外出自粛中でも楽しく過ごす!QAまとめ>>

今、大学3年 英文科に所属していて、教職を取っています。将来は茨城県の教師になりたいと思っています。そこで今年教員採用試験を受けるか、大学院に進学するか迷っています。
自分は今までの大きな試験を推薦できました。そのため、不安があります。また、英語力にも不安があります。教授に相談したところ気持ち次第と言われました。実際、留学もありだなと思っています。英語の授業を英語で行わなければいけませんし、話せるようになりたいです。 また、教員採用試験は難しく一回で受かる確率は相当低いと言われました。〔高校教員希望〕何度も落ちるようなら大学院でしっかり学んでから受ける方が良いし、博士課程を取ればお給料も違うと聞きました。
何が自分にとっていいのかがわかりません。それぞれにメリットが多すぎて決められません。考える上での参考としてどうするべきか意見をください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

大学院と教員…ではだいぶ違いますね。



その中で、まず今まで大きな試験を推薦で来たといっても、英語関係の資格などは
勉強したりしませんでしたか?
それに、採用試験の勉強は大学三年生ならもう始めていても良いと思います
やってみたり模試を受けたら今どれぐらいかってわかると思います。

大学院でじっくり勉強してから受験といっても
高校のお勉強みたいに、同じような試験のための統一された勉強ではなく
院でやるのは専門の研究、で試験のためのお勉強とは違いますよね。
研究のために英語を技術として習得しなければいけない、というのはありますが
自分の研究や論文、ゼミの発表などに追われませんか?

一般の民間企業と違い、教員や公務員については「既卒はアウト」ということはないので
わざわざ留年や院に行かなくては、というメリットはそれほどないでしょう。
理系の研究職とかなら別かもしれませんが。
そのうえで、同じ時間と費用学校にいくなら、教員採用試験の受験対策の予備校に通うなり
講師や非常勤講師をやりながら採用試験を受ける。
講師であれば所属の学校の校長の推薦書などもいただけますからね。

学歴での給与差は年齢給や、2年余分に昇給しますから退職時の金額や退職金を考えると
そこまでは変わらないのでは。
いっぽうで学歴で決まってくるのは、配置ですね。
これはねぇ。もし今通っている大学の知名度や評価が低い場合は
いわゆるロンダリングですかね。より評価の高い大学院を出ることで
採用試験に合格した暁には、比較的上の学校に行きやすいと思います。
生徒のほうも自分が目指している大学よりはるかに低いところの先生よりは
単なるハッタリでも、上の大学を出てる人のほうがなんとなく信頼できるでしょう?
例えばクラスの半分が東大を目指してるのにいわゆるFラン卒の先生が説明しても
先入観から効果が半減すると思うのですよ。

ただ、それは結局は採用試験に合格しなければ意味がないですから。

あとは公立の教師は運動部などに当たれば年中無休
指導困難校にあたれば、英語力なんて中学レベルに毛の生えたぐらいで十分
むしろ指導を聞かせることに消耗する日々です。
教員になろうというような人は大学に行きますし、少なくともある程度の高校を出ていますが
そういった人からは考えられない学校での指導もあるということも
頭に入れておかなければいけません。

常勤講師はほぼ教員と同じ生活になりますから
忙しさや、満足してしまい採用試験対策がおろそかになる人もいます。

現役で合格する人もいれば、10年かかる人もいます。
あなたがどちらかはここではわかりません。
ただ現役で合格しようというぐらいの意気込みや力がないと
何年やっても、時間さえかければいいというものでもないと思います

大学も結構良い環境だと思いますが積極的に利用していますか?
外国人講師に積極的に質問や話に行くとか
ラボを空き時間に開放してるような先生がいたら行ってみるとか。

大学院に行きたければ、言ってから教員を目指す方法もありますが
合格するために効果的、とは思えません。
大変そうだからもっと猶予がほしい、というようにも聞こえます。
同じ時間と費用をかけるなら、今から専門とのダブルスクールをするとか
留学でもいいかもしれませんが、そういった方法もあると思いますよ。

茨城県は年齢制限は緩和はされたけど、まったくない、というわけでもないですね。
今後どうなってくるかにもよりますが。
あとは、英語の資格試験もですね。自分の英語の勉強になるうえに
採用試験の科目が一部免除になるので。今からでもチャレンジしたほうが良いですよ
    • good
    • 0

教員です。



>博士課程を取ればお給料も違うと聞きました。

1年目で比べれば、確かに違いますが、年齢で比べれば「ほぼ同じ」です。

http://kyousai-goukaku.net/%E7%9F%A5%E3%81%A3%E3 …

「高等学校教員専種」と「高等学校教員1種」の違いは「教員」でいる限り、ほぼ「違いなし」です。どちらも、高等学校で教えれますし、教採も「免許があるから受かりやすい」などと言うこともありません。違ってくるのは「指導主事」や「管理職」になる時です。それも最近では「専種免許」必須ではなくなっていますがね。

>また、教員採用試験は難しく一回で受かる確率は相当低いと言われました。

そうでもないですよ。頭のいい人は1回で通ってきています。ただ、試験勉強をしなければ、どんなに頭が良くても通りませんが。

>英語の授業を英語で行わなければいけませんし、話せるようになりたいです。

レベルならば、留学の方が「可能性が高まる」でしょう。実際、正規の英語教員で、EATと話せない人は「ほぼ定年退職された」と思います。
    • good
    • 2

まあ、あくまでも、私個人の意見+願望ですから、話は参考程度にお聞きください。



ひとつの問題としては、教員生活の実態というものを、どこか頭の隅にでも入れておいたほうがよいのではありませんか?大学院や留学と、いきなり教員生活では、天と地の差ぐらいあるような気がします。教員試験に落ちることよりも、やはり、社会的な見聞を広げるといったらよいでしょうか、留学+母校の大学院ということが望める?許されるなら、それに飛びつかないほうが不思議だと思います。

私なら、喉から手が出るほどの選択肢だと思うのです。私などは、100%ありえない選択だったからです。それに、これから、教員になるとなれば、英検やTOEIC、TOEFLなども受けて、万全の体制を整えておかないと、後々、思わぬことで足を掬われかねません。

それに、ご質問者自身が、今、高校生たちに大学入試についてあれこれ考えられますか?最近、どこかの報道でも出ていましたが、中高一貫型の学校の方が、教師としては何かと教えやすいといいますが、特に、今、高校の英語というのは、高校1年で受験体制に向かわせないと、特に私大型の場合は、余裕をもってこなせないと思うだけに、英語科の場合は、他の教科と違い、なかなか大変だと思います。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q教職と大学院

過去にも、似た質問はあったのですが、疑問解決には至らなかったので、教えてください。

娘が、教育系の大学(社会文化専攻)に行っているのですが、4年生の今になって突然、大学院に行きたいと言い出しました。
大学院に行っていた方が、教員採用とか、採用後の昇進に有利だと言うのですが、その実感がありません。
大学院修了の方が4年卒より採用で有利になるのでしょうか。(必ず採用してもらえるという保証は、当然ないはずでしょうから。)
かえって、就職の範囲を狭くするような気がしています。
実際、教員採用にあたって、大学院の評価はどうなのでしょうか。お教えください。

Aベストアンサー

友人が教育大学の大学院を卒業して専修免許を取得してから小学校の教師になりました。

大学院卒業が採用試験に有利かといわれれば「有利でも不利でもない」といった感じがします。

友人は大学院卒業時に採用試験を受けましたが見事に落ちました(^^;
その後小学校で常勤講師(産休教諭の代理)のバイトを1年間続け、その間時間をみては採用試験の勉強を続けて翌年採用試験に合格しました。

他の友人(大学院卒の教師)も大学院を卒業したからと行って採用が有利になることはないと言ってました。

ただ採用されてしまえば大学院卒(専修免許所持)のほうが将来性があります。教頭になるには専修免許が必要らしいですからね。ただ教頭になるつもりがない(=出世欲がない)のであれば大学院まで行くメリットはそれほどありません。

なお学部卒でも大学院卒でも、卒業後すぐに採用されることは非常に難しいです。2~3年くらい講師を続けてやっと採用されるという方も多いです。高校なんかだと30歳くらいになってやっと正規採用されるという教師もいますよ。(ちなみに妻子持ちでした^^;)

ただ問題なの大学院へ行って採用試験に落ちた場合です。そのまま講師を続けて採用試験に挑むならまだ良いのですが、教員の道を諦めて民間企業に就職したいと言い出したら問題があります。文系の大学院卒だと民間の就職先がかなり限られます。しかも女性となると就職なんて皆無かもしれません・・・
文系の大学院の知識が生かせる仕事は少ないですし、学歴が高いため給料をたくさん払わないといけないので採用担当は敬遠します。しかも女性となると結婚してすぐに退職する可能性があるため直され敬遠されます。

ですから大学院へ行くなら数年の就職浪人(教員採用試験を毎年受ける)を覚悟して臨む必要があります。

友人が教育大学の大学院を卒業して専修免許を取得してから小学校の教師になりました。

大学院卒業が採用試験に有利かといわれれば「有利でも不利でもない」といった感じがします。

友人は大学院卒業時に採用試験を受けましたが見事に落ちました(^^;
その後小学校で常勤講師(産休教諭の代理)のバイトを1年間続け、その間時間をみては採用試験の勉強を続けて翌年採用試験に合格しました。

他の友人(大学院卒の教師)も大学院を卒業したからと行って採用が有利になることはないと言ってました。

た...続きを読む

Q教員採用試験を何度も受けた方いますか?

夫が、社会人枠で教員採用試験を受け、一次で落ちました。
もっとも倍率が高い(15倍)地歴でしたので、仕方ないような気もしましたが、
「1度くらいの失敗は当然」と、あと何回か受けさせてあげるのがいいのか、
もう諦めてもらったほうがいいのか、迷っています。

そこで質問させて頂きたいのですが、
採用試験を何度も受けた方はいらっしゃいますか?
いらっしゃったら、何回目に受かったのか、受かるまではどのように過ごしたのか
(アルバイトをしていた、就職していた)など教えて頂きたいと思っています。
あるいは、何度か受けて諦めた、という方は、どういう経緯で諦めたのか、など
教えてくださいませ。
今、何回目かに挑戦中という方でも結構です。

なお、うちの場合は、アルバイトをしながら採用試験を目指しましたが、今回落ち、
家計的に苦しいので、もう他の道を考えて欲しいというのが本音です。
また、来年また採用試験を受けるためにアルバイトを続けるとなると、
ちゃんとした社会人経験のブランクが長引くだけで、
余計に合格しにくくなっていくだけのようにも思います。

もちろん、来年はただのアルバイトではなく、
学校での授業アシスタントなど考えているようですが、アルバイトよりもお給料は減り、
家計がさらに苦しくなります。
授業アシスタントをすれば、来年度の採用試験がかなり有利になる、ということがあるのかもわかりません。

いろいろなご意見を頂ければ幸いです。
長文で失礼しました。宜しくお願い致します。

夫が、社会人枠で教員採用試験を受け、一次で落ちました。
もっとも倍率が高い(15倍)地歴でしたので、仕方ないような気もしましたが、
「1度くらいの失敗は当然」と、あと何回か受けさせてあげるのがいいのか、
もう諦めてもらったほうがいいのか、迷っています。

そこで質問させて頂きたいのですが、
採用試験を何度も受けた方はいらっしゃいますか?
いらっしゃったら、何回目に受かったのか、受かるまではどのように過ごしたのか
(アルバイトをしていた、就職していた)など教えて頂きたいと思っています。...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは…
お役に立てるかどうかわかりませんが、私の経験から、わかる範囲で答えます。

教員採用試験も、都道府県や校種、科目によって倍率が違います。
特に、社会や芸術科目は難しいと言われています。
ご主人は、社会ということで、かなりの難関だったことでしょう。

さて、実は私も、教員採用試験を何回も受けました。
大学は専門性の高い大学を卒業し、教員免許は中、高と取得しました。
小学校の免許を取得したのは通信教育で1年1ヶ月かかりました。
その後、講師をしながら採用試験を受けていました。
しかし、その頃はちょうどバブルがはじけた頃で、小学校の倍率は20倍…ほどで、とてもじゃないけど
受かる感じではありませんでした。
仕事をしながらの勉強は並大抵ではありません…。
何年か、受けない時期もありましたが、最後の一回…という思いで受けたところ、運良く合格したのです。
もともと、講師をし始めたのも人より遅かったのですが、現場で経験を重ねていけたことが自然と身について
いたのかな…と思います。

ご主人はどんな気持ちなんでしょうか…
絶対に社会の先生になりたいのか、教師になりたいのか…
私みたいに、校種を小学校に変更したら受かりやすいと思います。

それと、私の県では採用試験のときに特別枠があります。
例えば、講師を3年経験している人は年齢が上がる…とか、試験を一部免除になるとか…

先生を本気で目指したいと思うなら、学校の常勤講師や非常勤講師になることを勧めます。
現場にいて学ぶことは多いからです。

いずれせよ、まだまだチャンスはあると思います。
ご主人とよく相談されて見て下さい。

こんにちは…
お役に立てるかどうかわかりませんが、私の経験から、わかる範囲で答えます。

教員採用試験も、都道府県や校種、科目によって倍率が違います。
特に、社会や芸術科目は難しいと言われています。
ご主人は、社会ということで、かなりの難関だったことでしょう。

さて、実は私も、教員採用試験を何回も受けました。
大学は専門性の高い大学を卒業し、教員免許は中、高と取得しました。
小学校の免許を取得したのは通信教育で1年1ヶ月かかりました。
その後、講師をしながら採用試験を受けていました...続きを読む

Q大学院修士課程での教員免許取得について

 私は現在社会人で、今年の春から国立大学の大学院修士課程への入学が決まっているものです。学士は4年制の私立大学で4年前に卒業しました。今回の質問なのですが、大学院で2年間研究をしながら理科の教職免許(1種、中学か高校)を取ることは可能なのかということです。学部のときは教職に関する単位はまったくとっていませんでしたので、調べてみたところ教科、教職合わせて59単位ほどを2年間でとることになるので厳しいところです。可能性としては、1.学部のときにとった単位を教科に関する単位に振り替えるただし、学部の大学とこれから入学する大学院の大学は別 2.振り替え単位+大学院の間に教科に関する残りの単位だけでもとって大学院終了後通信教育で教職に関する教科をとることを考えています。しかし、通信教育では教育実習の単位はとれるのでしょうか・・・?などなど様々な問題があるので、教職に詳しい方教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。

修士課程での教員免許の取得方法ですが、

>1.学部のときにとった単位を教科に関する単位に振り替えるただし学部の大学とこれから入学する大学院の大学は別

 教員免許状を授与するのはお住まいの都道府県の教育委員会です。大学はあくまで学生に代わって免許状申請の手続きをするだけです。
 ご出身の私立大学で、教員免許状申請用の単位取得証明書を発行してもらい、お住まいの都道府県の教育委員会で単位指導を受けてください。不足する単位を大学院で取得できれば、個人で教育委員会に申請して、教員免許を取得することができます。
 既に教員免許取得に使える単位がある場合、大学を通して免許を取ろうとすると、その大学の単位に振り替えてしまうため、使える単位が認定してもらえなかったり、単位数が減らされたりして、効率的ではありません。とにかく、一度教育委員会に相談してみられることをお勧めします。

>2.振り替え単位+大学院の間に教科に関する残りの単位だけでもとって大学院終了後通信教育で教職に関する教科をとることを考えています。しかし、通信教育では教育実習の単位はとれるのでしょうか

 通信教育でも教育実習は履修できますが、中高理科免許取得課程を設置している通信制大学はありません。また、大学院に籍を置いたまま、通信制大学の教育実習が履修可能な課程に入学することもできません(二重学籍になるため。また、院での研究との両立という観点でも非常に困難だと思われます)もし大学院終了後に通信で教員免許を取得しようとすれば、次のようにするしかないと考えられます。

1.大学院在学中に、理科免許状取得に関わる「教科に関する科目」24単位をすべて取得しておく。

2.修了後、通信制大学で教員免許法第5条別表1を根拠に同校種他教科の免許を取得(例:中学理科の場合、中学英語など)ここで最低2年はかかると思われます。

3.免許状取得と同時に、2で取得した免許を根拠に、教員免許法第6条別表4を根拠に理科免許を取得

 通信教育でも中高の免許を取得できますが、よほど取得済み単位が多くない限り、2年かかります。また、教育実習は前年度申請となっている自治体も多く、その場合、履修済み単位が多くても2年かかることになります。たとえ3年かかっても、修士課程で理科免許を取得されたほうが、結局近道になるのではないかと思います。

こんばんは。

修士課程での教員免許の取得方法ですが、

>1.学部のときにとった単位を教科に関する単位に振り替えるただし学部の大学とこれから入学する大学院の大学は別

 教員免許状を授与するのはお住まいの都道府県の教育委員会です。大学はあくまで学生に代わって免許状申請の手続きをするだけです。
 ご出身の私立大学で、教員免許状申請用の単位取得証明書を発行してもらい、お住まいの都道府県の教育委員会で単位指導を受けてください。不足する単位を大学院で取得できれば、個人で教育委員...続きを読む

