父(中程度の認知症・多少会話出来る)、母(認知症・会話出来ず)、妹(知的障害・多少会話は出来る)がいます。
両親の介護に10年ほどたずさわりましたが、いまはふたりとも施設暮らしです。知的障害の妹は子供の時から施設暮らしです。
父が施設に入る時に、家族の預金通帳、その他の書類、印鑑などを託されましたので、それぞれの資産などは把握しています。多くはないですが、それぞれに預貯金などがあります。
父母の施設入居費をまかなわなくてはいけませんので、銀行には私がお金を動かしていいという父からの委任状を出してあります。
相続については、配偶者が半分、残りの半分を子供たちが分けるということは知っています。
いずれ、向き合わなくてはならない時が来るのですが、家族の中で書類を書ける人は私しかいません。母も妹も署名すら出来ません。父は署名ぐらいなら出来るかも知れませんが、近頃書いたことがなく、もしかしたら書けないかも知れません…。また、実印の登録をしているのは父だけで、母も妹も実印は持っていません。

こういう状況で、相続の手続きという事態になった時、相続の手続きは容易に出来るものでしょうか?
前もって、何かしておいたほうが良い事はありますか?

基本的な相続の配分に従えば、利害関係でもめることはないと思いますが、それでも私以外の人がほとんど判断能力がなく、署名も出来ないとなると、どのようなことになるのかと今から不安です。
それぞれに預貯金があれば、小額でも相続書類は必要になりますよね?
今夏、父が入院したこともあって、きちんと考えておかないといけないなと思うようになりました。
幸い、父はまた施設で通常の暮らしが出来るようになりましたが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

NO2および4より、追記です。



私はこの分野の専門家ではありません。あくまでも裁判官が後見人として問題がないと判断する手助けをすることで、希望通りになるように働きかける程度です。
ですので、私が主張した例が要件でも何でもありません。また、客観的な証明などは不要です。嘘はいけませんが、多少大げさに主張することは何ら問題ないことでしょう。

家庭裁判所が申立人の希望である後見人候補者がふさわしくない、などと判断されれば、家庭裁判所が持っている候補者名簿等から選任されることとなります。
候補者名簿等には弁護士・司法書士・社会福祉士などがいると聞きます。ただ、職業専門家は仕事として請け負うため報酬が必要となり、負担になりかねません。

選任されてから取り下げたりすることはできませんので、途中でしか取り下げられないことでしょう。途中でどこまで判断できるかはわかりません。

質問者様が書かれているように、わずかな収入の管理とその収入では不足する支出や介護などの負担を申立書に書くこともよいことです。そもそも申し立て時に収入や試算や支出の予定なども書類での提出要件となっていたかと思います。
これを子や兄として無報酬で管理し、親や妹さんの財産管理や施設や病院との契約行為での後見人の必要性を伝えていけば、職業専門家を入れることであなたの支援が亡くなったり足りないなどとなれば困ることは想定できることでしょう。
面談時の主張の仕方や申し立て時の主張の仕方などは、専門家のアドバイスを受けることをおすすめしますね。

成年後見人を立てないまま相続が発生することは当然可能性があります。ですので手続きも可能でしょう。
ただ、あなたが相続人となり、さらに判断能力のない他の相続人の代理を行うことは認められませんので、その時点で成年後見制度の申立を行うか、相続手続きに特化した代理人としての特別代理人の申立を行う必要があります。

極端な話、相続税がかかるような場合には、10カ月以内の申告が求められます。しかし、成年後見の申立などは何カ月もかかる場合もあると聞きます。込み合っている裁判所が管轄であれば、裁判官などが申立書を目を通し、予定が組まれるまでにも時間がかかるかもしれません。
お父様が亡くなったと仮定すると、お母様と妹さんの二人について申立が必要となり、手続きに時間もかかるかもしれません。

私の祖母の手続きをした時も、祖父の相続手続きの為でした。
同居親族が中心となって相続の話をするものとまっていたところ、なかなか話が出ないために手続きが遅くなりました。相続税の申告期限の2か月前から手続きの準備を進め、田舎の家庭裁判所でさらに身軽な司法書士に依頼したため、裁判所の手続きが数週間で済んだこと、税理士事務所も身軽に対応してくれたため、数週間での税務申告の対応ができました。ただ、私のフォローがあったことで、司法書士や税理士の労力を減らせたことも要因だと聞きました。

あなたの状況に当てはまるとは限りません。
今後のいろいろな対応を考えて、全員ではなくとも、後見手続きを検討されたほうがよいと思います。
ただ、私の祖母の時は省略が認められましたが、後見制度手続きの中の裁判所指定の医師の鑑定(診断)が10万円程度かかると言われるため、大きな負担だと思います。

専門家に依頼せず、相談のみという方法もあろうかと思います。
市役所等・社会福祉協議会・法テラス・弁護士会・司法書士会などが行う時間制限・一部有料の法律相談などもあると思います。
セミナーへの参加で情報を集めるということも考えられます。
一部の例で難しいなどと考えず、より多くの情報を得て、ご自身のご家族に当てはめて、リスクへの対策等を検討しましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

親切なアドバイス、ありがとうございます。

実際のところ、相続といっても非課税の範囲内だし、わずかな土地と家屋があるだけですが
それでも相続が不可能という状態になって、所有者が誰か法的に決められない宙ぶらりん状態になったとしたら困るなあ…という思いがありました。
空家や墓を管理していくのは私しかいないし。そのためには費用もいるし…。
空家も土地もいらないよ…と心の中で思いますが、草ぼうぼうにしたらご近所から苦情が来るのは私のところですし…。

近くの法律相談などに足を運んでみようと思います。

具体的な例と客観的な助言をいただき、励まされました。
NO5をベストアンサーにさせていただきますが、NO2,NO4のご回答も含めてのことです。
ありがとうございました。


また、この場を借りまして、他に回答を寄せてくださった方にもお礼申し上げます。

お礼日時:2015/09/08 11:05

NO2より、追記です。



成人後見ではなく、成年後見です。

成年後見人となった母親のサポートをした経験では、最初は1年に1回、数年後には数年単位で家庭裁判所に所定の様式で報告をあげる程度です。
それ以外は今あなたが行っているようなことを成年後見人として行えばよいだけでしょう。

成年後見制度のセミナーなども、都道府県単位の社会福祉協議会などが行っていたりもしています。不安を軽くして検討されることをおすすめします。

私が申立人となり、祖母の成年後見人を母親にした際に注意した点は、以下の通りです。
①後見人候補者をこの代表格である娘(私の母)がふさわしい。
②候補者は事務職が長く、後見事務も大きな負担とならない。
③候補者の子である申立人も事務的なことや法的なことにあかるく、フォローができる。
④他の利害関係者である推定相続人(被後見人の他の子)からも承諾書を得ている。

このようなことを準備しました。

さらに大きな負担となるのは、裁判所の指定医師による鑑定です。10万円程度かかるとも言われているはずです。
私の祖母の際には、祖父が亡くなったことを発端に行いましたが、祖母が祖父の亡くなったことを理解していないほうが、病状の維持に重要であるようなことを主治医の診断書(意見書)に書いてもらった結果、鑑定不要の判断を受けたことで鑑定費用も節約ができましたね。あくまでも裁判所の判断ですので、裁判官次第ということもありますが、申し立ての際や面談の際に上手に伝えることが大切だと思います。

あなたのお子さんなどにもフォローしてもらいながら出、周りの了解が得られるような状況であることを申し立てで伝えることなどで、身内が後見人となることが一番良い方法かもしれません。

ちなみに、私は税理士事務所の元職員であり、法律にも興味があるため、苦労を感じませんでした。ただ、祖母の他の子(私の叔父叔母)からすれば、反感を受けてしまうことも考え、さらに可能な限り希望通りに進めてもらえるように、司法書士に相談し、書類作成などもしてもらいました。当然私の下書きや説明などに基づいて清書してもらうような感じではありましたがね。

裁判所が認めれば、3人の後見人をあなた一人が行うことも認められる可能性は0ではないと思います。ただ、裁判所も安心してあなたを後見人として選任したりするための根拠や資料などを提示する必要もあると思います。

頑張って検討してみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧な回答ありがとうございます。

両親にとって子供は知的障害の妹と私だけ。
この状況ですと相続に対して異議申し立てをする親族は他にはいないということになりますね。

成年後見人。
たとえば、私の娘が申請人になって、三人の成年後見人を私がやるという申請をしたとします。
けれども、私には
①②③ともが当てはまりません。
①は、私としては当てはまるように思いますが、それを客観的に証明する手だてがありません。

もし、申請して、私が後見人に認定されない場合、弁護士などを成年後見人にしなくてはなりませんか?
その場合、申請を取り下げることは出来ますか?

両親の介護施設の費用だけで両親の収入(年金)とトントン、その他もろもろの費用(レンタル代とか、特別栄養補助食品とかetc)また、空家となっている家の管理、墓地の管理、諸経費を含めると毎月赤字です。出来る限り出費(成年後見人への経費)は避けたいというのも本音です。
超長寿社会です。
この先、十年同じ状態で赤字が続くということもあり得る訳で…。

かりにもし、成年後見人を立てないで誰かが亡くなった場合、それから相続をする手だてという方法もあるのでしょうか。

ご存知でしたら教えてください。

お礼日時:2015/09/07 20:13

#1です。


>たとえば、家や土地を町に寄贈して(たとえば、お年寄りのグループホームなどに使ってもらうとか)、預貯金だけを法定相続の範囲で分けるにしても、遺産分割協議書作成が必要なのでしょうか。
●相続前に不動産を寄贈されるのであれば、相続対象とはなりませんので、現所有者(お父さん?)の意思表示(法定代理人がいる場合はその代理人の意思表示)で可能です。

相続後であるなら、不動産は寄贈するにしても一旦は相続登記しなければなりませんので、遺産分割協議書がその手続のために必要となります。(相続税の対象にもなります)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼、遅くなりました。ありがとうございました。
おっしゃる通りですね。いずれにしても、書類作成が必要になりますね。
そのためには、本人の意思確認と署名が必要という事ですよね。

お礼日時:2015/09/08 19:51

成年後見制度を勉強されることをおすすめします。


成年後見制度には、後見制度を適用される方の状況程度次第で、後見・補佐・補助の三段階があります。

成年後見制度は、家庭裁判所が介入し、程度により後見・補佐・補助の適用が必要となった際に、代理人たる後見人・保佐人・補助人が選任されることとなります。
法的な代理人ですので、裁判所や制度で認められた範囲について、代理人として行動することが認められます。

