痔になりやすい生活習慣とは?

召集令状(赤紙)が届いた時の感想について質問です。

現代人には、その心中は測りかねるものがありますが、実際に赤紙が届けられて、戦地に行く本人及び家族は本当はどのような気持ちだったのでしょうか?
よくテレビなどで見るのは、「ありがとうございます」と言って、受け取るシーンなどを目にしますが、心中はどんな気持ちだったのか…と考えてしまいます。
戦前や戦時中は、学齢期から軍事教練なども施されていたそうですし、陸軍大将や海軍大将などは子どもたちの憧れの的だったという話も聞きますので、現代とは感覚的な下地が全く違うとも思います。
しかし、「醤油を飲んで痩せて不健康になり、兵役を免れようとした」という話もあるので、勿論、人によって感じ方は違うとは思うのですが、やはり建前と本音があるのかなぁ…と考えてしまいますね。

私の親類は、生きて還った者は皆無で戦死をした人たちが沢山いるので、戦後70年の節目の年に知りたくなりました。
これから、貴重な戦争体験者の方々はますます少なくなっていくでしょうし。

実際に戦地へ行かれた方、お父様や親戚の方々からお話を聞いた事がある方、事情に詳しい方がおられましたら、思い出話しでも結構ですので、ご教示頂ければ幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

徴兵、あるいは召集に対する心情というのは、現代の市民感覚で推し量れないものがあるとおもいます。



 つまり、当時は徴兵令が存在し、小学生のころから「教育勅語」のなかの、「一旦緩急あるときは義勇公に奉じ天壌無窮の皇運を扶翼すべし」と唱え、死んでもラッパを離さなかった木口小平の話を教わり、『広瀬中佐』の歌を唄って育っていましたから、いずれは軍人となって功を挙げる、お国のために名誉の戦死を遂げることにさしたる抵抗を覚えず、なんとなくそれが当たり前の世相で、表立って反戦を唱えるような時代ではなかった、ということです。

 かつて『拝啓天皇陛下様』(監督:野村芳太郎)という映画がありました。そのなかで渥美清扮する山田庄助は、「三度の飯が食え、風呂にも入れる軍隊は天国じゃ」というほどの貧農出身者でした。いっぽうで、長門裕之扮する棟本は、召集令状が届いたとき、妻とともに震えるほどショックを受けました。

 その原作者、棟田博による『兵隊たちの陸軍史 兵営と戦場生活』(番町書房・昭44)から引用しますと、

>兵隊たちは徴募されると観念して(あるいは張り切って)入営し、所定の教育を受けることに精励し(あるいは精励させられ)、三年制、あるいは二年制の兵役を終ると除隊していった。戦争がはじまるとまた召集され、観念して(あるいは勇躍して)戦場へ赴き、いったん戦場に赴くと驚くべき勇武を示した。

>兵隊たちはつねに「お国のため」という合言葉を信条として、非条理な軍隊内務生活に耐え、また過酷な戦場を生き、戦ったのである。「天皇のため」というもっともらしい押しつけの修飾語は好まなかった。がまんして聞き流していたか、出世のための手段として同調したかである。(中略)「お国のため」という言葉には覚悟と諦観が同時に存在し、またその言葉の裏には「おふくろのため」「好きな女のため」という兵隊各自の解釈による思いがかくされていたのである。

>「国のため」ではなく「お国のため」という敬語の中に含まれる兵隊の微妙なニュアンスは、たぶん「お国のため」に働いた者でないと、実感的にはわからないかしれない。平穏無事、気ままな生活をすてて、軍隊生活をさせられることは、大半の人々にとっては少なくとも厄介なことではあったろう。

 
 また、或る遺族の手記を引用いたします(具体名は省略します) 

>私の七人の子供のうち、六人は幼少の頃死亡しただ一人の男の子○だけが無事に成長しました。私の跡を継ぐべく、○○農学校を卒業して農事に励んでおりました。当時入営は男子の本分というわけで、剣道のけいこで気力体力を鍛え、軍人勅諭を暗誦しては精神を練っておりました。その甲斐あってか徴兵検査は甲種合格、一八年四月に喜んで○○部隊へ入隊しました。健康でしたので、日頃の鍛錬を生かすのはこの時とばかり精励した模様で、第一期検閲には中隊長から褒賞を貰ったよと勇み立っておりました。折から戦局は日増しに急を告げ八月には愈々壮途につきました。○○駅頭で「身体を大切に」と別れたのが最後でした。戦地から三通の便りが届きましたが、いずれも私たち両親の安否を気遣ってくれる気持ちがあふれていました。私共も蔭膳をすえ、氏神様に日参して武運長久を祈っておりました。然し、○は遂に国に殉じました。戦死の広報を受けた時は、恥ずかしながら足許が崩れる思いがして全身の力が一ぺんに抜けてしまいました。泣いてはならぬと自分を叱っても、人気のない時は泣けてくるのをどうしようもありませんでした。だが、月日が経つにつれて、死んだ○の気持ちを考えるようになりました。大戦の前途に備えて青年の務めを果すべく心身鍛錬を怠らなかった○、そして勇躍征途に立っていった○、恐らく彼なりに誠実に務めを果してくれたであろうと考えた時、私共がいつまでもめそめそしていては○の霊に済まない事だと考えるようになりました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
やはり、昔でも建前と本音があるのですね。
色々と勉強になりました。ありがとうございます。
自分なりにも今後も知識を深めていくため、勉強を続けたいと思います。

お礼日時:2015/09/05 17:52

当たり前ですが、大多数の人(99%以上?)は、召集令状が来て「嬉しい」と思うわけがないでしょ。


本気で軍人になって出世したい人は、志願するなり軍学校に行って職業軍人になるわけで。召集令状が来るってことは、職業として軍人を選ばなかった(他の仕事を選んだ)人ですから。

こんなことは当たり前で、だからこそ、出征者を町中で見送ったり、満期除隊した人に町中でお祝いする、とかあるわけで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
やはり、昔でも建前と本音があるのですね。
軍隊生活は厳しいですし、確かに嬉しいはずがないのかもしれません。

お礼日時:2015/09/05 17:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q太平洋戦争中に街で見かける男性たち

テレビなどで太平洋戦争前後の映像を見ていて疑問に感じる時があるのですが、当時は日本国男子の全員がある年齢になると徴兵の義務が課せられていたように聞いています。 いわゆる赤紙というものですね。

もし拒否したり逃亡したりすると、非国民として厳罰が待っていたはずです。

ところが戦争末期になっても、当時の映像では普通のサラリーマン風の男性が街中を歩いたり、家族と買物や散歩したりしている光景を見る事があります。 おそらく年齢的には徴兵に取られておかしくないような世代かと思われます。

考えれば、あの戦争中でも男性が必要となる職場が多くあったように思います。 たとえば鉄道関係者、警察官、消防士、医師、自治体の公務員、電気・ガス会社の社員、あるいは建設関係 ・・・ などなど、女性だけでは運営出来ないと思うのですが、これらの男性たちには徴兵義務が免除されていたのでしょうか? 

それとも、形だけ一旦徴兵に取られてどこかの軍部に属し、その後に 「派遣」 という形でまた元の職場で以前同様の仕事を続ける、そして家から通う ・・・ こんな制度だったのでしょうか? たしか軍艦を建造する造船所の技師や職工はそんな身分になっていたと、どこかで聞いた覚えがあるのですが、ハッキリしません。

もしそうなら、そんなラッキーな職業には具体的にどんなものがあったのでしょうか?

健康上の問題で徴兵が免除された人は除くとします。

テレビなどで太平洋戦争前後の映像を見ていて疑問に感じる時があるのですが、当時は日本国男子の全員がある年齢になると徴兵の義務が課せられていたように聞いています。 いわゆる赤紙というものですね。

もし拒否したり逃亡したりすると、非国民として厳罰が待っていたはずです。

ところが戦争末期になっても、当時の映像では普通のサラリーマン風の男性が街中を歩いたり、家族と買物や散歩したりしている光景を見る事があります。 おそらく年齢的には徴兵に取られておかしくないような世代かと思われま...続きを読む

Aベストアンサー

高等文官試験に合格した官僚(今で言うキャリア)は基本的に徴兵免除だったそうです。また、軍といえども、徴兵関係は役所(陸・海軍省)の仕事ですから、本省勤務の人間は、他省庁でも、キャリア組でなくても「余人を持って代え難い」という名目で徴兵免除、或いは徴兵されて即日帰郷などの措置が取られたそうです。この時に、上司や同僚に嫌われているとその措置をしてくれない、なんてこともあったとか。これはコネの方ですね。

金の方ですが、まぁ、人間の世界ですから露骨な袖の下で徴兵名簿の書き換えなどということもあったでしょうが、45年には徴兵検査を受けた者の9割が実際に動員されたということですから、それほど多い事例ではなかったと思います。
むしろ、金持ちの子弟は、高学歴ですし、働く場所も親の力などで選べますから、軍属名目の勤務先に勤めたり軍関係の仕事に従事したり、満州国政府に勤めるとか、ということで結果的に徴兵逃れが出来たケースが多かったのではないでしょうか。

アメリカではこれが結構多くて、大統領選挙の時の経歴で問題になったりしますよね。徴兵逃れのため州兵の、しかも空軍(一番戦場に行かないポジション)に親の力で入隊するとか、カナダに移住しちゃうとか。

高等文官試験に合格した官僚(今で言うキャリア)は基本的に徴兵免除だったそうです。また、軍といえども、徴兵関係は役所(陸・海軍省)の仕事ですから、本省勤務の人間は、他省庁でも、キャリア組でなくても「余人を持って代え難い」という名目で徴兵免除、或いは徴兵されて即日帰郷などの措置が取られたそうです。この時に、上司や同僚に嫌われているとその措置をしてくれない、なんてこともあったとか。これはコネの方ですね。

金の方ですが、まぁ、人間の世界ですから露骨な袖の下で徴兵名簿の書き換えな...続きを読む

Q戦争中、普段通りの生活をしていた人の話を聞きたい

戦争中、普段通りの生活をしていた人の話を聞きたい

戦争体験としてよく語られるのは、原爆や空襲などの攻撃によって肉親が死んだり、家が焼かれたりというものが中心ですよね。
戦後世代の人は、戦時中は1億人の国民全員がこのような辛酸をなめ、苦しい生活を送っていたと信じ込んでいます。
戦時中を過ごした1億人の国民全員が苦労人で、戦後の日本があるのはその人たちのお陰で、その人たちに感謝しなくてはならないという論調が多く見られます。

でも、これってちょっとおかしいですよね?確かに戦争で軍人、民間人合わせて310万人の人が死亡し、都市面積の30%が消失したと言われています。
しかし、310万人の死者は一見多いように見えますが、1億人の人口から見たら3%で、97%の国民は生き残っているわけです。
また、国土が焼け野原になったと言われますが、都市面積の70%は無傷だったわけです。

これらのことから見ても、当時の国民で、肉親や親戚に死亡した人がおらず、空襲も受けなかった人はかなりの数がいるはずです。
その中でも、農村部に住んでいる人であれば、食料にも不自由せず、普段通りの生活をしていた人も多くいたと推測されます。
もちろん時代が時代ですから、派手なパーティーをやったり、観光旅行にでかけたりということはできなかったでしょう。
しかし、戦後世代の人が教わったような、日本中が地獄絵と化したというのはちょっと大げさなのではないでしょうか。

当時は情報も統制され、日本がどんどんやられているというような情報は入って来なかったでしょうから、いずれ自分たちも攻撃を受けるというような危機感もなかったと思われます。
当時の国民の、少なくない数の人たちが、実は普段通りの平和な生活を送っていたと推測されます。
戦時中、実際にこのような普段通りの平和な生活を送っていた方の体験談を聞かせていただけませんか。
また、そのようなことを紹介したサイトなどがあれば教えて下さい。

なお、私が聞きたいのは「戦争中、普段通りの生活をしていた人の話」であって、「そんな人はいない」とか、「そのような質問は不謹慎だ」というような回答はお断りします。
質問の趣旨を理解した上で回答をお願いします。

戦争中、普段通りの生活をしていた人の話を聞きたい

戦争体験としてよく語られるのは、原爆や空襲などの攻撃によって肉親が死んだり、家が焼かれたりというものが中心ですよね。
戦後世代の人は、戦時中は1億人の国民全員がこのような辛酸をなめ、苦しい生活を送っていたと信じ込んでいます。
戦時中を過ごした1億人の国民全員が苦労人で、戦後の日本があるのはその人たちのお陰で、その人たちに感謝しなくてはならないという論調が多く見られます。

でも、これってちょっとおかしいですよね?確かに戦争で軍...続きを読む

Aベストアンサー

 母は田舎にすんでいたので、まったく戦争の影響はなかったそうです。
確かに統制品は手に入りにくかったらしいですが、食べるのにはまったく困らなかったそうですよ。
 よく、都会から食べ物を分けてくれって人が来たらしいです。

 父は逆で都会で生活していたので疎開をしました。
疎開には、集団疎開と縁故疎開ってのがあるんです。
中でも悲惨なのが集団疎開です。学校の力関係が24時間中です。いじめっ子はずっといじめ、いじめられっこはそれこそ現代で言うイジメなんかと比較できないほど酷かったらしいです。

 また、縁故疎開っていうのも、ようするに都会のこじゃれたガキが、自分の親戚をたよって田舎に疎開するんです。すると、もちろんその子のキャラにもよりますが、めちゃ人気者になった人もいたみたいです。


人気Q&Aランキング