gooポイントが当たる質問投稿キャンペーン>>

こんにちは。
わたしは来週、関東へ旅行に行くのですが、何だか台風が発生して、もしかしたらいけないかも?な事態になってきました。わかりませんが…。
台風なんてその時にならないと、実際飛行機が飛ぶのか現地に行けるのかわからないので、宿泊のキャンセルは前日か、当日になってしまい、キャンセル料が発生すると思います。
一泊だけ、そこそこのお宿を取ってあり、当日キャンセルして無駄になる金額が高すぎて(T_T)、もしそうなってしまった場合、全額でなくてよいので返ってくる旅行保険がないかと探しているのですが…。

検索しても、旅行会社を介した旅行じゃないと保証されないみたいで…。個人旅行で、交通機関もお宿も自分で予約・支払いをしています。なのでそういう保険には入れないかと。
何か、宿泊のキャンセル料を保障してくれる旅行保険、ご存じありませんか? クレジットカードには保険はつけてません。つけてないと思います…。楽天の年会費無料のやつなので。

情報あったらお願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

出張で、予約しながら天候等の理由でキャンセルしたことは何回かあります。

当日、それも午後になってのキャンセルもありますが、キャンセル料を請求されたことは今のところないです。行けないことが分かった時点で連絡し、理由を説明したところ、”仕方ないですね”みたいな感じでした。

全ての場合でキャンセル料なし、とはもちろん言えませんが、天候理由の場合は本人の責でもないので、比較的寛容なホテルが多いようですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。ぜひ参考にさせていただきますm(__)m

お礼日時:2015/10/15 20:04

海外旅行でしたら、確かAIUの旅行保険にそのような補償がありました。



旅行変更費用補償特約という、特約でした。

国内では見かけませんね・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはりそうですか…。ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2015/10/15 20:06

確かに直前で入れる国内旅行保険は無いっぽいですね。


まずは・・・その宿泊予定の施設に電話して「もし、台風等の悪天候で飛行機等で
現地に行けなくなった場合は、もちろん当日連絡は入れますが、その場合キャンセル料は
かかるのでしょうか?」と聞いてみることです。
「そこそこのお宿」ならば「その場合は仕方ありませんね~キャンセル料は結構です」と
言ってくれるかもしれませんよ。ただし、ちゃんとこちらからキャンセルの連絡はしないと
駄目ですよ。
もっとちゃんとしたところだと、1~2日前に施設のほうから「宿泊確認」の電話が来たりしますよ。

今近づいている台風25号は19の夜~21ぐらいが関東に接近する感じでしょうかね~。
実は自分も17~19まで関東から沖縄に行くので同じく心配なんですよw
行けなくなるのもキャンセルの関係で困りますが、帰れなくなるのも仕事等の都合で困りますから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

心配ですよね~ その場合はきちんと電話します。ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2015/10/15 20:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qキャンセルしたら旅行代金が返ってくる旅行保険?

自己都合で旅行をキャンセルした時、一定期間を過ぎていたらキャンセル料が発生します。
これを補償?してくれる海外旅行保険をご存知でしたら教えてください。

今までほとんどをANAハローツアーで行っているのですが、これは、条件が合えばキャンセル料ナシでキャンセルできました。
この度、別の商品で旅行に行く事になり、子連れだし、高齢の祖母がいたり(今は元気ですけど)で、キャンセルせざるを得ない状況になる可能性があって、同じような特約のある旅行保険を探しています。

ネットで契約できる商品がベストですが、店頭契約でも構いません。
わがままな希望かもしれませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#2です。すいません。勘違いしていました。手元に三井住友海上の申込書がありますが、「出国中止費用補償」は、基本的につけられます。というか、とくに不要と指定しない限り、セットされています。また、旅行変更費用もそれに含まれます。おっしゃったような事情があれば、補償されます。

「出国中止費用」で検索してみてください。各社の保険にほぼ付いてます。

当然のことながら、事前に保険に加入していることが条件です。また、一旦支払ってから保険金を請求することになります。

Qパック旅行(国内)、当日キャンセルの場合費用は全額取られる?