認知症や傷害などで判断能力がない・足りないなどとなれば、その人の権利を守ったうえでの代理人が必要です。
手続き上の実印や印鑑証明などがそろえば、手続きが進めることはできるかもしれませんが、後のトラブルになる恐れがあります。

私の祖父が亡くなった際には、祖母が寝たきりでした。
後見人を祖父母の子である私の母を後見人とする手続きを行いました。
当然、まず必要となるのが祖父の相続ですので、祖母の代理と母自身の相続権で利益相反となるため、この手続きのみ特別代理人制度を利用しました。

このようにしたのは、職業専門家に後見人等に就任していただくことは可能ですが、就任期間中ずっと報酬の支払いが必要となってしまいます。親族が後見人となれば、報酬を得ないという選択も可能ですし、報酬を得るとしても専門家より安価にすることが可能だからです。特別代理人は、必要となった自由の身の代理行為ですので、職業専門家を利用しても一時的なものですので、専門家を利用しましたね。

実態としては、あなたがご家族の後見人と同様に財産管理をしているかと思いますが、もしも、妹さんが判断能力が戻れば不満を言うかもしれませんし、ご両親に結婚前等においてほかに子がいたりする可能性も否定できません。
管理をしていた=使い込んでいたと言われかねません。また、金融機関窓口手続きや法的な手続き(不動産の名義変更など)となれば、本人が判断できないなどとなれば、本来手続きは無効とされてもおかしくはありません。

一番良いのは、ご両親や妹さんの後見人として、あなたが就任されるということです。利益相反が発生したら、信頼置ける人や職業専門家に特別代理人として対応してもらえばよいでしょう。
施設入所などの手続きも、本来本人の判断能力がなければ、正当な代理権のある人と契約しなければなりません。施設によっては、そのような手続きを求めてくる場合もあるのです。

後見人となれば、預貯金の名義も変更となり、被後見人山田太郎 後見人山田花子などとなり、口座名義は山田太郎ではあるが、預金手続きのすべてを後見人山田花子が行う口座とわかりやすい名義となるのです。後見人の身分証明なおですべて本人確認ができてしまうのです。

ご家族が亡くなったりして、預金が凍結されたらどうされますか?
全員の後見人をまとめて裁判所で手続きとなれば、大変なことにもなりかねません。
事前に法的な代理人として認められていたほうが、スムーズかもしれませんね。

私の祖母に後見人をと手続きした際には、裁判所への申立人を私にし、候補者を母としました。裁判所での面談等においても申立人として母のそばにいることで、母を安心させ、裁判官にも孫としてフォローすると伝えたら、予定通りの対応になりましたね。

司法書士や弁護士にこのような手続きを専門とする方がいます。
よく相談を行い、しっかりと準備されることをおすすめします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

じつは成人後見人制度の質問もこのコーナーで最近したばかりです。
相続のことも念頭に入れての質問でしたが、回答によれば成人後見人の必然性がいまひとつ生まれず、申請しなくてもいいのかな…ぐらいに思ったのでした。
それに、成人後見人は一度なると永年(私が認知症にならない限り)降りられないとも聞きましたので、負担が大きすぎるかなと二の足を踏んだのですが…でも、やはり、検討する必要がありそうに思えてきました。

母・父・妹のことをすべてひとりでやらなくてはいけないと、とても重い気持ちになっていました。成人後見人を申請するのは自分しかいないし、その申請者が成人後見人になるというのは裁判所が認めるものなのだろうか…と思っていました。私の娘ないしは息子が申立人になることも出来ると言うのは、目からウロコです!

「お母様がお祖母様の成人後見人に」という手続きをされたとのこと
具体的に体験されたお話で、とても参考になりました。

ありがとうございました。

お礼日時:2015/09/07 16:51

相続の場合、相続税が基本控除内であれば申告不要であることはご存知ですよね?


なおかつ不動産がない場合ですが、そのケースであれば特に書類を作って押印してもらわねばならないことは生じません。
つまりは身内の内々での処理で済みます。

もし、遺産総額が4,800万円を超える場合(配偶者と子供2人が相続人として計算)は相続税の申告が必要となりますし、不動産があれば相続登記が必要となりますので、そのための遺産分割協議書を作るためにも実印が必要となります。

これらの手続ができない恐れがある場合は、後見制度を使って後見人を定めねばなりません。しかも、あなたが利害関係人となる相続においては、家裁に手続してあなた以外を代理人に付けなければならなかったと思います。
一度、弁護士さんに相談して「転ばぬ先の杖」として対策しておかれた方がいいでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくの回答、ありがとうございます。

相続税が基本控除内であれば申告不要ということは知りませんでした。
でも、わずかな敷地と古い住宅がありますので、それは不動産ということになりますね。
住宅は価値はゼロでしょうが、土地は狭いとしてもそれなりの評価額がついてしまいそうです。
もっとも、それを含めても基本控除内の金額だと思いますが、不動産がある場合には分割協議書を作らなくてはいけないのですね。
気が重いです…。
たとえば、家や土地を町に寄贈して(たとえば、お年寄りのグループホームなどに使ってもらうとか)、預貯金だけを法定相続の範囲で分けるにしても、遺産分割協議書作成が必要なのでしょうか。

ご存知でしたらお教えください。

お礼日時:2015/09/07 15:53

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q知的障害者の人生・末路とは?

