どの分野に質問したらよいのやら…でも理系っぽい?と思ったのでおねがいします。「光ファイバー」って一体なんなのでしょう?クリスマスツリーとかイルミネーションとかで使われてる「光ファイバー」(繊維の先がチカチカ光ってとてもきれい)と通信の分野でよく聞く「光ファイバー」は一緒のものなんですか?そして何からできているんですか?プラスチック?シリコン?お解りになられる方教えて下さい!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

普通に光ファイバというとシリコンではなくシリカではないでしょうか?


シリコンでもドーパントの量で屈折率を変えて光を導く構造をつくることも可能ですが
ファイバー状に加工するのは困難なように思います。
シリコーンでもできますが、ちょっとブヨブヨなので、
たぶんシリカ=石英のことだと思います。

みなさんのおっしゃっているとおりですが、
「通信の分野でよく聞く「光ファイバー」は」シリカです
(海底ケーブルや幹線網は間違いなくこれです。
 逆にオーディオ用はプラスチックですよね。)。
理由は損失が非常に小さいからです
(損失としては0.5dB/km以下程度でしょう)。
また、シリカのファイバーの場合は単一モードファイバーといって、
信号の形を崩さずに遠くまで届けることができる構造をとって
構造的にも遠くに飛ばせるようにしています。
ただし、最近のプラスチックファイバでは構造を工夫して百メートルのオーダーで1ギガビット/秒ぐらいの伝送が可能になってきています。

クリスマスツリーとかイルミネーションとかで使われてる「光ファイバー」は単純にプラスチックを糸状にしたものでチンダルが発見した光を運ぶ水と同じだと思います。

参考URL:http://s-kurukuru.jst.go.jp/room/sp/kagaku/himit …
    • good
    • 0

皆さんが答えられているとおりですが、光が外に漏れない理屈について補足を。


多くの方が「全反射による」と言う理由をあげておられますが、もう一つ、「屈折による」方法があります。どなたかが、述べられているようにコア部分の外側から内側に向けて徐々に屈折率を変え、外に漏れそうな光が内側に屈折し、中心部のみを通って行くというものです。
    • good
    • 0

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「光ファイバー」

ご参考まで。

参考URL:http://www.infonet.co.jp/ueyama/ip/glossary/opti …
    • good
    • 0

今日は(^^; 



光ファイバーは日本人の発明です。その人の名前は、「西澤潤一」先生です。その作成技術についても、日本の技術者に示唆していましたが、その技術者が無視してしまったために、アメリカの技術が導入されてしまいました。その技術者は大変申し訳ないことをしましたと、西澤先生に謝っていましたヨ!本当に残念です。また、光ファイバーの特許は日本ではなぜか認められていません。先生は日本人の発明であることを残したいと言っておられました。先生のお顔はTVでもよくお見かけいたします。

gooのトップページで、光ファイバーの発明者:「西澤潤一」で検索して下さい。
1000件近くのサイトがヒットします。

この中に、いろいろ参考になるところがあるはずです。
先生の言葉「愚直一徹」を紹介しておきます。

http://www.itsendai.com/slabo/hikari/

参考URL:http://www.itsendai.com/slabo/hikari/
    • good
    • 0

光ファイバーはプラスチック系、ガラス系のものがあり、いずれも通常の透き


ガラスの何万倍もの透明度を持つ素材を繊維状にしたものです。

光ファイバーの端から入った光はファイバー内部で全反射(外に飛び出さず、
中で鏡のように全て反射させる)を繰り返して、もう一方の端まで届きます。

おもちゃ用のものと通信用のものは構造が少し違います。
(おもちゃ用のものは構造が単純になっていて、安いです)

ちなみに通信用で遠距離をつないでいる光ファイバーは、さすがに光が弱まって
しまうので途中に光を増幅させるための装置があります。
    • good
    • 0

光ファイバーは、プラスチック製のものと、ガラス(ま、シリコンとも呼べるかな)製のものがあります。

大体、プラスチックがほとんどでしょう。
どちらにしても、窓ガラスなどに使われる普通のガラスに比べ、極端に透明の度合の高い材質です。(特に通信用は、何十キロという距離でも光が通じます)
芯部分(コア)と鞘部分(クラッド)の2重構造になっていて、どちらも同じように透明だけど屈折率(光の通り方)の違う材料で作ってあります。このようにすると、それらの境目で、「全反射」と呼ばれる現象が起きて、外側に漏れようとする光を内側にはね返すので光がもれずに遠くまで送ることができます。
おもちゃ用だと、2重構造になっていない(鞘部分を「空気」で代用している)ものも多いようです。
    • good
    • 0

ファイバー(Fiber)とは繊維(糸)という意味え、光を伝える繊維(細い管)を意味します。


光ファイバーはCDプレイヤーや病院で胃や血管の中を観察するとき、クリスマスツリーなどの装飾用具などに使われています。
光ファイバーには、二酸化ケイ素でできているもの、いろいろな金属と酸素の化合物でできているもの、プラスチックでできているものなど、いくつかの種類があります。
どの光ファイバーでも光が伝わる原理は同じで、管の外側は屈折率が低く、管の内側は屈折率が高いの、光は管からもれずに管の中で反射を繰り返しながら遠くまで伝わっていく、という仕組みです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自分は一般常識の本で学習中ですが、その本には民法やら金融やら難しいこと

自分は一般常識の本で学習中ですが、その本には民法やら金融やら難しいことが沢山書かれていました。
(自分が高校の頃は、日本に法律がある事すら知らなかったのに・・・)

どうして一般常識があんなに難しいのでしょうか?
また、一般人は本当にあんな難しいのを理解しているのでしょうか?

Aベストアンサー

中学校の社会科の公民分野で習うことは、根拠法令を出せば結構難しいことを教えていますよ。
教科書では、理解しやすいように書かれていますが。
>自分が高校の頃は、日本に法律がある事すら知らなかったのに・・・
本当だとすれば、質問者さんには難しいと思います。

Q本の読み方について、最近時間があり、昔に買った心理学やらなんやら

本の読み方について、最近時間があり、昔に買った心理学やらなんやら
の本をまた読み直そうと思っています。
実際は色々な本を買って一回は読んだことがありますが、結局の所、話
のネタ程度で終わってしまい。後で内容を忘れがちです。

身に付ければかなり便利な内容のものもあったのですが、すぐに忘れてしまいます。
そこで質問ですが、どのように読めば内容を身に付けられますか。

私的には、やはり朗読かなと思うのですが、、、もっと効率のよい方法が
あれば教えてください。

Aベストアンサー

私はあらゆる分野の本を読む癖があります。
小説は嫌いなのですが、文献が好きなんです。
いろんな情報が一気に入ってくるので、全部のことは覚えてられませんが、何度も読み返したりしているうちに、すっと頭に入るようになりました。

まず、本を熟読する方法には「理解」が必要です。
どれだけ書いてある内容に深く踏み込んで考えたか。というのが後の知識の引き出しに繋がります。
ただ文章を読み流すだけじゃなくて、考えながら読むんです。
1回目の読書は読み流すだけでいいと思いますが、2度目の読書の際は、「どうして?」と疑問を持つ部分を見つけるようにすると、頭に残るようになります。
後は投稿者様が理論派(理系系)か、感情派(文系系)かによるんですが、私は感情派なので、「もし、自分が同じ立場になったら」「もし、この知識を応用するとすれば…」と妄想の中で物語を作ってしまって、自分を主人公にすると知識が入ってきます。
理系系の観点は私には理解できない範疇なのでアドバイスのしようがありません。申し訳ないです。

しかし、考えることによって理解は成立する。ということだけは確かです。
朗読しても、きっと考えなければ頭に残りません。また、考えなければ応用も利かないものになると思います。
考える力は、考えることによってでしか鍛錬できません。
最初は未熟な考え方であっても、謎をひとつ見つけるだけで飛躍することになります。
がんばってください。

私はあらゆる分野の本を読む癖があります。
小説は嫌いなのですが、文献が好きなんです。
いろんな情報が一気に入ってくるので、全部のことは覚えてられませんが、何度も読み返したりしているうちに、すっと頭に入るようになりました。

まず、本を熟読する方法には「理解」が必要です。
どれだけ書いてある内容に深く踏み込んで考えたか。というのが後の知識の引き出しに繋がります。
ただ文章を読み流すだけじゃなくて、考えながら読むんです。
1回目の読書は読み流すだけでいいと思いますが、2度目の読書の際...続きを読む

Q光ファイバーについて質問です! 電気問題を解いててちょっと分からないことあるので教えてください! 問

光ファイバーについて質問です!
電気問題を解いててちょっと分からないことあるので教えてください!
問題、信号伝送用光ファイバに関する記述のうち、適切でないものはどちらか。
1.グラスファイバはプラスチックファイバよりも伝送損失が大きい。
2.周囲に電気的な雑音があるときわ電線よりも影響受けにくい。
答えは1と思ったんですけど2でした。
光ファイバーってノイズに強いんでないんでしょうか?詳しく教えてください!

Aベストアンサー

設問が、
・「適切でないのは」と「適切のは」と間違えている。
または、
・回答が間違えている。
のどちらか。
回答の解説は無いのだろうか。

プラスチックとガラスではガラスのほうが透過率は高くクラッドの反射も良い。
プラスチックファイバの利点はコアの断面積が大きいことだ。
断面積が大きいことでグラスファイバのように高い精度の位置決めの必要が無い。
また曲げに強く軽い。
施工が簡単と言うことだ。
長距離伝送には向かないが、設備内施工には有利。

光伝送で電気的ノイズの影響を受けるのは光信号を電気信号に変換する変換部だ。
ガラスもプラスチックもファイバそのものは電気的ノイズの影響を受けることは無い。

Q高学歴で向学心のあるインテリな両親(教員とか法律家とか医者とか院卒とか

高学歴で向学心のあるインテリな両親(教員とか法律家とか医者とか院卒とか)から生まれる子供と、
そうでない親から生まれる子供の間には
子供の教育において、かなりのハンデがあると思うんですが、
本当でしょうか?

Aベストアンサー

これはもう、教育社会学では常識です。特に難しい論文でなくても、一般向けの書籍でいくらでもそうした調査結果は出ていますから、お読みになったらいかがでしょうか?
もちろん、個々には「例外」もありますが、統計的には(つまり確率的には)はっきりと有意に差があります。

例えば、お茶大の調査結果ですと、低学力の子どもの保護者の特徴として
・携帯でゲームをする
・カラオケが好き
・スポーツ新聞、女性週刊誌を良く読む
・テレビが好き
・競馬、パチンコなどのギャンブルが好き

逆に高学力の子どもの保護者の特徴としては
・家庭に雑誌や漫画以外の本がたくさんある
・(携帯よりも)パソコンでメールをする
・新聞の政治経済欄を良く読む
・美術館などによく行く
・食事の時にテレビを見ない

等々が挙げられていますね。
これは、つまり家庭の「文化」と学校の「文化」の親和性が高いということで、そのため、子ども達が教師の言葉や学習の言葉に対して、親しみを感じ、理解力が高くなるためではないか、と言われています。

Q最近 脳のバックアップとかクラウド化とかサイボーグ化とか あまりにも人類が人間離れしすぎていて その

最近 脳のバックアップとかクラウド化とかサイボーグ化とか あまりにも人類が人間離れしすぎていて そのうち あの世や魂が無いことも証明されてしまうような気がして恐いです そんな世の中にこれからなっていってしまうのでしょうか?

Aベストアンサー

そのうち あの世や魂が無いことも証明されてしまうような
気がして恐いです
 ↑
ハイ、時間の問題ですね。
事実、分子生物学では魂など存在しないと
断言する専門家が多いです。

ノーベル賞を受賞した、利根川進先生も、
魂は存在しない、と明言していました。

恐いというのは納得です。
あの世や魂など存在しない、とする世界は
人心が荒廃し、犯罪が増えるような気がします。



そんな世の中にこれからなっていってしまうのでしょうか?
    ↑
なっていくと思いますが、それは証明とは
あまり関係ないでしょう。

科学技術大国である米国では未だに宗教が
大きな力を持っていますし、
進化論など信じない、という人が沢山おります。

科学がいくら発達しても、宗教は宗教で残ります。
宗教が残れば、魂やあの世も存続し続けます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報