ベンジャミンの葉っぱが、落ちてしまいます。6月が始まったくらいに、落ち始めて、最近、すごい勢いでシャーシャー落ちてきてしまって、まるで落葉樹かって感じです。昨年の秋から部屋にいます。冬場に、同じようになりましたが、「冬ってこんなもん?」って感じであまり気にとめませんでしたが。これから成長するぞって時期なのに落葉樹みたいなんで、気になって。
環境的には、一日中、部屋の中です。遮光カーテンを閉めっぱなしの日も多いので、日光にはあまり当たってないような気もします。水は、そろそろほしいかなって感じで、思いついたとき、不足してそうな時に与えています。あげすぎてはいません。肥料は、こないだ観葉植物用の肥料をあげました。固形のやつです。
すいませーん。だれか、 HELP ME!です。

A 回答 (1件)

ベンジャミンは日光が大好きです。

質問を拝見しましたところ、「遮光カーテンを閉めっぱなしの日も多いく、日光にはあまり当たってない」とのことですので、これが一番の原因と考えられます。外の気温はすでにベンジャミンが絶えられる季節になっていますので(北海道でなければ)、外にしばらく置いてみてください。葉っぱのない枝からも、夏ころまでには芽が出てきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう、ございます。
外に出してみることにします。
復活の日が楽しみです。

お礼日時:2001/06/15 11:13

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qベンジャミンの葉が落ちるのはどうして?

ベンジャミンが大好きでよく購入するのですが、
春から秋までは、よく育つのですが、今くらいに
なるとどんどん葉っぱが落ちます。
水やりもひかえて、部屋の中にもいれてます。
又、枯れてしまうのかと思うと心配です。
どうしたらいいのか教えて下さい。

Aベストアンサー

ベンジャミンは気候の変化に対応するために葉を落とします。
葉がたくさんついているとそれを維持するためには木自体に負担がかかる環境(気温・日照・肥料・水・湿度など)になると自分で葉を落とすんです。
葉が落ちるというのは違う見方をすれば「葉を落とす元気がある」ということです。
本当に具合の悪いときは葉も落とさず、気がついたときには枯れていたということが起こります。
落葉は夏は蒸れ・水不足、冬は気温の変化・水不足が原因のことが多いのではないでしょうか。
日当たりの良いところに置き(窓際は夜間の温度差が激しいので夜は部屋の中央にする)暖房の影響のない部屋(暖房をつけた時ときった時の差が出るので。つけっぱなしなら気にしなくてもいいですが)にし、鉢には鉢カバーをすると根の部分の直接の冷え込みが和らぎます。寒い地域なら大き目の鉢カバーにして隙間に発泡スチロールなどを入れるといいです。
冬になぜ水不足?という感じですが室内が乾燥している部屋では水分が不足してしまうケースも多いんです。気がついたらカラカラなんてことがあるので気をつけるといいと思います。表面が乾いても中はまだ水があるという状態で水をあげると根腐れを起こすので、表面が乾いてから数日おいてあげるといいですよ。
落葉した葉が軟弱(薄緑でペラペラ)のものが多いなら日照不足かもしれません。
丈夫そうな葉が落ちるなら気温・水・日光など環境を整えると改善できると思います。
うちのベンジャミンは夏に蒸れで丸裸になりましたが、今はフサフサになってます。寒い時期でも環境が整っていると新しく葉が出ます。
幹に異常(しわが出たりフカフカしたり)がなければまだまだ大丈夫です。頑張ってください。

ベンジャミンは気候の変化に対応するために葉を落とします。
葉がたくさんついているとそれを維持するためには木自体に負担がかかる環境(気温・日照・肥料・水・湿度など)になると自分で葉を落とすんです。
葉が落ちるというのは違う見方をすれば「葉を落とす元気がある」ということです。
本当に具合の悪いときは葉も落とさず、気がついたときには枯れていたということが起こります。
落葉は夏は蒸れ・水不足、冬は気温の変化・水不足が原因のことが多いのではないでしょうか。
日当たりの良いところに置...続きを読む