こんにちは。

以前友達と飲んでいた時、一般的に知的障害者は成人以後どのような生活をして一生を終えるのだろうかという話に行き着きました。結局答えは出ずに終わってしまいました。障害者といえ、肢体不自由やその他の障害者の場合は、国の補助があって一般企業に就職でき、健常者と変わりない生活や一生を営めますが、

知的障害者に関しては素人の自分らに取っては、中学高校以降特別養護施設に預けられてそれ以降がブラックボックスなのです。自分の意志で結婚とかやろうとしても禁治産者だからできないだろうし(策略的に結婚させられる?)・・・どうなのでしょう?道端で偶々合う障害者は割と20・30代。老人知的障害者は不思議と今まで一度も見かけません。そんな事で、偶々話にあがったわけです。

果たして、知的障害者の人生・老後って一般的にどんなものなのでしょうか?結婚などは可能なのでしょうか?
平均寿命はどのくらいで、どのような環境下で生きているのでしょうか?以前何かの本では老人知的障害者は精神病と同じ括りにされるため、閉鎖病棟に収容されると書いてあったのですが、本当なのでしょうか?

こんにちは。

以前友達と飲んでいた時、一般的に知的障害者は成人以後どのような生活をして一生を終えるのだろうかという話に行き着きました。結局答えは出ずに終わってしまいました。障害者といえ、肢体不自由やその他の障害者の場合は、国の補助があって一般企業に就職でき、健常者と変わりない生活や一生を営めますが、

知的障害者に関しては素人の自分らに取っては、中学高校以降特別養護施設に預けられてそれ以降がブラックボックスなのです。自分の意志で結婚とかやろうとしても禁治産者だからできな...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして
ブラックボックスがかなり気になりましたので、書き込みをさせて頂きます。
障害の程度や、その人が出会った環境にもよると思いますが、結婚は実際にできます!(^-^)
施設にもよりますので一生を入所施設で過ごす方もいるかもしれません。
でも、それではその人の人生を箱に押し込めてしまうようなものだと思いませんか(>_<)
入所や通所で社会を知り、職業訓練校で働くことを学び、通勤寮やグループホームで社会生活を営み、最終的には結婚して家庭を持つ。
段階をおって周囲でサポートしていけることを、私たち社会も知る必要があると思います。
というのが私の一個人の意見です(^O^)
禁治産者という言葉を久しぶりに耳にしました。
みんなが率直な意見で話し合え、偏見のない世の中になることを祈っています。
ちょっとかたかったですかね(^^;)では

Q母は認知症中程度(2b)です。デーケア施設へ週1回通っていました。月1

母は認知症中程度(2b)です。デーケア施設へ週1回通っていました。月1回の施設利用料支払いは、母の知り合が施設から請求書を受け取りその請求金額を母から貰って支払ってくれていました。しかし母が知人に渡したお金はその施設の請求金額の倍近くでした。
母は1年半前に死亡しました。この事実が分かったのは3ヶ月前です。母に代わって知人に不法利得返還請求出来ますか、また警察に告発も考えています可能でしょうか。

Aベストアンサー

#2です。
帳簿(知り合いに渡した金額)と実際の領収書を一覧表にしてから、弁護士に相談しましょう。不法利得返還請求は通常の損害賠償請求よりも時効が長い(10年)ので10年分の請求ができるでしょう。
なお。民事事件としてお金を取り戻すことを主眼に置くのであれば、刑事事件として警察に被害届を出すのは難しいです。どちらか片方だけになります。その辺りも弁護士に確認してください。

Q知的障害者の方とでも楽しめるゲームとは?

 私は、知的障害者の授産所で働いている者です。
 知的障害者の方とでも楽しめるようなゲーム(対個人向きのゲームでも、対団体向きのゲームでも、どちらでもいいです)を探しているのですが、代表的なものといえば、何があるでしょうか? あまりお金をかける余裕はないのですが・・・。 皆様からのアイディアをお待ちしています。

Aベストアンサー

知的障害者の施設で、レクリエーションのボランティアさんに来ていただいた時に行っていた団体向きのゲームを紹介したいと思います。
『ばくだんゲーム』という名前でした。
準備としては、空のペットボトルにビニールテープを数センチに切ったものをいくつも貼っておきます。
みんなで輪になって、このペットボトルを順番に隣の人に渡していくのですが、この時音楽をかけます。(曲は何でも良いですが、テンポの良いものや利用者さんの好きな曲などかけていました)
そして、途中で音楽を止めます。その時にペットボトルを持っていた人が罰ゲームでビニールテープを一枚はがして顔(ほっぺなど)につけます。また音楽をスタートさせて途中で止めて・・・の繰り返しで、ペットボトルのビニールテープがなくなったら終わりです。
本来、一枚も顔につけずに済んだ人が勝ちなのでしょうが、「0枚の人!」「1枚の人!」「2枚の人!」「3枚の人!」・・・と聞いていって、その都度拍手して、多くなればなるほど盛り上げていました。
なので、ペットボトルが回ってくると、すばやく次の人に回す人もいますが、自分のところで止まっても嬉しく最後の発表でほっぺにも額にも頭にも・・と、たくさんついていると大喜びの人もいました。
ペットボトルだけでなく、ぬいぐるみも回して、止まった時ぬいぐるみを持っている人は、再び始める時「スタート!」と言ってもらう役にしていました。
人数によっては、ペットボトルを2本にしても。また、ビニールテープはいろいろな色のものが貼ってあり、カラフルだし、罰ゲームで貼る時、利用者さんが好きな色を選んでいました。
回数を重ねるうちに、とても盛り上がり、利用者さんたちが大好きなゲームになりました。職員も入って一緒に行うと、さらに盛り上がっていました。よろしければ参考になさってください。

