AKB48の推しメンをセンターにできちゃうかもしれない!? >>

【建設・建築】なぜ旭化成のヘーベルハウスは丈夫なんですか?

建設、建築のプロから見た目線をお聞かせください。

みなさんは躯体が鉄骨だから丈夫だったと言ってますが、基礎が丈夫だったんだなと思っています。

なぜ旭化成のヘーベルハウスは基礎が丈夫なのか教えてください。

基礎が丈夫だったから堤防決壊して川の濁流にもビクともしないで、流れてきた一軒家も支えて受け止められる丈夫さだったんだと思ってますがどう思いますか?

鉄骨だから丈夫だったのでしょうか?

地盤が丈夫だったということは無さそうです。周りの家は流れましたから。

建設、建築のプロから見た目線をお聞かせください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

鉄骨というより、コンクリートだからじゃないですか。


プレハブメーカーでは唯一存在です。
コンクリートを上に乗せるわけだから
基礎も丈夫である必要がありますし、
象がのっても大丈夫なわけです。
仮に阪神大震災の野島断層上の鉄筋住宅とまではいきませんが、
側は全部壊れずのこるでしょう。
ただコンクリートとはいえ、軽量コンクリートですけどね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みなさん回答ありがとうございます

お礼日時:2015/09/13 01:26

プロです。

#2の回答が正解です。あの家は偶然水流に抵抗できる条件がそろっただけで、めちゃくちゃ運が良かっただけだと思います。
    • good
    • 0

鉄筋コンクリートだから、丈夫で当たり前。


コンクリートを大量に使って、鉄筋も基礎にボルト4本で固定して一体化してる。
そりゃ、普通の家より丈夫ですよ。
でも、鉄筋コンクリートの宿命ですが、断熱性は劣ります。
冬は寒くて、夏は暑い家になるということです。

でも、ハウスメーカーより、どこに建てるかの方が重要だと思いますけどね。
    • good
    • 0

プロでは無いですが。

。。

昨年家を建替える際にへーベルハウスを含む大手ハウスメーカー数社に詳しい話を聞きました。
その際いただいたお話や資料では基礎コンクリにへーベルハウスと同等の強度を持たせているハウスメーカーは少なく無いです。
また、標準ではそれより低い強度を採用している会社でもオプションとして設定してあり施主の希望があればそれで行ってくれます。

なお、へーベルハウスは基礎の見えない部分(土の下の部分)が他社とは違ってみたいな説明をしていましたが、その部分もいろいろ各社の資料や工事現場を見ますと「確かに他社より凄いな!」という感じではなかったです。

やはり鉄骨+へーベル板が丈夫の一番の要因ではないでしょうか。へーベルハウスの一番の売りと選ぶ理由はその一点ですから。
    • good
    • 0

日本建築は基礎の上に乗ってるだけなので(もちろん固定はしてありますが)横から流水のような力が加わると、その部分が外れ浮いて流れていきます



へーベルハウスは基礎となるコンクリートと鉄骨が強固に固定されていますので、横からの力が加わっても壊れにくく、よって流されにくい構造となっています。

でもまあ、あの後、何度も家が当たれば、それらも壊れ崩壊したでしょうね。

たまたま、基礎に対して力が分散する方向に家が押し流されてきたのでしょう
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q旭化成へーベルハウスの屋根メンテナンス、防水シート工事の価格

旭化成へーベルハウスを建てて、18年になりました。

旭化成から、屋根防水シート張替え工事を勧められているのですが、先日、見積もりと、契約書を同時にもらいました。初めて会った営業マンから、見積書と一緒に契約書を渡されたのには閉口しますが、ちょっとバカにされた感じです。

価格について、総額158万円、施行面積が、屋根68.2m2、ベランダ9.9m2です。m2あたり2万230円です。

旭化成は建築費も高いのは知られたことだと思いますが、更に、メンテナンスになると、性能を維持するする為には旭化成に頼むしかなく、競合がないため、少し吹っかけられているような感じがします。

旭化成の防水シートの工事がどのような工事か分かりませんが、一般的に、防水シート張替え工事は、いくら位するものなのでしょうか?

