gooID利用規約 改定のお知らせ

今度就職面接する高校生です 自己prが文章的にまとまりません。 例文お願いします

体力と精神力には自信 
私は小学校サッカー、中学柔道、高校ソフトテニス部小学校から高校まで無遅刻無欠席で皆勤
体調管理の大切さ
を学んだ❗
小学校から高校まで運動部に所属
高校はソフトテニス部に所

 属していました
こういう感じで例文お願いします❗

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

私は体力と精神力に大変自信があります。

小学校時代はサッカー部、中学時代は柔道部、そして高校ではソフトテニス部と異なる運動部に所属していました。どの部活動も瞬発力および持久力が必要とされ、日々体調の管理を徹底しました。そのおかげで、いままで一度も部活動を休んだことはありません。

こうでしょうか。
いま高校生とのことですが、面接のprであれば高校時代の事だけを中心に書いた方が良いと思います。
今回の場合であれば、小学校のころから無遅刻無欠席をアピールしたいとおもったら補足程度に書く程度で問題ないでしょう。また、pr欄には書かず口頭でいう程度で問題ないです。
というのも、企業側がほしいとおもう人材は体力と精神力を兼ね備えた人間は勿論ほしいですし、さらに学習能力があり向上心がある人も望むでしょう。
すこし酷い言い方かもしれませんが、無遅刻無欠席とは社会に出れば当然の事で、もちろん立派といえば立派なことで当たり前のことをずっと続けることは大変難しいです。それが出来ない社会人は沢山います。なにが言いたいかというとアピールポイントがそれだけでは弱いのです。
ソフトテニスを始めるにあたって苦労したことはありませんでしたか?
部活の先輩や後輩との交流でやって良かったことや後悔したことなどはありませんか?
そのあたりを思い出してなんでも良いので付け加えて見てください。するとよい自己アピールができるとおもいますよ。
長ったらしくてすみません、面接頑張ってください!
    • good
    • 1

私は小学校から高校まで様々な運動部に所属し、小学校から高校まで無遅刻無欠席で体力と精神力には自信があります。


そのことから体調管理の大切さを学びました。

…挙げられている内容が薄すぎる。もっと何か学校の活動でしたことはないのか。学校生活の中で何も考えていないのか。
    • good
    • 0

おじさんです。


書かれている内容はそれでいいのですが、それぞれに具体的例示を入れましょう。
例えば、部活をやったというだけでなく、そこでどういうことを学んだのかです。
そういう事例をもっと書き入れましょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「皆勤賞」

中学校、高校の6年間、皆勤賞を受賞しているのですが、これはアピールになりますか?
授業に出ることは、当たり前なのであまり価値はないと思いますか?

ご意見、お願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。

人事で実務を担当してきた者に過ぎません。

皆勤されたというのは素晴らしいと思います。なかなか一般的や社会において信頼される非常に大きな要因かと思いました。

というのは健康面や自己管理が良くできていて会社においてはそのあたりも重要なポイントかと思います。

野球の選手なども、いくら優秀な成績であっても、スポーツマンにとって「怪我をしない」というのも非常に重要なのではないでしょうか。

それだけで判断されることはないと考えても、結果として、そのことが極めて社会においては良いと思います。

一見簡単に「当たり前」のことがいざ、実行するとなると極めて難しいと、口で言うのは簡単ですが、実行力や行動力に表れると確信され、当たり前のことが当たり前に「できる」ことが困難な状況の中、会社においても勤続年数においては給与以外にも大切な要因であることは間違いないと思います。

