新聞でコレステロールの値が議論されています。健康値が140以下とか120以下とか190以下とか、どれが正解なのかわかりません。教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

一般的な血液検査では、正常上限値が120㎎/dl未満とされていることが多いかと思いますよ。

ご参考になれば幸いです。
    • good
    • 1

専門家紹介

医師、歯科医師、栄養士、薬剤師、獣医師、カウンセラー等に直接相談できる、メディカル・ヘルスケアQ&Aサービス「Doctors Me(ドクターズミー)」に所属する女性医師が回答します!
▼ Doctors Meとは?⇒ https://doctors-me.com/about

詳しくはこちら

専門家

こんにちは!



昔から言われているのは、140mg/dlじゃないでしょうか?
一概にどれが本当に正しいのかいわれるとわかりませんが、悪玉コレステロールについてお考えでしたら、140mg/dlの場合は、生活習慣の改善が必要と考えてみていいと思いますよ!!
流石に190mg/dlは高いと思いますので…

参考まで。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QLDLコレステロール

LDLコレステロール


健康診断でLDLコレステロールが基準を越えて判定Cをもらいました(T_T)

HDLコレステロールは判定Aでした。

違いがよくわかりませんので教えて下さい。

Aベストアンサー

HDLは善玉コレステロール、LDLは悪玉コレステロールとと呼ばれます。

★LDL
肝臓から組織にコレステロールを運びます。
増えすぎると血管壁に付着し、動脈硬化を促進します。

★HDLは逆に、組織からコレステロールを肝臓に戻します。
血管から余分なコレステロールを取り除き、肝臓に運ぶ血液をキレイにして動脈硬化を防ぎます。

動物性油脂(ラード・バター・牛脂・ロース肉・チーズ・卵など)はLDLを増やします。
植物性油脂(コーン油・紅花油・ごま油など)でなるべく代替するようにしましょう。

また、食物繊維もLDLや中性脂肪を減らす働きがあります。
逆に、ストレスはLDLを増加させるそうです。

http://www02.bbc.city.okinawa.okinawa.jp/hello2/check/index.html

Q悪玉コレステロール

悪玉コレステロール

昨晩、焼肉食べ放題で、シコタマ食べました。お酒は全く飲んでません。

次の昼、健診しました。
コレステロールが、あと、一歩で、基準値オーバーです。

今までは、余裕で、クリアです。

昨晩の焼肉食べ放題は、何か、因果関係あるのでしょうか?

それか、さほど関係なく、日頃の不摂生のせいでしょうか?

Aベストアンサー

前日の食事なんてさほど関係ないでしょう。

経口摂取、ようするに食事で採れるコレステロールなんて全体の20%です。
約5割が「肝臓から創り出されている」のです。
γGTPとか肝臓の数値も悪くなってませんか?

悪玉コレステロールは
(1)運動不足
(2)糖質の過剰摂取(炭水化物系)
で増えます。
日頃の不摂生ですね・・・。

QたまごのLDLコレステロールについて教えてください

たまごには、LDLコレステロールが多く含まれるそうですが、「生卵」を食べた場合と、「卵焼き」にした場合では、LDLコレステロールの値に変化はあるのでしょうか。

たまごが好きなのですが、食べ過ぎはよくないようで、もし焼くことで多少なりともLDLコレステロールを減らせるのであれば、ぜひ詳細を知りたいのです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 タマゴがお好きとか・・・家族性高コレステロール血症と診断を受けていなければ、一番良質なタンパク源ですしたくさん食べてください。
 生卵であれ卵焼きであれ、どちらでもお食べになられると良いですね。

 ただし、生卵であるならばプロテインインスコアーが100ですから、栄養価が高い。L玉一個で7gほどのタンパク質が含まれている。

 加熱すると白味の透明部分が白く濁り、メイラード反応により、プロテインスコアーの劣化が起こります。生卵と比べると、卵焼きではタンパク質(の働き)が半減したと解釈されます。

 ですが、卵の白味はビタミンB群中の微量栄養素である『ビオチン』の吸収阻害が起きます。卵焼きでは、ビオチンの吸収阻害は起きません。

 タマゴの吸収力を高めるためには、半熟が良いとされています。

 血液検査ではコレステロールを調べる検査はしません。つまり、卵を食べたら卵のコレステロールを測れる、と云うことはあり得ないのです。
 コレステロールの80%は肝臓で作られて、それだけでは足りないので食事でコレステロールを補わなくてはいけないのですが、それを食べすぎれば肝臓でのコレステロール生産量を下げてそれをほど良い量に調整します。

 LDLコレステロールについてですが、食事に含まれるコレステロールの中には、HDLとLDLの区別はありません。脂質としてのコレステロールとして吸収されますが、肝臓で作られる”アポタンパク”と結合して血中に放出されて”リポタンパク・コレステロール”になります。
 その時に、βリボタンパクと結合したものを「LDLコレステロールは(Low Density Lipo Protein)低比重リポ蛋白」と云い、αリボタンパクと結合すると「HDLコレステロールは(High Density Lipo Protein)高比重リポ蛋白」となります。血液検査では、このリポ蛋白の種類と量を測り、そのリポ蛋白の違いによりLDLコレステロール、HDLコレステロールの数値を示しているのです。
 
 血液の中を流れる栄養成分・薬剤等はすべて、タンパク質と結合して目的の臓器へと運ばれるものですから、この運搬タンパクを作り難くなった肝硬変の方などは、肝臓でコレステロールを作れなくなるだけではなく、どんなに卵を食べても血中コレステロールは低くなってしまいます。

 つまり、個々の体がもつ特性と誤った食事・生活習慣で高LDL・低LDL、高HDL・低HDL等々が決まります。しかし、これらは薬を使わなくても正しい食事と運動、過食を避ける等々で治るものですから、タマゴを食べてはいけない、と云うものではありません。

 ただし、タマゴを食べてコレステロールが上昇してしまう病気もあるので、脂質異常症(注:)等を理解する医師に診て貰うことは大切です。血液検査でリポ蛋白分画などを調べて異常を感じれば更に精査するはずです。

注:家族性高コレステロール血症 ・・ 500家族に1家族の割合で存在しますが、この病の方はコレステロールの多い食事を摂り続けると、10代20代の若いうちに心筋梗塞を引き起こします。

 LDLコレステロールが糖化あるいは酸化LDLに変わると悪さをする理由など、もっとお知らせしたいのですがとりあえずここまでにさせてください。

 タマゴ好きの質問者さんには下のURLを紹介しておきます。
http://www.clinic-hygeia.jp/blog/2006/07/post-57.html ← 女医さんのブログですが、タマゴを食べよう!キャンペーンは読むと面白いですよ。

 タマゴがお好きとか・・・家族性高コレステロール血症と診断を受けていなければ、一番良質なタンパク源ですしたくさん食べてください。
 生卵であれ卵焼きであれ、どちらでもお食べになられると良いですね。

 ただし、生卵であるならばプロテインインスコアーが100ですから、栄養価が高い。L玉一個で7gほどのタンパク質が含まれている。

 加熱すると白味の透明部分が白く濁り、メイラード反応により、プロテインスコアーの劣化が起こります。生卵と比べると、卵焼きではタンパク質(の働き)が半減したと解釈...続きを読む

Q筋トレのための食事と、総コレステロール値の関係

こんにちは。
健康診断の血液検査結果で総コレステロールが高く、要注意とでました。
数年前から、少し高めではあったのですが・・・。

筋トレをするため、たんぱく質をたくさん摂る食事をしているのですが、
総コレステロール値を上げてしまうなどの良くない影響はありませんか?
また、このまま筋トレ続けて、食事も気にしていたら、健康値に下がってゆくでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

  mois_recit さん、こんにちわ。

 数値が具体的に書いてないので判断できないのですが、コレステロールについてはこういうガイドラインがあります。一部抜粋します。

 詳しくは、「スクリーニング」「PAR-Q」「リスク・ファクター」「危険因子」「判断基準」
などの単語(か、その組み合わせ)で、このカテゴリーで検索するか、ググってみてください。

---------------------------------
 アメリカ・スポーツ医学会(ACSM)のガイドラインによれば、明らかに外見上健康な45歳以下の男性および55歳以下の女性で、家族歴、喫煙習慣、高血圧、高コレステロール血症、糖尿病、運動不足という冠動脈疾患のリスク・ファクターのうち1つしか当てはまらない人であれば、最大酸素摂取量の60%強度を超える激しい運動(呼吸循環器に十分負荷が与えられ20分以内に疲労する程度の運動)を行うにあたって、医師による医学的検査や運動負荷試験を受ける必要は無いとしている。

