ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

ケーキ、アイスクリームが好きで、これだけは我慢できません。元々運動嫌いで、すぐ太ります。食べた脂肪、糖分はどのくらいで皮下脂肪になるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

食べてすぐです。

というか、食事している最中からインスリンというホルモンが分泌され脂肪になり始めます。

しかしどのぐらいで皮下脂肪になるかというのは気にしても意味がないです。なぜなら、過剰なカロリーが仮に100Kcalあったとして、皮下脂肪となるのが1時間後だろうと3日後だろうと、やはり100Kcal分です。


>ケーキ、アイスクリームが好きで、これだけは我慢できません。々運動嫌いで、すぐ太ります。

甘いものがやめられず運動も嫌いなら、デブキャラで行くしかないと思います。その2つを変えないままで痩せることはないです。
    • good
    • 1

食べたものは、消化されて内蔵・筋肉・骨など、必要な部位に変換された形で配分されます。



ただ、余分にとった脂質は、変換が最も容易な体脂肪として蓄積されます。

ケーキにしてもアイスクリームにしても脂質がたっぷり含まれていますので、かなり早い段階で体脂肪となるでしょう。

別の回答者さんが「内臓脂肪になる」と書いていますが、女性は女性ホルモンの関係で、閉経までは内臓脂肪がたまりにくく、皮下脂肪がたまりやすい体質です。

ですので、皮下脂肪になっているか、内臓脂肪になっているかどうかは、質問者さんの性別と年齢によります。

>ケーキ、アイスクリームが好きで、これだけは我慢できません

糖分と脂質は依存性がありますので、質問者さんは「依存症」なのでしょう。

「依存症」という病気ですから、なかなか抜けだすのは難しいと思います。

強い意志でケーキ・アイスクリームの摂取を減らさない限り、年齢を重ねるごとにどんどん太りやすくなりますし、生活習慣病になって厳しい食事制限が必要になるかもしれません。
    • good
    • 1

ケーキやアイスクリーム(おもに糖質、一部は脂質)は肥満直行型の嗜好品ですね。

これが我慢できず、おまけに運動嫌いなら、細身の格好いいスタイルになるのはまず無理でしょうね^^

食べたものが消化されて体脂肪(内臓脂肪と皮下脂肪、心臓の周りにもつく脂肪も少しはありますが)になるのにはインスリンの働きが欠かせませんが、その話は抜きにして…食べたものは胃で消化され、一部は胃で吸収されるものもありますが、栄養はおもに小腸で吸収されます。その栄養は肝臓で血液に送り込まれて、血液の中で中性脂肪になっています。中性脂肪は毛細血管で体の隅々にまで回り、体の維持・活動(エネルギー)にとりあえず必要のないものは、脂肪細胞に取り込まれて蓄えられるわけです。

食べたものが小腸で吸収されるのには数時間から1日くらいはかかるのではないでしょうか。それが中性脂肪となってインスリンの働きで脂肪細胞に取り込まれるのには、インスリンの出とか、いろいろ事情があるでしょうから、どのくらいの時間がかかるのか??ですねー。
    • good
    • 1

皮下脂肪とゆうよりかはどちらかとゆうと内臓脂肪になっているんじゃないでしょうか

    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q食べないで運動するとどうなる?

ちょっとした疑問なんですが、食事制限をかなりして、
運動も毎日のよーにするとどうなります?

Aベストアンサー

rokutomo さん こんにちは!

回答は 2通り でてきます。

1)”食事制限”して”毎日運動”の パターン。

「健康的ダイエット」って どうするの? の答えとして
100点満点の答えです。
健康的に、美しく痩せ、脂肪が減り 努力次第で理想の体系に近づく。
健康的に、美しく痩せ・・とは、自己流ダイエットは肌荒れ、生理不順、便秘、貧血等マイナス面ばかりか、贅肉そのまんまで筋肉が痩せ、それに 気づかず、「わーっ、3キロ痩せた!超うれしい!」と脳天気な おねーさん の一人になってしまいます。よ!

2)”かなり”食事制限”” して”毎日運動”の パターン。
体重と言う 絶対的な 数字を 見ると 「えーーっ!こんなに 痩せちゃった!うっそ~」と世の中が「バラ色」に見え夢心地状態になります。が!!
かなり食事制限 ですから、エネルギーの元の 炭水化物、蛋白質、脂肪、が不足状態になり、ちょっとの運動でも すぐバテやすくなります。
無理して続けると運動は筋肉繊維を傷つけ、修復に「蛋白質」が飛んできますが、血液中に「余分な蛋白質」ないと筋肉繊維を分解してアミノ酸を精製して修復に当てます。自分の身を削ってるのと同じことです。

実際は日常生活に、おいてもハラペコ状態が続くわけですからアスリートが目的もって実行するのは心配ないが、一般人が続けると自分の体を削ってく訳ですから 疲れやすい、倦怠感、脱力感、空腹感からくるイライラ、集中力欠如など、心身にマイナス面がでてくるのが予想されます。

どのくらい「食事制限」すればいいのか?
自分の 運動した時の状態チェック。運動中、運動後の状態を厳しくチェック。体重もチェック。ばてやすい、一回の運動が長続きしない、空腹感が早くくる、ときは、食事を多少増やしましょう。

大事なことを1つ。
サプリには安易に手を出さないこと!
気がついたら、手のひらに10粒のサプリが・・こうなったら、立派な「サプリ依存症」です。

ではでは・・・(^.^)/~~~
ほどほどの食事制限 と毎日の運動続ければ大丈夫!健康的に痩せれます!
がんば!!

rokutomo さん こんにちは!

回答は 2通り でてきます。

1)”食事制限”して”毎日運動”の パターン。

「健康的ダイエット」って どうするの? の答えとして
100点満点の答えです。
健康的に、美しく痩せ、脂肪が減り 努力次第で理想の体系に近づく。
健康的に、美しく痩せ・・とは、自己流ダイエットは肌荒れ、生理不順、便秘、貧血等マイナス面ばかりか、贅肉そのまんまで筋肉が痩せ、それに 気づかず、「わーっ、3キロ痩せた!超うれしい!」と脳天気な おねーさん の一人になってしまいます。よ...続きを読む


人気Q&Aランキング