柔軟に働き方を選ぶ時代に必要なこと >>

こんにちは。お尋ねしたいことがあります。

金魚の水槽や、植物を置く台を探しています。

室内なのですが、今ある台が、
高さ50 横45 幅120
で、引き出しをあけると中に物が入ります。

高さは、50cmぐらいがいいのですが、
水槽台のメーカーのGEXなどをみても、高さが
60cmぐらいの台があり、50cmぐらいの台は
ありませんでした。

物がはいり、高さが50cmぐらいの台で、
植物や水槽を置いても大丈夫な台を御存じでしょうか?

何卒、アドバイスいただけたらと存じます。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ドア付きキャビネット水槽台って、オーダーじゃないとほぼ高さ50cmと60cmしかないと思いますが。


ロータイプは大体50cmです。GEXには2段水槽用のフレームタイプの60cmしかないかもしれないけど。

50cmはサイドボードには低すぎるので、ローボードで探すと見つかると思いますよ。
あと、引出しチェストの低いやつ。引き出しが箱組なので強度があります。
水槽下には先に書いたとおり板を敷いたほうがいいです。

思いつきでよければ、
水槽台なら
https://joyfulhonda.jp/item/37287?gclid=CjwKEAjw …
無印良品のスタッキングキャビネット
https://www.muji.net/store/cmdty/section/S02714
    • good
    • 2
この回答へのお礼

両方のURLの品物を購入しました!

大変ありがとうございましたm(_ _)m

お礼日時:2015/08/16 19:22

水槽は何センチなのでしょう?


60cm標準水槽だと80キロになりますが、45cm標準水槽や30cmキューブ水槽なら30キロ程度、120cm水槽となると300キロ近くなり、必要耐荷重が全く違います。
45cm水槽までは普通の棚の耐荷重の範囲。60cm以上は耐荷重指定を守った水槽台じゃないと無理です。

ただし、水槽事故の原因になるのは、水槽の重みでの棚板の歪みで、長期的な水槽ガラス底面の歪みが発生し接着しているシリコンが剥離して水漏れやガラス破損を起こします。
ですので、棚と水槽の間に1cm程度の合板やコンパネなどを敷くことで歪みを抑えることができますし、水槽の真下に立板の仕切りがあることで歪みを抑え、かなり安全を確保できます。
また4つ足の棚だと中心が沈みますので、床に面接点する箱型棚が必須。テーブルの真ん中などに設置はやめたほうがいい。

耐荷重的に安全性があるのがテレビ台。大型テレビは50キロオーバーありますので天板耐荷重を確保してあります。
スチールメッシュ棚は、耐荷重はあるのですが、弓型にしなることで棚板を固定しますので不向きです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

水槽は、
横40cm 奥行き25cm 高さ 30cm
ぐらいです。

そういたしますと、普通の棚の耐荷重の範囲といえそうですかね。

このような状態ですが、どうか宜しくアドバイス願いますm(_ _)m

お礼日時:2015/08/16 09:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q造り付けのローボードの上に水槽をのせたいのですが。

熱帯魚の水槽を壁に造り付けのローボードの上にのせたいのですが、そのローボード自体重いものをのせられない造りになっています。ローボードの中に支えになる補強用の棒を何本かいれるとか、水槽の下に長めの板を敷くとか、どうにか補強をしてのせることができるようにならないでしょうか?何か良い方法があったら、教えて下さい。
希望の水槽の大きさは、90cm X 45cm…水と砂利を入れると200キロ近い重さになるようです。もしくは、60cm X 30cm…100キロ近い重さになるようです。
どうしても無理でしたら、部屋のコーナーにサイコロ型の水槽を置くことも考えています。それには水槽の専用台がないのですが、100キロぐらいの重さになります。その重さに耐えられる台はどのような台でしょうか?

Aベストアンサー

  
  こんにちは! mamitanさん!

   水槽の台は皆さんが書かれてますように、専用の台が良いですよ!

   mamitanさんのローボードを直接に見た訳ではありませんので、断言は
   出来ないのですが、おそらく、小型のテレビや花瓶などが置ける程度の
   強度だと思いますので、補強を入れても長期的な維持は無理だと思います!

   仮に補強を入れても、専用の台ではありませんので、どこかに歪が生じ、
   ローボードが損傷し、水槽が傾く可能性があります!

   水槽が傾いている時に気付かれれば良いのですが、水槽が倒れ、魚や水が
   床に広がってからでは遅いですよね!

   それに、水槽の水換えや掃除などの際に、崩れたりする事もありえますので
   やはり専用の台が理想ですね!

   熱帯魚店やホームセンターなどで販売されていますよ!

   専用台でしたら主に 【 キャビネット 】 【 ラック 】 の2種類が
   あります!


   ★ 【 キャビネット 】

      【 ■■■ 】 ← イメージです! 家具調の台が一般的です!

      価格は高いのですが、見栄えがよく、高級感があります!
      前面が開閉式になっている台が多く、大型水槽に使われる事が
      多いです! ( 60cm水槽のキャビネットもあります )


   ★ 【 ラック 】

      【 ┏┓ 】 ← こんな感じの、4本足の台が一般的です!

      価格も安く、手軽ですが、見た目がチョット落ちます!
      水槽の下の空白部分に、外部フィルターや器具などを置く事が
      多いのですが、器具がゴチャゴチャしてますと見栄えが悪いです!

      私のラックは、黒い布で覆い隠し、キャビネットの様に見せてます!