(中略)

5、高コレステロール血症:血液中の脂質が正常範囲を超えて高い状態で、総血清コレステロール値が220mg/dlまたは、高比重リポタンパク(HDL)値が35mg/dl以上。
---------------------------------

(以上、NSCAジャパン ストレングス&コンディショニング I ISBN4-469-26519-5 140 - 141 ページより抜粋)

  mois_recit さん、こんにちわ。

 数値が具体的に書いてないので判断できないのですが、コレステロールについてはこういうガイドラインがあります。一部抜粋します。

 詳しくは、「スクリーニング」「PAR-Q」「リスク・ファクター」「危険因子」「判断基準」
などの単語(か、その組み合わせ)で、このカテゴリーで検索するか、ググってみてください。

---------------------------------
 アメリカ・スポーツ医学会(ACSM)のガイドラインによれば、明らかに外見上健康な45歳以下の男性および55...続きを読む

QLDLコレステロール値の下げ方

LDLコレステロール値の下げ方

先日健康診断を受けた結果、LDLコレステロール値が高いと判断されました。具体的に何か下げるいい方法はありますでしょうか?食べてはいけない食べ物、控えた方がいい食べ物、下げるのに効果的な食べ物や薬があれば教えてください。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私の場合、処方薬(クレストール)で下げていますが、他には有酸素運動(ウォーキングがいいそうです)を毎日継続することと、食べ物で注意するのは鶏卵・魚卵(いくらなど)・レバー・貝類(不思議に思いましたが身の大半が内臓だからだそうです)・鶏肉の皮・牛肉の脂身などは極力食べないようにと医者に言われました。食事を注意していても、体質で勝手に肝臓がLDLコレステロールを作って体内に分泌してしまうそうで、薬は夕食後に飲むようにしています。薬はいろいろな銘柄があるようですが、検査結果から私にはこれが一番合っているようです。

Q筋トレとHDL/LDL比

50代でウエイトトレーニングを中心に体を鍛えています。
特に、この1年間は増量期も設けて、筋肉量・体重ともにかなり増加しました。
ところが残念な事に、最近の人間ドックの結果として、HDL/LDL比が、かなり悪化しました。
血糖値他は全く問題がありませんが、総コレステロールが若干増え、LDLが著しく増加しました。

以前からの研究として有酸素運動がHDL/LDL比を改善させることは知っています。
また、近年の研究として、無酸素運動であるウエイトトレーニングでも、安静時の代謝を高めることによりHDL/LDL比の改善にも効果があると推測されていると理解しています。
しかし、結果として僕の場合、少なくともHDL/LDL比については、良い結果をもたらしていません。

医師の指導としては、食生活の問題であろうということです。
やはり、特に増量期のカロリー過多が、僕の年齢としては好ましくはなかったのかも?と想像しています。
トレーニングそのものよりも、筋肥大のための食生活が50男には不健康だった?若しくはかねてからの甘いもの、酒、肉全部好きが、食べる量が増えて悪影響を及ぼした。
とはいえ、こまめに検診を受けているので、体に異常をきたしているわけではないですし、半年くらいの時間で飛躍的に改善させたいと感じています。

質問は、

1.ウエイトトレーニングを継続されて行われている方で、一時的にHDL/LDL比に大きな変動を経験した方はいらっしゃいますでしょうか?

2.対策として、

(1)運動面では、ウエイトトレーニング後の有酸素運動を、トレッドミルでの時速10~12km走(時々)でなく、速度を落として30~40分のウォークに切り替える

(2)栄養面では、http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3483205.htmlも参考にし、コレステロールを減らす。
甘い物は和菓子中心、ワインは赤ワインだけど、ちょっと量を減らす。

の両面を考えていますが、トレーニングを常として入る方で、コレステロールのコントロールに注意を払っている方は、他にどのようなことに注意していますか?

思うに、食べすぎ、飲みすぎでした。
昨年も一時的に尿酸値が4.2から8.3に増えて通風の症状がでましたが、理由は美食のしすぎでした。
今回も、「トレーニングしているんだから食べても大丈夫♪俺は健康だ!」という過信が招いた天罰だと反省はしています。
妻や子供達には、「いい年してあれだけバリバリ食べてたら、当たり前でしょ。」とは言われています。

50代でウエイトトレーニングを中心に体を鍛えています。
特に、この1年間は増量期も設けて、筋肉量・体重ともにかなり増加しました。
ところが残念な事に、最近の人間ドックの結果として、HDL/LDL比が、かなり悪化しました。
血糖値他は全く問題がありませんが、総コレステロールが若干増え、LDLが著しく増加しました。

以前からの研究として有酸素運動がHDL/LDL比を改善させることは知っています。
また、近年の研究として、無酸素運動であるウエイトトレーニングでも、安静時の代謝...続きを読む

Aベストアンサー

40代。男性。ウエイトトレーニング歴7年。

bagnacaudaさん、こんにちは。
お久しぶりです。
お変わりはありませんか?。

●私の場合は、万年増量期ですが、ここ4年はLDL[mg/dl]/HDL[mg/dl]比は2.6[LDL/HDL]くらいです。

総コレステロールは、200[mg/dl]を少し切るくらいです。

■ネットでいろいろ調べると、余剰コレステロールの排出には、★食後直後にのビタミンC1000mg摂取が良いとの記事もありました。

<コレステロールについて>
http://plaza.harmonix.ne.jp/~lifeplus/text/colest.html

<以下抜粋>

 コレステロールが胆汁酸へと変換されるためには、ビタミンCが不可欠です。
さらに、コレステロールは胆汁酸となって小腸内へ分泌(排泄)されますが、食品から摂取した脂肪とミセルダンゴを作ります。
小腸はミセルダンゴの形になった脂肪しか吸収しないため、コレステロールの再吸収と脂肪の吸収が起こることになります。

<抜粋終わり>


<以下抜粋>

■ビタミンCの摂取
 ・ビタミンCを毎食後すぐに1000mg程度を摂取する。

 ビタミンCは、このくらいの量になると、良質なサプリメントを利用する以外方法はないと思われます。
これで1日3000mgほど摂取できることになります。

 ビタミンCが充分にあれば、コレステロール値はある値を越えないようです。
これは、コレステロール血中濃度はフィードバック的に制御されているようですので、
これを運ぶための栄養素の条件を整える目的に働くためのです。

<抜粋終わり>

真偽の程はわかりませんが、お試しになってはいかがでしょうか。


■最近のニュースで参考記事がありましたので上げます。

<動脈硬化の危険度 「悪玉÷善玉」で目安>
http://sankei.jp.msn.com/life/body/080409/bdy0804090747000-n1.htm

<以下抜粋>


動脈硬化の危険度 「悪玉(LDL)÷善玉(HDL)」で目安  (1/3ページ)
2008.4.9 07:46

「『悪玉(LDL)÷善玉(HDL)』の値を自己点検し、動脈硬化の予防に役立ててほしい」と話す
東京医科歯科大学生命倫理研究センターの吉田雅幸教授

 心筋梗塞(こうそく)や脳梗塞を引き起こす動脈硬化。
その予防に欠かせないコレステロール管理の目安として、「悪玉」と呼ばれるLDLコレステロール値を「善玉」の
HDLコレステロール値で割った数値が注目されている。
LDLとHDLのバランスの善しあしを一目で把握できるのが利点で、
専門医は「生活習慣の改善や医師の指導を受けるきっかけとして活用してほしい」と呼びかけている。(海老沢類、写真も)

 コレステロールは血液に含まれる脂質の一種。
悪玉のLDLは体中の血管にコレステロールを運び、善玉のHDLは余分なコレステロールを回収する役目を担う。
動脈硬化に詳しい東京医科歯科大学生命倫理研究センターの吉田雅幸教授は「両者とも体内の細胞膜に欠かせないものだが、
LDLの量に比べてHDLが少なすぎると、コレステロールの供給過剰を招く。
プラークと呼ばれる塊が血管に付着しやすくなり、動脈硬化の原因になります」と指摘。
動脈硬化の予防には、悪玉のLDL値を下げるだけでなく、余剰分を回収してくれる善玉のHDL値を上げる必要があるという。

 日本動脈硬化学会は昨年4月、診断基準から従来の★総コレステロール値を削除した。
★悪玉のLDL値「140以上」を「高LDLコレステロール血症」、★善玉のHDL値「40未満」を「低HDLコレステロール血症」
とし、動脈硬化性疾患を引き起こす危険性を指摘した。

