プロが教えるわが家の防犯対策術!

初めまして。今年から私立大学に通っている文系学部の一回生です。以下、長文となりますが流し読みでも目を通して頂けると幸いです。
夏休みも明け、これから秋学期というこの時期に、今通う大学を中退し、国公立美大芸大進学の為に浪人をするか切実に悩んでいます。私立美大芸大は学費面の問題から今のところ視野には入れていません。
幼少の頃からずっと絵を描くことが好きだった私は、美大芸大に進学することへ漠然と憧れを抱いておりましたし、自分の技量に関係なく学ぶなら美術を学びたいと昔から心に秘めていました。しかし公務員である両親は夢見がちだ、将来性がない、趣味の範囲でとどめておくべきだと芸術分野への進学には否定的で、またそのような意見に萎縮してしまい積極的に自らの夢について口に出したことはほとんどありませんでした。そんな状態で迎えた高校三年生の受験時期、両親からは大学進学を強く勧められ、さてなんの分野に進むのかと迫られた時点でようやく私は一言、美大へ進学したいと呟いたのですが「お金がかかる上に将来性がない。今までそんなこと一言も聞いたことがない、思いつきで進路を決めるな。娯楽なら趣味でやれ」と全く取りつく島もない有様で、情けないことに言い返すことも出来ずそこで沈黙してしまいました。学びたい分野への進路も絶たれ、明確な目的を持つことが出来ない私を見兼ねた両親の言われるがまま私の学力で手が届く両親が勧める大学に進学し、今に至ります。入った学部も興味のある分野というよりかは単に入試をパスしやすい学部、というので選んだのが正直なところです。それでも入学以前は大学に入れば何かが見えてくるかも、変わるのかも、と淡い期待を抱いて進学しましたがいざ生活してみるとそんな事はなく、ただただ空っぽな時間が増えただけでした。さして興味の持てない講義の為に登校し、携帯電話をいじったり居眠りをする学生の中に紛れて出席、莫大な自由時間にバイトを入れるという生活を繰り返すうちこの現状に疑問を抱くようになりました。自分の一生に一度きりの18歳、19歳はこんな風に終わってしまうのかとひどく悲しく虚しい気持ちになりました。それと同時に受験生の頃見て見ぬ振りしてきた自分が本当にしたいこと、進みたい先についても頻繁に考えるようになりました。美術を志す人々の中で刺激を受けながら勉強して、美術に対する知見を広げてあわよくば将来はデザインや「描くこと」を生かした職につきたい。漫画やアニメ、ゲーム等いわゆるオタク文化に関連する企業に勤めたいとも考えています。でもそれはあくまで『あわよくば』の域で、それが甘くない道のりで非現実的で夢見がちなことは重々自覚しているのですが、就職云々を抜きにしてもこの一度きりの人生に小さい頃から憧れた美大芸大へ進学したいと強く思っています。
しかし大学中退など、ましてや美大への再受験の為など切り出そうものならあの両親から罵詈雑言を浴びせられることは目に見えています。それを考えると決心が萎み、自分の考えが間違っているのではないかと不安になってきてしまいます。

肯定、否定どちらでも構いません。皆さんの意見を聞かせて下さい。宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

「あわよくば」と思っているのでしたら、止められたほうがいい。


それは建設的じゃないから。
条件が厳しいわけだから、尚更のこと「将来像を確定させる」ことをして望まないと、途中でドロップアウトしてしまう可能性が高いよ。

人の「決心」ほど、あてにならないもんはない。
どんなに重要な事項でも、その場その場でころころ態度が変わるというのが、普通の人間の行動なんです。
だからこそ、日一日の中で「そうだ、間違ってない!」と確認しながら行かないと、結果としてすぐに横道にそれていってしまうのです。
思い込みでもなく、夢というほどあやふやでもなく。
大丈夫、出来る!と自分を励ませるくらいの情熱がほしい。

そして「自分が求めるもの」と「他人が求めるもの」というのも、大概は大きく違う。
自分が持ち出す「理想」というものは、他人の壁の前では粉々に砕けることが良くある。
自分をどうにか求める場所に出したところで、それでもまた壁が立ちはだかるんです。
…そして、それをみんな「受け入れなきゃいけない」のは「自分」だってこと。
結果も、情熱の反動も、その全てを。

厳しいのです。
だから反対されるなり、無下にされるなりした、お父さんたちの気持ちもよくわかる。
芸術家の目にはなれなくても、私たちは「ユーザー」にはなれるし、間接的にクリエイターと接触して話をすることもあるわけです。
そこから得た感想というものは、ご両親にもわかるはずなんです。
人生経験の量ですよね。
出来れば夢なんて持たないで欲しいし、傷ついて欲しくもないです。
親から見たら、そう思うのは当然と思います。

…でも、それと「あなたの思惑」は別物ですから。
だから、質問にも書いてあるけれど「親が云々」は、この際考慮には入れないで下さい。
以前は親の思惑がまさり、君の情熱が負けた、それだけのことですから。
前回に勝るだけの情熱と、強かさというものを身につけていかないと、また負けますよ?。
世間に勝つ前に、親に負けてたらダメでしょ?。

厳しいこと言うけど、夢をかなえるっていうのは、色んな物を「踏み倒して」進めるだけのバイタリティーが要るんですよ。
誰でもが可能なものじゃなくて「選ばれた者だけが可能なもの」だと知って下さい。
こう見えて、世の中は残酷さでいっぱいなんですから。
    • good
    • 0

私立の美術大学を卒業して、ゲーム会社に就職した者です。



質問文を拝読して、mtp-dtさんはとても真面目な方とお見受けしました。
お恥ずかしながら、私が同じ年齢の時には、そこまで真剣に自分の将来の事を意識してはいませんでした。
ただ漠然と絵を描く仕事がしたくて、高校2年の夏に美術大学への進学を決めました。(一般的には少し遅いです)親の理解もあったので、とても恵まれていました。
今回、そういったことを棚にあげて回答をさせて頂くことを、お許し下さい。
少しでも、mtp-dtさんのお役に立てればと思います。

>就職云々を抜きにしてもこの一度きりの人生に小さい頃から憧れた美大芸大へ進学したいと強く思っています。

失礼ながら、mtp-dtさんは、就職についてはどのようにお考えなのでしょうか・・・?
質問文を拝読して、どこか、『美術大学に入学すること』が目標になってしまっているように感じました。(すみません、そうではないとは思うのですが)

やはり大学というのは就職に至るまでの手段であると思いますので、大学に入り、そこで学んだもので最終的に就職する、という気持ちは大切であると私は思います。

親御さんにお話するにしても、おそらく卒業後の進路についての事は議題に上がるでしょう。
親御さんは美術大学からちゃんとした給料、雇用形態の企業に就職できるのかと問われると思います。
その時に、『私は美術大学を出て、こういった業界に行く!』と言い切らなければ、きっと理解はしてもらえないと思います。

そう言った点から、美術大学を調べると同時に、進みたい業界の研究をして、親御さんを説得する材料を集めることをお勧めします。

美大生の進路としては、【デザイン会社、広告会社、映像製作会社、アニメ会社、ゲーム会社、画家、漫画家、イラストレーター】などであると思います。

私はゲーム業界とアニメ業界についてしか研究していないので他については何とも言えませんが、この二つについては多少お伝えすることができます。

ゲーム業界の雇用形態、お給料など詳しい事が知りたければ、企業のHPなどの採用情報をご覧になると良いと思います。
ちなみに、残業代などはでませんが(裁量労働制と言う制度によるものです)他の一般的な職業とあまりかわりません。

アニメ企業は、まず固定給ではありません。1枚数百円(も無いかもしれません)で、書いた枚数だけお金が貰えます。
固定給の正社員で雇用しているアニメ会社ですと、私は京都アニメーションしか知りません。
この会社は京アニ塾という独自の塾をもうけていて、そこから社員を選ぶ事が多いようです。


とりあえず、今の大学を辞めてしまう前に、画塾に入って勉強をしてみてはいかがでしょうか!それによってやって行けるかどうかも見極めることができると思います。(美術大学に入っても合わなくて辞めてしまうこも多いです。)

画塾であれば、大学に行きながら通うことも可能でしょうし、費用も、バイトをしていれば賄う事ができると思います。現役の美大志望の高校生も学校に通いながら画塾で勉強するのですから、状況は同じです。


長くなってしまい、申し訳ありません。
厳しい意見もありますが、世の中には講義を投げ出し遊んでいる大学生も多いです。
そんな中、学びたいと真剣に考えているmtp-dtさんは、素敵だと私は思います。
応援しています、頑張って下さい!
    • good
    • 0

美大生の母の立場から回答します。


ちなみに自分も美大受験経験あり。経済的な問題で専門学校へすすみました。
就職云々の話は抜きにして話をします。

私も高3から方向転換してその道を目指した立場なので気持ちはわかります。
しかし一番引っかかるのが…ここです。
<国公立美大芸大進学の為に浪人をするか切実に悩んでいます。私立美大芸大は学費面の問題から今のところ視野には入れていません。

美大芸大受験の実態を理解されてるのかな?と。
国公立はどの分野も難関ですがこのジャンルはとくに難関で大変な倍率です。
今まで経験ゼロだとすると一体何浪を覚悟してるのだろうか?と。
高校の3年間デッサン等の経験を積んでも現役では難しい世界。
あなたにどれだけの才能があったとしても一浪でパスできると考えるのは無謀です。
そして浪人するからには美術予備校に通う必要があります。
これがかなりの授業料です。浪人年数がかさめばそれだけ費用が嵩みます。

つまり金次第、というのが現実的な話、です!
親御さんの理解なしでは到底厳しい、非現実的な話です。
膨大な自由時間にバイトできるなら今の大学に通い通して膨大な貯金をしてください。
今の大学を卒業すれば親御さんもとりあえず納得されるでしょうし。
効率よく単位を取ってあとの時間はとにかくバイトに明け暮れることです。
親御さんがびっくりするぐらいの金額を貯めましょう。
その通帳を見せて、これでも足りないのでお願いしますと頭を下げることでしょう。
熱意が伝わればあるいはわかってくれるかも知れません。
才能だの何だのはそれからの話ですよ。

ここからは余談です。
私の娘は芸術専攻のある高校で美大受験に備えました。
現役で私立美大へ入り今4年です。
高校時代の仲間の数人が浪人し、一人は一浪で東京藝大へ。
一浪で入ればかなり優秀だとご理解ください。
一人は現役の時と専攻を変えて私立美大へ。
2浪以降の方の行く末はちょっと不明です。

一方で家庭の都合で学費はかけられないという人がいて、この子はまったく分野のちがう公立の短大へ行きました。
しかしこの子は高校時代からオリジナリティある作品を手がけていて賞を取ったこともあります。
短大卒業後はアニメ制作会社に就職しました。
反対に美大を卒業した私の同級生は公務員として30年勤めています。

あなたは「美大芸大で学んでみたい」という夢を追いかけてるわけです。
なら美大芸大に入ることだけ考えるんですね。
入った後のことなんて考える余裕はないんです。
実力の問題でもお金の問題でも二重に死ぬ気にならなきゃ入れないですから。
もし美術分野の仕事に就くのが目的であれば、むしろ必ずしも美大なんかに行かなくて良いわけです。
大学に行かなきゃ出来ない仕事じゃないのですから。
大学に行っても出来ない場合も多いのですから。
    • good
    • 0

美大を卒業しても公務員や事務員になれます。


美大以外でも、大学で学んだ事と関係ない仕事に就く人の方が多いでしょう。
「将来性がない」という意見は気にすることは無いと思います。

私が心配なのはこの2点。
「自分の技量に関係なく学ぶなら美術を学びたいと昔から心に秘めていました。」
「莫大な自由時間にバイトを入れる」

芸術系の大学は、ある程度完成された人たちが更に上を目指して集まる場所です。
大半の学生は基礎を入学前までに習得しています。
また美大を目指しているなら、バイトは画材の購入に必要なだけに留め、余った時間で絵の練習をしていると思います。
「自分の技量に関係なく」とか「莫大な自由時間」なんて言葉が出てくると、日々腕を上げる努力をしていないように感じます。
実際は日々努力していると思いますが、他人に見える形で努力しないと、ご両親を説得するのは無理だと思います。
大学の授業料は憧れだけで承認できるほど安くありません。
覚悟を伝える努力も必要ですよ。
    • good
    • 0

なんか順番が逆なような気がする。


美大に受かるだけの実力があれば誰もなにも言わないよ。受験しなおして、そもそも受かるの?
    • good
    • 0

<国公立美大芸大進学の為に浪人をするか切実に悩んでいます。


恐らくあなたのご両親は、社会科学系のご出身の方と漠然と思います。「夢見がちだ、将来性がない、趣味の範囲でとどめておくべきだと」。このような反応をする方々は大体その系統の出自が多いのです。
しかし、私自身は、芸術の世界に身を置く人間ですが、あなたのご両親と同じように、発言すると思います。
実は、私の子供達も、やはり芸術の世界におります。彼等が、将来に向けて夢を語る時に、私は自分の立場上あなたのご両親のようには、さすがに云うことは出来ませんでした。で、どうしたか。約束させました。授業料は出してあげるが、仕事にかかわる材料費は自分で捻出せよ。と。彼等はアルバイトをしながら、材料費を自分で工面してきました。努力の甲斐あって、やっとではありますけれど自活出来るようになりました。
《そのお覚悟があるかということにつきます。》貧乏してもよし、生涯満たされなくてもよし。そのお覚悟が出来ていれば。やることです。あなたの才能について、私は知る由もありませんから、無責任になりますが。それしかありません。

 あなたの年齢で遅い等と云うことは、全くありません。マイヨールという歴史的にも高名な彫刻家はご存じでしょう。マイヨールは40歳過ぎて、彫刻家をめざし、世界的大家になったの人です。
当然、満たされた人だけではありません。
モディリアーニは誰もがしっているような、高名な画家ですが、あの才能があってして、認められもせず、極貧の中に死んでいるのです。脅かす訳ではありませんが、《お覚悟が出来ていたらおやりなさい。》です。

<美術に対する知見を広げてあわよくば将来はデザインや「描くこと」を生かした職につきたい。漫画やアニメ、ゲーム等いわゆるオタク文化に関連する企業に勤めたいとも考えています。>

この様な安易な考え方では、何も出来ません。
仮に、上手く美大に合格出来たとしても、その先にどのような道が待ち構えているのかを、「好きな美術の世界で生きたい」等という朧気の中では、認識することが困難であることは、言明出来ます。
《お覚悟が出来ていたらおやりなさい。》です。徹底的に頑張るしかありません。

 厳しく申しあげましたが、本当に厳しい世界です。自分の才能に一抹の不安があるような場合にはお奨め出来ません。
その場合には、食べる為の保険としての現在の学業を修め、それによる収入の道を確立して後、時間を作りプロフェッショナルを目指すべきです。何ら恥じるべきことでもありませんし、そのような道から作家になられた方々も沢山おられるのです。

頑張って下さい。
    • good
    • 1

俺はもう遅いと思うけどな。

絵に関する賞を取りまくったか、美術予備校でデッサンは「すでに」完成しているか。大学って上手い奴の一握りが就職を優しく教授推薦で保証されるけど、半数以下は放ったらかしだからね。2回生からは、あなたのために、使えない者の諦めさせる厳しく優しい本音が始まる。大人になった今はそれを優しいと理解できるが、作品を並べられた上での、合格させたことから謝罪される、全否定のロジックに耐えられるかい?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q美大生ですが、中退を考えています

私は現在、東京の私立美大の油画科の2年生です。
最近学校をやめたいと思ってしまいます。

一番の理由は、制作をしたいと思えないことです。

受験時代は合格という目標に向かって、ただひたすらにがんばってきました。
しかしいざ大学に入ってみると、そういった明確な目標もなく、
予備校時代のようなわかりやすい順位がつくわけでもなく、
制作するということ自体がよくわからなくなりました。
自分は何のために制作をしているのかよくわからなくなりました。

そういったよくわからない1年間を過ごし、2年生になりました。

2年になってからの制作は1年次よりも辛くて辛くてたまりません。
絵を描いてるととても暗い気持ちになり、涙が出てくるほどです。
実力不足な自分の絵を目の当たりにしているからという理由もあると思います。

絵を見たり、展示に行ったりするのは好きです。
でも私はやっぱりそれ止まりなのではないか?
生み出す側ではないのではないか?と思ってしまいます。
思えば作品を通して、自分が何を伝えたいのかなど
考えても考えても、しっくりきたことはありません。

そしてまた制作を適当にするということが、変に真面目な私にはできません。
なぁなぁにやっていくほど開き直れもしません。
制作したくないなら美大にいる意味がないと思います。
適当になんてできないし、全力でもできない。
こんな私が3年、4年になり自分のしたいことをつきつめて卒業制作までやり遂げられるとは思えないのです。

どうしたらいいのか全くわかりません。

美大は普通の大学よりもお金がかかるし、うちは経済的に余裕はありません。
奨学金も借りています。
美大をやめたところで、普通大へ編入するほどの情熱もお金もありません。
現実的な問題を考えると、やめてどうするの?と自分で思います。
でも適当に制作はできないし、何も描きたくありません。

私はただ逃げたいだけなのでしょうか。
毎日が辛くて仕方がないです。

私は現在、東京の私立美大の油画科の2年生です。
最近学校をやめたいと思ってしまいます。

一番の理由は、制作をしたいと思えないことです。

受験時代は合格という目標に向かって、ただひたすらにがんばってきました。
しかしいざ大学に入ってみると、そういった明確な目標もなく、
予備校時代のようなわかりやすい順位がつくわけでもなく、
制作するということ自体がよくわからなくなりました。
自分は何のために制作をしているのかよくわからなくなりました。

そういったよくわからない1年間を過ごし、2年...続きを読む

Aベストアンサー

あなたは何事に対しても真摯に向かわれる方だと思います。それはとても素晴らしいことですが、その真面目さが今はご自身を極限まで追いつめてしまっているようですね。

もし同じことを友人から相談されたら、「休学して、少し別の世界を見てみなよ」と言うかもしれません。あるいは「ちょっとアーティストレジデンスなんかで海外に滞在してみろよ、視野が広がるぜ」とかアドバイスするかもしれません。アートは受験用のトレーニングのように合格という目標が明快な世界で無く、正解の無い世界ですから、真面目な人ほど受験から解放された瞬間にどうして良いか分からなくなってしまうのです。言葉は悪いですが、ある種のいいかげんさとタフネスが無いとアートの世界は作家としては乗り切っていけないのも事実です。そのことは学生時代から既に始まっていると言って良いでしょう。極端なことを言えば指導者である教授ですらライバルという世界です。

あなたは奨学金を得られているとのことで、アーティストとしての素質は一定レベルお持ちの方だと思います。ご質問の文章もきちんとしていて好感が持てます。

アートの世界は作家だけで成り立っているわけではありません。批評家、ギャラリスト、コレクター、学芸員など様々なジャンルの人が関わることで成り立っています。美大には学芸員の資格をとるコースもありますし、当初の作家志望から批評家や、ギャラリストになった人もいくらでもいます。もしかするとあなたにはその方面の才能があるのかもしれません。

今、制作することにご興味がないなら無理にする必要は無いと思います。ご自身をあまり追いつめず、ご自身の資質に適した方向性を色々と探ってみられてはいかがでしょう。今はとても苦しい時期とお察ししますが、かならずそこからの脱出口はみつかりますよ!!

あなたは何事に対しても真摯に向かわれる方だと思います。それはとても素晴らしいことですが、その真面目さが今はご自身を極限まで追いつめてしまっているようですね。

もし同じことを友人から相談されたら、「休学して、少し別の世界を見てみなよ」と言うかもしれません。あるいは「ちょっとアーティストレジデンスなんかで海外に滞在してみろよ、視野が広がるぜ」とかアドバイスするかもしれません。アートは受験用のトレーニングのように合格という目標が明快な世界で無く、正解の無い世界ですから、真面目な...続きを読む

Q東京芸術大学ってそんなに凄いんですか?

中学校の美術の教師が東京芸術大学芸術学部美術学科卒業でした。授業中「俺は東大よりも難しい大学を出てる」とよく自慢していました。中学生の時はその意味が分かりませんでしたが、大学受験の時、その意味は分かりました。ただその先生のことは本当に嫌いでした。そんな凄い大学出てても所詮は中学校教師。何が凄いのか分かりません。東京芸術大学でた人はどんなところで働くんでしょう?官僚になるわけでもなく、大手企業に行くわけでもなく・・・。いったい何をしてるんでしょうか?

Aベストアンサー

あてにならないウィキペディア情報ですが、出た人はだいたい以下のような仕事をしているようです。職業によっては、成功すれば、はぶりがよくなるでしょう。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E8%8A%B8%E8%A1%93%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E3%81%AE%E4%BA%BA%E7%89%A9%E4%B8%80%E8%A6%A7#.E4.B8.BB.E3.81.AA.E5.8D.92.E6.A5.AD.E7.94.9F

ただし、東京芸大の、それも大学院卒の俳優である伊勢谷友介さんがテレビでおっしゃっていたと記憶していますが、東京芸大は貧乏人を算出する大学だそうです。つまり、極めて優秀な芸術家を輩出する大学なわけですが、そもそも芸術家は芸術を生み出す人なわけで、お金を生み出す人ではないので、お金儲けにはつながらないのです。

「難しい大学を出る=安定した生活を送る」という理論に基づいて考えれば、芸大は「難しい大学」ということには確かにならないかもしれません。でも大学は本来、学問をするところです。そして東京芸大が、人の心や感覚をゆさぶるような優れた芸術を生み出すための優秀な教育を施してくれるのは事実です。東京大学法学部を出ても優秀な芸術家にはなれませんが、東京芸大を出れば優秀な芸術家になれる可能性が極めて高いのです。そして、あくまでも芸術家として優秀なだけであって、優秀な教師を育てる大学ではありませんので、中学教師として劣っていたとしても、まったく不思議ではありません。

ちなみに、私の中学時代の美術の先生は、当時、現役の東京芸大院生でしたが、実践的なことと芸術的なことの両方を楽しく学べる工夫をしてくださった、人としてもすばらしい愉快な先生で私は大好きでした。今は東京芸大以外の芸術系の大学などで教えながら、たまに展覧会を開いておられるようで、作風は変わりましたが、当時と同じジャンルの芸術を生み続けておられるようです。

あてにならないウィキペディア情報ですが、出た人はだいたい以下のような仕事をしているようです。職業によっては、成功すれば、はぶりがよくなるでしょう。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E8%8A%B8%E8%A1%93%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E3%81%AE%E4%BA%BA%E7%89%A9%E4%B8%80%E8%A6%A7#.E4.B8.BB.E3.81.AA.E5.8D.92.E6.A5.AD.E7.94.9F

ただし、東京芸大の、それも大学院卒の俳優である伊勢谷友介さんがテレビでおっしゃっていたと記憶していますが、東京芸大は貧乏人を算出する大学だそうです。つまり...続きを読む

Q大学を辞めたい。迷っています。芸大/美大

私はとある私立芸大に通う3年生です。

自分をごまかし続けて気づけば3年生になっていました。



受験当時はやりたいことがあったのですが、いざ入ってみると面白くありません。

専攻は映像です。

こんな作品を作りたい!と思っても技術が足りずゴミのようなものしか作れません。

こんな作品を皆に見られたくないので合評を欠席してしまう始末です。

それなのに後々こっそり先生に提出して留年を回避しています。



最近では、作品を作りたい!とすら思えなくなりました。



課題で作品を作らねばならないと考えるたび憂鬱で苦しいです。

ポートフォリオに載せられるような作品なんてありません。

あと1年の辛抱…と考えましたが、作品を生み出す気力を失った今

卒業制作なんて出来るのか…。自信がありません。



私の弟は高1のとき中退したのですが
その時の母の精神的ダメージは相当なもので、今度私が中退するだなんて言ったら…
父は中退したら働けと言っています。私もそう思っています。


そんな私ですが、フォトレタッチに興味を持つようになりました。

もともと写真が好きで、photoshopを使った加工にも興味があり
大学でもそれ関連の授業を多く履修しました。

例えばコピースタンプツールでちまちま修正していくのも苦にならず寧ろ楽しいです。



こつこつと事務的or職人的な仕事が向いていると思うのです。



フォトレタッチ関連のバイトを探しましたが、
学生不可のところが多く困っています。

しかし大学を中退してまでやる事なのだろうかと悩んでいます。


自分を騙しながら大卒の肩書きを得るのか。中退してやりたい事に挑戦してみるのか。



アドバイスでも喝でも何でも意見を聞かせてください。

私はとある私立芸大に通う3年生です。

自分をごまかし続けて気づけば3年生になっていました。



受験当時はやりたいことがあったのですが、いざ入ってみると面白くありません。

専攻は映像です。

こんな作品を作りたい!と思っても技術が足りずゴミのようなものしか作れません。

こんな作品を皆に見られたくないので合評を欠席してしまう始末です。

それなのに後々こっそり先生に提出して留年を回避しています。



最近では、作品を作りたい!とすら思えなくなりました。



課題で作品を作らねばならな...続きを読む

Aベストアンサー

 こんばんは夜分に失礼します。少しばかりお話ししましょうか?
将来的に映像の仕事をしたいから、それに関連する大学をお選びになったのであれば、そこで揉まれることも必要でしょう。生まれながらの能力だけで生涯の仕事を全うできることも稀であれば、その様な人物に出会ったことも僅かな例外を除いては僕にはありません。
 他の人と比べて自分の仕事に自信が持てないことなどの基準も人それぞれによって異なりもします。ある人は中島みゆきの作品を好きだというけれど、別な人は余り好きではないとの印象をお持ちでしょう。でも中島みゆきさんご自身もそうしたことなど既に織り込み済みで、万人が万人に共通して好まれる作品があるなどとお考えにはならないでしょう。
 もし学生による合評の場にご自身の作品を提出し批評を仰ぐことに違和感を感じられているのであれば、それはダメ出しを恐れているか、もしくは逆にその様に評価する相手を下に見ていることによる逆心理があるのかもしれません、強い言葉でいうならば「この程度の人間に自分の作品を評価されることなど我慢ならない」とのスノービッシュ出鼻持ちならないことにもなります。それが「こっそりと先生には作品を提出している」との姿に現れてもいると僕は感じました。
 実際にフォトレタッチは印刷関連の職業現場になりますが、そうした職場は従業員の出入りが比較的激しい職場としても知られています。クライアントからの要望に即応せねばならず、それも一日に何度となく変更が入ったりする典型的な受注産業です。コツコツとの印象が持たれているのとは180度逆に素早い適応能力を有することだけが求められたりもしますので、従業員のストレスも多く健康を害しての退職や勤務条件と実態が異なるなどのケースも少なくありません。
 photoshopやIllustratorなどのツールにしても専門学校に通えば使い方や技法を習得でき、それほどのアドバンテージにはならないでしょう。
 「しかし大学を中退してまでやる事なのだろうか」実際にそうした職場で仕事に従事する方々は少なくとも質問者様よりも実務能力には秀でています。仕事に従事している以上は「その仕事のプロ」ですから、出来て当然の仕事を苦もなくこなしています。そうした部分で言えば「バイトを探しました」といっても通用しないのは「腰掛け的な気持ちでは困るよ」との意図が込められています。印刷物ですから商業的な価値がなければ、如何にアート的に優れているといっても商品にはなりません。逆にアートとしての価値が低くとも売れて利益が出れば評価されたと同じになります。印刷業界には「○○銭」との単位もありますから、それこそ価格競争での仁義なき戦いが繰り広げられてもいます。そうした環境に質問者様がいる場所があるかといえば、僕には疑問符が付きます。
 話は元に戻りますが、学部の実習で作品提出を求めるのは、最初から「高評価の作品」を出せなどと求めているわけでもないでしょう。「自分表現したいモノを自由に表現してごらん」と前のめりがちになる学生を落ち着かせているのではないでしょうか。それほど人間は完璧な存在でもありませんから。また「作品作りの技術」と仰っていますが、技術に走るよりも「何を表現したいのかとのコンセプト」の方が僕はより大切ではなかろうかと考えます。小手先のテクニックに走った文章ほど退屈でつまらない作品もありませんから。
 そうした意味で質問文の端々からは何か質問者様は自意識過剰の様に見えますので、卑屈にならず、かといって高飛車にもならない「ありのままの己がじし」を眺め直すことから始めてはどうかな?と感じます。
 また退学するか大学に留まって卒業を目指すかの問題ですが、そこに御母堂が云々の話は関係ないでしょう。大学に進学したのは質問者様ご自身であり御母堂ではありません。御母堂にも子離れしていただく必要もあるでしょう。
 お気に障りましたら削除を要請して下さい。

 こんばんは夜分に失礼します。少しばかりお話ししましょうか?
将来的に映像の仕事をしたいから、それに関連する大学をお選びになったのであれば、そこで揉まれることも必要でしょう。生まれながらの能力だけで生涯の仕事を全うできることも稀であれば、その様な人物に出会ったことも僅かな例外を除いては僕にはありません。
 他の人と比べて自分の仕事に自信が持てないことなどの基準も人それぞれによって異なりもします。ある人は中島みゆきの作品を好きだというけれど、別な人は余り好きではないとの印象を...続きを読む

Q芸大・美大の仮面浪人について

私は一浪しましたが、第一志望の公立芸大に合格できず、春から私立の美大に通うことになるのですが、
納得できず、仮面浪人を考えています。
学校の先生や周りの大人に相談すると、仮面浪人は大変だからやるだけ無駄といわれます。
芸大・美大で仮面浪人をしたことがあるかた、仮面浪人に成功した方、どんなかんじなのか教えてください!!お願いします。

Aベストアンサー

No.1です。
通常の大学での仮面浪人と一般大学での仮面浪人とは全く違います。
一般大学は講義と試験、レポートが多いですが、美大は実技が重要になります。
これが受験勉強とかぶるものがあればよいのですが、実はほとんど接点がありません。
科や学校にもよりますが、デザイン科などは平面構成やデッサンの授業はほとんどありません。絵画系なら近いでしょうが受かるための絵とはまた別です。
新しいことの連続の上、専門的な講義も増えます。
大講義室で行うようなものは一般教養の場合が多く、そういったものは特にその学年でとる必要のないもの、つまり仮面浪人失敗したとして翌年とるというのでも大丈夫です。
ところが実技に関しての部分は代弁もできない、無闇に休めない、あげる作品の質をあげなければならない、そしてその年度であげなければならないという条件が多いです。
もちろん一般大学でも専門が大変な科はあります。
成功されたという仮面浪人の状況がわからないのでなんともいえませんが、文系私大で大きな講義の多いところであれば、努力次第でそう不可能ではないと思います。
美大の仮面浪人もそのようにうまく両立していく自信があるなら可能かと思われますが、進級製作などの提出前には数日徹夜する学生もいるような状態ですので、あまりお勧めはしません。

No.1です。
通常の大学での仮面浪人と一般大学での仮面浪人とは全く違います。
一般大学は講義と試験、レポートが多いですが、美大は実技が重要になります。
これが受験勉強とかぶるものがあればよいのですが、実はほとんど接点がありません。
科や学校にもよりますが、デザイン科などは平面構成やデッサンの授業はほとんどありません。絵画系なら近いでしょうが受かるための絵とはまた別です。
新しいことの連続の上、専門的な講義も増えます。
大講義室で行うようなものは一般教養の場合が多く、そういっ...続きを読む

Q芸大に合格するには

今年の3月に17歳になるフリーター男です。
高校は行きませんでした。
ずっと怠惰な生活を送ってきました。

でも変わりたいと思い、
去年の11月に高卒認定試験(旧・大検。大学を受ける資格をもらえる試験)
を受け、合格しました。

グラフィック関係で食っていきたいと思い、
東京芸術大学を受けようと考えています。

絵は好きですが、デッサンが出来る程度です。
鉛筆でしか絵を描いたことがなく、しかも、
絵はたまに描く程度です。

こんな俺ですが、来年に
東京芸術大学に受かることなんて出来るんでしょうか。
それと、いまからどんなことを頑張ればいいのでしょうか。
どんな勉強をしたらいいのかまったく分かりません。
分かる方どうか教えてください。


ちなみに、絵に対する情熱は誰にも負けないです。
どんなことでも頑張ります。

Aベストアンサー

こんにちわ。私は芸大卒の者です。何かアドバイスできればと思って回答したいと思います。

まず始めに情熱やがんばりだけでは通用しないという世界だという事です。つまり絵が好きな人など山ほどいるわけですし(だから倍率も高い)、それは芸大に限らずどこの一流大学でも「医学部に行きたい」とか「東大に行きたい」と思っている人が多く存在するのと全く一緒です。さらに言えば芸大生=絵が好きという式は必ずしも当てはまるというわけではありません。

私は正にその典型なんですが、幼少期からデザイナーであった父にスパルタな美術教育を受けさせられ育ってきました。ですので絵は描けるのは当たり前でしたが「美術が好きか?」と言われれば首を傾げます。「じゃあなんで芸大行ったの?」なんて友人には聞かれますが、それは凄く単純で勉強ができなかったからです。もし一般大学を受験しても三流しか行けなかっただろうし、それなら美術系に進学しようと思ったことが理由です。そのようなモチベーションの学生は意外と多くいます。しかし僕を含め彼らは現役や一浪で合格してしまってるわけですから情熱がいかに儚い物か分かると思います。

私は投稿者さんのポートフォリオを見たことが無いので具体的なことはアドバイスできませんが「デッサンが出来る程度です」という心境では受験は厳しいと感じます。合格した学生はほぼ口を揃えて「(芸大って)難しかったか?」と言いまし「落ちるはず無いだろ」と強気です。私もそうでした。これは自慢的な表現ではなく多くの受験生の中で合格通知を貰う学生は「受験=合格」という構図が無理屈で勝手に成立してしまっているのが現状です。確かに冷静に考えてみれば高倍率ですし選考も不透明ですが私は「苦労したな」という感覚は全くありません、「(受かって)当然でしょう?」という方が遥かに強いです。

私が通っていた油彩科に関して言えば長年英才教育で絵画をやってきた人しかいないし受賞歴、活動歴、師事歴などを考慮してもアマプロがごった返している大学であることを忘れないでください。芸大生の9割は多摩美、武蔵美に同時合格しています。自分が美術素人だと思うのであれば100%落ちます。芸大は自分の作品が一番と思う人間の為の大学で不安定な自信で合格した人間を僕は見たことがありません。

こんにちわ。私は芸大卒の者です。何かアドバイスできればと思って回答したいと思います。

まず始めに情熱やがんばりだけでは通用しないという世界だという事です。つまり絵が好きな人など山ほどいるわけですし(だから倍率も高い)、それは芸大に限らずどこの一流大学でも「医学部に行きたい」とか「東大に行きたい」と思っている人が多く存在するのと全く一緒です。さらに言えば芸大生=絵が好きという式は必ずしも当てはまるというわけではありません。

私は正にその典型なんですが、幼少期からデザイナ...続きを読む

Q語学系の大学から美大・芸大に編入したいのですが・・・

私は大学3年生で、大学では外国語の勉強をしています。ですが、就活の時期を向かえ自分が何がしたいのか考えた時に、ずっと美術が好きで、何か表現したい、創りたいという思いから、美大に行きたいという思いになりました。まだ、どこを受験するかは決めていませんが、この1年休学して、勉強して来年の編入試験を受けたいと思っています。
しかし調べて行くうちに、まったく関係ない学部から美大に編入するのは大変難しい事がわかってきました。
しかし、とりあえず来年1年間は編入のために勉強したいと思っています。もし受からなかったら今の大学に戻るなりしようと思っているのですが・・・今、何から始めたらいいのかわかりません。
予備校に行ったほうがいいのか、独学だと難しいのか・・・
美大生の方・編入経験のある方など、よかったらアドバイスをください。

Aベストアンサー

私は美大生でも美大の卒業生でも、ましてや編入生でもありませんが、枯れ木も山のにぎわいと思って、見逃してください。

私の聞いている限りでは、編入生の多くは、
(1)他の美大・芸大からの編入
(2)付属短大からの編入
の二種類が多くを占めているように伺っており、普通の大学の編入はかなり難しいようです。
特に独学では、参考書を使っても、かなり難しいかと...
予備校に通ってもやはり確実とは言い切れないようですが、独学よりはましだとは思います。

もし、意思が強く、時間と費用が許されるなら、来年付属短大を受験され、付属短大から編入試験を受ける方が早いかもしれません。付属短大の方が大学よりも試験は簡単になりますし、編入試験も、かなり高い合格率で、今はよほどの事がない限り合格するようです。

私の知り合いの女性に、武蔵野美術大学の通信教育課程を卒業し、本職にはしていませんが、いまでも絵を描いている方がいます。
もし、将来の職業にする訳ではないなら、大学を移るのではなく、こういった通信教育課程を受けるという方法もあります。

Q美大の学費などの対策について教えてください

私立の女学生です
いま私は美大のデザイン科を目指しているのですが いわゆる武蔵美・多摩美などの私立は学費が高すぎて
金銭的に厳しい状況です
だからといって芸大はとても競争率が高いので 合格率は低いです・・・ 浪人はできません

美術の塾に通うにもかなりお金がかかります
ですので
・美大を目指している、あるいは美大生の方はどんなふうに受験勉強したのでしょうか?
・そして、学費をどうやって対処したのでしょうか?(奨学金などでいいもの等)
・わりと人気な大学で学費が比較的低い大学はありますか?

文系の大学にしなければいけない危機に陥っています!たすけてください!

Aベストアンサー

 私も子供もムサビ出です。親の私のころには就職より取りみどりでしたが、今はデザイン科の4年生でもまだ決まっていない人が多いです。

 ですので、?大のデザイン科では、就職はまず無理だと思います。どんなことしてでも有名大のデザイン科出てください。有名大が駄目なら有名専門学校のほうがいいです。デザイナーになりたいなら。

 有名大でも、グラフィックか工業か空間に限ってください。奨学金を返済するためには!それ以外の科だと不可能じゃないですが、割のいい就職につく機会が少ないので・・

 学校の奨学金は、運悪く芸大に落ちたというレベルの方がもらいます。そのレベルじゃないとまず無理。大体大学の奨学金はおもに3年生以上がもらえるものが多いので・・(数少ない内)

 慶應とか早稲田のように企業の奨学金がいっぱいあって成績いかんで何らかの援助を受けられる・・というのには程遠い状態です。

 一般的なのが育英会の奨学金(有利子で12万円まで借りることができる)、地方自治体の奨学金。親御さんが公務員や一流企業だと会社の共済会の奨学ローンがあれば安めに借りられる。しかし、すべて借金です。親元を出て借りる場合、卒業後も一人暮らしでしょうから、返済は大変だと思いますので、あまり多い額借りれないと思います。卒業後親元に入れる状態なら多少無理して借りることができるでしょう。

 ムサビの場合、1/3位の方が何らかの奨学金を利用しているらしいです。(12万利用している人はあまりいないと思う)

 しかし、すべて就職のいい大学の就職のいい科に入学することが前提。それにはどうしても美術受験予備校へ行かないとよほどの天才じゃないと合格しません。そのお金も無理?安めの予備校もありますが高3だと月4万は必要。・・ここにも奨学金がありますが、芸大受かるレベルじゃないともらえません。

 美大にかかるお金は半端じゃなく、合格も半端なく大変なので(ちょっと自己流に頑張ったくらいじゃ受かりません・大変の地方の方は浪人後上京して予備校へ通っています)、お金ないとまず第一歩が進めないのです。
 
 まず、手近の美術予備校へ体験授業を受けに行ってみてください。あなたの今の画力がわかります。その上で どの程度有名美大デザイン科合格までかかるか自分でわかるはずです。普通の人だと、学校の先生にちょっと見てもらう程度では到底受かりません。ムサタマの看板学部デザイン科も半分以上が浪人生です。

 お金のこと、画力の事、合格までの道のり・・甘いものではないので 学校の美術の先生・美術予備校の先生にまず色々お話を聞いてみてください。奨学金のことは高校の先生に聞いてください。(時々奨学金の仕組みが変わるので現役の高校の先生にお聞きするのが一番です)
 

 私も子供もムサビ出です。親の私のころには就職より取りみどりでしたが、今はデザイン科の4年生でもまだ決まっていない人が多いです。

 ですので、?大のデザイン科では、就職はまず無理だと思います。どんなことしてでも有名大のデザイン科出てください。有名大が駄目なら有名専門学校のほうがいいです。デザイナーになりたいなら。

 有名大でも、グラフィックか工業か空間に限ってください。奨学金を返済するためには!それ以外の科だと不可能じゃないですが、割のいい就職につく機会が少ないので・・

...続きを読む

Q美大は行かない方が良いか

こんにちは。高1女子です。進路のことで悩んでいます。(長文失礼します)

私は美大(環境デザインかグラフィックデザイン)に行くについて親と教師に相談したのですが、
親は就職のことを考慮し、行かないほうが良いと言いました。(ミュージシャンになって売れたいと言ってるのと同じと言われました)
しかし当然ですが美術の先生は勧めてきます。(特に私は学年でもかなりうまいと親にその先生は言ったらしく、それで目を付けられているのか、進まないなんて勿体無い!と激しく勧められます)(絵のレベルの話についてはスルーして下さい)

前者は一番安全なので良いかなとは思うけれど、もしそこまで就職が危うくなかったらどうしようと希望を捨てられず、
まずどの他の教科もやるからできるだけで興味のあるものはゼロ…。それなら周りと同じようにとりあえず学校に入ってからやりたいことを探せば良いけれど、それなりにしたい事があるのにそんな適当なことはどうなのか…、
後者は就職のことでなく進学のことだけ考えていそうで無責任だなと。

どちらかと言われれば、前者に反対や反感を抱くことはありません。後者はすごく疑っています。しかし、せっかくならそれに関係した仕事をしたいです。

私は進学より就職のことを強く考えているつもりです。それに高い学費を払わせておいて就職は危うい、もしかしたらニートかもというのも本当に親に対して申し訳なくなります。


私が受けたい学科は元は環境デザインだったのですが、インテリアより絵を描くこと自体が好きであり、後藤ゆりかさんを知ってグラフィックデザインなら絵なのでは、と思ったのでそのどちらかを受けようと思っています。

それに、双極性2型であることも必ずすべてのことに関係してくることになる、という不安も大きいです。


美大に行くなんて何もできないからって絵ならできると勘違いし、自惚れた結果でしかないのかもしれません。どうしたら良いでしょうか。

(ちなみに就職についてはれもんらいふやチームラボみたいな所、それとインテリア、はよくわからないけれど間取りやインテリアや家の相観?を考えるのはすきです。家具屋とかも好きなのですけれども…。他を言えばでんぱ組やきゃりーぱみゅぱみゅみたいなMVを作ることなど)

こんにちは。高1女子です。進路のことで悩んでいます。(長文失礼します)

私は美大(環境デザインかグラフィックデザイン)に行くについて親と教師に相談したのですが、
親は就職のことを考慮し、行かないほうが良いと言いました。(ミュージシャンになって売れたいと言ってるのと同じと言われました)
しかし当然ですが美術の先生は勧めてきます。(特に私は学年でもかなりうまいと親にその先生は言ったらしく、それで目を付けられているのか、進まないなんて勿体無い!と激しく勧められます)(絵のレベルの話につ...続きを読む

Aベストアンサー

仕事がないことを心配されているようですが、仕事はあります。
しかし、近年はグラフィックデザインの需要が少なくなっているのも確かなので、グラフィックデザイナーになり、転職しようとした時に会社の選択肢が少ないことは考慮しておいた方がいいと思います。

グラフィックの職に就くには、学歴はあまり関係ありません。
美大やグラフィックの専門学校を出た方が、新卒の時点で採用されやすいというだけです。

以下は現状であり、あなたの夢を壊そうとか非難する意図はないので、情報として前向きに読んでください。また、他の方の回答と重複部分もありますが、多くの人から言われた方が信憑性があると思うので記載します。


大切なことですが、まずはグラフィックデザインとは、絵を描くことではないとはっきり認識しておいてください。
グラフィックデザイナーの仕事のメインはレイアウトのデザインで、イラストは著作権フリーのものを使ったり、外注しているケースが大変多いです。
勿論、イラストの仕事がある会社も存在しますが、全部ではありません。
ここを知らずにデザイナーになり、失望して他業種に移る人も多いです。

イラストレーターになろうという場合は、次のことを考慮してください。
好きな物が描けるということでは全くなく、商業的な需要に合ったイラストを描くことが求められるため、仕事の進め方や考え方を知っておかないと現実とのギャップに悩むことになります。
また、イラストレーターの仕事の需要は、近年は残念ながら減っているため、イラストレーターの正社員募集だと、イラストのジャンルが限られると思ってください。あなたの好きな方向ではないかも知れません。


インテリアにも興味を持たれているようですが、こちらは設計や商業デザインが出来ないと仕事の幅が減るので、グラフィック・イラストが駄目ならインテリア関係に、と安易には考えないでください。映像関連も全く必要知識が違います。
勿論、若いうちなら「未経験O.K.」の異業種の会社に転職し、変更する道もありますが、ここはタイミングや運任せの要素が大きくなります。

また、ご病気をお持ちのようですが、制作業はどの業界でも、多くがハードワークで定時退社は基本無理と考えておいた方がいいです。
体がきついということもありますが、休む時間が少ないのがずっと続き仕事の納期に追われる、という状況で(面接で、うちはブラックですが大丈夫ですか?と言う会社はあまりないと思ってください)、精神的ストレスを溜めることもあります。これが一番心配です。
就職してしまうと、仕事1本を一人の人に担当させ、病気だろうが何だろうがやらなきゃならない、という環境に置かれてしまうこともあります。
だからやめろ、ということではありません。制作関係を志すなら、今からご自分の病気を上手く管理する方法を模索しておいてください。


まずは、どの仕事にするのか絞りましょう。美大に進むにしても有利な専攻が異なります。
まだ高1とのことなので、それぞれの実務がどのようなものかよく調べてみてください。

>学校に入ってからやりたいことを探せば良いけれど、

これもありだと思います。有名美大卒の友人(現グラフィック・webデザイナー)がいますが、その人の友人達は全く関係ない仕事に就いている人も多いです。美大卒だから就職が限られるという訳ではありません。


計画通りで失敗のない人生などありません。やりたいと思ったことにチャレンジし、上手くいかなければ、それなりに自分に合った方向転換の道も必ずあります。
ただ、自分の意志ではない道を選ぶと、後悔や挫折感だけが大きくなり、臆病な人生を歩むことになってしまうと思うので、ここだけは譲らないで頂きたいと個人的には強く思います。

仕事がないことを心配されているようですが、仕事はあります。
しかし、近年はグラフィックデザインの需要が少なくなっているのも確かなので、グラフィックデザイナーになり、転職しようとした時に会社の選択肢が少ないことは考慮しておいた方がいいと思います。

グラフィックの職に就くには、学歴はあまり関係ありません。
美大やグラフィックの専門学校を出た方が、新卒の時点で採用されやすいというだけです。

以下は現状であり、あなたの夢を壊そうとか非難する意図はないので、情報として前向きに読...続きを読む

Q23歳で大学に入学する人は馬鹿だと思いますか?

現在21歳、大学生4回生です。

現在某私立大学(偏差値はかなり低いです)に通っているのですが、半年程前からある分野に興味を持ち始めたのでそれを勉強する為に大学卒業後、また国立大学に1から入り直そうと思っています。

 編入や大学院の事も考えました。

しかし編入だと今の大学で取った単位が変換される為、受けたい授業等を取れなくなってしまう可能性が高いです(必修等)。 学歴が欲しくて大学へ行くなら卒業出来ればいいと思いますが、今行きたいと思っている大学で開講している授業を取りたいから行く自分にとっては、単位が変換される事は何のプラスにもなりません。学ぶ事に意味がありますから。

大学院に関しても、その分野の大学院へ行く程知識は無いですし、そもそも行く気はありません。

とにかく、国立大学へ1回生から入学する事を決めております。

就職しながら独学で勉強すればいいのではないか?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、その大学の良い環境で、質の高い授業を同じ様な目的を持った方達と学んだ方が確実に自分の為になりますし、そもそも半年前に大学に入り直そうかなと考え始めてから自分の中で就職という選択は消えたので、やはり希望大学へ進学する方が私の目的を達成するのに適しています。

正直な気持ちを申しますと、大学受験の時にもう少し将来を考えきっちりと勉強して今よりも優れた大学に行くべきでした。それは本当に反省しています。確実に馬鹿でした。

しかし今だからこそ勉強したいと、よりレベルの高い大学を行きたいと思えたわけで、多分タイムマシーンがあって高3に戻れても、今と同じ様な道を選ぶでしょう。
思い立ったが吉日、やりたいと思った時がその時なのでは?と思っています。

ただ年齢に関しては、数ヶ月前からもう受験対策は始めていますが、国立は受験科目が多いのと、入学金と学費を溜める為にバイトで忙しいので今年度受かるかは分かりません。
なので、来年度受けて受かったとしたら入学時の年齢は23歳です。ストレートで卒業したとしたらその時は27歳です。

皆様がお思いの通り23歳で大学受験を、ましてや一度大学を卒業してからの大学再入学は本当に稀です(医学部ならまだ分かりますが、私は医者にはなるつもりはありません)。

そんな私は、第三者の皆様から見て「頭がおかしい、気が狂っている人」の様に見受けられますか? 普通はしない選択を取る私はやはり異常に思えるでしょうか?

もちろん、そんな年齢なので大学入学後は目的の勉強に加えて取れるだけ資格も取って、年齢をカバー出来る程のアピールポイントを作り、出来るだけ就職口の範囲を広げるつもりでいます。

何の目的も無くフリーターをしている人。
大学では勉強もせず遊んで過ごし、就活はしているが見るからに真剣さが感じられない今行っている大学の知人。
若くして犯罪を犯して刑務所に入っている人。

目指すべき人では無い人と比べるのは間違っているとは思いますが、この様な人達と比べて私が進もうとしている道はそれほどおかしいとは思いません。

色々と私事を述べて来ましたが、客観的に見て23歳で大学へ入ろうとしている人の印象を教えて下さい。

そしてもし22、23歳又はそれ以上の年齢になって大学入学された方がいましたら、
・年齢
・大学へ行こうと思った理由
・入る前に不安等は無かったか
の3点を知りたいので回答お待ちしております。

では、よろしくお願いいたします。

現在21歳、大学生4回生です。

現在某私立大学(偏差値はかなり低いです)に通っているのですが、半年程前からある分野に興味を持ち始めたのでそれを勉強する為に大学卒業後、また国立大学に1から入り直そうと思っています。

 編入や大学院の事も考えました。

しかし編入だと今の大学で取った単位が変換される為、受けたい授業等を取れなくなってしまう可能性が高いです(必修等)。 学歴が欲しくて大学へ行くなら卒業出来ればいいと思いますが、今行きたいと思っている大学で開講している授業を取りたいか...続きを読む

Aベストアンサー

ご参考までに。
今年大学に現役で入った子供がおりますが、同級生には23歳の人も50代の人もいます。
夜学とかじゃなく通常の4年制私大です。医学部でもありません。

23才の方は、他の大学を中途でやめ方向転換をはかって受験したそうです。
50代の方は、仕事上どうしても学びたい事があり受験したそうです。
他人の事なので心情こそ知れませんがね。

他にも様々な年齢の人が同期として学んでいる学部です。
サークルやバイトする暇もなく皆熱心に学んでいるようです。
GWで休校にもかかわらずほぼ毎日大学へ足を運んでいます。

バブル世代を過ごした私のような親世代からすれば大学二つ行ったりする事などそんなに特別でもないんですよね。
私の弟も大学卒業するのに8年かかったし。
時代が良かったと言えばそれまでだけど、順調に大学出たはいいけど迷ってる人が多い現状を見ると、必ずしも型どおりの道を歩む必要などないと思う。
そんなに思いつめなくてもせっかく見つけた目標なら頑張ったら良いと思います。
誰に何を言われようが自分の人生だもの。
高卒では就職がかなわないから大した目的もなく大学へ行き、友達ができないから辞めたいだの講義について行けないだの自分には向いてないだののたわごと言ってる学生よりよほどマシじゃないですか。

あなたはそこそこ安泰な出世コースに乗ってそこそこ楽しい人生を送ることより、自分の欲する学びを探究する道を選ぶのでしょう?
苦難は多いかも知れませんがその分実りの多い人生を送れると思いますよ。

ご参考までに。
今年大学に現役で入った子供がおりますが、同級生には23歳の人も50代の人もいます。
夜学とかじゃなく通常の4年制私大です。医学部でもありません。

23才の方は、他の大学を中途でやめ方向転換をはかって受験したそうです。
50代の方は、仕事上どうしても学びたい事があり受験したそうです。
他人の事なので心情こそ知れませんがね。

他にも様々な年齢の人が同期として学んでいる学部です。
サークルやバイトする暇もなく皆熱心に学んでいるようです。
GWで休校にもかかわらずほぼ毎日大...続きを読む

Qデザインを仕事にしたい!…でもそれだと生活していくのが難しい

大学卒業後、一般企業で事務職として就職
しましたが、学生時代に学んだ
グラフィックデザインを仕事にしたい、
と思うようになりました。

実務経験がありませんので、バイトからのスタートに
なろうかと思いますが、1人暮らしということもあり、
生活がかなり苦しくなると思います。
生活費、睡眠時間等、犠牲にしてまで
やりたいことを優先していいものか、
いまいちデザインの世界に飛び込むことが
できないでいます。
きっとしばらくは、親にお金を借りてしまう
生活になるんではないかと思います。
大卒で生活費を親に頼るというのは
申し訳なく思います。
事務職を続けるのであれば、お金は借りなくとも
生活はしていけますが、仕事は単調ですし、
やりたいことであるデザインは、
趣味として割り切ることになるでしょう。

グダグダいわずにデザイン職へ
飛び込めば、話は早いのですが、
やはり現役のデザイン職の方にお聞きしたいです。

待遇面での不満はよく聞く話ですが、それでも、
デザインをすることは楽しいですか?
待遇のよい他業界へ就職すればよかった…
と、後悔している方はいらっしゃいませんか?

よろしければご意見・アドバイス等、
よろしくお願いいたします。

大学卒業後、一般企業で事務職として就職
しましたが、学生時代に学んだ
グラフィックデザインを仕事にしたい、
と思うようになりました。

実務経験がありませんので、バイトからのスタートに
なろうかと思いますが、1人暮らしということもあり、
生活がかなり苦しくなると思います。
生活費、睡眠時間等、犠牲にしてまで
やりたいことを優先していいものか、
いまいちデザインの世界に飛び込むことが
できないでいます。
きっとしばらくは、親にお金を借りてしまう
生活になるんではないかと思いま...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは、25歳のグラフィックデザイナーです。
僕は今の仕事内容と待遇と将来性に満足しています。
もちろん今後もっと上を目指します。

デザイナーになりたいとお考えの_you_さんにまず言っておきたいのが、
一番肝心なことは、「自分がどんなデザイナーになりたいかを決める事」
という事です。

だって、デザイナーになんて簡単になれますよ。
仕事内容と報酬を選ばなければ。

僕は専門学校時代、講師や周りの人にいろんな事を聞かされました。
デザイナーは徹夜が当たり前だとか、お金を儲けたいならデザイナーはやめた方がいいだとか、
好きな仕事だからしょうがないetc...

僕は学生時代これらの話に耳を貸しませんでした。
僕は決めていました。
1.年収3,000万円以上稼ぐ事。
2.企画から関われるクリエイティブな仕事をする事。
(いきなりは無理でしょうから、35歳の時点で、とういう条件です)

だから、学校の講師の話はあまり役に立ちませんでした。
だって、講師の方は仕事がないから安い給料で講師やっているんですから、
そんな人の言うとおりやってたら自分も講師になっちゃうじゃないかと。
普通に考えてそうでしょう?
一方、非常勤で、普段一線でバリバリやっている講師の話は
食い入るように聞き、質問しまくりました。

>待遇面での不満はよく聞く話ですが、それでも、
>デザインをすることは楽しいですか?
僕は好きにデザインさせてもらってます。デザインが楽しくて仕方ありません。
もちろん2年半は死ぬほど基礎をたたき込まれました。
打ち合わせから営業からデザインまで全部できます。
社長や重役相手の打ち合わせも全然平気です。今の時点の給料にも不満はありません。

僕が何故こんな状態でいられるかと言うと、それは
「自分がどんなデザイナーになりたいかを決めていた」からです。
だから、就職先も当然選びました。戦略を練りました。電通や博報堂がいいのか?
電通や博報堂には年収3,000万円以上のクリエイターがどのくらいいるのか?など。。
いろいろ調べて相談した結果、有名なデザイナーが独立してやっている
デザインプロダクションに入る、という戦略をとりました。

そこではデザインから営業からなにから何まで、
朝から晩まで有名なデザイナーに付きっきりで教えてもらえると思ったからです。
それが電通・博報堂だと、いいADの下につくにも、大変な競争が待っていると
想像したからです(あくまで想像ですが…)。
意味のない出世競争に時間を取られたくなかったのです。

結果、予定通りいろいろ教えてもらい自信がつきました。(賞の取り方までも。。)
今私はデザイン初めて3年半ですが、今の時点でもすでに
そこら辺のデザイナー(10年やっていようが20年やっていようが)には負ける気がしません。
デザインは、どれだけやっていたかという経験や時間なんて全く関係ありませんよ。
よく、いろいろ転職しながら実力蓄えていくとか、キャリアアップとかほざく
無知な連中がいますが、そんなもんはウソです。
自分が無知であるということさえも知らない連中です。
10年、20年やってて名刺にADとか書いてある下手なデザイナーを何人も見ます。

とにかく、いいディレクターのいる職場に、なんとしても滑り込んでください。
デザインのスタンスはいろいろありますから、何でもいいですからこれだけは他のデザイナーには
負けない、というモノをもっているディレクターを捜し、その人の弟子になるんです。
そういう方は、有名、無名を問わず、探せば見つかります。

今活躍しているデザイナーで、良き師匠に巡り会わずに、自力でデザインを覚えた人なんて
ホンの一握りの例外を除いて、誰もいませんよ。
これがこの業界の現実であり、デザインという職業の性質です。
デザインという基礎・概念をたたき込んでもらって初めて、自分で努力して実るのです。
初めに基礎をたたき込んでもらわないで、自分で努力しても、我流になって、やればやるほど
下手になりますよ、マジです。

ここを間違えると、デザイナーなんてやめた方がいいと思います。
徹夜はあるわ、給料安いわ、仕事もデザインといっても大した仕事ではないわ。
という事になりますよ。あなたに、経営の才能があれば、デザインの質にこだわらず、
デザイン会社経営という道も残されますが、そうでなければ、20代後半から30代前半で
確実にリストラされます。デザインが上手くないと使い捨てにされる業界です。
しかもデザインはつぶしが利かないですから、途方に暮れますよ。

長くなってすいません。ついでにもう一つ言いたいのが、
>生活費、睡眠時間等、犠牲にしてまでやりたいことを優先していいものか、
>いまいちデザインの世界に飛び込むことができないでいます。
>きっとしばらくは、親にお金を借りてしまう生活になるんではないかと思います。
>大卒で生活費を親に頼るというのは申し訳なく思います。

ということですが、努力することを嫌うなら、実力を付けることが出来ませんからやめた方がいいです。あと、きれい事を言ってもいいですが、きれい事のせいで実力が付かなければ、
それは結局親不孝につながります。稼いであとで何倍にもして返してやるという発想でいくほうが
自分へのいいプレッシャーにもなります。

僕は20歳のときにデザイナーになること決めました。上京して、そこから、バイトは一切せずに
親の仕送りとそれまでの貯金で生活してました。月に本代だけで10万円は使っていました。
親が特別金持ちな訳ではないです。なんとか工夫して送ってもらいました。
さらにご飯代も削って自炊して、月の食費は1万円を切っていました。残り全て勉強につぎ込みました。
なんとしてでも実力を付けるためです。バイトなんかしてたら、その分デザインの勉強の時間が
少なくなります。もちろんバイトすることで得るものもありますから人それぞれですが、僕の場合、
バイトはそれまでにさんざんやってましたし、遊びもそれなりにしてましたし、今自分に必要なのは
デザインの勉強、と言うことで、もちろん睡眠時間も削りまくってやりまくりました。

僕が言いたいのは、これだけ、戦略的に考えながら利用できるものは利用して
やるべき事に集中投資して、勉強しまくる奴がいる業界ですよ、ということです。
そういう奴が、ライバルとして、ウヨウヨいますよ。
そんな中で、「生活費、睡眠時間等、犠牲にしてまで」と言ってると、淘汰されるだけです。

実力の世界を甘く見て実力の世界に入ったひとは、必ず後悔します。いい仕事回ってきませんから。
いっぽう、実力の世界で実力がある人は、面白くてたまらない。高くていい仕事入りますから。
これが「実力の世界」です。

長文で、きついこと書いて申し訳ないです。しかも25歳の分際で。
でもこれが僕の本音であり、これから業界に入ろうとしている人への、本当に伝えたいことなんです。。

こんにちは、25歳のグラフィックデザイナーです。
僕は今の仕事内容と待遇と将来性に満足しています。
もちろん今後もっと上を目指します。

デザイナーになりたいとお考えの_you_さんにまず言っておきたいのが、
一番肝心なことは、「自分がどんなデザイナーになりたいかを決める事」
という事です。

だって、デザイナーになんて簡単になれますよ。
仕事内容と報酬を選ばなければ。

僕は専門学校時代、講師や周りの人にいろんな事を聞かされました。
デザイナーは徹夜が当たり前だとか、お金を儲け...続きを読む


人気Q&Aランキング