諸事情により、私が住んでいる近場に3Mix-MP法で治療していただける歯科医院がないかを探しました。

その結果、見つかりはしたのですが、その歯科医院は3Mix-MP法オフィシャルサイトに掲載されていなかったのです。

オフィシャルサイトに掲載されている専門医、認定医であれば、間違いなく信頼できるように思えるのですが、掲載していないとなると信頼してよいのか不安です。

掲載されていない歯科医院は独自で薬の調合を考えて、治療を行っているのでしょうか?

私には、判断できない事なので、質問した次第です。

以上、宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

他の回答者も書いていらっしゃるように、あまり気にする必要はありません。



もともとは新潟大学の岩久正明名誉教授が考案した方法です。
岩久教授のセミナーを受講しましたが、教授によると、

「歯の神経を取ると歯の寿命が短くなるので、できることなら神経をとりたくない。神経を取らないで済ます方法をいろいろな人が提案しているが、どれも根拠が不明確で、『おまじない』程度でしかない。自分は歯科大学の教授であるので、『おまじない』よりはもう少しマシな方法が欲しい。」

と考えていくつかの抗菌剤を組み合わせてみたのだそうです。実験室の薬品棚にあった効きそうな抗菌剤を組み合わせてみたら、たまたま虫歯の歯の延命効果があったので、周囲の歯科医師に教えたのが広まったのだそうです。

きちんと治癒させることはできなくても、『とりあえず』延命効果が『おまじない』よりもましな程度にあるような方法を模索した結果であるので、抗菌剤の『最適な組み合わせ』は調べていません。あくまでも『とりあえず』『おまじない』よりはマシな方法である、というのが考案者である岩久教授の見解です。

この方法を岩手の歯科医師(どの学会の認定医でも専門医でもない)がグリセリンなどをまぜて使いやすい形にしたのが3MixMP法と呼ばれている方法です。

もともとの3種の薬剤(岩久教授は3Mixと呼んでいない)の組み合わせが、最適な組み合わせを調べていません。とりあえずやってみたら効果があった、というだけです。
『とりあえず』のモノの変法である3MixMP法も、最適な組み合わせの検証を行っていません。さらにオフィシャルサイトの『認定』なども発行している宅重歯科医師自体がどこの認定医でも専門医でもありません。何の資格もないただの歯科医師が勝手に『認定』と称しているだけです。

ですから、『認定』と言っても、何の資格もない人間が『認定』しているので、全く意味がありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

「とりあえず」、「おまじない」よりマシなもので、抗菌剤の組み合わせに問題があるかなどは不明なのですね。

岩久教授の見解がそういうことであれば、過度に期待できるものではないかも知れませんね。

私が知りたかったポイントが全て網羅されており、大変助かりました。

本当にありがとうございました。

お礼日時:2015/09/12 16:13

3Mix-MPといわれるものは他の解答にあるように、一部の歯医者が開発し、それを真似ているものもあれば、直接講習を受けて行なっているものです。


いわゆる民間療法で薬事的な根拠は非常に薄いものです。だから保険では出来得ない療法なのです。
現状ではこの治療を受けるのは患者ではなく協力者と言う立場です。医学的薬学的根拠が無いのですから治療ではない。治療ではないがこの療法の成果を得るための協力者と言うだけです。

薬剤を製薬メーカーが作っても認可されないし、販売すれば薬事法違反で捕まってしまうので研究用で認可されるかどうかのレベルです。ですから誰かがまとめて作っているか、各自で作っていると言うことでしょうね。つまり薬剤そのものにも差ほど信頼性があるわけじゃありません。

従って、あるグループは集団で実験データを解析しているとなれば、その研究グループは認定証を発行しているでしょう。広く普及して欲しいと言うグループは薬のレシピを公開し、自由にやらせています。そのほかただ自費にしたいからやっている歯医者も居る。
認定医であるかどうかに関係なく、医学的見地からの療法ではないので信頼性も医学的見地とは無関係です。なので認定医もそうでない人も似たりよったりと考えていいと思います
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

