母が大腸がんにて入院しています。当初はステージ2くらいで転移もない、ということでしたが、その後肝臓も怪しくなったらしくCTなどの検査を行いました。結果は不明で疑わしい・・ということで、大腸がんの切除手術中時に直に生検してがんと判明すれば、その部分を胆のうごと切り取る、という説明でした。既に3センチほどの大腸ポリープも7つほど内視鏡切除を受け、今回は取りきれなかった残りのポリープとがんとで50センチ近く大腸を切るそうです。

私が思うに、転移までしているとなったらこれはもう末期がん(5年後生存率25%)。案外早くにわかっていたが、家族や本人への配慮からストレートな伝え方をせずにこういう形を(たまたまその場でわかったので対処しました、みたいな)することがあると聞きました。本当なのでしょうか。また、末期がんとまでなっても今だに全く何の自覚症状もない状態で、ひょっとしたらそんなに心配することもないのかも・・と一縷の望みを抱いたりしていますが、人それぞれとは言うものの、客観的にはどう考えるべきなのでしょうか。また、それまでの精緻な検査に比べてこういう手術の対処というのは何だかずさんな印象で、知らされていることが本当に事実の全部なのか、邪推してしまいます。経験者の方、いかがですか?
ご意見をよろしくお願いいたします。
ちなみにがんとわかったのが今年の4月、入院開始は6月4日、手術は6月29日です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

再びこんにちは。



>便を2日分採って行う大腸がん検査

人のヘモグロビンだけを検査する便検査です。
昔は肉を食べると血液反応がでるからダメなどあったんですが、今は人の血液だけに反応するようになっているのでそれにひっかかったのは幸いでしたね。

>何度も色々な検査をしても結局開いてみないと「がんである」と特定できない場合もあるのでしょうか。血液検査に始まり、MRIやら造影検査など3回もしたのですが。

残念ながら、そういう場合もあります。
例えば肝臓などは「肝臓の組織を一部とって検査しますね。」
などといって「肝生検」というものをしたりします。
今回も疑わしかったらそうするでしょうが、幸か不幸か
直接肝臓を見ることができるのでそれも考慮に入っているのではないでしょうか?

MRIではどの部位にどんな大きさのものがあるか分かります。
悪性と良性では形が違うのでわかりやすいのもあるのですが
全く見分けがつかない物もあります。

それで薬を使った造影検査で詳しく見ていきます。
おそらくMRIはおなかの物で肝臓などを詳しく診られたのではないでしょうか?

診て居ないので差し障りのないようなことしか言えないことを申し訳なく思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どきどきの手術は本日終わりました。肝臓は検査の結果、「がん化していない」ということで切らずに済みました。今後は再発や転移との闘い。第二ラウンドです。ありがとうございました。

お礼日時:2004/06/29 20:20

ご心配ですね。


セカンドオピニオンは受けられました?

診断から入院まで、そして手術までがあまりに長いのでそれがとても不思議です。
手術までまだ数日ありますから、一応セカンドオピニオンを受けておいたほうがいいと思います。
3センチを7個って普通はステージ2では考えにくいと思います(親戚に大腸がんの人がいたので)
お医者様には事実を家族などにきちんと知らせる義務があります。知らせないで治療を遅らせる結果になるような、命にかかわるような結果になったとしたら取り返しがつかないので、本当にセカンドオピニオンをおすすめします。

私の叔父は、大腸がんで胆嚢、脾臓、肝臓などに転移があって大手術をしましたが、現在7年目。
元気に畑仕事しているくらいです。
なので、希望を決して捨てないでくださいね。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
3センチというのは一応良性のポリープらしいです。
母は異常に腸が長いらしく、長年の間にたくさんポリープができてしまったらしいです。実際のがんそのものは2センチくらいらしいです。

叔父様のような事例の存在にとても励まされます。私も母も起こることは何でも受け入れてしまうのですが・・
セカンドオピニオンを早速検討いたします。

補足日時:2004/06/26 18:00
    • good
    • 0

こんにちは。



この質問からでは推測しきれないたくさんのことがあるのですが思ったことを書かせて頂きますね。

大腸ファイバーというカメラでポリープを切られたのですよね。
ここまでの経緯は血便がでたからとかなにか症状があって検査でひっかかってなのかも知れませんが・・・。

大腸のポリープは良性でも癌化しやすく切り取るのが鉄則です。
そしてガン細胞が混じっていないか検査します。
その時点で「癌っぽいな」と見える場合もありますが
医師自身も確定できないので検査結果を待つしかありません。
(胃のポリープは癌化しにくいので大きさによってはそのままにしておくこともあります。)

そして、大きすぎるポリープはカメラでは捕りきれないため開腹手術になります。
そしてその場で切り取った物に癌が混じっていないか確かめながら、あれば多めになければその場所だけを切るといった
何度も開腹しなくて良いような方法をとられているのだと思います。

肝臓もあやしいだけで確定ではないのですよね?
確定してるけど言わないだけなのかな?そう思われているかも知れませんが
今の状態では(一応悪い方にとらえて書いてみます)
肝臓に転移はしているけどほかにもあるかも知れないし検査をやり直さないと詳しくは分からないな。
という感じなのかも知れません。
開腹するのでちょうど周りの臓器や腹膜の状態も確認できますので
それで随分状態がはっきりしてくると思います。

この質問ではこれ以上はお答えできかねますが
手術の成功をお祈りします。
お大事になさってくださいね。

この回答への補足

早速のご回答ありがとうございました。
便を2日分採って行う大腸がん検査でひっかかった、というだけで、多少の便秘は生来ありましたが、その他には何もありません。細密検査しなさい、ということで、行った結果判明しました。
ちょっとお伺いしたいのですが、何度も色々な検査をしても結局開いてみないと「がんである」と特定できない場合もあるのでしょうか。血液検査に始まり、MRIやら造影検査など3回もしたのですが。

補足日時:2004/06/26 17:59
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 胆嚢がん、胆管がん<肝臓・胆嚢・膵臓の病気>の症状や原因・診断と治療方法

    胆嚢がん、胆管がんとはどんな病気か  胆管とは肝臓で作られた胆汁を流す管であり、その脇道に胆汁をためる胆嚢があります。それぞれにできたがんを、胆管がん・胆嚢がんと呼びます。胆管がんはさらに、肝臓内の胆管にできる肝内胆管がんと、肝臓外の胆管にできる肝外胆管がんに分類します。  胆管は肝臓内では枝葉のように分かれていますが、肝臓外に出る所で1本の“総胆管”になります。胆汁は総胆管を通って十二指腸に流れ...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大腸がんからリンパへ転移した場合について

今日、父が病院の外来へ行って
大腸がんからリンパへ転移していたという話を聞きました。

色々考えてしまって、寝られそうにないので質問させていただきます。
話にまとまりがないかもしれませんが、宜しくお願いします。

まずは父の病気の経緯からお話します。

3月の半ばに、お腹がパンパンにはれて
病院へ行くと、今日中に手術しないと危険という状態で
緊急手術をしました。

大腸がんの腸閉塞で、腸が破裂寸前だったそうです。

手術は無事成功し、その時にお医者さんに
「転移もなく、全部取れました」
と言われ安心していました。

10日間ほど入院し、3月末に退院しました。

そして、今日の外来でリンパに転移していた…と。

これって、手術の時には
リンパに転移していることがわからなかったということですよね?

リンパというのがいまいちわからず、色々調べても私には理解できません。
どうして手術の時にはわからなかったのでしょうか?

ゼローダという抗がん剤を処方されたようなのですが
やはり抗がん剤というのは副作用がきついものですか?

リンパへの転移というのは手術できないものなのでしょうか?
抗がん剤で「完治」というのはありえますか?

質問が多くて申し訳ありませんが、何か一つでもわかることがあれば教えて下さい。
お医者さんにもっと詳しく聞けばいい話なのでしょうが
父から聞いた話だけだと不安で、眠れなくて困っています。
私は来月に出産予定があり、ここのところ色々あって不安でたまらないのです。

お勧めの本などあれば、それも教えて下さい。
知識に乏しい人にもわかりやすく書いてあるものをお願いします。

あと、次の外来の時に、お医者さんに聞いておいた方がよいことなどあれば
それもアドバイスいただけると助かります。

今日、父が病院の外来へ行って
大腸がんからリンパへ転移していたという話を聞きました。

色々考えてしまって、寝られそうにないので質問させていただきます。
話にまとまりがないかもしれませんが、宜しくお願いします。

まずは父の病気の経緯からお話します。

3月の半ばに、お腹がパンパンにはれて
病院へ行くと、今日中に手術しないと危険という状態で
緊急手術をしました。

大腸がんの腸閉塞で、腸が破裂寸前だったそうです。

手術は無事成功し、その時にお医者さんに
「転移もなく、全部取れました」
...続きを読む

Aベストアンサー

私もリンパ節に転移があった大腸癌患者です。

他の回答者の方もおっしゃっていますが、リンパ節は手術時に多めに切り取り、それを検査に出し2週間くらいして転移しているかどうかが初めて分かります。

そしてリンパ節転移があった場合は補助的に抗がん剤治療をします。

肝臓や肺などの遠い臓器に5年間転移しなければ、ほぼ完治したと言えます。リンパ節までなら大丈夫です。

オススメの本とかはありませんが、私はネットで大腸癌のサイトをよく読むようにしています。

Q母が大腸の内視鏡検査で・・・(何でもいいので回答ください!!)

母が大腸の内視鏡検査検査を受けました。
すると、3センチくらいの腫瘍のものが映っていたそうです。
大きいので、内視鏡では取れなくって
その腫瘍の一部を取り出して、検査するとのことです。
病院の先生は、母には詳しくは教えてくれなかったのですが、来週家族の人に来てもらいたいと言っていたそうです。
母は助からない病気なんでしょうか(>_<)
ショックです。

Aベストアンサー

私の父は大腸癌で腸閉塞になり開腹手術を行い、転移があった為に残念ながら他界したのですが、お母様は細胞検査をされてますが腫瘍…まだ癌とも解らないですよね。ショックですが結果を待ち考えましょう。
説明には大事な話や高齢者や患者だけでは説明が十分聞き取れないと判断すれば家族を呼ぶ事はあります。最悪の心配もありますが今は落ち着いて考えすぎないようにしましょう。
昨日のニュースコラムで転移がない場合の大腸癌での内視鏡手術が3年で200症例成功した例があります。もしもの時は相談されるのもいいかもしれません。難しい術式ですし実施病院が少ないですが患者の負担が開腹や腹腔鏡より負担が少なく体を切らない点がいいです。
http://www.mainichi-msn.co.jp/science/medical/news/20060922dde001100009000c.html
http://www.mainichi-msn.co.jp/science/medical/news/20060922k0000e040079000c.html

Q大腸がんの再発(1年以内)について

父の大腸がん(S字結腸)の再発について知りたいことがあります。

(経緯)
昨年、大腸がんが内視鏡でみつかり(ステージII)手術をしました。
その後、定期的に血液検査やCTを行っていましたが、全て陰性。
術後、半年経ち、異常な疲労感を感じ、主治医に相談しましたが、
検査で陰性なので、考えすぎと言われ何も検査はしてもらえずでした。
その後、すぐ人間ドックで潜血反応が出たので、内視鏡検査を
お願いしたところ、手術からまだ8ヵ月しか経っておらず、1年間は
内視鏡ができないと言われ、潜血は、手術患部の炎症によるもので
癌はあり得ないと言われ、またそのままにされました。

その後、体調が悪化し、見かねた母が主治医に検査をお願いに行くと
CT検査と血液検査だけされました。結果は陰性。
手術から1年経ち、ようやく内視鏡検査をしたところ、
腸が細くなっていると言われ、細胞を病理検査したところ
癌細胞が発見され、局所再発(5cm)と言われました。

(質問)
・本当に大腸がんの手術から1年間は内視鏡ができないのか?
・最初の時は、内視鏡検査の時点で癌だと言われたが、
 今回は、言われなかった。5cmにもなるのにわからないものか?
・1年以内で5cmに成長する癌はあるのか?(父は69歳)
・取り残し(見逃し)があったのではないか? 
 (主治医は、ないと断言している)
・PET-CTを予定しており、その結果次第で治療法が決定するが、
 転移している可能性はあるか?
・余命はどのくらいか?(転移している場合と、手術できた場合)

覚悟はしているつもりです。真実を知り、できるだけのことを
父にしてあげたいと願っています。
よろしくお願いします。

父の大腸がん(S字結腸)の再発について知りたいことがあります。

(経緯)
昨年、大腸がんが内視鏡でみつかり(ステージII)手術をしました。
その後、定期的に血液検査やCTを行っていましたが、全て陰性。
術後、半年経ち、異常な疲労感を感じ、主治医に相談しましたが、
検査で陰性なので、考えすぎと言われ何も検査はしてもらえずでした。
その後、すぐ人間ドックで潜血反応が出たので、内視鏡検査を
お願いしたところ、手術からまだ8ヵ月しか経っておらず、1年間は
内視鏡ができないと言われ、...続きを読む

