ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

市販商品のラベルやパッケージを、オリジナルのものに張り替えたり入れ替えて配布・販売することは可能でしょうか?

例えば、
(1) 焼酎やビールなどのお酒のラベルを、自作のラベルシールに張り替えて、結婚式の記念品などで無料配布する行為
(2) (1)を、店頭や通販で有料で販売する場合(酒類販売免許や酒税法などが関係してきますか?)
(3) (1)を事業として有料で代行する場合(記念品用にオリジナルラベル商品を制作します!のようなサービス)

(4) ラムネやチョコなどのお菓子を自作のパッケージ・箱に入れ替えて、結婚式の記念品などで無料で配布する行為
(5) (4)を、店頭や通販で有料で販売する場合(食品販売や衛生に関する免許等が関係してきますか?)
(6) (4)を事業として有料で代行する場合

(7) ボールペンや雑貨など、食品以外で(1)~(3)の行為の場合はどうか。

(8) 商品名や原材料、製造元などを記載すればOKなのか、逆に記載してはいけないのか。
(9) 元の商品の商標やメーカー名が残らないものならOKなのか。(例えばペットボトルのキャップに「コカコーラ」と記載が残ってるものはラベルの貼り替えはNG等)

商品の中身を偽ったり偽装する目的ではなく、
あくまで名入れなどオリジナルパッケージ商品として利用することを目的としています。

エッチングや印刷などで、オリジナルギフトや名入れギフトとして販売している業者が数多くありますが、
それらは、取扱商品については製造元とOEM契約などをむすんでいるのでしょうか?

法律に詳しい方からのご回答を頂けますと幸いです。
よろしくお願いいたします。

質問者からの補足コメント

  • ---
    補足です。

    「お好きな焼酎やワインなどのお酒ボトルに、あなたの名前や似顔絵を彫刻します!」とか「あなたの写真や好きな文字を入れたラベルでご用意します!」といったオリジナルのノベルティ商品を作成してくれる業者は、合法なのかどうかが知りたいというのが本質問の意図となります。

    オリジナルパッケージのキットカットやクッピーラムネなどについては、製造元とライセンス契約済もしくは直販サービスで展開していると思いますが、それら公式サービスではない、元の商品がわからなかったり勝手にやっているような業者はグレーなのかアウトなのか…?という疑問です。

    ※模倣品の作成ではなく、完全なノベルティ商品として区別できるようなものを想定しています。

    お詳しい方がいらっしゃれば、よろしくお願いいたします。

      補足日時:2015/08/11 18:28

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

法に詳しくは有りませんが目に留りましたので、お邪魔します、



色々とアイデアを温めて何か起業でもされるのかもしれませんが、
素人の私が目にする限りだけでも、殆どの事柄が違反事項の様に見受けられます、

勿論、夫々がどのような法律と照らしてとかの個々の名称は知りません、

判るのは③のオリジナルラベルの製作は大手を振ってセーフ、
他の各項目は複合・重複していて一概に可否を決められませんが、言えることは
貴方の企画なりアイデアを購入(利用する)する人の希望・指定に基づいて、貴方が市場から商品や部材を調達して、指示通りにアソートなり体裁を整える事は(商品のオリジナリティーに改変を加えないと言う前提の限り)、何ら違法性は有りませんし、調達に要した商品・部材、企画料・アイデア料、アソートなどの手間賃や一定の利益を請求するのにも違法性は有りません、
ただ、独自で企画した物を具現化(寄せ集めて)して商品として販売(商行為)すると違反を問われると思います、

当然、独自の物を製造やメーカーに製造依頼を掛けてそれなりのリスクを背負われる分には横槍は入りません、

①の行為は、当事者が勝手にする分(貴方が企画したラベルを使っても)には貴方は当然一切の不法性を問われる事は有りませんが、貴方がラベルの張替えなどを有償・無償を問わず引き受けるとアウト、

更に、OEMが出ましたが認識に少しずれが、OEMとは一つのメーカーが製造する物と同一商品に自社のブランドをつけて製造委託をすることです、自社のオリジナルで別物を製造委託するのがPV商品(プライベートブランド)です、
ワンロットで製造委託する単位は物にも拠るでしょうが、数万・数十万、どうかすると数百万程度と聞いた事が有ります、

仰る、商品に手を加えて、或いは加工する業者は、其れを流通させているわけでは無いのでメーカーも目を瞑っているに過ぎません、
例えば、瓶などにエッチングを施せば強度が落ちますから其れが基で事故などが起これば、厳しく乗り出して来ると思います、

以上取り留めなくある意味無責任に書き連ねましたがご容赦下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

起業をしようというわけではなく、すでに多数ある事例に対して疑問に思ったため質問させていただきました。

(3) のような代行サービスは、業務委託(?)のような形として行うぶんにはメーカーは目をつぶっているが、
それをサービスとして具現化(パッケージ化?)して代行する、「オリジナルラベルを制作して、○○社のXXビールのラベル貼り替え代行します!」のようなものは完全に違法ということでしょうか?

メーカーに許可を得ている商品以外で、ラベルやパッケージの貼り替えや加工を行っている業者は、そのほとんどがグレーゾーンということでしょうか。

今後、このような貼り替え・加工サービスを行う場合は、使用する食品なり製品の製造元に許可をとるのが懸命のようですね。(簡単に許可はでなさそうですが…)


また、OEM・PBについてのご指摘ありがとうございます。勉強になります。

ご丁寧な回答、ありがとうございました。

お礼日時:2015/08/22 16:02

こんにちは!



オリジナルラベルを作成し、貼るまでの代行でしょうか?
オリジナルラベルを貼ったものを販売するのでしょうか?

前者と後者では意味が違ってきますよね。
少なくとも、後者は違法なのではないでしょうか。
損得で考えたら、ラベル製作費も上乗せされる上に、
もともとのブランドとしての価値を損なうので、損をしそうです。

詳しい契約などはわかりかねますが、営利目的の場合、
オリジナルパッケージ商品の販売は、権利者の権利を侵害するのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

冒頭の質問については、その線引きも含めて両方の行為について知りたく思います。

例えば、結婚式や自社イベントなどで、オリジナルのラベルに張り替えた商品をノベルティとして無料配布する場合は前者。(例:新郎新婦の写真や、自社のロゴやキャラクター、「XX周年記念」等の文字を入れたラベルなど)

バザーやお祭りの出店などで、オリジナルのラベルに張り替えた商品を販売する場合は後者かと思います。(例:小学校名やイベント名などを入れたラベルなど)


例えば、コカコーラの場合、ペットボトルのキャップに「コカコーラ社のロゴ」が入っているため、ラベルを張り替えただけでは、あたかもコカコーラ社の製品と間違われる可能性や、商標権上の問題が生じそうです。

しかし、板チョコやアメなどの場合、外のパッケージを差し替えた場合、中の個包装には商品名やロゴなどが無い場合があります。それを、ロッテのチョコ!として販売するのは違法かと思いますが、オリジナルのパッケージ(例:○○商店街オリジナルチョコ、観光地のお土産パッケージなど)に入れ替えて販売するのは違法になるのかどうか、そのあたりを知りたいです。


前者のように、商品の利用が小規模なイベントでの配布など、非営利で個人的な責任(?)の範囲であれば、ラベル作成+貼り替えの代行までは問題なさそうに思いますが、どうなのでしょうね?気になるところです。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2015/08/11 18:17

販売し営利を目的にするなら、すぐに考えられるのは、商標法違反、意匠法違反と不正競争防止法違反です。


しかし、市販の商品を(市価で)仕入れてオリジナルのラベルを貼るなら、すでにメーカーには利益が上がっているので、再販ということです。
パッケージやラベルで経費の持ち出しになると思いますが、あえてやってみるのでしょうか。
原価(市価)を割って販売するなら丸損ですし、買う方の利益は何でしょうか?
メーカーに無断で配布しても、元の商品が内容や形状で、購入者にすぐ判明するなら、上の不正競争防止法違反の可能性があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
なるほど、それらの法律も関係してくるのですね、勉強になります。

今回の質問の意図としては、「オリジナルギフト」などのサービスで、市販商品のラベルを、自分やペットなどの写真や名前をいれたラベルに張り替えたり、お酒のボトルにエッチングなどの彫刻をして販売しているサービスが多数あり、それら業者の権利関係について知りたく質問いたしました。

市価そのままでの販売ではなく、
市販商品を市価で仕入れ、そのパッケージを貼り替えや加工して、商品価格+パッケージ代+加工料を上乗せして販売しているサービスが多いようです。
(買う方の利益としては、自分のオリジナルラベルになるのがメリットとなります。)

不正競争防止法について、もう少し詳しく調べてみます。
大変参考になるご回答ありがとうございました。

お礼日時:2015/08/11 17:52

駄目です。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q市販商品の加工販売は違法?