Aベストアンサー

拙宅もヘーベルハウスで外壁リフレッシュ工事を検討中です。数年後には防水シート張替え工事が必要になりますが、1坪3万円位だということですよ。つまり1m2あたりに換算すると約1万円になります。m2あたり2万円というのは高すぎるので、防水工事の他に何か工事がありませんか?張り替えで特殊な技術をやっているかも知れませんが、地元の防水工事屋さんでも、旭化成に問い合わせるなどして工事したりしますから、あちこち見積もりをお願いしてはいかがでしょうか?ハウスメーカ直属のリフォーム屋さんよりは少なくとも30%は安くなると思うのですが。

Qヘーベルハウスは一番強いのでしょうか

建築関係の知識はまったくございません。
以前に住宅展示場へ行き、いろいろ見た中で
旭化成のヘーベルの丈夫さにすっかり魅了されてしまいました。
その頑丈さから、柱を必要としない(壁自体が柱になる)為、開放感のあるデザインが可能である。
防音、断熱に優れている、等等・・・

けれど、実際に土地を探し始めると、なかなか旭化成が参加していない。
(Dハウスが多いです)

そこでどなたか教えてください。
ヘーベルハウスは、私が信じているように本当に唯一無二の建材なのでしょうか?
それとも企業が打ち出すPRのひとつにすぎず、
他社の建材(や建築方法)も同様の強さなどがあるのでしょうか?

単にヘーベルに関するお話だけでも結構です、ご回答お願い致します。

Aベストアンサー

大手HMで10年前に建てました。台風でやられて建て替えを余儀なくされたのでとにかく強い家をと思って建てました。

今になってもう少し考えればよかった、と思っていますがまずよかった点から書いてみます。
1.見積がきわめて正確で追加がない。
2.約束したことはキッチリやってくれる(このへんは営業マンの質がよかったと思います。
3.やはり強かった。風速50mを2回経験しましたがまったく被害がなく、家の中にいても、風が強いなあ、ぐらいでした。裏の家は屋根がなくなりました。また震度5弱でもまったく怖くありません。こういうときもHMからすぐ電話で被害の有無の確認はありました(そういうサービスもよかったです)。
少し後悔した点
1.2×4壁工法だったので軸組み工法に比べ間取りの自由度が低かったです。特に広い空間が苦手です。
2.ムク材を使いたかったのですが、クロス壁でがっかりです。木のやさしさが伝わってきません(木造ですが)
3.メンテナンスや増改築が一般の工務店では不安です(独特の構造の為)。HM専属の会社に頼むと高いです。
4.建築費の総額がメチャ高いです
以上ですね。

すごい返済額にふうふういってる今、あれだけ高かったならもう少し違う家を建てたなあ、と考えています。それは10年前は自分の生き方や価値観等がまだ十分煮詰まっていませんでした。そういうことをじっくり考えながら建てることも大事だと思います。

ひとつのメーカーにほれ込むとほかがみえなくなります。高い買い物ですから十分検討してください。特にヘーベルは高いですよ。

自分の人生観と価値を同じくする建築家にたててもらうのが本当は一番いいと思います(見つかれば、ですが)。探せばすばらしい建築家がたくさんおられます。

それから家のメンテナンス代はものすごく高いです。特に屋根や壁の塗装が必要な場合は計算にいれとかないと仰天します。この場合も営業マンのいうことを鵜呑みにせず、自分から積極的調査したほうがよいですね。営業マンによってはうそをいうことがありますから。借金払いをしながらメンテ費用を出すのでメチャクチャきついですよ。

大手HMで10年前に建てました。台風でやられて建て替えを余儀なくされたのでとにかく強い家をと思って建てました。

今になってもう少し考えればよかった、と思っていますがまずよかった点から書いてみます。
1.見積がきわめて正確で追加がない。
2.約束したことはキッチリやってくれる(このへんは営業マンの質がよかったと思います。
3.やはり強かった。風速50mを2回経験しましたがまったく被害がなく、家の中にいても、風が強いなあ、ぐらいでした。裏の家は屋根がなくなりました。また震度...続きを読む

Qヘーベルの基礎

ヘーベルハウスで家を建てますが、基礎工事はベタ基礎ではなく土が見えている普通の基礎とのことでした。ベタ基礎の方が強いような気がしますし、ムカデなどの虫もあがってこないような気がします。なんかヘーベル板以外は時代遅れのような気がして大丈夫と思っております。

Aベストアンサー

おっしゃる通り、布基礎よりもべた基礎のほうが丈夫です。
しかし経済的には布基礎のほうが安上がりです。
地盤がしっかりしていれば布基礎でも問題ありません。
べた基礎を採用するのは田んぼのあととか、埋め立て地とか
軟弱地盤の場合は不等沈下が起きないようにべた基礎にします。
床下の土が見えていることに対する不安なら、一面にモルタルを
塗れば解決します。
どうしてもべた基礎にしたいのなら施主の意向で主張すれば
いいだけのことですが、建築確認申請が出しなおしになるのと
価格がアップします。

Q旭化成のヘーベルハウスのリフォームについて

我が家は旭化成のヘーベルハウスです。キュービクルタイプの一部三階建てです。現在旭化成系列のリフオーム会社にメンテを頼んでいます。築25年過ぎました。築15年のときに外壁のリフォームをしました。築20年のときに、これは施工ミスもあるかと思われますが、風とおし穴の目地の部分から台風のとき雨水が入り、天井裏に水がはいり、天井から水漏れがしたので、屋根防水工事と室内天井取替えのリフォームをしました。築5年目のときに屋根裏にネズミが巣を作りました。旭化成のリフオーム会社では原因が分からず、ネズミ駆除専門業者に見てもらいましたところ、基礎の風とおしの板の取り付け部2箇所が埋め戻し不良で、指が二本入る穴と、玄関の両脇の下の目地がなされておらず。ここから容易にネズミが入りますねと言われ駆除を依頼しました。そのような経験もあり、今一旭化成のリフオーム業者には、いい印象がありません。
現在、築30年を目途に、ヘーベル板の目地の取替えが必要とのことで、かなりの大規模なリフオームが必要で、結構な金額を提示されています。そこで質問です。
(1)旭化成のヘーベルハウスの壁のリフォームは旭化成系列以外の業者でも可能ですか。聞いた話では土建組合という組合に加入している業者であれば、変な工事をすると組合からはずされるので、そのような会社でもいいとききましたが。
(2)築15年で外壁、築20年で天井防水をおこなっており、現在、雨漏り等の現象はありません。私の近くの同次期に建てた、旭化成以外の住宅はそんなに壁の補修とかしておりません、築30年で結構大規模なリフォームが本当に必要でしょうか

我が家は旭化成のヘーベルハウスです。キュービクルタイプの一部三階建てです。現在旭化成系列のリフオーム会社にメンテを頼んでいます。築25年過ぎました。築15年のときに外壁のリフォームをしました。築20年のときに、これは施工ミスもあるかと思われますが、風とおし穴の目地の部分から台風のとき雨水が入り、天井裏に水がはいり、天井から水漏れがしたので、屋根防水工事と室内天井取替えのリフォームをしました。築5年目のときに屋根裏にネズミが巣を作りました。旭化成のリフオーム会社では原因が分からず...続きを読む

Aベストアンサー

ひと昔前、住宅、商業ビルでALCパネルを使ったロク屋根建物はいくつも手がけました。

・・で、だいたい20年過ぎていろいろメンテ点検すると、やはり屋上シート防水や外壁目地シーリング・塗装は全面的にやり直さなければ・・・という診断になります。
(シーリングは単なる補修ではなく、程度に寄りますが、補修で済まして安くダンピング見積もり出して来る方が私は「いい加減」レベル!と見ています。一端全部剥奪して新築工事時同様に、接着シーラーからニ液性シーリング詰め直す。それくらいして安心な劣化具合は往々にしても見られます)

特に、屋根軒の出のない、外壁てっぺんまで、屋上で笠木で回るようなロク屋根形状は雨をじかに浴びてるので、そして南側太陽直射・紫外線を受ける部分の劣化は、一般的矢切り形状屋根の外壁から比べるとかなり激しいものがあります。

名前は「ヘーベルハウス」といったって、早い話「ヘーベル」という呼称のALCパネル使って旭化成下請け工事業者が手がけただけで、メーカーブランドの信頼性は、一般業者と何のかわりもありません。値段が高いだけ(笑

同じような大成下請け業者を建て主が指名した物件例では、完成引渡し後オプション追加で、屋上に設置のエアコン室外機の配管を屋上シート防水屋根をもろに貫通させて引いてあったという・・・ 結果漏水して天井染みで私に相談があって調査したらそういうアキレ工事原因だったというお粗末例さえあります。

現場監督の技量次第。監理の経験次第です。

(もちろん習熟した私は、現代、こんな形状や素材の建築はやりません(^^ )

で、質問への端的お答え:

>土建組合という組合に加入している業者であれば、変な工事をすると組合からはずされる

ここに加入している、ってことが優良評価?
笑・・、なんの根拠もありません(笑 
自分への安心保険としてある組合組織。仮に組合からはずされたって、たちの悪いのにとっては屁でもありません(笑


>築30年で結構大規模なリフォームが本当に必要でしょうか

まちがいなく必要です。とくにヘーベル特有形状建物は、まちがいなく。
弾性塗装もシーリングも、科学的性能寿命を超えるのは間違いないですから。経験値。

この手の大規模リフォームは、肝心なのは、防水・塗装業者の技量・実績が全てといってよく、そこを選任基準に選ぶということです。

ひと昔前、住宅、商業ビルでALCパネルを使ったロク屋根建物はいくつも手がけました。

・・で、だいたい20年過ぎていろいろメンテ点検すると、やはり屋上シート防水や外壁目地シーリング・塗装は全面的にやり直さなければ・・・という診断になります。
(シーリングは単なる補修ではなく、程度に寄りますが、補修で済まして安くダンピング見積もり出して来る方が私は「いい加減」レベル!と見ています。一端全部剥奪して新築工事時同様に、接着シーラーからニ液性シーリング詰め直す。それくらいして安心な劣化具...続きを読む


人気Q&Aランキング