ぜひその自己管理能力や継続力を発揮されることをお祈りします。

参考程度にもならないかと思いますが、価値として充分かつ難易なことを成し遂げるということは後に業務や評価に値するかと思いました。

今後も頑張って下さい。

こんばんは。

人事で実務を担当してきた者に過ぎません。

皆勤されたというのは素晴らしいと思います。なかなか一般的や社会において信頼される非常に大きな要因かと思いました。

というのは健康面や自己管理が良くできていて会社においてはそのあたりも重要なポイントかと思います。

野球の選手なども、いくら優秀な成績であっても、スポーツマンにとって「怪我をしない」というのも非常に重要なのではないでしょうか。

それだけで判断されることはないと考えても、結果として、そのことが極めて...続きを読む

Q高校生の就職での面接の自己PRについて。

こんばんは。高校生の就職での面接の自己PRって、どういうこと言ったらいいんでしょう?こっちのカテゴリのほうが詳しい方がいらっしゃると思ったので。少しでも良いので、もし良かったら、回答よろしくお願いします。
彼女が9月5日に書類提出で、もしかしたら面接もあるらしいので。

Aベストアンサー

 どうゆう会社を受けるかによりますが、
明るくてはきはきしてるというのがいいと
思います。(抽象的ですが・・・)

 面接の相手は、40~50才くらいの
人事課長、部長さんあたりでしょう。
親子ほどの年の差ですから、
価値観が大きく違う可能性があります。

 こちらがいいPRポイントと思っても、
相手が良く取らない場合があります。
 よく聞くのは資格の取得とかですね。
英検もってますとか、情報処理もって
ますって、上の級じゃなくても、持って
る方としては努力の印を思うじゃないですか。
 
 そんなの持ってても仕事と関係ないと
マジに頭に来るオヤジがいるようです。

 ですから、何か得意な事を言うにも、
少し控えめに言ってみて、相手の
反応を見るというのも必要かと思います。

>彼女が9月5日に書類提出で、もしかしたら面接もあるらしいので。

 女の子・・・っていうことでいいんですよね。

採用する側にすると、
1)採用してからいろいろ仕事を覚えてもらう
2)職場の人間関係でもめて欲しくない
3)職場の雰囲気を明るくしてくれるような
 性格だと好ましい

 と考えているはずですから、
1)新しいことに積極的にやって、自分でもいろいろ
 工夫するのが好き。責任感、集中力がある。
2)他の人と一緒に何かやるのが好き
3)はきはきとした受け答えができる

 なんてことをいろいろな形でアピール
するのが効果的だと思います。

 面接受けられる方や、受ける会社の状況が
分からないので、この程度の回答しか
できませんが・・・

 今、高校生の就職内定率50%くらいです
ものね、大変ですよね。

 彼女さんに宜しくお伝えください。

 あともし就職できなかったら、オレのところに
永久就職しない?っていうのもいい口説き
文句なんですが・・・

 

 

 どうゆう会社を受けるかによりますが、
明るくてはきはきしてるというのがいいと
思います。(抽象的ですが・・・)

 面接の相手は、40~50才くらいの
人事課長、部長さんあたりでしょう。
親子ほどの年の差ですから、
価値観が大きく違う可能性があります。

 こちらがいいPRポイントと思っても、
相手が良く取らない場合があります。
 よく聞くのは資格の取得とかですね。
英検もってますとか、情報処理もって
ますって、上の級じゃなくても、持って
る方としては努力の印を思うじゃ...続きを読む

Q自己PR 誇れるもの

自己PRで誇れるものを書きます。
私の誇れるものは健康(皆勤賞)なのですが、これでも大丈夫なのですか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

きちんと働くということは当たり前なので、PRとしては弱いかもしれません。
なぜなら、会社では来るだけではなく、どのように働いているか、どんな成果をあげているか、ということが求められるからです。

皆勤賞という「休まなかった事実」だけではなく、成績が常に上位だった(あるいは成績を上げた)、なんらかの活動を積極的に行っていた・・・等、休まずにどんなことに力を入れたかエピソードを盛り込めればぐっと良い内容になると思います。

まずは勉強・課外活動・アルバイト等、いくつか挙げてみて、それぞれどんな風に頑張ったか、工夫したり積極的に取り組んだかなどをできる限り挙げてみてから、一番アピールしたいポイントを探してみればどうでしょう。

