痔になりやすい生活習慣とは?

私自身は、いじめに対して司法的な解決を行うという「可能性」はあっていいと思っています。

 教育的措置だけではうまくいかない、と言うケースに対して、司法が出ることは事態の重大さを認識させることにつながるので、一つの処方箋であると思うからです。
 学校内での解決だけでは彼らを迎え入れられないというのなら、司法的な解決が済んだら彼らを迎え入れるという対応もまたしかり。


 ただし、いじめに警察が乗り出すというのは副作用もそれなりに多く、使う場所を見極めなければなりません。

 一つは、警察の人手が足りていないこと。警察のお仕事は何も犯罪者の検挙をするだけでありません。
 道路や公共施設の整理や警備、要救助者の保護、拾得物の処理なども仕事です。犯罪捜査のために警察が割ける人手は無制限ではないのです。
 
 ただでさえ、「警察は被害届を不受理にする」などと言う問題が指摘されているところです。まさに大津いじめ事件でそれが起こったと言われています。もちろんこれをいいことだという気はこれっぽっちもありませんが、警察がそんな行動に走る理由はと言えば、人手が足りないからです。限られた人出は、人手を回せば解決できる事件にまわしたい、というのは警察ならずとも考えることでしょう。
 
 大津の件はまだ一件だけですから、警察も何とか対応できます。
 しかしながら、もし仮に日本中の小中高のいじめを警察に対応させたら、警察の人手は確実にパンクします。日本は中学校だけで11000校ほど。警察署は1270程度でしかありません。
 いじめは、「単発の犯罪行為」などではありません。それでは評価を誤ることが多いのがいじめです。評価を誤らないためには、いじめの捜査に関して、周囲の子どもたちなどへも含めた大規模な事情聴取が必要になります。ただでさえ、公務員の採用を抑えるということが言われている世の中であるにもかかわらず、これらを警察がやることになって、多くのいじめ事件が犯罪であるとして警察に持ち込まれ、警察はそれを処理せよ、と言うことになれば、警察の人手不足は決定的なものになりかねません。
 それでも事件処理をやるとなれば、勢いその処理はおざなりなものになります。
 無理に司法機関が入っておざなりにやるくらいなら、まだしも先生たちによる対処の方が優れていると考えられるでしょう。 


 二つ目は、警察もいじめに対応できないということです。

 殊に、いじめの場合、被害者も加害者も少年になります。
 少年事件は、加害者が少年でも被害者が少年でも刑事事件としてはとてもデリケートなジャンルです。

 下手な事件処理は、冤罪を招いたり、放っておいても更生した少年の更生が逆に阻害される恐れも出てきます。

 例えば、被害も重大でなく、親や先生がきちっと叱って面倒を見て、少年も反省していた件なのに、警察が逮捕し、学校にそれがばれ、学校をやめたりすれば、放っておいても更生した人間が警察のせいで非行の深みにはまった、なんてことになりえるのです。
 司法的に解決するとなれば、被害者サイドからも事情を聴く必要があります。被害者も少年である以上、その点について注意して質問しなければ、逆に捜査したために被害者を傷つけてしまうということも起こりえます。
 いじめの捜査が終わったあとに、加害少年が再び被害少年をいじめる(実際いじめていても証拠不十分と言うことだって当然起こりうる)こともありえます。それどころか、事情聴取と言う形で巻き込まれた無関係の生徒の苛立ちを招いて、被害少年が更にいじめられる…なんてことになったらもう最悪です。
 大津いじめ訴訟の場合、被害少年が自殺したために、これ以上追加で少年へのいじめを気にする必要がない分動きやすくなっているという皮肉極まりない面もあるのです。
 
 また、いじめ自殺が報道されるたびに、いじめ自殺が連鎖的に発生しているという統計(こちら参照)も見逃せません。
 いじめを大事にすればするほど、周囲に自殺の決定的な動機を与えてしまうのです。もちろん、彼らとてただ報道を見ただけで自殺している訳ではないでしょうが、自殺を思いとどまっていた少年たちに、動機を与えてしまうことは、生命の尊重と言う立場からは忌むべき事柄のはずです。警察が関与するとなれば、報道が嗅ぎ付ける恐れは高くなっていきます。まさに大津いじめ訴訟がそうですね。