      上記の台を設置する際は下記の様にして下さい!


   ◆ 床に、強度のある厚い板を敷きます! ◆

     ※ 水槽よりも若干大きめの1枚板が理想なんですが、なければ、
        横幅のある、長めの板を2本用意して下さい!
        ( ホームセンターにある SPF材・WRC材が便利です! )

        ラックの足の下に敷くのですが、板の幅にゆとりのある方が
        安定しますので、安心です!

        この板は、床に掛かる重量を分散させる為で、90cm水槽
        でしたら、3cm以上あれば良いですね!

        特にラックの場合ですと、4本足の部分に重さが集中し、
        床が凹んでしまいますので!


   ◆ 水槽と台の間に断熱材を入れます! ◆

     ※ これからの時期、気温が下がり、水槽内の水温も下がります!
        熱帯魚を飼われるのでしたら、ヒーターは欠かせませんし、
        水温の安定の意味も含め、とても大事だと思います!

        特に金属製の水槽台ですと、室内の環境によっては、底冷えが
        します!  例えヒーターを入れても、底砂は暖まりませんので、
        コリドラスなどを飼われる際は、断熱材を水槽の底に敷く方が
        良いと思います! 

        環境によっては、断熱材の下に木の1枚板を置いたり、水槽の
        後部・左右両面に断熱材を密接に貼られるのが良いと思います!

        断熱材の種類は色々ありますが、発泡スチロールが安くて便利
        なのでお薦めです!
        ( ホームセンターに 90cm×45cm サイズがあると思います! )


   mamitanさん!

   どうでしょうか?
   専用台の購入も候補として、検討して下さいね!

   私の水槽は専用台ではないのですが、知り合いの鉄工所・大工さんに
   とても丈夫な台を作って頂きましたので、何の問題もありません!

   やっぱり、水槽の台は、専用台 又は強度・剛性のしっかりした台を
   購入された方が先々の事を考えた時、ベストだと思いますよ!

   自分で作る方法もありますが、美観と安定性の問題がありますので、
   自信のある人意外には、チョットお薦めは出来ません ・・・・・・・ 。

   では! 

  
  こんにちは! mamitanさん!

   水槽の台は皆さんが書かれてますように、専用の台が良いですよ!

   mamitanさんのローボードを直接に見た訳ではありませんので、断言は
   出来ないのですが、おそらく、小型のテレビや花瓶などが置ける程度の
   強度だと思いますので、補強を入れても長期的な維持は無理だと思います!

   仮に補強を入れても、専用の台ではありませんので、どこかに歪が生じ、
   ローボードが損傷し、水槽が傾く可能性があります!

   水槽が...続きを読む

Q水槽台は専用のものでないとだめですか?

こんにちは。
夏に子どもが金魚すくいの金魚をもらってきたのがきっかけで、
今では私の方がアクアリウムの楽しさにはまっています。

今は、12Lのこじんまりした水槽に、金魚2匹が泳いでいます。

もう少し大きな水槽に変えたいと思うのですが、
そうすると、水槽を置く台が問題になってきました。

現在我が家には、70cm(幅)×40cm(たて)×30cm(高さ)ほどの木製キャビネットがあり、
その上にはテレビが置いてあります。
組み立て式でもないし、面積は広いが背が低いので、見た感じ、安定感はあります。

その他には、もう少したての幅が短い、木製の机もあります。

◆この台か机のどちらかを、新しい水槽の台として利用することは可能でしょうか?
 調べる方法はありますか?大人が2人座って問題なければ大丈夫ですか?

新しい水槽は、スリムではない、普通の56Lくらいのものを考えています。
お店で見たスリム式水槽(60×15×30?)は、幅が広いけれどたてが短いので、安定感に欠けたり、地震で倒れそうで怖いです…。

Aベストアンサー

>別の重たい家具(ソファなど)などをキャビネットの左右にくっつけ、
挟みこんでしまえばいいでしょうか?


あくまでも裏板が弱く薄い場合ですが、それでも問題は無いと思います。
心配なら裏にコンパネを切って張るとか角材を打ち込むなど家でいう筋交いなど
は有効です。

>その割には、普通の家具とどこが違うのか、いまいちわからず…。


水槽用は横揺れに強いように横にも柱が入っていますが、家具は縦柱で
裏板は薄いベニヤ板の場合が多いです

>キャビネットは、天板はそれほど厚くなかったかもしれません。
引き出しが四つ、四コマ漫画のように左2つ右2つついているので、
その間にちょうど2~3cm?のしきりがあります。


それなら真ん中に入っていそうですので大丈夫だと思います。


>大工さんが使うような道具で測るのでしょうか。


そうですが、今は小さい物なら100均でも売ってた様な気がします

Q水槽立ち上げ、魚をいれるまでは?

こんにちは。

初心者なのですが、魚とエビを眺めて癒されたいと
水槽や備品を買い揃えています。

いくつか本やサイトをめぐったのですが、水槽立ち上げ時の
最初の段階でよく分からない点があるので教えてもらえないでしょうか?
床底としてアマゾンソイルを入れ、その後水を入れるわけですが・・・

1.一番最初の水は魚がいないので水道水でいいのでしょうか?
それともやはり置き水、又はカルキ抜きをしたほうがいいのでしょうか?

2.その後の水の入れ替えは最初の水をいれて翌日あたりから(?)
どの程度のペースでどの分量を入れ替えればいいのでしょうか?
またこの時の水は1と同じ水でしょうか?

