【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

為替証拠金取引を始めて3年になりますが 私が利益を得ていることを知り 同僚に自分の分も運用してくれと頼まれ 少額ですが運用しています。もちろん 元本割れの危険性もあることは承知してもらっていますし その同僚のぶんの運用についても今のところ うまく行っており 特に問題はありません。利益に比例してリベートをもらうことにしています。取引自体には自信があるので 小遣い稼ぎぐらいにはなるかなと考えています。

しかし 仮にこの経済活動を広げ 何人もの人の資産を預かって個人的に運用し 手数料をもらうとなれば これは違法行為となるのでしょうか。また こういう経済活動を行うのに資格はいるのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

初めまして。

なにやらさまざまな意見が出ていて面白いですね。
さて、業として他者の資産運用を行なうということでしたら、近くの財務局に行き、投資顧問業者としての登録を行なった後(これだけでは「助言業務」しかできません)、「投資一任契約に係る業務の認可」を受ける必要があります。もっとも、投資一任契約に係る業務の認可を得る為には資本金・運用体制・バックオフィスジム体制・コンプライアンスの遵守等をチェックされることになりますので、個人で行なうには不向きです。あと、米国で認可されているCTA(Commodity Trading Advisor)となれば、顧客に顧客自身の口座を開設してもらったうえで、Limited Power of Attorneyを発行してもらうことで、その効力によって運用指図を行なうことが可能です。(欧米では商品先物のシステム・トレードや為替のシステム・トレードでCTAという職業はそれなりに認知されています。でも、一般人に広く知られているわけではないので、金融関係者以外ではヘッジ・ファンドとCTAの区別もつかないほうが普通でしょう…。)
いづれにせよ、金融関連業務を本気でやりたいということでしたら、しかるべき金融専門の弁護士などと相談しながら法令違反のないように細心の注意を払ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなりましたが、ご回答ありがとうございました。
欧米の事例もご存知とは、感服いたしました。
参考になるヒントをいただき、感謝いたします。
まだ全く本気ではありませんが、慎重に検討してみたいと思います。

お礼日時:2004/07/01 19:59

他人のお金を運用するなんてすぐにやめたほうがいいです!!^^


「取引に自身がある!?」ですって!?!?

ちゃんちゃらおかしいな話です。3年前から始めて勝っているということは、ただ単にメインで「ユーロ円」か「オージー円」を買っていたのでしょう。そうです、あなたはただ上昇し続けていた通貨を買っていたに過ぎない。しかもごくごく普通の人の発想でしょう。ユーロは導入されて間なしだったので皆が注目していた通貨でした。オージーも高金利通貨という事で注目されていました。

わかっているとは思いますが、この二つの通貨はもう上昇トレンド上にはありませんよ。

あなたが3年間負けなかった理由の2つ目として小額の運用だった事があります。小さな金額のポジションならば少々動いても、貯金か手持ちのお金で対応できるでしょう。でも大きな金額を動かし始めればそれだけ追証にも対応できなくなってくる。(しまいには消費者金融なんかで借りたりする)ニューヨーククローズで追証が外れていれさえすればいいのですから、すぐに相場が戻れば借りる期間は2,3日でいい事になります。運用資金の半分(何百万)を失うより少々高い金利でも何千円かを選ぶのです。

話がちょっとそれましたが・・・^^;;;

あなたがもし他人から預かったお金を失ったら預けた人が「ああ・・しかたないな・・」なんて言うと思ってるんですか?あなたのやろうとしている事は「信用を失う行為です」3年やって負けていないというのが、余計に危険なのです。きっとあなたが負けを意識したときはたくさんの人を巻き込んだ罪悪感から夜逃げでもするんじゃないですかね。
それに、おそらくあなたに出資した人は誰も追証など払わないでしょう。でも、そこであなたは説得をしようとする「追証入れれば助かる」ってね。証拠金取引に無知な人ほど追証は理解できません。
だからちゃ~~~んと相手にも理解させた上で「自分でやれば?」って言ってあげてください。
でも、それはそれでダメなんですよね・・・・
「お前に証拠金取引なんて教えてもらわなければ俺はお金を失わなかったはずだ!」ってね。一生恨まれますよ。
まあ相手の言い分は筋違いでしょうけどね。理屈では解かっていても損をさせられた感情は止められない。
でも「ここで買えば?」とかアドバイスして負けたら絶対恨まれるでしょうね^^

あなたはここに書き込みをして良かったです。^^

いずれにせよ結果は2通りです。

この私の書き込み通り「夜逃げの道」か

私の書き込みを読んで「証拠金取引をやめる」かです。

きつい事ばかり書き込んでしまいましたが、現実はそんなにあまくありません。私はあなた自身にも証拠金取引をやめてほしいくらいです。
やるなら「現物買い」(外貨預金)にして下さい。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

お礼が遅くなりましたが、長文のご回答ありがとうございました。
親身になって心配していただいたことにも、大変感謝申し上げます。
ただ、為替は単に高金利通貨を買うだけでは、たいした利益はあがらないことは自明だと知っています。
むしろ、それらを売るところに稼ぎどころがある、これがハイリターンを得るヒントです。
研究なさってみてください。
ただ、生半可な分析では確かに大火傷をします。

書き方に失礼があれば、お許しください。

お礼日時:2004/07/01 19:54

為替取引の一任売買については現在規制する法律がありません。

日本国内では為替取引に関する一任勘定の投資顧問契約は、OKです(証券会社のみ規制のようなものがあります)。
法制不備でOKだという状態なのですが、早ければ今秋を目処に為替についても規制法の立法案提出が検討されているようで、そこで規制される可能性はあります。
法律は遡及効果は持たないので、立法されるまでは合法です。実際に業としてやっている会社もあります。
規制法案が国会で可決しても施行まで半年~1年ぐらいは猶予期間があるはずですから、向こう1~2年は合法的に行なうことが出来るということになると思います。


有価証券及び商品先物の一任投資顧問業については以下のようになります。
まず、いわゆる私募の範囲の一任形態ファンドでしたら、民法上の契約自由原則で問題無しです。
50人以上を対象に勧誘行為をすると(客が50人ではなくて勧誘対象者が50人)、私募の範囲を超えて投資顧問業の許認可が必要になります。
この場合資本金何億円みたいな会社を設立しなければいけません。


つまり、意義としてはご質問の内容は上記投資顧問業の規制に該当する内容だと考えられるものの、現在のところ為替取引は上記規制対象の範囲に含まれていない為、違法性は無い。ということになります。


出資法は利息又は元本を保証して不特定多数の人からお金を集める行為を規制しますので、ご質問の範囲では該当すると言えません(変な特約をつけると該当します)。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

お礼が遅くなりましたが、ご回答ありがとうございました。
大変参考になりました。
法律面については、書いていただいたことを手がかりに勉強してみます。

お礼日時:2004/07/01 19:39

出資法のことはよくわかりませんが、この取引を仲介するということは莫大なリスクを抱えるという事を認識されたほうがよいと思います。


文から察するに大きなマイナスはいままでなかったのだと思いますが、元本割れどころか元本を大きく超える損の可能性もある、ハイリスクな取引です。ご存知かと思いますが。
同僚の方から証拠金は厚めにとってありますか?足がでた場合どうしますか?利益に比例したリベートを受け取るということは損失がでた場合はある程度補填するんですか?訴えられたらどうしますか? この辺が非常に気になります。

法的にも#1の方が言った他にも色々問題もあると思いますし、活動を広げるとなると勧誘などの問題もでてきます。ちなみに来年以降、法規制でこの為替証拠金取引は個人への勧誘が禁止されるようになるそうです。

余計なお節介で大変恐縮ですが、いずれにしましても止めた方がよいですよと申し上げたい次第です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなりましたが、ご回答ありがとうございました。
慎重に検討してみます。

お礼日時:2004/07/01 19:33

いわゆる出資法違反ですね。


立派な犯罪です。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QFXで他人の資金を運用し利益還元は違法?

FXをやってますが、友人から「このお金で運用してみて」みたいな感じの話がありましたが、自分は他人のお金を運用する気も無いし、仮に運用して負けでもしたら、友人関係にも影響しそなので、
その旨を友人に説明もしましたし、FXは常に勝てるものでもなく、預けたお金が0になる可能性もあると伝えましたが、友人は「大きな金額では無いのでやってみて」って感じです。
まぁ話しを受ける気は無いのですが、ひとつ疑問がわいたので、質問してみました。

質問内容はタイトルの通りなんですが、上記の様な場合に仮に他人から預かったお金を運用し利益が
出た場合に、その利益に対する税金も支払ったうえで、税引きの利益を他人に還元するのは違法になるのでしょうか?
また、その利益還元に対するインセンティブを受取ることも違法でしょうか?

お分かりの方がいらっしゃいましたら教えていただけますでしょうか?

Aベストアンサー

ご質問と補足の質問への回答です。

ご質問の「資金を個人または法人に預け、預かった個人または法人が運用して利益還元する」と、出資法違反になります。
また資金を預からずに売買の指示や具体的な指し値の助言などをすると、「投資顧問」「助言業」となり、こちらも個人・法人にかかわらず金融庁の登録が必要です。
インセンティブも名義貸しのロイヤリティなど全ての利益が対象ですので、登録を受けていない個人の助言や利益関係のある契約自体が違法との扱いです。

有料の投資クラブ、有料の投資助言サイト、指し値提示の有料メルマガなど、違法のグループや個人も多々ありますが、注意喚起があっても名義を変えて再開するなどしている為、数が多く金融庁も取り締まれていないのが現実です。

個人で助言業となるには、財務事務所へ、必要書類は(業務を執行する役員の身分証明(法務局証明書)、印鑑証明、具体的な運用実績、資本金の明細など)を提出します。
同時に、登録免許税15万円を日銀(日本銀行か日本銀行銀行歳入代理店)に、営業保証金(個人なら500万円以上)を財務事務所に供託します。

全部の提出が終わると、2~3カ月の審査の後、「○○○財務局長(金商)第○○○号」といった登録番号が届き手続き終了です。
手続きが終わると、財務局や金融庁などの登録名簿に代表者の名前や住所などが掲載されます。

開業後は、年度ごとの3カ月以内に業務実績、運用実績など詳細な届けが必要です。
投資顧問協会というものがありますが、これは任意なので加入しなくても問題はありません。私の知る限り、個人で登録されている方はあまり加入されていないようです。

必要書類は様式が決まっていて、様式に沿って記入したり書類を用意するだけなので、個人でもそれほど難しい物ではありません。
今年4月からまた審査基準や必要な事項が増えるとのことです。
上記の回答は改正前に登録した際の手順なので、登録されるなら改正後の基準を御調べになられてください。

ご質問と補足の質問への回答です。

ご質問の「資金を個人または法人に預け、預かった個人または法人が運用して利益還元する」と、出資法違反になります。
また資金を預からずに売買の指示や具体的な指し値の助言などをすると、「投資顧問」「助言業」となり、こちらも個人・法人にかかわらず金融庁の登録が必要です。
インセンティブも名義貸しのロイヤリティなど全ての利益が対象ですので、登録を受けていない個人の助言や利益関係のある契約自体が違法との扱いです。

有料の投資クラブ、有料の投資助言サイト...続きを読む

Qこれは犯罪か何かになりますか?

母親が投資信託を始めたいというので母親が自身でカブドットコムの口座を作り自分の口座から自分のお金で証券口座へ入金しました。

さて、投資信託を試しに購入しようと思い試したのですがパソコンの操作がいまいちわからず
母の言うとうりの銘柄を私の操作で購入いたしました。
その日の売上ランキングが一位のものがいいと言われたので一位のものを購入しました。
目論見書などは目を通させました。

そのごカブドットコムの営業から挨拶の電話が来たのですが、その時購入銘柄の話になり母親は投信売上ランキングが一位の物を購入したのは覚えてたのですが銘柄名までははっきりと覚えていませんでした。

パソコンに不慣れなので息子に操作してもらったと白状したら投信を全て解約されてしまいました。

口座を本人以外が開設することは出来ないと記載されているのでそれは解りますが、本人と一緒に家族が操作しては行けないとは何処にも見当たりません。
投資信託を解約させられたのは事実なのでこちらが悪いのは理解しましたが、
これは何かの罪になりますか?
それともカブドットコム内のみの規約違反というだけしょうか?
規約違反にしてもそのような記述が見当たらなくて。。。

詳しい方よろしくお願いします。

母親が投資信託を始めたいというので母親が自身でカブドットコムの口座を作り自分の口座から自分のお金で証券口座へ入金しました。

さて、投資信託を試しに購入しようと思い試したのですがパソコンの操作がいまいちわからず
母の言うとうりの銘柄を私の操作で購入いたしました。
その日の売上ランキングが一位のものがいいと言われたので一位のものを購入しました。
目論見書などは目を通させました。

そのごカブドットコムの営業から挨拶の電話が来たのですが、その時購入銘柄の話になり母親は投信売上ランキン...続きを読む

Aベストアンサー

その時電話をかけてきた担当者とうまく意思疎通ができていなかったと思います。

本人の意志で、本人の同意を得て、本人が目論見書に目を通して納得した上で本人の資金で購入したのなら、ご子息がパソコンの操作を行っていても特に問題はないはずです。

代理人としての登録は、本人ではなく代理人になった方が代理人の投資判断で投資ができるようにするものであって、本人の投資判断によっての投資なら本人と一緒にご子息がパソコンの操作をされても問題ありません。

ご質問の経緯で購入された投資信託なら、解約させられるような事はないはずです。

恐らく電話をかけてきた担当者へ上手く経緯を伝えることができず、ご子息が投資判断をされて購入されたと思われたのではないでしょうか。

そのようなケースでは、経緯がどうであったのかを本人・ご子息にきちんと確認した上で判断すべきだと思います。
私は以前証券会社で勤務しておりましたが、その時に同様のケースがあった場合はしつこい程経緯をしっかり確認しました。
「その投資信託を買おうと言ったのはご本人ですか?それともご子息ですか?」「目論見書はご本人がご覧になりましたか?」など…。

また同様のケースで誤解があるかもしれませんので、カブドットコム証券にはひとこと経緯を伝えた方が良いかもしれません

その時電話をかけてきた担当者とうまく意思疎通ができていなかったと思います。

本人の意志で、本人の同意を得て、本人が目論見書に目を通して納得した上で本人の資金で購入したのなら、ご子息がパソコンの操作を行っていても特に問題はないはずです。

代理人としての登録は、本人ではなく代理人になった方が代理人の投資判断で投資ができるようにするものであって、本人の投資判断によっての投資なら本人と一緒にご子息がパソコンの操作をされても問題ありません。

ご質問の経緯で購入された投資信託なら、解...続きを読む

Q友人のお金を運用。違法ですか?

友達2人から、お金を預かり
公営競技(競馬・競輪・競艇)で運用しようと思っています。
利益が出た場合は、元本を含め全て分配し
私は手数料等は一切もらいません。

友人間の事で、不特定多数を募っている訳ではありませんし
元本や利益・利息は保証していないので出資法違反には当たらないと
思うのですが・・・
あと、友人のお金を無報酬で運用する分には、「投資顧問業」の範疇
にも入らないと思うのですが、この考え方で正しいでしょうか?
他に何か法律的に問題はありますか?

あと・・・
分配金(利益)が一人頭110万円を超えて返金・分配する場合、
贈与税は掛かるのでしょうか?

また、返金するまでは私の口座で運用していくので
私の口座のお金が増えていくのですが・・・(上手くいけば^^;)
確定申告は私の利益の分だけで大丈夫でしょうか?
(確定申告前には分配・返金します。)

宜しくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

民事的な行為か、それとも事業としての行為か、中間的なところで悩んでいるようですね。

これは事業なのか単なる友人とのお金の貸し借りなのか、はっきりさせておくべきでしょう。

ここでは、お金の貸し借りということで考えて見ます。友人からお金を借りてそれをいかように使うこと自体はなんら法には触れません。ただし、お金をどうするかは友人に強い権限があります。場合によっては友人が意に反して返せといったときには速やかに返さないといけないはめになることもあります。

税金ですが、この場合払う必要があります。所得税に分類されます。確定申告の前に返されるということですので、その儲け分はあなたが一括してはらい、最後に友人に分配してください(あなたの場合、儲けが50万以上になったとき申告が必要となります)。分配額によっては贈与税対象もありえます。たぶん、分配金は借金返済の一部とみなされるでしょう。それが完済したところから、贈与等に注意してください。

事業とするのであれば、所定の手続を踏んで、事業として興し、正式な形で運用することになるでしょう。その場合ももちろん税金はかかります。自営業様ですのでそちらはあなたのほうがお詳しいかもしれませんが。

とりあえず、お金は何が起こるかわかりません。小さい額でも突然もめたりしますので、確実に常に返済できる準備は必要だと思います。

民事的な行為か、それとも事業としての行為か、中間的なところで悩んでいるようですね。

これは事業なのか単なる友人とのお金の貸し借りなのか、はっきりさせておくべきでしょう。

ここでは、お金の貸し借りということで考えて見ます。友人からお金を借りてそれをいかように使うこと自体はなんら法には触れません。ただし、お金をどうするかは友人に強い権限があります。場合によっては友人が意に反して返せといったときには速やかに返さないといけないはめになることもあります。

税金ですが、この場合...続きを読む

Q友達へ資産運用を頼む際の注意点

こちらでよろしいでしょうか?

投資でコンスタントに成績を上げている友達がいて、その人にお金の運用をしてもらおうと思っています。(揉め事になる可能性や、お金を減らすリスクがあるのはわかっています。今回は「やる」という前提で質問させていただいております)

恐らく普通にお金を渡してしまうと贈与(控除額を超える金額です)になってしまうと思うのですが、法律的に(犯罪にならない)税制的に(できれば友人へお金を預けることに関しては一切税金がかからない)一番よい方法はどのような方法があるのでしょうか?

もしかして借用書を書いて、公証役場に持っていって法律的に有効にしさえすれば、問題ないでしょうか?その際、利子は0%でも問題ないのでしょうか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

お金を渡しても、あげるのではなく、運用を依頼するだけですから贈与にはなりません。

http://search.yahoo.co.jp/search?p=%C2%A3%CD%BF%A4%C8%A4%CF&fr=top_v2&tid=top_v2&search.x=1

QFXで他人(妻)の名義を使うことは違法ですか?

30代会社員です。給料が漸減している昨今、小遣い稼ぎのためにFXを始めました。

さて、現時点ではまだ20万円以上の収益が出ていないので確定申告の必要はないと思いますが、順調に収益が上がっていった場合、気になるのが税金です。私はスキャルピング派なので、くりっく365ではなく非取引所で取引しています。

そこでふと考えたのですが、実際に取引をするのは私でも、専業主婦である妻の名義で口座を開けば税金が安いのではないか、と思いました。もちろん、収益が上がれば所得税の扶養控除から外れることは理解していますし、年金や社会保険料も別途支払うことは構いません。
いっそのこと妻に取引してもらえば悩むことはないのですが、妻は投資というものにまったく無関心で、やってくれる見込みがありません。私が睡眠時間を削ってやらないといけないようです(まあ、そんなことはこの際どうでもいいのですが)。

先輩諸氏にお伺いします。妻の名義でFXを取引することは違法行為に当たるのでしょうか? それとも正当な節税行為なんでしょうか?

Aベストアンサー

仮名・借名取引となるので違法行為に当たります。
また、節税目的で行ったと認められる場合は悪意ある行為(脱税行為)として見られるかもしれません。
売買は本人であるあなたの名義で行ってください。

【仮名・借名取引】
架空の名義や他人の名義などを使用し行う取引を仮名取引といい、家族や友人など本人以外の名義を借り、名義人になりすまして行う取引を借名取引といいます。このような取引は、脱税やマネー・ロンダリングといった行為の温床となる可能性があることや、相場操縦といった不公正取引に利用される可能性があり、法令諸規則等により禁止されています。

【仮名取引の具体例】
・架空の名義で口座を開設し、取引をしている場合等 ・ 他人の名義を勝手に利用して口座を開設し、取引をしている場合等

【借名取引の具体例】
・家族や友人から取引を全て一任されている場合等(口座の名義人の方が投資判断を行っていない)
・数人のお客様で一つの口座を利用して取引をしている場合等

Q出資法違反で彼氏が逮捕かも。助けてください。

表記のとおり、近日中に彼氏が出資法違反で逮捕されます。
いわゆる『金貸し』をしていました。
多分5年~6年くらいしていたと思います。
金利は1ヶ月1割位でしていたと思います。(推測ですが)
彼氏の上に社長がおり、彼氏は従業員として働いていました。(社員は彼を含めて2名)
彼のお客さんの方へ警察から連絡があり、彼氏のことについていろいろ調査があり、そのお客さんが心配して、彼に連絡をしてくれたことで、現在警察が調査中だということがわかりました。
彼は『近いうちに迎えが来る。しっかり罪を償って帰ってくるから』ということと、彼のご両親への連絡を頼まれています。彼の知り合いの方に逮捕されたら弁護士をつけてもらうようお願いしているということ。手紙で逮捕の件は知らせるからと言われていますが、あまりにも未知の世界で混乱しています。
もちろん彼の責任ですのでしっかりがんばってきてほしいと思っていますが具体的に逮捕されてどうなっていくのかご存知の方詳しく教えてください。ちなみに彼に前科はありません。
またお客さんに対し、脅したり、暴力をふるったりしたことは一度もありません。
出資は偽名でしていました。

(1)逮捕の連絡は本人から電話などでできないのか?(手紙だと連絡遅れると思うのですが)
(2)面会はいつから行けるのか。(彼女という立場で面会できるのか?)
(3)拘留は2日+10日+10日と聞きましたが・・・それから???彼はどうなるのですか?
(4)上記の情報しかないですが彼の予測される罰はどれくらいでしょうか?
(5)社会的に今後困るようなことはありますか?
(6)いつ迎えにくるか解らないのですが私が、彼が今できることはありますか?
(7)迎えに来るのは午前中と決まっていると聞いたことがあるのですが本当ですか?

彼もそうですが彼の社長についてもどうなるか詳しい方おられましたら教えてください。

表記のとおり、近日中に彼氏が出資法違反で逮捕されます。
いわゆる『金貸し』をしていました。
多分5年~6年くらいしていたと思います。
金利は1ヶ月1割位でしていたと思います。(推測ですが)
彼氏の上に社長がおり、彼氏は従業員として働いていました。(社員は彼を含めて2名)
彼のお客さんの方へ警察から連絡があり、彼氏のことについていろいろ調査があり、そのお客さんが心配して、彼に連絡をしてくれたことで、現在警察が調査中だということがわかりました。
彼は『近いうちに迎えが来る。しっかり...続きを読む

Aベストアンサー

(1) 逮捕の連絡は本人から電話などでできないのか?(手紙だと連絡遅れると思うのですが)
いきなり逮捕の場合は、不可能です。任意同行→逮捕の場合は、任意同行の段階で連絡をすることが出来ます。

(2) 面会はいつから行けるのか。(彼女という立場で面会できるのか?)
分かりません。接見禁止という処置がいつまで続くかは、取り調べの状況によって変わるからです。ただ、彼女という立場ではまず不可能です。

(3) 拘留は2日+10日+10日と聞きましたが・・・それから???彼はどうなるのですか?
通常、起訴され裁判になります。保釈が認められれば、自宅に戻り、そこから裁判に臨むことになります。保釈されなければそのまま留置場暮らしが数ヶ月(第一回公判終了までの2ヶ月程度)続きます。今回の場合、起訴までは確実に行くでしょう。いわゆる「闇金」をやっていたとなると、保釈は認められない可能性の方が高いですから、その点は覚悟しておいた方が良いです。

(4) 上記の情報しかないですが彼の予測される罰はどれくらいでしょうか?
「ヤミ金融対策法」では、5年以下の懲役です。彼自身は従業員ということですから、もう少し懲役は低く(2年以下)なる。ただし、起訴されれば有罪は確定です。ポイントは執行猶予が付くかどうかです。執行猶予がつかなければ刑務所行きです。

(5) 社会的に今後困るようなことはありますか?
そりゃ、(たとえ執行猶予が付いても)前科ですから困ることはたくさんあるでしょう。

(6) いつ迎えにくるか解らないのですが私が、彼が今できることはありますか?
ありません。粛々と待つしかないでしょう。下手に動くと証拠隠滅と採られる可能性もありますよ。

(7) 迎えに来るのは午前中と決まっていると聞いたことがあるのですが本当ですか?
通常、早朝です。任意で引っ張って、裁判所の開始を待って逮捕状を取る、ということもありますし、逮捕状を前日にとって早朝から引っ張るというやり方もあります。その方が取り調べの時間が長く取れますから。

社長も起訴されれば有罪(5年以下、それ以外に罰金)までは確定です。執行猶予が付くかどうかは、闇金をやっていた期間、取り立てのやり方、闇金の規模などによっても変わりますのでなんとも言えません。

(1) 逮捕の連絡は本人から電話などでできないのか?(手紙だと連絡遅れると思うのですが)
いきなり逮捕の場合は、不可能です。任意同行→逮捕の場合は、任意同行の段階で連絡をすることが出来ます。

(2) 面会はいつから行けるのか。(彼女という立場で面会できるのか?)
分かりません。接見禁止という処置がいつまで続くかは、取り調べの状況によって変わるからです。ただ、彼女という立場ではまず不可能です。

(3) 拘留は2日+10日+10日と聞きましたが・・・それから???彼はどうなるのですか?
通...続きを読む

Q投資顧問業

投資顧問業で届出をしないで、違法となる場合を教えてください。
(1)無料で売買のレートをメルマガで配信
(2)有料でトレード手法をネット販売
(3)有料で自分の売買レートをメルマガで公開

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

投資顧問業については以下の役所で質問を受け付けてくれます。
関東財務局 証券監督第二課
東京財務事務所 理財第三課

では質問者様の質問に回答します。
Q (1)無料で売買のレートをメルマガで配信
無料なので合法

Q (2)有料でトレード手法をネット販売
有料なので、個別株、個別の金融商品について言及があれば即違法

Q (3)有料で自分の売買レートをメルマガで公開
(2)と同様、有料なので、個別株、個別の金融商品について言及があれば即違法

結論として
「有料で未登録の場合、銘柄名、銘柄コードに言及した段階で違法行為となります。
合法的な表現は
相場全体、経済活動全体の解説にとどめる。もう少し絞ったとしてもセクター(証券セクターが軟調とか、ディフェンシブ銘柄が好調)別の言及にとどめる。
ということになります。」

Q 未登録で取り締まられた事ってあるんでしょうか?
あります。2008年3月31日、「カリスマトレーダー」を名乗る石田高聖が、無許可で投資顧問業を営業したかどで東京地検刑事部に検挙されました。(添付画像を確認してください。2008年3月31日 読売新聞)
 なお、石田の場合、未登録投資顧問業で派手に稼いでいて目立ったために「見せしめ、一罰百戒」で検挙されたわけではありません。痴漢や交通違反と同じく、未登録投資顧問業も、一般からの通報があり証拠を押さえることが出来ればどんどん取り締まられます。石田の場合は石田が著書などを出している「知れた顔」なので新聞沙汰になっただけです。新聞に載らない検挙は他にもあります。
この事件で石田は略式裁判で有罪判決を受け、罰金100万円を納めています。

なお、「個別の売買指示」「個別の助言」「助言」について、未登録投資顧問営業者と取り締まる官吏(お役人、裁判所)側とで行き違いがあるようなので説明します。
未登録業者はたいていHPのどこかや、契約を結ぶ場合の契約文言に
”当方は投資顧問業ではありませんので「個別の売買指示」はいたしません。”
などの文言を載せています。
この文言、全く違法行為の言い逃れにはなりません。

違法業者側の勝手な解釈
「個別の売買指示」=「契約を結んだ相手一人一人からの”個別”の相談に応じてそれぞれ異なる投資相談をし、投資判断、投資助言も相手によって別個の指示をすることである。当社は全ての契約者に一律に同内容のメールマガジンを送りつけるだけであり、契約相手によってメールマガジンの内容を変えたり、契約者からの個別の相談には応じない。よって、「個別の売買指示」は決してしていないので合法である。」
「投資助言」=「●●銘柄を100株買い! ▲▲銘柄を300株空売り!などの株数まで含めた指示や、相手方の全ての資金や、家屋敷、家族構成、人生計画などの全ての状況を把握した上での投資助言こそが「投資助言」なのであって、ただ銘柄コード、銘柄名を並べただけの文章は投資助言とはいえないはず。」

官吏、および法曹職の解釈
「個別の売買指示」=「個別とは株式取引においては株式市場で取り扱う”個別”銘柄、金融商品であれば、その”個別”指標などの名称である。具体的に言えば、株式投資の個別の売買指示といったら”9501東京電力”とか”日経225先物”、”TOPIX先物”などである。決して投資家個人個人を区別しての「個別」ではない。」
「投資助言」=「株式投資であれば、具体的な銘柄コードや銘柄名などを明記した段階で違法投資助言行為となる。株数の指示がなければ合法、とか契約者の資産状況を勘案していない一律の指示は合法、というのは勝手な解釈である。」

法律の除外規定に
”新聞、雑誌、書籍等不特定多数の者に販売することを目的として発行されるもので、不特定多数の者により随時に購入可能なものを除く。”
とあるが、メール”マガジン”は除外規定の”雑誌”に当てはまるか?
違法業者側の勝手な解釈
メールマガジン=”マガジン”の日本語訳は”雑誌”なので、メールマガジンは除外規定に該当する。よって合法。
官吏、および法曹職の解釈
メールマガジン=除外規定にある雑誌というのは「全国津々浦々の駅売店、書店、新聞販売店、コンビニなどの小売店にて、現金と引き換えに誰でも購入可能な物をいう。言い換えれば全国販路で取り扱われ、全国どこに住んでいる人も買える、また身分を公開せずに現金と交換に買える事が条件。
 メールマガジンの場合はメールアドレスなどの個人情報を開示せねば購入不能で、支払いも銀行振り込みやクレジットカード決済を要し、現金と引き換えには購入できない。
 よって、メールマガジンはマガジンという名称になっているが法律で規定した雑誌とは別物である。」

官吏、法曹職の意見は裁判所も同意見と思われます。なので、前述の石田は略式裁判を受け入れて罰金を納めました。(略式裁判は被告人に弁明の機会はない。つまり略式裁判を受けることは、最初から一切裁判所側の判決に従い、控訴もしないということ。)

もし、質問者様が「未登録業者に騙された!」とお思いなら、証拠物件をそろえて、お近くの検察庁に告訴状を提出なさるとよいと思います。提出した告訴状が要件を満たしていれば、違法業者をパクってくれるでしょう。
 逆に、未登録で投資顧問業を開業しようと思ったら、パクられるのを覚悟して営業してください。顧客が証拠物件をそろえて監督官庁に駆け込まれたらパクられるのを覚悟しなくてはなりません。

投資顧問業については以下の役所で質問を受け付けてくれます。
関東財務局 証券監督第二課
東京財務事務所 理財第三課

では質問者様の質問に回答します。
Q (1)無料で売買のレートをメルマガで配信
無料なので合法

Q (2)有料でトレード手法をネット販売
有料なので、個別株、個別の金融商品について言及があれば即違法

Q (3)有料で自分の売買レートをメルマガで公開
(2)と同様、有料なので、個別株、個別の金融商品について言及があれば即違法

結論として
「有料で未登録の場合、銘柄名、...続きを読む

Q土日でも為替の変動が見れるサイトは?

土日でも為替の変動が見れるサイトはありますでしょうか?

見たいのは円/USドルですが。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こちらですか?

http://www.ne.jp/asahi/cme/globex/fx4.html

ここの注意として土曜日にどんなに相場が動いても無視して下さい。
ほとんどの場合は日曜日に元に戻ります。
日曜日の26時(月曜の午前2時)すぎまで相場の変動がそのままの場合は月曜日の相場に影響がある場合があります。(9月10月に2回ずつ有りました)

Qお金を貸した相手が自己破産することになりました。

お金を貸した相手が自己破産することになりました。

個人的にお金を貸していた人が自己破産をすることになったらしく
弁護士さんから手紙がきました。

私はその相手が自己破産しそうなことも知っていたけれど
たとえ自己破産してしまっても,最後に借りるあなたには絶対に返すから,
契約書にも自己破産しても返すって書くから,貸してくれと言われてお金を貸しました。

しかし弁護士さんからは「自己破産しても,そのあとあなたには返します」
という契約は無効だといわれてしまいました。

実際,法律知識のある知人に相談してもそういった契約は無効だと言われ
貸した相手の任意(善意?)で返してもらうほかないと言われました。

でも,正直納得がいきません。

返してもらう方法があればもちろんのこと
何かしらの天罰(反省させたい)を与える方法はないのでしょうか。
もちろん合法的にです。

貸した金額は相当な金額で,もちろんお金を貸すときは捨てたと思って貸せなければ
貸すものではないということもわかっていて,それで貸したのであきらめるほかないかもしれませんが
なぜゆえに,助けるつもりで貸したこちらが痛い目にあって
借りたほうがふんぞり返って生活するような事態になるんでしょうか。。。

お金を貸した相手が自己破産することになりました。

個人的にお金を貸していた人が自己破産をすることになったらしく
弁護士さんから手紙がきました。

私はその相手が自己破産しそうなことも知っていたけれど
たとえ自己破産してしまっても,最後に借りるあなたには絶対に返すから,
契約書にも自己破産しても返すって書くから,貸してくれと言われてお金を貸しました。

しかし弁護士さんからは「自己破産しても,そのあとあなたには返します」
という契約は無効だといわれてしまいました。

実際,法律知識の...続きを読む

Aベストアンサー

確かに弁護士さんの言う通り、一旦「自己破産」が認められれば、必ずあんたにだけは返すという様な内容の契約書を作ったところで、その様な私文書には何ら効力はありません。

僕も会社を経営していた頃、取引先の自己破産に遭い、800万という債権を放棄せざるを得なくなった事があります。破産した会社の社長は雲隠れ。やっと債権者集会でそ奴の顔を見た時は、刺し違えてでもぶち殺したろかと正直思いました。僕は金額が金額なだけに「約定書」を請求書と同時に交わしましたが、やはり破産管財人・裁判官には「無効」と言われました。挙句、大声で「そんな理不尽な事があるかい!わしん所みたいな町工場は死ね言うんかい!」と怒鳴りちらしたら、法廷から閉め出されてしまいました。もう悔しくて悔しくて何度もそいつの家に電話して「少しでも払わんかい!」と言ったら、逆に警察に通報され、警察署へ連行。事情が事情なだけに、逆に同情してもらい、すぐ帰されましたが、それが機に「中度の鬱病」を患うハメになり、今は3級の障害者手帳も持っています。ですからあなたの気持ち、痛い程によく解かります。

こういったケースは借りた側の「モラル」に任せるしかないのが現状です。合法的な仕返しをしたいというあなたの気持ちも良く解かりますが、残念ながら今の法律ではそういった方法はありません。何かしでかせば「違法」になり、僕の様に捕まるのがオチです。

唯一、道筋があるとすれば、「私は自己破産するかもしれないが、金を貸してほしい。必ず返す」という文言が契約書に書いてあれば、ある意味あらかじめ「借り逃げ」を前提にあなたに金を融通してもらった事になるのですから、「詐欺」と言えなくもありません。しかしあなたもそれを承知で信用貸ししたのですから、詐欺になるのかどうか・・・。その契約書、法律相談センターで見てもらってはいかがでしょうか。結論がどうあれ、あなたに納得いく説明をしてもらった方が良いかと思います。


僕にはこんな程度のアドバイスしかできませんが、お役に立てれば幸いです。

確かに弁護士さんの言う通り、一旦「自己破産」が認められれば、必ずあんたにだけは返すという様な内容の契約書を作ったところで、その様な私文書には何ら効力はありません。

僕も会社を経営していた頃、取引先の自己破産に遭い、800万という債権を放棄せざるを得なくなった事があります。破産した会社の社長は雲隠れ。やっと債権者集会でそ奴の顔を見た時は、刺し違えてでもぶち殺したろかと正直思いました。僕は金額が金額なだけに「約定書」を請求書と同時に交わしましたが、やはり破産管財人・裁判官には「無...続きを読む

Q友人からお金を貰う。

友人からお金を貰う。

友人より100万円以上のお金を頂くことになりました。
口頭の約束ですが友人曰く
『返済はしなくていい』
『差し上げたい、プレゼントという意味で』との事です。
詳しい事情は割愛させて頂きます。
(犯罪に関わるお金ではありませんし犯罪に使用するつもりでもありません)
(お互いの個人情報も知り尽くした信頼できる仲間ですので詐欺などのことでもありません。)

この場合贈与として貰った場合、
万が一友人が3年以内?に亡くなれば贈与税がかかってしまうと思うのですが、
寄付するという旨の意思を書いてもらえば税金等はかからないでしょうか?
貰うならば万が一の事を考え税金等の心配をせずに頂きたいと考えています。
税金等お詳しい方にご教示頂きたいです。

追記:頂くお金は友人の個人的な財産です。
個人から個人へプレゼント的な意味合いでの受け渡しです。
背景を割愛したので伝わりにくいかもしれませんが、
友人は『正月に近所の子供にお年玉をあげる』ような感覚であると思います。

Aベストアンサー

>友人より100万円以上のお金を頂くことになりました。
すごいですね。

>万が一友人が3年以内?に亡くなれば贈与税がかかってしまうと思うのですが、
いいえ。
3年以内どうこう関係なく、もらった時点で贈与税は発生します。

>寄付するという旨の意思を書いてもらえば税金等はかからないでしょうか?
無理でしょう。

>貰うならば万が一の事を考え税金等の心配をせずに頂きたいと考えています。
200万円くらいなら、2年に分けてもらえばいいですよ。
最初から基礎控除を超えて贈与するのがわかっていて何年かに分けることは、本連年贈与といって本来ではないし、贈与税の対象とされることもあります。
2回くらいに分けるなら税務署もそんなに追及などしないでしょう。

ただ、最初から200万円もらう予定だったということでなく、あくまで最初に100万円もらいました(あげました)、そして次の年になったらもう100万円もらいました(あげました)。ということにするわけです。
脱税とはいえない範囲の節税でしょう。

私は、公共事業で特別控除をより多く受けるため2か年に分けて売り、税務署でも最初はこれだけ売った、でも、翌年になったらもう少し売ろうと思ったということならOKだということを経験しています。

>友人より100万円以上のお金を頂くことになりました。
すごいですね。

>万が一友人が3年以内?に亡くなれば贈与税がかかってしまうと思うのですが、
いいえ。
3年以内どうこう関係なく、もらった時点で贈与税は発生します。

>寄付するという旨の意思を書いてもらえば税金等はかからないでしょうか?
無理でしょう。

>貰うならば万が一の事を考え税金等の心配をせずに頂きたいと考えています。
200万円くらいなら、2年に分けてもらえばいいですよ。
最初から基礎控除を超えて贈与するのがわかって...続きを読む


人気Q&Aランキング