 ただ、医師向けの診断基準をすべて覚えるのは大変だ。そこで手軽に危険度をチェックする目安として、
吉田教授が紹介するのが「悪玉÷善玉」という数式。
★この値が「2・5以上」なら要注意で、健康な人なら「2・0以下」、
★糖尿病や高血圧といった危険因子を持っている人は「1・5以下」を目指すよう呼びかける。


動脈硬化の危険度 「悪玉÷善玉」で目安  (2/3ページ)
2008.4.9 07:46

「『悪玉(LDL)÷善玉(HDL)』の値を自己点検し、動脈硬化の予防に役立ててほしい」と話す
東京医科歯科大学生命倫理研究センターの吉田雅幸教授

 「悪玉のLDL値が同じ120でも、善玉のHDL値が60だったら『2・0』でほぼ標準だが、
30なら『4・0』でリスクがより高いと判断できる。
この値をできるだけ小さくするよう心がけてほしい」と吉田教授は説明する。


動脈硬化の危険度 「悪玉÷善玉」で目安  (3/3ページ)
2008.4.9 07:46

「『悪玉(LDL)÷善玉(HDL)』の値を自己点検し、動脈硬化の予防に役立ててほしい」と話す
東京医科歯科大学生命倫理研究センターの吉田雅幸教授

 吉田教授が掲げる指標の根拠は複数の研究データだ。
軽症狭心症患者約100人を対象に実施した国内の臨床研究では、「悪玉÷善玉」の値が「2・5以上」になると、
血管内のプラーク占拠率が目立って高くなった。また、昨年発表された米国での研究論文によると、
この値が「2・0以下」になるとプラークの体積は縮小に向かい、「1・5以下」ではさらに小さくなったという。

 吉田教授は「さらに明確な基準を設定するにはより多くの臨床データが必要だが、この指標は一つの目安にはなる。
動脈硬化は数十年単位の長い年月をかけて徐々に進行していく。
手持ちの健診結果で誰もが計算できる数式なので、過去の健診結果もフォローしながら予防に役立ててほしい」と話している。

                   ◇

 ■禁煙と適度な運動を

 動脈硬化の予防には、生活習慣の改善が必要だ。
日本動脈硬化学会はガイドラインで、禁煙▽食生活の是正▽身体活動の増加▽適正体重の維持と内臓脂肪の減少
-の4項目を対策の柱に掲げている。
東京医科歯科大学の吉田雅幸教授は「禁煙の徹底はもちろん、肉類よりも魚類や海藻、野菜、キノコなどを積極的に食べ、
過剰な脂質の摂取を抑えることが大事。
20~30分のウオーキングなど脂肪を燃焼させる運動も続けてほしい」とアドバイスする。


<抜粋終わり>


■また、こんな記事も最近あります。

<コレステロール、低い方が危険>
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080328-00000148-jij-soci

<以下抜粋>

コレステロール、低い方が危険=男性は高いほど死亡率減る-富山大など
3月28日20時1分配信 時事通信


 血中の総コレステロール値が低い人は死亡リスクが高いことが28日までに、浜崎智仁富山大教授、
大櫛陽一東海大教授らの研究で分かった。
特に男性の場合、総コレステロール値が高いほどリスクが低くなる傾向がみられた。
 大櫛教授らの別の疫学調査では、「悪玉」とされるLDLコレステロールで同様の傾向がみられた。
 4月から始まる特定健診では、LDLが一定値以上だと受診勧奨となるが、
浜崎教授は「コレステロールを悪者にする説はもともと米国から来たもの。
米国は心臓疾患や肥満が多く、体質が違う。
不必要な人まで薬物治療の対象になる」と懸念している。
 同教授らは、コレステロールと死亡率に関する国内の疫学調査を検索し、
「5000人以上を5年以上追跡」などの条件で5本の文献に絞り込み、延べ約17万3500人分を「メタ分析」という手法で解析した。