Q大学院へ進学か、高校の教員か

見ていただいてありがとうございます。

私は今年大学生になる(高3)18歳で東京に住んでいます。


中学生の頃から数学が大好きで、その頃から高校の数学の教員になりたい!と夢見ていました。
大学はもちろん数学科です。
それでずっとそう思っていたんですが最近数学をもっと勉強したいと思って大学院へ進学したいと思うようになってきました。
大学院へいくなら博士課程もとりたいです。

ですが大学院へいくとなるとお金の面もありますし、最短で27歳。大卒で高校の教員になってもほんとはもっと数学を勉強したかったとくいが残りそうです。

数学を奥深くまで勉強したいし、高校の教員にもなりたい・・・。でもお金のこともあるしみたいな感じです。



もう何質問すればいいのかわかんないんですが聞きたいことがいくつかあります。
・大学院のお金の面はどのようにしましたか?奨学金でしょうか?親というのは全く視野にないです。頼るくらいなら大学院あきらめます。
・大学院卒で高校の教員というのは一般的に見て普通にいるんですか?この場合修士、博士とできればわけてほしいです。
・院卒で高校の教員になった場合と大学卒で教員になった場合のメリット、デメリットは?(給料、待遇など)
・その他、疑問に思ったことや何か意見がある(私はこう思う、教員になってからも博士になれるよー(実際どうかは知りませんが例として)など)

聞きたいことがたくさんあってすみません><
他の方の質問回答を見て修士まで行ってから高校教員という道も考えてきました。修士なら今からでも学費は250万いかないくらいですので充分ためることが可能ですしね^^ですがやっぱり数学をとことん極めたいです。

でも高校の教員にもなりたいです。


よろしくお願いします!

見ていただいてありがとうございます。

私は今年大学生になる(高3)18歳で東京に住んでいます。


中学生の頃から数学が大好きで、その頃から高校の数学の教員になりたい!と夢見ていました。
大学はもちろん数学科です。
それでずっとそう思っていたんですが最近数学をもっと勉強したいと思って大学院へ進学したいと思うようになってきました。
大学院へいくなら博士課程もとりたいです。

ですが大学院へいくとなるとお金の面もありますし、最短で27歳。大卒で高校の教員になってもほんとはもっと...続きを読む

Aベストアンサー

*奨学金に関して。
 現在は、大学学部時代に借りた奨学金は必ず返還する必要があります。
 返還免除はありません。
 また、修士および博士で借りた奨学金は在学中の研究業績などで返還免除の可能性があります。
 私は、修士2年間博士1年間借りた奨学金は返還免除になりました。
 (博士の残り2年間は奨学金をもらわず給料で生活)

*大学院卒(修士修了)で高校教員はざらにいます。
 が、博士終了後になったとすると「なんで?」と思われると思います。
 というのも、高校教員になりたいのであれば、早くから経験を積んだほうが良いのではないかと思われるからです。
 博士に進んで専門性をあげても、高校教諭として高校生に教えるようなこととは違います。

*院卒の場合、学卒と比べて年齢が上です。
 そのため、公立校においては「はじめてのお給料」という意味で差はあると思います。

他の方も言われているように、
中高での数学と大学の数学はまったく違います。
私は、数学以外の理系ですが、数学の道と悩んでました。
で、結局は選びませんでした。
大学に入って、数学科の講義を受講して、
「あ~、数学科に入らなくてよかった」と正直なところ思いましたね。
本当に違いました。

また、アルバイトに関して。
大学、大学院とアルバイトを続けられるおつもりでしょうか。
正直、厳しいと思います。
大学はまだしも、大学院は学ぶところではなく研究するところです。
アルバイトの時間なんてありません。
大学院生活を送るためにアルバイトをして時間を削られる、なんて本末転倒だと思います。

色々と書きましたが、結局はまだ先のことなので今は「なりたい」程度に思われていたらいいと思います。
実際、教育実習に行ったら教師になる気が失せるかもしれないし(私は、完全になる気が失せました)、
大学で数学を学べば自分がやりたいことと違うと感じるかもしれない。
まだ、先のこと、と思っていてもいいと思いますよ。

*奨学金に関して。
 現在は、大学学部時代に借りた奨学金は必ず返還する必要があります。
 返還免除はありません。
 また、修士および博士で借りた奨学金は在学中の研究業績などで返還免除の可能性があります。
 私は、修士2年間博士1年間借りた奨学金は返還免除になりました。
 (博士の残り2年間は奨学金をもらわず給料で生活)

*大学院卒(修士修了)で高校教員はざらにいます。
 が、博士終了後になったとすると「なんで?」と思われると思います。
 というのも、高校教員になりたいの...続きを読む

Q教職大学院の現状は?

将来、教職に就きたいと考えている大学生です。

教職大学院の存在は前々から知っていたのですが、インターネットの情報を
見ているとその評価は高くなく、存在意義も疑われているほどのようです。
教員採用試験に落ちた人が行くといった認識もされているようで、文部科学省が
力を入れている割には一向にその価値が認められていないように思えます。

従来の教育学研究科とは違い、教職大学院はより実践的(現場重視)なカリキュラム
が組まれているようですが、それでもやはり現場での経験には勝てないでしょうか?

自分は今のところ大学卒で教職に就くことを目指していますが、正直なところ
教育学部ではないのでどうしても現場での指導経験が不足してしまいます。
そのため、自分が学校の教壇に立って指導する姿が想像できません。

そう考える反面、教職に就けば結局は実践の連続なのだから教職大学院ではなく
教育学研究科(または専門学部の教科教育学研究科)に進学して、何か問題が
起きてもブレない理論と分析力を身に付けるのも良いのではないかとも考えます。

現在、教職大学院はどのような評価がなされているのですか?
意見を聞かせてください。

将来、教職に就きたいと考えている大学生です。

教職大学院の存在は前々から知っていたのですが、インターネットの情報を
見ているとその評価は高くなく、存在意義も疑われているほどのようです。
教員採用試験に落ちた人が行くといった認識もされているようで、文部科学省が
力を入れている割には一向にその価値が認められていないように思えます。

従来の教育学研究科とは違い、教職大学院はより実践的(現場重視)なカリキュラム
が組まれているようですが、それでもやはり現場での経験には勝てないでしょう...続きを読む

Aベストアンサー

おはようございます。#1です

>このような教職大学院以外の大学院、つまり本来の教育学系の大学院を修了することについてはどう思いますか?

 うーん、ご自分が教える教科の内容をより深く学ぶ、というのなら意義はあると思います。ですが、一生が勉強という職業ですからねえ・・毎日勉強していれば必要な知識は手に入るのではないかなと思います。大学教育を経てきたものにとって、教える内容といえばまさに取るに足りないものですよね。一方でもっと具体的な教授法、問題対処法等々は必要と思っています。


 北米・・アメリカ、カナダですと大学にはご存じのように医学部、法学部がありません。医師、弁護士になりたければ、とにかく四年制大学を卒業してその後メディカルスクール、ロースクールへ入学して、卒業後それぞれの認定試験に合格すると医師、弁護士になれるという高等教育制度になっています。日本では医科大学院は実現せず、法科大学院だけが実現しました。

 で、教員になるためにも同じ過程を辿る必要があるんですね。4年制学部卒業後、修士課程にあたる教員養成課程に進み、卒業して国家試験に合格すると「教員免許」が与えられます。
 日本の教員に較べると就学期間が長く、かつ免許の取得は国家試験に合格しなければならない、という厳しさです。教職大学院はこれをモデルにしたものと思います。

 で、4年間の大学教育+ちょっとの教職科目の追加取得と2週間の実習だけで「教員免許」が取れてしまう日本は「教員免許」の重さが吹けば飛ぶようなものです。しかし、それを補ってきたのが「教員採用試験」の狭き門ではないかと思います。じっさい、40人以上を一斉授業で面倒見るという日本の教員についての評価は「Amazing」と言われることが多いようですよ。

 国民性、教育制度の歴史、文化その他の違いがありますんで単純比較も危険ですが、日本ではそれでも教師は「よく機能している」と思います。

 ダラダラとなりましたね。とにかく自分の能力は自分で高めるのが基本。次に教職員大学が期待するリーダーとしての教諭などというものは、どうにも日本では機能しないだろう。そして、だいたいそのような教育機関の講師が、「元校長」「指導主事」という行政職員、生徒を相手にしたことがない大学教授、というのが大学院に対してあまり期待しない、という私の意見の根幹にあります。退職した元教師だったら期待できるのですが。

 

おはようございます。#1です

>このような教職大学院以外の大学院、つまり本来の教育学系の大学院を修了することについてはどう思いますか?

 うーん、ご自分が教える教科の内容をより深く学ぶ、というのなら意義はあると思います。ですが、一生が勉強という職業ですからねえ・・毎日勉強していれば必要な知識は手に入るのではないかなと思います。大学教育を経てきたものにとって、教える内容といえばまさに取るに足りないものですよね。一方でもっと具体的な教授法、問題対処法等々は必要と思っています。


...続きを読む

Q教員採用試験不合格

今日、教員採用試験の不合格通知が届きました。

筆記テストも合格圏内に入っていたはずですし、面接も練習通りに行いました。
面接の練習時に「そのような態度・内容では危ないのではないか」などと指摘されることもほとんどありませんでしたし、本番は練習以上に笑顔ではきはきと話すよう心がけました。


しかし、総合得点は下から数えたほうが早いような順位で、面接に関しては120点中10点しかありませんでした。

インターネットでの合格発表では、前後15人ほど全員が落とされていました。
(15人全員が同じ面接官です。)

1問目の質問に答えた時点ですぐに採点される。
それ以降はメモすら取ってもらえない。
頬杖をついて、横を向いた状態で、質問を聞いている・・・など
今思うと、真剣に内容を聞いてもらっている気はしませんでした。

ちなみに、私の大学から受けて落ちた人は10%もいません。
周りの友人はほとんどみんな受かっています。


たんに私の態度が悪かったか、能力が劣っていたのでしょうか?
面接官が悪かったのでしょうか?
私の不合格は初めから決まっていたのでしょうか?

不合格という事実は受け止めなければならないことですが、腑に落ちない点が多々あります。

今日、教員採用試験の不合格通知が届きました。

筆記テストも合格圏内に入っていたはずですし、面接も練習通りに行いました。
面接の練習時に「そのような態度・内容では危ないのではないか」などと指摘されることもほとんどありませんでしたし、本番は練習以上に笑顔ではきはきと話すよう心がけました。


しかし、総合得点は下から数えたほうが早いような順位で、面接に関しては120点中10点しかありませんでした。

インターネットでの合格発表では、前後15人ほど全員が落とされていました。
(15人全員が同じ面...続きを読む

Aベストアンサー

私はいま同じような件で民事で争っています。

ただ、弁護士によると
就職は点数があっても
あなたきらいではねてもいいそうです。
そこに情状が入る余地はあるそうです。

まあ、この弁護士腹立つけど、
それはさておき、

私が争う争点は採用といっても
ずばり、採用では争っていません。
採用妨害可能か可能でないかということに
争点をおくしかありません。
それと不正が行われている事実を
間接的に証明するしか出来ません。
本当は以上のことですら
ずばりは争点になりません。

