4月から日本大学法学部政治経済学科に指定校推薦で進学する予定の高校3年生です。
まだ合格が決まったわけではないので油断はできないのですが、大学入学後の授業のためにを勉強をしようと考えているのですが、はたして一般受験のように過去問を解いた方が良いのか、それとも他に入学後の授業のためになる勉強法があるのか、自分の知識が足りないためわかりません。みなさん教えてもらえませんか?よろしくお願いします(^o^)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

一般受験と推薦受験では、基礎学力に差があり、推薦受験合格組が落ちこぼれやすいのは事実です。



ただし文系では「英語のみ」に、その現象が現れます。もしくは、そう言われています。

理系のように「微積分」・「線形代数」・「確率・統計」・「物理 or 化学」・「英語」の全てにあらわれるわけではありません。

質問者さんにおかれては、
とりあえず『英語』、とりわけ就活にも役立つ「TOEIC」か「英検」の勉強でいいと思います。

実りある大学生生活を祈念しております。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

分かりやすい回答ありがとうございます!
将来的にもやはり英語は大切ですよね!
英語を中心的に勉強していきます(^^)

お礼日時:2015/08/15 20:41

日大法学部政治経済学科の一般入試のレベルは、偏差値53程度です。

あなたの今の偏差値は?通常学校の勉強で入学できるレベルですから、入学後もあまり周りを気にしなくても普通に勉強していれば、問題ないレベルです。びびるほどのレベルの学科ではありません。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

今、偏差値は55くらいですね。
そうなんですか!ありがとうございます!

お礼日時:2015/08/13 11:25

受験勉強、ではなくて、入学後の授業についていくために予習をしておきたい、ということですよね?



まず1ついえることは、大学の授業に「過去問」はありません。
大学の授業というのは、各科目を担当する講師ごとに内容が異なっており、何を教えるのか、試験などを通して、どのような生徒なら単位を与え、どのような生徒はダメなのか、ということまで含めて、その授業を担当する講師の裁量に任されています。
例えば、「日本政治」という授業があったとします。去年はA教授の担当だったけど、今年はB教授となった場合、授業の内容が全くの別物になることだって珍しくないのです。また、同じA教授が担当していたとしても、去年と今年では別のことを扱うことだってあります。高校までの授業ですと、「ここからここまでは絶対にやりなさい」というのが決まっているのでA先生でも、B先生でも、C先生でも、基本的には同じことを勉強することになるのですが、大学の授業というのはそれとは全く異なっている、ということを理解してください。

その上で、ですと……
私は日本大学ではありませんが、政治学科出身なので、その経験から言いますと……

まず、教科書の内容をしっかりと覚えておいて損になることはありません。
政治経済学部、ということですので、政治学、経済学などがメインになると思いますが、日本史、世界史、政治経済などの教科書の内容を頭に入れておくと、授業中に講師の先生が語った内容などが理解しやすくなると思います。
それから、レポート課題、はたまた、試験でも「○○について論じよ」というような論述式のものが多くなります。書店などに行くと、「レポート、論文の書き方」のような本があると思いますので、そういったものを読んだ上で、ある程度の分量の文章を書くことに慣れておくといいのではないかと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

わかりました!ありがとうございます!
さっそく書店で探してみます(^^)

お礼日時:2015/08/13 11:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング