痔になりやすい生活習慣とは?

アメリカの連邦政府は時代がくだるにつれて州政府より権限が拡大してきていると本のかかれていましたが、
これは本当でしょうか?
ご意見、お願いします。
またそうである理由、そうでない理由も聞かせてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

私は米国史の専門家じゃないのですが、やはりおっしゃる通りだと思います。


むしろ初期の連邦政府の権限が極端に小さかった、という方が近いかもしれません。
アメリカという国は植民地時代のイギリスの支配に対するアンチテーゼとして起きた国なので、伝統的に国家権力そのものに対する不信感や嫌悪感が強いんです。
州でできる事は州で、市でできる事は市でやりたがるお国柄のようで、建国当初なんて各州の反対で通貨の発行さえ思うようにできなかったくらいです。
よほどみんな連邦政府が嫌いだったようですね。

それが時代の進展にしたがって、普通並みの中央集権国家に近づいてきます。
具体的には州が組織されていないフロンティアの管理は連邦の管轄ですし(保安官のワイアット=アープも連邦職員です)、
郵便制度や鉄道網の整備くらいはしないといけない。
交通が便利になれば州の範囲を越えた警察活動も必要になりますし、
経済が発展して市場が拡大すれば産業政策や景気対策も国家レベルにならざるをえません。
それに何と行っても戦争です。
例えば南北戦争勃発時の連邦軍の総数はわずか2万人弱。第1次大戦でもせいぜい10万人程度でした。やっぱり大きな連邦軍なんていらん、という声が多かった訳ですが、いざ開戦となるとこれが一挙に100倍くらいに膨れ上がる訳です。たちまち巨大な軍官僚機構の誕生です。さすがに戦争は国家の仕事ですからね。
そうこうしていくうちに、こじんまりとした連邦政府が巨大な官僚機構になって来たという具合です。
おおざっぱな説明ですが、概ねこういう経緯だと思って下さい。

まぁ地域社会→地方政権→国家という風に行政の権限が集中してきているのは、どこの国もあまり変わらないとは言えます。日本だってそうですからね。
工業規格や通貨管理なんてすでに世界レベルの行政みたいなもんですし、
これが地球環境問題やら麻薬対策やら宇宙開発やらとなると、もう州政府の独立なんて言っていられないでしょうから、この流れが止まることはないのでしょうね。

それでも今でも、州政府に権限を戻して、連邦政府を縮小しようという政治的な動きは小さくありません。もともと連邦なんて外交と戦争だけやっていればいいのだ!くらいに考える伝統が生きているんでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
日本も最近地方の自治権を拡大しようという動きがあるようですが、
「アメリカを見習って」と、単純に考えるわけには行かないようですね。
いずれにしろアメリカの例は日本もとても参考になると強く感じました。

お礼日時:2001/06/16 10:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q違憲立法審査権(ドイツ式・アメリカ式)

ドイツとアメリカのそれぞれに対して、
実際に違憲立法審査の行われる時の流れや、
どの機関が権利を持っているのか、など教えてください。
または詳しく載ってるサイトを教えてください。

本やネットで調べているのですが、
なかなか分かりやすいものが見つけられずに困っています。
どうかお願いします。

Aベストアンサー

ドイツの場合、憲法裁判所が通常の司法裁判所(刑事、民事、行政訴訟などを担当)とは別に存在しており、ある法令がドイツ基本法に違反していないかどうかを決定する、第一審、かつ終審の裁判所となっています。

憲法裁判所は、連邦政府や州政府、連邦議会の三分の一以上の議員の申し立てにより、ある法律が、基本法に合致しているかどうかを審査し、判決を行います。また、基本法に定める基本的人権が侵害されたとする個人の申し立ても受理することができます。これらにより出された判決または決定は、一定の条件の下で、法律としての効果を持ちます(詳細はドイツ基本法93、94条を参照)。最近では、NATO域外へのドイツ軍派遣を可能にする法律は憲法違反であるとして、社会民主党が憲法裁判所に提訴。憲法裁判所が「合憲」と判示するのを待って、ボスニアにドイツ軍部隊が派遣された例がありました。
具体的な事件がなくても、法律の条文そのものを審査できるこの機能を「抽象的規範統制」と呼んでいます。

これに対し、アメリカの場合は憲法審査は、通常の司法裁判所である最高裁判所(およびその下級裁判所)が行います。ドイツと違い、法律そのものの合憲性を審査することはできず、具体的事件に即した形で違憲審査が行われます。たとえば、「大学の定員の一定数を、黒人やその他のマイノリティーに割り当てることを定めた法律」の違憲性を争う場合には、基本的にはその法律によって被害を受けた人、たとえばそれによって不合格となってしまった学生が、訴えることができます。逆に、その法律に反対した野党が、単に「違憲だ」といって訴えても、裁判所は受理しません。
また裁判の結果、違憲と判断されても、議会がその法律を廃止しない限り、法律としては存続し続けます。
要するに、日本とよく似た仕組み(より正確には、敗戦後の占領政策の影響により、アメリカの仕組みを日本が取り入れたのですが)となっています。

こんなところでいいですか?

ドイツの場合、憲法裁判所が通常の司法裁判所(刑事、民事、行政訴訟などを担当)とは別に存在しており、ある法令がドイツ基本法に違反していないかどうかを決定する、第一審、かつ終審の裁判所となっています。

憲法裁判所は、連邦政府や州政府、連邦議会の三分の一以上の議員の申し立てにより、ある法律が、基本法に合致しているかどうかを審査し、判決を行います。また、基本法に定める基本的人権が侵害されたとする個人の申し立ても受理することができます。これらにより出された判決または決定は、一定の...続きを読む

Qアメリカおいて分割政府は何故問題なのですか?急な政治の転換を押さえたり

アメリカおいて分割政府は何故問題なのですか?急な政治の転換を押さえたり両党の政治家が法案について妥協することを促すから良いと思うんですが…

Aベストアンサー

民主主義の役割をどう考えるかで"分割政府"の評価が変わってくると思います。

まず、わかりやすいモデルを・・・
例えば、ジャングルの中で100M競争をするとします。

先頭の人は足元の安全を確認できていませんから、安全優先のスピードになります。先頭以下の人は先頭の後ろについていけば安全は確認されているのでスピード優先でいけます。

先頭の人=旧連合国
先頭以下の人=旧枢軸国
と設定すれば

旧連合国の政府は国民が自発的に経済発展を実現するタイプだったので"統一政府"による専横をその国民が好まないのが最適になります。
どうせスピードが出せないなら先行してるし確実にやっていこうという戦略です。「民主主義は最悪の政治であるが、今まで存在したいかなる政治制度よりマシである」というチャーチルの名言もこの意味でしょう。

旧枢軸国の政府は政府が指導して経済発展を実現するタイプだったので"分割政府"による停滞をその国民が好まないのが最適になります。
先進国のやりかたを真似てスピード重視の戦略です。

前者では"分割政府"は手堅い統治という評価になり
後者では"分割政府"は停滞した統治という評価になりがちでしょう。

結局、その国がおかれている状況の解釈で問題かどうかの評価が分かれると思います。

民主主義の役割をどう考えるかで"分割政府"の評価が変わってくると思います。

まず、わかりやすいモデルを・・・
例えば、ジャングルの中で100M競争をするとします。

先頭の人は足元の安全を確認できていませんから、安全優先のスピードになります。先頭以下の人は先頭の後ろについていけば安全は確認されているのでスピード優先でいけます。

先頭の人=旧連合国
先頭以下の人=旧枢軸国
と設定すれば

旧連合国の政府は国民が自発的に経済発展を実現するタイプだったので"統一政府"による専横をそ...続きを読む


人気Q&Aランキング