あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

私は年収約800万のサラリーマンです。
2014年に敷地内の納屋を撤去・分筆し、全量買取49,5KW(1号)を6月から稼働しました、
2015年の確定申告時は、整地、分筆・測量費が収入を上回り、確定申告不要となりました。
また2014年に農地転用申請し、2015年6月から同様の全量買取49,5KW(2号)が稼働しました。
来年の確定申告に向けてどうしたら良いのでしょうか?
1号2号ともに、周囲はフェンス設置済なので、個人事業主の届けが可能かと考えています。
1号基は2015年約240万の売電を予想しています、2号基は2014年の1号基同様、売電収入より初期投資が上回ると予想しています。
よろしくお願いします。
また、納税額はどのくらいでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

2015年の確定申告について:売電事業が赤字だったとのことで、申告をされなかったようですが、給与収入分と合算しますので、たぶん税金の一部が戻ると思います。


2016年の確定申告について:1号基は240万で黒字になるようですが、2号基は赤字なのですね。1、2を合算して赤字か黒字かです。赤字ならば給与収入からの税金が一部戻りますし、黒字ならばその分の約20%の税金を納めると考えてください。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2015/09/12 17:42

専門家紹介

税理士_志磨宏彦

職業:税理士

「税務相談」はTRUSTAX認定税理士の志磨宏彦にお任せください。

所長・税理士/中小企業診断士 志磨宏彦

東京都武蔵野市出身。慶應義塾大学経済学部卒業。
大手企業勤務を経て、1994年経営コンサルタントとして独立開業。
2000年税理士資格を取得し、現在に至る。

【理念・方針】
マーケティングのわかる税理士が御社の発展のお手伝いをします!

私は税理士だけではなく中小企業診断士という経営コンサルタントの資格を有しています。そのため、税務・会計のみならず経営戦略、販路開拓、事業計画の策定等、幅広くお手伝いできます。お客様の発展を最大の喜びと感じ、身近な経営サポーターとして頼られる存在になれたらと思います。これからの日本は人口減少時代に突入します。そのために生き残るための経営力を磨きましょう。

https://trustax.jp/tax_accountants/90000003

詳しくはこちら

※お問い合わせの際は、教えて!gooを見たとお伝えいただければスムーズです。

専門家

原価償却いくら?

    • good
    • 1

太陽光発電の売電でしょうか?


一度税理士に相談された方がいいでしょう。
事業収入として扱うのであれば、発電設備の減価償却費が経費としてあがってきますから、まるまる収入が所得とはならないハズ(ヘタすれば赤字ですよ)。

それにサラリーマンならば、確定申告して給与収入から天引きされている税金の還付を受けないと損してますよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2015/09/12 17:41

正直に税務署に相談するしかありません。


私も一応大家ですのです。貯金通帳で、収入を見せて、修理代・税金・火災保険などの必要経費の領収書を見せてを申告しました。
 意外と簡単な手続きで終わりました。実質的に利益は出ていないのだから当然無税だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2015/09/12 17:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング