ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

福祉の事務職の試験なのですが 小論文が苦手で なかなかペンが進まず困っています。就職試験のため 人に頼らず 自分で書くのがよいことはわかっていますが どなたか ヒントをいただけないでしょうか?

A 回答 (1件)

■福祉の小論文集


http://www.dohjoh.com/newpage47.htm

好きにパクってください。
※丸パクリはいけません。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

ありがとう

ありがとうございます。
参考にさせて頂きます。

お礼日時:2015/08/13 23:20

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q社会福祉協議会就職試験で勉強しておくこと

今働いていることろの退職が決まり、介護・福祉関係の仕事につきたいと思っています。
2月・3月に社会福祉協議会の募集があったので応募するつもりですが、試験は職種関わらず「小論文・面接」としか分かりません。
こういったテーマを自分なりに考えておくといいよというものはありますか?「老老介護」「虐待」について今まとめていますが、ほかにもいろいろあると思うのでアドバイスいただけたらと思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

社協で試験を受けた経験があります。
職種関わらず「小論文」ということですが、みんな同じ内容というのはありですか。おなじ小論文の試験でも、職種によってテーマが違う事もあると思います。
私は「地域コーディネーター」という職種でしたので、「地域コーディネーターとは」というテーマでした。「社協とは」とか「社会福祉とは」とか「どういう職員になりたいか」というテーマがありがちと思いますよ。

Q老人福祉施設の就職試験の小論文について

今度の日曜日、来年新設される、とある施設の介護職員の就職採用試験があります。

その試験と言うのは、小論文なんです。

タイトルはまだ分からなくて、論文形式で回答していくモノで、90分で800字以内という事だけしか分かりません。

そもそも、論文形式の小論文ってどんな感じなんでしょうか?

なるべく詳しく知りたいので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 簡単に言えば起承転結スタイルです。

起・・・問題の提起(説明)
承・・・問題の考察(問題に関して深く考えてみる)
転・・・考察に関する反論
結・・・まとめ(結論)

 論文では「です。」「ます。」は厳禁で、「である。」を利用するのが原則です。また、感想文ではなく、福祉で言えば疑問点を自分の頭で考えて述べたりするのが大きな違いです。
 どんな文面なのかつかめなかったら、書店の大学受験コーナーで小論文入試関連の本がたくさんありますので、一読されることをおすすめします。

 タイトルは試験当日に出されるものでしょうか?
 どういう対策を立てればいいのか難しいと思いますが、その老人福祉施設の福祉的観点(老人福祉法や介護保険関連など)をきっちり予習しておけばいいと思います。範囲は広いですが、応用で対応できると思います。

Q福祉に関する小論文の添削

5月7日にある福祉法人の最終面接があります。そこで、「あなた自身が考えるノーマライゼーション」についての小論文があります。小論文が苦手なので、自信がありません。皆様の添削をお願いいたします。

参考資料:小学館文庫「小倉昌男の福祉革命」
用紙:原稿用紙1枚(400字)
小論文
 私が考える第一のノーマライゼーションは、「コミュニティの越境」である。なぜなら、コミュニティの形成が簡単にできる今の世の中において、人々のコミュニケーションが蛸壺化になっているからである。これでは問題や障害者のニーズの共有が難しい。解決には、井戸端会議のような気軽に人が集まれて意見を出せる場所があることは、誰がどんな問題を持っているか障害者のニーズを互いに知り、解決策を導き出す上で重要だと考察する。
 第二のノーマライゼーションは、「障害者が健常者と同じ社会で暮らすこと」である。今は、健常者と障害者は違う社会にいると思われがちである。それでは相互理解が進まず、差別や偏見が生まれてしまう。健常者と障害者との対立といったリスクを考えても、一度同じ社会に立たせて、相互理解を促進させることで差別や偏見が減ると考察する。そうすれば障害者が社会において健常者と台頭にからせるのではと考察する。

5月7日にある福祉法人の最終面接があります。そこで、「あなた自身が考えるノーマライゼーション」についての小論文があります。小論文が苦手なので、自信がありません。皆様の添削をお願いいたします。

参考資料:小学館文庫「小倉昌男の福祉革命」
用紙:原稿用紙1枚(400字)
小論文
 私が考える第一のノーマライゼーションは、「コミュニティの越境」である。なぜなら、コミュニティの形成が簡単にできる今の世の中において、人々のコミュニケーションが蛸壺化になっているからである。これでは問題や...続きを読む