メディアを動かすことだと言われました。

そこでもはや就職するつもりのない
私は現場を押さえるしかない、
と考え、

今年はすべて同じ番号に解答し、
面接で何点がついているのか
厳密に計算することにしました。

で、口で何点取ったなんて言っても
しょうがないので、
録音、録画を残しました。

私は面接120点分の5点です。
他の県の採用試験にも合格し、
12年講師をし、
同じ学校で10年働いていました。

合格を手放したのは親の介護のため。

で、人でなしの評価は許せません。

どういうことになるか
分かりませんが、
できたら、私に便乗してもらいたい。

私も力になりたいと思います。

まずは、ビデオを見てください。

面接の模様は中途半端だったので
もう一度アップしなおします。

http://www.youtube.com/user/kikakugai1?feature=mhee

似たようなことで悩んでいる人と
交流することで
大分の時のように
何かが変わるかもしれません。

私はいま同じような件で民事で争っています。

ただ、弁護士によると
就職は点数があっても
あなたきらいではねてもいいそうです。
そこに情状が入る余地はあるそうです。

まあ、この弁護士腹立つけど、
それはさておき、

私が争う争点は採用といっても
ずばり、採用では争っていません。
採用妨害可能か可能でないかということに
争点をおくしかありません。
それと不正が行われている事実を
間接的に証明するしか出来ません。
本当は以上のことですら
ずばりは争点になりません。

メディアを動かすことだと言...続きを読む

Q教育実習後の教育委員会からの呼び出し

教育実習後、4ヶ月たった今、突然の教育委員会からの呼び出しがあって、現在とても驚いています…


実習の内容が悪かったため、面接にて実習の内容がどのようなものであったか、確認したい、担当教官との折り合いが悪かったから単位が低く付けられたのではないかどうか審査したい、との名目だったのですが、何分、実習はもう終わったとばかり思っていたので、正直驚いています。

実習中に担当教官と折り合いが悪かったのは事実で、最終日に自分の不出来な研究授業を大声で罵倒され、他の実習生の前で恥ずかしい話、大泣きさせられたのも本当の話です。

昔から僕は並外れて要領が悪く、自信が障害者ではないか疑ったことも少なくありません。それでも、周囲の期待に逆らえず他人の助けを借りながらも、なんとか一人前の仕事を勤めようと努力を続け、勉強に励んできました。

実習中も、本当に限界ぎりぎりまで寝ずに指導案を作り、目の下に大きなくまを作りながら栄養ドリンクを一日3本飲む、そんな生活を続けていました。
そんな生活も二週間目を迎えると体も精神も限界を迎えていて(土日もまるで休めていません)・・・最終日近くでは炎天下の日中ずっと意識が朦朧としながら実習に参加していました。

本当なら一日でも休むべきだったとさえ今は思います。しかし、皆勤で一日の遅刻もしない方が大切だとその時の自分は考えていました。

・・・そんなこともあり、最終日前日の研究授業で、いってしまえばとてもお粗末な授業をしてしまいました。
3日3晩試行錯誤しながら作った指導案でしたが、今思えばとても酷い内容です。しかし、その時の自分の意識でできるものはそれが精一杯でした。

その夜の研究授業の評論会で、私は朦朧とした意識の中で何か言ったらしいのですが、それが担当教官の逆鱗に触れました。
私は何を言ったか思い出すことができません。ただ、教官は鬼のような形相で「指導案の作りこみが甘い!本当にやる気があったのか!?」
と怒鳴り続けていたのは覚えています。僕は懸命にやったはずのそれを全力で否定されてとても悲しかった。しかし、確かに不出来なのは理解していた上、言いかえす気力と意識がなかったので、ただただ涙するしかなかったんです・・・

長々と申し訳ありません。

以上のことが原因の一部だと思うのですが、
とにかく、教育委員会に召集を受け、今とても当惑しています。


自分が教員として不出来で、まるで授業になっていなかったのは理解しているつもりです。
しかし、一日も休まず、遅刻せず、40kmの道のりを通った僕は、やる気だけは十分にあったつもりです。


そのことが果たしてどの程度、教育委員会にとって認められる判断材料になるのでしょうか・・・?

面接はとても苦手です。だけど、教員免許だけは諦めるわけにはいかないんです。


教育委員会の重役の方々はいったい何を僕に聞き、どんな返答を求めてくるのでしょうか・・・?


どなたか何でも構わないので、少しでもアドバイスを頂ければ幸いです。

教育実習後、4ヶ月たった今、突然の教育委員会からの呼び出しがあって、現在とても驚いています…


実習の内容が悪かったため、面接にて実習の内容がどのようなものであったか、確認したい、担当教官との折り合いが悪かったから単位が低く付けられたのではないかどうか審査したい、との名目だったのですが、何分、実習はもう終わったとばかり思っていたので、正直驚いています。

実習中に担当教官と折り合いが悪かったのは事実で、最終日に自分の不出来な研究授業を大声で罵倒され、他の実習生の前で恥ずかしい...続きを読む

Aベストアンサー

#2です。
お礼ありがとうございました。


蛇足ながら、他の方へのお礼を見て
貴方の教員としての資質に
非常に疑問を感じ、教育委員会でもっと厳しい結果が待っているのではないかという気持ちになったので、再回答させていただきました。

不快になると思いますので、申し訳ありませんが読む読まないはご自由に判断して下さい。


まず、
担当教員の話は、貴方がおっしゃる通り全く正論です。

対して貴方がしてきた事は「言い訳の積み重ね」です。

普段子供と遊ぼうがどうしようが、
肝心の授業がお粗末なら話になりません。

それを貴方自身が「自分の意思でない飲み会」「通勤距離の長さ」「徹夜の指導案作成」を言い訳にしている事が、
指導教員の逆鱗に触れたのでしょう。

貴方への評価が低いのも、頷けます。

私が担当教員なら、もっと早く「向いてないよ」
と言ったと思います。


貴方が、自分のやってきたきたことを、
自分自身で
「一生懸命」

と評価しているうちは、
貴方自身の教員としての成長はありえません。

本当に「一生懸命」なら、

・飲み会も断る
・通勤距離の長さなど問題にしない
・自分の指導案に甘さがあるのがわかっているなら、事前に授業を何度もみてもらう


というふうにできたのではありませんか?


