お酒好きのおしりトラブル対策とは

今年2月28日まで正社員を退職し、失業給付を受け取らずに3月〜旦那さんの扶養に入りました。
後、4ヶ月間だけ短期パートをしました。
それで、正社員〜パートの給料を扶養103万円以内の95万におさめました。103万円を超えると旦那さんの会社から扶養手当が支給されなくなる為です。
旦那さんは異動もあり、子供はまだいませんが私が正社員やフルタイムで働くには長期勤務ができないので今後もパートとして働く予定です。
なので、現在は専業主婦をしており、旦那さんの給料だけで節約生活をしています…。早く働きたいのですが次回働けるのはいつからかよくわかりません。
来年の1月から受け取る給料と聞きますが、
例えば、末日給料の場合はだいたい15日や20日締めだと思います。その場合、締めの12月20日以降から働けるということでしょうか?
今年、103万以内というのも今年1月から受け取った分からの計算です。

長々とお話しましたが、わかりやすく教えていただけると幸いです。

質問者からの補足コメント

  • あと、出来れば確定申告についても、タイミングと必要な物などわかる方教えていただけるとありがたいです。

      補足日時:2015/08/17 12:20

A 回答 (4件)

>11月16日以降働き始める。

(残8万分)
>12月31日給料日。
>→これが今年の年収103万以内。
>12月16日以降からの給与は
>1月末の給与なので、
>来年の年収として計算。
その認識で合ってますよ。

とにかく支給された日の年で
いつの年収になるかが決まります。
下記QA参照
https://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2668_qa.htm

源泉徴収票はもらった方がいいですね。
結局は「所得税はゼロ(住民税も?)」
の証明になるので。

収入や労働時間で都合のよいお仕事が
見つかることをお祈りしています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございました!
わかりやすく説明していただき、とても参考になりました。
頑張って、お仕事したいと思います!

お礼日時:2015/08/23 10:03

>3月〜旦那さんの扶養に入りました…



何の扶養の話ですか。
1. 税法
2. 社保
3. 給与 (家族手当)
それぞれ別物で認定要件は異なり、相互に連動するものではありません。

まあ、税金のカテですから 1.税法の話かとは思いますが、税法上、夫婦間に「扶養」はありません。
扶養控除は、親子や祖父母、孫などに適用されるものです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1180.htm
夫婦間は、「配偶者控除」または「配偶者特別控除」です。

しかも、扶養控除や配偶者控除などは、1年間の所得額が確定した後に決まるものであり、年の初めや途中に出たり入ったりするものではありません。
夫が会社員等ならその年の年末調整で、夫が自営業等なら翌年の確定申告で、それぞれの年分をあとから判断するということです。

「配偶者控除」は、配偶者の「合計所得金額」が 38 (給与収入のみなら 103) 万円以下であることが条件です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1191.htm
38万円を超え 76 (同 141) 万円未満なら「配偶者特別控除」です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1195.htm

>103万円を超えると旦那さんの会社から扶養手当が支給さ…

それは、3. 給与 (家族手当) の話であって、給与の支払い方はそれぞれの企業が独自に決めていることであり、よそ者は何ともコメントできません。

>来年の1月から受け取る給料と聞きますが…

夫の会社の給与の決め方が、1.税法と同じである保証はありません。
夫にお聞きください。

>15日や20日締めだと思います。その場合、締めの12月20日以降から働けるという…

会社によってピンからキリまでありますから、十把一絡げな回答は控えます。
就職しようと思う会社でご確認ください。

>出来れば確定申告についても、タイミングと必要な物などわかる…

確定申告は、原則として翌年 2/16~3/15。
納税でなく還付であることが明らかな確定申告のみ、1/1 以降いつでも。

必要なものは
・前年中に働いた会社すべての「源泉徴収票」
・無職期間中に自分で国民年金をかけたのなら、日本年金機構から送られてくる「控除証明書」(領収証ではだめ)。
・無職期間中に自分で国民健康保険をかけたのなら、その支払額が分かるメモ (証明書等は無用)
・判子
・納税の場合は現金、還付の場合は銀行口座番号のメモ
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2020.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう

回答ありがとうございました。
説明が悪くて申し訳ありませんでした。お察し頂いたとおりです。
また、旦那さんの扶養手当は、話したとおり103万以内でないといけませんし、それに関して質問していません。質問と違う回答が少し多かったので、私には少し難しい回答でした。
また、確定申告についても、無職期間は今だけで、正社員退職してすぐ旦那の配偶者控除ですので年金も国保はかけてません。

お礼日時:2015/08/17 18:25

一年間の収入は、その年の1月から12月までに支給された給与なので


例えば15日〆の25日支払いならば
前年の12月16日から働けることになります。
この場合、翌年1月に支給される給与は、前年の12月16日~翌年1月15日までの分となります。
10日〆20日払いなら、12月11日から働けることになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう

質問に明確な回答助かりました!
ありがとうございます。

お礼日時:2015/08/17 18:10

Moryouyouと申します。


よろしくお願いします。

扶養と言われているのは、
1.税金の扶養(配偶者控除等)
2.社会保険の扶養条件
3.会社の扶養手当
がありますね。

103万円以内なら3つとも該当します。

1.税金は奥様の所得で決まります。
ご主人の配偶者控除は
奥さんの所得38万以下が条件です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1191.htm

配偶者控除は所得税で38万
住民税で33万の所得控除が
受けられます。
給与で言うと給与所得控除の
65万を引いた金額になります。
給与所得控除http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm

また奥さんの所得が38万を超えても
配偶者特別控除があります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1195.htm
奥さんの所得が76万まで
ご主人は所得控除が受けられます。
(38万~0まで)

扶養手当を念頭にされていますから、
やはり103万ということですね。
パート先で年末調整をされれば、
確定申告の必要はありません。

また、年収98万であれば、住民税も
非課税となります。
103万の場合は1万ほど住民税が課税
されます。

確定申告は翌年の2~3月です。
パート先の源泉徴収票で源泉徴収税が
とられていれば、その分は還付されます。
繰り返しになりますが、パート先で
年末調整されれば、申告の必要はありません。

2.社会保険の扶養条件

○○健康保険組合によって微妙に違う所も
あるようですが、
協会けんぽなどは、
下記にある収入要件のとおりです。
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp …
引用~
年間収入130万円未満 一部省略
※年間収入とは、過去における収入の
ことではなく、被扶養者に該当する時点
及び認定された日以降の年間の見込み
収入額のことをいいます。
(給与所得等の収入がある場合、
月額108,333円以下。….)
~引用
となっています。

パートが短期間ですと、月10万以上
となって上記条件に抵触する可能性も
あるので、注意してください。

3.会社の扶養手当
 これは会社の規定となるので、一概には
言えませんが、1の税金との連動となって
いると思われます。

今年の総収入が95万ならば、あと8万分
働いて、年末に給料をもらってもよいかも
しれません。
給料が年明けに支払われるわけではない
ですよね?
そうだとしても、給料日年12回と
考えれば、月8.5万を目安で働けば、
問題はないと思います。

がんばってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね、扶養手当を念頭にお話させていただきました。説明不十分でご理解いただきありがとうございます。パートをもう辞めていますが、年末調整はできるのでしょうか?できないとすると、離職票だけ受け取りましたが、源泉徴収ももらわないといけませんよね。
住民税が非課税になるのも知りませんでした!

旦那さんの会社からの扶養手当は、おっしゃる通り税金の扶養と連動していたと思います。
また、残りを年末に働くのも名案だと思いました。
以前勤めていたパートは15日締めの末日が給料日でした。
確認ですが、同じ所で働くとして…
15日締めなので、
11月16日以降働き始める。(残8万分)
12月31日給料日。
→これが今年の年収103万以内。
12月16日以降からの給与は1月末の給与なので、来年の年収として計算。で、合っているでしょうか?

お礼日時:2015/08/17 18:09

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング