現在特例有限会社です。売上が悪いので、株式会社にすると、消費税を2年間払わなくてすむと聞き、株式会社にしようかと思っていますが、個人事業から株式会社にすると消費税の2年間払わなくて済むというのは、特例有限会社から株式会社にしても同じに適用されるでしょうか?教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

特例有限会社は、法律上すでに株式会社です。


法律上の株式会社が法改正に伴う経過措置として、有限会社特有の制度の適用を受けたりしている状態にすぎません。
ですので、組織変更や名称の変更のレベルですから、同一組織と考えます。結果、消費税の免除規定は使うことはできません。

売り上げが悪いとのことですので、この機会に特例有限会社での事業継続をやめ、個人事業として再スタートされてはいかがですかね。あなたが法人以外に個人事業をしていなかったなどであれば、法人の個人事業なりにより2年間の消費税免除が受けられる可能性もあります。

私なんて、法人をそのままに、新しい法人を設立し、業務を新法人に移管しました。移管した業務での売り上げなどは新法人となるため、当然2年の免除の適用を受けましたし、年間1000万円未満となるような規模の新法人として維持することで、約1000万円近い売り上げに対する消費税負担を回避する形で運営していますね。
ただ、廃業と設立のセットでは、同一性を疑われかねませんし、事務処理や運営方法によっても同様です。
儲かってしょうがない会社でなくても、分社などで税金対策も可能なのです。ただ私のように法人を含めた税務手続きを税理士に頼らないことでメリットを最大化していますので、税理士を使うことでの分社での費用負担増にも注意は必要でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。確かにそのとおりです。すでに、有限会社はありません。

お礼日時:2015/10/20 15:59

>株式会社にすると、消費税を2年間払わなくてすむと聞き…



そんな決め事はありません。
あるのは、資本金 1,000万未満の新規設立法人の場合です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shohi/6531.htm

>特例有限会社から株式会社にしても…

日本語でそれを「法人の新規設立」とは言いません。
元から法人だった会社には関係ない制度です。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。さっそく、国税庁のホームページをみて勉強させていただきました。よくわかりました。助かりました。

お礼日時:2015/10/14 09:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q共同出資による株式会社設立の留意点について

共同出資による株式会社設立の留意点について
A株式会社とB株式会社からそれぞれ500万円ずつ出資して、新たにC株式会社を設立する予定です。
C株式会社の代表取締役には、A、B株式会社が知るCさんとし、A株式会社の代表取締役Aさんと、B株式会社の代表取締役のBさんはC株式会社の取締役になるつもりです。

あくまで対等な会社設立を貫きたいと考えているのですが、上のケースにおいて例えば、A株式会社が万が一破産した場合にはC社は事業を継続していけるのでしょうか?

考えられるリスクと対策について教えて下さい!

初歩的な質問なのかもしれませんが宜しくお願いします。

Aベストアンサー

別に出資者が破綻しても、資本を返さなければならない義務は会社にはありませんので、経営上は関係ありません。

ただ気になるのは、50%、50%の出資比率は両者が良好な関係にあるうちは良いのですが、これがそうでなくなったときに問題が起こる恐れが強いということです。

会社の基本事項は株主総会の決議で決まりますが、これが50%、50%だと一方の反対で何も決められないという事態が生じかねません。

長期に両者の利害が全く変わらないというのも考えにくい話で、ある程度はこういう最悪の場合も考えて出資比率を決めることが必要です。

出来れば新会社の事業に少しでも関係が多いほうが51%を取るとかも検討したほうがよさそうに思いますが。

Q合同会社から株式会社になった場合の消費税について

合同会社から株式会社になった場合、消費税は2年間免税されるのでしょうか?

すいませんが、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

法人事業の実態が引き継がれているので、免除は無いでしょう。

免除が必要であれば、合同会社を廃業させて、株式会社で同一の業務を行うしかないでしょう。この場合も税務署は実態で判断しますので、指摘される可能性はあるでしょうね。

Q株式会社設立の条件

株式会社設立するには従業員何人以上とかその他決まりごとってあるのでしょうか?
株式会社=従業員が多くある程度大きい会社と認識してるのですが。
設立する上での条件を教えてください。

Aベストアンサー

設立するに当たり、簡単に言うと
出資者の数 1人以上
最低資本金 1000万円
取締役   3人以上
監査役   1人以上
の条件を満たせれば、株式会社は設立できます。

ちなみに、
>株式会社=従業員が多くある程度大きい会社と認識してるのですが。
と質問者さまはお考えのようですが、
この認識は改めるべきと思います。

会社は形態や規模ではなく、その会社の経営内容によって評価されるものです。
世の中を見てみてみると、有限会社でも株式会社より
経営状態や業績がよい会社は多く有りますよ。
もちろん社会的信用度・責任は、株式も有限も遜色はないですよ。

さらに株式会社の場合は、
役員の任期・取締役会・総会の決議・公告の義務
を執り行わなくてはなりませんが、
有限会社の場合は、省略できたり実施する必要が無かったりしますので、
運営がややこしいのが難点と思います。

Q消費税で課税売上か非課税売上か

中国から商品を仕入れて国内で販売している法人です。
中国の業者との契約で、ある商品について、販売すればその3%を紹介料として頂けます。この場合、当社としてはこの売上(紹介料)は、課税売上になるのでしょうか?非課税売上になるのでしょうか?教えて下さい。

Aベストアンサー

これって、委託販売手数料になるのかな。
消費税法7条の輸出免税等で非居住者に対する役務の提供
国内に支店を持たない非居住者に対する役務の提供で、国内において直接便益を受けないものは、輸出免税等に該当する。
たとえば、国内に支店を持たない非居住者(質問の場合、中国の会社)の依頼により、その会社の新商品の市場調査(委託販売)を行ったことに
受け取った手数料(紹介料)は、免税売上になります。
ご質問者の方の場合も、上に当たるのではないでしょうか。
専門家ではないので、断言はできませんが。

Q種類株式発行会社でない株式会社の設立に関しての質問です。 株式会社の設立に際しては、発起人以外の者に

種類株式発行会社でない株式会社の設立に関しての質問です。

株式会社の設立に際しては、発起人以外の者にも
金銭以外の財産をもって出資を行わせることができ
その場合には、その者の氏名または名称、当該財産およびその価値ならびにその者に対して割り当てる設立時発行株式の
数を原始定款に記載しなければならない。

募集設立の事なのでしょうか?
正しいと思うのですがご教示の程宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

バツです。
募集設立であっても、現物出資ができるのは、発起人のみです。
会社法28条で現物出資について所定の事項を定めますが、
その時点では、発起人以外の設立時発行株式の引受人は、
法律上、未確定です。
従って、募集設立の設立時募集株式を引き受けようとする者に
現物出資は認められない。
設立時募集株式の募集事項は、種類株式なければ同じでなければならないし
(58条3項)、出資の払い込み方法も、
34条(発起人、現物出資に対応した文言)と比して、
設立時募集株式の63条は、金銭の払い込みのみ想定。

現物出資が危険な約束であることにかんがみて、
会社設立を法律上責任と権限を持って遂行する、
発起人に限るものとした。
募集に応募する者に、現物出資の危険顕在化時に、
52条2項のような無過失責任を負わせるのも酷だし。
現物出資したいなら、発起人の権限と責任を担えとの趣旨。

Q消費税申告書に消費税率3%の欄があるのですが、現在の税率5%でなく

消費税申告書に消費税率3%の欄があるのですが、現在の税率5%でなく
昔の消費税3%が、出現するのは、どんな取引のときですか?

Aベストアンサー

経過措置の適用のあるもの
http://www.net-b.co.jp/jbox/B1/9604B104.htm

上記のサイトの対象取引のうち、今も適用があるとすれば、(4)の資産の貸付と(9)の有料老人ホーム関係だと思われます。

Q会社設立につき、有限会社と株式会社で迷っています。

みなさん、こんにちは。
現在個人で仕事をしているのですが、数年以内に法人成りを考えて
います。
当初は確認有限会社を設立しようと思っていましたが、来年の商法
改正で有限会社が株式会社に一本化されると聞き、今の内に有限
会社を設立するか、改正後に株式会社を設立するかを迷っています。
よきアドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