<抜粋終わり>

40代。男性。ウエイトトレーニング歴7年。

bagnacaudaさん、こんにちは。
お久しぶりです。
お変わりはありませんか?。

●私の場合は、万年増量期ですが、ここ4年はLDL[mg/dl]/HDL[mg/dl]比は2.6[LDL/HDL]くらいです。

総コレステロールは、200[mg/dl]を少し切るくらいです。

■ネットでいろいろ調べると、余剰コレステロールの排出には、★食後直後にのビタミンC1000mg摂取が良いとの記事もありました。

<コレステロールについて>
http://plaza.harmonix.n...続きを読む

QLDLコレステロールが193ありました

健康診断の脂質系検査の結果で、
LDLコレステロールが193ありました。
昨年が200で、一昨年が194です。

今回、
総コレステロールが、282
中性脂肪が、122
HDLコレステロールが、51
LDLコレステロールが、193
です。

年齢は40歳で男です。
身長が、167センチ
体重が、61キロ

その他の検査項目は全て異常なしです。

LDLコレステロールが高い人は比較的早く寿命がくるんじゃないでしょうか?
これだけ見たとき、自分の寿命が後どれぐらいかわかりますか?

Aベストアンサー

それだけコレステロールが必要とする体になってるのですから、減らしたいならそれほど必要としない体にすれば良いだけです。
働き盛りで毎日忙しい日々に違いありません。忙しい体にはストレスに応じてそれなりのコレステロールが必要ですので体内で合成して血中に流し込みます。
減らすには薬を使うことではなく今のストレスを減らす生き方にかえなければなりません。生き方を変えずして薬で合成を抑制すると必要なコレステロールが確保できなくなって弊害がでてきます。体は意味もなくコレステロールを増減しません。すべてその値には理由があります。

どうしてもコレステロールを減らしたいと思われるならお分かりだと思いますが、これからできることいは働き過ぎや頑張り過ぎなど生き方を見直すことです。結果それに応じた値になっていきます。

これから先のことなど誰にもわかりません。誰だって数値がどうであろうが明日死ぬかも知れませんよ。残念ながら「これだけ見たとき」なんて都合の良い話はありません。

Q血液の脂質検査で MDA-LDL というのはどんな内容でしょうか?

コレステロールの定期検査をおこなっており、血管の梗塞を気にしています
医師から MDA-LDL を念のために検査するといわれましたが(説明は受けたのですが)イメージが理解できません
特に、検査結果が出るまで1ヶ月以上かかるとのことで、ますます理解に苦しみました
普段の検査は1時間くらいで結果が出るのに、他の検査機関に持っていくらしいのですが、どんなものなのか教えて下さい

Aベストアンサー

LDLと悪玉コレステロールは同じ意味(?)です。
様々な悪玉コレステロールの中の一つの形態として、MDA-LDLがあると考えてください。
血中にLDLが多く、HDL(善玉コレステロール)が少なくなると、高脂血症や動脈硬化になりやすくなります。

Q低LDLコレステロール

低LDLコレステロール

健康診断での血液検査の結果が返ってきたのですが、異常値がありました。
総コレステロール160ほど、HDLコレステロール120、LDLコレステロール29でした。
(中性脂肪40)

LDLコレステロール値はいつも40程度なのですが、今回はかなり低くなっておりました。
健康診断書を発行した医院からは「脂質を取ること」とあるだけで
特に精密検査の指示はなかったのですが、web上で調べていたら心配になってきました。
これは再検査する必要がありますでしょうか。

Aベストアンサー

「脂質を取ること」と指導された医院以外のところで、原発性高HDL血症、二次性高HDL血症を否定できるかどうか? 精査されるようにお勧めします。HDL-choが100を超えるのは宜しくありません。
また、ビリルビン値上昇のとき、HDLも上がるものです。そのあたりは如何?

LDLが低いのも、吸収障害や栄養不良の有無、肝実質障害の有無、等々を検査していただいたほうが宜しいのではないかと思いました。

Q70キロでベンチプレス100キロが挙げられました。140キロに到達するのは辛いでしょうか?

ベンチプレスで三ヶ月のトレーニングで100キロが上がるようになったのですが、140キロまで到達するには、あとどのくらいかかると推測しますか?

Aベストアンサー

三か月で三桁を上げたという事。素晴らしい!
まずはトレーニーが最初に目指す目標が自重。その次が三桁ですもんね。

ただ、140を上げるとなると、現体重の2倍・・・
これはなかなか簡単には行きませんよ~。

自ずと体重を増やす食事が必要になってくるとは思います。

いずれにしても今までの右肩上がりのグラフは描けないでしょうから、1年やそこらでは相当難しい数字です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報