Aベストアンサー

福祉団体職員(社会福祉士)です。
「越境」という言葉づかいは、おもしろいと思います。たとえば「国際化」などで使う「際化」と同じで、境目をとっていくとか、境目をぼかしていくという意味では、言葉づかいとしてはおもしろいと思います。
ただ、「第一」では、コミュニティ(小地域とか、同じ人たちのグループという意味でしょうか)どうしの境目をとっていくということと思われますが、それが、気楽なあつまりという手法で、となりどうしのコミュニティが連携・連絡できるというのはちょっとわかりにくいと思います。気楽なあつまりは、各コミュニティの中では発生するでしょうが、コミュニティを超えて井戸端会議は自然には発生しないと思います。もっと恣意的にやらないと難しいと思いますがいかがでしょうか。
また、Z31さんの言われるとおりで、「コミュニティの形成が簡単にできる」という意味がわかりません。
「第二」は言いたいことはよくわかるのですが、同じ社会に立たせる方策とか、同じ社会に立つということはどういうことなのかを明らかにしないと、あなたの論文の中でも、「障害者と健常者」と区分されたままで終わってしまっているように思います。
「第一」で使った言葉---健常者と障害者の「越境」---の具現化した社会を描いてはいかがでしょうか。
あと蛇足ですが、文末は「健常者と対等に暮らせる~」でしょうか?

福祉団体職員(社会福祉士)です。
「越境」という言葉づかいは、おもしろいと思います。たとえば「国際化」などで使う「際化」と同じで、境目をとっていくとか、境目をぼかしていくという意味では、言葉づかいとしてはおもしろいと思います。
ただ、「第一」では、コミュニティ(小地域とか、同じ人たちのグループという意味でしょうか)どうしの境目をとっていくということと思われますが、それが、気楽なあつまりという手法で、となりどうしのコミュニティが連携・連絡できるというのはちょっとわかりにくい...続きを読む

Q社会福祉協議会の面接でやらかしてへこんでいます。。。

皆様、こんにちわ!!

いつも回答に答えてくださり大変助かっております。

先週の金曜日に社会福祉協議会の最終面接に挑んで、寝れないほど失敗をしました笑
1次試験は筆記と作文と適性検査です。私は奇跡的に選考が通り最終選考の集団面接まで進むことができました。試験を受けた次の日に1次試験の合否の発表でしたので本当に選考してるのかなと疑問でした。

集団面接は選考を受ける人が4人で面接官が3人でした。自己紹介と自己PRをしてくださいと言われたのですが、最初の男性と2番目の女性が3分から4分以上話し始め、これはマイナスだろうなと思いながら、最後の順番の自分は、1分程度でハキハキと答えました。志望動機を聞かれた際も最初の男性と2番目の女性は5分以上話しをしていたと思います。

3番目の女性は声は小さいですが結論から話をするので、この人は強敵だなと思いました。私は他の人が話をしてる際もうなずいたりしていました。。

最後の質問まで私はハキハキと大きい声で質問に答えて手応えがあったのですが、一番偉い人の不意の質問で失敗をしました。今ままで最後だったのですが、いきなり私が最初の順番になりあせりました。

質問を私にする際に、その一番偉い面接官は私の名前を3番目の女性と間違えました(3番目の女性にしか採用に関しての興味がない)と思い、笑顔でしたが一気に萎えました笑 その面接官に「志望動機に書いてある環境整備てどーゆうこと?」と言われ、頭が真っ白の私は、少しの沈黙の後に あうあう状態になり「高齢者の方の家に手すりをつけたりすることです」とトンチンカンな答えをしてしまいました。その答えの時に面接官数人が少しにやけ、志望者の方も笑いをこらえていました。

この問題について知ってると聞かれ、私は正直に存じておりませんと回答をしボロボロです。ここで私の戦いは終わりました。今までいい空気だったのに最後の最後でやらかしました。

一番偉い面接官は2番目の女性に質問をしてる際も3番目の女性に戻り質問をしていました。

最後に何か質問はありますかと言われ、誰も手を上げなかったので最後の抵抗で「もし採用をされた場合、最初はどのような業務をするのですか?」と質問をしました。

退出する際に面接官たちは私を変な笑顔で見ていました、たぶんとんでもない奴だなと思ったかもしれません。帰りの電車も落ち込んでため息ばかりです。

合否は明日には来るそうですが、やはり落ちてますよね? 帰りに気がついたのですが志望者もみんな1次試験を合格しており、選考もやけに早すぎるという印象です。

受かるとしたら3番目の女性かなと思っています、子供もいると答えていましたし何より冷静な口調で話をしていました。

皆さんの正直な印象を聞きたいです、落ちてると可能性が高いなどアドバイスを頂けたら幸いです。ちなみに母と友人に手すりの件を話をしたら大笑いしてました、インパクトは残せたとか言われましたが、真面目に私は人生をかけていました。

文章が下手ですみません。。

皆様、こんにちわ!!

いつも回答に答えてくださり大変助かっております。

先週の金曜日に社会福祉協議会の最終面接に挑んで、寝れないほど失敗をしました笑
1次試験は筆記と作文と適性検査です。私は奇跡的に選考が通り最終選考の集団面接まで進むことができました。試験を受けた次の日に1次試験の合否の発表でしたので本当に選考してるのかなと疑問でした。

集団面接は選考を受ける人が4人で面接官が3人でした。自己紹介と自己PRをしてくださいと言われたのですが、最初の男性と2番目の女性が3分から4分...続きを読む

Aベストアンサー

社協の環境整備?学童保育の充実とか?老人もここでカバーしてるの?よく知らなくてごめんなさい、だけど、明るく元気でやる気ある印象は残せたからあとは天に任せるだけですね!お疲れ様!

Q福祉についての小論文

学校の宿題で小論文を書かなきゃいけないんですが、内容は自由なんです。なので、少子高齢化が問題となっている福祉の事について書こうと思うんです。今興味があるのが福祉ですし。私は将来介護士や養護学校教諭の資格を取ってみたいと思っていて、大学も福祉系の学校に進みたいです。小論文は書くの初めてだし、何をどんな風に書けば良いのか分かりません。誰か教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

小生、以前に情緒障害児短期治療施設という長い名称の児童福祉施設で総務・経理財務の仕事をしていたも
のです。

 入所対象となる児童は精神的な面で日常生活に不適応をきたして、不登校の状態になっている人を受け
入れるのですが、大部分のケースで、家庭の機能が崩壊して虐待(何もしないでほったらかしにしてしま
う「ネグレクト」を含みます)と見られたので、児童だけではなく、親も含めて家族全体の治療が必要とさ
れていました。

 虐待に関する取り組みでは愛知県が先進的な組織を構築していて、私も研修で名古屋郊外にある「あか
つき」(名称を忘れてしまいました)という施設を見学して、今はもう亡くなられたのですが祖父江さんと
いう施設長の方から名古屋での取り組みについて説明
を受けてCAPNA(Child Abuse Prevention Network Aichi)の名称で活動していることを知りました。

 あと、これは現在の私がすんでいる町(香川県木田郡牟礼町)で取り組んでいるケースなのですが、子ど
もが幼年期を幼稚園ないし保育園で過ごす場合、両者の教育・処遇内容は同じものでなくてはならないとい
う理念のもと、幼保一元化に取り組み、私の娘が通っている保育所は幼稚園と合体しており(近年両親共働
き化の傾向から保育所のニーズが高まってきています)県内でも珍しい施設です。

 勤務されている先生は保育士の資格と幼稚園の教諭の資格の両方を持っている方がほとんどで、子どもも
保育所の児童と幼稚園の児童が一緒に集まって授業を受けています。町内の待機児童はゼロで、すべての子
どもが等しく教育を受ける機会が保証されています。

 冒頭に上げた施設に勤めていたセラピストの方は臨床心理士の資格を持っている方で、今はスクールカウ
ンセラーとして県内の小・中学校に行っています。

 小論文のテーマとして、虐待・幼保一元化・待機児童・スクールカウンセラーなどは取り組みやすいと
思います。

参考URL:http://www2.ocn.ne.jp/~capna/capnasite_jp/capnaframeset.htm

小生、以前に情緒障害児短期治療施設という長い名称の児童福祉施設で総務・経理財務の仕事をしていたも
のです。

 入所対象となる児童は精神的な面で日常生活に不適応をきたして、不登校の状態になっている人を受け
入れるのですが、大部分のケースで、家庭の機能が崩壊して虐待(何もしないでほったらかしにしてしま
う「ネグレクト」を含みます)と見られたので、児童だけではなく、親も含めて家族全体の治療が必要とさ
れていました。

 虐待に関する取り組みでは愛知県が先進的な組織を構築してい...続きを読む

Q重度障害者施設の面接

前職は老健で介護職についていて、障害者施設は
はじめてなのですが、今回、重度・重複障害者施設に
支援スタッフとしてパートの面接に行くことになりました。

その際作文を書くことになっています。担当の方からは
書く時間は30分程度と言われテーマについて質問したのですが
面接当日に教えるといわれました。
そこで質問なのですが、障害者施設の面接で作文を書いたこと
がある方がいましたら、どのようなテーマだったか参考にしたいので
教えていただけたら幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 介護職をしていました。私が働いていた職場は、複合施設で高齢者と障害者の採用試験が同じもので行われて、選択式でいくつか出されていたのですが、その中で障害者福祉に関係するものとして「障害を持つ人にとっての“普通”とはどのようなことでしょうか」という題が出されました。
 下のアドレスにさまざまな種別の福祉関係の就職で出題された問題が書かれているのでご覧になってはと思います。
http://www.asahi-net.or.jp/~LC1T-KYM/mondai.htm

