『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

現在会社に籍がありますが、休職して1年近く経つということで障害者年金3級を頂いております。
しかしこのまま休職が続けば、年度末に休職期間満了でクビになります。

そうなると、納める年金の種類が厚生から国民になると思うのですが、頂ける年金の金額が変わってくるのでしょうか?

それとも年金の種類は関係ないのでしょうか。
ちなみに現在、休職期間中ですが毎月厚生年金と厚生年金基金を納めております。

ご存知の方、ご教授お願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

既に有効な回答がありますので、



> 姉も統合失調症で働けず、2級の年金をもらっております。
> ただ姉に聞いたところ約6万/月で、
公的年金で2級に該当する人に対しての給付パターンは3つ考えられます。
(1)障害基礎年金
(2)障害厚生年金
(3)障害基礎年金+障害厚生年金

この内、(2)は20歳未満の者が厚生年金加入中に対する給付パターンなので今回は該当しないと思います。

すると、金額から推測するに「(1)障害基礎年金」を受給しているのでは?
 ⇒厚生年金に加入したことが無いか、厚生年金に加入する前に障害2級に認定されたケースが該当します。


> 私が3級で約5万/月でしたので、等級の差額が少ないのではないのかと思い、
> そこで厚生は高めに貰えるのではないかと推測し、
> 質問させていただいた次第です。
2級とは異なり、3級に対する給付は「障害厚生年金」の1パターンのみ。

障害厚生年金の計算方法に『短期』と『長期』の2つがあり、(障害認定日の前月までの)厚生年金被保険者月数が300月[25年]未満の方は自動的に『短期』で計算されます。

では、短期での計算方法とはどんなものなのか?
簡易な用語(正しい名称ではないということ)で手抜きした計算式を書くと次のようになります。
 ステップ1
  (「年金定期便」に載っている「標準報酬月額」+「標準賞与額」)÷厚生年金の被保険者としての月数=平均額
 ステップ2
  平均額×5.481×300月÷1000=年金額
更に、3級には最低保証額制度が設けられていますので、ステップ2で計算した年金額が最低保証額に満たない場合には最低保証額585,100円[左の金額は平成27年7月1日時点でのものです]で年金が支給されますので、月額に換算すると約48,758円。

では、先に書いたいい加減な計算式(ステップ2)を使って最低保証額となってしまう方の平均額を導いてみましょう。
 平均額×5.481×300月÷1000=585,100円
 平均額×1.6443=585,100円
 平均額=585,100円÷1.6443
 平均額≒355,835円

そういうことを考えていくと・・・ご質問者様は厚生年金に加入していたけれど標準報酬月額などの平均額が35万6千円前後だった為に『最低保証額』かそれより少し多めの年金額で受給していると考えられます。

この推測が正しいのであれば、厚生年金の資格を喪失したからと言って金額が大きく増えることはありません。

尚、ご質問者様は厚生年金基金にも加入していると書かれておりますよね。月額5万円程度には基金からの給付分も含まれている勝手に解釈して回答を書いていますが、違うのであれば、一度基金に訪ねてみてください。
また、基金の加入員資格を喪失することで、基金から一時金が支給される場合があります。そこも確認してみてください。

【日本年金機構】
 ・障害厚生年金の受給要件・支給開始時期・計算方法
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp …
    • good
    • 0

№5さんの詳しい解説で概要は大分お分かり頂けたかと思いますが一点だけ訂正させてください。



>(2)は20歳未満の者が厚生年金加入中に対する給付パターンなので今回は該当しないと思います。

20歳未満の厚生年金加入者が1・2級に該当する障害年金受給資格を得た場合は障害基礎年金も支給されます。
    • good
    • 0

ひょっとしてお姉様は障害基礎年金のみで質問者さんは障害厚生年金のみということでしょうか?


障害基礎年金は定額で2級なら老齢基礎年金の満額と同じ金額になり、今年度は780,100円(子がいれば子の加算あり)で月にすると65,000円程ですね。
障害厚生年金3級は、障害基礎年金に3級がないため厚生年金分のみの受給となります。(1・2級なら障害基礎年金と併せて受給となる)
元々年金の種類が違うので金額を比較することはできません。
    • good
    • 0

障害厚生年金は、納付していた標準報酬月額の平均を基に計算されます。


また、3級は配偶者の加算がない替わりに最低保障額(585100円)が設定されています。
2級の方の平均標準報酬月額が低く配偶者もいない場合は、3級とあまり変わらない金額になることはあり得ます。
    • good
    • 0

厚生年金の被保険者であるかないかで年金の金額が変わることはありません。


障害の程度が増進あるいは軽減することによって、等級が変わるなどした場合は金額変更や支給停止になることはあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

度々ありがとうございます。姉も統合失調症で働けず、2級の年金をもらっております。ただ姉に聞いたところ約6万/月で、私が3級で約5万/月でしたので、等級の差額が少ないのではないのかと思い、そこで厚生は高めに貰えるのではないかと推測し、質問させていただいた次第です。

お礼日時:2015/08/18 07:54

障害厚生年金は厚生年金の被保険者でなくなっても、支給がなくなることはありません。


退職された後もそのまま受給できます。
納めていた厚生年金保険料は、将来老齢厚生年金として計算した時に障害厚生年金よりも金額が多くなるようならそちらを選択することができます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます、気になるの金額が変わるか否かなのですが、ご存じではありませんでしょうか?

お礼日時:2015/08/18 07:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q精神障害者手帳2級とはどのレベルのなのでしょうか

最近身内になった方が、精神障害者手帳2級を持っていることを知りました。

普通に遊んでいますし、喋れます。料理もしているし、ゲームもしています。
普通の生活はできていると思います。

仕事はできないそうです。
たまに頭が痛くなるとか。

なぜこのような質問をしているかと申しますと
子作りをしていると聞いたからです。

薬を飲んでいないなら妊娠してもいいと書いてあるサイトは見ましたが、子育ってって楽じゃないですよね。
私にも子供がいますが、やはり大変でした。
普通の人でも精神的に不安定になると思います。
ことあるごとに「鬱だから」と言ってひきこもる彼女が、このタイミングで子供を作っていいのか疑問なのです。
友人だったら応援するかもしれません。
しかし、身内となると、そうは言っていられません。
何かあった時に産まれてきた子供がかわいそうです。

※鬱病の方を批判しているわけではありません。

中立なご意見をお願いします。

Aベストアンサー

あなたの身内がどんな精神障害かは解らないですが薬で症状が和らぎ普通に生活できる人もいます。
理解あるパートナーが本人の調子の悪い時に100%面倒(家事、子育てなど)を見てくれるならまだ良いですがなかなかそういう訳にもいかないのが結婚生活だと思います。
そんな状況下で育てられたこどもは不安ですよね

2級ともなると年金が支給されるほどのかなりの重度なので一人では生活できない程度です。
自己の判断もできない状況が多々あると思われます。
そんな人が子育てはちょっと無理かな、子育てが出来るなら仕事もできるんじゃない?と思うのは当然ですよね。
私もそんな状況で子育てには賛成できません

ですががやはり決めるのは本人です
あなた自身がいろいろと調べた結果それを踏まえてアドバイスするのは良いでしょうがそこまでにしておいた方が良いのかもしれません。
強要すると症状が悪化するかもしれないのでなるべくその方の両親を通した方が良いかもしれない。

Q精神障害者保健福祉手帳3級の取得とメリットとは?

私は精神科に7年近く通い、うつ病の薬の投薬を受けております。
服薬中は仕事も普通にできますが、この私でも、精神障害者保健福祉手帳3級を取得することは可能でしょうか?

そして手帳を持つことのメリット、デメリットがお分かりでしたら、お教えください。

Aベストアンサー

まず、障害年金と、精神障害者手帳の違いから。
精神障害者、厚生年金3級であれば、2ヶ月に一度現在9万ほど支給されます。しかしこれは手帳の3級とは違います。http://www.ohhori.com/depression/handicapped_pension.htm

障害年金は精神障害者手帳とは違います。
障害年金をうける条件として、国民年金(役所の保険年金課)や、厚生年金(社会保険庁)を支払ってきていた方が、初診で病院にいったときから1年半を過ぎても症状が変わらないようなら申請できます。
初診時に厚生年金に加入していたのなら、3級で上にある金額が支給されますが、初診が国民年金でしたら、障害年金の支給は2級からです。pinky200412さんがどちらかは存じないのですが。7年も患ってらっしゃるので、一度医師に訪ねてみても良いかと。
(医師に言って診断書を書いてもらう。診断書一通5000円×税金)

手帳はあくまでも、日常生活に支障をきたすかなどの福祉的観点で発行されます。手帳用の診断書も一通5000円×税金です。2年ごと更新~。

手帳の3級のメリット・・・、実は自治体により、非常に差があります。
私の住むところは1級じゃないとサービス面で何のメリットも無いのですが、大阪市は3級で地下鉄が半額だったように記憶していますし、神戸市は4級でもメリットがあったと知り合いが言ってました。
サービス面のメリットは、各市町村の役所の福祉課で教えてくれます。
(説明したり、プリントした紙をくれると思う。)

あと手帳の3級のメリットといえば、今の時期の確定申告ですよ。
障害者控除というのがありますが、こちらは手帳を提示します。
(私も障害者控除やってきました。)
税金には結構効きますよ~。国民年金免除も通り易いですし。
お互いぼちぼち気長に行きましょ。(^-^)v

参考URL:http://www.ohhori.com/depression/handicapped_note.htm

まず、障害年金と、精神障害者手帳の違いから。
精神障害者、厚生年金3級であれば、2ヶ月に一度現在9万ほど支給されます。しかしこれは手帳の3級とは違います。http://www.ohhori.com/depression/handicapped_pension.htm

障害年金は精神障害者手帳とは違います。
障害年金をうける条件として、国民年金(役所の保険年金課)や、厚生年金(社会保険庁)を支払ってきていた方が、初診で病院にいったときから1年半を過ぎても症状が変わらないようなら申請できます。
初診時に厚生年金に加入していたのなら、3級で...続きを読む

Q障害者年金と、厚生年金・国民年金とは別なのですか?

夫が身体障害者になり、今回3級の障害者年金を受給することになりました。この障害が元で、現在の仕事が続けられなくなり、一旦離職して、新たに就職先を探すことになりました。
一時的とはいえ、厚生年金から外れることになるので、その間国民年金の手続きが必要なのか教えていただきたいのです。

知人によると、障害者年金を受けているなら国民年金に加入する必要はないと言われました。しかし、私はそれとこれとは別ではないかと思います。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

すべての国民に共通するものとして、国民年金があります。
そして、その上に、被用者年金といって、厚生年金保険(サラリーマン)や共済組合(公務員など)が乗っかっています。

障害年金は、これらの制度から出るものです。
障害年金の理由となった病気の初診日のときに入っている年金制度によって、受けられる種類が決まります。
初診日のときが国民年金だけだったら、障害基礎年金だけ。1級と2級があります。
一方、初診日のときが厚生年金保険か共済組合(国民年金に併せて入っている、と見なされます)だったら、障害厚生年金(または障害共済年金)になります。
障害厚生年金(または障害共済年金)には1級~3級があり、1級・2級のときには障害基礎年金も併せて出ます(3級のときは障害厚生年金[または障害共済年金]だけで、年額約59万円が最低保障されます。)。

厚生年金保険から抜けて国民年金だけに加入することになる(国民年金第1号被保険者、といいます)ので、当然、手続きが必要です。
市区町村の国民年金担当課で手続きを行なって下さい。また、詳しいことは、こちらでお聞きになるよりも担当課に尋ねたほうがしっかりと理解できると思います。

なお、国民年金第1号被保険者であるとき、障害基礎年金1・2級を受給していれば、国民年金保険料の全額の納付が必要なくなります(法定免除といいます。)。
しかし、これにあてはまるときでも、厚生年金保険 ⇒ 国民年金 という切替手続きをしなくてもよい、ということではありませんし、法定免除を受ける手続き(障害年金の年金証書を担当課に持ってゆく)も必要です。

障害厚生年金3級の人は法定免除は受けられないので、国民年金第1号被保険者になったときは、自分で国民年金保険料を納めなくてはなりません(ご主人もそうです。)。
但し、身体障害者手帳を持っていることや失業したことなどを理由にした申請免除(所得の条件があります)を受けられる場合があるので、これも、担当課に尋ねて下さい。
 

すべての国民に共通するものとして、国民年金があります。
そして、その上に、被用者年金といって、厚生年金保険(サラリーマン)や共済組合(公務員など)が乗っかっています。

障害年金は、これらの制度から出るものです。
障害年金の理由となった病気の初診日のときに入っている年金制度によって、受けられる種類が決まります。
初診日のときが国民年金だけだったら、障害基礎年金だけ。1級と2級があります。
一方、初診日のときが厚生年金保険か共済組合(国民年金に併せて入っている、と見なされます)だ...続きを読む

Q障害者年金3級と厚生年金の受給について

昨年、障害者3級になり障害者年金を頂いております。現在57歳(昭和27年6月生まれ)です。年金払込通知書に基礎年金(付加年金を含む)と合わせて支給される厚生年金の支払いがある場合は、支払額を合算して記載します。とあります。 60歳・65歳で、厚生年金を受け取る時点で障害者年金も頂けるのでしょうか? 詳しく解りやすく教えていただけますか。よろしくお願いします<(_ _)>

Aベストアンサー

昭和60年法改正前の厚生年金保険の制度においては、
厚生年金保険の被保険者期間が20年以上ある場合には、
60歳(女子は55歳)から老齢年金を受給することができましたが、
昭和61年4月以降、原則として65歳にならないと
老齢年金を受給することはできなくなりました。

この法改正は被保険者に対して不利益となる改正内容であったため、
特例的に、60歳から65歳前までに老齢厚生年金を支給する、
という場合があります。
これを「特別支給の老齢厚生年金」と言います。
昭和36年4月1日までに生まれた者(女子は昭和41年4月1日)が
受給を認められています。

特別支給の老齢厚生年金を受給するためには、
原則として、以下の全ての要件を満たしていることが必要です。

1.年齢が60歳以上(65歳未満)である
2.厚生年金保険の被保険者期間が1年以上ある
3.老齢基礎年金(国民年金)の受給に必要な資格期間(25年)を
 満たしている

特別支給の老齢厚生年金は、
厚生年金保険の被保険者期間に応じた「定額部分」と、
同被保険者期間中の平均標準報酬額に応じた「報酬比例部分」とで
成り立っています。

但し、平成6年法改正により「定額部分」の支給開始年齢が
61~64歳へ段階的に引き上げられ、
さらに、平成12年法改正によって「報酬比例部分」の支給開始年齢が
同様に61~64歳へと段階的に引き上げられました。

このため、
60歳から支給開始年齢(61~64歳)に至るまでの間は
上記の「報酬比例部分」に相当する額のみが、
支給開始年齢以後は「定額部分 + 報酬比例部分」が支給されます。

支給開始年齢などについてはたいへん複雑なので、
以下のURLを参照して下さい。
(http://www.sia.go.jp/infom/text/index.htm)

特別支給の老齢厚生年金(社会保険庁)
 http://www.sia.go.jp/infom/text/kounen07.pdf
老齢厚生年金
 http://www.sia.go.jp/infom/text/kounen06.pdf

特別支給の老齢厚生年金を受給できる人については、
その受給権が発生したときに既に被保険者でなければ、
もし、年金法でいう1~3級の障害の状態であるならば、
請求に基づき、障害者特例の適用を受けることができます。

障害者特例の適用を受けると、
上述した「段階的な支給開始年齢の引き上げ」にもかかわらず、
上記の請求を行なった翌月から、支給開始年齢に関係なく、
「定額部分 + 報酬比例部分」として受給できます。

定額部分は65歳以降の老齢基礎年金に、
同じく、報酬比例部分は65歳以降の老齢厚生年金に相当します。
要するに、ANo.2の(3)に相当するとお考え下さい。
また、特別支給の老齢厚生年金の受給を開始すると、
ANo.2で記した(1)又は(2)の組み合わせは消滅します。

なお、65歳以降の本来の老齢厚生年金は、
特別支給の老齢厚生年金とは別枠のものです。
そのため、65歳以降の本来の老齢厚生年金を受給する前には、
あらためて、その受給を申請(裁定請求)する必要があります。