医学的な根拠がないに等しいこと、患者=協力者、認定医とそれ以外は似たりよったりということなんですね。

悲しいかな私のような神経を抜く必要がある人は、それでも頼ってしまうんですよね。

協力者として、治る方にかけてみようかと思います。

お礼日時:2015/09/08 23:05

以前回答した者です。



結論から申せばあまり気にしなくていいです。

まず3Mix-MP法というのは、新潟大学の某教授が3Mix法を開発して、それを宮城県の某開業医が真似して少し薬剤の調合を変えて3Mix-MP法と開発(?)しました。
新潟大学の某教授は大学研究者とあって効果があるか慎重に臨床研究している間に、真似した宮城県の某開業医は「削らない!」「痛くない!」とマスコミやメディア等を上手く使って大々的に宣伝を成功させました。
さらに歯科医向けセミナーでかなり儲けたそうですが、以前お答えしたように失敗するケースも当然増えてきます。そうすると「調合の腕の問題」「正規セミナーに参加してない」と言い訳するようになりました。

そういった経緯から、オフィシャルの掲載医院は「技術が確かな医院」というより「宮城の某開業医にお布施している医院」と言った方が正確でしょう(笑)

3Mix-MPだけでなく、他の治療法でも出鱈目で宗教的な事をしている歯医者が多いです(医者も多いですが)
基本的に日本歯科医学会分科会の専門医以外は金で取れる資格なので、信用しないほうがいいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

度々のご回答、ありがとうございます。

ある程度、理解できました。

私としては、車で15分の認可なし歯医者と車で45分の認可あり歯医者で迷っていました。

どう違うのかで選択肢は絞られるかとは思っていましたが、難しいですね。

遠い方の歯医者は、正規ではないにしてもセミナーをきちんと受講しているようですし、保険も使用可能でした。

一回薬の注入は経験済みですから(笑)

たぶん、3Mix-MP方の薬は、安いこともあり自腹で負担して、混合治療ではなくなるようにして、保険適用にしているのだろうと思います。

近場の歯医者も同じかは確認したいと思っています。

ちなみに、新潟大学の教授の研究がどうなったか気になります。

きっと大丈夫という結論に至ったのでしょうけど。

では、ありがとうごさいました。

お礼日時:2015/09/06 21:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q後入先出法と先入後出法は同じ意味ですか?

先入後出法なんて聞いたことはありませんが
後入先出法と先入後出法は
意味としては同じでしょうか?

Aベストアンサー

会計用語としては使っていなさそうですが、技術分野では使いますよ。
そして同義であることが普通です。
キューとかスタック、FILO/LIFOの用語を検索すると出てくるはずです。
ここが会計のカテゴリなので、参考までに。

ところで、会計上の後入先出法は期別なのか都度なのか、あるいはもっと
別の期間区切りかで、その求める値が変わってきますから、これはしっか
り区別しないといけません。

Q 滋賀で3MIX-MP法の治療を行っている歯科医院ご存知ないでしょうか

 滋賀で3MIX-MP法の治療を行っている歯科医院ご存知ないでしょうか。
40年前に神経を抜いた歯を、約2年前に痛みがあり治療をおこないました。
はれて痛みがあります。良いアドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

一応、宅重先生が立ち上げている勉強会の認定医はいないようですね。

http://www.3mix-mp.com/registered/official_link.htm

ただ、3mixの効果は日本歯科保存学会がが否定しているので、権威ある学会が
否定していることをやるのもどうなのかなぁとは思いますが

Q中国語の「擠吹法」などの意味

中国語の次の意味を教えてください。

「擠吹法」――「injection」という意味でしょうか?

もしそうだとすると
「擠拉吹法」はどういう意味でしょうか?

また、これに多少関連すると思われますが、
「供擠膜」はどういう意味でしょうか?

Aベストアンサー

「擠吹法」は『押出成形方法』ではないでしょうか?
補足されてるキーワードで日本語・中国語双方のサイトで検索し、両方のサイトを見比べてそう思いました。

各々の漢字の意味は以下の通りです。
ESMEさんがご存知の日本語の専門用語で、何か思いつくものはありますか?
「擠」→押し出す
「拉」→引く、引っ張る
「供」→供給する、提供する
「膜」→フィルム、膜、皮

私はプラスチック加工はおろか技術文書に関する知識は全くありません。
的外れでしたらすみません。

Q尼崎近郊で3Mix-MP法による治療を行っている歯科医

3Mix-MP法による治療を行っている歯科医を探しています。
尼崎近郊で、どなたかご存知ありませんか?

Aベストアンサー

尼崎に近いかどうかわかりませんが、医療法人 くろだ歯科医院 - (大阪府大阪市東淀川区東淡路)が3MIX MP法を行っています。私は京都に住んでるのですが、近くにはこの治療法を行っているところがないみたいなので、ここの歯科医院にでも行ってみようと思っています。(かなり遠いのですが^^;)詳しい事は下記のURLをクリックしてご覧になってくださいね。

参考URL:http://www.kuroda-dc.jp/

Q生活保護法第29条の2(行政手続法の適用除外)の意味がよくわかりません。またカッコ内の第12及び第1

生活保護法第29条の2(行政手続法の適用除外)の意味がよくわかりません。またカッコ内の第12及び第14を除くというのはどういう意味でしょうか?

Aベストアンサー

行政手続法第3章には、行政処分をするには処分基準を定めなさい(12条)、不利益な行政処分をするときは理由を示しなさい(14条)のほかに、
不利益な行政処分をする前に本人の意見を聞く「聴聞」という手続をしなさい、と規定されています。

行政手続法は、行政の一般ルールなので、個別の法律にもとづいて役所が行う様々な行政処分にこのルールが適用されます。

さて、生活保護法4章に規定されている行政処分には、たとえば生活保護の停止・廃止(26条)のように受給者にとって不利益な処分があります。
本来なら、行政手続法のルールが適用され、聴聞の手続をしなければなりません。

しかし、生活保護の停止をする前に、役所は調査や指導を通じて受給者とコミュニケーションをとって意見も十分聞いている『はず』なので、今更あらためて聴聞をやらなくてもいいよ、という趣旨で

『生活保護法4章に規定されている行政処分については、行政手続法第3章の一般ルールは適用しませんよ。
 ただし、12条、14条は聴聞と関係ないルールなので適用しますよ』

と決めているのが生活保護法29条の2です。
(もちろん、十分な調査や指導抜きでいきなり生活保護の停止・廃止をすれば、違法不当な行政処分とされることがあります)

行政手続法第3章には、行政処分をするには処分基準を定めなさい(12条)、不利益な行政処分をするときは理由を示しなさい(14条)のほかに、
不利益な行政処分をする前に本人の意見を聞く「聴聞」という手続をしなさい、と規定されています。

行政手続法は、行政の一般ルールなので、個別の法律にもとづいて役所が行う様々な行政処分にこのルールが適用されます。

さて、生活保護法4章に規定されている行政処分には、たとえば生活保護の停止・廃止(26条)のように受給者にとって不利益な処分があ...続きを読む

Q私は、元歯科衛生士です、2年前に退職した歯科医院で 下の奥歯を自費で治療した物が取れて壊れてしまい今

私は、元歯科衛生士です、2年前に退職した歯科医院で 下の奥歯を自費で治療した物が取れて壊れてしまい今、無い常態です。現在は、歯科医院で働いてなく正社員ですが、前に働いていた歯科医院は
入院するので辞めました。あれから1度だけ顔を見せに行ったきりです。院長の事は、治療の腕は、良いのですが性格は嫌いです。でも 行ったら「今、何してるの?とか聞かれるだろうし」新しい歯科医院を探して治療してもらうか、悩んでいます。皆さんだったら、どうしますか?

Aベストアンサー

2年も経ってるなら、壊れた者に対する保障は治療者にないから、
新規でいいところを開拓するのが良いですよ。

嫌いな人に口の中をみてもらうなんて、信用ならない人に身を任せるも同然じゃない。
気持ち悪いよ。

Q少年法など、意味がない、という意見に納得のいく反論をしてください。

少年法など、意味がない、という意見に納得のいく反論をしてください。

Aベストアンサー

まず、単純なところから指摘しましょう。

犯罪者として逮捕され、裁判によって裁かれる人というのの99%は軽微な犯罪です。
2014年の一般刑法犯の認知件数は121万件。そのうち、殺人事件は、1054件(予備・未遂を含む) つまり、殺人事件というのは日本で起きる犯罪の0.01%にも満たない例外的な事象である、ということです。そして、2014年の未成年者による殺人事件は52件(未遂・予備を含む)に過ぎません。
そして、その中で、親子喧嘩の末に親を殺した、とか、未成年者が子供を生んでその子供を殺した、とか、そういうケースも含まれます。しかし、こういうものはあまり報道されません。
結果、年間に数件、起こるかどうかわからない動機等がよくわからない、はたまた、身勝手な動機の凶悪犯罪ばかりがクローズアップされてしまいます。しかし、このような例外中の例外中の例外としか言いようのない事例で議論をすること自体がナンセンスと言えます。
ちなみに、少年犯罪のピークは1960年代前半で、年間300件以上あったのが現在は先に書いたとおり、年間50件前後。人口比でも激減しているのですが、統計1つ見ないで激増している、などとバカなことを言っている人が多い、と言う問題もあります。


犯罪をした人が、更生するために最も必要なもの。
それは、就職する、ということです。

警察に逮捕される。この時点で、学生であれば学校を退学になります。さらに、少年院などに入れば、経歴に不自然な空白期間が出来ます。
学歴もなければ職歴もない。しかも、経歴医不自然な空白がある。
この時点で、普通の人と比べて就職などの可能性が低くなります。そして、就職が出来ない、ということが、今度は「食べるために事件を起こす」などの動機へと繋がっていきます。
犯罪者は、刑務所に入ればそれで事件が終わり、ではありません。死刑にでもなれば別として、そうでない99%の犯罪者はやがて出所するのです。そして、その際には就職などが出来なければ新たな犯罪の芽となります。その観点で言うと、厳罰化などで刑務所に入れる期間が長くなればなるほど、そのリスクを高めるといえます。

少年法は、未熟な子供がやったことだから、というのが一人の理由になっていますが、それ以外にも理由があります。
それは、若い人ほど就職などがしやすいので、あえて保護する形にして、将来の犯罪の芽を摘もう、というものです。
就職雑誌などを見てもわかるでしょう。
「年齢は20代くらいまで」とか、「35歳以下募集」とか、そういうものが多い、ということに。
仮に18歳で事件を起こし、10年間、少年院にいてもまだ「20代を募集」で採用される可能性があります。しかし、20年にしたら、38歳ですから、募集そのものがなくなります。すると、就職できずに、となります。

まして、報道規制などをなくし、ちょっと調べればいくらでも名前も顔もわかるようにしてしまったら、ますます、その可能性は下がります。


犯罪を犯して刑務所に入っても、それで人生は終わりではありません。
やがて、社会へと復帰せざるを得ません。そのとき、社会で暮らしていける場がなければ、再びの犯罪へと向かわせます。
その観点で言うと、少年法を廃止する、というのは、犯罪者の社会復帰を妨げ、かつ、我々の税金を無駄遣いするだけの無意味極まりない行為と言えます。

まず、単純なところから指摘しましょう。

犯罪者として逮捕され、裁判によって裁かれる人というのの99%は軽微な犯罪です。
2014年の一般刑法犯の認知件数は121万件。そのうち、殺人事件は、1054件(予備・未遂を含む) つまり、殺人事件というのは日本で起きる犯罪の0.01%にも満たない例外的な事象である、ということです。そして、2014年の未成年者による殺人事件は52件(未遂・予備を含む)に過ぎません。
そして、その中で、親子喧嘩の末に親を殺した、とか、未成年者が子供を生ん...続きを読む

Q3Mix-MP法を札幌で行っている歯科を教えて下さい。

 3Mix-MP法なる虫歯の治療法をテレビで見ました。この治療法を札幌で行っている歯科をご存じの方、いましたらぜひ教え下さい。
また、実際に受けた方の感想や料金等についても、教えて頂ける方がおりましたらお願いします。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

悪質な医者もいるようですので、事務局で確認されるほうが確実です。

参考URL:http://www.3mix-mp.com/

Q法の支配の意味

憲法を学んで気になったのですが、法の支配は誰が唱えたのですか?調べるといろんな人物の名が上げられていてわからないのですが。また誰が唱えたかを踏まえて、法の支配の意味を教えてください。

Aベストアンサー

法の支配とは、強い立場の国が、その強い権力でもって独断的に国を支配することを排斥し、
国家権力を法律で拘束することによって、国民の権利と自由を守ることを目的とする原理
のことです。

これは英米法で長年にわたって培われてきた基本原理です。

その由来はというと、古代ギリシャの哲学思想(プラトンやアリストテレス)から
発展したローマ法・ヘレニズム法にであるという説もあれば、中世のゲルマン法である
という説もあって定説はありません。
しかし中世のイギリスにおいて、はじめて「法の支配」の原型ができあがったという
見解では、ほぼ一致しているようです。

その見解と日本国憲法の条文を考えてみると、質問に対する回答としては、
やはり「法の支配」の原理を打ち立てたイギリスのアルバート・ヴェン・ダイシ-
だと思いますよ。

尚、その時に、ダイシーは法の支配の原理は1.政府の専断的権力の否定、
2.法の前の平等、3.憲法規範は通常法の結果 という3つの原則を唱えています。

つまり行政を規律するほ法と一般市民を規律する法との区別を否定して、
法的平等の概念に立って国民の権利と利益の救済を図ったと考えればよいでしょう。
                          

法の支配とは、強い立場の国が、その強い権力でもって独断的に国を支配することを排斥し、
国家権力を法律で拘束することによって、国民の権利と自由を守ることを目的とする原理
のことです。

これは英米法で長年にわたって培われてきた基本原理です。

その由来はというと、古代ギリシャの哲学思想(プラトンやアリストテレス)から
発展したローマ法・ヘレニズム法にであるという説もあれば、中世のゲルマン法である
という説もあって定説はありません。
しかし中世のイギリスにおいて、はじめて「法の支配」の...続きを読む

Q東京で3MIX-MP法をやっている歯科は?

東京に住んでおります。
よく歯医者に行くのですが、次からは3MIX-MP法で治療してくれる歯医者に行きたいと思っております。
以前に狛江駅の近くで3MIX-MP法をうたっている歯医者に行ったのですが、凄く普通の方法で歯を削られ治療されました。
看板だけでした。
本当に3MIX-MP法でやってくれる歯医者を知りませんか?
知っていたら、教えて下さい。
今も歯が痛いです。

ヘ('◇'、)/~

Aベストアンサー

発案者のタクシゲさんが作ってるオフィシャルサイトでは
東京にはいないみたいですね。
仙台のタクシゲさんのところまで東京から通っている
方も多いようです。

ただ3mix-mp法は虫歯の学会である日本保存歯科学会は学会長名で
効果を否定する声明を発表しています。

http://www.3mix-mp.com/dental_info/index.htm


人気Q&Aランキング