知的障害者の施設で、レクリエーションのボランティアさんに来ていただいた時に行っていた団体向きのゲームを紹介したいと思います。
『ばくだんゲーム』という名前でした。
準備としては、空のペットボトルにビニールテープを数センチに切ったものをいくつも貼っておきます。
みんなで輪になって、このペットボトルを順番に隣の人に渡していくのですが、この時音楽をかけます。(曲は何でも良いですが、テンポの良いものや利用者さんの好きな曲などかけていました)
そして、途中で音楽を止めます。その時に...続きを読む

Q認知症で中程度と診断された人に認められる署名の範囲

認知症の中程度と診断されている継母がおります。名前も書けるし、話をしていると、返事も返して、その時は分かっているように思われるが、後で聞くと忘れていることが多い。このような場合では、(1)養子縁組、(2)遺産分割協議、これらへの署名押印が認められる程度なのでしょうか。 あるいは、成年後見人が必要とされる程度なのでしょうか。診断書の高・中・低では良く分かりません。どこで区分するのでしょうか。

Aベストアンサー

責任能力ということでは、中と診断されるなら、無理でしょう。
ただ、誰かが、イレジエシテ、署名したり、捺印させる、などの悪用が可能だからです。

Q知的障害者施設(授産所)向きのクリスマスイベントとは?

 私は知的障害者の授産所(利用者35名)にパートとして勤めているものです。
今度のクリスマス会で、イベント係をやることになりました。
しかし、何を企画すれば、利用者の皆が楽しめるものになるのか、わからないでいます。昨年度は歌やダンスをやったようですが、毎年それでは余りにもありきたりであり、今年は少し新しいことにも挑戦したいのです。
 そこで質問なのですが、知的障害のある人(といってもこちらの言っていることは理解できるレベルの人たちが多い)でも楽しめる、多人数向けの、クリスマスイベントや催し物のアイデアはないでしょうか?クリスマス会まで余り日がないのであせっているのです。「我が施設ではこういう面白い企画やった」という情報をお持ちの方がおられましたら、是非教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

no.1の方と同じ意見です。簡単なゲ-ムがよいでしょう。目隠しの風船割りとかお玉しゃくしで卓球のボ-ルを運ぶ競争。とにかく室内でするのですから,できるだけ大勢の人が参加できるゲ-ムがよいと思います。それに注意することは,あまり知的障害ということを意識しないことですね。結構普通の人と同じ位に感動したり,考えたりするものです。あなたでしたなら何をしたいですか?それを考えてください。

Q認知症の母に対する嫁の対応 財産・相続

遠方に住んでいる母が事故にあい入院している間に、同居する長男の嫁が、母の預貯金、全てを取り上げてしまった為、それを返してもらいたくて母を含め話し合いの場を設けました。 

所がいざ行ってみるとそこには、嫁の親兄弟、嫁の親戚まで同席しており結局話しにならず、母がその場で預貯金に関しては、長男に任せると言う発言をしてしまいました。

しかし帰りの車中ですぐに取り返したいと言うことを言い始めました。

入院中母は認知症の診断を受けており、母と嫁とは以前から折り合いが悪く退院後はグループホームに入居しました。

そこへ嫁が色々と書いてもらいたいものがあると言うことで、母に弁護士を連れてグループホームに行くという話しをホームの方から聞きました。

遺言書、もしくは確約書を書かせるのではないかと思い、あわてて青森に行き、母を連れて預貯金の一部を引き落としが出来ないよう凍結、預金の移しかえをして現在に至っております。

相続権のない嫁が相続権のある私達をさしおいて、自分の親及びグループホームの所長を証人に立て遺言書等の書類を作成してしまった場合でも、有効になってしまうのでしょうか?

又、一部の預貯金が嫁の手元にあり、それを使われてしまった場合又名義変更をされてしまった場合、どのような対応をすれば望ましいでしょうか?

現時点では、嫁が母の許可なくキャッシュカードを勝手に作って持っております。

遠方に住んでいる母が事故にあい入院している間に、同居する長男の嫁が、母の預貯金、全てを取り上げてしまった為、それを返してもらいたくて母を含め話し合いの場を設けました。 

所がいざ行ってみるとそこには、嫁の親兄弟、嫁の親戚まで同席しており結局話しにならず、母がその場で預貯金に関しては、長男に任せると言う発言をしてしまいました。

しかし帰りの車中ですぐに取り返したいと言うことを言い始めました。

入院中母は認知症の診断を受けており、母と嫁とは以前から折り合いが悪く退院後は...続きを読む

Aベストアンサー

まずお嫁さんには、相続権は有りませんが長男には有りますので、長男の承諾が有った場合にはお嫁さんでも下ろせます≪今回の場合にはまだお母さんが亡くなっていない為に遺産相続ではありませんので今回の場合には家などの維持管理の為に≫
そこで弁護士に聞いて成年後見人を立ててはいかがでしょうか?もし成年後見人が出来ると、たとえ家族でも、本人が許しても成年後見人の許可が無い場合には下ろせません、≪ぼけ老人の財産を維持するためにその方が良いと思います、ましてこれから余計にボケてくるのが現実です≫
今の内に成年後見人を立てる事をお勧めします
キャッシュカードに関しては、成年後見人から事情を話してもらってカードを無効にしてもらってください
名義変更されるとどうしようもないので早急にしてください
後、弁護士に相談して財産の保全を裁判所に、申告してください
遺言書に関しては、日にちと、本人のサイン、ハンコが有った場合には、実質遺言証書ですから、グループホームの署長の立ち会いは関係ありません
ただ方法が無いわけではなく、違う内容の遺言書が有っても、日にちが新しい方が有効ですので、今から書いた方が良いですよ(^-^)
出来れば公正証書役場に行って、公正証書遺言状を作成してください
そうすると、遺言状はやたらに開けれなく、裁判所で開けなければならないことになっています

