『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

共有結合と分子結合の違いを教えてください。

また、共有結合は非金属同士の結合と習いましたが、
分子結合についてよくわかりません。

質問者からの補足コメント

  • 分子式や組成式で出た場合、どうやって見分ければいいですか?

    No.1の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2015/08/11 16:44

A 回答 (4件)

分子結合なんて聞いたことない。

だから違いは判らない。
新しい用語を発明したのでしたら、その用語(分子結合)とは何かを説明してください。特に金属結合との違いについて説明していただくと良いでしょう。
    • good
    • 1

分子結合という言葉を初めて聞きました。


存在しないものがよくわからないのは普通です。

例えばどういうものですか?
    • good
    • 1

分子の中は共有結合で分子同士なら分子間力

    • good
    • 0

原子の周りを回っている電子をお互いに掴んでいる結合。


分子間力(お互いが惹かれあって)の結合。
この回答への補足あり
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q分子結晶と共有結合の結晶の違いは?

分子結晶と共有結合の結晶の違いはなんでしょうか?
参考書を見たところ、共有結合の結晶は原子で出来ている
と書いてあったのですが、二酸化ケイ素も共有結合の
結晶ではないのですか?

Aベストアンサー

●分子結晶
分子からなる物質の結晶。
●共有結合の結晶
結晶をつくっている原子が共有結合で結びつき、
立体的に規則正しく配列した固体。
結晶全体を1つの大きな分子(巨大分子)とみることもできる。

堅苦しい説明で言うと、こうなりますね(^^;
確かにこの2つの違いは文章で説明されても分かりにくいと思います。

>共有結合の結晶は原子で出来ている
先ほども書いたように「原子で出来ている」わけではなく、
「原子が共有結合で結びついて配列」しているのです。
ですから二酸化ケイ素SiO2の場合も
Si原子とO原子が共有結合し、この結合が立体的に繰り返されて
共有結合の物質というものをつくっているのです。
参考書の表現が少しまずかったのですね。
tomasinoさんの言うとおり、二酸化ケイ素も共有結合の結晶の1つです。

下に共有結合の結晶として有名なものを挙げておきます。

●ダイヤモンドC
C原子の4個の価電子が次々に4個の他のC原子と共有結合して
正四面体状に次々と結合した立体構造を持つのです。
●黒鉛C
C原子の4個の価電子のうち3個が次々に他のC原子と共有結合して
正六角形の網目状平面構造をつくり、それが重なり合っています。
共有結合に使われていない残りの価電子は結晶内を動くことが可能なため、
黒鉛は電気伝導性があります。
(多分この2つは教科書にも載っているでしょう。)
●ケイ素Si
●炭化ケイ素SiC
●二酸化ケイ素SiO2

私の先生曰く、これだけ覚えていればいいそうです。
共有結合の結晶は特徴と例を覚えておけば大丈夫ですよ。
頑張って下さいね♪

●分子結晶
分子からなる物質の結晶。
●共有結合の結晶
結晶をつくっている原子が共有結合で結びつき、
立体的に規則正しく配列した固体。
結晶全体を1つの大きな分子(巨大分子)とみることもできる。

堅苦しい説明で言うと、こうなりますね(^^;
確かにこの2つの違いは文章で説明されても分かりにくいと思います。

>共有結合の結晶は原子で出来ている
先ほども書いたように「原子で出来ている」わけではなく、
「原子が共有結合で結びついて配列」しているのです。
ですから二酸化ケイ素Si...続きを読む

Q結合ごとの分子の見分け方

高一です。

共有結晶とイオン結晶と分子結晶の見分け方がわかりません。苦手な分野なので、易しめに教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

まず、教科書や参考書に、共有結晶とイオン結晶と分子結晶の例と性質が出ているので、それはきちんと覚えたほうが良いと思います。
共有結晶とイオン結晶、というか共有結合とイオン結合は中間のものが多くあって、中間のものは頭の隅にでも置いておいてください。

水素結合やファンデルワールス力等の分子結晶(分子結合)が理解するのが厄介ですね。
共有結合やイオン結合に影響を及ぼしていることが沢山あって、引っ掛け問題・応用問題で出てくる可能性がありますね。

例えば水H2Oは、HとOが共有結合で結びついているのですが、水で一部がイオンになっていますし、
氷の結晶は水素結合でH2O分子が結びついて結晶になっています。

どの結合・結晶も、それぞれの原子が持っている電子が作用して結合を作り結晶となるのですが、
その電子の作用の仕方を真面目に理解しようとしたら、量子力学を…量子化学を…と難しい学問の分野になります。

取り敢えず、教科書や参考書をよく読んで、
共有結晶とイオン結晶と分子結晶(含む水素結合性結晶)、
共有結合、イオン結合、金属結合、水素結合、ファンデルワールス力、
結晶や結合の特徴的な性質の違いを、硬い柔らかい溶ける温度などの性質と、それぞれ電子がどういう状態にあるのかを、
ご自分で整理してまとめて練習問題をこなして試験に備えるしかないと思います。

まず、教科書や参考書に、共有結晶とイオン結晶と分子結晶の例と性質が出ているので、それはきちんと覚えたほうが良いと思います。
共有結晶とイオン結晶、というか共有結合とイオン結合は中間のものが多くあって、中間のものは頭の隅にでも置いておいてください。

水素結合やファンデルワールス力等の分子結晶(分子結合)が理解するのが厄介ですね。
共有結合やイオン結合に影響を及ぼしていることが沢山あって、引っ掛け問題・応用問題で出てくる可能性がありますね。

例えば水H2Oは、HとOが共有結合で結びつい...続きを読む


人気Q&Aランキング

価格.com 格安SIM 料金比較