キラキラのデコレーションが趣味で市販商品にデコ加工した商品を販売したいと思っています。

そこで、ふと思ったのですが市販の商品にデコをしたものを販売するのは問題ないのでしょうか。(実際にオークションなどでは販売されています。)

パッケージや最終製造元を自分にしておけば問題ありませんか?

たとえば、次の3つなら問題ありますか?

1.100均などの鏡にキラキラのデコレーションをつけて販売
(パッケージははずして自分でラッピング)
2.iP○dの保護ケースをデコレーションして販売
(販売時にブランド名は出さないでパッケージははずして自分でラッピング)
3.シュウ○エムラ等有名なアイラッシュにデコレーションをして販売
(販売時にブランド名は出さないでパッケージははずして自分でラッピング)


あと、今は趣味程度なのですがもしこれを個人事業としてするならどうでしょうか?
どなたかお知恵をお貸しください。

Aベストアンサー

まったく問題ありませんよ。

>もしこれを個人事業としてするならどうでしょうか?

他にもやっている人がいるという「オークション」はもう経験済みですか?

オークションで落札されないものがネットショップで売れるはずありません。(店舗構えるお店ではないよね??)

オークションで実績作って(100点くらい売る)評判になればネットショップで売れる可能性ありますよ。

それと事業としてやる場合、自分の名前から住所、電話番号まですべてさらけ出さなくてはなりませんし、集客のための広告も必要。

現実的にはきびしいものがあるんですよね。その点、オークションならすべての問題が解決します。「集客はタダ」「個人情報は落札者にだけ」この2つだけでもオークションのメリットは大きいですよ。

Q市販の商品のパッケージを変えて販売することは犯罪?

市販されている商品の箱やラベルを自分で変えて、別の商品として販売することを考えています。
この行為には法律的な問題はあるでしょうか?
その場合はどのような罪になるのでしょうか?
すいませんが教えていただけますでしょうか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 著作権などの知的所有権のある商品についてはおおいに問題があります(犯罪になります)が、そうでない商品なら一応問題ありません。しかし自作でないのに自作と称したりすれば、当然詐欺罪になります。ウソをつくことのないようにして下さい。

Q焼酎の既存ラベルを張り替える行為について

焼酎の既存ラベルをはがして、オリジナルラベルを貼り、
友人にプレゼントする行為は違法でしょうか。
営利目的ではありませんし、大量に制作するものでもありません。
その時に1本だけ作成するという個人的なものです。

Aベストアンサー

結婚式やその他の引き出物などにオリジナルのラベルを貼って送る事があります。
ラベルの張り替えだけではなくビンそのものに機械で文字や絵柄などを彫り込むこともあります。
販売目的や大量に作るのならその酒造元に依頼して作ることもできる場合もありますが、非営利なら中身を別の容器に移し替えて人にあげても問題がないように、ラベルを作って張り替えても個人でのプレゼントなら問題はないと思います。
お酒を製造したら酒税法に抵触しますし、違う銘柄のラベルと張り替えて人を騙したなら問題はありますが・・・

Q商品の詰め替え販売は違法でしょうか?

既出の質問でしたらすみません、

ある有名なAブランドの食べ物を、小分けして別の袋に詰めて、
そこにAブランドの名前をプリントして価格を高めに設定して販売。

これには違法性アリでしょうか?
ちゃんとAブランドの許可を得なくてはならないポイントはありますか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>これには違法性アリでしょうか?
ちゃんとAブランドの許可を得なくてはならないポイントはありますか?//

このAブランドが登録商標であれば、商標法第31条(通常使用権)に係る許諾を得ていなければ、第25条の登録商標の専有権を侵害したことになり、差止請求(第36条)、損害賠償(民法109条、商標法第38条)の対象となり、また第78条により罰則の対象にもなる。

このAブランドが登録商標でなくても需要者の間に広く認識されている商標であれば、不正競争防止法第2条第1項第1号に言う不正競争に該当し、差止請求(第3条)、損害賠償(第4条)の対象となり、また罰則(第21条第2項第1号)の対象となる可能性がある。

Q既製品をに手を加えて、販売する事は可能ですか?

革の鞄や小物を作って、自分の店で販売しております。

●例えば、雑貨屋で売っているようなバスケット(籠)に、革の持ち手やフタを付けて販売する事は違法になりますか?

●普通の生地で鞄を作り販売する事は問題ないかと思うのですが、ブランドの生地(マリメッコなど)で鞄を作り販売する事は、何となくいけないような気がします。どこまでが許されるのか、何か決まり事などあるのでしょうか?

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

1.既存の製品に手を加えて売ることは、その商品が正規に入手したものなら何ら問題はありませんが、もとの商品のイメージを損ねたりするとクレームがつくおそれがないとはいえません。
2.ブランドの生地でも加工用の生地として売っているのならば、それを使え事にはなんの問題もありません。ただ、ブランドイメージを損なうような場合には上記同様にクレームをつけられる可能性はあります。
もともと加工用ではないものを加工して売ったりすると、不正競争防止法にひっかかる可能性はあります。

Qパンの小分け販売って違法??

私たちの会社に、週数回、パンの販売業者がやってきます。
その方は会社の休憩所でパンを売っているのですが、その販売方法について「食品衛生法などに違反しているのでは?」と押し問答になってしまいました。
実際、どうなのか、お伺いしたく、質問いたしました。
食品衛生法に詳しい方、教えて下さい。

《パンの販売方法》
(1)その方はパン屋から仕入れたパンの大袋を持ってきます。大袋には、パンが10~20個くらい入っています。

(2)その方は、お客さんの注文に応じて、大袋を開封して、そこからパンを取り出して、ビニール袋に希望数を入れて客に渡しています。

(3)パンを取り出すときは、パン挟みや手袋などを使い、制服、トレー、消毒剤などもあり、衛生面では気遣っているようです。

(4)私が注意したら、それまでは「販売業者が大袋から取り出してビニール袋に入れていた」のですが、「お客が自分でパン挟みで取り出して、ビニール袋に入れる方法」に変えていました。

(5)でも、パンの大袋には食品表示のシールがあるものの、客に渡すビニール袋には表示は何もありません。ただし、販売するところには、大袋の食品表示シールが掲示されています。

(6)なお、その方はパンの製造業や販売業などの許可は無いらしく、パン屋から大袋を卸してもらい、販売しているらしいです。

《お伺いしたいこと》
Q1上記(4)の大袋を開封して小分けして販売すること自体は、衛生法に違反しているのでしょうか?適法でしょうか?

Q2上記(4)で、客が自分自身で大袋から取り出すのなら、適法なのでしょうか?

Q3上記(5)で、小分け袋に表示が無くても、掲示されていれば適法なのでしょうか?

私たちの会社に、週数回、パンの販売業者がやってきます。
その方は会社の休憩所でパンを売っているのですが、その販売方法について「食品衛生法などに違反しているのでは?」と押し問答になってしまいました。
実際、どうなのか、お伺いしたく、質問いたしました。
食品衛生法に詳しい方、教えて下さい。

《パンの販売方法》
(1)その方はパン屋から仕入れたパンの大袋を持ってきます。大袋には、パンが10~20個くらい入っています。

(2)その方は、お客さんの注文に応じて、大袋を開封して、...続きを読む

Aベストアンサー

>Q1上記(4)の大袋を開封して小分けして販売すること自体は、衛生法に違反しているのでしょうか?適法でしょうか?
食品衛生法上は問題になりません。(スーパーや一般の販売店でも、大袋を開封して小分け販売することは珍しくありません。)


>Q2上記(4)で、客が自分自身で大袋から取り出すのなら、適法なのでしょうか?
販売業者が取り分けても、客が自分自身で取り分けても問題ありません。


>Q3上記(5)で、小分け袋に表示が無くても、掲示されていれば適法なのでしょうか?
JAS法に基づくパンの品質表示基準により、容器包装に入っているものには
原材料名(食品添加物を含む)、アレルギー表示(小麦が使用されている場合)、内容量、消費期限または賞味期限、保存方法、製造者の名称(氏名)及び住所
の表示が義務づけられていますが、食品衛生法の規程はありません。

