[PR]ネットとスマホ まとめておトク!

芥川賞くらい有名な賞だとすごい数の作品が応募してくるのではないですか?
全部それ読むのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

高橋一清氏がKKベストセラーズから「あなたも作家になれる」(2008年)に芥川賞、直木賞の選考についてこまかくかいていらっしゃいます。

氏は文芸春秋社で四つの文芸誌を渡り歩き、38年間も編集者として働いて来たそうです。他のお答えにもありますが、この二つの賞とも社内の編集者数人が基準を満たす数冊の作品を選び、様々な基準から時にはとんでもない作品も加え選考委員に提示します。ですから基本的に選考委員には自由が無いことになり、編集者の目が問われることになります。
    • good
    • 1

Wikipediaの「選考過程」項目にいろいろ書いてありますよ☆


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8A%A5%E5%B7%9D …
    • good
    • 0

だいたいどんな本も50ページも読むとだいたいのことは分かります。

本の編集者だって50ページも読んでくだらない物は棄てていきます。最後まで読み本は10冊もないと思います。その中で1冊の本を選ぶのです。その作業を100人ぐらいの編集者がしているのだろうと思います。そうやってノミネートされた本の中から選ばれたのだろうと思います。
    • good
    • 0

芥川賞自体は公募制ではなく該当期間の過去半年に発表になった作品を対象としています。


選考委員はその中のノミネート作品を読むのですからさほど多くはありません。

http://matome.naver.jp/odai/2136032482008890601
    • good
    • 3

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング