4月末に愛車が盗難に遭いました。
幸い車両保険に入っていたため被害は少なかったのですが、自動車税の納付書送られてきていたので、とりあえず支払いました。
その後、車両保険がおり、車の所有者は保険会社に移ったのですが、納めた今年度分の自動車税は戻ってくるのでしょうか?
自分なりに税金のHPなどをいろいろ調べてみたのですが、いまいちよくわかりませんでした。
この件に関して詳しい方がいらっしゃいましたら教えてください。
よろしくお願いします。
ちなみに車検ももうすぐ切れます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

所有者が変わった場合、その新しい所有者の居住地が元所有者と同一都道府県内の場合は、納めた税金は都道府県税事務所から還付されません。

 新しい所有者が別の都道府県に住んでいる(ナンバーを変えた場合)は還付されるはずです。保険会社か保険会社が委託したと思われる中古業者に確認したほうがいいと思いますが
    • good
    • 0

自動車税に関しては「先払い」ですので、4月以降下取りに出したり、中古車販売業者に


売ったりした場合は戻りますので(ごまかされない限り)、保険会社に問い合わせた方が
いいかと思います。

ただ、あくまでも所有権が移った先が払ってくれるかどうかです。
納付先から戻ることはありません。

#ただし、登録を抹消すると抹消した月以降の税は月割りで戻ります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなぜクレジットカード払いだけ手数料が納税者負担?

 今年も自動車税(県税)の納税通知が来ました。支払方法は、各金融機関、コンビニ、あとヤフー公金支払いを通じたクレジットカード払いがあるようです。
 しかし納得いかないのは、なぜかクレジットカード払いだけ、納税額とは別に決済手数料が納税者負担とされていることです。各金融機関やコンビニで支払う場合も、決済手数料が発生し、自治体がコンビニ等に支払っているのではないでしょうか。だとしたら、非常に不公平だと思うのですが。
 なぜカード払いだけ納税者が決済手数料まで負担するのか、教えてください。

Aベストアンサー

トヨタファイナンスが指定代理納付者の指定を受け儲けるため。

Q自動車保険の車両保険に付いてです。

自分の身近な人物に起った車両事故に付いてですが、チョット不合理だと思うので、質問します。

事故の内容は単純な追突事故(おかまを掘られた)で、相手の車両保険で100%修理となりました。
無論、代車代とかは支払って貰っていますが、此方の車両がまだ新しく(新車から一年以内)修理代(約40万位)を、負担してもらっても、此方の車は事故車扱いとなり、次回の売却の時には通常の査定からかなり安くなる事は目に見えています。

この差額部分の保証に関しては、保険会社はどのような見解なのでしょうか???

Aベストアンサー

「格落ち」については昔から何かと話題になることが多いですよね。

#2さんが回答しているように「日本の法律」では「現状復帰」すれば賠償責任を果たしたことになり、事故が起こったことによる間接的な損害(この場合は「格落ち損」については賠償しなくていいということになってます。)

だから保険会社の見解としては「法律に決められた賠償責任は果たしのでそれ以外の賠償はしませんよ」というスタンスです。

格落ちが認められないもう1つの理由は「損害が確定していない」からですね。

たとえば「他人に売ることになっていた」ということが証明できれば格落ちが認められる可能性は高いです。

「確定していない損害に対して損害額を決める」ことはできないですよね。

仮に20万請求したとしましょう。でも、実際には売らなかったとか、縁起が悪いですが「事故で廃車になってしまった」となれば「対象の賠償」というものがなくなてしまいますよね。

だから過去に格落ちが認められたケースというのは「長期の裁判」の結果がほとんどでしょう。

示談の条件として「売却時に修復歴なしであった場合との差額を賠償すること」としておけばいいかもしれませんね。

「格落ち」については昔から何かと話題になることが多いですよね。

#2さんが回答しているように「日本の法律」では「現状復帰」すれば賠償責任を果たしたことになり、事故が起こったことによる間接的な損害(この場合は「格落ち損」については賠償しなくていいということになってます。)

だから保険会社の見解としては「法律に決められた賠償責任は果たしのでそれ以外の賠償はしませんよ」というスタンスです。

格落ちが認められないもう1つの理由は「損害が確定していない」からですね。

たとえば「他人に...続きを読む

Q自動車税の月割について教えてください。

自動車税の月割について教えてください。

本当にど素人ですいませんが自動車税についてご教示頂ければ幸いです。

2009年5月にフィットを購入しました。その際に自動車税34500円(満額)を納付しました。

来週、後輩にフィットを売る予定ですが自動車税を月割にして下さいと言われました。

そこで質問ですが

・私が払った自動車税は2009年4月~2010年3月までのものでしょうか?
・自動車税(34500円)を月割という事は1月~3月までの自動車税を意味するのでしょうか?
 つまり後輩には8625円を請求する形になるのでしょうか?

Aベストアンサー

>自動車税(34500円)を月割という事は1月~3月までの自動車税を意味するのでしょうか?

残りを3ヶ月分にするか2ヶ月分にするかはあなた次第。
名義変更だけはきちんと行ってください。

必要書類と受け取って貴方が行うか、信頼出来る業者等に依頼するなどして、手続きは相手任せにしないことです。
遅くとも3月中には名義変更しないと貴方の元に納付書が届くので、支払トラブルにも繋がります。

ここの質問で、友人知人に車を売って名義変更しないまま逃げられてしまったという質問もありますからね。

Q自動車保険(+車両保険)について教えてください

現在、シエンタを使用しています。
自動車保険はソニー損保に加入しています。

保険内容の見直しを考えておりまして、新たに車両保険を付加することを考えております。
ネットで色々調べたのですが、保険会社があまりにも多く困惑しております。

ここで質問です。
車両保険の加入が前提で、なるべく保険料を安く済ませられて、信頼のおけるオススメの保険会社名を教えて頂けないでしょうか?
(実際の金額は自分で調べたいと思います)

アクサダイレクトが安いようにも思えますが、会社の信頼度としては一抹の不安があります。

皆様のお薦めの保険会社を教えて頂けると助かります。

Aベストアンサー

対応の悪さは、ダイレクト系だけの問題ではありません、担当者次第です、大手損保でも対応の悪く、無知な担当者も居ます、どちらにも言える事です。

そして、対応の悪さを言うのであれば、事故を起こせば相手が必ず居ます、相手がダイレクト系だとしたら、ここの回答でいけば相手から質問者様への対応が悪いと言う事です、その上で質問者様が何故に相手に対応が良いとされえる3割増しの大手代理店に加入する必要があるでしょう?
非常に疑問です、事故で一番大事なのは、ご自身・家族を守る事が一番大事な事です、そうすることで必然的に被害者も守られてきます。

ここの質問で多いのは、御自身や家族を守れる補償にしていない事で起こってる事が殆どです、無保険者でお金の無い人と事故をし車両保険付けない人が車両直すのにどうしたらいいか?見たいな質問が多いのです。怪我にしても同じです、相手から賠償を得られない場合の保険にしていないのです。

ご自身・家族を守る為には車両保険・人身傷害(一般)・弁護士費用を付ける事が一番大事です。保険会社を選ぶ事が一番大事ではありません、どんなに優秀な保険会社・担当者であっても、加入してない補償は絶対に補償されることはありません。
結局は守れる保険にしとけば、ご自身が動く事なんて必要の無い事です、保険会社に任し高みの見物で良いのです。御自身を守れない保険にしてるから、安心する為に、ご自身が動いて一回一回確認する為に動かなければならないだけです。

私が過去に加入した保険で安いな~っと思ったのは、三井ダイレクトです、現在は等級プロテクトを付けたかったの、セコム損保に加入してます。
些細な事故を貰った事有りますが、三井ダイレクトは親切でしたよ。

これだけは、任意保険に詳しく無ければ、ダイレクト系の保険会社はお勧めしません、大手代理店でもそうですが、基本加入は自己責任だからです、代理店だと加入時に助言は貰えるかと思いますから安心です。
大手保険会社はどこにお店を構えていますか?駅前の一等地です、その土地代・建物代・コマーシャル代は誰が払いますか?保険加入者です、2割・3割も割高になるのは当たり前です。

アクサダイレクト・ソニー損保は高いです、ただしあまりにマイナーな保険会社への加入はしない方が良いです。
三井ダイレクト・セコム損保・チューリッヒが安いです。加入実績はあります。

最大で20社一括見積りが出来ます。
http://www.insweb.co.jp/landing.htm?id=qiHxGjXQ9_ttpr5JL_V-prSMPor

対応の悪さは、ダイレクト系だけの問題ではありません、担当者次第です、大手損保でも対応の悪く、無知な担当者も居ます、どちらにも言える事です。

そして、対応の悪さを言うのであれば、事故を起こせば相手が必ず居ます、相手がダイレクト系だとしたら、ここの回答でいけば相手から質問者様への対応が悪いと言う事です、その上で質問者様が何故に相手に対応が良いとされえる3割増しの大手代理店に加入する必要があるでしょう?
非常に疑問です、事故で一番大事なのは、ご自身・家族を守る事が一番大事な事で...続きを読む

Q車検を受けて、自動車税が来る時期は?

車検を受けて、自動車税が来る時期は?

実は、車検切れで
現在全く乗ってない車が存在するんですが
今度、車検を通して乗ろうかと思ってます

ただ…最近気が付いたんですが
今の時期、自動車税が来ます
それで、いつ頃車検を受けたら
その年の自動車税が来ないんだろう?…
と思ったんです

実は、以前、その時期に気が付かず
自動車税の前だったかに
車検を受けた所、数ヵ月後でしたか…
自動車税が来ました

それを考えると、今の時期に
車検を受けたら今年の自動車税が来た場合
損かと思いました

そこで聞きたいんですが
いつ車検を受けたら、今年の自動車税が
来ないでしょうか?

Aベストアンサー

いなかのくるまやです。

過去何年分の自動車税を滞納してますか??
それらの本税+延滞金の総額を完納しないと今月車検は無理です。
「よくわからない・・・」というのであれば都道府県税事務所に
車検証記載内容を伝えて金額を尋ねるとよいです。

愕然とするかもしれません。(苦笑

来月以降の車検となると最新の22年度税も納めないと
車検はパスできなくなります。
(21年度証明書有効期限は5月末日迄←地域性あり)

仮に一時抹消して新たに中古新規登録を起こしたとすれば、
22年度分の「月割課税額納税」のみで新規登録ができますが、
それで過去の滞納税がチャラになるわけではなく、当然ながら後日
都道府県税事務所から過去の滞納税に関する「納付勧告通知書」が
送付されてきます。

それを無視して収めないでいるとついには「伝家の宝刀」滞納処分
(差し押さえ)が執行される場合がありますので要注意!

http://business.yahoo.co.jp/public/koubai/
「やほお」には「公売オークション」という特設ステージが
設けられたりするのですが、それらの出品物というものがまさに
「各種税滞納者から差し押さえた品」だったりするのです。

この税収不足の折、各自治体の課税当局は抜かりないです。

いなかのくるまやです。

過去何年分の自動車税を滞納してますか??
それらの本税+延滞金の総額を完納しないと今月車検は無理です。
「よくわからない・・・」というのであれば都道府県税事務所に
車検証記載内容を伝えて金額を尋ねるとよいです。

愕然とするかもしれません。(苦笑

来月以降の車検となると最新の22年度税も納めないと
車検はパスできなくなります。
(21年度証明書有効期限は5月末日迄←地域性あり)

仮に一時抹消して新たに中古新規登録を起こしたとすれば、
22年度分...続きを読む

Q自動車保険の節約法について(搭乗者障害、車両保険入らないの?)

以前、自動車保険に関して質問したものですが、
今、自動車保険の見直しをしています。

色々調べていると、
1.搭乗者障害は人身障害を契約すれば必要ない。
2.車両保険については、ちょっとぶつけたくらいなら10万円以内で
まず修理できるので、必要ない。
と言うことを書いているページがありました。

1の搭乗者障害についてはそうなのかなぁと思うのですが、
2の車両保険についてはどうなのかなとちょっとわかりません。

この件に関して、この二つは本当になくても良いのかどうか、
皆さんのご意見、アドバイスを頂ければ助かります。

また、自動車保険を節約するときのポイント、また節約する場合でも
最低ここだけは確認しておいたほうが良いなど、
アドバイス頂ければたすかります。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

相手無保険 ひき逃げされた 加害者でありながら自分も大けが 同居の親族が事故にあってケガ(補償される場合アリ)→人身傷害付帯の場合 相手の補償なくても、関係なく賠償補償されます。
同様に車両損害も車両保険付帯ならOK 示談できなくても先行払い 修理先に迷惑かけなくて済みます。
過失が少ないのに過失割合でもめても自分の車は車両保険で修理、関わらなくて済みます。
他人の車を借りて運転 車両損害も自分の保険で弁償できます。
たちの悪い輩(やから)とも話をしなくて済みます。
自分の身は自分(保険)で守っていれば、被害者になられたとき相手からの賠償補償がなくとも心配なし
高い弁護士料をはらって精神的 肉体的 経済的相談など示談解決をする必要なしです。

充分な補償をつけないで 保険料ケチる方がおうおにして示談の際、少しでも経済的負担を少なくしょうとしてもめるケースが多いですね。
銭、金ではないなどきれいごとを述べても、所詮ゆきつくところはゼニ、カネです。
安もの買いの銭失いにならないよう、補償中心に保険加入しましょう。
車両保険+人身傷害補償は必須です。

相手無保険 ひき逃げされた 加害者でありながら自分も大けが 同居の親族が事故にあってケガ(補償される場合アリ)→人身傷害付帯の場合 相手の補償なくても、関係なく賠償補償されます。
同様に車両損害も車両保険付帯ならOK 示談できなくても先行払い 修理先に迷惑かけなくて済みます。
過失が少ないのに過失割合でもめても自分の車は車両保険で修理、関わらなくて済みます。
他人の車を借りて運転 車両損害も自分の保険で弁償できます。
たちの悪い輩(やから)とも話をしなくて済みます。
自分の...続きを読む

Q自動車税について緊急相談です

自動車税について緊急相談です!!

私は個人取引で5月1日にを購入しました。

それで車両40万+自動車税7万円を支払いました。
4500cc以上で自動車税が76500円なんで、11ヶ月分の7万支払いました。今年度はもう私は自動車税支払いしなくて大丈夫ですよね?

至急お願いします

Aベストアンサー

自動車税は、4月1日の名義人(または、使用者)に納税通知が来ます。
11ヶ月分を相手の支払っていますので、たぶん、4月1日現在の前名義人(または、前使用者)が支払うと思います。

名義(または、使用者)を確実に、clubluxuryさんに 変更になっていますか?(車検証をみて下さい)
clubluxuryさんになっていれば、来年の4月1日現在の納税通知が、4月末~5月上旬にclubluxuryさんに来ます。
車検証が来年の4月1日までに、前名義人(前使用者)のまま変更になっていないと、納税通知は前名義人(前使用者)へ行きます。

なお、車検用領収書が無いと、車検が受けられませんので、前名義人(前使用者)から貰って、車検証と一緒にしておきましょう。
車検用の領収書は,納税通知書に一緒に付いていますが、前名義人から貰えなければ、陸運事務所から貰いましょう。

--------------------

今日、軽自動車の納税通知が来ましたね。
普通車の納税通知は、連休明け頃には来るでしょう。

Q自動車保険での車両保険は、契約途中で切り替えてすでに起こした自損事故に適用できるのでしょうか?

昨日自損事故で修理が必要なほどのキズをクルマにつけてしまいました。(壁に接触!・・・)
修理見積もりは10万円ほど、確か車両保険に入っていたと思い確認をしたところ、私が加入していたのは相手が特定できないと保険適用できない「限定版」というものでした。この時点でこの車両保険を、自損事故でも保障できるタイプのものに切り替えて、今回の事故の修理を請求できるものなのでしょうか?
普通に考えたらできないようにも思えますが、自損事故なので発生日は証明のしようがないという点も(ずるいのですが)考えてしまいました。またできたとしても、当然あからさま過ぎて実際には問題になりそうな気もするのですが・・・
過去の質問から、有効期限は2年間という制限があることはわかりましたが。どなたか実際の処理に詳しい方がいらっしゃったら教えてください。よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

まず、10万程度なら、等級が下がることと免責分を含めて、恐らく「使わない」という結論になると思います。

で、お書きになっている事は「保険詐欺」に該当するでしょうね。保険会社が調査しなければバレないでしょうけど、メリットがあればあるほど調査の可能性は高まるのは当然ですよね。

ブラックがついたときの後の事を考えると、、、

Q名義変更時の自動車税

車にはかなりうといのですが、よろしくおねがいします。

家の車(普通車)を父から私名義に変更します。
名義変更の際に必要な手続に、
(1)移転登録申請書、(2)手数料納付書、(3)自動車税・自動車取得税申告書とありました。
ですが、自動車税の申告書だけ引っかかっています。
毎年、1年分を4月ごろに払っているのですが、なぜ、
自動車税を払う必要があるのでしょうか?

この自動車税・自動車取得税申告書の目的を教えてください!
もしかして、(1)と(2)は必ず手続しなければならないことで、自動車税については人によって違ったりするのでしょうか?

Aベストアンサー

えっとですね、普通という表現はこの際使うのは控えまして。
それと本日支払われた物に対しての領収書や税申告書の控えがあるはずなので、それを見れば何を支払ったのかは解りますね。


私の場合は、いつも変更登録→税申告の順に行っています。

取得税の話
新規登録から3年目でも、税務上その車の減価償却?が50万円(実際の売買では50万を上回っていたとしても)以下なら取得税はかかりません。
※ただし、今回は親子間の話なので、「売買価格は有りません」と答えれば、主税局でその車の時価格表により算出された額に対しての取得税が課税されます。
当然50万以下なら課税されません。

自動車税の話
まず原則的に都道府県間の移動で無い限り、自動車税の徴収は有りません。
また自動車税の申告時には、ナンバーが変わる場合には、旧ナンバーと新ナンバーを各欄があるはずなので、それを空欄のままは申告が出来ないと思います。
それらを踏まえると、今回税金として支払った物があるなら、それは取得税かと思います。

と言うのが私が今まで名義変更登録で得た情報です。
実際こういう手続きでやってます。

何れにしても、控えを見直してみて下さい。

えっとですね、普通という表現はこの際使うのは控えまして。
それと本日支払われた物に対しての領収書や税申告書の控えがあるはずなので、それを見れば何を支払ったのかは解りますね。


私の場合は、いつも変更登録→税申告の順に行っています。

取得税の話
新規登録から3年目でも、税務上その車の減価償却?が50万円(実際の売買では50万を上回っていたとしても)以下なら取得税はかかりません。
※ただし、今回は親子間の話なので、「売買価格は有りません」と答えれば、主税局でその車の時価格表...続きを読む

Q自動車税、自動車取得税の減免についてです。

私の家には等級が『5』の障害を持つ母がいます。
現在、自家用車があるのですが今まで自動車税は払った事がないと言います。
もちろん、名義は母で運転はしません。

しかし、ここでいろいろ調べてみると等級が『5』では免除の対象にならないらしいんです。
実際のところはどうなのでしょう??ご存じの方いますか?
後、新車で近々購入する予定があるのですが、これは等級関係なく取得税は免除されるのでしょうか?

宜しくお願い致しますm(_ _)m

Aベストアンサー

免除については都道府県単位で若干の違いがあり、「障害の部位」によって適用される等級があります。

5級で適用なら下肢か体幹障害かと思いますが、「身体障害者本人が運転する場合」ではないので、5級では適用されませんね。

お母様が運転免許をお持ちなら適用は可能だと思いますが、そうでない場合は「違法」かも知れませんね。

>新車で近々購入する予定

こちらも、「自分で運転する場合又はもっぱら障害者の通院・通学・通所若しくは生業のために」という条件があります。

参考URL:http://www.pref.gunma.jp/c/07/seido/share/08-1.html


人気Q&Aランキング