マンガでよめる痔のこと・薬のこと

知人の借金滞納と差し押さえ、同居について法律的な相談があります。

私の母の知人がクレジット会社に借金を50万滞納し、強制執行を受けましたが、差し押さえする物が無く、クレジット会社と知人の話し合いにより、月々2万円ずつ返済するという結論になりました。

また、市民税を40万ほど滞納しており、窓口でごねてしまい、給与差し押さえも受けています。

全て本人の口頭によるものですが、この知人の状態で私と母と知人がひとつ屋根の下で暮らした場合に私サイドの財産は差し押さえられてしまうことはあるのでしょうか。

また、知人本人はそうできないように、市役所にもクレジット会社にも話すと言いましたが、借金滞納者の都合でそのようなことが可能でしょうか。

ご経験者から法律に詳しい方まで、さまざまなご情報をお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

借金滞納しているのはお母様ではなくその知人ですよね?



お母様は特に保証人になっているわけでもないでしょうから

貴方とお母様が同居してもなんの損はありませんよ。

差し押さえというのはその滞納者の資産となるものを押さえるものです。

ですからあなたのお母様の財産や貴方の財産にまで手が及ぶことは絶対にありません。

ただし最初にも書きましたがお母様がその方の連帯保証人になっていれば
お母様はその滞納分に関して支払う義務がありますのでお母様が連帯保証人でお母様自身も払えないとなるとお母様の預金などの財産は持っていかれます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

はい、知人の借金です。

母は連帯保証人にはなっておりません。

ご回答ありがとうございます!

お礼日時:2015/09/25 21:45

母が 知人と同居しているということは 母と知人は 内縁関係にあるのですか?


身分上 生活上一体関係にあり その借金等が共同生活に起因するとなると 責任分担に微妙なものがありますね
いずれに さっさと別居させることが よろしいと思うのですが
    • good
    • 1
この回答へのお礼

つらい・・・

籍は入れておりませんので、そうなります。

ただ、現在は同居しておりませんが、これから、同居をしたいということです。

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2015/09/26 17:34

おそらくクレジット会社については、大丈夫だと思います。


市民税の滞納については結構厳しい取り立てをするみたいですので、同居をしているからとは言え即預金通帳差押えとかにはならないと思いますが、その他のテレビ等の動産については場合よっては差押えされる可能性はあるかもしれません。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2015/09/26 11:08

なしてそんな危ないことをせんとアカンの?


 遅かれ早かれ知人のトラブルに巻き込まれて酷い目に遭うのが目に見えています。
 古人曰く「クンニ危うきに近寄らず」とか「火中のクリをトリす」などと言いますな。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

この事に関してはリアルでもネットでもことごとく反対されています^^;

母の知人とは母の恋人の意味でして、私はなんとか阻止しようとしているのですが、母が周りの反対を聴きません。

後悔してからでは後の祭りと理解しておりますので、今後、私が当人と話し合うことになっております。

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2015/09/25 18:15

法的には財産はその所有者のものですから、同居したからといってあなたや母親の財産を差し押さえることは出来ません。



ただし、あなたのものを勝手に処分したり換金したり預金を引き出したりして、知らない間につかってしまうことは物理的には可能です。いわゆるネコババですが。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

うれしい

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2015/09/25 17:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q同居している家族が借金をしていて支払えず、財産の差し押さえをされる場合

同居している家族が借金をしていて支払えず、財産の差し押さえをされる場合、本人の持ち物のみが差し押さえの対象なのですか?
銀行口座などは本人のもののみでしょうが、家財などはどうなりますか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

彼方は同居人ですから借金とはまったく関係なく、借金をしている本人のみの物の差し押さえとなります。
本人の不動産、預金、などですが家財などは買って5年過ぎているものは価値が無いと判断され、取られることは少ない、と思います。但し、同居人である彼方が保証人になっていたら当然彼方の財産の差し押さえがきます。借金している本人がサラリーマンであれば、給料の差し押さえ、これで終わりです。差し押さえと言っても給料の手取り額の三分の一です。ただこの場合、差し押さえられた分を裁判所に納付ですが、これは会社の社長宛にきますので、きまずくなって退職勧告が予想されます。
彼方の文面からこれ以上の事はお答えできませんが、分からない場合又質問して下さい。

Q税金滞納で「払わなければ子供の給料を差し押さえる」と税務署員に言われて

税金滞納で「払わなければ子供の給料を差し押さえる」と税務署員に言われています。
義姉の夫が、税金(何税か不明)を払わず(滞納期間不明)、督促も無視していたらしく、遂に税務署員が家に来て「月8万づづ納付してください。出来なければ、家財等を差し押さえ、足りなければ子供の給料も差し押さえるようになる。」と言ったそうです。
夫の給料は月に手取りで30万円程あるようですが、借金返済が月25万円あるため、義姉がパートで月10万円程稼いでいますが、生活するのがやっとの状態です。夫婦は健康保険、社会保険も払っていません。子供は21歳独身男子で同居しています。正社員で月15万円ほどの給料をもらっています。義姉の実子ですが、夫は再婚相手です。
義姉は、夫の借金返済のために昼・夜働きっぱなしで、もうウンザリしています。子供にまで影響あるのであれば、いっそ離婚(子供は養子離縁)をすると言っています。
では、本当に離婚(子供は養子離縁)すれば、税務署からは逃れることが出来るのでしょうか。他にいい案は無いでしょうか。お伺いします。

Aベストアンサー

相続税などは、同一の相続における相続人同士が連帯納付義務があったと思います。
何かしらで、連帯納付義務が発生している場合には、納税すべき人でなくとも差し押さえされる可能性はあるかもしれません。しかし、納付の負担義務があることの通知や、差し押さえなどではなく自分から納付させるようにするでしょう。

税務署員と書かれていますが、税務署の職員ではなく、市区町村役所の税務課職員などであれば、国民健康保険税の可能性もあるでしょう。その場合には、国民健康保険に加入している世帯員全員が連帯納付義務があるのかもしれませんね。

これらの連帯納付義務での発言であれば、離婚などをしても逃れられないでしょう。

あとは、延滞により分割の相談などを行ったりしている場合には、担保の提供や連帯保証などをさせられる場合もあるかもしれません。その場合も逃れられないでしょう。

借金返済でそれほど苦しいのであれば、自己破産や債務整理などを考えるべきでしょう。いろいろな制約が発生するかもしれませんが、国民の義務を果たせないで一人前の権利を主張してもいけませんしね。

自己破産などをしても、税金は消えません。しかし、返済がなくなることで支払いも可能になるかもしれませんし、生活保護を受けることで実質支払いを逃れられるかもしれませんしね。もちろん普通に仕事をしている限り、保護は受けられないでしょうがね。

相続税などは、同一の相続における相続人同士が連帯納付義務があったと思います。
何かしらで、連帯納付義務が発生している場合には、納税すべき人でなくとも差し押さえされる可能性はあるかもしれません。しかし、納付の負担義務があることの通知や、差し押さえなどではなく自分から納付させるようにするでしょう。

税務署員と書かれていますが、税務署の職員ではなく、市区町村役所の税務課職員などであれば、国民健康保険税の可能性もあるでしょう。その場合には、国民健康保険に加入している世帯員全員が連帯...続きを読む


人気Q&Aランキング