プロが教えるわが家の防犯対策術!

私の勤めている会社は、外資傘下の製造業を営んでいる会社です。海外にある系列工場より船便で部品を送ってもらい、日本で加工し製品としています。
その際、我社の工場に入る前と海外工場出荷後の間には、所謂未着品が発生しています。
この未着品はどちらの在庫と考えれば宜しいのでしょうか?
昨今、在庫日数の管理が海外の親会社から、厳しい目が注がれ、日本の工場サイドとしては、工場の倉庫に入っていないから、うちの在庫ではない!在庫から除外するとして、在庫日数計算しているようです。
宜しくお願いたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

未着品は自分の所の在庫になります。

しかし、実際に目の前にはないので勘定は未着品勘定にします。
通常輸入品はFOBなので、相手の国を出港すると荷物の責任は輸入元が負うことになります。実際は海上保険をかけるので保険会社が補填してくれるでしょうが。
実際にインボイスは発行され、出港されているので自分の会社の在庫になります。しかし、EX/FACTORYの場合は相手国の出荷港で手続きが終わるまではこちらの在庫とはなりません。
でも在庫の滞日数の計算では除外してもいいと思いますがね。
貸借対照表では商品として在庫に含む。損益計算では在庫棚卸ではなく商品他勘定振替で処理するということでいいのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2004/06/26 18:47

原則としては未着品勘定なんですが、商法でも税法でも、必ず未着品にしなければならないと書いている訳ではありません


検収基準等の拡大解釈をする事も可能です
ただ、そんな面倒な事はせず、未着品はその他の流動資産として棚卸に含めない直接法で行けば問題ありません
保税倉庫から引き取った日か、実際に入庫した日に、未着品を仕入れに計上する必要は出てきますけどね
いずれにしても、経理上仕入れに入れなければ在庫にする必要はないという事となります
形式だけですけどね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になりました。

お礼日時:2004/06/26 18:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q輸入仕入の計上時期

商品を輸入して国内で販売している会社です。仕入れの計上時期についてですが、荷物が着いて倉庫に搬入された時点で仕入れに計上するべきなのでしょうか?仕入れ代金を支払った時に計上してはだめなのでしょうか?税務調査で指摘を受けるのでしょうか?どなたか教えて下さい。

Aベストアンサー

代金を支払った時ではなく、搬入や納入されたときに仕入を認識しまう。

支払った時期で仕入を判定するとなれば、支払わなかったらいつまでも仕入になりません。

Qライセンス取得の経理処理について

市販ソフトと高額なCADソフトのライセンス取得について、経理処理が同じというのに疑問を感じたのでご相談します。

現在、市販のソフト及びCADソフトのライセンス料を支払手数料で処理されています。その根拠は、どちらもソフト代(物品)と見ているのではなくて、使用できる権利を買ったと考えておられるそうです。

しかし、CADソフトのライセンスは確かにものはなくインターネットで登録するだけのものなので、これから使用するのに掛かった登録手数料として、支払手数料でもいいと思います。
その反面、市販ソフトはパッケージの箱(CAD-ROM)が存在し、キット自体は数百円のものぐらいだと思いますが、それに数万のライセンス料(使用できる権利)が含まれていて、十数万の物品と見るべきかライセンスという権利手数料と見るべきか判断に悩んでいます。私は、事務消耗品費か雑費か少額資産あたりに該当するのではないかと思います。

みなさんは、どう経理処理されていますか?
また、基本的な考え方が記されているHPや税法が存在すれば、教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ソフトウェアのライセンスは会計上、無形固定資産に分類されます。

この無形固定資産の言葉の意味の説明ですが、
固定資産とは、長期間にわたって使用または利用される資産のことをいいます。
そして無形は、文字どおり姿かたちがないものを意味します。

無形固定資産とされるものの具体例として、特許権や商標権、営業権などのいわゆる法的な権利(ライセンス)が無形固定資産として処理されます。

これらと同様に、ソフトウェアのライセンスは、長期間にわたって使用される権利(ライセンス)であり、かつ、かたちがないものであるので、当然、無形固定資産として処理されます。

したがって、税務上は1つのライセンスあたりの単価が10万円までなら支払手数料でも消耗品費でも雑費でもかまいません。勘定科目はその会社の判断で行うのが基本です。支払手数料で処理されているのならそのやり方を変えてはいけません。

10万円を超えるものは無形固定資産のソフトウェアとして処理することになります。中小企業であれば、30万円未満であれば少額減価償却資産の特例を使うことができます。

ソフトウェアのライセンスは会計上、無形固定資産に分類されます。

この無形固定資産の言葉の意味の説明ですが、
固定資産とは、長期間にわたって使用または利用される資産のことをいいます。
そして無形は、文字どおり姿かたちがないものを意味します。

無形固定資産とされるものの具体例として、特許権や商標権、営業権などのいわゆる法的な権利(ライセンス)が無形固定資産として処理されます。

これらと同様に、ソフトウェアのライセンスは、長期間にわたって使用される権利(ライセンス)であり...続きを読む

QB/L船荷証券の日付(B/L Date)と所有権と売上計上基準の関係について

こんにちは。貿易実務には疎い経理部員です。
基本的過ぎるせいか(?)ネットや本を調べても、知りたい答えが見つかりませんので、是非お助け下さい。

(1)いわゆるB/L Dateにはどのような意味があるのでしょうか?
売り手から買い手に所有権が移転する日を意味する、と上司から聞きましたが、それは違うような気がします。いかがでしょうか?
何のために、記載するものなのでしょうか?

(2)売上計上基準とB/L dateの関係について
B/L dateで売上を認識する、というケースをよく聞きます。これは、出荷基準を採用している場合に、B/L dateは「出荷」という事実を表すのに、単にわかりやすいから、ということなのでしょうか?

以上、皆様のサポート、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

(1)売り手から買い手に所有権が移転する日は、B/L Dateではなく
オリジナルB/L原本を受け取った日、もしくはサレンダーB/L(コピー可)を受領した日です。
B/L Dateは単に「この日に船積しました」という証明に過ぎません。

(2)出荷基準で売上を認識する場合、B/L Dateを採用する会社もあると思います。
仰せの通り、単純に分かりやすいから?かもしれません。
私はB/L Dateではなく輸入(輸出)許可日をベースに仕入計上・売り上げ計上してます。
支払いが分割の場合は入金日をベースに売り上げる場合もあります。

QINVOICE(インボイス)ってなんですか?

質問するのが場違な場所だったらすいません(x_x)

仕事で、インボイスという言葉を耳にするのですが
今いちなんのことなのか分かりません。

請求書?なのでしょうか。

海外へ部品を発送時に、発行されるもの?
発送した後に発行されるもの?

どうか、頭の悪いわたしに
分かりやすくおしえていただけると助かりますm(--)m

Aベストアンサー

こんにちは。

#2の補足です。
日経新聞社の流通用語辞典ではこんな風になっています。

「インボイスinvoice
 商品を輸出する際の*送り状。売り主(輸出業者)から買い主(輸入業者)あてに出す書類で,売買契約の条件を正当に履行したことを記す。商品名や数量,単価,代金の支払い方法,運賃,*保険料などの明細通知書でもある。買い主は輸入品の仕入れ書として税関に提出する」出典:日本経済新聞社 流通用語辞典

業種によっても、企業によっても呼び方が異なるものでしょうが、基本的にはこんな感じではないでしょうか。

ご参考まで。

Q期日現金とはどういうものなのでしょうか?

決済条件で

検収月末締翌月末60日手形
検収月末締翌月末60日期日現金

とあります。

ここでいう期日現金とは、どういうことなのでしょうか。

仮に60日後に現金ということであれば、
検収月末締翌月末60日期日現金といわずに
検収月末締翌々々月末現金でもいいのではないでしょうか。

または期日現金とは、手形のように銀行がその60日間、
いかなる場合も保証してくれるという意味なのでしょうか。

また単純な質問ですが、ここでいう期日とはどういう意味なのでしょうか。


有識者の方、ぜひともお答え下さる様よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

手形を発行するにあたって、当然負担が発生します。(発行事務、用紙代、管理、印紙税負担等)それを削減するために近年は大手企業を中心に「手形決済」から「期日現金支払」へ変更するところが増えているようです。

>ここでいう期日現金とは、どういうことなのでしょうか。
>ここでいう期日とはどういう意味なのでしょうか。
手形を発行しないが手形を発行したと同じ効果を持たせるため、90日後とか120日後などの決められた期日に代金として現金を銀行振込みする、ということです。信用取引のうえ成り立つ性格のものですが、やはり力関係が背後にあると言えます。

>または期日現金とは、手形のように銀行がその60日間、いかなる場合も保証してくれるという意味なのでしょうか。
=してくれません。

期日現金支払は手形とはちがって、割引きや回し手形ができないデメリットがあります。
でも、「ファクタリング会社」(売掛債権の支払保証や買取りを引き受けるサービスを提供する会社)を間に挟んめば、期日以前でも所定の手数料を払えば代金を受け取ることもできます。(手形割引きに該当します)
ファクタリング会社は大手都市銀行系の6社が主力で、銀行に問い合わせれば教えてくれます。

このような意味でも取引先が支払い条件を変更してきた時点でその背後にある事情を掴むのは重要なことだと思います。

因みに建設業界では下請業者利益保護のため手形支払から期日現金支払の変更は禁止事項です。(下請法)

手形を発行するにあたって、当然負担が発生します。(発行事務、用紙代、管理、印紙税負担等)それを削減するために近年は大手企業を中心に「手形決済」から「期日現金支払」へ変更するところが増えているようです。

>ここでいう期日現金とは、どういうことなのでしょうか。
>ここでいう期日とはどういう意味なのでしょうか。
手形を発行しないが手形を発行したと同じ効果を持たせるため、90日後とか120日後などの決められた期日に代金として現金を銀行振込みする、ということです。信用取引のうえ成...続きを読む

Q仕切り価格の意味を教えて下さい。

経理の方と話をしていると「仕切り価格」という言葉が出ました。

調べても上手く理解出来ません。
頭の悪い私にでも分かるように具体例を挙げて教えて頂けると大変助かります。


よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

売るときの値段です。

定価10,000円だとしたら、
大量に仕入れてくれるA社には仕切り60%、6,000円で販売、
そこそこ仕入れてくれるB社には仕切り80%、8,000円で販売、
一般の方には、仕切り無し、つまりは定価の10,000円で販売。

ということになります。

もちろん仕切りが仕入れ値を割ってはいけません、損しますから。
そんな感じでゆるく考えてください。

Q関税の仕訳教えてください!!

輸入した際にかかる関税についての仕訳なんですが・・

立替金 運賃 94,930
    ターミナル 4,044
    保険料  4,482
    関税   77,400
    消費税  82,400
    地方消費税  20,600

通関諸掛  通関料 11,800  
      取扱料 6,000  
      貨物配達料 5,500

支払い合計 307,731円

なのですが、仕訳が解りません・・

輸入運賃なのか?輸入仕入なのか?宜しくお願いします。

    

Aベストアンサー

下記法人税法施行令により、棚卸資産の取得価額は運賃、保険料、関税等を
含みますので、仕入勘定で処理すればよいでしょう。

お使いの会計ソフトでの消費税の処理を適切に行いましょう。


(商品仕入高) /(現金預金) 180,856 ・・・輸入課税仕入

(仮払消費税等)/(現金預金) 103,000 ・・・輸入課税仕入

(商品仕入高) /(現金預金)  17,800 ・・・通関手続き等の役務は免税

(商品仕入高) /(現金預金)  5,500 ・・・課税仕入


法人税法施行令
(棚卸資産の取得価額)
第三十二条 第二十八条第一項(棚卸資産の評価の方法)又は第二十八条の二第一項
(棚卸資産の特別な評価の方法)の規定による棚卸資産の評価額の計算の基礎となる
棚卸資産の取得価額は、別段の定めがあるものを除き、次の各号に掲げる資産の区分に
応じ当該各号に定める金額とする。

一  購入した棚卸資産   次に掲げる金額の合計額

 イ 当該資産の購入の代価(引取運賃、荷役費、運送保険料、購入手数料、
   関税(関税法 (昭和二十九年法律第六十一号)第二条第一項第四号の二
   (定義)に規定する附帯税を除く。)その他当該資産の購入のために
   要した費用がある場合には、その費用の額を加算した金額)

 ロ 当該資産を消費し又は販売の用に供するために直接要した費用の額

下記法人税法施行令により、棚卸資産の取得価額は運賃、保険料、関税等を
含みますので、仕入勘定で処理すればよいでしょう。

お使いの会計ソフトでの消費税の処理を適切に行いましょう。


(商品仕入高) /(現金預金) 180,856 ・・・輸入課税仕入

(仮払消費税等)/(現金預金) 103,000 ・・・輸入課税仕入

(商品仕入高) /(現金預金)  17,800 ・・・通関手続き等の役務は免税

(商品仕入高) /(現金預金)  5,500 ・・・課税仕入


法人税法施行令
(棚卸資産の取...続きを読む

Q輸入品仕入れに生じる「関税」の仕訳項目

 小口輸入にて輸入業を営んでおります。今年から青色申告にするため、現在、細かく帳簿をつけていますが、輸入時に生じる「関税」「消費税」は、経費の支払項目上は何になるのでしょうか?関税も「消費税の支払」に混ぜてしまってよいのでしょうか?
 どなたかご教授ください。

Aベストアンサー

輸出輸入に関する費用の消費税は結構面倒だと思います。品代だけに消費税がかかるなら税込み処理でも十分でしょうが、品代+関税の合計に消費税がかかるのがポイントだと思います。ただ、現在は関税のかかるものも減っていますし、税率もかなり低くなっています。消費税の名称は内国消費税といいますから輸入品の場合は通関されるまでは内国品と見なされないのでその間は消費税の対象にならないし、通関すれば内国品となるので消費税の対象になります。ですから輸入品は通関されて関税が課されて初めて内国品となりますのでそこで消費税の対象となることをご確認ください。なお、消費税の計算はIDに記載されていると思いますので確認ください。

Q事業税の勘定科目は、租税公課と法人税等のどちらが良いのか?

事業税を支払った時には、租税公課勘定で処理するやり方と、法人税・住民税及び事業税で処理するやり方と2通りあるようです。
しかし、租税公課勘定で処理すれば販売費及び一般管理費で計上されることになり、営業利益や経常利益、税引前当期純利益に影響が出るでしょう。これに比べ、法人税・住民税及び事業税で処理すれば、営業利益や経常利益、税引前当期純利益には影響が出ないでしょう。
決算にも違いが出てくるのでは?という気もします。
租税公課勘定と法人税・住民税及び事業税で処理するのでは、どちらが(決算においても)解りやすく、賢いやり方なのでしょうか。また、一般的には実務においてどちらのやり方がとられているのでしょうか?
この様なことに詳しい方がおられましたら、ご回答の程宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

No.1の者です。

ご質問内容が
> 租税公課勘定と法人税・住民税及び事業税で処理するのでは、どちらが(決算においても)解りやすく、賢いやり方なのでしょうか。また、一般的には実務においてどちらのやり方がとられているのでしょうか?
とのことだったので、先のようにお答えした次第です。(minosenninさん、ctaka88さん、フォローありがとうございました。)

「支払った時」の仕訳を問題にするのであれば、No.5のご回答のとおりです。

それから、2005年の質問については、この時点で既に、現行と同様、所得割とそれ以外について分けて表示することとされていました。そのため、リンク先のご回答は、いずれも分けていない点で正確ではありません。

最後に、No.1の回答中、「(利益に関連する金額を課税標準として課される所得税)」としたのは「(利益に関連する金額を課税標準として課される事業税)」の誤りです。お詫びして訂正いたします。

Q棚卸資産回転月数につきまして

棚卸資産回転月数を、計算するにあたって、
分母を「売上原価」、「売上高」、「当期仕入高」のどちらにすれば
一番適確と考えられますでしょうか?

たいへん初歩的な質問で、すみませんが、
どうか、お教え下さい、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

1番様の仰られるとおりですね。

経営指標の計算式はその時代時代で変化するために、ご質問の場合であれば「年間売上高で割れ」としている物と、「当期売上原価で割れ」としている物が存在いたします。

では、今回の指標はナニを見ているのかと言えば『何ヶ月分の在庫を保有』と言う点ですから、分母と分子の評価方法は統一すべきです。

そして、棚卸資産の大半は商品だと思われます。この商品は原価で計上(管理)しているのと考えるのが通常であることから、『当期売上原価』の方が適切です。
※以上のことは、数年前に受講した「公認会計士・日簿1級用講座」で公認会計士の先生が述べられておりました。

また、『何か月分を』と言う観点から考えて、「当期仕入高」とか「当月仕入高」は不適切です。

一つの例として、単一の商品を期末に100個[売価120円。仕入れ単価(売上原価)100円]持っていたといたします。(期首繰越高はゼロ)
年間の売上個数が600個だった場合、期末在庫100個は年間売り上げ個数600個の1/6なので、「2か月分」の在庫個数です。
このとき、関係する金額は次のようになりますが、子の数字の中から「2か月分」と言う結果を導けるのはどれなのかを考えれば、ご理解いただけますよね。
 年間売上高は600個×@120=72,000円
 売上原価は 600個×@100=60,000円
 当期仕入高は700個×@100=70,000円
  700個=期末100個+当期売上600個-期首0個
 期末在庫高は100個×@100=10,000円

1番様の仰られるとおりですね。

経営指標の計算式はその時代時代で変化するために、ご質問の場合であれば「年間売上高で割れ」としている物と、「当期売上原価で割れ」としている物が存在いたします。

では、今回の指標はナニを見ているのかと言えば『何ヶ月分の在庫を保有』と言う点ですから、分母と分子の評価方法は統一すべきです。

そして、棚卸資産の大半は商品だと思われます。この商品は原価で計上(管理)しているのと考えるのが通常であることから、『当期売上原価』の方が適切です。
※以上のことは...続きを読む


人気Q&Aランキング