権利行使価格についてなのですが、満期時にこの価格になっていないと買ったワラントが紙くずになるのは、解ったのですが、期日前に行使価格になっていない時に売ったりすると、やっぱり紙くずなのでしょうか、それとも価値があるのでしょうか?

A 回答 (1件)

ワラントは、オプションと同じ原理なので、プレミアム(ワラントの価格)は、本源的価値と、時間的価値から構成されます。

本源的価値は、権利を行使したときに確実に得られる利益のことで、時間的価値は、期日までの時間にかかる価値で、プレミアムから本源的価値を引いた金額になります。ご質問の場合は、行使価格以下とのことなので、本源的価値は、ゼロで、時間的価値が発生します。時間的価値は、期日までの時間が長ければ長いほど高くなり、期日が近づくと限りなくゼロに近くなり、期日をもってゼロとなります。ですので、行使価格を下回っていても、価値はあるということになります。ただし、あまりに行使価格とのかいりが広がると、出来高も減少してきますので、売却は難しくなります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報