Q大学入試に無遅刻無欠席って利点になるのですか? 高3の10月20日まで皆勤賞ですが ここで休んでしま

大学入試に無遅刻無欠席って利点になるのですか?
高3の10月20日まで皆勤賞ですが
ここで休んでしまうとその情報は大学側に送られてしまうのでしょうか。
親がそれを気にして欠席させてくれません。教えてください。

Aベストアンサー

無遅刻無欠席の利点は「推薦入試で減点されないこと」です。
推薦入試では遅刻欠席が極端に多いとマイナスになります。
「極端に多い」の基準は学校によりますが、年2,3日休んで不利になる学校は聞いたことがありません。
無遅刻無欠席がプラスになる事はありません。

一般入試なら休んでも何の影響もありません。
一般入試は浪人生や高認取得者も受験しますよね。
これだけで遅刻欠席を選考基準に出来ない事が分かると思います。

Q皆勤のメリットは?

現在高校三年生です。今まで無遅刻無欠席無早退でした。卒業までもう何ヶ月なんですが、皆勤は達成した場合、メリットはあるんでしょうか?今行ってる高校に皆勤賞が存在するかもわからないのですが、どうなんでしょうか?役に立つこととかあるんでしょうかね?休みたいって思う日が時々有るんですが・・・

Aベストアンサー

よく頑張って行きましたよね。休みたいと思う日もあったのに、学校に行ったんじゃないですか。

メリット・デメリット
別に休んだからって何かあるわけでもなし、かと言って、休まなかったから何かあるわけでもない。

目に見える結果だけが全てではないですよね。実際、自分で「高校、良く休まずに行ったな~」と感心する日があれば、それが自分自身へのご褒美なんです。皆勤賞、誰かが褒めてくれなくても、それがあれば良いじゃないですか。自分で自分を褒めること。簡単そうで、結構できないものですよ。

それに、これからも社会で色々経験する中、何かが地道にできること、というのは、大きくは取り上げられることはないかもしれなくても、あなた自身の人生には重要なこと。あなたの栄養になれば、良いんです。

少なくとも、私は褒めたいですね。
皆勤、おめでとう!

Q遅刻、欠席などをしたことがないというアピールについて

遅刻、欠席などをしたことがないというアピールについて

面接、エントリーシートなどで遅刻や欠席などをしたことがないということや、また部活の演奏会(音楽系の部活です。)で毎日努力して練習したことから本番において緊張に打ち勝ってミスなしで演奏できたなどのアピールをしようと思っているのですが、

これらの内容は、性格テストにおいて嘘をついたことがないと答えると評価が落ちる場合のように、うそつきと思われて印象が悪くなる可能性はあるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

自己アピールを可能な限りしたい貴方の気持ちはわかります。そしてそのようなアピールをする際にも慎重になるべきだと気づいている貴方の冷静さも伝わってきます。ぜひとも貴方にふさわしい職に就けると良いと思います。

さて、遅刻、欠席などをしたことがないというアピールについてですが、これは「してはならないことをしたことがない」と主張しているだけにすぎません。遅刻欠席をしてはならないことは言うまでもない一般常識であるのですから、遅刻欠席をしたことがないことを言う必要性もないわけです、「当たり前」なのですから。もっと深読みすれば、貴方は「遅刻欠席がないことをアピールポイントだと思っている」→「普通の人ならば遅刻や欠席を多少はするのが普通であり、遅刻欠席しない奴は優秀」と考えていることになります。したがって、約束ごとや期日に関する貴方の認識は「甘い」というマイナス評価をされてしまうかもしれません。

>また部活の演奏会(音楽系の部活です。)で毎日努力して練習したことから本番において緊張に打ち勝ってミスなしで演奏できたなどのアピールをしようと思っているのですが、

あえてストレートに言わせてもらいます、ご気分を害したらごめんなさいね。もしも「ミスなし」というのが貴方の担当パートだけについてのことだとしたら、貴方は自己満足しか考えていないのかなという印象を受けます。そう、評価としてはマイナスです。それよりも、「仲間たちと協力し合い、時には厳しい意見を交わしつつも最終的には全員一丸となって課題曲に取り組み、メンバー全員各々がベストを尽くしたと感じられる演奏を本番で出来たことが最高の思い出です。私も多くの仲間に助けられ、時には私から仲間を励ましてお互いの能力と信頼感を高めることが出来ました。私は彼らに深く感謝し尊敬していますし、彼らとは一生の友達として今後も付き合っていきます」など、協調性やチームワークを前面に出したほうがよいでしょう。感謝や尊敬といったキーワードもちりばめましょう。多少の上げ底があっても構いません。

ぶっちゃけ、採用する側は貴方単独での能力なんてあてにしていません。まずは一番下っ端として組織に加わり、先輩方と仲良くして可愛がられて徐々に経験を積んで行ってくれたら良いと考えます。「俺が私が」と個人の自己アピールをするよりも、協調性を主張したほうが良いでしょう。

こんにちは。

自己アピールを可能な限りしたい貴方の気持ちはわかります。そしてそのようなアピールをする際にも慎重になるべきだと気づいている貴方の冷静さも伝わってきます。ぜひとも貴方にふさわしい職に就けると良いと思います。

さて、遅刻、欠席などをしたことがないというアピールについてですが、これは「してはならないことをしたことがない」と主張しているだけにすぎません。遅刻欠席をしてはならないことは言うまでもない一般常識であるのですから、遅刻欠席をしたことがないことを言う必要性もな...続きを読む

Q自己PRはこれでいい?

高校の面接試験があり自己PRを考えました。
ここが良いというところや変えた方がいいところなどアドバイスください。

私はコツコツと物事をやり続ける根気と継続力があります。
小学6年の時、体力がすごくなくて友達からバカにされました。なので、中学に入ってからは変わろうと思い、毎日1キロ走ることを決意しました。
そして、中学3年になると、マラソン大会で自分の中学の代表として選ばれたり、駅伝大会で一番長い距離を任されたりしました。
このことから私はコツコツと物事をやり続ける根気と継続力に自信があります。

どうですか??

Aベストアンサー

大学4年生です。

結論から書き始め、その具体例も挙げています。そして、最後にもう一度結論を述べる。
とても中学生とは思えない良い自己PRだと思います。

強いて言えば、
「小学6年の時(中略)バカにされました」の一文が気になったくらいです。
これでは、あなたの体力は人並みで、周りがずば抜けて体力のある人が集まっていただけなのでは?とも思えてしまいます。
過去と現在の違いを明らかにするためにも、体育の成績や、持久走のタイムなど、過去と現在を具体的に比較できる要素を入れるとさらに良くなると思いますよ。

「すごくなくて」という曖昧な言葉を使うのではく、具体的な数字などを挙げると、相手にも内容が伝わりやすくなりますよ。


第一志望の高校に行けるといいですね!
頑張ってください!

Q履歴書の添削をお願いします

履歴書の『学生生活で力を注いだこと』で悩んでいます。よろしければ添削お願いします。

『学生生活で力を注いだこと』

私は大学生活で「無遅刻・無欠席」を貫いています。高校生の頃は時間にルーズで、毎週遅刻をしていました。「無遅刻・無欠席」をすることは当たり前のことですが、その当たり前のことができていなかった自分が恥ずかしくなり、「無遅刻・無欠席」という目標を持とうと決意しました。
スケジュール帳を利用しての時間管理、早寝早起き、「よく食べよく寝る」ことで体調管理にも気を使った結果、3年間「無遅刻・無欠席」を貫くことができています。
貴社入社後も、時間管理、体調管理を徹底的に行い、「無遅刻・無欠席」を貫き、仕事に尽力したいです。