 警察と比べて、先生たちはまだしも、生徒たちとともに日常生活をしている身ですから、例え不十分であろうと生徒たちを観察していると思われますし、生徒たちとの信頼関係も築き得るし、時間も割き得ます。
 初対面で、生徒の様子をよく知らない(せいぜい先生から聞いているだけ)警察官が目の前に現れるのと、慣れ親しんだ先生が事情を聴いてくるのと、どちらが本当のことを語ってくれるでしょうか?いきなり目の前に現れた弁護士より、ずーっと話を聞いてくれた警察官を信用してしまう被疑者、なんてことは、詳細は言えませんが私の体験談にすらあります。
 そういう意味で、学校内での犯罪についての教育処遇として、警察の介入を後回しにして、学校の先生方に任せるというのは、実は合理性が相当ある手法であると言えるのです。




 これまでデメリットを羅列してきましたが、それでも司法的に解決することのメリットはあり得ると思います。学校の先生で手に負えないことに司法が出るのは仕方ありません。
 ので、選択肢としてすべて否定すべきである、と言う気はありません。事件を絞ることで、警察の人手でもなんとかなるようにする、あるいは予算を回すというのもありでしょう。
 しかし、現実的に考えたときに、現状のままで警察がいじめを管轄しなければならないというのは無茶ぶりであると思えるのです。

 どうしても警察にいじめ専従をさせたい、と言うのであれば、最低限警察にそのための人件費を回していくことが不可欠であると考えます。

そこで質問ですが、みなさんは 警察がイジメの介入することについて いかがお考えですか?

質問者からの補足コメント

  • ムッ

    イジメられっ子は気が弱いからこそ、泥棒の濡れ衣も着せられやすいです。
    そして、そんなイジメられっ子を弁護できるのは警察でなく、日頃から生徒に接している教師の役目じゃないでしょかね?

    No.4の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2015/08/16 12:15
  • うーん・・・

    しかし、そういう細かい仕事が増えると、もっと大事な仕事に手が回らなくなり、その結果、警察の力が落ちてしまうと、困るのは市民・・・という図式が成り立ちそうだなあ。

    No.5の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2015/08/16 12:28
  • 実現した傷害や迷惑行為の判定と処分は警察に委ねたいが、
    生徒の躾や普段の面倒をみる事は業務ではないな。

    事前にイジメなどの問題行動を抑制していったり、可能な限り校内で治めたり厚生させるのが教育である。

    校内のトラブルは教師や生徒の間では早くから気付いているだろうけども、自浄を期待しているため手遅れとなるケースが多い感じがある。

    親しき仲にも礼儀あり、これをわきまえたいね。

    No.6の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2015/08/16 13:49
  • へこむわー

    >盗みをするなら、その時点でいじめられっ子ではないですね。加害者です。
    いや、Aは盗みの被害者のつもりだたんですが。盗みの張本人はイジメっ子グループの下っ端です。当然、加害者側ですね。
    でも、それならそれでいいでしょう。 bari_sakuさんの論理だと イジメられっ子に
    盗みを強要して 加害者すれば とりあえず イジメられっ子ではなくなるので 問題は解決するということですか? これなら イジメの問題も簡単に片付きますね。そして、あとは 警察が窃盗事件として立件して一件落着ですか。そして、面白い論理ですね。 私に反論するのは構わないけど、bari_sakuさんがそんな お粗末な理屈を持ち出すのには少し失望しました。

    >いや、それは関係ありません。
    関係ありますよ。親が関与しても 流石にbari_sakuさんの大好きなお巡りさんが お手上げなら 何もできませんから。

    No.7の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2015/08/16 14:20
  • プンプン

    >保護することは考えてはいませんでしたね。
    だから、多分、学校の教師も bari_sakuさんのような考えの人が多かったので、大津の生徒を誰も助けられなかったのだろうね。つまり、 bari_sakuさんにとっては 大津の事件は 自殺した生徒の自業自得で、あれだけ マスコミで騒いで社会問題になったにも関わらず、 イジメの問題ではないのかもしれませんね。

    No.8の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2015/08/16 15:12

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

その後のことを考えるとどうなんでしょうね。


同級生の立場になって考えてみてください。
自分たちの仲間を警察に突き出した人と、今後仲良くやっていけるでしょうか?
突き出された人はそれだけのことをしていた。
そう言われて、ハイそうですかと納得行くものでしょうか。
警察にかぎらず、強い力を持った上の人間に泣きついて問題解決したら、もう皆とは対等になれなくなります。
その集団から離れる覚悟も必要でしょうね。

あと、犯罪として立件できるかどうか。
有力な証拠を掴めるとも限らないし、精神的なものだと罪とみなすのが難しいものもあります。
そんなのまで立件できるように定義付けしてしまったら、その定義はいじめられっこにも牙をむき、イジメられたと訴える側の所業も何らかの犯罪やハラスメントとして立件できるようになってしまうと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

このサイト回答者は お巡りさんが大好きな「よい子」タイプの人が多いですが、05051036さんの仰る通りだと思います。
学校の警察が介入するということは、医療に喩えるなら 外科手術をするようなものだと思います。ちょっとした腹痛程度でむやみにメスを入れるべきではないと思います。メスを入れれば 傷が残りますし、患者の負担も大きいです。
しかし、現実的には メスを入れるのが遅れて 取り返しのつかなくなることも 多々あるんでしょうけど。

お礼日時:2015/08/16 11:29

>決定的な再発防止にはならないと思います。



そうかもしれません。
ただ法治国家である以上、法に背くことをしたら罰せられるのは当たり前なのですから、警察を呼ぶことに違和感はありません。


>イジメられっ子も イジメっ子に盗みを強要されたとは言え、より悪質らしく、イジメっ子ではなくなるそうなので、そうすれば 担任の教師も責任がなくなりますね。

「より悪質らしく、イジメられっ子ではなくなるそうなので」の間違いでは?
私の解釈が間違っているのかな?


>悪質な加害者なので 一切の同情の余地もないということでしょうかね?

悪質な加害者ですよ、店にとっては。
札付きの不良が盗もうが、誰かに強要された人間が盗もうが犯罪は犯罪、損害は損害です。
ですが同情の余地はあると思います。


>これは否定しませんが、適正を超えた制裁もイジメの一種ですよ。

法にのっとった内容で裁かれるのですから、適正を超えているとは思えません。
これを超えていると主張する人は「たかがいじめ」と、いじめを大いに軽んじている人ではないでしょうか。

>その為に どうするかです。

同じことの繰り返しになりますが、私は再発防止が重要と考えます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

>ただ法治国家である以上、法に背くことをしたら罰せられるのは当たり前なのですから、警察を呼ぶことに違和感はありません。
確かに それはそうなんですが、これは イジメの解決とは別問題なんですよ。犯罪の中でもイジメが絡むのはごく一部だし、イジメの発端は犯罪に抵触しないことが多いし。そもそも、イジメを法で裁くのには無理があると思います。

>私の解釈が間違っているのかな?
一番 悪質なのは 盗みを強要したイジメっ子ということですよね。それなら 異議はありませんが。

>悪質な加害者ですよ、店にとっては。
いや、私が店主なら もう少し寛大に考えますよ。一番悪質なのは 万引きを命令したイジメっ子です。ただ、実際問題、店側としては 生徒間のイジメの問題に立ち入るのは難しいし、学校側に指導をお願いするしかないと思います。

>法にのっとった内容で裁かれるのですから、適正を超えているとは思えません。
いや、私が適性を超えているというのは、これに乗じて 本来制裁権のない人間が相手を非難・攻撃することです。例えば 小学校なら 先生に叱られた生徒を 他の生徒がよってたかって 吊し上げするようなことです。

>同じことの繰り返しになりますが、私は再発防止が重要と考えます。
だから、bari_sakuさんのは ただ 警察に依存している遵法精神であって、再発防止には決定的でないと言っているんです。

お礼日時:2015/08/16 17:13

警察に頼れないなら自衛力を上げるしかないでしょう。


しかし、いじめる方は複数で団結するコミュニケーション力があるが、いじめられる方は団結する力もない。
友達もおらず仲間を作る能力のない子供であるから狙われる。
誰がその子を助けてやりたいと思うのか。
その子が死んだら保険金を払う羽目になる保険会社なら助けたいと思うでしょう。
やはりいじめ保険ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご苦労様でした。

お礼日時:2015/08/16 16:55

>自分が加害者になった時点で被害者側ではなくなり、末端の被害者である Eばかりを保護しても 抜本的な解決になるでしょうかね。



保護することは考えてはいませんでしたね。
再発防止を最優先に考えていました。次点として犯人への制裁。
要は「やらなきゃいい・やらせなきゃいい」んですよ。いじめは。
能動的に動くことをやめさせたいと考えます。
この回答への補足あり
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度もありがとうございます。

>再発防止を最優先に考えていました。
でも、bari_sakuさんの考えでは決定的な再発防止にはならないと思います。
というか、bari_sakuさんの考えだと イジメられっ子も イジメっ子に盗みを強要されたとは言え、より悪質らしく、イジメっ子ではなくなるそうなので、そうすれば 担任の教師も責任がなくなりますね。そう言えば、大津の自殺した生徒も イジメっ子に強要されて万引きしたことがあるらしいけど、これも bari_sakuさんの論理では 悪質な加害者なので 一切の同情の余地もないということでしょうかね?

>次点として犯人への制裁。
これは否定しませんが、適正を超えた制裁もイジメの一種ですよ。
これは bari_sakuさんに限らず 多くの人が容認していますけどね。

>要は「やらなきゃいい・やらせなきゃいい」んですよ。
その為に どうするかです。bari_sakuさん意見は些か杜撰すぎます。

お礼日時:2015/08/16 15:01

>イジメられっ子Aとイジメられっ子Bが仲良しで、イジメられっ子Aの盗みを イジメられっ子Bに罪をなすりつけるのです。

こうして、二人の仲まで引き裂くのです。

盗みをするなら、その時点でいじめられっ子ではないですね。加害者です。
強制されての盗みなら、さらに悪質です。


>そうですね、そこまで悪質になると bari_sakuさんの大好きなお巡りさんも お手上げでしょうからね。

いや、それは関係ありません。
警察沙汰にする場合、親の関与は必須ですから。
この回答への補足あり
    • good
    • 1
この回答へのお礼

イジメとは少し違うかもしれませんが、悪質な連鎖販売があるとします。
AがBにその商売を紹介し、BがCに、CがDに、DがEに言うように 連鎖するとします。すると、この図式では Aが純粋な加害者で、Eが純粋な被害者です。
しかし、中間の B、C、Dは加害者でもあり、被害者でもあるわけです。
しかし、bari_sakuさんの理屈だと 自分が加害者になった時点で被害者側ではなくなり、末端の被害者である Eばかりを保護しても 抜本的な解決になるでしょうかね。
しかも、Eだって Fに商売を紹介すれば 自分が加害者側になります。
少なくとも 末端のEの人たちは 現時点では bari_sakuさんの視点からも 被害者ですが 犯罪予備軍でもあります。

お礼日時:2015/08/16 14:40

>だから、本来は軽微な窃盗は警察が介入するべきではないと思うんですよ。


>窃盗に関係のない生徒まで巻き込んで、みんな疑心暗鬼になったら、そこから新たなイジメが生まれてくると思います。

教師の手腕次第でしょうね。
「まずは教師に報告」は妥当な対応だと思いますが、そこで事態が改善されないようなら警察へ通報することに問題があるとは思えません。


>大いに関係あります。こうやって、弱い生徒に罪をなすりつけるのも、悪質で対処の難しい「イジメ」の一つです。

ものを取った上に弱い者に罪をなすりつけるのですか?
そこまで悪質になると、学校ではなく親の責任ではないかと思います。
この回答への補足あり
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>そこで事態が改善されないようなら警察へ通報することに問題があるとは思えません。
問題がないというより、最終手段でしょうね。事態を改善する努力が必要でしょう。

>ものを取った上に弱い者に罪をなすりつけるのですか?
イジメられっ子Aとイジメられっ子Bが仲良しで、イジメられっ子Aの盗みを イジメられっ子Bに罪をなすりつけるのです。こうして、二人の仲まで引き裂くのです。

>そこまで悪質になると、学校ではなく親の責任ではないかと思います。
そうですね、そこまで悪質になると bari_sakuさんの大好きなお巡りさんも お手上げでしょうからね。

お礼日時:2015/08/16 13:12

>お巡りさんを買い被っているように思えます。


買い被ってはいないと思いますよ。警察が腰が重いと感じたこともありますし、ただ事実を言ったまでです。

>冤罪に関して 警察は味方どころか恐ろしい敵になりますよ。
それは全く別の議論ではないですか?
私が言いたいのは「被害者の泣き寝入りが一番よくない」ということです。
この回答への補足あり
    • good
    • 1
この回答へのお礼

何度もありがとうございます。

>警察が腰が重いと感じたこともありますし、ただ事実を言ったまでです。
だから、本来は軽微な窃盗は警察が介入するべきではないと思うんですよ。
窃盗に関係のない生徒まで巻き込んで、みんな疑心暗鬼になったら、そこから新たなイジメが生まれてくると思います。

>それは全く別の議論ではないですか?
大いに関係あります。こうやって、弱い生徒に罪をなすりつけるのも、悪質で対処の難しい「イジメ」の一つです。

>私が言いたいのは「被害者の泣き寝入りが一番よくない」ということです。
ただ、その訴え口として、いつも警察がベストとは限らないということです。
つまり、警察に頼るのは諸刃の剣です。

お礼日時:2015/08/16 12:26

>でも、学校は教育の場で、子供を教育するのは教師の仕事であって 警察の仕事ではありません。



窃盗犯を捕まえるのは警察の仕事ですね。
第一、窃盗で捕まることはペナルティではありません。
法に反することを、自分が自発的にした結果です。
この回答への補足あり
    • good
    • 1
この回答へのお礼

何度もありがとうございます。

お巡りさんを買い被っているように思えます。

>窃盗犯を捕まえるのは警察の仕事ですね。
でも、現実問題、学校内の盗難に関しては 警察はなかなか動きませんよ。
私の知っている学校では 警察が盗難事件に介入したせいで面倒が起きました。
警察も重い腰を上げて やっとのことで学校内を聞き込みしましたが、イジメられっ子が窃盗の濡れ衣を着せられてしまいました。でも、濡れ衣を着せられた生徒は両親が 興信所を使ってやっとのことで無実を証明しました。
痴漢の冤罪でも言えるように、冤罪に関して 警察は味方どころか恐ろしい敵になりますよ。

お礼日時:2015/08/16 12:11

少なくとも物的証拠があるなら、被害届を出すのに何ら問題はないと思います。


スーパーで10円のお菓子を万引きしたって万引きは万引きになるのですから、教科書等、それ以上の額のものが取られた場合はむしろ警察に届けるべきだと思います。
犯人特定までには至らなくても、今後の抑止力にはなると思いますけど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

bari_sakuさんもご多分に漏れず、お巡りさんが大好きな 「よい子」タイプのようですね。(笑)

>教科書等、それ以上の額のものが取られた場合はむしろ警察に届けるべきだと思います。
この程度で警察が動くでしょうかね。それに、警察が動いても #2さんが仰った危惧が起きると思います。でも、学校は教育の場で、子供を教育するのは教師の仕事であって 警察の仕事ではありません。現在の学校や教師の体質にも大きな問題点はありますが、それには 警察官の数を大幅に増やす必要もありますし、そうすれば、教育自体も委縮してしまい、ペナルティだけで子供を育てることになります。

お礼日時:2015/08/16 11:47

今までいじめは単なる犯罪だから逮捕でいいだろうなんて安直に考えていましたが、確かに物理的にも人数が足りないですし、冤罪の可能性もありますし、警察が専従した場合どこからが警察のお世話になるのかの線引きも難しいですよね。


暴力とか盗難とかならわかりやすいけど無視とか。

一般人が他人にやって逮捕されるような事をやった場合は警察が介入すべきだと思いますけど
それ以外は教員がどうにかするべきだと思います。
そうなると教員の質が問われるわけですが…。面倒ごとは避けて通りたい人の方が多いに決まっていますし、子供のいう事を信じなかったり所詮子供だ、と思って適当に話を流す人もいます。
難しい問題ですね。

とりあえず、警察は本当に犯罪レベルになったら介入するべきですかね。
やっていい事悪い事取り返しのつかない事は子供といえど身を持ってわからせるべきです。
その子供の今後の為にも。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

イジメの中でも 難しいものの一つに、万引きを強要されたり、泥棒の濡れ衣を着せられというのもあります。こういう場合、下手に警察が介入しても 問題をこじらせて イジメられっ子を助けるどころか、余計にイジメられっ子を追いつめるリスクもあると思います。

お礼日時:2015/08/16 10:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング