残業代の集計方法や現実の実務論についてご意見ください。私は、残業時間について法律では1分単位で集計しなければいけないことは承知しています。しかし、現実には終業ベルとともに仕事を終わらせて、全く実務せずに帰宅しているスタッフでも、手を洗ったりファイリングしたりして、05分程度あとにタイムカードを押しています。一ヶ月で約100分です。おしゃべりしながら日報を書いて10分後にタイムカードを押しているものは、200分です。このような100分~200分でも残業代は支給しなければならないのでしょうか?当社は中小企業なのですが、実はこれまで一定時間以下は切り捨ててきました。それで皆、納得してトラブルなく今日をむかえています。しかし世間の労働意識の変化を受けて見直そうかと検証を始めたところでこの疑問につきあたりました。工場労働ですが、トイレ時間などは仕事中でも自由に行かせていますし、それほどハードな仕事内容でもありません。仕事終了後1分以内に急ぎ打刻させたり、私語を禁止して分刻みで集中して日報を書かせたりするなど、杓子定規に社員を指導したら、むしろ会社がおかしくなってしまうと心配します。しかし今後新人を雇用していくにあたり、きちんと論理立てて管理する必要は感じています。皆さんの職場では、どのようにされていますか?

A 回答 (1件)

http://www.jil.go.jp/rodoqa/01_jikan/01-Q07.html
 
 上記の法律の関係で、通常、定時の終了時間の後は、休息時間に成っているので、多くの会社では15分程度の間は、残業時間が発生しません。

 仮に、17時に定時終了ならば、17時00分~1715分までは休息時間なので、無休なので問題ありません。書かれれいる残業代は発生してません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうこざいました!そのような事があるのですね。勉強になりました。

お礼日時:2015/08/22 21:21

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qやりがいある仕事?(言葉の意味)

 「やりがいのある仕事」をする。

 世間ではよく耳にする言葉です。
 しかし?やりがいのある仕事って(言葉)の意味がわかりません。やりがいって仕事では何なのでしょうか?

 僕はまだ仕事の経験もなく、アルバイトで「お金を稼ぐ=仕事」だと認識しています。だからやりがいという言葉を耳にしてもぴーんとこないので、教えてください。
 できれば、具体的な事例もあげていただきたいです。(より深く理解をしたいので)

Aベストアンサー

あなたが仕事(アルバイトであっても同じ)をしたことによって、例えば、お客が喜んでくれたり(例えばわざわざお礼の電話をかけてきてくれたり)、雇い主が喜んでくれたり、自分の知識・経験・能力が増えたりしたとしたら、あなたもうれしくないですか? 私はうれしいです。

また、いいことばかりではなく、仕事の上での困難な状況を解決する努力をしたりすることにも、私は価値を見出します。

また、さらに言えば、自分の部下がそれらの経験をしてやりがいを感じてくれたら、それ自体、わたしはうれしいです。

働きによってお金をもらうのは当然のこととしても、人が働くのはお金のためだけではなく、そのようなやりがいの要素は非常に大きいと思います。

Q残業代の計算方法について。サービス残業代を請求

労基署に訴えて、過去2年分のサービス残業代を請求しようと思っています。

そこで残業代の計算方法を知りたいのですが、定時がAM10時からPM6時だとすると、昼の休憩が1時間なので7時間労働が定時となります。どこかで残業代は8時間を越えた分のみ請求できると聞いたのですが、正しいでしょうか?それが正しければPM7時を超えた分のみ請求可能となると思います。

また請求するにはタイムカードのコピーやメモなどの証拠がこれだけありますので、この分の残業代を払ってくださいでいいのでしょうか?それともこの証拠分を計算するといくらいくらになるので、この金額を給与振込口座に振り込んで下さい、と実際の金額までこちらから提示する必要があるのでしょうか?以上宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

ちょっと違います。
18時から19時の1時間は法定時間内残業といい、
時給換算した時間単価分は発生しますが、
2割5分増しの割増賃金の発生がないことになります。

8時間を超えた分というのは、割増賃金のことになります。
例えば、質問者様の時給換算の単価が、1000円だとして、

21時まで残業した場合、
18時から19時までは、1000円
19時から21時までは 1250円 で計算します。
ですので、このときは1000円足す2500円(1250*2時間)=3500円になります。

金額は計算しないと駄目です、誤魔化されてもわからないですので、

法定時間内残業と
普通残業 2割5分増し
深夜残業(22時から翌5時まで) 2割5分増し(普通残業分も足されますので、実質5割増)
休日出勤 3割5分増し(ただし、法定休日に働いた場合のみで、振替えをしていた場合は割増はありません)
で分けて出した方がいいです


それと、給与明細があるといいです。

労基署に未払いとわかる書類を持っていき、申告監督を申し出てみるのがいいと思います。
申告監督とは、会社が労基法違反をしているので、調べて是正するように言ってくださいというものです、
相談の場合、まずは内容証明で請求して見て、それでも支払いがないなら再度相談に来て下さいと言われることもあります。
それか、支払い督促手続きをする。

ちょっと違います。
18時から19時の1時間は法定時間内残業といい、
時給換算した時間単価分は発生しますが、
2割5分増しの割増賃金の発生がないことになります。

8時間を超えた分というのは、割増賃金のことになります。
例えば、質問者様の時給換算の単価が、1000円だとして、

21時まで残業した場合、
18時から19時までは、1000円
19時から21時までは 1250円 で計算します。
ですので、このときは1000円足す2500円(1250*2時間)=3500円になります。

金額は計...続きを読む

Q今の仕事にやりがいを感じていますか?

私は30代前半の男です。
現在、ある会社の査定員をしています。

今の会社に勤めて7年目ですが、私なりに一生懸命に仕事をし、人並みに楽しいことや辛いことを経験して来ましたが仕事にやりがいを感じません。

職場の人間関係や給料は良くも悪くもないのですが・・・、どうしてもやりがいを感じられないです。最近では、仕事がマンネリ気味になってきてモチベーションが下がってきています。

そこで皆さんに質問ですが、今の仕事にやりがいを感じていますか。また、やりがいを感じられるようにどのような努力をされているのでしょうか。

Aベストアンサー

やりがいはありますが、あり過ぎて辛い時もかなりあります。
今の仕事は、誰でもできる仕事なのかもしれませんね。やっても評価されないのでしょう。

自分が必要とされているとか、自分の仕事を評価してもらえること等が「やりがい」に繋がるのではないかと思います。
しかし、やりがいは必ず「仕事の辛さ」と引き換えなので、そのあたりの覚悟は必要だと思いますが。

Q残業代請求について。既に退職した会社から残業代を請求したいのですが、幾つか問題があります。1.残

残業代請求について。
既に退職した会社から残業代を請求したいのですが、幾つか問題があります。
1.残業の証拠
2.名ばかり管理職
3.退職合意書
残業代を請求するにあたり、証拠が必要だそうですが、会社にはタイムカードがなくデジタルの静脈認証で出退勤を管理されていました。自分で労働時間を確認、把握する事が出来ませんでした。1年前に役職を付けるので残業代は払わないと言われ残業代が支払われなくなりました。それまでの残業代より役職手当の方が低いです。仕事内容も変わりません。朝6時過ぎから夜は平均9時くらいまで働いていました。倉庫内作業がメインです。常に時間と作業に追われ休憩時間なし、食事もなしでした。3週間休日がない事もありました。遂には鬱病発症、2ヶ月休職、理不尽な雇用契約変更、その後退職しました。退職の際に退職合意書にサインさせられました。積載債務がない、申立てや請求をしない等書かれています。当時は鬱病の為、思考、判断能力の低下がありました。詳しい説明もなく、「今サインすれば記載金額の退職金を払う」と迫られ、持ち帰り考える時間もあたえられず、今サインしないと退職金を減らす、なくすと言われている様に感じ、あくまで退職金だけに関する合意書だと思いサインしました。
労基署に相談後、会社に残業代を請求しましが合意書をたてに代理人弁護士から積載債務はないと合意していると返事があり行き詰まっています。
今後どうすればいいのか悩んでいます。
知恵をお貸しください。

鬱病の労災申請も検討中です。

残業代請求について。
既に退職した会社から残業代を請求したいのですが、幾つか問題があります。
1.残業の証拠
2.名ばかり管理職
3.退職合意書
残業代を請求するにあたり、証拠が必要だそうですが、会社にはタイムカードがなくデジタルの静脈認証で出退勤を管理されていました。自分で労働時間を確認、把握する事が出来ませんでした。1年前に役職を付けるので残業代は払わないと言われ残業代が支払われなくなりました。それまでの残業代より役職手当の方が低いです。仕事内容も変わりません。朝6時過ぎから...続きを読む

Aベストアンサー

> 今後どうすればいいのか悩んでいます。
その状態で請求を継続するなら、優秀な弁護士に依頼して請求してもらうしか有りません。
単独では無理と思われます。

Q今の仕事にやりがいを感じている方

今の仕事にやりがいを感じている方に質問です。

(1)性別(よければ年齢も)
(2)仕事内容
(3)どんなところにやりがいを感じていますか?
(4)やりがいはあるが、ここはちょっといやだ、ということはありますか?
 (残業が多い、給料が安い etc)
(5)今の仕事はいくつめの仕事(会社)ですか?
 (転職経験の有無)

よろしくおねがいします!!

Aベストアンサー

(1) 男 32歳
(2) 社内経営コンサルティング(業界は保険会社)
(3) 常に新しいことに挑戦できること
(4) 同じ社内改革の意識をもって、腹を割って話せる仲間が少ないこと(皆無ではないです。でも少ないのです。)
(5) 2社目(前職:経営コンサルティング会社)

Q残業代支払い

先月やっと彼氏の労働基準監督署の立ち入り検査が入り、先月の勤務表(手書き)の書き直しをさせられたそうです。今まで毎晩どんなに遅くても9時9時9時..と退社時間を書いてましたが、今月はメールの送信履歴に合わせて勤務表を埋めました。
で、計算してみると来月は普段の15万円+、です!嬉しい反面、先月まで毎月15万円は捨ててきたと思うと悔しさ反面。
大企業で、どこにでもあるサービス残業を美徳とする会社です。本人がかけあうことはまずしないのですが、基準監督署に過去のメール履歴と勤務表を合わせてチェックしてもらい、過去の給料の支払いをお願いすることは可能でしょうか?
(私の手元にはお金が入らないのでそれほど困ってはないのですが、彼にアドバイスができたらと思います...)

Aベストアンサー

労働債権の請求期間は2年間ありますので、その期間内のものに関しては、請求する権利はあります。

労働基準監督署を利用して、請求をおこなうのであれば、証拠をしっかりと揃えて、請求の額を確定することが必要になります。賃金が払われていないということを明らかにする書類やメモなどの証拠となるものをできるだけ集めることですかね。
賃金算定の裏付けとなるのは、労働時間管理記録(タイムカードなど)、業務記録、就業規則(社内規程)等です。もしなければ、会社に請求して入手するか、同僚であった人に相談するのがよいかと。
これまでの給与明細書やメモなども、争いとなった場合には重要な証拠になります。手帳に書いた就労の記録などでもよいからできるだけ集めて整理することが必要です。
とにかく、労働契約や就業規則の賃金規程をしっかり調べて、未払い額を確定することが最も重要なことになります。

…とは書きましたが、上記内容の請求をおこなえば、まず間違いなく会社との関係は悪化しますね。その前に、まず所属上長なり、人事部なりにあくまでも「平和的」に相談を持ちかけてみてはいかがでしょうか?

労働債権の請求期間は2年間ありますので、その期間内のものに関しては、請求する権利はあります。

労働基準監督署を利用して、請求をおこなうのであれば、証拠をしっかりと揃えて、請求の額を確定することが必要になります。賃金が払われていないということを明らかにする書類やメモなどの証拠となるものをできるだけ集めることですかね。
賃金算定の裏付けとなるのは、労働時間管理記録(タイムカードなど)、業務記録、就業規則(社内規程)等です。もしなければ、会社に請求して入手するか、同僚であった人...続きを読む

Q今している仕事にやりがいを感じる部分はどこですか?

今皆さんがしている仕事の内容にもよると思いますが、その仕事にやりがいを感じる部分はどこですか?

僕は今フリーターですが、以前は正社員で働いていました。
ただ、いくら働いてもやりがいを感じることができませんでした。(事務系の仕事だったんですけれども)

Aベストアンサー

ブライダルのヘアメイクです。
モデルやタレントではなく、一般の方が対象です。結婚式で花嫁さんが誰よりも美しく輝けるように工夫&努力してます。

肌の質感が美しく仕上がった時、
その人に似合う髪形をイメージ通りに作れた時、
メイクの仕上がりを見て新郎が「きれいだよ」と言ってくれた時、
それを聞いた花嫁が「ほんと?」と言いながら照れた時、
花嫁の母が「こんなにきれいにしてくださってありがとうございます」とおっしゃる時、
友人やご親族が「とってもきれいよ」「いつもと違うね」とお嫁さんをほめる時、
式が終わり新郎新婦からお礼の言葉を頂いた時、

挙げればきりがないです。

だけど、人からお礼を言われたり誉められる以外にも、自分で自分を誉めたいとき、ないですか?
どんな仕事でも自分で自分をほめられるくらい真剣に取り組めば「やりがい」を感じられるのでは?と書きながら思いました・・・。

Q残業代の支払いについて

私の会社の残業代の支払いルールについて、法的に問題がないかどうか、わかる方がおられましたらおしえてください。

(1)まず、残業をした日は、定時後から30分は休憩をするものとして、30分間は残業代はでません。
(2)さらに、一日1時間は休憩をしているものとして、1×稼働日数分の残業代もでません。(昼食時間とは別に一時間です。)

例えば、定時帰宅時間が18時だとするとき、毎日19時半まで会社にいたとしても残業代は一銭も貰えません。

実際には、定時退社日が週に二回あり、その日は残業をすることは許されません。にもかかわらず、(2)にあるように引かれてしまいます。定時退社日で帰らされるのに、その日の引く分である一時間はなぜか有効なのです。

意味不明なルールで上手く説明できているか不安ですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

〉でも、ふと思ったのですが、垂れ込んだ結果、会社側は開き直って「わかったよ、残業代出せばいいんだろ。その代わり基本給引き下げるわ。」ってなったらどうしましょう。。。汚いですが法的には最低賃金守ってれば問題なさそうですし。労働者というのは弱い立場ですね。

今度は「労働条件の不利益変更」ですね。一方的に基本給を引き下げても無効です。でも、こちらは最終的には裁判で無効の判決を勝ち取らないと覆すことができません。古典的ですが、労働者は団結しなければ弱いものです。労働組合を組織してサービス残業に反対するストライキでもしないとこの会社には対抗できないかも知れません。

Qやりがいのある仕事と、働きやすい会社、どっちをとるべき?

今年の3月末に退社し、今、転職活動中のもうすぐ29才の女性の者です。
今までは、自分の裁量をある程度持って、やりがいのある仕事をやってきました。
しかし、ほとんど毎日終電、時に朝帰り、そして土日の休みもままらなかった為、長く続けていくことやりがいは難しいと考え、転職に至りました。

そして今、
(1)「働きやすいけど、やりがいは多くはない。でも、長く勤めたら、いずれはある程度の裁量を任される。」
(2)「すぐにやりがいある仕事は出来るけど、残業もある程度あり、休みも少なく、大変(以前ほどではないけど)」
どちらが良いのか分からなくなってしまいました。
この転職、後悔はしたくないと考えています。
ある程度の裁量を任されて、仕事で自己実現をしたいと考えている方、アドバイスをください。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

仕事に対して、やりがいと自己実現を優先させるのであれば
私なら間違いなく(2)です。
必ず残業が伴うとは限りませんが、仕事に妥協しない以上、
残業を辞さない姿勢は必要だと思います。
外資系企業がこのタイプのような気がします。

(1)はもう少しじっくり人生計画を立てるならよいと思います。
日本企業ならこちらでしょう。
少なくとも数年間実績を残さないと上に上がれない点は残念ですが、
その分体調の回復に努めたり、余暇を自己研鑽に当てられます。
いずれ裁量を任される時までの準備期間と捉えれば納得できます。


質問者さんが何のお仕事をしているかわかりませんので
勝手な推測で回答します。
違ったらスミマセン。

Q未払い残業代の支払い方法について

当方、今年の3月に監督署から残業代を社員に2年間を遡及して支払う必要があれば支払うこと、と是正勧告を受けた会社の管理職の者です。

管理職といっても、今年の4月に任命されたので、特に権限もなく、えらい時期に管理職になってしまったものだと思いながら、今後の対応策を考えさせられています。

正直、私自身も過去2年間の残業代を支払ってもらえる権利は持っているので、複雑な心境です。

と、前置きが長くなりましたが、教えていただきたいのは、監督署ん是正命令所の中に、「未払い残業代は法律上過去2年間遡及できることを踏まえて、支払う必要がある場合、該当職員に支払うこと」とあります。

この場合、
会社側は過去2年間の残業支給対象者のタイムカードをもとに支払われていないと思われる残業代の金額を出す必要があると思うのですが、過去2年間のことはお互い(本人・会社側)明確に覚えていないので、ざっくりとした金額で該当者との交渉ということでいいのでしょうか?

会社側のやり方として、個人ごとに面談を行い、該当者本人の希望額をそのまま支給しようとしています。これは相談した社労士の方の指示ですが、本当にそれが正しいのかどうかわかりません。

本人の希望額通り支払った場合、会社の売り上げがどっぷりなくなってしまい、結果的にボーナスが出なくなる等の影響が出てしまい、職員に対しても非常に不利益な話になってしまいそうです。

本当に仕事を真面目にしていた職員には未払い残業代があれば当然支払うべきだと思います。
しかし、どう見てもあなたに支払う必要はないだろう・・・という職員にまで支払う必要性があるのでしょうか?そうなった場合、納得できません。

会社側が過去2年間の調査をおこない、この職員には支払うべきだ、という職員にだけ支払えばいいかと思うのですが、このやり方は間違っているのかどうかを教えていただきたいです。
また、ベストな支払方法があればご教授していただければ幸いです。

当社は、これまでも全く残業代を支払っていないわけではなく、支給される対象業務は少ないですが、少額ではありますが毎月残業手当は支給されていました。
ただ、その支給対象とされる内容が非常に少なく、額も少なかったため誰かが監督署に申告に行ったんだと思います。

質問内容がわかり辛いかもしれませんが、専門家の方・同じ経験をされた方・詳しい知識をお持ちの方のご意見をいただきたいと思いますので、宜しくお願いします。

当方、今年の3月に監督署から残業代を社員に2年間を遡及して支払う必要があれば支払うこと、と是正勧告を受けた会社の管理職の者です。

管理職といっても、今年の4月に任命されたので、特に権限もなく、えらい時期に管理職になってしまったものだと思いながら、今後の対応策を考えさせられています。

正直、私自身も過去2年間の残業代を支払ってもらえる権利は持っているので、複雑な心境です。

と、前置きが長くなりましたが、教えていただきたいのは、監督署ん是正命令所の中に、「未払い残業代は法律上...続きを読む

Aベストアンサー

いつ 何時間残業をしたと申告させて 可能なかぎり事実確認をする
その上で支払えばよいでしょう。

もし 虚偽の申告があった場合は事前にその分は認められない事を伝えてカットし
後日故意または重大な過失により多く請求していたものがあった場合は不正として懲戒の対象に
なる旨伝えておけば 対策にはなるでしょう。

未払い賃金は債務不履行ですから払うのは当たり前です。利益が出ていなくて 残業を命じて賞与の原資を使い果たしたのは管理職の責任でしょう。


人気Q&Aランキング