Aベストアンサー

こんにちは。
よろしくお願いします。
「学生生活で力を注いだこと」とのことですが、文章で気になった点をいくつか指摘させていただきます。

>「無遅刻・無欠席」
・この言い回しが過度に感じます。
言い方・ニュアンスで差を付けたほうがいいのではないでしょうか。

>「無遅刻・無欠席」をすることは当たり前のことですが、その当たり前のことができていなかった自分が恥ずかしくなり、
・「無遅刻をする」という表現は、日本語として違和感があります。
・より具体的なきっかけ(一人暮らしを始めて自己責任の重要性に気付いた、自己啓発本を読んだ、友人や恩師からのある一言など)があれば、その決心に深みが出てきます。

>スケジュール帳を利用しての時間管理、早寝早起き、「よく食べよく寝る」ことで体調管理にも気を使った結果、
・「早寝早起き」と「よく寝る」が重なっているので、実際に行ったことが食べる・寝るの二点しか行っていないように思えます。

>3年間「無遅刻・無欠席」を貫くことができています。
・実際の成果を表すキモの部分ですので、もう少し煽り文句を加えてもよさそうです。

>貴社入社後も、時間管理、体調管理を徹底的に行い、「無遅刻・無欠席」を貫き、仕事に尽力したいです。
・「学生生活で力を注いだこと」の締めには、その結果として学んだことや身に付いた能力を持ってくるのがセオリーです。就職後のビジョンを示す場合でも、「社会人になっても」などの言葉を用いた方がよいのではないでしょうか。
・また、社会人として無遅刻無欠席は当然のこととされていますので、結論がこれでは少し頼りなく思えます。

上の意見をふまえて添削してみました。


私は大学生活で「無遅刻・無欠席」を貫いています。
高校生の頃の私は時間にルーズで、毎週のように遅刻をしていました。
しかし、大学入学にあたって一人暮らしを始めると、そうした怠惰な部分や甘えを矯正できるのは自分しかいないことに気付き、自戒を込めて「大学では一度も遅刻・欠席をするまい」と決意しました。
それからはスケジュール帳を利用して時間管理を行い、体調管理に努めて規則正しい生活を心掛けてきました。
またストレスや悩みを抱えたときも、素早く思考を切り替えてモチベーションを常に維持できるよう努めています。
その結果、私は入学から現在まで「無遅刻・無欠席」を継続することに成功しています。
この習慣を徹底することによって、私はどんなマイナス要因にも挫けない自己管理能力を身につけることができました。
社会に出ても自己をしっかりと律することで仕事に集中していきたいです。


質問者様の履歴書がどの程度のスペースを取っているかにもよるかとは思いますが、このような感じでいかがでしょうか。
形式としては
 主題(何を頑張ったか)
→理由(どうしてそれに取り組んだのか)
→手段(どのようにして取り組んだか)
→結果(主題を達成できたか、目に見える結果は出たか)
→まとめ(身に付けた力・今後の抱負)
となっているのが整っているかと思います。

後は、実際の面接で突っ込んで聞かれそうなポイントを適度にぼやかしておくのも重要です。
(実際に取った手段、目的達成で変わったこと、他人からの評価など、頭の中で膨らませておいてください)

長文になってしまい申し訳ありません。
就職活動頑張ってください!!

こんにちは。
よろしくお願いします。
「学生生活で力を注いだこと」とのことですが、文章で気になった点をいくつか指摘させていただきます。

>「無遅刻・無欠席」
・この言い回しが過度に感じます。
言い方・ニュアンスで差を付けたほうがいいのではないでしょうか。

>「無遅刻・無欠席」をすることは当たり前のことですが、その当たり前のことができていなかった自分が恥ずかしくなり、
・「無遅刻をする」という表現は、日本語として違和感があります。
・より具体的なきっかけ(一人暮らしを始めて自己責任...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報