Aベストアンサー

・PET-CTで陰性の場合、手術と言われておりますが、微小転移していたとして、手術した場合、逆に手術が悪影響を及ぼす可能性がありますか?それでも手術はした方がいいですよね?
体力的な負担がデメリットだと思います。これにより、全身的にはストレスがかかった状態となり、免疫力が低下します。肺炎などを併発しやすかったり、微小転移が大きくなる可能性もあります。
もちろん、再手術なので技術的に難しくなり、合併症のリスクも高まるでしょう。
大腸などの消化管の場合、放置すると食事を食べることができなくなります。腸閉塞などを合併する為です。それを予防する為だけでも、行う意義はあるのではないかと思います。

・他に微小転移していた場合、後でその部分が再発という形で癌が発見されることになるのでしょうか?その癌を現時点で、化学療法で無くす、もしくは進行を遅らせることは可能でしょうか?
おそらく、追加で化学療法をされるのではないかと思います。これが完全に腫瘍細胞を殺してしまうことは難しいとしても、進行を遅らせることは可能だと思います。ただし、腫瘍が抗がん剤治療に耐性を持ち始めると、その時点で再発となってしまうものと思われます。

・PET-CTで陰性の場合、手術と言われておりますが、微小転移していたとして、手術した場合、逆に手術が悪影響を及ぼす可能性がありますか?それでも手術はした方がいいですよね?
体力的な負担がデメリットだと思います。これにより、全身的にはストレスがかかった状態となり、免疫力が低下します。肺炎などを併発しやすかったり、微小転移が大きくなる可能性もあります。
もちろん、再手術なので技術的に難しくなり、合併症のリスクも高まるでしょう。
大腸などの消化管の場合、放置すると食事を食べる...続きを読む

Q母が大腸ガンと診断されました。

つい昨日の内視鏡検査で母の大腸に3つのポリープが見つかりました。
2つは良性でそのままとってもらいましたが
1つは明らかにガンなので手術しないととれないといわれたそうです。

本人は軽い気持ちで検査を受けたので
まさかのガン発見にかなりショックだったようです…

検査についていったわけではなく
母からきいた情報だけなので私もいまいち状況がつかめておりません…

・ガンはガンなので入院して手術が必要だといわれました。

・組織をとって検査にまわし、その結果が10日前後でわかるので、そ れ次第で大きい病院を紹介しますといわれたそうです。
 →病気を確定するための検査でしょうか・・??

先生は、手術はいそがなくても大丈夫、といっていたそうですが
検査結果までに10日、それから入院先を決めて
すぐに入院できればいいですが、待ちがあってどんどん手術が先延ばしになったら大丈夫なのか!?心配です。・・・

大阪の高槻にある医大病院が腕がいいそうなので
そこで手術させたいのですが、ますます待ちが多そうです。。。

まず、直腸がんなのか、結腸がんなのか、そこらへんもちゃんと聞いてなかったみたいです。。。

とにかく、先生も看護婦さんもそれほど深刻そうではなく
普通に本人に「あ、これはガンですね」と告知したそうです。。

あきらかに末期や深刻なガンであれば
家族を呼んだり、もっと慎重に告知するんじゃないか?
初期のガンだから本人にすぐに告知したのかな?と
いい方向にかんがえてしまっている部分もあります。。

でも、内視鏡でそのままとってしまえないほどのガンであれば
やはりある程度進行してしまっているのかな?とも思います…

大腸ガンだったと母からメールをうけてから
数多くのサイトを見て勉強したのですが、
母がどういうケースなのかがわかりません…

検査結果を待つしかないことは確かなのですが
それまでに知識をつけたいです。
そして母を少しでも元気づけてあげたいです。

何でもいいのでアドバイスをどうかよろしくお願いします。

つい昨日の内視鏡検査で母の大腸に3つのポリープが見つかりました。
2つは良性でそのままとってもらいましたが
1つは明らかにガンなので手術しないととれないといわれたそうです。

本人は軽い気持ちで検査を受けたので
まさかのガン発見にかなりショックだったようです…

検査についていったわけではなく
母からきいた情報だけなので私もいまいち状況がつかめておりません…

・ガンはガンなので入院して手術が必要だといわれました。

・組織をとって検査にまわし、その結果が10日前後でわかる...続きを読む

Aベストアンサー

友人が大腸癌でした。しかし、再発もなく、術後、数年間は検査に月、一度、通っていましたが、現在ではそれからも解放されまして今はほとんど、後遺症もなく、元気で過しています。しかも初期の発見ではなかったということを付け加えておきたいと思います。

私は一度、癌になったら、一生、検査の為に病院に行かねばならないと聞いていましたのでこれは新鮮な驚きでした。それで、調べてみましたら、すべての癌の中で最も生存率の高いのが大腸癌だということを知りました。お母様にお伝えしてください。直せると確信しているので医師も深刻にならないのだと思います。例え、初期でなかったとしても大丈夫です。

もし、深刻なケースだと、入院前に早く来てくださいと病院の方から連絡があるくらいです。すぐに告知されたということは心配しないで良いくらいの癌だということだと思います。

友人の場合は結腸癌で問診でも分かるくらいの癌で内視鏡での再検査も不要だったそうです。昔のように癌と聞いたらすぐに大病だと考えてしまう時代ではありません。また、大腸癌に罹患する方は多くいます。
ためしてガッテンの2年前の放送でも健康な人だと思って検査したら大半がポリープも含めて病気が見つかったと言っており、印象に残っていました。古い放送の記録が残っていましたのでご紹介しておきます。

お大切になさってください。

参考URL:http://www3.nhk.or.jp/gatten/archive/2006q4/20061122.html - 22.1KB

友人が大腸癌でした。しかし、再発もなく、術後、数年間は検査に月、一度、通っていましたが、現在ではそれからも解放されまして今はほとんど、後遺症もなく、元気で過しています。しかも初期の発見ではなかったということを付け加えておきたいと思います。

私は一度、癌になったら、一生、検査の為に病院に行かねばならないと聞いていましたのでこれは新鮮な驚きでした。それで、調べてみましたら、すべての癌の中で最も生存率の高いのが大腸癌だということを知りました。お母様にお伝えしてください。直せる...続きを読む

Q大腸ポリープはほっといていいですか

先日大腸の内視鏡検査を受けました。ポーリープが見付かりましたが組織検査の結果、しばらく様子を見ましょうといわれました。大腸ポリープはガン化しやすいとも聞きました。半年後の再検査までほっといていいものでしょうか。不安です。どなたか適切なアドバイスをいただければ幸いです。

Aベストアンサー

お医者さんがアドバイスされていて、よかったですね。
じつは、わたしも以前、大腸にポリープが見つかりまして、そのときのことで、なんらかのご参考になればと投稿いたしました。

「大きいほど悪性の可能性が高い。一センチ以上は要警戒」ということだそうですが、わたしの場合は、二センチ近くの大きさ。癌を覚悟しました。
担当の医師が内視鏡を入れると、摘出するつもりのポリープの陰にべつのポリープが見つかり、その位置から、摘出洩れの可能性がなきにしもあらずということで、開腹手術にきり替えました。
そうして摘出したポリープの、良性か悪性かの検査結果が判明する日の診察室で、「良性であった」。同時に「放置してたら、癌になった」。
でも、「患者よ、がんと闘うな」(文春文庫)の著者である近藤誠さんの「成人病の真実」(同)には、良性が悪性に変化することはない、と書いてあったはずですが。でも、ガンでなくて、ほっ。

その後のことですが、「ポリープのできるひとは、できやすい体質なのだから、定期的に検診をうけたほうがいい」と新聞の医学記事などで承知していたものの、何年もほったらかし。やっと重い腰をあげて、内視鏡検査を受けると「小さいのひとつなし」。それからまた二三年たってます。

「半年後」ということに不安をお持ちのようですが、がんが見つかった患者も、きょう、あすにも手術してほしいと焦る思いに駆られるようです。でも、進行性のガンなら、きょう、あすに手術したところが手遅れとか。先走ってあまり深刻にならないほうが、お体にもいいのではないでしょうか。

お医者さんがアドバイスされていて、よかったですね。
じつは、わたしも以前、大腸にポリープが見つかりまして、そのときのことで、なんらかのご参考になればと投稿いたしました。