いずれにしても、障害の程度が年金法でいう3級の状態であるので、
その状態が今後も変化しないと仮定した場合、
質問者さんはまず、
障害者特例が適用された「特別支給の老齢厚生年金」を受け、
次いで、65歳以降は
「老齢基礎年金 + 老齢厚生年金」という形にすることとなります。
 

昭和60年法改正前の厚生年金保険の制度においては、
厚生年金保険の被保険者期間が20年以上ある場合には、
60歳(女子は55歳)から老齢年金を受給することができましたが、
昭和61年4月以降、原則として65歳にならないと
老齢年金を受給することはできなくなりました。

この法改正は被保険者に対して不利益となる改正内容であったため、
特例的に、60歳から65歳前までに老齢厚生年金を支給する、
という場合があります。
これを「特別支給の老齢厚生年金」と言います。
昭和36年4...続きを読む

Q障害厚生年金3級 更新期間について。

私は、統合失調症で障害厚生年金3級を受給しています。

今月、誕生月でして、2年更新だったので診断書を提出しました。

年金ダイヤルでは、10月(今月)の年金は支給されますが、12月の支給については、今回の更新の結果次第と言われてしまいましたが、色々調べてみると、3ヶ月かかって4ヶ月目以降に結果の連絡が来ると書いてありました。そこで質問なのですが。

質問(1)、12月の年金が支給されれば、更新が決定したことでいいんでしょうか?

質問(2)、3ヶ月間更新に時間がかかるというので、誕生月10月を含め、来年の1月に結果のお知らせが来るのでしょうか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

障害状況確認届(誕生月に出した、今回の診断書のこと)を出したあとは、以下のようになります。
このそれぞれによって、その後いつまで支給が保障されるかもわかります。
(きちっと法令や通達で決められています。)

◯ 障害等級に変化がないとき
届を出してから3か月以内に「次回診断書提出年月のお知らせ」というハガキが届きます。
そのハガキに記されている年月までは、これまでの障害等級で支給が継続します。

◯ 障害等級が上がるとき(障害が悪化したと認められたことによる職権改定)
届を出す月を「0か月目」とすると、「1か月目」の分から改定(額がアップ)されます。
アップされた額が実際にいつから振り込まれるのかは、別途、届を出してから3か月以内に通知書が届くので、その通知書でわかります。
通知書には、新しい障害等級も記されています。
新しい年金証書が届くことはないので、その通知書によって、元々の年金証書を読み替えます。
通知書には次回診断書提出年月が書かれているため、そこまでは、新しい障害等級で支給が継続します。

◯ 障害等級が下がるとき(障害が軽くなったとされたことによる職権改定)
届を出す月を「0か月目」とすると、「4か月目」の分から改定(額がダウン)されます。
ダウンされた額が実際にいつから振り込まれるのかは、別途、届を出してから3か月以内に通知書が届くので、その通知書でわかります。
通知書には、新しい障害等級も記されています。
新しい年金証書が届くことはないので、その通知書によって、元々の年金証書を読み替えます。
通知書には次回診断書提出年月が書かれているため、そこまでは、新しい障害等級で支給が継続します。

◯ 該当外として一時的に支給が止まるとき(障害年金に該当しないとされたとき)
届を出す月を「0か月目」とすると、「4か月目」の分から支給が停止されます。
同様に、別途、通知書が届きます。

要するに、10月を「0か月目」とします。
上で書いたようなことがあるので、すべてのケースを考えると、遅くとも「4か月目」の分にあたる来年2月分からは確実に反映される、という意味になります。
つまり、支給が止まるとき・級が下がるときは、「4か月目」の分にあたる2月分から(注:2月に支給されるものから、という意味ではありません!)になります。

年金は、前々月分・前月分を、その直後に来る偶数月に振り込んでいます。
つまり、2月分・3月分が来年4月に振り込まれるので、来年4月に振り込まれる分から止まる・下がる可能性がある、ということになります。
逆に言えば、来年2月に振り込まれる分(12月分・1月分)までは支給され続けます。
また、12月に振り込まれる分は10月分・11月分ですし、「4か月目」の分にあたる2月分でもないので、まだ「止まる・級が下がる」ということはわかりません(反映されてもいません)。

いずれの場合も、来年1月中までには何らかの結果が知らされてきます。
それまでの間、しばらくお待ち下さい。
 

参考URL:http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7651340.html

障害状況確認届(誕生月に出した、今回の診断書のこと)を出したあとは、以下のようになります。
このそれぞれによって、その後いつまで支給が保障されるかもわかります。
(きちっと法令や通達で決められています。)

◯ 障害等級に変化がないとき
届を出してから3か月以内に「次回診断書提出年月のお知らせ」というハガキが届きます。
そのハガキに記されている年月までは、これまでの障害等級で支給が継続します。

◯ 障害等級が上がるとき(障害が悪化したと認められたことによる職権改定)
届を出す月を「...続きを読む

Q「精神障害者3級」の年金額は幾らになりますか?

妻と二人家族の50歳男性で、会社M&Aで年棒800万円でしたがリストラになり、うつ病を発症して「精神障害者3級」と認定されました。 年棒800万円でしたが「精神障害者3級」の年金額はおおよそ幾らになりますか? お分りになる方ご教示いただけましたら幸いに存じます。

Aベストアンサー

精神障害者保健福祉手帳(障害者手帳)が3級、ということですか?
であれば、障害者手帳の障害認定基準と障害年金の障害認定基準とは全くの別物なので、手帳が3級だからといって障害年金も3級になる・受給できる、とは限りません。

初診日(発症日や発病日ではなく、あくまでも、その疾病のために初めて医師の診察を受けた日です)の時点で厚生年金保険の被保険者であって、かつ、初診日から1年6か月が経過したとき(この日を障害認定日といいます)に障害年金の障害認定基準でいう3級の状態を満たすならば、障害厚生年金3級を受けられる可能性はあります。
障害認定日の時点の障害の状態が問われる、という点に注意して下さい。

ちなみに、障害者手帳のほうは初診日から6か月が経過していれば受けられるので、当然、障害年金との間で障害の状態を見る時期がずれてくる場合があります。
つまり、両者の間で、障害の状態が異なってしまうことが少なくありません。
だからこそ、障害者手帳を持っているからといって障害年金も受けられる、とは限らないのです。

厚生年金保険の被保険者月数(300月に満たないときは300月で計算)と、その期間における平均標準報酬額(早い話が、いままでに受けた給与等の平均額と思っていただいてかまいません)によって、障害厚生年金の支給額が決まってゆきますが、障害厚生年金3級には最低保障額(2級の障害基礎年金[国民年金/78万100円]の75%の額)があります。
平成27年度は58万5100円で、少なくともこの額以上が支給されます。

子の加算(障害基礎年金に付く)は、障害基礎年金1・2級も併せて受けられる「障害厚生年金1・2級」でなければ加算されません。
さらに、配偶者加給(障害厚生年金に付く)も、「障害厚生年金1・2級」でなければ加算されません。
したがって、障害厚生年金3級では、配偶者や子のあり・なしは一切無関係です(反映されません)。

精神障害者保健福祉手帳(障害者手帳)が3級、ということですか?
であれば、障害者手帳の障害認定基準と障害年金の障害認定基準とは全くの別物なので、手帳が3級だからといって障害年金も3級になる・受給できる、とは限りません。

初診日(発症日や発病日ではなく、あくまでも、その疾病のために初めて医師の診察を受けた日です)の時点で厚生年金保険の被保険者であって、かつ、初診日から1年6か月が経過したとき(この日を障害認定日といいます)に障害年金の障害認定基準でいう3級の状態を満たすならば...続きを読む

Q嫁のクリトリスを2時間近く舐め続けていたら、突然腰や膣がビクビクと動いた後に嫁がぐったりとしてしまい

嫁のクリトリスを2時間近く舐め続けていたら、突然腰や膣がビクビクと動いた後に嫁がぐったりとしてしまいました。
あまりクリトリスを舐め続けるのは女性の体に良くない事なのでしょうか?

Aベストアンサー

いいえ、びくびく、と来たのですから天国にいけたんだと思います


人気Q&Aランキング