今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

家で事業をしている個人事業主に質問です。
プロバイダ定額料金を使用時間で家事按分している人は多いと思います。

例えば、以下の場合
・事業での使用時間 8時間
・プライベートでの使用時間 1時間

事業比率は8÷(8+1)でいいのでしょうか。

それとも、事業以外の時間は全部家事使用ということにして
8÷24にした方がよいのでしょうか。
これだとインターネットを使用していない時間や睡眠時間も家事使用ということになるので、ちょっと違和感があるのですが。

みなさん、どっちにしてますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

睡眠時間は家事利用しないとおもいますが、休日は考慮したほうがいいと思います。



客観的な説明に妥当性があればいいので、例えば、
・月に20日間仕事する。10日は土日祝。
・仕事の日は業務8時間、プライベート1時間。
・休みの日はプライベート。

だと、
仕事用:プライベート用
=20/30*(8/9) : 10/30+20/30*(1/9)
=16/27:9/27+2/27=16:11
だいたい6:4になります。

まぁ、月数千円のプロバイダ料の家事按分で突っ込まれることもないかもしれませんが、極端に9:1とかすると突っ込みたくなるかもしれないですね。休みの日は全く使いません。とか、言い切れればよいですが。

面倒なら、いろいろひっくるめて半々、のほうが説得力があるかも。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。休日も考慮するのですね。
非常に分かりやすいです。
誰が聞いても納得できそうな按分方法なので、その比率(16:11)で行こうと思います。

お礼日時:2015/09/18 11:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qプロバイダ料金の按分率について (青色申告)

青色申告のために教えてください。

プロバイダ料金はどれくらいの割合で経費計上でしょうか? 計算式を教えてください。

事業での使用時間 6~7時間前後

私用での使用時間 1時間程度

ほぼ毎日で他の時間は使用してません。

Aベストアンサー

そのまま時間比でよいです。
事業用 7時間として

7 ÷ (7 + 1) × 100 = 88%

Q電話料金、インターネットの使用料金の家事按分方法

電話料金、インターネットの使用料金の家事按分方法


お世話になります。
個人事業主の電話料金、インターネットの使用料金の家事按分方法を教えてください。

電話料金の場合、税務署の追及を受けた場合、「合理的な按分方法」としては通話内容の一件一件を調べて
プライベートの通話料金、仕事上の通話料金を分けて、仕事上の通話料金のみを通信料として計上してあれば
それで証明できると思いますが、この場合、基本使用料金はどのように按分したら良いのでしょうか?
(そんな細かいとこまで突っ込んで来ない?)

インターネットの使用料金(ブロードバンドなので定額制)についてはどのように按分したら良いのでしょうか?
事務所と自宅が完全に離れていれば、
「事務所で使っているインターネット料金は100%仕事用です」
で通用すると思いますが、自宅 兼 自室 兼 職場の場合、プライベートな時間もインターネットが使用可能です。
税務署は
「仕事用のパソコンと称して、エロサイトとかも見てるんだろ!
 閲覧履歴を見せろ!」
とか言うんでしょうか?(もちろん拒否しますが)

定額支払いを半々ぐらい按分すればいいのでしょうか?

電話料金、インターネットの使用料金の家事按分方法


お世話になります。
個人事業主の電話料金、インターネットの使用料金の家事按分方法を教えてください。

電話料金の場合、税務署の追及を受けた場合、「合理的な按分方法」としては通話内容の一件一件を調べて
プライベートの通話料金、仕事上の通話料金を分けて、仕事上の通話料金のみを通信料として計上してあれば
それで証明できると思いますが、この場合、基本使用料金はどのように按分したら良いのでしょうか?
(そんな細かいとこまで突っ込んで来ない...続きを読む

Aベストアンサー

原則は、

(1) 合理的な按分なら受け入れられる。

(2) 重要性で考えると、按分が多少かわろうと誤差なので大丈夫。

(3) ただし、全体のチェックでスルーされるということ、一旦税務調査が入った場合の重箱の隅をつつかれることとは別。税務調査は、ランダムですが、厳しいですよ。


電話料金

半々でもいいかもしれないが、できれば明細で説明できるようにしておく。携帯や固定電話も、別々にインボイスを分けるサービスがあるので、それが無難。

電話基本料金

半々でいいでしょう。

ブロードバンド

半々でいいでしょう。

いずれにせよ、全額が経費を認められることはまずないので、家賃、自動車、電話、携帯、すべてに自分なりの説明が出来るようにしておくことが大切。いったん税務調査が入り、いい加減だなぁ・・・と思われると、つまらないことまで指摘されたりしますからね。

 

Q家賃、通信、光熱費の按分(支払いは主人)

SOHOをしていまして、今年はじめての青色申告をします。

家賃、電話代、ADSL代、携帯電話代、電気代を按分しようと思ったのですが、
上記全てが主人の口座からの引き落としなのです。

正確にいうと、今の住まい(賃貸)への入居時の保証と家賃引き落としのために強制的に作られたクレジットカードで、主人の口座から引き落としている状態です。

という事は、主人の口座からの引き落とされているものに関しては、按分どころか経費にもできないのでしょうか?

もし計上できるのであれば未払金扱いではなく、現金出納帳から按分した分だけを事業主借で入力するのでしょうか?

Aベストアンサー

家族名義で支払っているものなら、按分して、支払先は家主さんや電気会社として帳簿につけておけばいいと思います。家族名義の領収書やクレジットカードの明細、口座振替の証明になる通帳などは、しっかり保管しておきましょう。

家族のものを借りたことにして、按分分だけ家族に領収書を書いてもらうというのは、通用しないと思います。例えばご主人名義の自宅で仕事をしても、ご主人に家賃を払って経費にすることはできないはずです。税務署は、家族内で払ったことにして経費を水増しすることを警戒しているのでしょう。

なお、こういう疑問点は、税務署や各地の税務相談室に電話すれば、ていねいに教えてくれます。特にこちらが名乗る必要もなく、「こういう事例はどうか」と聞けばいいだけです。

それから、確定申告の時に、税務署にいちいち帳簿や領収書を出したり見せたりする必要はありません。貸借対照表と確定申告書がきちんとしていれば、それで通ってしまいます。あとで調査が入る可能性がありますが、よほど売り上げが大きいとか、経費が大きいとか、あやしむような内容がなければ、個人事業で調査が入ることは、まずないようです。少々帳簿の付け方が間違っていたとしても、不正をせずきちんと税金を払っていれば、何も心配することはありません。もちろん、正確な帳簿をつけるにこしたことはありませんが、個人事業者がみんな経理のプロというわけではないので、肩の力を抜いてやればいいと思いますよ。

家族名義で支払っているものなら、按分して、支払先は家主さんや電気会社として帳簿につけておけばいいと思います。家族名義の領収書やクレジットカードの明細、口座振替の証明になる通帳などは、しっかり保管しておきましょう。

家族のものを借りたことにして、按分分だけ家族に領収書を書いてもらうというのは、通用しないと思います。例えばご主人名義の自宅で仕事をしても、ご主人に家賃を払って経費にすることはできないはずです。税務署は、家族内で払ったことにして経費を水増しすることを警戒している...続きを読む

Q電気代を個人口座から引落した時の帳簿記入は?

個人事業での帳簿のつけ方について質問です。
自宅で仕事をしているので電気代と家賃を按分して経費にしたいのですが、この2つは毎月、個人口座の方から引き落としになっています。
それを帳簿につけるとき、
(1)按分した金額を現金出納帳に直接記入していいのでしょうか?
(2)その場合、引落された日付で「電気代○月分 ●%」とするのでしょうか?それとも1年分を合計して12/31付で記入するのでしょうか?
(3)電気代は前月の分を翌月払うようになっているのですが、
12月分は1月の引き落としを待って記入してよいのでしょうか?

初めての申告なのでどこまで細かく考えればいいのかわかりません。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

>預金出納帳をもう一冊作って個人口座使用分…

家庭用の口座なら「預金出納帳」など要りません。

【再掲】
事業用の口座から口座から支払っているのなら「預金出納帳」に記載します。
家庭用の口座から支払っているなら、「事業主借」勘定で処理することになります。

>現金出納帳に「事業主借」として記帳するのが楽なのですが…

その電気料等は、とにかく口座引き落としなのでしょう。現金で支払っていないものを「現金出納帳」に載せてはいけません。
現金出納帳に事業主借として載るのは、家計からの「実際の現金」で、事業用経費を支払った場合です。

【再掲】
【水道光熱費】○○円/家事関連費(電気料)/【事業主借】○○円

これは現金出納帳には現れず、『経費帳』に「年末決算」として記載します。

Q請求月と振替月(支払月?)が異なる支出の場合、帳簿にはどちらの月として計上するのですか?

経理、会計、税などにまったく無知なので教えてください。

たとえば銀行振込(引き落とし)で定期的に支払うべき代金があったとして
1. ある月の請求分が翌月に振り替えられる(引き落とされる)
・・・ ex. 11月分が 12月○日に振り替えられる
2. ある月の請求分が前月に先に振り替えられる(引き落とされる)
・・・ ex. 11月分が 10月○日に振り替えられる

この場合、帳簿(出納帳)には、請求月、振替月(支払月?) どちらの所へ支出として書くのが一般的なのでしょうか?
統一されていれば、どちらでもかまわないのですか?

Aベストアンサー

出納帳の支出欄には、預金引落しの場合、引落日(振替日)で記入するのが一般的です。出納帳は現預金の動いた日付で記入するものだからです。そのうえで、摘要欄に使用月を記入することをお勧めします。

なお、納税額計算のときは原則として、使用月ベースで年間合計額を出すことになります。そのため、摘要欄に記入しておくことをお勧めする次第です。ただ、毎月定額を前払いするもの(家賃など)、毎月おおむね定額で発生するものなどは、引落日ベースでの年間合計でも差し支えありません。

Q【確定申告】年またぎの売上について

現在個人事業主として活動させて頂いております。

青色申告用に「やよいの青色申告」を使用させて頂いております。


そこで12月分の売上について、質問させて頂きます。

1月分~11月分の売上金については、請求書を発送した日(※たいてい翌月の初旬)に売掛帳に記帳するようにしているのですが、12月分の売上金はどのように処理したらよろしいのでしょうか。


以上、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>青色申告用に「やよいの青色申告」を使用…

何のソフトであろうと関係ありません。

>請求書を発送した日(※たいてい翌月の初旬)に売掛帳に記帳するよう…

基本的に考え方が違います。
売上の計上時期は、お金をもらえることが確定した日、言い換えるなら商品を販売した日、一つの仕事が終わった日です。

例えば、
・11月 13日に仕事が終わり、または商品を販売し
・11月 20付けで請求書を作成し、
・12月 2~3日頃に発送し
・12月 10日に入金された
のなら、11/13 付けで
【売掛金 100円/売上 100円】
です。

11/20 付けでも 12/2 付けでも、さらに 12/10 付けでもありません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2200.htm

この考え方は、仕入や経費の支払いについても同様です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2210.htm

>12月分の売上金はどのように処理したらよろしいのでしょうか…

まあ、年の途中は質問者さんのような仕訳でも許容のうちですが、年をまたぐときは厳格にしないといけません。
大晦日までに仕事を終えた分は、請求書を作成するのが来年であろうと、入金されるのが再来年であろうとも、今年分として計上します。

なお、質問者さんが青色申告でも特に「現金主義」の届けを出してある場合は、この限りではありません。

税金について詳しくは国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>青色申告用に「やよいの青色申告」を使用…

何のソフトであろうと関係ありません。

>請求書を発送した日(※たいてい翌月の初旬)に売掛帳に記帳するよう…

基本的に考え方が違います。
売上の計上時期は、お金をもらえることが確定した日、言い換えるなら商品を販売した日、一つの仕事が終わった日です。

例えば、
・11月 13日に仕事が終わり、または商品を販売し
・11月 20付けで請求書を作成し、
・12月 2~3日頃に発送し
・12月 10日に入金された
のなら、11/13 付けで
【売掛金 100円/売上 100円】
です...続きを読む

Q事業用口座から現金を引き出した際の仕訳

商品発送時の送料や消耗品の購入などは現金で支払っています。
手元にある事業用の現金が少なくなってきたので、事業用口座から新たに現金を引き出しました。

このような場合、どのように仕訳すれば良いでしょうか。
初心者のため可能な限り詳しく教えていただけますと大変助かります。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

>事業用口座から新たに現金を引き出しました…

【現金 100円/普通預金 (or 当座預金) 100円】

>商品発送時の送料…

【荷造運賃 20円/現金 20円】

>消耗品の購入…

【消耗品費 30円/現金 30円】

Q家事関連費の家事按分についてお尋ねします。

家事関連費の家事按分についてお尋ねします。
個人事業で青色申告をしています。

この度光通信に変更のため工事をしました。
水道光熱費などはそのまま家事との割合で按分していますが、
このような工事費も、使用割合に応じて按分してもいいのでしょうか?
また、毎月のネット利用料金も同じでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 haruharu88さん こんばんは

 光通信の工事代ですけど、まずは工事をした理由を考えましょう。例えば大量の画像(例えば動画等)と言う仕事を新たに始める等で今までのADSLの速度では仕事にならないからと言うのが理由なら、仕事の為の光通信ですから全て仕事の出費(按分と言う事で言えば、家事分0%)で良いでしょう。しかし「光通信も安くなったし~~」とかもし「光通信にしたら映画もダウンロードして自宅で見えるよね」と言う仕事以外の目的があっての光通信導入なら仕事と家事分と按分する必要が有ります。
 では按分する場合の割合ですけど、1ヵ月の平均として1日当り仕事目的でネットを5時間・仕事以外の目的でネットを1時間するのであれば仕事と家事の按分割合が仕事:家事=5:1と考えられます。その割合で光通信の工事代を按分されたらどうでしょうか???

 ネットのプロバイダー接続料の上記同様に考えたら良いと思います。つまり仕事だけしかネットをしないのであれば100%仕事の支出でしょうし、平均的に仕事で5時間・プライベートの内容で1時間(1日当り)ネットを使うのであれば、仕事:家事=5:1で按分されたらどうかと思います。

 以上何かの参考になれば幸いです。

 haruharu88さん こんばんは

 光通信の工事代ですけど、まずは工事をした理由を考えましょう。例えば大量の画像(例えば動画等)と言う仕事を新たに始める等で今までのADSLの速度では仕事にならないからと言うのが理由なら、仕事の為の光通信ですから全て仕事の出費(按分と言う事で言えば、家事分0%)で良いでしょう。しかし「光通信も安くなったし~~」とかもし「光通信にしたら映画もダウンロードして自宅で見えるよね」と言う仕事以外の目的があっての光通信導入なら仕事と家事分と按分する必要...続きを読む

Q前年の売掛の扱い方がわからず困っています・・・

青色申告一年生の個人事業主です。

前年(2006年)の売掛分が、2007年の1-2月に入金されました。
1月1日付で処理をすればいいと言われたのですが、
どのように処理をすればいいのかわかりません。

前年の未入金部分がA社10,000円、B社20,000だったとして、
どのように処理をしたらよいのか
教えていただければと思います。

よろしくお願いいたします!

Aベストアンサー

>2006年の時には、入金されたものが基準でしたので…

その年は、青色申告で「現金主義」の届けを出してありましたか。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/pdf/10.pdf

>どのように処理をするのが正しいのか…

「現金主義」の届けを出してあったのであれば、移行期に限り
1/1【売掛金 30,000/売上 30,000】
の仕訳を入れればよいでしょう。

18年当時が一般の青色申告や、白色申告であった場合は、あくまでも 12月の売上です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2200.htm
18年分の「修正申告」をして売上の追加が必用となります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2026.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q年をまたぐ売掛金の記帳について

当方、個人事業主です。

昨年12月までに売掛金が発生した取引で
売掛金の入金が1月だった場合、

売掛帳の売掛金が発生した項目の相手科目を「売上高」ではなく
「売掛金」として記帳すれば良いのでしょうか?
それとも売掛金発生の旨、通常時と同様に記帳しておけば
計上した事になるのでしょうか?

この処理を売掛帳に記帳するのかも明示して頂ければ助かります。

また、年明け1月の記帳には上記の取引案件の入金は
売掛帳に記載しなくても良いのでしょうか?
通常、売掛金の入金の際は、源泉税で引かれた分の記帳も
あわせて売掛帳に記帳しておりますが、それはいつ、
どの帳簿に記載すれば良いかもご教授下さい。

初めての経理で困っております。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>売掛帳の売掛金が発生した項目の相手科目を「売上高」ではなく「売掛金」として記帳すれば良いのでしょうか?
それとも売掛金発生の旨、通常時と同様に記帳しておけば計上した事になるのでしょうか?
この処理を売掛帳に記帳するのかも明示して頂ければ助かります。


仕訳になじんで下さい。仕訳の初歩を理解するだけでも、会計帳簿への理解が急速に進みます。

決算においては、決算特有の仕訳や記帳がありますが、「売上高」と「売掛金」については、決算の月だからといって、通常の記帳と異なる記帳はしません。通常時と同様に記帳しておけば計上した事になります。


・昨年12月25日に売上48万円が発生した場合、

12月25日
〔借方〕売掛金480,000/〔貸方〕売上高480,000
売掛金元帳の借方に480,000、相手科目は売上高
売上高元帳の貸方に480,000、相手科目は売掛金


・代金が1月29日に振り込まれた場合、

1月29日
〔借方〕普通預金431,580/〔貸方〕売掛金480,000
〔借方〕仮払税金 48,000/
〔借方〕売上値引    420/
売掛金元帳の貸方に480,000、相手科目は諸口
普通預金元帳の借方に431,580、相手科目は売掛金
仮払税金元帳の借方に48,000、相手科目は売掛金
売上値引元帳の借方に420、相手科目は売掛金
※仮払税金は元入金でもOK
※売上値引は支払手数料でもOK


以上、税込経理方式

>売掛帳の売掛金が発生した項目の相手科目を「売上高」ではなく「売掛金」として記帳すれば良いのでしょうか?
それとも売掛金発生の旨、通常時と同様に記帳しておけば計上した事になるのでしょうか?
この処理を売掛帳に記帳するのかも明示して頂ければ助かります。


仕訳になじんで下さい。仕訳の初歩を理解するだけでも、会計帳簿への理解が急速に進みます。

決算においては、決算特有の仕訳や記帳がありますが、「売上高」と「売掛金」については、決算の月だからといって、通常の記帳と異なる記帳...続きを読む


人気Q&Aランキング