旅行好きのおしりトラブル対策グッズ3選

ピンチョロをつけるときは、おしりの穴から針をさして、背中(羽の付け根辺り)に針を出す。正解ですか?お腹では、ないですよネ。
次がいろいろあるようです。ミミズは、
①鉢巻きの上(頭)から針をさして、鉢巻きの下(シッポ)に針をだす。
②その反対で、鉢巻きの下(シッポ)からさして、鉢巻きの上に針を出す。
(鉢巻きの下とは、頭でない方、シッポ。鉢巻きからの長さで言うと、頭とは、短い方。ず~と長いほうがシッポ)
③ミミズ全体の真ん中あたり、シッポをチョンとさす。
ミミズは、どれがイイのですか??
(針通しは、使用しないでの、ミミズの付け方でお願いします。)

A 回答 (1件)

これは渓流釣りですよね。



虫餌:私なら虫餌は キンパク(金色のケラみたいな虫)を捕りますがそのように刺します。小さいので目印で当たりを見たら早合わせです。

キンパクの捕り方、川の瀬の浅いところの落ち葉の掛かっている石の下手に安物のタモ網(痛みやすいので餌用安いのを用意します)を構えて上流の落ち葉の掛かっているような石をめくります。そうするとタモの中にキンパクなどの虫が流れてきて入ります。

キンパクは餌箱の中で動き回るので少しコケを入れて隠れるようにしておきます。

ミミズ:ドバミミズを使うときは当然ハチマキが硬いのでこの少し口に近いところから尻に向かって針を通しますが、針の軸は隠すようにして針先は出して1匹がけの状態で釣ります。1匹がけのミミズはたれが長いので当たりを感じても少し遅合わせくらいでうまくかかります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ハチマキが硬いからハチマキのところを鈎で掛けるようにするのか!了解です。

お礼日時:2015/08/25 20:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qヤマメ釣りの本当の餌のつけ方は?

ヤマメ釣りの本当の餌のつけ方は?

先日、ヤマメのいる釣堀に行ってきたのですが、そこで餌のつけ方に疑問を持ちました。

私は、針先が見えないように餌をつけ釣っていました。そこに、管理人らしき人が来て、餌のつけ方は、針先を少し見せてつけないと(返しの見えるくらい)、魚の口に針が引っかかりづらく、餌を追いかけている魚が傷ついてしまいかわいそうと言われました。

私は釣りの素人なもので、ずっと針先は見せない方が魚に気づかれないため釣りやすいと思い込んでいました。

ヤマメ釣りのベテランの方に質問です。針先は隠して餌をつけたほうがいいですか、それとも出して餌をつけたほうがいいですか?

Aベストアンサー

練りエサ以外を使用する場合は針先を少し出すのが普通です。
針先を出す出さないで魚が気づくということはありません。
小さな針だから気づかないとか大きな針だから気づかれるとかもありません。
ラインが太いから気づかれるとか細いから気づかれないということもありません。

ラインの太い細いは餌や仕掛けが不自然に動くとか流されるとかの影響が有ったり、条件によりラインが目立って餌が目立たなくなる(障害物があると魚が認識する)ということはあります。
ですから可能な限り細いラインや目立たないラインを使います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報