Q「期待される社会福祉士とは?」という小論文挑戦

「期待される社会福祉士とは?」という社会福祉士の通信課程の入学小論文ですが私の考えた小論文・・・みなさんの意見をお聞かせください。言葉の表現や間違っている所などありましたら教えてください!
600字以上800字以内で文字数はクリアしています。 辛口コメント歓迎です。


「期待される社会福祉士とは、福祉の事を多角的な視野からソーシャルワークできる専門職であると考えます。
ソーシャルワークは社会福祉士有資格者が業務を行うのが理想ですが、今現在、社会福祉士の資格はなくてもこの資格は名称独占のためほとんどの施設で相談援助は介護福祉士やケアマネジャー、看護師などが本来の業務の合間などに行っている場合が多いという現実があります。また、施設によっては社会福祉士有資格者が介護援助を主に行っている施設もあり社会福祉士という資格が曖昧な存在になってしまっています。欧米ではソーシャルワーカーというものが職業として成り立っていて多方面で有資格者が活躍しています。ですが、日本ではソーシャルワーカーという職業の存在そのものがあまり知られていません。あっても求人は介護業務に比べてはるかに少ないです。
その理由として、相談援助よりまずは介護と看護が先という施設側の思惑があるため求人も介護士と看護師を募集しているところが多いように見受けられます。確かに、現場経験を積んだ者が相談業務を行うのは理にかなっているかもしれません。
しかし、現場の者がソーシャルワークをすると現場寄りのアドバイスになってしまうため多角的に物事の判断が出来ないため、間違った情報を伝達している場合も少なくありません。その中で、社会福祉士が多方面から情報を仕入れ利用者様に質の良いソーシャルワークをする。これが、今後期待される社会福祉士像であると言えます。
今後、この資格がなければソーシャルワークが行えない業務独占の資格になるためにも
社会福祉士の地位を向上して期待される専門職になれるように頑張りたいと思います。」

「期待される社会福祉士とは?」という社会福祉士の通信課程の入学小論文ですが私の考えた小論文・・・みなさんの意見をお聞かせください。言葉の表現や間違っている所などありましたら教えてください!
600字以上800字以内で文字数はクリアしています。 辛口コメント歓迎です。


「期待される社会福祉士とは、福祉の事を多角的な視野からソーシャルワークできる専門職であると考えます。
ソーシャルワークは社会福祉士有資格者が業務を行うのが理想ですが、今現在、社会福祉士の資格はなくてもこの資格は...続きを読む

Aベストアンサー

その分野にも小論文にも全く詳しくありませんが、

ソーシャルワークは社会福祉士有資格者が業務を行うのが理想ですが、今現在、社会福祉士の資格はなくてもこの資格は名称独占のためほとんどの施設で相談援助は介護福祉士やケアマネジャー、看護師などが本来の業務の合間などに行っている場合が多いという現実があります。

句読点が少なすぎ。
名称独占って何でしょう?また、句読点がないためにどこで切って読めばよいのか、素人には判りません。
少なくとも判り辛い文章だとは言えます。
文も二つ三つに分けるなどできないんでしょうか。
ソーシャルワーカーは~~理想ですが、現在~~。それは~~のためです。
とかね。


施設によっては社会福祉士有資格者が介護援助を主に行っている施設もあり社会福祉士という資格が曖昧な存在になってしまっています。

施設によっては~~行っている施設もあり、は施設がダブっておかしい。
施設によっては~~行っており、で十分。


欧米ではソーシャルワーカーというものが職業として成り立っていて多方面で有資格者が活躍しています。ですが、日本ではソーシャルワーカーという職業の存在そのものがあまり知られていません。あっても求人は介護業務に比べてはるかに少ないです。

そうそう、一文これくらいだとテンポよく読めるような気がします。


その理由として、相談援助よりまずは介護と看護が先という施設側の思惑があるため求人も介護士と看護師を募集しているところが多いように見受けられます。

思惑があるため"、"介護士と看護師を募集している
でしょう。点が要るし、求人もは募集しているがあるんだから不要です。
というか、看護師と介護士についてのことは内容がダブっていますんで、要らないと思います。
思惑があるようです。そして実際にそれらを優先した求人になっているように見受けられます。
では?
それ以降の文も、句読点が少なすぎます。


今後、この資格がなければソーシャルワークが行えない業務独占の資格になるためにも

これはあなたの意志なのか、社会的な意志なのか。
私には判りませんが。
あなたの意志でしかないのならずいぶん勝手だなという印象を受けます。
それは、期待される社会福祉士というテーマなのに、社会福祉士の地位を向上させるために頑張りますってのが今一つ合ってないことからも判ることです。
期待される公共事業は、というテーマで、いっぱい仕事増やして貰います、と言っているような物で。
期待される、ってのは誰が期待しているんでしょうか?
それと地位向上とが本当に繋がりますか?
また、業務独占の資格になるため、ってのは日本語が変かと。
友達と話すのなら通じますが。
向上して、ではなく、向上させて、ですよね。書くのであれば。

分野等から言って落ちるとは思いませんが、割と難しい大学の小論文重視の一般入試なら確実に落ちると思います。
私は小論文など書いたこともありませんが、これだけボロボロ出てくるんでは。
小論文向けの本はあると思いますが、本の一冊でも勉強したでしょうか?
手遅れかも知れませんが、誰かに見て貰わないと。

その分野にも小論文にも全く詳しくありませんが、

ソーシャルワークは社会福祉士有資格者が業務を行うのが理想ですが、今現在、社会福祉士の資格はなくてもこの資格は名称独占のためほとんどの施設で相談援助は介護福祉士やケアマネジャー、看護師などが本来の業務の合間などに行っている場合が多いという現実があります。

句読点が少なすぎ。
名称独占って何でしょう?また、句読点がないためにどこで切って読めばよいのか、素人には判りません。
少なくとも判り辛い文章だとは言えます。
文も二つ...続きを読む

Q小論文の添削お願いします

試験で小論文を書かなければいけないのですが書きなれていないので添削していただけるとありがたいです。

障害者とノーマライゼーションについて述べよ。(1200字)


 障害者とは、障害者基本法において「障害者とは、身体障害、精神薄弱又は精神障害があるため、長期にわたり日常生活又は社会生活に相当な制限を受ける者をいう。」と定義されている。昨今は人権意識の高まりとともに、 ノーマライゼーションの理念や障害当事者による自立生活運動などの影響もあって、 すべての人がともに暮らすという考え方が定着してきている。
 しかし、障害者が生活していくうえで社会には様々な障害が存在している。例えば車いすを使用している人にとっての段差や、エレベーター等の不備などの設備的な障害、就業や資格取得に関する制度的な障害、障害者への無理解や偏見といった意識的な障害などがあるだろう。モノや設備などの障害はハード、意識的な障害はソフトな障害と呼ばれる。このうちハード面では、多目的トイレやエレベーターの設置、点字ブロックの敷設など目に見える形でバリアフリー化が進んでいる。これに対してソフト面ではどうだろうか。障害者に対して無理解であったり偏見を持っている人が多いというのが現状だろう。実際に、企業は障害者を一定の割合雇用しなければならない制度が設けられているが、2012年はこの法定雇用率を下回った数しか採用されていない。これは障害者に対する偏見の表れといえるだろう。このことは障害者の社会参加を推進するうえで致命的な問題である。
 この問題への解決策として3つの方法を提案する。一つ目はバリアフリー体験学習や福祉学習など、実体験を通して地域住民に考えてもらう機会を提供することだ。実際に体験するかしないかでは障害に対する考え方が大きく違ってくる。わかったつもりになっていても自分が体験することではじめてわかることもあるだろう。二つ目は、市民自らがまちづくりの課題を考え学んでいく「まちづくり教室」を実施し、話し合いやお互いの認識を深め合う場を設定することである。自分一人で行える活動には限界があるし、他人と意識を共有することでより深い考えを持てるようになる。三つ目は迷惑駐車の取締まりなどの啓発活動である。積極的に活動に参加していない人でも、自らの負担にならない範囲で障害に対する意識を変えることくらいならば行えるはずである。この意識を変えるということは個人による効果は小さくても、意識する人が増えるにつれて効果は大きくなっていくのである。
 このような活動を行うことによって、地域住民の障害者に対する理解を深めることができればハード、ソフト両面から障害者への支援となるだろう。しかし、本当に大事なのはバリアフリーではなく、ノーマライゼーションの理念であろう。上記のように、身の回りに存在する障害を取り除くことが特別のことであるうちは本当のノーマライゼーションとは言えない。障害者自身が「特別」を感じることなく生活できるようにしていかなければならないのである。

試験で小論文を書かなければいけないのですが書きなれていないので添削していただけるとありがたいです。

障害者とノーマライゼーションについて述べよ。(1200字)


 障害者とは、障害者基本法において「障害者とは、身体障害、精神薄弱又は精神障害があるため、長期にわたり日常生活又は社会生活に相当な制限を受ける者をいう。」と定義されている。昨今は人権意識の高まりとともに、 ノーマライゼーションの理念や障害当事者による自立生活運動などの影響もあって、 すべての人がともに暮らすという考え方が...続きを読む

Aベストアンサー

 まず、各文に番号を振っておきます。文の性質や前後との関係を「→~」で簡単に付記もしてみます。

―――――――――――
01.障害者とは、障害者基本法において「障害者とは、身体障害、精神薄弱又は精神障害があるため、長期にわたり日常生活又は社会生活に相当な制限を受ける者をいう。」と定義されている。→障がい者の法的な定義(この文は以降と関連性が薄い)

02.昨今は人権意識の高まりとともに、ノーマライゼーションの理念や障害当事者による自立生活運動などの影響もあって、すべての人がともに暮らすという考え方が定着してきている。→障がい者を取り巻く環境の動向

03.しかし、障害者が生活していくうえで社会には様々な障害が存在している。→問題が存在するとの指摘

04.例えば車いすを使用している人にとっての段差や、エレベーター等の不備などの設備的な障害、就業や資格取得に関する制度的な障害、障害者への無理解や偏見といった意識的な障害などがあるだろう。→05の具体例提示

05.モノや設備などの障害はハード、意識的な障害はソフトな障害と呼ばれる。→障がい者に対する不利なことの分類・定義

06.このうちハード面では、多目的トイレやエレベーターの設置、点字ブロックの敷設など目に見える形でバリアフリー化が進んでいる。→05の一部に対する説明

07.これに対してソフト面ではどうだろうか。→05について06で言っていない面についての疑問表明

08.障害者に対して無理解であったり偏見を持っている人が多いというのが現状だろう。→07に対するネガティブな回答

09.実際に、企業は障害者を一定の割合雇用しなければならない制度が設けられているが、2012年はこの法定雇用率を下回った数しか採用されていない。→08についての具体例提示

10.これは障害者に対する偏見の表れといえるだろう。→09に対する解釈

11.このことは障害者の社会参加を推進するうえで致命的な問題である。→10に対する問題提起

12.この問題への解決策として3つの方法を提案する。→改善策提示の宣言

13.一つ目はバリアフリー体験学習や福祉学習など、実体験を通して地域住民に考えてもらう機会を提供することだ。→12に続く具体的提示1

14.実際に体験するかしないかでは障害に対する考え方が大きく違ってくる。→13に対する補足

15.わかったつもりになっていても自分が体験することではじめてわかることもあるだろう。→14に続けて13に対する補足

16.二つ目は、市民自らがまちづくりの課題を考え学んでいく「まちづくり教室」を実施し、話し合いやお互いの認識を深め合う場を設定することである。→12に続く具体的提示2

17.自分一人で行える活動には限界があるし、他人と意識を共有することでより深い考えを持てるようになる。→16に対する補足

18.三つ目は迷惑駐車の取締まりなどの啓発活動である。積極的に活動に参加していない人でも、自らの負担にならない範囲で障害に対する意識を変えることくらいならば行えるはずである。→12に続く具体的提示3

19.この意識を変えるということは個人による効果は小さくても、意識する人が増えるにつれて効果は大きくなっていくのである。→20に続くべき文(この、という語がいきなり出ても分からない)

20.このような活動を行うことによって、地域住民の障害者に対する理解を深めることができればハード、ソフト両面から障害者への支援となるだろう。→11~18実施後の変化の予想。かつ19までについての結論

21.しかし、本当に大事なのはバリアフリーではなく、ノーマライゼーションの理念であろう。→20までに対する逆接による、何らかの提示開始の示唆

22.上記のように、身の回りに存在する障害を取り除くことが特別のことであるうちは本当のノーマライゼーションとは言えない。→22に対する敷衍

23.障害者自身が「特別」を感じることなく生活できるようにしていかなければならないのである。→21~22に対する結論
―――――――――――

 何が言いたかったのか、よく分からない面があり、順序を多少変えてみて、少しだけ文言の変更や、追加の文を入れることで改善できます。

―――――――――――
03'.障害者が生活していくうえで社会には様々な障害が存在している

02'.確かに、昨今は人権意識の高まりとともに、ノーマライゼーションの理念や障害当事者による自立生活運動などの影響もあって、すべての人がともに暮らすという考え方が定着してきた。

04'.しかし、車いすを使用している人にとっての段差や、エレベーター等の不備などの設備的な障害、就業や資格取得に関する制度的な障害、障害者への無理解や偏見といった意識的な障害などがあるだろう。→

05.モノや設備などの障害はハード、意識的な障害はソフトな障害と呼ばれる。

06'.ハード面では、多目的トイレやエレベーターの設置、点字ブロックの敷設など目に見える形でバリアフリー化が進んでいる。

07'.しかし、ソフト面ではどうだろうか。

08'.ソフト面の充実に欠かせない障害者に対する理解は不足し、逆に偏見すら持っている人が多いというのが現状だろう。

09.実際に、企業は障害者を一定の割合雇用しなければならない制度が設けられているが、2012年はこの法定雇用率を下回った数しか採用されていない。

10.これは障害者に対する偏見の表れといえるだろう。

11.障害者の社会参加を推進するうえで致命的な問題になっているのである。

12'.そこで、この問題への解決策として3つの方法を提案する。

13.一つ目はバリアフリー体験学習や福祉学習など、実体験を通して地域住民に考えてもらう機会を提供することだ。

14.実際に体験するかしないかでは障害に対する考え方が大きく違ってくる。

15.わかったつもりになっていても、自分が体験してみないと、わかっていないと実感することも多々あるだろう。

16.二つ目は、市民自らがまちづくりの課題を考え学んでいく「まちづくり教室」を実施し、話し合いやお互いの認識を深め合う場を設定することである。

17.自分一人で行える活動には限界があるし、他人と意識を共有することでより深い考えを持てるようになる。

18.三つ目は迷惑駐車の取締まりなどの啓発活動である。積極的に活動に参加していない人でも、自らの負担にならない範囲で障害に対する意識を変えることくらいならば行えるはずである。

20.このような活動を行うことによって、地域住民の障害者に対する理解を深めることができればハード、ソフト両面から障害者への支援となるだろう。

19.この意識を変えるということは個人による効果は小さくても、意識する人が増えるにつれて効果は大きくなっていくのである。

20-1.しかし、これで事足りるわけではない。

21'.本当に大事なのは、バリアフリーの先にあるノーマライゼーションの理念であろう。→20までに対する逆接による、何らかの提示開始の示唆

22.上記のように、身の回りに存在する障害を取り除くことが特別のことであるうちは本当のノーマライゼーションとは言えない。

23.障害者自身が「特別」を感じることなく生活できるようにしていかなければならないのである。

01'.注)障害者基本法において「障害者とは、身体障害、精神薄弱又は精神障害があるため、長期にわたり日常生活又は社会生活に相当な制限を受ける者をいう。」と定義されている。
―――――――――――

 ここからまた、各文に番号を振り直した上で、各々の文の意味・機能を見直して、順序や文言を検討して、同様に改善します。それを繰り返して納得いくものを仕上げますが、回答としてはここまででご容赦ください。

 まず、各文に番号を振っておきます。文の性質や前後との関係を「→~」で簡単に付記もしてみます。

―――――――――――
01.障害者とは、障害者基本法において「障害者とは、身体障害、精神薄弱又は精神障害があるため、長期にわたり日常生活又は社会生活に相当な制限を受ける者をいう。」と定義されている。→障がい者の法的な定義(この文は以降と関連性が薄い)

02.昨今は人権意識の高まりとともに、ノーマライゼーションの理念や障害当事者による自立生活運動などの影響もあって、すべての人がともに暮らすという考...続きを読む

Q障害者自立支援法についての作文

障害者自立支援法の作文を書くことになりましたが、現時点ではどのようなポイントで作文すればよいか焦点が絞れません。
単に自分の勉強不足なのですが・・・。
試験ですので、皆様に作文してくださいとは言いません。
ですが、どのような視点・書き方・論点など、アドバイスをぜひもらえたらと思います。
800字くらいの作文です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

いちばん問題だとされているのは、利用者負担ですね。
応益負担といって、負担能力にかかわらず、一律1割負担とされました。
しかし、現実には、負担能力がない障害者の方はざらにいらっしゃいます。サービスを受けようとすればするほど、負担の重さが肩にのしかかってくるわけですね。
この結果、受けたいサービスさえ敬遠せざるを得ない状況が作られてしまいました。
そこで、国はあわてて、利用者負担の月額上限額を設けたり、ある条件にあてはまれば特例的に負担をゼロにするなどの措置を採りました。

応益負担は、憲法上の生存権の侵害であるともされました。
国が負けてしまったため、障害者自立支援法を平成24年10月までに廃止して障がい者総合福祉法に移行する、という流れが作られましたし、現に障がい者制度改革推進本部というものがありますよ。