6月末に沖縄への家族旅行を計画しておりましたが、出発前日の深夜に急遽身内の不幸が発生し、旅行を中止しました。 当然J○Bには連絡が付かない為、申込書に記載されていた通り、その日の内に自分でホテルに電話してキャンセルの連絡をし翌朝飛行機出発前に飛行機のキャンセルもA○Aの予約センタ-にTELしました。  旅行会社の営業開始時刻にスグ事情を説明しましたが、当日キャンセルの為、キャンセル料は100% ビタ一文払い戻しは出来無い! との虚しい返事。 何度か御願いしましたが進展無し。 当日の飛行機は8:30発でした、どうしても旅行会社に連絡をつけられなかったのに・・・。 少しでも払い戻ししてもらう方法は無い物でしょうか? どなたか、助言を御願いします。(総額21万円は余りにも大きいので・・)

Aベストアンサー

 たとえば阪急交通社のサイトにはこのような記述があります。

>「旅行契約の解除期日」とは、当社の営業日・営業時間内に解除する旨をお申し出
いただき、
>確認したときを基準とします。

 ですので、営業開始時間では旅行が開始された後ということで
私も含めて皆さん、返金はされないという回答をなさったんだと思うのですが
JTBの窓口で確認したところ、以下のような回答をいただきましたので
前回の回答を取り消して訂正させていただきます。

 営業時間外、休業日にキャンセルの手続をとりたいと思ったらどうするか、ですが
まずは自力で、航空会社、ホテル、レンタカー会社などにキャンセルの申し出をしましょう。
航空会社なら、ツアーの航空券なんですがといえばキャンセル番号をくれます。
受け付けてくれた担当者とキャンセル番号を控えておいて、
契約をした店舗のカウンターでキャンセル番号を告げれば、
計算して返金を行いますということでした。
ホテル、レンタカーも同様です。
たとえば、レンタカーのキャンセルをするのを忘れたらどうなるか?とお聞きしましたら
レンタカー分は返却できないが、航空券、宿泊分は規定に従い返金ということでした。
契約した店舗が休業日だからといって、他店舗ではキャンセルの手続はできません。
これこそ「自分でキャンセルしなさい」の意味するところですよね。

 じゃなぜ自力でキャンセルを済ませたmd_c93さんが返金されないか?
これ、はっきり言ってなぞです。
おそらく鍵となる重要な部分を省略していらっしゃるんだと思いますが
考えられることは、キャンセル番号を控えていなかったことです。
これがなければ、キャンセルを終えたという証拠にならないからです。
ただ、それならそれで電話を受けた時点でJTBがきちんと説明すべきです。
気が動転して聞き漏らしていたとしても、ANAに問い合わせればわかるような気がしますし
ホテルだって、深夜にキャンセルの申し出があったことを覚えてくれているかもしれない。
いくらでも救済の道があるように思えるんですが。

 ほかには、めったにないケースなので、店員が対応を間違えたんでしょうか。
キャンセル番号にしろ、店員の対応の不手際が理由なら、
きちんと抗議すると返金されるはずです。

 もう一つ、約款にはそう書かれているけれども返金ができないツアーもあるそうです。
それはそういう条件で明記されているはずですから、いくらJATAでもどうにもできないでしょう。
JTBが即座に返金不可という判断を下したんですからこちらではないでしょうか。
まさかネット申し込みじゃないでしょうね?
私が確認したのは、店舗で申し込んだツアーの場合ですからね。

 JTBがキャンセル番号を受け付けたら、今度は旅行を主催した会社と交渉するそうです。
主催はJTBでは?と今まで思っていたんですが
たとえば「エースJTB」というロゴがパンフレットに入っていると
このツアーは「エース」という会社が主催しているという意味なんだそうです。
もちろん系列会社ですが、そちらが旅行を主催しているのですから
エースがどう判断するかによって返金されるかどうかも決まるとか。
返金率も変わってくることもあるそうです。
ですから、キャンセルの申し出をしたからといって
約款の条件で必ず返金されるものではないと強調しておられました。
例外はあるんだと思ってくださいとのことでした。

 以上のことを総合的に考えますと、
もう一度JTBにかけ合って、どういう理由で返金されないかを確認しましょう。
旅行開始前に自力でキャンセルしてキャンセル番号ももらっている、
なのに返金を受け付けられない理由は?と聞きましょう。
JATAだって、その理由が判明しないと乗り出せないと思いますよ。
もしキャンセル番号をもらったことを告げていないのなら、今からでも間に合うかと
聞きましょう。
カウンターでのキャンセル手続に期限があるのか?(翌営業日に必ず来店とか)は聞きそびれました。
電話ではなく来店して交渉しましょう。

 意外なことですが、たとえ50%の返金が認められたとしても
21万円の半額が戻ってくるわけではなさそうです。
たとえば正規の運賃だと2万円の航空券でも、実際にJTBが仕入れたのは6000円程度で
返金は、6000円の半分ということで3000円。
こういうふうに計算していくと、本当に微々たる返金しかないですよとのことです。
額についてはツアーによって違うでしょうから、ご自分でご確認ください。

 いやな思い出があるかもしれませんが
返金できない理由をJTBのカウンターで聞いてください。
もしくは、どういう対応をとれば返金してもらえたのか?という聞き方でもいいと思います。
その理由に納得がいかなかったらJATAにお願いすればいいと思います。

参考URL:http://www.hankyu-travel.com/help/book/cancelcharge_d.html

 たとえば阪急交通社のサイトにはこのような記述があります。

>「旅行契約の解除期日」とは、当社の営業日・営業時間内に解除する旨をお申し出
いただき、
>確認したときを基準とします。

 ですので、営業開始時間では旅行が開始された後ということで
私も含めて皆さん、返金はされないという回答をなさったんだと思うのですが
JTBの窓口で確認したところ、以下のような回答をいただきましたので
前回の回答を取り消して訂正させていただきます。

 営業時間外、休業日にキャンセルの手続を...続きを読む

Q台風の時のキャンセル料はお客さま都合?

8/28~8/31の予定で石垣島にこども2人を連れて旅行に行く予定でしたが、日程表も届いていよいよという8/23頃から台風の怪しい動きが、インタ-ネットの台風情報から目が離せず、11号、12号というダブルパンチ、特に11号は先島諸島に直撃のおそれあり、航空便にも支障がでるかも、という情報あり、26日夕方、家族と相談してなくなくキャンセルしました。
大手代理店J○Bのツアーでしたので、この状況ならキャンセル料は当然免除と思いきや、29日、30日出発については、キャンセル料免除の社内通達が出ているが、28日はキャンセル料発生する、とのこと。
帰りの便が飛ばないかもしれないし、飛ばなければ自分で何とかしろ、という説明で、仕事もあるし子連れで石垣島に足止めはどう考えても困る、パンフレットの旅行規約をみても、たとえ交通機関がとまっていなくても、スキーなど積雪の無い場合はキャンセル料免除とあり、今回の日程で石垣島に行っても、台風から身を守るのがせいいっぱいで、レジャー目的は果たせないではないので同じでないですか!?
販売店に言っても、J○Bの判断ということなので、お客さま相談室に電話して、交渉しましたが、本社企画部の判断なので、と一点張り、実際に上記日程でご旅行されている方もたくさんいらっしゃるので、今回はお客さま都合でキャンセル料は発生します、とのこと。台風がそれたのは結果であって、事前にはわからなくて当然、実際12号の影響で1日違いで羽田が怪しくなっています。26日でのキャンセルの判断は私は当然のことだと思うんですが....
なお、通達が出たのは私がキャンセルした日と同じ26日の夕方とのこと、判断条件は同じのはず。
同じ台風が原因で、出発日が1日違うだけで、キャンセル料30%を私は支払わなくてはいけないんでしょうか?
同じような体験をされた方いらっしゃいましたら、ご教示願います。

8/28~8/31の予定で石垣島にこども2人を連れて旅行に行く予定でしたが、日程表も届いていよいよという8/23頃から台風の怪しい動きが、インタ-ネットの台風情報から目が離せず、11号、12号というダブルパンチ、特に11号は先島諸島に直撃のおそれあり、航空便にも支障がでるかも、という情報あり、26日夕方、家族と相談してなくなくキャンセルしました。
大手代理店J○Bのツアーでしたので、この状況ならキャンセル料は当然免除と思いきや、29日、30日出発については、キャンセル料免除...続きを読む

Aベストアンサー

質問者さんの気持ちもわかるのですが・・・

 1.天候等により往路便欠航ならばツアー代全額返金。(ツアーが不成立)
 2.飛行機が飛ぶならば天候に関係なくツアー成立。
 3.飛ぶにも関わらず事前にキャンセルを行えば自己都合でキャンセル料発生。
 4.仮に、のちに欠航だったとしても、事前キャンセルすればキャンセル料は発生。
これは仕方ないです。JTBに限らず一般的な取り決めです。

質問者さんは3.のケースですが、4.のケースのツアーもあったかもしれませんね。残念ながらキャンセル時点での処置としてキャンセル料が発生してしまいます。

飛ぶか飛ばないかは代理店が決めることではありません。
航空会社や旅行代理店も天候だけはコントロールしようがありませんから、完全な免責事項として約款で確実に規定されている項目です。

また、飛んだところで復路欠航ならば「自分でなんとかしろ」とは、言い方は別にして、当然なのです。
具体的には航空会社のカウンターで代替便や臨時便の空席待ちをするしか無いわけで、上級会員でも優先こそあれ同じ手続きが必要になります。だから皆さん「自分でなんとか」しているのです。
私も毎年のように八重山へ行きますからお気持ちはよく判るのですが、天気図を睨みながら、取り直せない休み、明日からの仕事、などなど絶えず警戒しながら臨機応変に対処しています。

>この状況ならキャンセル料は当然免除と思いきや
という前提に立たれていたのでお怒りかと思いますが、決して「当然免除」ではなく好意として「免除することもある」というのが本当のところです。
飛ぶ可能性が当日まである限り、キャンセル料免除は「当然」ではないのです。

ましてや、
>実際に上記日程でご旅行されている方もたくさんいらっしゃるので、
>今回はお客さま都合でキャンセル料は発生します
ということですから、JTBも譲れないラインだったのでしょう。

仮に特別措置を行うとしても、どこかで一線を引かねばならず、また質問者さんはJTBのそのもうひとつ先の代理店経由なのですよね?
窓口の代理店もJTBの意向には逆らえず、またJTBも一線を引いて特別措置をしないと、人によってバラバラって訳にもいきません。
特別措置と1日違いってことですが、1日あれば台風の影響は全然違いますから、どこで線を引くかはもう代理店のノウハウとしかいいようが無いですね。

ただ、お願いすることは可能ですし今回もキャンセル時にお願いしてみる価値はあったかも。今回はお怒りでは無くお願いで乗り切る交渉術が必要だったと思います。(ダメでも仕方なしです)

蛇足ですが、よく見かけるトラブルでは・・・。
 飛行機が飛ぶか飛ばないか、当日空港まで行くのが無理だから事前キャンセル
 台風の中、飛行機は飛んだけど、空港までの交通機関が止まって行けなかった
 那覇まで飛んだけど石垣行きが欠航
 石垣まで飛んだけど離島行きのフェリーが欠航
 飛んだけど日程中全部雨でホテルに缶詰

キャンセル料が発生したり、旅行自体が楽しめなかったり・・・色々なケースがあります。

大手はこういったトラブルをできるだけ回避するべく「特別措置」で事前に無料キャンセルを受け付けることがあるだけで、決して権利ではありません。
中途半端なツアー会社では特別措置の検討すらありません。

次回こそ晴れて、石垣島が楽しめますように。

質問者さんの気持ちもわかるのですが・・・

 1.天候等により往路便欠航ならばツアー代全額返金。(ツアーが不成立)
 2.飛行機が飛ぶならば天候に関係なくツアー成立。
 3.飛ぶにも関わらず事前にキャンセルを行えば自己都合でキャンセル料発生。
 4.仮に、のちに欠航だったとしても、事前キャンセルすればキャンセル料は発生。
これは仕方ないです。JTBに限らず一般的な取り決めです。

質問者さんは3.のケースですが、4.のケースのツアーもあったかもしれませんね。残念ながらキャンセル時点での処置と...続きを読む

Q国際線の航空券のキャンセル料が、4万円でした

国際線の航空券のキャンセル料についてです。

プーケットに行く予定で、キャセイパシフィックのサイトから2枚予約をして、
昨日、クレジットカードでの支払いを済ませましたが、急遽、主人に仕事が入ってしまい、
泣く泣く航空券のキャンセルしました。 昨日、わかっていればと、悔やまれます。

キャンセル料は、一人につき2万円で、二人で4万円です。(;一_一)
(ちなみに、チケット料は、二人で129,900円)

でも、ある程度のキャンセル料が発生するのは仕方がないと思うのですが、どうして、
一人2万円もするのか、どうも納得いきません。 手作業での事務処理ならいざしらず、
今や、ネット処理の時代ですよね。 どうして、そこまでキャンセル料がかかるのか、
どうも腑に落ちません。もやもやしています。

国際線のチケットキャンセルで、同じような思いをした方いらっしゃいますか?

また、どうしてキャンセル料がこんなに高いのか、納得のいく理由があれば教えて
頂けないでしょうか?

Aベストアンサー

キャンセル料について誤解している人が多いので、しっかりした情報を得ることが必要です。

キャンセル料は基本的に次の金額とされています。

(消費者が支払う損害賠償の額を予定する条項等の無効)
第九条  次の各号に掲げる消費者契約の条項は、当該各号に定める部分について、無効とする。
一  当該消費者契約の解除に伴う損害賠償の額を予定し、又は違約金を定める条項であって、これらを合算した額が、当該条項において設定された解除の事由、時期等の区分に応じ、当該消費者契約と同種の消費者契約の解除に伴い当該事業者に生ずべき平均的な損害の額を超えるもの 当該超える部分

簡単にいうと
・キャンセルされたことによる生ずる損害の損失補填を超える場合は無効
・キャンセルする際に発生する事務手数料以上の金額は違法

ということです。罰金・ペナルティというのはあってはならないのです。

キャンセルによる損害、というのは「キャンセルされなければ得られた利益」ということです。たとえば当日のキャンセルであれば、なかなか代わりに乗ってくれる人を見つけるのは難しいですから、100%のキャンセル料がかかっても合理的な金額ということになります。

しかし、これが何ヶ月も前であれば、質問者様がキャンセルしても別の人が席を購入する可能性も高くなりますから、もし乗る予定だった飛行機が満席になれば、キャンセルによる損害は発生していない(キャンセル料を取ったら2重取り)ということになります。

ですから、2万円という金額(航空券の1/3ぐらいの金額)が妥当かどうかは、手数料を含めて時期的な問題を勘案する必要があります。

一応、航空会社側の都合を書いておきますと「乗る予定だった飛行機が満席だからと言って損失が出ていないとはいえない」という部分はあります。
航空会社は公共交通機関という使命もありますので、満席になるのが難しい路線や満席になるのが難しい時間帯もいろいろな飛行機を飛ばしています。
そのため、キャンセルも「全体の利益を勘案しての損失」となれば、一旦予約したものについてキャンセル料が発声するのは妥当である、ともいえるのです。

質問者様の内容には利用時期が書いてないので、このあたりの事情がまったく分からないのですが、一度、航空会社側に、キャンセル料の内訳を聞いてみるのもいいと思います。

今年の8月に消費者問題に精通している弁護士が航空券キャンセル料が高すぎるとして訴訟を起こしています。
http://www.bengo4.com/topics/1896/

消費者保護法が改正になってから、航空券キャンセルに関する判例は無いようですので、この裁判が結審して判例が出れば、もしかすると質問者様のキャンセル料も変わるかもしれません。

納得ができないなら、具体的な積算方法を航空会社に聞いてみること、消費者相談センターに聞いてみること、などをお勧めします。

キャンセル料について誤解している人が多いので、しっかりした情報を得ることが必要です。

キャンセル料は基本的に次の金額とされています。

(消費者が支払う損害賠償の額を予定する条項等の無効)
第九条  次の各号に掲げる消費者契約の条項は、当該各号に定める部分について、無効とする。
一  当該消費者契約の解除に伴う損害賠償の額を予定し、又は違約金を定める条項であって、これらを合算した額が、当該条項において設定された解除の事由、時期等の区分に応じ、当該消費者契約と同種の消費者契約の解...続きを読む

Q旅行代理店経由か、直接予約か? オススメの旅行代理店は?

 いつも旅行代理店を通して宿を予約しています。
 ところが友人から、「旅行代理店が宿から取る手数料が高額だが、宿側は直接予約の客と同じ扱いを強いられる。宿としては直接予約を入れる客を歓迎する。」と聞きました。
 同タイプの部屋・食事条件でいくつかの宿のサイトと旅行代理店で比較してみましたが、旅行代理店でも直接予約より安いプランが多くあります。この場合、やはり料理やサービスに差が出るのでしょうか?
 本当のところはどうなのか、どなたか教えて下さい。
 またJTB・近ツー・日旅の大手の中では、どこを選ぶのが賢明ですか?

Aベストアンサー

>「旅行代理店が宿から取る手数料が高額だが、宿側は直接予約の客と同じ扱いを強いられる。宿としては直接予約を入れる客を歓迎する。」
そんなことはありません!

旅行代理店を通してのメリットは
1.予約をしただけで、実際に宿泊しない(ノーショウ)防止。(支払いがクーポンなどで確実に宿泊料金がはいる)
2.団体客を取り入れられる。(シーズンオフなどは旅館(ホテル)の営業だけではなんにもなりません。)
3.旅館・ホテルの広告費を抑えられる。

以上のことを考えれば、宿泊料金を実際より安くしても、人件費・広告が抑えられるということです。

大げさな話ですが、
仮に、北海道の人が(旅行代理店を通さないとして)鹿児島の指宿温泉のホテルの予約をするとすると、
まずどういうホテルがあるかガイドブックなどを購入。
宿泊料金は(その相場の料金がわからないから)提示してある料金で予約。
たまに、確認のため互いに電話で取り合ったりします。

これって面倒ですよね。旅行代理店というのは、そういう面倒なことを引き受けてくれるところです。

たまに、(旅行代理店を通しての)予約はやっていないところもありますが、そういうところは過去にいろいろあって、取引中止になっているところなどもあります。


また、ガイドブックの写真を信用して予約してしまうと、あとで大変なことになる場合がありますので気を付けてください。

↓を参考にして下さい。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=866033

>JTB・近ツー・日旅の大手の中では、どこを選ぶのが賢明ですか?
一般宿泊でしたら、どこで予約されても同じです。
宿泊パックでしたら、会社よりもその企画内容・値段・付属のサービス内容で検討されたほうが、よいでしょう。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=866033

>「旅行代理店が宿から取る手数料が高額だが、宿側は直接予約の客と同じ扱いを強いられる。宿としては直接予約を入れる客を歓迎する。」
そんなことはありません!

旅行代理店を通してのメリットは
1.予約をしただけで、実際に宿泊しない(ノーショウ)防止。(支払いがクーポンなどで確実に宿泊料金がはいる)
2.団体客を取り入れられる。(シーズンオフなどは旅館(ホテル)の営業だけではなんにもなりません。)
3.旅館・ホテルの広告費を抑えられる。

以上のことを考えれば、宿泊料金を実際よ...続きを読む

Q生理周期34日以上では妊娠しにくい?

排卵まで20日以上たった卵子は妊娠しにくく、妊娠したとしても流産の可能性が高い、とある本で読みました。
排卵から生理まではどんな人もおよそ14日と決まっていますので、つまり生理周期が大体34日以上の人は妊娠しにくいあるいは流産しやすい、ということになると思います。

生理周期別の妊娠率、というものを見たことがありませんが、現実のところはどうなんでしょうか?

本を読んでいてちょっと疑問に思ったので質問してみました。

Aベストアンサー

それは一体、何という本なのでしょう。
それは間違っていると思います。ちょっと古いデータか、厳密な科学的根拠をもとに、統計をとって書かれたものではないと思います。

というのも、私もそのあたりのことが気になって、長い間をかけて、調べまくりました。専門書も読みました。

が、排卵までに時間がかかった卵子は妊娠しにくく流産しやすい、ということを裏付ける科学的根拠や統計結果は、一切、目にしたことはありません。

排卵から生理までは14日と決まっています。
しかし、排卵までは決まっておらず、人それぞれです。

大事なのは、卵子が排卵されたから6~8時間以内に受精することです。排卵後8時間以上経つと、卵子は老化し、それが受精しても流産の可能性が高くなります。
これが、「老化卵子は流産しやすい」という根拠です。
(同様に、射精後48時間こえると、精子は老化します。老化精子が受精しても、流産となる可能性が高まります)
これは実験結果でもしっかりデータが出ています。

つまり、大事なのは、排卵直後の卵子が受精することです。
排卵までに時間がかかるのは、問題ありません。

ですから、ご安心下さい。
あなたの生理周期で、卵子が20日かかって出来上がるからといって、それが古い卵子であるとか、妊娠しにくい・流産しやすい、といったことは、私の調べた限りでは、ありません。

それは一体、何という本なのでしょう。
それは間違っていると思います。ちょっと古いデータか、厳密な科学的根拠をもとに、統計をとって書かれたものではないと思います。

というのも、私もそのあたりのことが気になって、長い間をかけて、調べまくりました。専門書も読みました。

が、排卵までに時間がかかった卵子は妊娠しにくく流産しやすい、ということを裏付ける科学的根拠や統計結果は、一切、目にしたことはありません。

排卵から生理までは14日と決まっています。
しかし、排卵までは決まっ...続きを読む

Q関空連絡橋通行止めの場合どうなるの?

 来週、関空から海外旅行に出かけますが、台風が来た場合
関西空港駅までの連絡橋は、たまに通行止めになってしまいますよね。
 もし、そのようになってしまった場合の旅行はどうなるのでしょうか?1日通行止めになることはあまりないですか?

 出発時刻までに関空へ行けなかった場合、飛行機の出発も遅らせたりするのでしょうか?

Aベストアンサー

関空連絡橋通行止の規制は

電車のほうが風速規制が厳しいので早く止まります

したがって、電車の時は、バスでいけます

もし自動車道も止まると・・・・・

飛行機事態が風速オーバで離発着できませんので、自動的に出発が遅れます

また、離発着が出来るように成っても通行止の影響があるときは、多少は遅らしますが・・規制解除後所定の時間を過ぎると出発します

Q3歳の子供が、ここ三週間繰り返し微熱を出すんです

タイトルの通りなのですが、
3週間前に37.2℃の微熱と咳で病院に行ったら、
流行中の「溶連菌感染症」と言われ、10日間薬を飲みました。
症状は軽く5日程度で軽快したものの、
その後また3日後に37℃前後の発熱があり、
様子を見ていたら、食欲がなく本人もぐったりしてきたのでまた病院へ。
その時は、風邪がお腹にきて気分が悪くなっているようだと整腸剤を処方され、
風邪じたいは良くなってきているのでもう熱は出ないでしょう、と言われたのですが
また1~2日おきに36.8℃~37.4℃程度の発熱を繰り返しています。
元気がある時もあれば、私にべったり甘えて起き上がらないような時もあります。
熱は38℃以上に上がったことはなく、その他の症状は咳だけで、
関係ないと思いますが熱が出始めてから、
足に違和感を訴えることが時々あります。

ここで相談するよりも、病院でよく聞いてくれば良いのですが、
何度も通院して話もして、言われたとおりにしているのに
こんなに長い間子供の本調子の姿を見れないのは初めてで、
とても心配になってしまっています。
一人っ子なので私も過敏なのかも知れません…。

こういう時はどうしたら良いでしょうか?
また、熱がどのくらいだと幼稚園を休ませるものでしょうか?
先輩ママさんやご経験者の方、詳しい方、
ご意見いただけたら嬉しいです。

タイトルの通りなのですが、
3週間前に37.2℃の微熱と咳で病院に行ったら、
流行中の「溶連菌感染症」と言われ、10日間薬を飲みました。
症状は軽く5日程度で軽快したものの、
その後また3日後に37℃前後の発熱があり、
様子を見ていたら、食欲がなく本人もぐったりしてきたのでまた病院へ。
その時は、風邪がお腹にきて気分が悪くなっているようだと整腸剤を処方され、
風邪じたいは良くなってきているのでもう熱は出ないでしょう、と言われたのですが
また1~2日おきに36.8℃~37.4℃程度の発熱を繰り...続きを読む

Aベストアンサー

ご心配ですね。お気持ち分かります。
以前、長男が同じような症状にかかりました。
2~3日おきに熱が出たり下がったりを繰り返し、他の症状は軽い咳くらいでした。
病院に何度いっても「風邪をぶり返している」って位の診断。納得いきませんでした。
私は子供を3人産んでいて、あきらかに何かが違う!
no3の方がふれている母のカンです。
大学病院に連れて行き検査してもらいました。
結果はなんと肺炎!!!
高熱や、ひどい咳も無しでの肺炎・・・
肺炎と言っても様々な種類があるそうです。
大学病院の先生は、私が通っていた小児科に対し、大変あきれていました。
大事にはいたりませんでしたが、その後1ヶ月薬を服用しました。

近くに他の医院はありますか?
近くなくとも、思い切って受診した方がいいです。
何もなければ、それで安心できますからね。
お大事になさって下さい。

Q子供が発熱、土日は旅行・・・さてどうする

2歳になる子供が昨日、急な発熱でした。保育園から連絡があり、すぐに引き取ったのですが、38度後半の熱にしては元気で食欲もありました。ただし、夜は少し熱が上がったようでかなりぐずっていました。
今朝は平熱近くまでさがっていて相変わらず元気。念のため妻が休みをとって一日自宅待機です。
さて問題は週末、車で1泊の小旅行を予定していたのですが、どうしたものかと悩んでいます。熱が出た、と聞いたときは妻とも話し、キャンセルだなーと残念に思っていたのですが、様子が落ち着いているのと、宿に連絡したら「キャンセル料は要らないので金曜日まで検討してもらっていいですよ」とのこと。
逆に悩んでしまいました。

このまま子供が順調に回復したらあなたならどうしますか?

Aベストアンサー

4歳の息子がいます。
私も「行きます」に1票。
同様に、前日の夜に38度代の発熱ならばキャンセルしますが。

保険証、医者で処方してもらった薬、熱さましは必須。

念のため、明日、もう一度病院に行ってみたほうがいいかもしれません。

「週末、家族旅行で・・・」と医師に言うと、心証が悪そうなので、
「週末、結婚式で・・・」とか言い換えて、
「念のため、週末分の薬をいただけますか?熱さましも余分にください」
などというと、たいがいは多めに出してくれると思います。

車で出かけるならば、1時間毎に休憩したほうがいいかなと思います。
我が家では、やはり1時間おきにサービスエリアや公園に寄り、息子は三輪車やスクーターに乗ったりして(大変ですがどちらか一方持って行ってます)少し気分を変えてから、再度車に乗り込む・・・という方法を取っています。

元気にご旅行、楽しんできてくださいね!

Q父が末期癌で余命宣告。予定していた旅行はキャンセルすべきか?

本日、父が末期癌で余命宣告を受けました。(若干の幅はありますが、余命は短くて3カ月程度。長くても2年程度)
私自身は立ち会っていませんが、父と兄が医師の説明を聞きました。
この状況で年末~年始の休暇に予定していた海外旅行はキャンセルすべきでしょうか。
世間の常識から見れば、言うまでもないと思いますし、気でも違ったのかと言われるのは覚悟しています。
お金は少しも惜しくありませんし、私としては余命いくばくもない父と少しでも長く一緒にいたい気持ちが強いのです。
しかし、父、母とも私が予定通りに旅行に出ることを望んでいるため、苦しんでいます。
両親としては、

・年末年始休暇中、息子の気落ちした顔、悲しい顔を見たくない。
・父の病気のために私が旅行をキャンセルするのが心苦しい。
・両親の人生は両親の人生、私の人生は私の人生。父の病気のために海外旅行の貴重な機会をあきらめて欲しくない。
・兄がいるので、私が旅行に出ても構わない?
・年末年始に病状が急変するとは考えていない?

という思いなのだと思いますが、こんなとき、どうすべきですか。

・世間の常識 → 旅行はキャンセルして当然。休暇中は両親の元にいるべき。
・私自身の気持ち → 父のそばにいたい。
・両親の気持ち → 予定通り旅行に行ってほしい。

自分の気持ちに正直になるべきなのか、親の望み通りにすべきなのか。
そもそもこんな状況で旅に出ても楽しめるとはとても思えない。
旅行に出たために親の死に目に会えなければ一生後悔するかもしれない。
(しかし、それはとても父には言えない)
といって、両親の元にいても、両親はそれを喜ばないかもしれない。
そもそも、余命宣告を受けて気落ちしているはずの父と母が息子を送り出そうとするのはどうしてなのか、戸惑っています。

旅行を予約した時点では深刻な病状とは思っていませんでしたが、今思えば、見通しが甘かった。(今更悔やんでも始まりませんが)

こんなとき、どうすべきでしょうか。
アドバイスをお待ちしております。

乱筆、乱文失礼致しました。

本日、父が末期癌で余命宣告を受けました。(若干の幅はありますが、余命は短くて3カ月程度。長くても2年程度)
私自身は立ち会っていませんが、父と兄が医師の説明を聞きました。
この状況で年末~年始の休暇に予定していた海外旅行はキャンセルすべきでしょうか。
世間の常識から見れば、言うまでもないと思いますし、気でも違ったのかと言われるのは覚悟しています。
お金は少しも惜しくありませんし、私としては余命いくばくもない父と少しでも長く一緒にいたい気持ちが強いのです。
しかし、父、母とも私...続きを読む

Aベストアンサー

心優しき息子さんと言いたいのですが、世間の評価を気にしているのが気になります。

あなたが四六時中お父さんのそばを離れないでいられるなら、それもいいでしょう。でも、臨終に立ち会えない場合だって多くあります。

悔いが残らない道があると思うならそれを選択すべきでしょうね。

ただ、どんなことをしても、死に行く者を助ける力など誰にもありません。あなたがどんな努力をしてもお父さんの死と入れ替わることはできません。それが現実です。

今の時点で旅行をしても気持を家に置いた状態ですから楽しいことはないでしょう。
あなたは、これからも旅行にはいけるのですから、家族で近場の旅行をした方がいいように思います。もちろん、お父さんが旅行に行ける状態であればですが。


人気Q&Aランキング