3.2にからめた質問ですが、、
バクテリアが落ち着き、水草やパイロットフィッシュを
入れるまでの期間はどれぐらいになるのでしょうか?
目安やチェック方法、それまでの水の入れ替えペースは?
(バクテリア添加剤を使用するつもりです)


パイロットを入れる前までの段階や期間の説明が
いくつかのサイトを見ても、本を見ても今ひとつ詳しく
書かれていなかったもので不安です。

初心者ですが、どなたか詳しい方、ご教授いただけるとありがたく思います。

こんにちは。

初心者なのですが、魚とエビを眺めて癒されたいと
水槽や備品を買い揃えています。

いくつか本やサイトをめぐったのですが、水槽立ち上げ時の
最初の段階でよく分からない点があるので教えてもらえないでしょうか?
床底としてアマゾンソイルを入れ、その後水を入れるわけですが・・・

1.一番最初の水は魚がいないので水道水でいいのでしょうか?
それともやはり置き水、又はカルキ抜きをしたほうがいいのでしょうか?

2.その後の水の入れ替えは最初の水をいれて翌日あたりから...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
水槽の立ち上げ方は初心者の方に一番の難題で、これを乗り切ってしまえば、面倒な知識が無くともそれなりに飼育できるものです。立ち上げてしまえば2~3年は水槽を増やさない限り、遣りませんので基本的な知識を身に付けないで始める方が殆どです。

立上げには飼育の基本が全て含まれていますので、折角ですから覚えてください。
>1.一番最初の水は魚がいないので水道水でいいのでしょうか?
どちらでも良いです。濾過器が廻っていれば、1日で塩素は抜けます。

>2.その後の水の入れ替えは最初の水をいれて翌日あたりから
ダメです。水替えをすればするほど立上がりは遅くなります。
セットする前に水槽だけは簡単に洗ってください。
>3.2にからめた質問ですが、バクテリアが落ち着き、水草やパイロットフィッシュ

バクテリアが湧くにはアンモニアが必要です。その発生源をパイロットフィッシュにゆだねる事ですが、2~3匹入れても大したアンモニアの量にはならず、立上がりも遅いですね。

私は白身魚(脂肪分の少ない魚)や生アサリを潰して飼育水に入れ、あえて水を汚します。これによってアンモニアは急激に増え、これを分解するために、亜硝酸菌が発生し、亜硝酸を早く発生することが出来ます。
投入した白身魚や生アサリは3日後にネットで取り出し、水が白濁しますがそのまま何日か放置します。白濁した水が透明になったときに、亜硝酸試薬で濃度を測り、検出されなければ希望の魚を、希望する数量の半分入れ、2週間後に好きな数だけ入れてください。
亜硝酸が検出されなければ、硝酸菌の発生により亜硝酸が分解され硝酸塩に分解されたと覚えてください。

注意することは、魚を入れるまで照明は消しておく事で、点灯しまうとコケ藻類の発生を見ますので、気を付けてください。水換えは、2回目に魚を投入する前の全体の3ぶんの1程度で良いでしょう。

亜硝酸を測る事で、生物濾過が立上がったか如何かがわかりますので、質問者様だけが判断でき、これを測らないで質問しても回答者の方に正確な解答を得られません。

ようこそアクアワールドへ、。頑張ってください

こんにちは。
水槽の立ち上げ方は初心者の方に一番の難題で、これを乗り切ってしまえば、面倒な知識が無くともそれなりに飼育できるものです。立ち上げてしまえば2~3年は水槽を増やさない限り、遣りませんので基本的な知識を身に付けないで始める方が殆どです。

立上げには飼育の基本が全て含まれていますので、折角ですから覚えてください。
>1.一番最初の水は魚がいないので水道水でいいのでしょうか?
どちらでも良いです。濾過器が廻っていれば、1日で塩素は抜けます。

>2.その後の水の入...続きを読む

Qキャスター付きの水槽台を探しています。

キャスター付きの水槽台又は代用できる物を探しているのですが、実際にキャスター付きの水槽台を使っている方はいますか?どんな台を使っているか教えて頂けないでしょうか?お願いします。
水槽は60cmで満水時70Lと書いてあります。

Aベストアンサー

まず、容易に考えておられるならば危険が多すぎると思います。

70Lと言うことは単純に考えて70kgとなります。
70kgは、ほぼ大人1人分なので移動に危険性は少ない様に思いますが、水槽はそうでは有りません。
何故なら水槽は水を張った状態で移動されることは全く考えられていません。
水槽の水漏れの原因の多くは歪から来ているのも事実です。
全く平らな全く揺れたりしない場所に置かれていれば水槽内の過度の衝撃が無ければ水漏れや割れ等の症状は出にくいものです。勿論水槽自体の性能にもよりますが一般的にそうなります。

水槽に水が張られていて台の揺れや床の揺れ(床材が木材などならばしなる事も有ります)で水槽が1mm動けば水面も変わり一番負担の掛かる所にはビックリする位の力が掛かります。

ですから強固な台を入手して設置したとしても水槽自体の補強をしないと台は持つけど水槽が持たなかったって事も多々有り得ます。

一般的に販売されている水槽ではまず無理だと思います。年に1回しか動かさないとかでも余りお勧め出来ません。

床材もよく確認して下さい。木材なら(木造で無くても)移動すれば必ず重量物の乗ってる所は床材が歪ます。ましてキャスターとなると台と床とはキャスターの設置している所だけとなります。

それと床材にもよりますが、70kgを押すのもそれなりに大変だと思います。水槽なので当然水も張っている事でしょうから勢い良くも押せない(水がこぼれる)から

以上 一般家庭に置かれる事と想定して書き込みましたがそれ以外の場合や既知情報でしたら申し訳有りませんでした。

台などは厨房機器を売っている様な店がいいかと思います。厨房機器リサイクル店などにもよくキャスター付きワゴン等も見ます。但し3~4万円からでしたが。

まず、容易に考えておられるならば危険が多すぎると思います。

70Lと言うことは単純に考えて70kgとなります。
70kgは、ほぼ大人1人分なので移動に危険性は少ない様に思いますが、水槽はそうでは有りません。
何故なら水槽は水を張った状態で移動されることは全く考えられていません。
水槽の水漏れの原因の多くは歪から来ているのも事実です。
全く平らな全く揺れたりしない場所に置かれていれば水槽内の過度の衝撃が無ければ水漏れや割れ等の症状は出にくいものです。勿論水槽自体の性能にもよります...続きを読む

QADAのフィルターは何がいいんですか?

初めまして。

ADAのフィルターについてですが、あれは他のフィルターと
比べて何がそんなにいいのでしょう???高すぎです。

エーハイムプロフェッショナルシリーズなどでも素晴らしい
性能を持っていると思うのですが、専門的にはアルミと
プラスチックの違いはそんなに大きいものですか???

Aベストアンサー

スーパージェットフィルターは、業務用途でも定評の高いIWAKIのポンプを使っていたはずです。
価格が高いのも当然ですし、エーハイムと較べたら、技術屋さんが泣きそうです。(笑)

物作りの世界では、9割の性能で良いならコストが半分になったり、
1割アップしようと思うと、何倍もコストが掛かることケースが多いのは常識です。

ADAは、長らく外部フィルターの欠点とされていた、目詰まりや設置高さなどによる流量低下を防ごうと考えたわけで、
だからこそ、ADAのメイン濾材は粒が細かいのです。

スーパジェットフィルターは、エンドユーザー向けに開発されたというよりも、
業務用機を小さくして家庭用にしてしまったようなコンセプトを感じます。
トルクがどうのとか、何が何でも止まっちゃいかん!というのは、業務用で検討されれるような項目ですから。
ですから、それなりに魚を飼育できればいいや...という人には、オーバースペックです。
例えば、「世界でも珍しい水草や魚を責任もって育てなければならない」と仮定したとしたら、
IWAKIのポンプなどは視野に入ってくることでしょう。

気がついたら濾過が止まっていた...洒落で済む人もいれば、真っ青になる人もいるでしょうから。

また、ポンプの費用からくるコスト上昇を考えれば、高級機に設定せざるを得ないでしょうし、
高級機に見合う、耐久性の高いパーツを使うのも当然です。
ステンレスとプラスチックでは、材料費や加工費が全然違います。

ということで、狭い市場の中のそのまたニッチ,社外部品調達,取扱店のメリットなどを考えれば、
別に「高過ぎはしない」かと思います。
また、「高過ぎる」と文句を言うようなユーザーは、元々ADAの顧客ターゲットではありません。
明確に他社との差を打ち出して、会社を存続させているのですから、
全てのユーザーに媚びようとすると、逆にブランドの特徴が失われ、経営的には大悪手でしょう。

スーパージェットフィルターなんて代物を、企画して、製造し、販売しようと目論んでも、
他社であれば、経営上のリスクの大きさから、企画段階で潰されることが大半かと思います。
ああいうものを出せるのは、ADAだからこそでしょう。

一般への啓蒙活動といい、ADAは頑張っている、と思いますよ。
水草の世界では、日本にはADAがあるということで、世界から一目置かれるようになったわけですし。

ただし、ADAの水草育成はマニュアル化されていく課程で、消費者に小難しい飼育理論を説明しなくなっていますので、
何でもかんでも鵜呑みにはしない方が良いかと思います。

ちなみに、私は...もちろん、エーハイムです。
仮にフィルターがトラブって止まったとしても、何とかなる、いや何とかします...(笑)

スーパージェットフィルターは、業務用途でも定評の高いIWAKIのポンプを使っていたはずです。
価格が高いのも当然ですし、エーハイムと較べたら、技術屋さんが泣きそうです。(笑)

物作りの世界では、9割の性能で良いならコストが半分になったり、
1割アップしようと思うと、何倍もコストが掛かることケースが多いのは常識です。

ADAは、長らく外部フィルターの欠点とされていた、目詰まりや設置高さなどによる流量低下を防ごうと考えたわけで、
だからこそ、ADAのメイン濾材は粒が細かいのです。

ス...続きを読む

Q60cm水槽が2段置ける水槽台選び

あるショップで、GEXの2段置けるスチールの水槽台が安く売っているらしいのですが、信頼できる商品か知りたく質問しました。

買うなら、明日、水曜に取り置きをお願いしたいので、早めに回答いただけると助かります。

楽天で、60cmのスチールラックを検索したところ、存在するのは
ニッソーのNCS-030
http://www.nisso-int.co.jp/aquarium/Cabinet/SteelCabinet.htm

GEXの
60cm水槽用組立2段台
http://www.gex-fp.co.jp/fish/catalog/aquarium/stand_steel.html

だと思うのですが、どちらが信頼できるでしょうか?
店頭にあるのは、上記の商品で間違いないでしょうか?過去にこれ以外の商品もあったのでしょうか?
形状的には足がパイプ状になっているGEXの方が安心感があるのですが、NISSOのも筋交いがあっていいのかなと思っています。