現時点で言えば有限会社のほうが登記料は安いです。

ただ、当分動かないならあえて今作る必要ないかと。
損失控除できるし。

Q仮払消費税が仮受消費税を上回る消費税の確定申告

教えてください。
3月11日に発生した東日本大震災・大津波で被災した法人です。
会計年度は4月から3月末です。
平成23年度の売上は殆ど見込めない状況にあり、施設が流失したものですから、年度内に建物外の復旧に大きな額を支出します。
この場合の例として、1年間の仮払消費税が10,000,000円となって、仮受消費税が500,000円とした場合に差額が9,500,000円となりますが、大雑把な例として9,500,000円は確定申告後に還付されるものでしょうか。
なお、本年度は中間納付がないものとしてご指導ください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>大雑把な例として9,500,000円は確定申告後に還付されるものでしょうか…

今年 (期) 分が本則課税で申告することになっているなら、基本的には還付されます。
950万丸ごと還付かどうかは、細かく吟味しないと何とも言えませんけど。

簡易課税なら還付はありません。

Q株式会社の設立

現在、株式会社を設立するには、1,000万円の資本金が必要ですが、
「期間5年以内で、資本金が1円でも株式会社を設立できる」ように
商法が改正されるとの記事を以前新聞で読んだことがあります。
この商法改正は、いつ行われるのかご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

中小企業挑戦支援法案のことですね。

商法の最低資本金規制に係る特例を設け、新たに創業する者について、株式会社の場合は1000万円、有限会社の場合は300万円という最低資本金規制の適用を受けない会社設立を認めるとともに、設立後5年間は当該規制を適用しないと云う内容です。

この法律は、既に成立しており,来年2月頃の実施予定です。

詳細は、参考urlをご覧ください。

参考URL:http://www.chusho.meti.go.jp/hourei/14fy/021025chousen.html

Q関連会社ではない会社の株式を購入するのですが、現在の発行株式数が200

関連会社ではない会社の株式を購入するのですが、現在の発行株式数が200株で購入株式数が300株の為、発行株式の過半数を取得することとなります。
過半数を取得するという事は完全子会社となるようですが、この場合今回株式を取得する会社が倒産した場合、親会社としてなんらからの不利益を被ることがあるのでしょうか。
会計(?)に疎く株式取得によるリスクについて判断が出来ず困っております。
ご助言下さいます様お願い致します。

Aベストアンサー

>現在の発行株式数が200株で購入株式数が300株の為、発行株式の過半数を取得することとなります。

結果として、発行済み株式総数 500株、御社の持ち株数 300株
ということでよろしいでしょうか。

>この場合今回株式を取得する会社が倒産した場合、親会社としてなんらからの不利益を被ることがあるのでしょうか。

<原則論>
子会社と親会社は別人格(別法人)です。会社が倒産した場合、債権者は倒産
した会社の財産から債権を回収するのであって、株式所有者の財産から債権を
回収することはできません。
つまり、子会社の債権者は親会社から債権を回収することはできません。
 ※株式を過半数保有するだけで、何ら経営に参画していなければ成り立ちます。

<実務>
実際には、下記の場合には親会社に責任が発生します。
  ◯親会社の故意(過失)で子会社に損失を与えた場合
  ◯子会社が親会社の名義で商取引をしている場合
  ◯そもそも一体化している場合
     親会社の不採算部門を独立させて子会社としている場合
     経営陣を親会社から派遣して、実質上支配している場合

一般論としては、上記の問題点を回避すれば親会社に責任は及びません。
(この場合、保有する株式が紙切れになるリスクのみ)
しかし、実際には完全に責任を回避することはよほどの注意をする必要が
あります。

>現在の発行株式数が200株で購入株式数が300株の為、発行株式の過半数を取得することとなります。

結果として、発行済み株式総数 500株、御社の持ち株数 300株
ということでよろしいでしょうか。

>この場合今回株式を取得する会社が倒産した場合、親会社としてなんらからの不利益を被ることがあるのでしょうか。

<原則論>
子会社と親会社は別人格(別法人)です。会社が倒産した場合、債権者は倒産
した会社の財産から債権を回収するのであって、株式所有者の財産から債権を
回収することはできません。
つ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報