内職で、テープ起こしをやりたいと思っているのですが、どのくらいの技術があればできるのでしょうか?また、いくらぐらい稼げて、一週間でどのくらいの量が可能でしょうか?ちなみに、夜しか時間はないのですが・・・できれば、信用できるテープ起こしの内職を募集してあるところを、教えていただけたらうれしいです。

A 回答 (2件)

テープ起しといっても様々な内容があるわけですが、一般に思われているように、話された言葉をただそのまま文字にする(これをベタ起こしといいます)のではありません。

雑誌などで対談が掲載されている場合、実際にはその十倍ぐらいの量の言葉が発せられているのですが、そこから不必要な部分を削ぎ落とすことも、テープ起こしの重要な仕事の一部です。この他、色々な約束事を知っていなければならないので、よほど天賦の才にでも恵まれていなければ、今日からすぐ仕事を引き受けるというわけにはいきません。そもそも、そう簡単に仕事が見つかりませんし、たとえ見つかったところで、いい加減な仕事をしたら、2度と注文は来ないでしょう。タッチタイプができるとか、あるいは早く打てるのは最低条件で、決して十分条件ではありません。詳しくは、現役の方が運営しているサイトがありますので、そちらをご覧になると良いでしょう。

参考URL:http://www2.wbs.ne.jp/~tamago/index.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですよね。やっぱり難しいようなので他の内職を考えてみることにしますね。回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/17 00:06

参考までに・・・。



参考URL:http://pweb.sophia.ac.jp/~t-oka/edu/qr/Transcrip …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qテープ起こし 起こし方について

まだテープ起こし始めて、間もない者です。

以前の質問で”サマリ付き”についてありましたが、勉強不足のため、よくわからなかったので、新規で質問させて下さい。

ご依頼に「逐語訳サマリ付きで・・・」とあります。
どう理解すれば良いでしょうか?

教えて下さい。

Aベストアンサー

サマリ→summary→要約、のことではないでしょうか?

外国人講師による講演会などの場合、
実施内容全ての逐語翻訳(司会の挨拶・講師の講演・質疑応答など当日の録音の全て)と、
講演内容の概略(サマリ→summary→要約:例えば医療関係等であれば、「○○における○○の治療例の主な提示事項」等の講師の講演概略)などを
事後報告書の一部として提出することがあります。

Q在宅ワーク。テープ起こしの仕事について

在宅の仕事をと前から思っていて、違う会社の在宅の資料請求を色々送ってもらっています。会社によっても費用がかなり違っていて、研修費用が50万もする所さえありました。子育てに追われる主婦が、50万なんて大金払えるわけもなく・・・
これは、東亜コーポレーションではありませんが。
先日、東亜から電話があり、研修費用助成金制度が80%還元になり、
今まで、資料を請求してきた中で1番、安い。
費用が、126,000円(研修キット)なんです。私の中では、まだまだ高いほうなんですが。仕事なんですから、研修を受け、給料を貰うんだから、それなりの仕事はしないと・・・と思ってはいるけど、今1歩でない。
在宅ワークの通信口座も受けた事もあるけど、試験も不合格に終わり、
通信口座のおらず・・・インターネットでも、試験を受けた方から、なにやらあんまりいい評価が書かれてなくて、どれを信じていいのかわからない。派遣に、登録してあるけど在宅事態がなくて・・・
126,000円も高い気もするし・・・・
よきアドバイスを頂ければと思います。

Aベストアンサー

在宅は、テープ起こしを含む全ての業種で仕事は必死の営業で受注してる現状です。
質問者さんがおっしゃってる会社は「研修を受けたら仕事を回す」と言うものでしょうか?だとしたら修了・合格しても仕事は回ってこない、あるいは営業先リストを渡されて自分で探すように言われる事が多いそうです。(すべてがそうだとは言いませんが)
あと、子育てに追われるというくだりが気になりました。
子どもがいるから家でできる仕事を、と思って在宅をお考えなら、かなり厳しいですよ。私の会社の在宅さんは仕事が入ると二日くらいの徹夜は当たり前だそうです。昼間は子どもの世話があるし、遊び相手の片手間では納品の質が落ちる(ミスが多い)からだそうです。

在宅の方、在宅を希望される方の質問や意見交換の掲示板があるので(主婦の友社)ご紹介します。
ここの「在宅をする前に」「この会社は大丈夫?と思っておられる方へ」のページを読まれることをお勧めします。

参考URL:http://www.pasotomo.com/zaitaku/bbs2/aboutbbs.html

Q英語のテープ起こし

翻訳をメインに仕事をしておりますが、今回、単発で英語のテープ起こしを受注致しました。
レートを決めるにあたり、相場が分からず困っています。

以下の4点を含め、皆さんがどのくらいの料金で受注(or発注)しておられるかお訊きできればと思います。宜しくお願い致します。

(1)クライアント直接受注の場合と翻訳会社を通した場合のレート差
(2)日本語のテープ起こしと英語のテープ起こしのレート差
(3)特急料金の設定方法
(4)テープ起こしと翻訳を一括受注した場合の料金設定

Aベストアンサー

下記のウエブで紹介しています。あとは、ご自身でどうぞ。

参考URL:http://www.n-project.net/03_tape.htm

Qアドレスというテープ起こしの会社のURL

在宅でのテープ起こしの仕事を紹介している「アドレス」という
会社のホームページを探しています。
検索では膨大な量になりなかなか見つかりません。
どなたか知っている方がましたらホームページのURLを
教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

自信ないけど・・・ここでしょうか?

  ↓↓

参考URL:http://www.adrs.co.jp/

Qいわゆる「テープ起こし」についての質問です。

 こんにちは。いつもお世話になります。

 雑誌や新聞の広告に「テープ起こし」のアルバイトについて掲載されているのを目にすることがあります。素朴な質問ですが・・・。

 (1)広告には「テープ起こしで高収入!」「60分テープでx万円の副収入!」などの衝撃的かつ魅力的な活字が踊っています。本当にそれだけ稼いでいる人がおられるのでしょうか?それらの体験談の信憑性について皆さんはどう思われますか?

 (2)よく「テープ起こし」で高額の教材費を買わされて被害や詐欺に合うという事件を見聞きします。事前に良心的な会社と悪徳業者とを見分ける方法があるでしょうか?

 
 以上2点をよろしくお願いします。数日後には必ずお礼を書き込みます。ご協力に感謝します。

Aベストアンサー

こんにちは。実際にやっている者です。
といってもプロではありません。

(1)120分テープ1本で2~3万円がちゃんとした大手業者に発注する時の相場です。
ですから、ライターがもらう手取額ではありません。
また、この金額は、物により、起こす程度?、納期等により上下します。
理論的には個人営業で受注から納品まで全部こなせば、これだけ手にする事になりますが、機材の償却、打ち合わせなどの各種費用・・・全てその中から支払う必要があり、丸々手元に残るのはその半分位でしょう。
私の場合、超特急便でやった場合、120分テープ1本を一日で処理しメールで納品します。
但し、これをやると本当にへとへとになり、数日は確実に寝込むような状態です。
何より体調維持に結構な経費がかかるので私は職業としてはやりません。
また、どんなテープでも起こせるわけではありません。
自分が素人である分野では全く不可能です。

雑誌や広告等に出てくる体験談は間違えなくでたらめな作文です。

(2)良心的な業者なんて100%ありません。
この仕事は、本当にやったら自分の顧客を簡単に他人に回せるような甘いものじゃありません。
自分の経験と実績で顧客との間で信頼関係を築いてゆくものです。
それこそ「あ、この依頼だったらこんな風にまとめてあげれば相手の仕事に役に立つ」というところまでやらねば相手にとっては全く無駄な投資となります。
相手から「この出来なら」と喜んでもらえてやっとナンボの世界です。
もし自分の手が回らなくて他の人を紹介する場合、自分と全く同じクォリティの納品が出来る人でなければ信頼関係が破綻してしまいます。。
まあ、そんな受注するようでは1/3人前でしょうね。

唯一、考え得るのは独立ではなく、そういう企業に就職する場合です。
独立を薦める、目標にするような場合は間違えなく詐欺です。
大体、苦労してそれだけの技術を与えた人を独立させるなんて馬鹿な話はありえません。
その位、この技術習得は大変なのです。
大手の企業では各種の専門別にライターがそれぞれおり、全然違う分野のテープをやれなんてシステムにはなってません。

くれぐれもそんな詐欺にひっかかりませんよう。

こんにちは。実際にやっている者です。
といってもプロではありません。

(1)120分テープ1本で2~3万円がちゃんとした大手業者に発注する時の相場です。
ですから、ライターがもらう手取額ではありません。
また、この金額は、物により、起こす程度?、納期等により上下します。
理論的には個人営業で受注から納品まで全部こなせば、これだけ手にする事になりますが、機材の償却、打ち合わせなどの各種費用・・・全てその中から支払う必要があり、丸々手元に残るのはその半分位でしょう。
私の場合、...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報