「大きいほど悪性の可能性が高い。一センチ以上は要警戒」ということだそうですが、わたしの場合は、二センチ近くの大きさ。癌を覚悟しました。
担当の医師が内視鏡を入れると、摘出するつもりのポリープの陰にべつのポリープが見つかり、その位置から、摘出洩れの可能性がなきにしもあらずということで、開腹手術にきり替えま...続きを読む

Q大腸ポリープ切除後の検査

よろしくお願いいたします。
大腸の内視鏡検査を受けて、その際に8mmのポリープがありました。その場で切除され、病理検査に回されました。特にドクターからのコメントは無く、看護師に数日の食事制限について説明され帰宅しました。2週間後に結果を聞きに行きます。ガンであった場合でもきれいに切除できたので、ある程度は安心しています。でも心構えはしておきたいです。最悪の場合、即入院または抗がん剤治療宣告とか想定しておいたほうがよいでしょうか?自覚症状無し、47才、男です。内視鏡の時によく聞けばよかったのですが、ポリープがあって動転したのと、ドクターがあっという間に去ってしまい、話が聞けなかったです。

Aベストアンサー

当方、3箇所の腫瘍摘出術5月開始・・・8度の再手術・・・10月末がらリハビリ。

何を考えてるの?  やるしか無いのでしょ!

「まな板の鯉」 鯉になるしか無いのでは?

考え何か前進しますか?

当方は子供4人の6人家族。

当方の腫瘍はでかかった!!!

後々の事考えてどうするの?  鬱病にでもなる気持ち?

「こんなもんでは負けん」と、子供に言って手術と術後。

47歳・私より3歳若い。   気持ちの問題。

負けん気が無ければ正直めげそうだったが・・・



厳しく記述しましたが、自分なりペースで乗り切って下さいね。

何もかもかも、全て前向きな気持ちで!!!

Q母の大腸癌について

80歳をこえる母が大腸癌になり、手術は成功しました。ところがその癌が肝臓に転移していました。
母の希望で延命治療はしないということで、自然に任せようと考えています。
そこで質問なのですが、肝臓へ転移したがんにより、これからどのような症状が出てくるのでしょうか。
できるだけ苦しまずに天寿を全うさしてやりたいと思いますので、アドバイスお願いします
また、年齢が高くなっても癌の進行速度は若い者と変わりないと聞きましたが、大腸癌は例外で高齢者ほど遅いとも聞きました。肝臓へ転移したがんは大腸の癌ですので同じように進行が遅いと考えてよいのでしょうか。
 よろしくお願します

Aベストアンサー

No.3です。

(Q)余命診断というのは本当にできるのでしょうか
(A)先生の経験と勘ですよ。
科学的な根拠……つまり、診断基準があるわけではありません。

(Q)そんなに計画的に症状が進むとも考えられませんし、今から予約して、一か月後に入院できても、元気であれば母のためにならないのではと思います。
(A)ホスピスは、余命半年と診断されなければ、入院できません。
それから予約をして、一ヶ月待ちということになります。
ですから、今から、事情を把握しておくべきなのです。
例えば、先生が余命一月ですね……というのでは、
予約しても間に合わないということです。
十一月には、まだまだ大丈夫ですと言っていても、
十二月には、様態が悪化して、余命三ヶ月です……
ということもあるのです。
だから、何が起きても慌てないように、情報収集と
準備を、しっかりとしておくべきなのです。
また、多くの施設が、予約=かならず入院 という訳ではありません。
入院希望の人はたくさんいるのですから、予約しても、
まだ、その時期ではないと思えば、順番を後にしてもらえば
良いだけの話。

No.3です。

(Q)余命診断というのは本当にできるのでしょうか
(A)先生の経験と勘ですよ。
科学的な根拠……つまり、診断基準があるわけではありません。

(Q)そんなに計画的に症状が進むとも考えられませんし、今から予約して、一か月後に入院できても、元気であれば母のためにならないのではと思います。
(A)ホスピスは、余命半年と診断されなければ、入院できません。
それから予約をして、一ヶ月待ちということになります。
ですから、今から、事情を把握しておくべきなのです。
例えば、先生が余命...続きを読む

Q大腸ポリープのグループ分け

毎度毎度お世話になっております。
先日、大腸ポリープが見つかり、生検の結果が出るまで不安な日々をおくっている28歳の者です。

今回はグループとステージについてお聞きしたいのですが、自分なりに調べてみましたが、合っているのかどうかわからず・・・。

グループI → 非腫瘍性で異型のない粘膜組織。正常粘膜。
グループII → 非腫瘍性で異型を示す病変。軽度異型を示す。
グループIII → 腫瘍性で軽度から中等度異型を示す病変。
グループIV → 腫瘍性で高度異型を示す病変。

・グループV → 明らかに癌と診断しうる異型を示す病変。癌。
・ステージI → 癌が粘膜内にとどまっている状態。
・ステージII → 癌が大腸壁にとどまっている状態。
・ステージIII → 癌が大腸壁を越えているが転移がない状態。
・ステージIV → リンパ節転移のある状態。
・ステージV → 遠隔転移のある状態。

と、わたしが調べた感じではこうなのですが・・・。ステージはデュークスとも言うんですか? 
要するに、ポリープから癌への流れ(グレーゾーンがあるのはわかっていますが、あえて分けた場合)は、グループIVとグループVの間で線引きされるということでしょうか?
もう心配で心配で・・・。よろしくお願いします。

毎度毎度お世話になっております。
先日、大腸ポリープが見つかり、生検の結果が出るまで不安な日々をおくっている28歳の者です。

今回はグループとステージについてお聞きしたいのですが、自分なりに調べてみましたが、合っているのかどうかわからず・・・。

グループI → 非腫瘍性で異型のない粘膜組織。正常粘膜。
グループII → 非腫瘍性で異型を示す病変。軽度異型を示す。
グループIII → 腫瘍性で軽度から中等度異型を示す病変。
グループIV → 腫瘍性で高度異型を示す病変。

・グルー...続きを読む

Aベストアンサー

大腸ポリープの生検を受けられたのですね。生検の質的な分類としてよく使われているのがGroup分類です。胃ではローマ数字I-V、大腸では算用数字1-5を使います。

ごく簡単に言えば、次のような意味で使われます。
Group 1 上皮に腫瘍性の病変はない。
Group 2 (あまり使いません。)
Group 3 良性腫瘍(腺腫)
Group 4 癌の疑い
Group 5 癌

Group分類は内視鏡で採取された小さな検体を対象に判定されるもので、質的な評価です。これと、癌の進行度に関するStage分類は別のもので、Group 5が進行してStage Iになるわけではありません。例えて言えば、事件の容疑者が有罪かどうかを判定するのがGroup分類で、犯罪者による被害を評価するのがStage分類です。

そんなに気にしないでも、28歳で癌は少ないですよ。ポリープのかなりの割合は腫瘍と関係のないものですし、いざ癌が見つかってもポリープ状のものは(大きさにもよりますが)切除しやすいものです。

もし癌があったら、それは運が悪いのではなく、早期発見できて幸運だという捉え方もあります。「検査しないで放って置いたら死んでたな」とでも思って頂けるといいのですが。

大腸ポリープの生検を受けられたのですね。生検の質的な分類としてよく使われているのがGroup分類です。胃ではローマ数字I-V、大腸では算用数字1-5を使います。

ごく簡単に言えば、次のような意味で使われます。
Group 1 上皮に腫瘍性の病変はない。
Group 2 (あまり使いません。)
Group 3 良性腫瘍(腺腫)
Group 4 癌の疑い
Group 5 癌

Group分類は内視鏡で採取された小さな検体を対象に判定されるもので、質的な評価です。これと、癌の進行度に関するStage分類は別のもので、Group 5が進行してSta...続きを読む

Q診断書は「がん」なのにがん保険がおりません

質問です。
宜しくお願いします。

先月直腸癌になり手術をして現在退院しています。
診断書の病名は「直腸癌」、病理組織診断名は「高分化腺癌」。
手術内容は内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(直径2cm以上)
と記載があります。

契約している生命保険(アフラック)の保障対象疾病は上皮内新生物、悪性新生物とありました。
上皮内新生物・・第5桁性状コード番号2のもの
悪性新生物・・第5桁性状コード番号3、6、9のもの

昨日自分が不在の時にガン保険は適応されないと保険会社から電話があったようです。
診断書の病名が直腸癌なのに保険が出ないのはどうしてでしょぅか??
第5桁性状コード番号は診断書に記載はありません。
保険会社は診断書のどこを見て判断しているのでしょうか・・・

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

生命保険専門のFPです。

「内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(直径2cm以上)」
という手術ならば、腫瘍は粘膜内に留まっているということで、
悪性新生物ではなく、上皮内新生物です。
(悪性新生物ならば、粘膜切除術では治らないため)

直腸癌に限らず、大腸癌の粘膜内癌は、分類上は、
ステージ0(0期)であり、上皮内新生物となります。
上皮内新生物とは、癌細胞はあるけれど、
それは粘膜内に留まっており、
浸潤・転移はないということです。

大腸の構造は、内側から、粘膜、粘膜筋板、粘膜下層、
固有筋層、しょう膜という構造になっています。
がんは、最初に、粘膜にできて、大きくなっていくのですが、
粘膜内にある場合には、浸潤・転移をしないので、
「癌細胞があるだけ」という状態なので、
上皮内新生物として、浸潤・転移のある悪性新生物とは
区別されています。

粘膜内癌を「0期(ゼロ期)」として、別扱いにしているのは、
大腸癌(直腸癌を含む)の特徴です。
胃癌、食道癌などには、0期はありません。

「高分化腺癌」というのは、細胞の形で、
低分化~高分化まであり、
大腸癌の場合、多くは高分化型です。

アフラックのがん保険には、いくつも種類があります。
古い物から言えば……
がん保険、新がん保険、スーパーがん保険、
21世紀がん保険、フォルテ、DAYS
となります。
このうち、上皮内新生物を保障するのは、
21世紀がん保険以降か、
または、スーパーがん保険以前のがん保険に、
上皮内新生物も保障の対象とする特約を中途付加している
場合だけです。

従って、今回の場合……
ご病気は、大腸の粘膜内癌=上皮内新生物です。
質問者様の契約しているがん保険が、
スーパーがん保険以前のがん保険で、
上皮内新生物を保障する特約を中途付加していない、
または、契約してから90日以内ならば、
保険会社の言う通り、保障の対象外となります。

21世紀がん保険以降のがん保険、または、
スーパーがん保険以前のがん保険に上皮内新生物を保障する
特約を中途付加している場合には、
保険会社の言っている事は、間違いです。

なので、ご質問の内容からだけでは、
判断できません。

ついでに……
「昨日自分が不在の時にガン保険は適応されないと保険会社
から電話があった」
とのことですが、これがわかりません。
まず、結果を電話で連絡するということは、普通はありません。
(代理店ならば、サービスとして、している場合がある)
さらには、支払いの結果を請求者以外の方に伝えるというのは、
あってはならないことです。

こういうことは、とても微妙な問題なので、
必ず請求者に伝える
(請求者が本人ならば本人、家族ならば家族)
問題が微妙であればあるほど、文書で伝える
というのが原則です。

この件については、クレームを申し立てることができます。

生命保険専門のFPです。

「内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(直径2cm以上)」
という手術ならば、腫瘍は粘膜内に留まっているということで、
悪性新生物ではなく、上皮内新生物です。
(悪性新生物ならば、粘膜切除術では治らないため)

直腸癌に限らず、大腸癌の粘膜内癌は、分類上は、
ステージ0(0期)であり、上皮内新生物となります。
上皮内新生物とは、癌細胞はあるけれど、
それは粘膜内に留まっており、
浸潤・転移はないということです。

大腸の構造は、内側から、粘膜、粘膜筋板、粘膜下層、
...続きを読む

Q大腸がんの検査結果の日数について

大腸がんの検査をします。便鮮血検査と内視鏡をするそうです。内視鏡は結果が10日程で出るとネットで調べて分かりましたが、便鮮血検査というのはどれ位で結果が出るものなのでしょうか?まだ検査はしていないのですが、早く結果が知りたくて、不安で仕方がありません。詳しい方・経験者の方などいらっしゃいましたら教えてください。(年齢などで左右されますか?私は20代後半の女性です)宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ご心配ですね。でも、20代で大腸がんはとても珍しいので、家系に若くして大腸がんになった人がたくさんいない限り、あまり心配しなくていいと思います。

大腸の内視鏡検査をして、生検(粘膜のごく小さなかけらを採取すること)をします。この材料から顕微鏡標本を作製し、病理医が診断するまで最短で1日か2日でしょう。10日というのは手続きや連絡、輸送のためのロスタイムが含まれていると思います。

潜血(鮮血じゃないです)検査は、1日でいいと思いますが。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報