グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

夏祭りに着ていく浴衣に合わせる帯に、名古屋帯や袋帯を使うことは変ではないでしょうか?
また、袋帯でみやこ結びをしても良いものですか?

質問者からの補足コメント

  • 回答ありがとうございます。
    夏帯とは生地の厚さですか?それとも色合いでしょうか?白地なので色的には夏っぽいけど、生地は特別薄くもなく。。
    芯が入っているのかもわからなかったです。
    名古屋帯の場合、幅が30センチ程あるので、半分に折って使うのですか?
    半幅帯で生地の厚いものがあるんですが、半幅帯なら生地に関わらず浴衣に合いますか?

    着物に対して全くの無知でスミマセン。。

    No.2の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2015/08/19 03:37

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんにちわ。


夏帯を説明するのは難しいのですが(例外的なものもあるので)6~8月に締める文字通りの夏用の帯のことです。
ポイントは透けるということですね。
博多帯のように一重に織られたものの場合は季節に関係なく年中締められるものもありますが。
そのような帯(八寸帯といいます)は芯が入っていません。
実は博多帯でも盛夏用があり紗献上と呼ばれるものがそうです。
ちょっと検索して見てもらえばわかると思いますが向こうが透けて見えるような織り方になっています。
多くの夏帯がそのように透ける織り方になっており薄くて軽いものです。
袷の時期に締める帯とは明らかに違うものです。
織りでなく染め帯の場合も紗や絽といった透ける生地を使っています。
染め帯の場合は芯を入れて仕立ててあり、ちなみにですが八寸帯に対して九寸帯と言います。

<名古屋帯の場合、幅が30センチ程あるので、半分に折って使うのですか?

仕立て方が2通りあり、全部開いて仕立ててあるものと、胴の部分だけ最初から半分に折って仕立てたものがあります。
開いてあるものは胴の部分だけ半分に折って使いますがお太鼓部分は折らないのが通常です。
ただ芯のないものや柔らかい芯を使ったものの場合、文庫などの変わり結びにする事もあります。

< 半幅帯で生地の厚いものがあるんですが、半幅帯なら生地に関わらず浴衣に合いますか?

厚地のものでいかにも秋冬っぽい半幅帯は浴衣には不似合いだと思います。
夏ですからとにかく薄くて軽いものが適しています。
    • good
    • 0

どんなものかによりますが、たぶん変だと思います。


袋帯でみやこ結びですか?みやこ結びは半幅帯の結び方です。
それはずいぶんとボリュームが出て浴衣にはいかにも不似合いになりそうです。
また、名古屋帯、袋帯と言ってるのは夏帯なのでしょうか?
そうでないなら完全にNGですし、夏帯だとしても袋帯はないでしょうね。
芯のない名古屋帯を浴衣に締めるという場合はありますが。

上等の浴衣を着物のように着る場合があります。
半襟をつけた襦袢を着て足袋も履いて。
その場合は半幅帯より名古屋帯が適してると思います。

浴衣ですからどう着ても自由なのですが、やはり調和というものがあります。
ましてや夏祭りに行くのなら、半幅か兵児帯が最適でしょう。
この回答への補足あり
    • good
    • 1

浴衣なら博多帯がいいのでは?



浴衣には半幅帯ですね。(4寸)

吉弥帯などいいと思います。

袋帯で都結びもありますが、

私は、浴衣には合わないと思います。

浴衣なら、木綿の吉弥帯なんか涼しそうでいいと思いますが、、。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
半幅帯がたまたま無くて、名古屋帯と袋帯が手元にあったもので。
やっぱりこの二つは浴衣には合わないですかね?

お礼日時:2015/08/19 01:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q短い半幅帯の結び方

長さ276cm、幅15cmの半幅帯を持っています。

普段は文庫や貝の口なのですが、この帯だとどうしても難しく……。
短い帯でもOKの結び方を教えてください。

ちなみに、ウエストは61cmなのですが腰回りはタオルで補正しています。

Aベストアンサー

やってみました。
大丈夫できます、ただし、帯締めを使いますが。
私は、162cm52kですが、タオル補正はしません。
帯締めするので、タオル補正しないで着用すると楽ですよ。

貝の口と、ノシイカ(一文字?とかいうのだ・・様な?)です。

お太鼓と同じようにして(枕なし)が、一文字?、ただし、タレ(お太鼓部分)も手も同じ巾になりますが。
枕なしなので、二重太鼓風に、上辺をすると、しっかりとします。

この、'お太鼓'部分の下にナル、折り返し部分を斜めにして、横からはみ出して見えるようにして、
手は、半分折して、斜めにずらした、方から織り上げて、抑えるようにくぐらすと、'貝の口'になります。
貝の口って、いろんなやり方がありますが、基本は、帯の左右を、もう一度のカタムスビにすぎません。

これは、結ぶ前に、タタンダ?ぐらい(帯締めとか羽織の紐とかの結び目の形?)でおしまいという感じの結びになります。
両方ともこの結び方は、中年の方が、浴衣とか、単衣のときによくお見かけします。
チョイチョイ着ぐらいでの、展覧会とか、落語とか。

後は、片蝶結びとでもいうのでしょうか、室町時代ぐらいの小袖を着ていると、よく、女性が時代劇のなかでやっている、結び方です。
これは、多少、今の反巾より、帯が短いほうがいいので、これぐらいが丁度でしょうか?
文庫の、片方の羽がなくて、そのままピランと長くあるだけ、それと、文庫のグルブルの先が一緒になって、残って見えるという。
帯地めいりません。

練習してみてください。
ただし、化繊の帯では難しいです、キュッとしないのズルズルだから、綿or絹でないとできない。
帯締めで抑えるほうは化繊でもokです。

やってみました。
大丈夫できます、ただし、帯締めを使いますが。
私は、162cm52kですが、タオル補正はしません。
帯締めするので、タオル補正しないで着用すると楽ですよ。

貝の口と、ノシイカ(一文字?とかいうのだ・・様な?)です。

お太鼓と同じようにして(枕なし)が、一文字?、ただし、タレ(お太鼓部分)も手も同じ巾になりますが。
枕なしなので、二重太鼓風に、上辺をすると、しっかりとします。

この、'お太鼓'部分の下にナル、折り返し部分を斜めにして、横からはみ出して見えるようにして、
手は、半分...続きを読む


人気Q&Aランキング