また、苦手な事から逃げる姿勢は、
教育の場でどのように影響するでしょう?


ご自身が必ず教師になりたいのなら、

そういう「逃げ」はなくすべきです。


今貴方が「自分は一生懸命だった」と思っている事の中にこそ、
貴方の問題があります。


もしここまで読まれたのであれば、
ぜひご自身と向き合い
将来「プロ」の教師になって欲しいと思います。


「プロ」は、
原因は探しますが
言い訳はしません。

#2です。
お礼ありがとうございました。


蛇足ながら、他の方へのお礼を見て
貴方の教員としての資質に
非常に疑問を感じ、教育委員会でもっと厳しい結果が待っているのではないかという気持ちになったので、再回答させていただきました。

不快になると思いますので、申し訳ありませんが読む読まないはご自由に判断して下さい。


まず、
担当教員の話は、貴方がおっしゃる通り全く正論です。

対して貴方がしてきた事は「言い訳の積み重ね」です。

普段子供と遊ぼうがどうしようが、
肝心の...続きを読む

Q教員採用試験と大学院進学について

私は現在大学の学部3年で、物理を専攻し中高理科の教員免許を取得予定で教員を目指しています。
初めて教師になりたいと考えた小学校の頃からは1番好きだった数学の先生をイメージしていましたが、高校の時に理科、特に物理の楽しさにも魅了され物理の研究や企業(又は教員)にも興味がわいたため、悩んだ結果物理の道へ進みました。大学で勉強をする中で教員への気持ちが固まりましたがその時にもともとイメージした数学の教員免許も取得できれば、と考えました。教育学部でもないため残りの学部の間に理科と数学の2教科の免許取得は現実的でなく、院に進めば理科・数学の中高の専修免許は取れるようです。
また4年時の採用試験で確実に合格できるとは当然言い切れず、私の希望する自治体では院に進学・在学の場合、合格すれば採用をもらった状態で猶予期間をもらえる(正確には少し違いますが)のでそれを利用すれば4年、院1、院2のどれかで受かればよいということになります。(院で留年しない前提です)

採用試験を三回受けるチャンスを得ること、初めに目指した数学の免許を取れること、2教科の専修免許が取れること、物理の研究を深められること(これは単純に私の学びたい気持ちです)を考え大学院への進学を迷っています。

教員採用試験と大学院入試は両方受けようと考えていますが①両方合格した場合②大学院のみ合格で採用に不合格の場合、院への進学や講師などの選択についてどうするのがよいか、ご意見を頂きたいです。

私は現在大学の学部3年で、物理を専攻し中高理科の教員免許を取得予定で教員を目指しています。
初めて教師になりたいと考えた小学校の頃からは1番好きだった数学の先生をイメージしていましたが、高校の時に理科、特に物理の楽しさにも魅了され物理の研究や企業(又は教員)にも興味がわいたため、悩んだ結果物理の道へ進みました。大学で勉強をする中で教員への気持ちが固まりましたがその時にもともとイメージした数学の教員免許も取得できれば、と考えました。教育学部でもないため残りの学部の間に理科と数...続きを読む

Aベストアンサー

教員です。

他の方が的確な回答をされているので違う観点から。

>大学の学部3年

と言うことは、「介護体験等実習」があった段階でしょうか? それとも「教育実習」はもう済んでいますか?
(大学や、取得する免許によって違うようです)

生徒の立場からではなく、教員の立場から現場を経験された方が良いとは思います。

特に「理数系」は「苦手科目」とする生徒が多いです。生徒からの「圧」は半端じゃないですよ。

ただ、理数系の教員は「非常に需要が高い」ので是非なって欲しいとは思いますが。

Q東京学芸大と大阪教育大の大学院について

私は、現在大学の4年生です。
現在は一般の大学で教育学を学んでいますが、小さい頃
からやっていた音楽をもっと専門的に学びたいと思うよ
うになり、これから勉強して大学院で作曲を学びたいと
思っています。
とはいえ音大はちょっと無理か、ということで東京学芸
大と大阪教育大を考えているのですが、私ははっきり言
って無知な上に音楽もド素人ですので、正直なところを
いろいろ教えてください。

現在抱えている疑問は、
・両大学院の作曲の試験の難易度はどれくらいか
・両大学院を出た後、どのような就職があるか
(例えばどこかの教育大の音楽教育専攻での教鞭を取る
 ことなどは可能でしょうか)
・音楽界に於いて両大学院の位置付けはどのようなものか

他にも何か留意点・ご指摘等ありましたら、どのような
事でも結構ですので教えてください。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。
私は大教大卒でも学芸大卒でもありませんが、国立(こくりつ)大学の教育学部音楽科を卒業し、現在大学院に通っているものです。

難易度についてお答えすることはできませんが、2番目と3番目の質問に答えさせていただきます。

 大学院の修士課程を出ただけでは、大学の先生になるのは無理です。博士課程まで行かなければなりません。
 また、教育学部音楽科大学院修士課程を出た人は、中学・高校教師か、一般就職をする人が多く、プロになるのは難しいです。
 教育学部で博士課程まで行くのは、多くの人が音楽教育学、音楽学の人で、実技の人はめったにおらず、博士課程を卒業した人は短大の講師や、大学の講師になる人が多いです。
 なぜなら、音楽大学とは違い、教育学部では修士論文、博士論文を書くのがメインであって、実技はその次に考えられるからです。
 音楽教育を研究したい人なら、教育学部はお勧めですが、作曲や実技で大学の先生になりたいのでしたら、芸大や音大に行くべきだと思います。
 うちの大学では、ほんとうに音楽(実技・作曲)を勉強したい人は、大学4年で卒業した後に、もう一度センター試験から受けなおして、東京芸大に1年から入学したり、芸大の大学院に行ったりしています。

 音楽界においての両大学院の位置づけはあまり高いものではないと思います。もちろん、音楽教育について学ぶのであれば、東日本では学芸大、西日本では広大と言われていますが、作曲となると・・・っていう感じです。
 
 
 いろいろと厳しいこと書いてしまってごめんなさい。
 教育学部音楽科の大学院を受けるときは、西洋音楽史、日本音楽、民俗音楽、音楽教育などさまざまな分野から問題が出されると思います。
 作曲も勉強しながら、ほかの事も一から勉強するのは大変でしょうけど、がんばってください!

こんにちは。
私は大教大卒でも学芸大卒でもありませんが、国立(こくりつ)大学の教育学部音楽科を卒業し、現在大学院に通っているものです。

難易度についてお答えすることはできませんが、2番目と3番目の質問に答えさせていただきます。

 大学院の修士課程を出ただけでは、大学の先生になるのは無理です。博士課程まで行かなければなりません。
 また、教育学部音楽科大学院修士課程を出た人は、中学・高校教師か、一般就職をする人が多く、プロになるのは難しいです。
 教育学部で博士課程まで行...続きを読む

Q中学高校の非常勤講師の生活実態と将来性は?

こんにちは

30歳の男です。都内で生活し、独身です。
20代後半に教員を目指そうとして
大学卒業後中学高校の一種数学の免許をとりました。
そのご、いくつか採用試験受けたのですが、
公立、私学含め正職員にはなれませんでした。
生活のため、しかたなく普通の情報系エンジニアしてます。
1週1コマだと月1万2千前後が給料の相場みたいです。
これだとちょっと不安ですよね。

非常勤を専業にしてらっしゃる方、あるは経験者に質問ですが、

非常勤から正職員への任用のチャンスの可能性の高さと
将来、正教員への任用、非常勤のみの生活の
金銭的な状況や、非常勤の校内での立場など
教えてくださると助かります。

経験者からの話だと、5年くらい非常勤生活で
いろんなバイト掛け持ちで大変だったそうです。
たまたま空きがあって、やっと正職員任用されたと
ききました。

いろいろな方に聞きたいのでしばらくこの質問は閉じないでいます。

Aベストアンサー

私立高校の数学の教員をやっております(都内在住)。大学卒業後、3年間非常勤講師(掛け持ち時期を含め3校)をやった後、勤務校ではないところの専任教諭に採用されました。

非常勤として勤務している学校に「空き」が出なければそもそも採用の可能性は0%ですが、勤務中の非常勤講師のほうが人物がわかっているということで、空きが出たときに採用される可能性は上がります。ただし、非常勤を続けていればいつか必ず採用されるというものではないので(非常勤は非常勤で別として、専任は身元のわかる人物を新規にとるという学校も中にはあります)、将来は非常に不安定ではあります。私の勤務校にも30代後半~40歳代前半で独身という非常勤が何人かいます(女性も男性も)。質問者さんは30歳ということですが、数学を教えた経験がないと、生徒の多くが進学を前提とする学校でいきなり専任としての採用は難しいかもしれません(就職する生徒の多い学校であれば事情は違うと思いますが)。そういう意味では数年間は非常勤講師生活を覚悟する必要はあると思います。あと、有名校で非常勤をやっていると、勤務していない学校からでも専任として新規採用されやすいです。非常勤講師の生活ですが、普通は週16~20コマくらいを持たせるので(少ない場合は2校掛け持ちしてもせいぜい24,5コマが限度)、非常勤だけだと月収20~25万程度で一人暮らしだとかなりギリギリです。国民年金と国民健康保険の支払いもありますし。

あと、校内の立場、これはどういったことを言ってるのかわかりませんが、非常勤講師の人柄や勤務校の校風によって、ビジネスライクに授業だけやって即帰ってしまう人から、専任並みに生徒や同僚とかかわる人まで様々です。私の勤務校では講師の方と若い専任は仲がよくて飲みにいくことも多いです。

採用側から見ても、年齢が高く(つまり中高の勉強から離れて長い)、教壇に立った経験のない人物をいきなり専任教諭として採用するのは勇気が要ります。30歳だとそろそろ教員未経験では採用されづらいのではないでしょうか。数学だと、システム管理やサーバ管理ができる人、情報科の免許も持っている人、などは教員未経験でも歓迎されることがあります(情報科免許だけだとやや弱いかも)。最近は公立の中高でも採用枠に社会人の特別枠を作っている自治体もありますし、定年退職も増えてチャンスは増えてるとは思いますが…。30歳から非常勤をやって35歳でまたエンジニアに戻る可能性、一生非常勤講師の可能性なども含めて、生活と夢を踏まえた後悔のない選択をしてください。30歳なら若いですから今ならまだチャレンジができる年齢ですよ。

私立高校の数学の教員をやっております(都内在住)。大学卒業後、3年間非常勤講師(掛け持ち時期を含め3校)をやった後、勤務校ではないところの専任教諭に採用されました。

非常勤として勤務している学校に「空き」が出なければそもそも採用の可能性は0%ですが、勤務中の非常勤講師のほうが人物がわかっているということで、空きが出たときに採用される可能性は上がります。ただし、非常勤を続けていればいつか必ず採用されるというものではないので(非常勤は非常勤で別として、専任は身元のわかる人物を...続きを読む


人気Q&Aランキング