Q我が家のベンジャミンなのですが、古い葉がドンドン落ちます。代わりに若い

我が家のベンジャミンなのですが、古い葉がドンドン落ちます。代わりに若い葉もドンドン出てくるのですが幹の真ん中の方に出ず外へ外へと枝を張りそこに若葉が出てくるので剪定をすると若葉を切ってしまうことになってしまいおそらく枝しか残らないのではないかと思います。でありますので人間で言えば半年ほど散髪に行ってないような状態です。去年はなんともなかったのですけれど・・・どうすればいいのでしょうか?ちなみに肥料は遅延性の化学肥料を月に一回、水は毎日、外へも毎日出しています。この猛暑に一日出してるのがダメなんでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ベンジャミンは環境の変化に敏感であり、少しでも環境が変わって
しまうと急激に葉を落としてしまう習性があります。
ほぼ同じような環境下で管理をし、人間の都合で頻繁に位置を変え
無い事です。
葉が落ちるのは一種の生理現象ですから、葉が落ちたからと枯れる
事はありません。生育期間なら再び葉が出て茂ります。
毎日外に出しているようですが、これが葉を落とす原因になってい
ますね。屋外と屋内では環境が違いますよね。環境に直ぐに慣れる
ような植物ではありませんから、出来るだけ移動はしない事です。

1ヶ月毎の施肥は与え過ぎです。基本的に生長期は5~9月ですか
ら、この間に2ヶ月に1回で緩効性化成肥料を与えます。与え過ぎ
は葉を茂らせるだけですから、ベンジャミンの生育には良くありま
せん。

水遣りは毎日のようですが、鉢土の乾き具合を確認してから与えて
いますか。今のような事を繰り返していると、近い内に根腐れなど
を起こして枯れてしまいますよ。
5~9月は鉢土の表面が乾いたら与え、その際に頭から弱いシャワ
ーをかけて遣る事も必要です。埃などを洗い流し、葉の湿度を高め
る効果もあります。冬場は鉢土が乾いたら、更に4~5日経ってか
ら水遣りをして下さい。

日当たりを好む植物ですが、光線が大好きであっても真夏の光線は
厳しいものがあります。葉焼けの他に本体の衰弱、根が高温により
蒸れが生じて弱ってしまいます。真夏は遮光をした方が良く、9月
に入って日差しが弱まるまで直射日光には当てない方が無難と思い
ます。

とにかく頻繁に移動させるのは避けましょう。

ベンジャミンは環境の変化に敏感であり、少しでも環境が変わって
しまうと急激に葉を落としてしまう習性があります。
ほぼ同じような環境下で管理をし、人間の都合で頻繁に位置を変え
無い事です。
葉が落ちるのは一種の生理現象ですから、葉が落ちたからと枯れる
事はありません。生育期間なら再び葉が出て茂ります。
毎日外に出しているようですが、これが葉を落とす原因になってい
ますね。屋外と屋内では環境が違いますよね。環境に直ぐに慣れる
ような植物ではありませんから、出来るだけ移動はしない事です...続きを読む

Q肥料あげすぎた場合

肥料あげすぎた場合

トマトに肥料上げすぎた場合はそのまま土をかえず肥料やらずに水だけでそだてたほうがいいでしょうか

土からかえたほうがいいのでしょうか

Aベストアンサー

あまり肥料が多いと、肥料焼けして、枯れますよ。
有機肥料ならある程度の許容度は高いですが、
化学性の場合、注意が必要だと思います。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1334774933

Q葉がすべて落ちたベンジャミンは復活するのかどうか?

ベンジャミンを知り合いから頂いたのですが,
最近葉がどんどんと落ちていき,
今の状態は乾燥して丸まった葉が寂しそうについていて
二枚だけ生き生きした緑色の葉がついています。

もらってから,南向きのガラス張りのところへおいていました。
しかし葉が黄色くなり落ち始めたので,まずいと思い,外においてみました。
遮光度の少々高めの紫色のガラスであったため
日光のせいだと思い,少しの間だけでも・・・と。
でも葉が落ちるのでやっぱり寒さのせいだと思い,
普通のガラス張りの南の部屋に入れてみました。
職場なのでこちら側は最初は置くつもりはありませんでしたので・・・
暖房が直接あたりますが,もうそこしか場所がありません。

それで他の質問を見ていたのですが,暖房に直接当たる場合
ビニールでくくることがかかれており,それはしてみようと思います。
また鉢の植え替えもしないといけないのもわかりました。

しかし,葉がもし全部落ちてしまった時,
この子は冬を越せるのでしょうか?
落葉樹ではないので無理なんですか?
どうにか救って,春を迎えたいのですが・・・
救い方を教えてください。お願いします。
今やるべきことと,これからするべきことを教えていただければ幸いです。

ベンジャミンを知り合いから頂いたのですが,
最近葉がどんどんと落ちていき,
今の状態は乾燥して丸まった葉が寂しそうについていて
二枚だけ生き生きした緑色の葉がついています。

もらってから,南向きのガラス張りのところへおいていました。
しかし葉が黄色くなり落ち始めたので,まずいと思い,外においてみました。
遮光度の少々高めの紫色のガラスであったため
日光のせいだと思い,少しの間だけでも・・・と。
でも葉が落ちるのでやっぱり寒さのせいだと思い,
普通のガラス張りの南の部屋に...続きを読む

Aベストアンサー

心配なさらないで!!
大丈夫ですよ(^-^)

ベンジャミンは、移動した場所の環境に慣れるまでビックリして結構葉を落とします。

そのままじっくり環境に慣らしてあげて下さい。
(水やりも、控え目に!!)

観葉植物の失敗は、過保護にすることです。
生命力あふれる物は、おかれた環境に慣れようと、必死で頑張っています。
枯らす原因で一番多いのが、水やりと夏場の直射日光、
冬でも外に置いて、霜に当ててしまうなどです。
後は、ゆっくり時間をかけて置かれた場所に慣らすこと!!
慣れるまで、水やりは控えめにすることです。
いつも湿った状態より、乾かしてはたっぷりの繰り返しで水をあげて下さいね。
ただし、冬は寒いので、鉢のお皿に水を貯めてはいけませんよ!!

それと、枯れたかどうか見るのは、枝を折れない程度に曲げてみて下さい!!
しなってるのなら大丈夫です。
逆にどの枝もポキポキ折れた残念ですが厳しいです。
生きている幹を切り取り、挿し木で再生するしかないでしょうね!!

Q化成肥料とボカシ肥料の違いがわかりません

庭に花木(サザンカ、ダンコウバイ、沈丁花、カキ、梅など種種雑多です)を植えているため、今の時期肥料をやらなければなりませんが、化成肥料とボカシ肥料
のどちらを与えればよいかわかりません。
私は基本的には今の時期はボカシ肥料を与えていますが、以前園芸農家の方にご相談したところ、2月頃にサザンカに肥料をやる場合は、ボカシ肥料よりも化成肥料の方がよいとお聞きしたことがあるので心配になって質問しました。

Aベストアンサー

厳寒期(1~2月)に与える肥料を寒肥といいますが、tonton5775さんのボカシ肥料で正解です。寒肥は春になって庭木がめざめ生育サイクルに入りますが、そのときに有機質を必要とします。厳寒期に施した有機肥料が徐々に分解され、春の生育期には、吸収しやすい栄養素になるわけです。
厳寒期に化成肥料を施すということは、分解が早いため、夜中に脂っこい食事をたくさん食べるようなもので、人間なら消化不良を起こしますね。
樹木は栄養過多で新芽を出そうとします。
しかし厳寒期であるため、新芽を出そうにもそれもできずといった、生育バランスを破壊することになります。
ただし化成肥料にも緩効性のものがありますので一概に化成肥料がだめというわけではありません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報