その場で小分け袋に取り分け販売している場合、包装して販売されているとは言えません。


直接の質問ではないのですが、参考までに
>販売するところには、大袋の食品表示シールが掲示されています。
掲示されていなくても法令違反にはなりません。

>その方はパンの製造業や販売業などの許可は無いらしく、パン屋から大袋を卸してもらい、販売しているらしいです。
製造業者でない限り、販売するだけなら販売業者に食品衛生法による営業許可も必要ありません。
食品衛生法で定められている許可が必要な販売業は、乳類販売業、食肉販売業、魚介類販売業、氷雪販売業の4つです。
菓子、野菜、果物などを販売する場合は許可が要りません。
 

>Q1上記(4)の大袋を開封して小分けして販売すること自体は、衛生法に違反しているのでしょうか?適法でしょうか?
食品衛生法上は問題になりません。(スーパーや一般の販売店でも、大袋を開封して小分け販売することは珍しくありません。)


>Q2上記(4)で、客が自分自身で大袋から取り出すのなら、適法なのでしょうか?
販売業者が取り分けても、客が自分自身で取り分けても問題ありません。


>Q3上記(5)で、小分け袋に表示が無くても、掲示されていれば適法なのでしょうか?
JAS法に基づ...続きを読む

Qスーパーのリパック。法的に許される行為ですか?

近所のスーパーでの出来事です。

広告の特売品として
裸売りの魚が数種類、トレーにたくさん入った状態で売られていました。
(客がトングで取って袋に入れる形式)
加工日や消費期限を尋ねたところ、
「解凍したのが今日。一応の消費期限は3日後。
ただしパック詰め商品と違って、空気にさらされているため、3日も冷蔵庫におかず、なるべく早く食べてほしい」
と言われました。
よくよく聞いてみると、
前日の夜から一晩かけて解凍したものを、朝、陳列しているとの話。

夕方で、残っている魚は
トングでひっかき回された跡、皮がところどころ剥げていたりと、
見るからに傷んだ状態の物が多く、
購入を見送りました。

翌日、
再びそのスーパーに行ったところ
昨日の夕方たくさん売れ残っていたのとまったく同じ魚(種類の数も同じ!)がパックされた状態で
陳列されていました。
加工日は当日、消費期限は3日後のシールが貼られて・・・。
波刃状のトングの跡にしか見えない跡、最初からパッキングされている魚では見かけない不自然な皮の剥がれ方、傷・・・
明らかに昨日、裸売りされていた商品でした。

その昔「スーパーの女」という映画であったリパックと非常によく似た例だと思います。
店舗の方に指摘したところで、「これは今日入荷した商品だ」と開き直られたらそれまでのことだと思います。
今後はそのスーパーで買わないようにすれば済むのかもしれませんが、
正直気持ち悪い思いです。
リパックは法的に許されるものなのでしょうか?
また、この件を相談するとしたら、どこに届け出るべきですか(消費生活センター?保健所?)?
スーパー側に開き直られないように説明するには、どうすればよいでしょうか?

はやっていない小さい店ですが、
遠出できないお年寄りなどはよく利用している様子で、なんだか悲しいです。
リパックしても売れなかった物は最後はお弁当のおかず?(お弁当やお惣菜も売っている)などと勘ぐってしまいます。

お詳しい方からのご回答お待ちしております。
よろしくお願いします。

近所のスーパーでの出来事です。

広告の特売品として
裸売りの魚が数種類、トレーにたくさん入った状態で売られていました。
(客がトングで取って袋に入れる形式)
加工日や消費期限を尋ねたところ、
「解凍したのが今日。一応の消費期限は3日後。
ただしパック詰め商品と違って、空気にさらされているため、3日も冷蔵庫におかず、なるべく早く食べてほしい」
と言われました。
よくよく聞いてみると、
前日の夜から一晩かけて解凍したものを、朝、陳列しているとの話。

夕方で、残っている魚は
トングでひっか...続きを読む

Aベストアンサー

No2です
何か裏を話すようで怖いですね(^-^)
食品衛生法で、虚偽に成るのではとのことですが
賞味期限も消費期限も、一般に実際の消費期限から1/2~1/3で短くしています
典型例が、コンビニの弁当ですね、
あれ自体は、買ってから時間をおく事を考慮して決めています
私はコンビニで飼ってから1日置いた弁当も食べましたが別に問題ありませんでした
なぜかと言うと、例えば食中毒菌に関してですが
冷凍する事によって、菌は死にませんが、細胞分裂を抑える事が出来、75℃以上1分以上加熱する事によって菌自体は死にます
今回の場合にはおそらく加熱を条件にしますが、店主は、大丈夫と判断したのでしょう
又隠した段階で新しい消費期限を設けれますので、それを使ったと思います
但し生食を前提にしない場合です
刺身などですと、頑張って3日ですが、1日たてば、色は変わりますので、マグロなどでしたら醤油浸けや、やまかけなどにして売って居る店も有ります
何れも賞味期限は、延ばせます
私は裏を知って居ますので、買いませんが
りパックに関しても、何とか食品衛生法はクリアーですね
先にも書きましたが食品衛生法で、この食品は消費期限が何日と決まって居ません
醤油などは、賞味期限が1年となって居ますが、実際は保証はできませんが2.3年持ちます
この様に意外と賞味期限は余裕を持って設定していますので、
その事を使って加工と言う事をして≪りパック≫賞味期限を延ばしたのでしょう
但し外観から誰も生食をしないでしょうが、加熱をすれは何とか食品衛生法はクリアーします
但し、何らかの例えば、食中毒を起こすと、信用はなくしますが
食中毒の原因は消費者が、買った後保存が悪かったなど言ってくる店も有るでしょう
そこが難しいところですが、その点は消費者が、判断するしか有りません
ですから私は、魚は生食用として販売して言うr物しか買いません、
勿論加工してある半ペンや干物は買いますが、それなりに、善し悪しが判りますので、問題ないのですが
善し悪しが判らない消費者の場合には、店を信じるしか有りません
日本の法律には、意外と抜け目が有り、それを使うのは店の買ってですが、何かあったら信用と言うお金では買えない物を無くします≪焼き肉え○すの様に≫

No2です
何か裏を話すようで怖いですね(^-^)
食品衛生法で、虚偽に成るのではとのことですが
賞味期限も消費期限も、一般に実際の消費期限から1/2~1/3で短くしています
典型例が、コンビニの弁当ですね、
あれ自体は、買ってから時間をおく事を考慮して決めています
私はコンビニで飼ってから1日置いた弁当も食べましたが別に問題ありませんでした
なぜかと言うと、例えば食中毒菌に関してですが
冷凍する事によって、菌は死にませんが、細胞分裂を抑える事が出来、75℃以上1分以上加熱する事に...続きを読む

Q商品の転売は違法ですか?

手作りのオリジナルグッズを扱う小さなお店を経営している者です。
商品のラインナップを充実させたいと考えています。
ネットや、他の小売店で商品を購入して、そのまま転売するつもりなのですが、これは法律的に問題無いでしょうか?
もちろん転売品は、オリジナルグッズとして扱ったりはしません。
法律的な問題点の他にも、注意点なども有れば教えて頂けると幸いです。

Aベストアンサー

確定申告を3月にしたのならば、ある程度の知識があるとは思いますが、購入したものは仕入れとして計上できますので、注文書、納品書、請求書、領収書が必要になります。特に後者の2つは無いと、仕入れとして税務署が認めないこともあります。

お店をして利益を上げる、売上がありますと、税務署への申告が必要になりますので、これが一番大事です。経理などの計算は、青色申告会などに加入して指導を受けることをお勧めします。

商売として見ると、小売店から購入したり、ネットで一般の購入するのは少数のものを最小限購入するにはいいのですが、利益には結びにつきにくいのが欠点です。通常は卸屋から定期的に購入し、売れた分だけ補充する、これに経費や利益を加えて販売します。つまり、ネットなどで購入できるもの、大部分は利益を上乗せした価格ですので、プロとして仕事している人は卸屋よりも安くて正規品、かつ、安全なお店からしか購入しないものです。

法律的にはどこから仕入れしても、仕入れの証拠があれば売上から経費の一部として控除できますので、売上が多くても仕入れが多ければ利益が少ない、税務署に申告することで済むのですが、問題は消費税でしょう。それと、ショバ代に相当する事業税という税金も納めることになります。

売上が3000万円有って、仕入れが2000万円、それでも消費税は納めることになります。単純計算で年間80万円程度は納めることになる、仕入れの証拠が無いと、240万円の消費税を納めることになるかも知れません。

http://www.sumoviva.jp/knowledge/tax-return-1.html
>今さら聞けない個人事業主の確定申告

他にも、個人、商売、税金などで検索すると、わかりやすい説明のものも見つかりますが、青色申告会などで教えてもらうと具体的に指導されます。

あなたが、学生で、模擬商店をするなどの学習で調べているのなら、実務までは必要ないのですが、基本的に実在する商店で販売をするには開業届、青色申告するならばその届出などを税務署にする、ここからスタートすることになります。ネットから安いと思い偽物やお金だけ取られる、騙されるのが一番の被害でしょうが、その反対の商品だけ遅らせて逃げる詐欺も多いですので、いろいろと実際には困ることが多いと思いますので、経験のある経営者、青色申告会などに相談することをお勧めします。

転売は正規の品物なら大丈夫、偽物を販売すると違法です。

確定申告を3月にしたのならば、ある程度の知識があるとは思いますが、購入したものは仕入れとして計上できますので、注文書、納品書、請求書、領収書が必要になります。特に後者の2つは無いと、仕入れとして税務署が認めないこともあります。

お店をして利益を上げる、売上がありますと、税務署への申告が必要になりますので、これが一番大事です。経理などの計算は、青色申告会などに加入して指導を受けることをお勧めします。

商売として見ると、小売店から購入したり、ネットで一般の購入するのは少数...続きを読む

Q「お取引先様各位」は正しいですか?

多数の取引先に対して通知文書を発行する際に、「お取引様各位」という宛名は正しいのでしょうか?
「お取引様」で「様」をつけて、更に「各位」とつけると重複するような印象を感じたのですがいかがなものなのでしょうか?(○○各位殿 みたいな印象)
過去の回答に「お客様各位」という使い方があるようなことがあったのですが、「お客様」は客+様じゃなくて「お客様」という代名詞のような扱いなのかしら・・?と思ったりしたので新たに質問させていただきました。
ネット検索したのですが、まちまちなので・・
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

難しいですよね。
「お取引先 各位」「お得意先 各位」のレベルでよい、とは思いますが・・
「お取引先様 各位」はちょっと「くどい」感じを受けますね。
「各位」には、ある程度の「敬称」を意味として含んでいるはずなので、失礼ではないように思われます。
バカ丁寧な宛先の書かれた文書にも拘らず、内容が「支払いの督促」だったら、意味ないですしね(笑)

「お客様 各位」は、対象がいわゆる「ビジネスの相手」ではなく、不特定多数の客なので、おかしくはないでしょう。
「お客様へ ~ お知らせ」でもいいわけですし。

その他のいろいろな、ビジネス文書の記入方法をまとめたページを見つけました↓ので、ご参考に・・

参考URL:http://www.ddart.co.jp/businessletter.html

Q商品を小分けにして売りたいのですが

ある洗剤商品を大量に買いました。その洗剤は一つの入れ物に入ってます。この洗剤を小分けにしてビンに入れ売りたいのですが違法ですか?教えてください。

Aベストアンサー

製造者(会社)または輸入者(会社)にはPL法が適用されます。
(洗剤は化学品ですから)
小分けしたものには製造者、輸入者等記載が必要です。
その物で事故が起きた時の責任の所在がなければ消費者が
困ります。
製造メーカーから了承を得なければ製造メーカーの記載は無理です。
黙ってやった場合は法律違反です。
小分けをするということは製造することと変わりありません。
だからといって素人が製造責任を負えません。
何か起きたら大変です。
たくさん買って困るのはわかりますが自分で使うなり、
差し上げるなりしたほうがいいですね。
ただ買ったままの状態なら転売しても特に問題はないと思いますが。
(オークション等で)


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング