過去の他の質問や他のHPをみていろいろ調べてますが
いくつか分からないので教えてください。

この冬に店をオープンしました。
1日に20~30人ほどの客の出入りがあります(土足で)。
店の床の材質はクッションフロアーです。
3月にアサヒペン社の6ヶ月耐久ワックスという
ワックスを塗りました。成分を見ると樹脂となっています。
で、先日ワックス販売業者がきて、「このワックスには成分にロウが含まれているからすぐ黒くなる、うちのは樹脂系だからこういう風にはなりません」といわれました。この時点では自分の使っているのが何系かは知りませんでした。
お聞きしたいのは
・業者の言っていることはその通りなのか。
・ホームセンターで他のワックスの成分を見ているときちんとロウと書いてあるのもありますがこれは必ず記載されるものではないのか。つまり成分表にロウと書いてないのに業者の方が含まれていると言ったので。
・業者の人が試しにそこのワックスはがし(乳白色の液)でふくとすぐにきれいに落ちたのですが、ホームセンターで買ってきたのだと5分くらいおかないとダメでした。やはり業務用とかだと違うのでしょうが。ちなみに私が購入したのはリンレイの20倍希釈して使うタイプでした。
・ワックスを塗った後でその床を拭き掃除するとき
 専用クリーナーでなくマジックリンなどを使ってワックスは落ちないのもなのか、それともやはり落ちてしまうので使わない方がよいのか。
・樹脂系は単純にワックスのグレードとしていいのでしょうか。それともやはり適・不適はあるのでしょうか。

以上長々となりましたが、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

クッションフロアー用のワックスは、ほぼ100%樹脂系です。


ろうは含まれていないでしょう。基本成分は必ず表示されます。
ろうワックスは基本的に木床用です。ろう、またはパラフィンなどと表示されていると思います。

簡単に汚れが落ちたのは、はく離剤の濃度が違っただけの事でしょう。濃度が濃いと簡単には落ちますがカーペットの接着ノリが剥がれたりすることもあり、通常は樹脂ワックスの表面だけを薄く剥ぐ事が多い為に、はく離剤は希釈して使用します。市販のものも業務用も品質に大差ありません。全く同じものを2~4リットル容器に詰めて家庭用として売っている商品もあります。業務用のメリットは定量当たりの単価だけといえるかもしれません。

飛び込み販売のワックス業者はその場で成約しないと仕事にならない為、目で見て解る効果的なデモンストレーションを考えています。説明に全くのウソを言う事も珍しくありません。会社名についても、私は思い当たる所がありますが、誹謗中傷となりますので控えます。専門知識の全くない、素人同然の人が会社で売り方の教育を受けて個人の責任でいろいろやっているようです。

ワックスのお手入れですが、原則的にアルカリ洗剤で溶けます。はく離剤もアルカリ洗剤です。自動車用のエンジンルームクリーナーなどとほぼ同じものです。マジックリンもアルカリ性の表示のあるものではワックスは落ちてしまいます。希釈して程度を調整すれば、表面洗浄剤として有効です。通常は水拭きです。落ちにくい汚れは中性洗剤のほうが安全ですが、あまり気にせずに半年か一年くらいを目安に全体をクリーニングされる事をお勧めします。はく離剤(アルカリ洗剤)を適度に希釈して汚れた表面だけを薄くはく離して、水拭きで洗剤成分を綺麗に拭き取って、完全に乾燥したところで樹脂ワックスを重ね塗りします。
壁の立ち上がり付近、つまりフロアーの隅の部分ははく離しにくく汚れもつきやすいので、5センチくらいワックスを塗らない方が良いです。すでに塗ってしまった場合でも、今後は塗らない方が良いでしょう。

以上、樹脂ワックスはグレードではなく用途別の種類と考えたほうが正しいです。
樹脂ワックスのなかでグレードはありまして、光沢、耐久性、耐ヒールマーク(靴跡の黒いスジ)性など、特徴をうたっています。最近はウレタン樹脂というのが高級品とされているようです。

長くなりましたが、御不明の点などありましたら御連絡ください。私の解る範囲の事でしたら、またお答え致したいと思っております。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

vitamin-powerさん、たいへん詳しくアドバイスいただきありがとうございました。すごく参考になりました。まだいくつか細かい疑問もありますので、宜しければぜひ相談にのってください。またメールをお送りしますのでよろしくお願いします。今回はどうもありがとうございました。

お礼日時:2001/06/17 23:07

床用ワックスについて全般的なアドバイスは前の方が回答されているので省略します。

最近従来のワックスに替わり使用されているものをご案内します。店舗等では従来から使用されているワックスは変色や内部への汚れの浸透が目立ち、はく離作業の手間もかかるため、最近ではシリコンをコーティングされるお客様が増えていらっしゃいます。被膜が硬く水を通さないので汚れの浸透や素材そのものの風化・劣化と言ったものを防止してくれます。しかもはく離の必要がないので定期メンテナンスに適しています。持続効果も長く(勿論環境によります)一般的には従来のワックスの3倍くらい長持ちします。
マクドナルドのPタイル、ドトール・コーヒーショップの床面の保護などにも使用されています。
ご参考になればとメールしました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

pro-menさんありがとうございました。店の方が順調になってきたらこれも良いかと思ってます(資金的に)。ぜひ参考にして検討してみます。

お礼日時:2001/08/17 17:36

ワックスってアルカリ洗剤で落ちてしまうんですか。

>vitamin-power
どおりで、エアコンの洗浄液を誤ってこぼした時、簡単に剥げてしまいました。
ちなみにそのお宅は、ハウスクリーニング業者の家でしたので、ご自分で塗り
なおしてくれましたが・・・(どの業種も自分の家のことは腰が重いようで
 エアコンクリーニングも自分でやれば良いのに・・・と思いましたが。)

ちなみにうちの姉の店では、大層なワックス使ってません。(美容院)
毎週艶だしを少し塗るだけのようです。店舗の場合ワックスに耐久性を求めるより
3~5年ぐらいでクッションフロアーを張り替えた方がイメージを変える意味で
有効かもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

pana-shopさん、ありがとうございました。実体験のお話も参考になりました。

お礼日時:2001/06/17 23:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qワックスシャンプーについて

1ヶ月ほど前にシュアラスターの固形ワックスをかけた車を、別メーカーのワックスシャンプーで洗おうと思ってます。
できればシュアラスターのワックスを落とさないタイプのシャンプーを使いたいのですが、今手元にあるこの別メーカーのワックスシャンプーで洗って大丈夫でしょうか。
固形ワックス特有の艶がワックスシャンプーのワックスで、均一性がなくなってしまったりすることはあるんでしょうか。

Aベストアンサー

ワックスをかけている車に、ワックスシャンプーをすると2重になってしまうので、
ムラはできてしまいやすくなります。

ムラが出来るとワックスを落とせるタイプのシャンプーを買ってきて、またワックスがけ
という流れになってしまうので、
素直に落とさないタイプのシャンプーを買ってきてやったほうがいいですよ。

Qアルミ・硬ロウを使ってのロウ付け方法の”コツ”

初めての経験で困っています・・・。

アルミニウム同士を溶接(ロウ付け)したいと思い
アルミ硬ロウ、フラックス、ガストーチを用意しました。

説明によるとフラックスを熱すると固形化し、更に熱すると液状化するそうなのですが固形化までで液状化しません。

これは単純にフラックスが液状化する温度に達していないだけなのでしょうか?
それともフラックスの溶き方や塗る料に問題があるのでしょうか?

アルミ・ロウ付けの難易度は最高度の5なので素人がいきなり出来るとは思っていませんでしたが・・・。

経験者の方の御指南を頂きたいと思っております。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんばんは。

経験者→商売はしてません・・・M(__)M
アルミのロウ付けはあまりやらないので、自信なしですみません。

>固形化までで液状化しません。
だいたい、アルミのロウ付けは、500度以上の温度が必要です。ロウ付けする物体の質量にもよりますが液状化するまでは、思った以上にかかります。特に、屋外で作業する場合は、アルミの熱が風で逃げるので、温度が不安になり、失敗しやすくなります。

ロウが解けるまでじっくり待ってみてはいかがでしょうか?

>フラックスの溶き方や塗る料
フラックスは、ロウ剤で接着したい部分だけに塗れば良いのですが、接合したい部分を紙やすりで清浄にして、さらりと塗る程度で十分です。・・・抽象的な表現ですが、リップクリームを塗る程度でも可です。

あとは、
○出来るだけ接合部分を狭くする(0.何mm以下)
○アルミ表面を良く磨き、ごみ、油、酸化膜を落としてからフラックスを塗る
○接合面に均等にフラックスを塗る

アルミの表面は、自然に酸化膜が形成されやすいので、特に難しですし、ロウ剤そのものが、狭い温度範囲でしか使用できない・・・特に作業温度570度付近を超えると、急激に酸化しやすくなる・・・平均して加熱しなければならないので、バーナーの炎の距離に気を付けてみてください。

参考になれば幸いです。
下記のURLに失敗談、コツなど写真入で乗っています。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/MotorCity/1329/report/rouduke.htm

こんばんは。

経験者→商売はしてません・・・M(__)M
アルミのロウ付けはあまりやらないので、自信なしですみません。

>固形化までで液状化しません。
だいたい、アルミのロウ付けは、500度以上の温度が必要です。ロウ付けする物体の質量にもよりますが液状化するまでは、思った以上にかかります。特に、屋外で作業する場合は、アルミの熱が風で逃げるので、温度が不安になり、失敗しやすくなります。

ロウが解けるまでじっくり待ってみてはいかがでしょうか?

>フラックスの溶き方や塗る料
...続きを読む

Qネット購入のボードのワックス

ワックス(ホットワックス)についてお尋ねします。

先日ネットでボード(k2 www)を買ったのですが、ワックスがされているか分かりません。つめでソールを削ったら、ほんのちょっとだけカス(ワックスの?)が付くんですが、これはワックスがされてあると見ていいんでしょうか?

また、もしもワックスがされてあるなら、それはベースワックス(保護ワックス)だと思うんですが、
この上から市販のベースワックスを塗りこんでいいんでしょうか?
それともいたん除去してからベースワックスするべきなのでしょうか?

初心者の質問ですいませんです。

Aベストアンサー

サイドをエポキシでコーティングするのは傷の入りやすいサイド側をあらかじめ保護するためですよ。

トップシートがサイドまで覆うタイプの板はあまり気にしなくても良いと思いますが、
切りっ放しのの板の場合はエポキシを盛っておくことでトップシートの剥がれを防ぐことが出来ます。
ショベル側にはエッジごとコーティングすれば怪我の防止にもなりますよ。

エポキシは釣具屋さんで売ってるガイドのコーティング用のものが良いと思います。
フレックスコートとかU40とかで検索すればヒットすると思いますよ。

Qフローリングのワックスってどのくらいの期間で塗る?

 初のフローリング生活なんですが、ワックスってどのくらいの期間で塗ればいいのでしょうか?

 

Aベストアンサー

1)よく歩く廊下、キッチン周りは一年四ヶ月で少し艶が弱くなった為に塗りました

2)塗る場合はマイペット等の住居用洗剤で確実に綺麗にしてから塗る、綺麗にしないと塗に汚れが溶け込み汚くなります。

3)従って前回塗った所と、今回に再塗りした所の境目はわかりません

4)綺麗にして塗れば、相当期間は剥がすこと無く上塗りが可能と思います

Q温度別滑走ワックスの順番

温度別滑走ワックスの順番

タイトルどおりになるのですが、以前はショップでワックスをしてもらっていたり、それまではスプレーワックスで済ませていたのですが、去年シーズン末期くらいからはシーズンオフチューンナップ以外はアイロンを使ってのホットワックスに挑戦するようになりました。

ホットワックスを使うようになってからは、これまでは近畿内での滑走がほとんどのために、全て「ガリウム」のワックスですが、
順番としては
1:ベース用としても使えるクリーニングワックス(白。ソールの掃除として使用)

2:ベース用ワックス(幅広い温度で使えるもの。水色で「ハイブリッド」と書いてありました)

3:滑走用ワックス(近畿地区なので3月は高温用のピンク、それ以外は中温用の紫)
で使っていて、今までの場合では、滑走ワックスに関しては一種類のみで対応できる雪でした。

今度、栂池に行く予定なんですが、ワックスの地区別シーズンチャート表を見せていただいたところ、一応、紫よりも低温向けの「青」でしたが、店員さんのアドバイスにより、最近の天候状況も考えて紫と両方合わせてワックスを入れたほうがいい旨を聞き、そのときに「低温のほうから先に」とのことを聞きましたので、アドバイスどおりに青から先にワックスをしましたが、HPでのワックスの仕方を見ると、高温のほうがワックス粒子が大きいために、高温から先にすることが書いてありましたので、私のやり方は間違っていたのかなと思います。

もし、間違っていた場合は、もう一度リムーバーではがして最初から正しい順番でしたほうがいいのでしょうか?

温度別滑走ワックスの順番

タイトルどおりになるのですが、以前はショップでワックスをしてもらっていたり、それまではスプレーワックスで済ませていたのですが、去年シーズン末期くらいからはシーズンオフチューンナップ以外はアイロンを使ってのホットワックスに挑戦するようになりました。

ホットワックスを使うようになってからは、これまでは近畿内での滑走がほとんどのために、全て「ガリウム」のワックスですが、
順番としては
1:ベース用としても使えるクリーニングワックス(白。ソールの掃除...続きを読む

Aベストアンサー

リムーバーは余程の事がない限り使わないで下さい。春スキーなどでタールや黄砂などの汚れが滑走面奥まで染み込んでしまった時に使うくらいです。強い石油系溶剤で、滑走面を溶かすことで汚れを落とすので、確実に板を傷めます。
まずはスクレーパーとブラシでキレイに剥がしてそのまま使ってください。そのあと正しい順番でワクシングしてください。
補足すると硬いワックスは柔らかい雪質でもそれなりによく滑ります。ベタ雪のGWでも汚れを防ぐために低温用ワックスで滑っています。逆に低温時に高温用ワックスを塗るとあまり良く滑りません。
高温用のやわらかいワックスはあくまでもクリーニングとベース作りに使っています。
レースでタイムを競うときだけは雪温にマッチしたワックス(+フッ素)を使いますが。

Q蜜蝋ワックスを塗った板の上にシリコンシーラントで

蜜蝋ワックス(蜜蜂の巣となたね油を合わせたもの)を作ってみました。

蜜蝋ワックスを塗ったリンゴ箱に、シリコンシーラントでスタイロフォームを貼り付けることは出来ますか?
また、シリコンシーラントの代わりに、リンゴ箱にガムテープや両面テープでスタイロフォームを貼り付けることは出来ますか?(やっぱり油が混じっている以上、接着しないでしょうか?)

屋外用の猫小屋を作ります…。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

たぶん接着は効かないでしょう。菜種油は半乾性油なので相当長期間置いても固まらないですね。それプラスワックスですから接着にとってはかなり悪条件です。
粘着テープも同様です。
でも内側に張るんだったらぴったりに切っておけばスタイロ(発泡スチロールです)同士が接着して箱状になるから大丈夫ではないでしょうか。というか大丈夫なように設計できると思います。(内側にオイルを塗る必要はないようにも思います。特にスタイロで内張するのでしたらなおさら。)

先に木にコーキングを打っておいてからオイルを塗ったとしても接着面に浸透してはがれてくることもあります。

スタイロは外側に直接使うと日焼けしてしまってすぐダメになります。

Qホットワックスでのソール焼けについて

先日ホットワックスについて教えて頂き早速やってみました。
そして何回かワックスをかけてみて色んな方法を試していた所,ワックスなのかソールなのか分かりませんがエッジ付近に気泡のようなブツブツした物が現れました。
ワックスを剥がしてブラシを掛けてもその部分の質感がワックスをかける前よりガサガサのような気がします。。
これはもしかして焼けてしまったのかなと思ったのですが,ソールが焼けるとどのような状況になるか分らないのでどんな感じになるか教えていただけないでしょうか。

その時のワックスのかけ方は,-5~10℃のベースワックス3回目で,まず生塗りをしてペーパーにワックスをたらしてしみこませた後,トップからテールにかけてアイロンを動かし,それを数回繰り返しました。
アイロンの温度は120℃設定でやっていて,その回は途中でペーパーにワックスは足しませんでした。
板には保存用にスプレーの簡易ワックスを塗っていたんですが,ホットワックスをする際リムーバーをかけずにワックスを剥がしてブラッシングしただけです。
板はホットワックス練習用として安物の板を使っているのでソールはエクストリュードだと思います。

先日ホットワックスについて教えて頂き早速やってみました。
そして何回かワックスをかけてみて色んな方法を試していた所,ワックスなのかソールなのか分かりませんがエッジ付近に気泡のようなブツブツした物が現れました。
ワックスを剥がしてブラシを掛けてもその部分の質感がワックスをかける前よりガサガサのような気がします。。
これはもしかして焼けてしまったのかなと思ったのですが,ソールが焼けるとどのような状況になるか分らないのでどんな感じになるか教えていただけないでしょうか。

その時...続きを読む

Aベストアンサー

ワックスについては他の方が書かれているので他の事を少々・・・

使用アイロンはどの位のレベルの商品でしょうか?
アイロンのダイヤルに刻まれた温度を信用してはいけません。
7千~1万位の市場では高価なアイロンでも設定温度は結構いい加減です。
特に5千円以下の商品だと「欠陥品じゃないの?」と言う位テキトーです。
(ホットワックス上級者でも安いアイロンだと焦がす可能性が高いです)
量販店で3800円で販売されていたアイロンをサーモテスターを当てて測定した事がありますが
高温(説明書では120度)に設定して測定したところバイメタル(温度を感知して通電・遮断する金属)
精度が低いらしく146度まで上昇した時点で遮断後、本体が冷えた事を感知して再び通電させる
温度は94度で前後約50度の差がでました。
つまり120度でアイロンをかけているつもりでも、場所によっては150度近い場所もあれば
100度以下でかけている場所もあるのです。
高価なアイロンとは設定温度との誤差が少なくて、金属面全体が均一に近い温度になるアイロンと断言しても差し支えありません。
安価なアイロンは温度設定がいい加減なだけで無く、金属面中心部しか高温になりません。
私が知る限り、誤差の最も少ないアイロンはホルメンコールやブリコ等(形状が同じなので多分製造元は一緒)が
販売していた6万~8万位のアイロンです。これでも前後5~7度くらいの誤差は出ます。
このアイロン精度は高いのですが重くて使いにくい為、現在はプロのサービスマンでも使用している方は少数です。
現在サービスマンが使用しているアイロンは1万~2万5千円位の商品が主流です。
精度は低くても使いやすさを重視した場合、この価格帯の商品が一番コストパフォーマンスが良いようです。

アイロンの移動速度はどれくらいでしょうか?
最低でも毎秒8~10センチは移動させてください。
コレ以下だと焦がす可能性が非常に高くなります。

初心者にはキツイ言い方かもしれませんが、ワックスは大量に使った方が焦がし難いです。
ケチるとアイロンが直接滑走面について焦がしやすくなります。(ペーパー挟んでいてもです)
プロのサービスマンはサイドウォールからドバドバ垂れる程、ワックスを使います。
(滑走面を焦がす可能性を低く抑えるためです。焦がして粒界が無くなった滑走面は修復不可能だからです)
同じワックスで何度か失敗すると滑走面の面積に対して使用するワックスの量と移動速度が判って来ます。
異なるワックスを使用する場合は又一から勉強です。

勉強だと思ってがんばってください

ワックスについては他の方が書かれているので他の事を少々・・・

使用アイロンはどの位のレベルの商品でしょうか?
アイロンのダイヤルに刻まれた温度を信用してはいけません。
7千~1万位の市場では高価なアイロンでも設定温度は結構いい加減です。
特に5千円以下の商品だと「欠陥品じゃないの?」と言う位テキトーです。
(ホットワックス上級者でも安いアイロンだと焦がす可能性が高いです)
量販店で3800円で販売されていたアイロンをサーモテスターを当てて測定した事がありますが
高温(説...続きを読む

Q樹脂製のベンチに塗るUVカット剤

軒下に、樹脂製のベンチをおいているのですが、半年で表面が
ぶよぶよになって劣化してしまいました。。。
販売店に言って交換してもらいましたが、おそらく、直射日光のせいで、
また同じようになってしまうと思います。

製品は気にいっているし、返品するのも面倒なので、UVカットをして、
凌ぎたいと思います。

屋外の樹脂製のベンチに塗る、いいUVカット剤をご存知ありませんか?

Aベストアンサー

個人で使う紫外線対策塗料ってあんまり見ないですねぇ。

外壁に塗るやつで工務店系のHPに載ってたりしますが、
結構厚みのあるもので弾性があるものはあります。

しかしそれを個人で適度な量を購入出来るのかどうか
までは分かりません。
また色も限られているでしょうしベンチに合うかどうかも・・・。

このあたりはご自身で「紫外線対策 塗料」で検索すれば
それなりに出てきます。お問合わせしてみるのがよいでしょう。

先の方のように、安価でそこそこの効果を持たすのだったら
普通にペンキなどで塗装することだと思います。
樹脂そのままよりも、いくらかは長持ちすると思います。

ただ樹脂素材の劣化は紫外線だけでなく、温度湿度
降雨、もともとの樹脂の性能なども影響されますので
ペンキや紫外線対策塗装をしても劇的には延命されないと思います。

Q車のワックスの上手な塗り方は?

新車はワックステカテカですが、自分でワックスをかけると、へたくそなのか新車のようなテカテカにはなりません。どうしても塗りムラができてしまいます。
新車はなぜあんなにテカテカなのでしょうか?

予想
1 固形ワックスや半練りワックスを塗るのではなく、溶けたワックスのプールに、ドボン、と漬けるので塗りムラがない。
2 ロボットが精密な動きで塗っているのでムラがない。
3 ペイントにワックスが含まれている。
4 実は新車はワックス以外の物でコーティングしてある。
5 そのほか

それから、素人にもできる塗りムラのできないワックスの塗り方を教えてください。

Aベストアンサー

もしかしたらディーラーでなんらかの加工してるかもしれませんが、工場出荷時はワックスなんかかけませんよ。
塗装のみで終了です。
塗装面がきれいなためにそのような錯覚を感じるかもしれません。

Q床材に塗ったワックスが衣類に色うつりしてしまう。

賃貸住宅の部屋をDIY リフォームしました。

よく確認せずに、(家具用の?)色付き蜜蝋ワックスを床材(無垢の杉板)に使用してしまいました。
しかも、深みのある色が気に入り、2度塗りまでしてしまい、乾いても衣類に色が付着します。
どんなに乾拭きで磨きとっても、白い布(靴下等)に薄くついてしまいます。
自宅なら、自分で注意すれば済みますが、賃貸ですので・・・・

メーカーに問い合わせたところ、「蜜蝋は固まらないので、どんなに磨き込んでも、色うつりは避けられず、ワックスの上からは塗装は出来ず、全て剥ぎ取るしかない。」との回答・・・・

ドライヤーで加熱しつつふき取れば多少取れるとききましたが、他によい方法は無いでしょうか。

樹脂のようなものをコーティングするとか?・・・・

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>ガスバーナー
・・・って、室内でそんな危ないこと気楽に書かないでくださいよ。
使えたにしても蜜蝋がこげて煤とかでたらどうするつもりですか。

とりあえずアルコールで拭き取ってみては?
次にオレンジクリーナーとか。
それでもだめなら(とりあえずここまでやればかなり薄くなっているでしょうから)ケンマロンのような不織布タイプの研磨材で。意外に「酢」で取れたりするかも???
必ず目立たない所でためしてからにしましょう。

シンナー類も使えるかもしれませんが臭いが抜けず厳しいので不可。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報