まずお嫁さんには、相続権は有りませんが長男には有りますので、長男の承諾が有った場合にはお嫁さんでも下ろせます≪今回の場合にはまだお母さんが亡くなっていない為に遺産相続ではありませんので今回の場合には家などの維持管理の為に≫
そこで弁護士に聞いて成年後見人を立ててはいかがでしょうか?もし成年後見人が出来ると、たとえ家族でも、本人が許しても成年後見人の許可が無い場合には下ろせません、≪ぼけ老人の財産を維持するためにその方が良いと思います、ましてこれから余計にボケてくるのが現実です...続きを読む

Q知的障害児のIQEQを高める会とは?

申し訳ありませんが、お知恵をお貸しください。
タイトルにも書きました「知的障害児のIQEQを高める会」というHPを偶然発見しました。
そのHPの内容は、血液の浄化などにより知的障害が改善されると言うものでした。
今まで耳にしたことがない情報で、戸惑っております。
血液の浄化というと、某新興宗教団体的を連想してしまいます。
しかし、私の情報不足で実際は医学的に証明されたものなのか判別できません。
どなたかご存知の方、もしくは実践された方はいらっしゃいませんでしょうか?
この会について、お教えくださいませ。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

素人の個人的な感想で申し訳ありませんが、そういうのはまったく信用できません。

素人、といっても、特殊教育(特別支援教育)を実施している学校に勤務していましたので、担当の教員達がどのような勉強を重ねていたか、とか、研修会で情報交換や研修をしていたか、と言うことは多少知っています。
なので、本当に医学的に発表され、立証されたものであれば、専門機関から情報が知らされてくるはずです。
障がいのある子どもが通う学校や、保健所、児童相談所、など、そういう素晴らしい情報を得たなら、隠すわけがありません。

例えば、かなりの効果を宣伝した健康食品(ガンに効く!など)も、実際効果のあった人もいたかとは思いますが、医学的な立証がなされないから、医薬品とはなりえなかったわけで、しかも、それらの中には逆に発ガン性を指摘されたものまでありましたよね。

今回の「血液の浄化」に至っては、悪いですけど胡散臭すぎます。何を使って、どう浄化するのか。医療行為を、医者でもない人がするのか?医者だとして、その肩書きは本物か?脳の器質的障害に、血液の浄化が科学的にどう関係するのかの説明に合理性があるのか?など。

その会についてまったく知らない者が出しゃばりましたが、ある団体が主催した健康になるための合宿で、糖尿病の少女が死亡してしまった話など、取り返しのつかないことになることもあるので、書き込みしてしまいました。
すみません。

素人の個人的な感想で申し訳ありませんが、そういうのはまったく信用できません。

素人、といっても、特殊教育(特別支援教育)を実施している学校に勤務していましたので、担当の教員達がどのような勉強を重ねていたか、とか、研修会で情報交換や研修をしていたか、と言うことは多少知っています。
なので、本当に医学的に発表され、立証されたものであれば、専門機関から情報が知らされてくるはずです。
障がいのある子どもが通う学校や、保健所、児童相談所、など、そういう素晴らしい情報を得たなら、隠...続きを読む

Q認知に不安のある母と病床の姉と3人で父の財産を相続

認知に不安のある母と病床の姉と3人で父の財産を相続します。長年家の経済を任されてきたサラリーマンの妻であった母は、専業主婦で、結婚前に1年教師を務め、祖母と叔母から200万に満たない相続と、20年にわたる年金で2000万弱の収入がありましたが、
自分名義の預金が1億以上あります。父の財産は、不動産を含め約1億ですが、母は、将来が心配なので、私たちの相続は遺留分にとどめてほしい。私は世話になっているので、住んでいない大阪の祖父母が残した家をあげるからどうにかしなさいと言いますが、立て直すか整地しなくては売れる物件ではありません。
そもそも満期ごとに父の預金を移し替えているので、20年分くらいさかのぼれば7割くらい名義預金と税務署が判断すると思います。相続財産と認定されれれば子供の相続税が高くなり、現預金を用意しなくてはなりません。姉は障害者なので減免があります。
また、母は、足が悪く、父の死亡手続きや、葬儀、母の年金の手続きに至るまで、なんでも私一人にやらせるので、負担であり、また、家庭を持つ主婦としては両立するか将来が不安です。かかった費用は、領収書と引き換えに精算してくれるものの、主婦の私には高額の立て替えは難しく、将来何かあった時、母が自分の介護のために持っている資金を的確に運用してサービスを受けられるか心配です。
通帳に高額の資金があっても死蔵したまま2次相続で税金の支払いで消え母自身のために使えずに終わるのではないかと危惧しています。(姉についても同様です)
信託契約を結び私が管理することは母が同意せず無理のようです。税制も変わり、1次相続でなるべく相続したほうが有利な事もあり、シンプルに相続割合を4:4:2(母:私:姉)にして実際に動けて書類の書ける私に資金の余裕を持たせることを提案しようかと思います。
また、姉は結婚せず子供がいませんが、私には2人子供(障害者と非正規労働者)がいて母にとっては孫にあたります。
母が将来介護が必要になった時に面倒をみる代償として、認知症になって自分で資金管理できなくなった時点で、相続の非課税分を超える残金があれば孫に生前贈与するという公正証書(遺言ではないので相続税の対象から外せる)を作成してもらえたとしたらそれは、法律的に有効でしょうか。

認知に不安のある母と病床の姉と3人で父の財産を相続します。長年家の経済を任されてきたサラリーマンの妻であった母は、専業主婦で、結婚前に1年教師を務め、祖母と叔母から200万に満たない相続と、20年にわたる年金で2000万弱の収入がありましたが、
自分名義の預金が1億以上あります。父の財産は、不動産を含め約1億ですが、母は、将来が心配なので、私たちの相続は遺留分にとどめてほしい。私は世話になっているので、住んでいない大阪の祖父母が残した家をあげるからどうにかしなさいと言います...続きを読む

Aベストアンサー

有効かは公証人に聞けば。
ソオイウトキノタメニ、法定後見人制度があります、手順は大変ですが、今のうちに、後見人を、あなたないし、第三者にしておかなければね。

Q知的障害とは?と悩んでます。

2才の子供が自閉傾向があるとのことで発達検査を受けました(K式、遠城寺式など)
K式でDQ75と出て、軽度知的障害となりました。

ただ、親としては非常に疑問のある結果でした。

というのも私共の息子は言語に遅れがあり、検査官の指示が基本的に口頭指示であるため、
問題が何をすべきか理解が出来ず出来なかった項目が多々ありました。

OTで毎週受けもって頂いている作業療法士さんの意見だと、「彼は頭が良すぎて、初めてのおもちゃでも使い方などをちゃっちゃと自分で考えてできてしまう為、親や周りの大人に助けを求めることが殆どないです。周りとのかかわりが出ないため発語や言語に遅れが出ている」と言われるほどなんでもできます。(パズルや色々なおもちゃを使いこなし、作業療法士のサーキットトレーニングなどもすぐに理解して練習したりします)

2才でアルファベット、ひらがな、数字10までをすでに理解しており順番に並べることができ、家で書き取りの練習を親が指示しなくても自発的に椅子に座ってしている状態です。
勿論自閉傾向の為、そういったものが好きであるのは理解しております。

とても知的に遅れているとは思えないほど普段の生活ではなんでもできますし、親の状況判断などもよく解っている様です。(バス2本乗り継ぎしてもきちんと座っていられます)

疑問に思い医師とも話して、「発達検査の数値は言語指示を理解し、それについて正しく処理や回答ができて初めて社会適応上の「できる」という判定になります。だって社会では言語指示で動けなければ出来ないのと一緒ですから」と言われ、発達検査の考え方はしぶしぶ理解しましたが、その判定方式だと自閉度が強く言語理解や発語が遅い人は本人が実は本当はもっとできるっていう部分(例えば、質問内容が解る様文字で指示が入ればできる)などは一切反映されませんよね?

私は自分の子供が自閉傾向があると言われるまでこういった検査を調べたことがなく、世間の「知的障害」というのは考える力や処理する能力が全くない方の事だとあさはかにも考えてましたが、そうではないのではないか?と知りました。

また、言語指示が入らないということを2才のためあまり重く感じてませんでしたが、言語指示が入らないということは、保育園などでも先生の言う口頭指示のお話から「学ぶ」ということが、定型の子供の半分以下となってしまうため、本人に持って生まれての能力があってもどんどん遅れが広がっていくという怖さも気が付きました。


自閉傾向で発達検査の数値は低いけれど実際は頭が良いという方はいらっしゃいますか?

2才の子供が自閉傾向があるとのことで発達検査を受けました(K式、遠城寺式など)
K式でDQ75と出て、軽度知的障害となりました。

ただ、親としては非常に疑問のある結果でした。

というのも私共の息子は言語に遅れがあり、検査官の指示が基本的に口頭指示であるため、
問題が何をすべきか理解が出来ず出来なかった項目が多々ありました。

OTで毎週受けもって頂いている作業療法士さんの意見だと、「彼は頭が良すぎて、初めてのおもちゃでも使い方などをちゃっちゃと自分で考えてできてしまう為、親や...続きを読む

Aベストアンサー

えーーっとまず、あくまでもまだ2歳という段階で受けた検査ですから
あくまでの現在の数値です。
言語に依るところに大きい検査では低めにでるし
逆に知能が遅れていても身体能力なども反映されるテストでは高めに出る場合もあり
あくまでも指標です
もちろん、もっと将来社会生活上、どこかで線をひかないと制度を利用したりできませんから
線引きはありますが。
もちろん、そのころにもそこまで言語が足を引っ張るとなれば
トータルでは実際の集団生活や社会で実力を発揮したり、フォローなしで過ごすのは難しいということでしょう。

そして、実際に言語が低い小さい子は、年齢があがり、言語がある程度
最低限を満たしてくることでトータルの数値があがることはありますよ

ただ、もちろん知的に問題があって成長がゆっくりの場合は
逆に差が開いていき、明らかになる場合もあります。

担当のスタッフが頭がいい、理解するといっているなら
目で見て理解する力や、知能はそこまで感触として低い感じはしないということでしょうけど
現時点でトータルでみれば、フォローなしにほかのお子さんと同じように
というのは難しいということでしょう。

>世間の「知的障害」というのは考える力や処理する能力が全くない方の事だと
そうですね。それはちょっと大ざっぱでしたね。
それに全くない、わけじゃないですよね。
普通のクラスにもたぶんいますし。健常者と境目ぐらいの人もいます

上で述べたように年齢で、特に言葉の遅れや発達に偏りがあるお子さんの場合は
変化していくこともあるので
きちんと今後も経過観察と、定期的な発達テストをしていくといいと思います

そして就学前ぐらいになると、もっと詳しい分野ごとの発達指数がわかる種類の検査もあります。(Wisc)
それができると、フォローもしやすくなったりします
たとえば言語にあまりたよらない視覚での処理の分野などがあるので

まあ逆にたとえIQが120ぐらいあったとしても、分野によって年齢水準をはるかにしたまわる
標準域を超えている分野があると、普通に学校や会社でやって行くのは
ちょっと大変、とか難しいぞ、ということもあります。
そんなことでトータルよりも個々の分析が重要な場合もあります。

ただ、言語だけ伸びたとしても
自閉傾向のある人のばあい「やりとりそのもの」や「質問の意図」
「問われたら答えなければいけないということ」などが理解しにくかったりするので
そういうところでも足を引っ張りますね。

まだ発達について考え始めたばかりということで。
わりと抽象的だったり、あまり単純じゃないことなので
最初はわかりにくいと思いますが
観察や活動を通して、スタッフの方といろいろ話をしたり、お子さんを見て過ごすうちに
いずれ、わかってくると思います。

高校や大学以上になれば、特化した道、得意な道を歩むこともできますが
問題は集団行動、集団講義に重点のある義務教育をどう乗り越えるか、というのが
凸凹があり、自閉傾向のあるお子さんの課題です。

でもまだ2歳ですから、今後薄まっていくかもしれないし
発達検査の指数も変わってくると思います。
実際、今75だとてはっきりと知的障害と診断つかないのでは?とも思いますが。

んで、うちの息子もまあ幼少期から上がっていったには上がって行きましたが
一番遅れていた言語が最終的には一番高かったという…
言語を相手に「使う」ということができなかっただけみたいです

今、結論を求めないことですね…。ただ現状の目安としてはそのまま受け入れるしかないでしょう。
模試と偏差値の関係みたいなものですよ。
でもテストにだって傾向はある。PISAが低くても、他のテストは得意ということもある。
発達指数は100が真ん中。偏差値は50が真ん中。まあそんなようなものです
でもまったくアテにならないというわけでもない。

えーーっとまず、あくまでもまだ2歳という段階で受けた検査ですから
あくまでの現在の数値です。
言語に依るところに大きい検査では低めにでるし
逆に知能が遅れていても身体能力なども反映されるテストでは高めに出る場合もあり
あくまでも指標です
もちろん、もっと将来社会生活上、どこかで線をひかないと制度を利用したりできませんから
線引きはありますが。
もちろん、そのころにもそこまで言語が足を引っ張るとなれば
トータルでは実際の集団生活や社会で実力を発揮したり、フォローなしで過ごすのは難しい...続きを読む

Q認知症の母を父と離婚させたい

母は認知症になって8年になります。ずっと娘の私がデイサービスを利用しながら介護しています。父は母の介護は一切せず、毎晩酔い潰れ、自分の好きな事をして過ごしています。母がまだ正常の頃は母は商売をしていた父に朝昼晩食事を作り、商売も手伝い、商売で資金不足の時も生活費どころか、株投資をしていた母がお金の工面をし、献身的に尽くしてきました。そして道路拡張を期に商売廃業、市から多額のお金が入った途端、父は気が大きくなり、母を蔑ろにし、母は信頼してきた夫への失望から徐々に精神的に参ってきてしまったようで、挙句認知症になってしまいました。私はずっと以前から父母の事は一緒に住んで見てきたので、内助の功で夫(父)を50数年助けてきたのに、多額のお金を手にしてからは、散々苦労を掛けた母に何の労りもない父に憤りを感じています。父の食事・洗濯は私がしています。殆ど分からないにしても母が不憫でなりません。父と別れさせて、私が母を今までどおり面倒を看るつもりでいますが、離婚は成立できるでしょうか?内情を曝け出してお恥ずかしいですが、私の気持ちが治まらないのです。いい案がありましたら、助言お願いいたします。

母は認知症になって8年になります。ずっと娘の私がデイサービスを利用しながら介護しています。父は母の介護は一切せず、毎晩酔い潰れ、自分の好きな事をして過ごしています。母がまだ正常の頃は母は商売をしていた父に朝昼晩食事を作り、商売も手伝い、商売で資金不足の時も生活費どころか、株投資をしていた母がお金の工面をし、献身的に尽くしてきました。そして道路拡張を期に商売廃業、市から多額のお金が入った途端、父は気が大きくなり、母を蔑ろにし、母は信頼してきた夫への失望から徐々に精神的に参って...続きを読む

Aベストアンサー

離婚を、子供からは「申し立て」をすることができません。
ですが何らかの「制裁」はできるかと思います。
一度、弁護士に相談してください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報