なお、昨年、改正障害者自立支援法が施行されたのですが、そこでは応益負担から応能負担(負担能力に応じた負担)に変わりましたし、いままでしっかりと明記されていなかった発達障害者支援なども新たにしっかり明記されました。
グループホームなどに入居する人に対する家賃補助も始まっています。
要するに、障害者自立支援法のいろいろな矛盾が見えてきたので、改正障害者自立支援法や障がい者総合福祉法などを通してさらにあらためてゆこう、という流れも出てきているのです。

ということで、こういった流れを十分に踏まえながら書いてゆくと、良いものができるかもしれません。
もちろん、ひとつの例に過ぎませんよ。ぜひ、ご自分の言葉でまとめてみて下さいね。
 

いちばん問題だとされているのは、利用者負担ですね。
応益負担といって、負担能力にかかわらず、一律1割負担とされました。
しかし、現実には、負担能力がない障害者の方はざらにいらっしゃいます。サービスを受けようとすればするほど、負担の重さが肩にのしかかってくるわけですね。
この結果、受けたいサービスさえ敬遠せざるを得ない状況が作られてしまいました。
そこで、国はあわてて、利用者負担の月額上限額を設けたり、ある条件にあてはまれば特例的に負担をゼロにするなどの措置を採りました。

応益...続きを読む

Q介護に関する小論文の添削

介護に関する小論文の添削

介護の勉強をしています。教科書の理解度を見る為の提出課題です。添削をお願いします。

自身の体験をふまえた緊急時の介護職員の役割

 緊急時の介護職員の役割とは、利用者の生活との関わりで得ていた情報を元に、利用者の身体状況を的確に把握し、緊急性に合わせて対処することだ。私は有料老人ホームに勤務している。緊急事態に遭遇した職員は、利用者の意識レベルや呼吸と脈拍の状態、出血や身体の可動などを確認する。観察で得た情報を施設事務所に連絡し、常勤看護師を呼び診察や処置をしてもらう。緊急連絡先など利用者の個人情報を管理している施設責任者に報告し、必要であれば施設責任者が関係各所に連絡する。危機的状態と判断した場合は救急車を要請し、応援の職員と協力し心臓マッサージや止血など応急処置や延命処置行う。
 かつて私は、転倒した利用者を発見し何をしていいのか判断できず数分動けなかったことがある。介護職員が緊急時に冷静な対処する為には、事前にある程度の医学知識と各事例での対処方法を持っておき、常に緊急事態を想定して行動することが重要である。介護職員が利用者の普段の体温や血圧、抱えている疾病とその特徴、使用している薬の内容、通院している病院と医療処置など、利用者の現在の健康状態・普段の状態を理解しておくことで、緊急時に的確に利用者の状態の判断が可能である。事業所でも、職場研修会を開いて医学やAEDや救急車の連絡方法などを職員全員が勉強している。
 施設介護の為に職員による会議を開くと人手が無い為になかなかできないのだが、職員による意見交換会やケース検討会などで介護中に気付いた利用者の変化やヒヤリハットから、緊急事態に陥る可能性やその対処方法を考えていくことが大切である。また、救急が必要な際に介護職員だけでもが連絡できるように、利用者の通院歴や家族の連絡先などの情報を閲覧できる状態にするべきだ。

推敲前の文章です。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6301400.html

介護に関する小論文の添削

介護の勉強をしています。教科書の理解度を見る為の提出課題です。添削をお願いします。

自身の体験をふまえた緊急時の介護職員の役割

 緊急時の介護職員の役割とは、利用者の生活との関わりで得ていた情報を元に、利用者の身体状況を的確に把握し、緊急性に合わせて対処することだ。私は有料老人ホームに勤務している。緊急事態に遭遇した職員は、利用者の意識レベルや呼吸と脈拍の状態、出血や身体の可動などを確認する。観察で得た情報を施設事務所に連絡し、常勤看護師を呼び診...続きを読む

Aベストアンサー

他に回答が無いので追加で答えます。

あくまで私の考えですが、要するに教科書に出てくる項目と
自分が現場で遭遇した事例とか自分の意見を合わせて論じればいいのだと思います。

なので、流れについてはOKですけど、問題は内容の方です。

私の仕事に置き換えて簡単に書くと

トラブルには事前に準備するのが必要であるが、実際にそれが発生した時に私は言われたことや普段できることすらまともにできなかった。
そして、なぜできなかったのかを考えると、基礎的な知識の不足に加え、経験が無く、さらにその結果自信も無いため慌ててしまい、できることもできなくなっていた。
焦りを無くすためにも、基礎学習に加え経験不足を補うための過去事例の学習を行なう事で対処した。

まあ、これくらいの事は書けます。

多分教科書の内容が血肉になってれば一番良くて、そうじゃなくても実感のこもった言葉として出てればまあいいのかもしれないですね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング