円で持っていてもインフレになるのでは?

米ドルはすでに高い。

87円程度の豪ドル 割安感を感じますが。

10年レンジでの長期保有 いかがなものでしょうか。
すぐに必要なお金ではありません。

・米ドル:豪ドルの推移 読みにくい
・中国の経済減速・・・不安材料
・資源豊富な国・・・長期的に安定材料
・日銀の金融緩和・・・不安材料?

過去十年の豪ドルチャート
http://finance.matsui.co.jp/stockDetail.aspx?cod …

100円というライン 10年間に再来するでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

細かい材料はさておき、長い目で見た時の為替レートってその国の「経済的な強さ」のバロメーターだと思います。


何も持たない日本がここまで強くなれたのは、ひとえに今の高齢者世代が「真面目に」技術を磨いて来たからだと思います。
いまの若い世代が担って行く日本は今までとはきっと違ってくると思います。
過去のデータを見ても、米ドルも天井ではないと思います。

また、お金の数は変わらないけど、買えるものの数が減って来る、というのがインフレです。
今の日本は数値でも1%以上の物価上昇率です。
市中の預金等の金利は0.02%、キャンペーンなどの優遇金利でもせいぜい0.3%くらいです。
(最近は巧妙になってきて年1%で1か月定期、なんて表示も多いです。良く考えるとトクではないです)
なので、物価には確実に負けています。
分散、という考え方でみても、この状況下でもまだ2%近い運用ができる豪ドルにはまだアドバンテージがあります。

豪ドルを現金で持つわけではないでしょうから、銀行の外貨預金で、というのが簡単な方法だと思います。
ただ、銀行の外貨預金は預金者保護機構対象外なので、豪ドル建ての投信や国債なんて方法が手軽でいいかも知れません。

窓口に行って話を聞いてみると、担当者ごとに考えも違うので面白いかもしれません。

前置きが長くなりましたが、(最終的には自己責任なんですが、)今の豪ドルのレンジはまだ「買い」だと思います。
10年、という期間を考えると、一般的にオリンピック開催国の通貨は強くなると言われているので、2020年近辺は円高に振れる予想が立ちます。
でも、今回の東京五輪はケチ続きで、やや心配ですけどね(苦笑)
    • good
    • 12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q豪ドルの今後の見通し

先週以来、豪ドルが下落しております。理由は中国製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値が50を割り込み、景気後退と判断され中国が最大の原料輸出国であるオーストラリアの為替リスク回避のため豪ドルが売られたためです。今後、豪ドルの為替安はいつまで続くと予想されますか?

Aベストアンサー

確に、豪州株式と上海総合の相関は言われているとおり、下がってきています。これに伴いAUDは売られている言えます。

このような比較を見てみてはいかがでしょうか?

豪州株式と上海やダウなどと、豪州ドルと人民元と米ドルなど。特に注目して欲しいのはカナダです。そうです。カナダも資源国です。ただし中国への依存度は高くなく、お隣の米国ベッタリです。

今の資源国の低迷は消費大国の低迷が問題なのかどうかという質問には、中国も成長率は一桁になりましたが、目標を達成しています。米国は住宅セクターの高調です。議論としては、QEテーパリングからの豪州からマネーが流出しているという見方もあります。また、豪州の中国向けの輸出を問題視する人もいます。輸出額は変わらないが、量的に少なくなってきているのではという分析する人もいます。つまり中国のインフレです。貿易物価の上昇が豪州の生産量を抑えているのではないか?つまり工場の稼働率が低下しているということです。北半球は冬なので鉱工業のリーダープライスは原油価格であり、その低迷が豪州買いを押さえ込んでいるという人もいます。最後に、昨年は中国の大気汚染問題で中国の工場閉鎖が行われています。(これは中国インフレと整合します)これによる原料出荷国が影響を受けているという人もいます。私としては、すべて正解だと思います。

とりあず、中国国慶節が終わって、鉱工業指標と貿易物価や中国インフレ率・原油価格・商品指数・カナダ株や通貨を見ていれば、豪州反転の時期がなんとなくわかるかもしれません。

確に、豪州株式と上海総合の相関は言われているとおり、下がってきています。これに伴いAUDは売られている言えます。

このような比較を見てみてはいかがでしょうか?

豪州株式と上海やダウなどと、豪州ドルと人民元と米ドルなど。特に注目して欲しいのはカナダです。そうです。カナダも資源国です。ただし中国への依存度は高くなく、お隣の米国ベッタリです。

今の資源国の低迷は消費大国の低迷が問題なのかどうかという質問には、中国も成長率は一桁になりましたが、目標を達成しています。米国は住宅セ...続きを読む

Q1ドル121.5円の時、1香港ドル15.6円でした。1ドル125.6円の時、1香港ドル16円でした。

1ドル121.5円の時、1香港ドル15.6円でした。
1ドル125.6円の時、1香港ドル16円でした。

ドル円は4円差があるのですが、香港ドルは0.4円しか差がありません。
この差を利用して儲けることができるのでしょうっか?

Aベストアンサー

> 1ドル121.5円の時、1香港ドル15.6円でした。

で、そのとき、1ドルは何香港ドルだったのか。「1ドル121.5円の時、1香港ドル15.6円、1ドルが(121.5÷15.6)より多い香港ドル」だったとするなら、円をドルに替えてそれを香港ドルに替えてそれを円に替えると得をする。
 こういう状況を「裁定機会」と言う。もし裁定機会が生じたら、1/1000秒にも満たないうちに誰か(のコンピュータ)がこの取引をやってしまうんで、すぐに換算レートが修正されて、裁定機会は消滅しちゃいます。すなわち、1ドルが(121.5)÷(15.6)香港ドル、というレートに修正されてしまうと、円をドルに替えてそれを香港ドルに替えてそれを円に替えても、また円を香港ドルに替えてそれをドルに替えてそれを円に替えても、元のままです。
 円・ドル・香港ドルに限らず、商品(石油とか)や債券との間でも裁定機会は滅多に生じず、生じても即座に消滅する。(てか、古典的経済学では「裁定機会は存在しない」というのが定説だった。でも最近になって実際にデータを詳細に調べたら(まれに瞬間的に)裁定機会が生じていることが発見された、という話なんです。)

> 1ドル121.5円の時、1香港ドル15.6円でした。

の時点でドルを買った人Aと、香港ドルを買った人Bとがいたとする。その後、第二の時点で

> 1ドル125.6円の時、1香港ドル16円でした。

となった。つまり、ドルも香港ドルも高くなった。この時点で、Aが手持ちのドルを円に替え、Bは手持ちの香港ドルを円に替えたとすると、A,Bどちらも、買うのに使った円よりも多くの円を手に入れる。
 これは単に、Aは円とドルの間の為替差益、Bは円と香港ドルの間の為替差益によって、この場合はたまたま儲けたというだけのことです。
 第二の時点でまだ売らずにおけば、後でもっと為替差益が大きくなってさらに儲けられるチャンスが来た(だから第二の時点で売らなきゃ良かった)かもしれないし、あるいは、売らずにおいたらその後「売ったら損になる」状況が続いて資金が塩漬けになっちゃう(だから第二の時点で売っといてよかった)かもしれない。
 要するに、売りたいときに売りたいものを持ってないと意味がない訳で、そのためにはあらかじめ「将来売りたくなるもの」を予想して買っておかなくてはならん。博打の一種にすぎません。

> 1ドル121.5円の時、1香港ドル15.6円でした。

で、そのとき、1ドルは何香港ドルだったのか。「1ドル121.5円の時、1香港ドル15.6円、1ドルが(121.5÷15.6)より多い香港ドル」だったとするなら、円をドルに替えてそれを香港ドルに替えてそれを円に替えると得をする。
 こういう状況を「裁定機会」と言う。もし裁定機会が生じたら、1/1000秒にも満たないうちに誰か(のコンピュータ)がこの取引をやってしまうんで、すぐに換算レートが修正されて、裁定機会は消滅しちゃいます。すなわち、1ドルが(121.5)÷(15.6)香...続きを読む

Qドル・豪ドル・NZドルの見通しについて

まったくの経済音痴で、このような質問をするのも恥ずかしい限りなのですが、今後ドル・豪ドル・NZドルが上がる見通しはありますでしょうか。証券会社の人に勧められて、渋りつつもつい購入してしまった外国証券を今日チェックしてみて、その値下がりぶりに驚嘆してしまったのですが・・・

Aベストアンサー

結論から言うと、将来予想は全くつきませんし、予想がつかないので、危険とも思える政策やプランを立てることになります。 ただ、現実論として言えることは、実体経済とのかい離(バブル)が大きかったことが表面化したので、しばらくはドルが回復することはないでしょう。それと連鎖して、輸出入が大きく減少するので、豪ドル、NZドルも(特に円に対して)すぐに回復することはないと思います。また、逆に経済活動が逆になったとしても、投資家が回復しないと思っていれば、買われることはないでしょう。 証券会社の方に(録音付きで)現状の説明と将来予想聞いてみると良いですよ。

Q豪ドルへの両替。円から、米ドルから、どっちがお得?

来月オーストラリアに行くのですが、日本円と米ドル、どっちを持っていって両替するのがいいでしょうか。1ドル120円台時代に外貨預金をした米ドルが、現在の日本円で150万円ほどシティバンクに預けたままになっており、どうせ日本円を豪ドルに両替するなら、これを少しでも減らしたほうがいいのかな、と迷っています。そもそもシティバンクで米ドルを現金で下ろせるのかもわかりませんが、まずはどちらがいいのか教えていただけないでしょうか。よろしくお願いします!

Aベストアンサー

シティバンク残高、またどのくらいの金額をオーストラリアに持ち込みたいかによってお得な方法が違ってきます。


まず米ドル→円→豪ドルと2回両替するより、米ドル→豪ドルに両替するほうがお得です。
しかし現在の米ドル預金を円にしたり、米ドル預金を日本で米ドル現金にするには手数料がかかります。

・シティバンクのシティゴールなら5000千ドルまで手数料無料で米ドル現金を引き出せます。
http://www.citibank.co.jp/banking/services/fees/pdf/service_fees_j.pdf
しかし、普通口座なら1ドルあたり2円の手数料がかかります。

・シティバンクで米ドルを円に替えるのに1米ドル当たり1円の両替コストががかかります。
http://www.citibank.co.jp/investment/foreigncurrency/fcy_rates.html


つぎに円→豪ドル と 米ドル→豪ドル それぞれ現金の両替ではたいした違いはありませんが片道7%近い手数料はバカ高です。
例:http://www.anz.com/aus/RateFee/fxrates/fxpopup.asp
※noteレートの開きの半分が片道の両替コスト
KVBやいくつかの金融機関では銀行より割安なレートで豪ドル現金に両替してくれます。


結論
10万円程度ならどんな方法でしてもたいした違いはありません。
わたしならシティバンクの2万米ドルはほっておき、別の方法で豪ドルを調達するでしょう。
(日本のクレジットカードの海外キャッシング枠を使ってオーストラリアでキャシングするのが一番お得です。)

2万米ドル程度すべてをオーストラリアに持ち込みたいなら、
まずオーストラリアに銀行口座を開設して送金することを考えます。
現金で動かすと10万円をはるかに超す手数料がかかるからです。

そして次に以下のどちらかの方法を選びます。
オーストラリアに出かけるまでの日数を考慮して選んでください。

◎時間がない場合
日本を出る前にシティバンクからニュージーランドのカレンシーオンラインに米ドルのまま送金し、銀行口座ができたら割安な米ドル→豪ドルの両替コストで両替してからその口座へ送金します。

◎時間がある場合
1.シティバンクからセントラル短資FXの外貨受取口座へ送金し
http://www.central-tanshifx.com/support/dealings/
2.セントラル短資FXで両替コストゼロで米ドル→円→豪ドルに両替し
http://www.central-tanshifx.com/topics/exchange/index.html
3.オーストラリアに着いてから作った銀行口座へ、シティバンクのサイトにログイン後ネット上から送金先を登録してネットバンキングで送金します。

シティバンク残高、またどのくらいの金額をオーストラリアに持ち込みたいかによってお得な方法が違ってきます。


まず米ドル→円→豪ドルと2回両替するより、米ドル→豪ドルに両替するほうがお得です。
しかし現在の米ドル預金を円にしたり、米ドル預金を日本で米ドル現金にするには手数料がかかります。

・シティバンクのシティゴールなら5000千ドルまで手数料無料で米ドル現金を引き出せます。
http://www.citibank.co.jp/banking/services/fees/pdf/service_fees_j.pdf
しかし、普通口座なら1ドルあたり2円の手...続きを読む

Q米ドル 豪ドル・デユアル・カレンシー債権

タイトルの債権を購入するかどうか迷っています。現在USドル、MMFで保有しているものです。

発行体  国際金融公社
期間   1年、利率2.1%

USドルより豪ドルが上がれば、USドルで受け取れますが、豪ドルが下がれば豪ドルで受け取ります。

今の状態であればUSドルで受け取れますが、この状態がいつまで続くか分かりません。

この債権に関してどう思われますか。

また仮に豪ドルで受け取った場合、オーストラリアの将来は?

現在USドルのMMFで保有しているのですが、金利が良くないので、2%以上の金利には魅力を感じているのですが・・・・・

皆さんの御意見をお聞かせください。

Aベストアンサー

ひょっとしてこれですか。
国際金融公社 2013年12月満期 米ドル/豪ドル デュアル・カレンシー債券(米ドル償還条件付)  
「債券」ですよ。「債権」ではない。
http://www.nomura.co.jp/retail/bond/newbond/pdf/20121129_3.pdf

もしそうなら、12月5日現在まだ仮条件で、利率は確定していないと思いますが。

>今の状態であればUSドルで受け取れますが…

今の状態というのは、豪ドルが米ドルより高い、つまり 豪ドル/米ドルが、1より大きいという意味ですか。
基準の為替は、今(正確には12月20日の午後3時(東京時間))の為替レートです。
これに比べて約1年後の為替レートがどうなっているかで、償還の通貨を判定します。豪ドルが米ドルより高いかどうか、ではありません。

今は円も米ドルも超低金利ですので、少しでも金利の高いところに、という気持ちはわからなくはないですが、金利の高いものは、それだけリスクがあります。
デュアル・カレンシー債券は、投資家にとって不利な通貨で償還されます。
豪ドルが高くなってもその恩恵は受けられず、豪ドルが安くなれば、安くなった豪ドルで償還になります。
為替の変動によっては大損する債券ですので、私はお勧めはしません。

テレビ東京で、モーニングサテライトという経済番組があります。
その中で今日の為替(この場合は、米ドル/円)の見通しを放送していますが、広めの予想をしても、外れることがあります。
今日の為替の予想も外すことがあるのに、1年後の為替レートを「こうなる」と断言するのは不可能です。

質問者様はたくさん資産をお持ちのようですので、デュアル・カレンシー債券よりも、普通の豪ドル建債券のほうがよくありませんか。
これなら、豪ドルが安くなれば損するのは、デュアル・カレンシー債券と同じですが、豪ドルが高くなれば、為替差益が得られます。

投資は最終的には個人の判断と責任ですので、よくお考えください。

ひょっとしてこれですか。
国際金融公社 2013年12月満期 米ドル/豪ドル デュアル・カレンシー債券(米ドル償還条件付)  
「債券」ですよ。「債権」ではない。
http://www.nomura.co.jp/retail/bond/newbond/pdf/20121129_3.pdf

もしそうなら、12月5日現在まだ仮条件で、利率は確定していないと思いますが。

>今の状態であればUSドルで受け取れますが…

今の状態というのは、豪ドルが米ドルより高い、つまり 豪ドル/米ドルが、1より大きいという意味ですか。
基準の為替は、今(正確には12月20日の午...続きを読む

Q野村證券に米ドルで1000万円ほど(1ドル94円換算時)持ってます。

野村證券に米ドルで1000万円ほど(1ドル94円換算時)持ってます。
今、これだけ円高になってかなり目減りしているので、資産防衛としてこれ以上減らさないためにも、利率の高い豪ドルに替えておこうかと思ってますが、この考え方は間違っているでしょうか?
もっとよい方法はあるでしょうか?

Aベストアンサー

俺も外貨預金たくさんやってます。
以前は数十万儲けて中古車買ったこともありました。

ド素人ながら思うことは、外貨預金って円高円安の
差額で儲かることじゃないでしょうか。

の美味しいところって、円高円安の差額で儲かる
所です。

1000万円ほど(1ドル94円換算時)という
事は今、円に変えると890万くらいにしかなり
ません。
わざわざ100万損してドル->円->豪ドル
に変えるなんて俺にはできません。

それに今おろせば100万損ですが、単に目減りし
ているだけで何も円高の今おろすことはないと
思います。

おろさなければ損じゃないのですから、もっともっと
円安になるまで待った方が良いような気がします。

豪ドルって今2%くらいあるんですか。
でも外貨を預けるときって定期にしますよ。
たいてい長くて1年満期です。
1年後に利息が0.5%になるかもしれません。
そうなると更新時に利率0.5%になってしまいます。

俺ならわざわざ100万損して、利息狙いに行きません。
1ドル110円、120円になるまでじーーと待ちます。
待つだけの財力もあるし。

俺も外貨預金たくさんやってます。
以前は数十万儲けて中古車買ったこともありました。

ド素人ながら思うことは、外貨預金って円高円安の
差額で儲かることじゃないでしょうか。

の美味しいところって、円高円安の差額で儲かる
所です。

1000万円ほど(1ドル94円換算時)という
事は今、円に変えると890万くらいにしかなり
ません。
わざわざ100万損してドル->円->豪ドル
に変えるなんて俺にはできません。

それに今おろせば100万損ですが、単に目減りし
ているだけで何も円高の今おろすこ...続きを読む

Q豪ドルの運用方法について

現在、豪ドルを5000ドル弱、あちらの銀行の定期預金口座に所有しています。
たしか金利は12ヶ月で6%だと思います。

ほっておけば少しずつ増えて行くのですが(円相場で変わるけど)、何かうまい運用方法はありますでしょうか?豪ドルだからできる運用方法など、あれば教えて下さい。

また、豪ドルで5000ドルあったら、皆さんはどのように資産運用しますか?

Aベストアンサー

金利6%なんて、今の日本ではありえない金利です。
そのまま置いておき、いつかオーストラリアに行った時使う、ということで良いのでは?

Q豪ドル/米ドルの自動更新サイト

豪ドル/米ドルの2-WAYプライスか1分足チャートの
無料の『自動更新』サイトを探しております。

更新(F5)ボタンを押せばいいサイトは知っているのですが、
自動更新されるサイトを
知ってらっしゃる方いらっしゃらないでしょうか?

宜しくご回答をお願いします。

Aベストアンサー

参考URLなら自動更新です。

FXに使うのではない質問だと思うのですが、FXの取引なら取引業者のレートを見ないと話しになりません。

参考URL:http://www.ando-sec.co.jp/a080.html

Q「豪ドル/円が上昇する」とは円高進行なのか円安進

為替相場の解説をきくとよく「豪ドル/円が上昇する」とか「豪ドル/円が低下する」とか聞きますがこれは円高になるということなのか、円安になるということなのか無知な小生には判別できません。どなたかご教授ください。「豪ドル/円が上昇する」とは円高になるのでしょうか。それとも円安になるのでしょうか。

Aベストアンサー

難しく考えることはないと思います。
通貨ペア(通貨の組み合わせ)における並び順は分数と同じです。
日本国内では大抵の通貨に対して日本円は右側、つまり分母ですので、
その通貨ペアが上がれば円安、下がれば円高と覚えれば十分です。

ですので、「豪ドル/円が上昇する」というのを分数で考えれば、
豪ドルが上がるか、円が下がるかの話ですから豪ドル高円安です。
ユーロ/豪ドルという通貨ペアが下がれば、ユーロ安豪ドル高です。

ここからは余談になりますが、
このとき、その原因が豪ドルにあれば豪ドル/日本円相場は上がります。

ちなみに、この右側の通貨のことを決済通貨といいますが、
文字通り右側の通貨で左側の通貨を売買しているという意味です。
日本国内で大抵の場合日本円が右側に来ているのは、
日本円で決済する便宜を考えれば当然ですね。

Q豪ドルは50円下回ったも、豪国は問題ない?

豪ドルは数年前に60円台になっていますが、豪ドル安になった場合の影響を知りたいのです。

Aベストアンサー

そうですね。私も円高になると見ています。
今年の春先から各通貨10%前後のドル高になっていますが、
円は何故か史上最高値付近をウロウロしています。
ということは、これが世界経済の実態だったということでしょう。
ドル上昇圧力に反応しないのは世界中でも円だけです。
 
ドルは米国が覇権国家である限り安泰ですが、
円高は70円程度まで見ておく必要性があります。
 
問題の豪ドルに関しての見方は以前お伝えした通りです。
豪ドルは高金利通貨ですから、下落も限定されています。
ただ、相場は行くところまで行きますから
豪ドル・ドルは0.8割れは見ておいた方が無難です。
 
75円×0,8=60、つまり60円、更にこれを下回れば50円台突入です。
ここまで下落すれば、さすがに逃避資金の需要やら、
世界経済の動向が変わっているでしょうからロング有利になってくるでしょう。

今は下落相場ですからロングはさすがに手を出せません。
売りで攻めるのが正解でしょうが、ならばユーロの方が断然有利です。

ともかく70円切ったらロングして損切りを浅く、こまめに利確。
60円前半に来たらファンダメンタル次第で勝負という手はあります。

通貨は恐ろしく難しい時代に入りますが、
強弱関係ははっきりして来ますから読み易くなるかもしれません。
強い通貨を買い、弱い通貨を売ることです。
ヘッジファンドと同じ方向についていけば勝機を見いだせるでしょう。

そうですね。私も円高になると見ています。
今年の春先から各通貨10%前後のドル高になっていますが、
円は何故か史上最高値付近をウロウロしています。
ということは、これが世界経済の実態だったということでしょう。
ドル上昇圧力に反応しないのは世界中でも円だけです。
 
ドルは米国が覇権国家である限り安泰ですが、
円高は70円程度まで見ておく必要性があります。
 
問題の豪ドルに関しての見方は以前お伝えした通りです。
豪ドルは高金利通貨ですから、下落も限定されています。
ただ、相場は行くと...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報