
体力回復につながる一番大事なことです。
消化管の一部切除で
消化能力が落ちていることは容易に想像できますので
自分の口から食べることができるかぎり
消化しやすい、美味しい食事を用意して差し上げてください。

質問者様が望んでいた回答とは
違う方向なのだろうとは思いますが、
どうかお父上が回復できますように!

こんばんは。

回答がつかないようなので
専門家でもなんでもない、ただのがん患者ですが
思うところを書かせていただきます。

消化管の術後で食物を戻してしまうというのは
消化管をつなぎなおした部分が癒着して
閉塞してしまっている可能性があるかと思います。
もうご質問時から時間がたっているので
すでにお医者様とはお話されていると思うのですが、
消化管閉塞の可能性を、まずは早急にご確認ください。

閉塞ではないと仮定したうえで、
消化管のがんではありませんが
術後の食事に苦労したがん患者とし...続きを読む

Q母が胆管癌と診断されました

母はもともと便秘が酷く年に一、二度寝込むこともあるほどです。
今回もまた同じようになったの、寝込んだ翌日すっかり体調は良くなっていたのですが念の為と言うことで無理やり病院へ連れて行ったら黄疸が出ているとの事で即入院となりました。
その時医師の診断は胆管に石かポリープが出来ているが幸い発見が早かったので命にかかわるようなものではない、ただ検査の結果ポリープなら外科手術が必要になるだろうが、とのことでした。
その後内視鏡を入れ検査と同時につまった胆管の代わりに管を入れ胆汁を外に出す処置をしました。
そしての出てきた胆汁を調べたら癌細胞が有るとの事で、癌が胆嚢にも転移していると思われるので進行している胆管癌との診断を下されました。
ネットで調べると胆管癌、胆嚢癌は極めて死に至る確率が高いと書いてあります。
しかも手術も極めて難しく、仮に成功しても再発の可能性が非常に高く予後の生存率はとても低い様に書いてありました。
前置きがとても長くなって申し訳ございません
お聞きしたいのは
(1)何故当初「命にかかわるようなことは無い」との診断をしたのでしょう?
患者本人に対してならまだしも家族にまで、胆道癌の疑いがあるとすればあまりにも安易だった様に思いますが何故でしょう?
(2)現在母は特に痛み等訴えることは無いですし、体内に管を入れていることを除けばほんと元気で、今日も外泊許可がでて家で家事をしています。
胆道癌は極めて進行が早く、再発も高いようですが母を助けることは出来ないでしょうか?
なんか的外れなことばかり言いますがアドバイスして頂ければ助かります
宜しくお願いします

母はもともと便秘が酷く年に一、二度寝込むこともあるほどです。
今回もまた同じようになったの、寝込んだ翌日すっかり体調は良くなっていたのですが念の為と言うことで無理やり病院へ連れて行ったら黄疸が出ているとの事で即入院となりました。
その時医師の診断は胆管に石かポリープが出来ているが幸い発見が早かったので命にかかわるようなものではない、ただ検査の結果ポリープなら外科手術が必要になるだろうが、とのことでした。
その後内視鏡を入れ検査と同時につまった胆管の代わりに管を入れ胆汁を外...続きを読む

Aベストアンサー

あまりよくは覚えていないんですが、わかる範囲でお答えしますね。
母の場合は、腰から肩に痛みが出る→黄疸が出て体中にかゆみが出る→血液検査で異常値が出てその後検査をしてわかりました。
最初は簡単な検査しかしなかったと思います。(レントゲンやCTなど)その時点で、私達も言われました。
「ポリープか石かもしれませんね。はっきりさせる為に大学病院を紹介しますからそちらで詳しい検査をして下さい。」  おそらく、その時点で先生には癌の可能性が高いことはわかっていたと思います。
その時、私は違う病院で働いていましたが、そこの先生に胆のう癌について聞いたところ、症状が表に出てきた時には、もう手遅れな場合が多いと言っていました。胆のうなどは、病気を見つけにくいみたいですね・・・
その後、病院を移りたくさんの検査をして手術をしました。8時間ぐらいかかったことを覚えています。成功とは言っていましたが、後で父が呼ばれて先生といろいろ話をしていました。きっと、転移していたか転移する可能性が高いでしょうと言われたのだと思います。
手術する前も、してからも比較的元気にしていましたよ。 退院してから1年半で亡くなりましたが、治療は今考えると、投薬と点滴と定期的な診察だけだったと思います。
お母さんは手術の予定とかあるんですか?

もっと親孝行しておけばよかったとか、一緒に出掛ければよかったとかそんなことばかり今でも考えることがあります。後悔ばかりです。

家族に病人がでると、世話をしたりお見舞いに行ったりでそのうちだんだんと疲れてきます。
家族みんなでうまく協力してお母さんと共に頑張ってください。

またなんかあったら聞いてくださいね。
長々とすみませんでした。

あまりよくは覚えていないんですが、わかる範囲でお答えしますね。
母の場合は、腰から肩に痛みが出る→黄疸が出て体中にかゆみが出る→血液検査で異常値が出てその後検査をしてわかりました。
最初は簡単な検査しかしなかったと思います。(レントゲンやCTなど)その時点で、私達も言われました。
「ポリープか石かもしれませんね。はっきりさせる為に大学病院を紹介しますからそちらで詳しい検査をして下さい。」  おそらく、その時点で先生には癌の可能性が高いことはわかっていたと思います。
その時、私...続きを読む

Q胆管癌の術式って?

1ヶ月前身内の者が胆管癌と診断されました。
ようやく検査が済んだようで説明を受けたのですが、
「場所は胆嚢の出口(入り口?)に約1.5センチの腫瘍。肝動脈と門脈、他臓器への転移の様子はみられない。手術は膵頭十二指腸切除術」と、言われたのですが、全胃幽門輪温存膵頭十二指腸切除というのがあると説明を受けた後に知りました。
この2つの術式ってなにがどう違うのでしょうか?
「全胃幽門輪温存膵頭十二指腸切除術でお願いします」と先生にお願いできることなのでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

胆嚢癌・膵頭部癌では根治的治療として膵頭十二指腸切除術(PD)が行われてきました。この術式は胃の下3分の1の所から十二指腸と膵頭部を含んで小腸の一部まで一塊に切除し胃と小腸や胆管、膵管を再建する方法です。しかしこの手術法では手術後の消化管機能が大きく損なわれる事がありこれを改善しようと、切除範囲が小さくて良い症例に対して、胃および胃の出口である幽門輪を温存する幽門輪温存膵頭十二指腸切除術(PpPD)が考案されました。この方法だと胃全部と胃を支配する神経を温存するため手術後の消化管機能が大幅に改善されるといわれています。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報