楽天のレビューでは
NISSO
http://review.rakuten.co.jp/item/1/211165_10018659/1.1/?l2-id=item_review

GEX
http://review.rakuten.co.jp/item/1/211165_10098567/1.1/?l2-id=item_review

と甲乙つけがたく、どっちのが良いのかなと迷っています。
店頭にあるのがGEXなので、GEXで問題ないならGEXを取り置きを頼みたいのですが・・・。
似たり寄ったりですかね?両方使った人がいれば一番いいのですが・・・
レビューでも、両方、揺れるとか不安定とかあるので、なおさら迷います。

また、GEXのレビューで
http://review.rakuten.co.jp/item/1/211165_10098567/1.1/ev5/

「これの組み立て済みが3,300円で売られていますが、自分で組み立てる、こちらを購入したほうがいいでしょう。」

「みなさんレビューで書かれていますが、こちらの商品の組立済みを購入するのはオススメしません。

というのが意味が分からず、不安です。
商品は同じだけど、メーカー(GEX)が組み立てて売っているパターンもあるのでしょうか?
その場合、同じ人間がこんな単純な組み立てで、どんな差があるのか想像できません。
ひょっとすると、少し値段が高いという意味なんでしょうか?

店頭のは中古なので、誰が組み立てたのかは分かりません。
アドバイスよろしくお願いいたします。

あるショップで、GEXの2段置けるスチールの水槽台が安く売っているらしいのですが、信頼できる商品か知りたく質問しました。

買うなら、明日、水曜に取り置きをお願いしたいので、早めに回答いただけると助かります。

楽天で、60cmのスチールラックを検索したところ、存在するのは
ニッソーのNCS-030
http://www.nisso-int.co.jp/aquarium/Cabinet/SteelCabinet.htm

GEXの
60cm水槽用組立2段台
http://www.gex-fp.co.jp/fish/catalog/aquarium/stand_steel.html

だと思うのですが、どちらが信頼できるでしょう...続きを読む

Aベストアンサー

床の耐過重量と言う意味です。
鉄筋の建物であればさほど心配ない置き方ですが、木造家屋の場合もありますから。
一センチのコンパでもいけますよ。
ホームセンターで簡単にカットしてくれるし、うちは、用心して2枚引いてますけど。
60センチ水槽や濾過層など合わせたら約80キロ×2、つまり約160キロの重さが常にコンパネで分散しても床にかかってる状態になります。

ちなみにGEXの水槽台を一段水槽、もう一段爬虫類に使用してるのは、床の耐過重量は、問題なく更にコンパネで分散してますが、このメーカーを信用してないからです。
他のは、普通に二段使いしてます。

歪んだ物なら購入後に一度バラして、組み立てても、もしかしたらパーツ自体が微妙に歪んでいるかもしれません。
水槽の水漏れ連発するメーカーの「組み立て」は、信用しません。
ここ数年であればGEXの水槽も、よく出回り始めた当時より、かなりマシになったと言うレベルで仲の良いショップに確認したら、やはりまだコトブキやニッソーより水漏れや器具のトラブルがかなり多いそうです。
シリコン接着にしても単純作業と言うか作業する人の能力差でしょうね。
例えば、同じ物を経験豊富なプロが綿密に作るのとバイトやロクに知識ないのが適当に接着してるのでは、明らかな差が出ます
当たり前ですが、材料費の他にかかる人件費も違いますから値段にも反映されます。


水平計を使うなら、まず床→コンパネ引いてから→更に台設置して→水を張ってから最終確認するのが安心です。
設置して水槽に一旦水を張って水面を確認し変に傾いてないか、歪みがないか見るって一番手軽な方法もあります。
木材の物は、化粧板も防水もしてあるはずですし、木は、仮に濡れても乾けばまた縮みます。
強度計算出来て器用な人だとホームセンターの角材で作ってしまいますから。
大型のオーバーフロー水槽でも木製、上段が水槽、下段が見えないように扉付きで濾過層って物もあります。

GEXのサーモは、確かどれも一年も保たなかったかな?
コトブキやニッソーだと10年近く使用しててもトラブル無しです。
購入時に多少割高な感じがしても結局長持ちしますからお得ですね。

水槽台は、見た目の好みもありますが…。
まぁ、何かあってもあのメーカーは、対応最悪だし、中古品だと保証がないですから。
個人的には、消耗品以外は、私は、あのメーカーは、買いませんね。

床の耐過重量と言う意味です。
鉄筋の建物であればさほど心配ない置き方ですが、木造家屋の場合もありますから。
一センチのコンパでもいけますよ。
ホームセンターで簡単にカットしてくれるし、うちは、用心して2枚引いてますけど。
60センチ水槽や濾過層など合わせたら約80キロ×2、つまり約160キロの重さが常にコンパネで分散しても床にかかってる状態になります。

ちなみにGEXの水槽台を一段水槽、もう一段爬虫類に使用してるのは、床の耐過重量は、問題なく更にコンパネで分散してます...続きを読む

Qエビ水槽のpHと総硬度(GH)について

エビ(CRS)水槽のpHとGH値についてお尋ねします。エビ水槽では、pH 5.5~7.5位で飼育可能だと聞きます。

pH 5.5~6.0の水槽では、GH値が低いと思いますが、エビ水槽の理想のGH値は、その程度でしょうか。またGH値を上げるとその結果、水槽水のpHは上昇すると思います。そこで、エビ水槽の理想のGH値とpHは、どの程度を基準にすればいいのでしょうか。

またGH値が低い場合、GH値を上げる必要があると思います。しかし急激に上げると、pHの変化も急激に怒るので生体に影響が出ると思いますが、具体的にはどのようにするのが理想でしょうか。一方、GH値が高い場合、下げる必要があります。その場合、具体的にどのようにすればいいのでしょうか。

初歩的に質問で恐縮ですがよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

pHやGHは水質の一指標に過ぎません。
レッドビーシュリンプはpH,GHともに適応範囲が広いですので、数値目標を立てて水質を操作しようとすると、環境変化に弱いという点でつまずき、逆に失敗する場合があります。
また、水質変化を抑え、エビに負担を掛けないために、換水を控える維持をとったとすると、数値目標にあまり意味がなくなります。

実は、pHもGHも様々な意見があり、これが正しいという数値を私は知りませんし、大言壮語して恥をかきたくもありません。
従って、全て私の経験からの独断と偏見です。

・pHは6.0~6.9
アンモニアがより無毒なイオン化せずに残留してしまう割合が増えるため、無理矢理にはアルカリ側にしません。
濾過バクテリアの活性がpH6以下になると悪くなるらしく、あまりにも低すぎるpHは目指しません。
実際には、pH4.8~7.8の間の複数の水槽で繁殖させたので、極端にずれさえしなければ、pHはどーでも良いと思っています。
無換水維持をとっている水槽では、コケの問題などがありますので、酸性側へ弱めに誘導し、
頻繁に換水する維持方法をとっている水槽は、水質変化の避けることを最優先とし、アルカリ気味の水道水を基準にしています。

・GHは?
かつて、ソイルで爆殖報告が相次いだためか、レッドビーシュリンプには低硬度が良いとの認識が拡がりました。
その後、甲殻類の殻にはマグネシウムやカルシウムが必要だということで、今度は高硬度が良いとも、言われるようになりました。
専門誌であるRED BEE SHRIMP No.3(Pisces)によると、P103でGH2~10を提示し、P115ではGH3以上(理想は5以上)実験水槽で20で繁殖と書かれています。
さぁ、いっせーのーで「どっちやねん!」

さらに、ある有名ブリーダーの書かれた著書には、GH7を越えると調子が悪くなるので換水タイミング...と記載されていましたが、
私の環境ではGH7~18程度の水槽が多く、しかし何の問題もなく繁殖し、
気の弱い私は 自分の飼育方法が間違っているのかと心配で、食事は大盛りをお代わりし、夜はぐっすりと快眠していました。

どちらにせよ、ミネラルなどの添加剤を加えるとGHは上がります。
脱皮不全が起こるような極端な状況だけは、お避けになった方が良いでしょう。
エビを観察してさえいれば、大抵の異常は察知できます。

さて、ここまで書けば、数値はさして気にする必要がないことがお分かりになったかと思いますが、ご質問にお答えしましょう。

GHを上げるには、貝殻を入れれば良いでしょう。
モンロリロナイトやブラウンナイトなどを入れても、石組みレイアウトにしてもGHは上がります。
昔、海水の元を少量入れれば一発などという情報を聞いた私は、何をとち狂ったのかエビ水槽に(ほんのわずか)投入したため、
即座にエビ達は踊り出し、大半を殺してしまったことは、あなたと私の内緒にしておいて頂けないでしょうか?
エビは水質変化に敏感であることと、ロブスターとビーシュリンプは異なることを、私は痛く学びました。(馬鹿)

GHを下げるには、ソイルを濾過器に仕込んだり、イオン交換樹脂を用います。
もしくは、日本の水道水は、大抵軟水ですので換水すれば良いでしょう。

pHやGHは水質の一指標に過ぎません。
レッドビーシュリンプはpH,GHともに適応範囲が広いですので、数値目標を立てて水質を操作しようとすると、環境変化に弱いという点でつまずき、逆に失敗する場合があります。
また、水質変化を抑え、エビに負担を掛けないために、換水を控える維持をとったとすると、数値目標にあまり意味がなくなります。

実は、pHもGHも様々な意見があり、これが正しいという数値を私は知りませんし、大言壮語して恥をかきたくもありません。
従って、全て私の経験からの独断と偏見です...続きを読む

Q20cm水槽ならカラーボックスの上でも大丈夫でしょうか。

 20cm水槽をカラーボックスの上に置いています。
 この水槽は、人間の体重計で測ったところ水その他フル装備で10kgでした。

 カラーボックスは、おそらくアイリスオーヤマのカラーボックス2段で、仕様は耐荷重 棚板1枚当り30kg、全体50kg のようです。
 2段しかないので、購入者組み立てではなくて、組み立てられた状態で販売されています。
 購入者組み立ての3段以上の棚や本棚よりもしっかりしている様に思えます。

 余裕な気がしますが、カラーボックスはダメという記述をよく見ます。どう思われるか、ご意見下さい。

(ごめんなさい。カテゴリーを間違って、『小動物』の方で出してしまった質問の再掲載です(質問番号:4501675)。そちらでは、震度3、4の地震でも倒れるのでは、という意見を頂きました。)

Aベストアンサー

> 水槽は、人間の体重計で測ったところ水その他フル装備で10kgでした。
> 仕様は耐荷重 棚板1枚当り30kg、全体50kg のようです。

・私ならば耐加重30kgのカラーボックスに10kgの水槽ならば載せます。
=条件=
1・(水槽低面積<カラーボックス棚面積)です。
2・カラーボックスの棚面が平面であることと、傾きがほとんど無いこと。
→平面性に心配がある場合や、長期間の結露により棚面を腐らす心配がある場合は、水槽マットを2枚重ねにすれば問題ありません。
http://www.rva.jp/shop/ada/32.htm
3・半年に一度程度は水槽を外し、棚面とカラーボックス本体の点検を行うことくらいですね。

参考までに、水槽台の基本的な仕様をご案内します。
水槽台の耐加重は水槽重量の約200%以上が理想です。
30kgの水槽を載せる場合、水槽台の耐加重は60kg。
今般、水槽重量は10kgに対して、カラーボックスは棚加重30kg、全体加重50kgですから、問題はありません。
↓水槽台と、たいして変わらないと思います。
http://www.rakuten.co.jp/aquaproshop/645589/855496/855501/

> 水槽は、人間の体重計で測ったところ水その他フル装備で10kgでした。
> 仕様は耐荷重 棚板1枚当り30kg、全体50kg のようです。

・私ならば耐加重30kgのカラーボックスに10kgの水槽ならば載せます。
=条件=
1・(水槽低面積<カラーボックス棚面積)です。
2・カラーボックスの棚面が平面であることと、傾きがほとんど無いこと。
→平面性に心配がある場合や、長期間の結露により棚面を腐らす心配がある場合は、水槽マットを2枚重ねにすれば問題ありません。
http://www.rva.jp/shop/ad...続きを読む

Qたまに水替えしてのショックよりも頻繁な水替えできれいな水にした方が良い?

素朴な質問です。
まだ2~3ヵ月のビギナーですが、よろしくお願い致します。
水槽は30cmと20cmの小さいものばかりです。

最初の頃、2週間以上に一度ぐらい1/4の水替えしてたのですが、
エビがよく☆になり、クラウンキリーやスカーレットジェムやパンダが☆になりました・・・。
(水ができてなかったのかもしれませんが)

ある時、ここのある方のアドバイスで、
「魚に水を合わせるんじゃなくて、それぞれの水槽(水質)にお魚をなじませる(合わせる)て考えた方がいいよ。」
と言われてから、毎日きれいな水を1/4入れ替えています。

それからは魚、エビ(の動き)がとても安定しているように見えて、
今のところ死魚が一匹も出ないようになりました。
水替えにも、魚は「また来たか」て感じで(魚の気持ちは、わかわないけど・・・)、毎日の行事にしています。

たまの水替えペースのために、水が汚れてしまうより、あるいは、その時に水質が突然変わり、ショックを与えるよりも、、、
頻繁な水替えできれいな水になるべくしていた(これも魚にとってショックを与える)方が良いのでしょうか?

でも、頻繁な水替えはバクテリアを減らしていることなので
良くないのかな・・・とも思うのですが、、、

いまのところ(水替えしなかった時よりも)調子いいですが。。。?

わかりずらい質問、書き方で申し訳ありません。

素朴な質問です。
まだ2~3ヵ月のビギナーですが、よろしくお願い致します。
水槽は30cmと20cmの小さいものばかりです。

最初の頃、2週間以上に一度ぐらい1/4の水替えしてたのですが、
エビがよく☆になり、クラウンキリーやスカーレットジェムやパンダが☆になりました・・・。
(水ができてなかったのかもしれませんが)

ある時、ここのある方のアドバイスで、
「魚に水を合わせるんじゃなくて、それぞれの水槽(水質)にお魚をなじませる(合わせる)て考えた方がいいよ。」
と言われてから、毎日き...続きを読む

Aベストアンサー

>「魚に水を合わせるんじゃなくて、それぞれの水槽(水質)にお魚をなじませる(合わせる)て考えた方がいいよ。」

http://question.excite.co.jp/qa3160343.html
↑これでしたよね?
別に毎日の水替えを推奨したつもりはないのですが...
でもまあ、毎日の水替えというのも、ひとつの維持手法ではあります。
水質の変動幅が小さく、少量の換水の条件であれば、
濾材や底床にしっかりとバクテリアが根付いていますので、成り立ちます。
それが結果として良好に働いたのでしょう。

ただ、そんなことをしていると疲れるんですよね...
もうちっと、論理的にいきたいところです。
===========================

ビギナーなら「正しい水替え」を知りたいところでしょう。
が、「正しい水替え」って、どこのサイトさんでも詳しく解説されていないんですよ。
私としても、解説できるかな?なんて思ったのですが、ほぼ飼育法全てを解説するほどのもの凄い分量になります。
なので、さわりだけは説明させて頂きます。

■水替えする目的
(1)pH(アルカリ度)を適正範囲に戻す。
(2)水の濃さ(浸透圧,硬度etc.)を適正範囲に戻す。
(3)余剰汚泥の除去。
(4)微量元素の補給。
(5)飼育水の富栄養化を防止。(コケの栄養源を取り除く)
<特別なケース>
(6)アンモニア,亜硝酸を除去。(水槽立ち上げ時など濾過不足の場合only)

≪残り餌,排泄物→アンモニア(猛毒)→亜硝酸(有毒)→硝酸(ほぼ無毒)≫
というのが生物濾過の構図ですが、最終生成物の硝酸はpHを酸性に傾けます。
水棲生物には生物毎に、生存可能なpHの範囲があり、その範囲を外すと体調を崩し、死んでしまいます。
そこで、pHを定期的に計測しながら、硝酸(塩)の蓄積を追っていくわけです。

この時の前提条件として、水槽内に水質を変化させるようなものを入れないことが挙げられます。
水質を安定化する底床,濾材は全部NG。思わぬ水質急変を引き起こすキッカケとなり得ます。
現実として、水質を変化させるもの(特に底床)は沢山あるわけですが、
それを使用する場合、それぞれの性質を熟知して使う必要があり、
特に不都合な環境を引き起こすトリガー条件を把握する必要があります。
これは、いちいち解説していられません。ゴメンネ。

基本的に水道水はアルカリ性(1日放置して計測)で、餌が硝酸塩に変化することにより、pHは徐々に低下します。
ある程度下がったら、水替えでpHを引き上げます。
この下がる周期が個々の水槽の水替え周期と言えますね。(あくまで基本)

期間が経つと、pHの下がる周期が早くなってきます。
これは硝酸が硝酸塩として濾材や底床に入り込んでいるためだと思われます。
よって、水を換えてpHを上げてもすぐに硝酸が溶け出してpHを下げるわけです。
ここで、底床クリーナーで掃除,もしくは軽くリセットを掛け、硝酸塩を洗い流すと、またpHの下がる速度が遅くなります。

もう一つは、水の濃さです。
餌をやることで、様々な物質が水の中に溶け込み、水は濃くなっていきます。
魚は飼育水の浸透圧に合わせて適応していきますが、濃くなり過ぎると代謝機能が不健全化します。
で、水替えで濃くなり過ぎた飼育水を薄めてやることになります。
この時、大量換水で、あまり濃度差を付けてしまうと、魚が急激な変化に対し、
浸透圧の調整に対応しきれず、細胞が破壊され大やけどと相成ります。

--
ついでに、複合パターンの一例を出しておきます。
底床に大磯砂を使っていたとします。
未処理の大磯砂にはサンゴや貝殻が入っていて、主成分が炭酸カルシウムです。
ここに硝酸が加わると、炭酸カルシウムと硝酸が反応して、硝酸カルシウムが生成されます。
すると、本来、硝酸が増えたことにより下がるはずであったpHが下がらずに弱アルカリ性で固定されます。(pHの緩衝作用)
その代わりに、カルシウムの溶出により全硬度GH(これも濃度を示す一指標)が上昇します。
この場合、GHの動向を追うことで、水替えを行うことが出来ます。

まあ、こんな感じで、水槽内の状況を推測していくことができるわけです。

なお、pHを単発で計測しても、それほど意味はありません。
雑誌に最適pH6.5~6.8と書いてあるからと言って、そこに合わせる必要などないわけです。
pH7.5であっても、魚が調子良ければ、全く問題ありません。
しかし、継続してグラフ化して変化を追っていくことで、異変を事前に察知することができるようになります。

そのうち、魚よりもさらに生育条件が厳しい水草の育ち具合や、泡の消え方、
魚の様子,貝の様子などで、徐々になんとなく水槽内の状態を掴めていけます。
「数値に拘りすぎると良くない」とも言われますが、目安となる物差しがないと、経験も蓄積していかないということです。

さわりだけでしたが、pHベースの飼育法でした。
週○回1/○の換水なんていう、初心者仕様の水替え方法からの脱却です。
取り敢えずは、pHを定期的に計測していくことでしょう。
ペーパーでは大まかな数値が取れないので、試薬かpHメーターをお求め下さい。
http://aquamindlaboratory.com/products/new.html
pHが予定より下がった時だけ水替えすれば良いので楽ですよ。

>「魚に水を合わせるんじゃなくて、それぞれの水槽(水質)にお魚をなじませる(合わせる)て考えた方がいいよ。」

http://question.excite.co.jp/qa3160343.html
↑これでしたよね?
別に毎日の水替えを推奨したつもりはないのですが...
でもまあ、毎日の水替えというのも、ひとつの維持手法ではあります。
水質の変動幅が小さく、少量の換水の条件であれば、
濾材や底床にしっかりとバクテリアが根付いていますので、成り立ちます。
それが結果として良好に働いたのでしょう。

ただ、そんなことをし...続きを読む

Q上部フィルターの水流を弱める方法

現在GEXの上部フィルター「デュアルクリーンフリー」を使用しているのですが、排水口にエルボはついているものの、いかんせんまだ水流が強いような気がします。バルーンモーリーなんかは水流に乗ってピューンと流されていきます。(わざわざそこに行くので遊んでいるようにも見えますが。。)
同じような問題があった方で解決された方、アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

一番良い方法は、AC/ACインバーターを使用して、電圧は100Vのままで電源周波数を40Hzや30Hzに落とす事により、モーターの回転を遅らせるのが良いのですが、AC/ACインバーターは高額なためオススメできません。
http://wwwf2.mitsubishielectric.co.jp/melfansweb/inv/lineup/index_j.htm

そこで、ストレーナースポンジ部分の給水パイプ口にラップ(サランラップやクレラップなど)を巻きつけて、強制的に給水量を絞る方法が現実的だと思います。
ラップの巻きつける幅により1/2程度までならば、水量を減らせると思います。

モーターへの負荷が増えるため、若干、消費電力と発熱量が増えるデメリットがありますが、45cm以上の水槽ならば、問題にはならないと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報