8年前、WC予選の時って、代表誰でしたっけ?
思い出してみるんですが、特にDFがよくわかりません。

FW:カズ・高木・武田・福田・ゴン
MF:ラモス・北沢・柱谷・森安
DF:井原
GK:松永

一応11人出てきたけど、まさかこんな布陣のわけないし。
都並の抜けた後の右サイドとか。
磐田でゴン以外、レギュラーでいたような?

ちなみに、4年前の予選は、誰がいましたっけ?

FW:カズ・ロペス・岡野
MF:ヒデ・ななみ・山口・
DF:井原・名良橋・相馬・秋田・小村
GK:川口・楢崎
あー、やっぱよく思いだせない。

ちなみに、システムは何でしたっけ?
山口と名波ってどうやって使ってたんでしたっけ?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

1993年アジア地区最終予選の日本代表メンバーは


監督 ハンス・オフト
コーチ 清雲栄純
GKコーチ ディド・ハーフナー
GK 1 松永成立
   19 前川和也
DF 22 大野俊三
   6 都並敏史
   5 柱谷哲二
   3 勝矢寿延
   7 伊原正巳
   4 堀池巧
   2 大嶽直人
MF 10 ラモス瑠偉
   14 北沢豪
   21 三浦泰年
   18 沢登正朗
   17 森保一
   8 福田正博
   15 吉田光範
FW 13 黒崎比差支
   11 三浦和良
   9 武田修宏
   12 長谷川健太
   20 高木琢也
   16 中山雅史
です。

ちなみに都並さんは炎の「左」サイドバックですので,お間違えのないように。

当時磐田の選手は吉田で守備的MFのレギュラーです。中山は基本的にはスーパーサブ(レギュラーは高木とカズ)でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
大変参考になりました。
よくわかりました。

お礼日時:2001/08/10 21:15

98フランス大会のメンバーは何人かが書かれているので省略します。

オフトジャパンの布陣は少し違うようなので回答します。オフトはシステムで言うと、4-4-2と4-3-3を併用と言うか、オフト自身はそういう言い方は数字の羅列でしかないと考えていたようですが、便宜的に言うと、起用する選手によって4-4-2と4-3-3の併用というか中間というか、そんな布陣でした。
GKは松永。DFは右が堀池、中に柱谷と井原、左に都並というのがベースでしたが、ご存じのようにドーハの時は都並がケガのため、左には最初は三浦ヤスでした。ところが左サイドを何度も破られたため、次には勝矢が起用されました。勝矢も慣れない左サイドで苦労していました。中盤は、ボランチに森保、彼はオフトの信頼が厚く不動でしたね。その前に右に吉田、左にラモスです。吉田は若い頃はFWの選手でヤマハが天皇杯を勝ち上がった時には確か決勝でゴールを決めたりしていたと思います。嗅覚のあるFWといった感じの選手でしたが、全く違うタイプのいぶし銀のような選手になっていて驚いたもんです。年齢的なこともあったかもしれませんが、ヤマハでのコーチ経験のあるオフトの影響があったものと思います。ラモスは言う必要ないですね。この森保、吉田、ラモスのトライアングルがベースで、場合によって北沢が入ることもありました。また、沢登も時々起用されていました。その中盤のやや前の右に福田です。福田は日本であったアジアカップの時は最高に切れていましたが、ドーハの時は調子が悪く、代わりに長谷川健太がよく使われていました。トップは高木とカズが不動でしたが、ドーハでは高木がこれまた調子悪く、そこにゴン中山が起用されました。ゴンと高木ではプレイスタイルやプレイエリアが違うため、必然的に全体のシステムも微妙に違っていたようです。私はこのチームは大好きでしたが、今から思えば、サブも含めた選手層という点で少し苦しかったようにも思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
大変参考になりました。
よくわかりました。

お礼日時:2001/08/10 21:15

前回の予選は



GK:川口・楢崎・小島
DF:井原・小村・秋田・相馬・名良橋・斉藤・路木・中西・柳本
  中村(忠)・鈴木
MF:山口・名波・中田(英)・北沢・本田・下平・森島・平野・望月・前園
FW:三浦・城・呂比須・高木・中山・岡野・西澤

が招集されてます。

システムは
加茂さん=3-5-2(ほとんど5-3-2のような)
岡田さん=4-4-2or3-5-2
でしたね。

山口の1ボランチでその前に名波・中田が並んで
名波はちょっと引き気味という感じでしたね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
大変参考になりました。
よくわかりました。

お礼日時:2001/08/10 21:14

こんばんは。


ドーハはこの布陣だったかな。。。
 
GK 松 永(横浜)  北沢、中山
DF 堀 池(清水)    
   柱 谷(読売)    
   井 原(横浜)  
MF 三浦泰(清水)    
   森 保(広島)     
   吉 田(磐田)   
   ラモス(読売)     
FW 福 田(浦和)     
   三浦知(読売)     
   高 木(広島)  

MFには、伊藤輝と三浦あつがいましたね。

山口は守備的、名波は左サイドだったような。。。

調べたわけではないので、微妙です。
    • good
    • 0

 DFは 勝矢 井原 堀池 柱谷 が基本の布陣でした。

イラク戦のあの瞬間は今でも忘れられません。

参考URL:http://www02.so-net.ne.jp/~hakubi/2-2irq2.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
大変参考になりました。
よくわかりました。

お礼日時:2001/08/10 21:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QFW・MF・DFの意味

テレビで試合を見ていて思うのですが、
FW 鈴木
MF 中田
DF 宮本
などのように選手にはポジションがありますよね?

試合にはFWやMFやDFとして登録しているのでしょうか?
おそらく、登録していると思うのですが、

例えば、FWとして登録した選手は守備行為をしてはいけない、というルールも、DFとして登録した選手がFWのポジションにいてはいけない、というルールもありませんよね?

そう考えてみると、FW,MF,DFとして登録する意味がありません。FW、MF、DFとして登録する事に何の意味があり、何に拘束されるのでしょうか?

サッカーのルールには詳しくないので、馬鹿みたいな質問かもしれませんが、教えてください。

Aベストアンサー

選手間では、お互いに何をするべきかがわかっているので意味はありません。しかし、プロの場合はプレー次第で選手の将来が変わってきます。さらに、ポジションによって一つ一つプレーの見方が違います。登録の意義としては選手を初めて見た人でも評価しやすくするための目安、選手が見られるときのための目安として考えてみてはいかがでしょうか。ちなみに、GK以外全員DFでも登録上は問題ないと思います。

QサッカーのMF,FW,DF区分の必要性

昔、高校時代に授業でやった程度で、サッカーのルールはほとんど忘れました。
ところで、ふと疑問に思ったのですが、11人のうちGKだけは自由に手でボールを扱えるので、GKが誰であるかを自他共に明示しておかなければならない理由は分かるのですが、そのほかのDF,MF,FWなどの選手は、何故明示する必要があるのでしょうか。例えば「DFの選手だけがやってはいけないこと又はやれること」ってのがあるんでしょうか。規則上にそれぞれのアイデンティティは存在するのでしょうか。

(蛇足)
野球の場合、「セカンド山田、ショート佐藤」とウグイス嬢にアナウンスさせておいて、実際には山田選手が所謂ショートの位置、佐藤選手が所謂セカンドの位置に突っ立っているとどういうことになるんでしょうかねぇ。

Aベストアンサー

蛇足が付いていましたので

元々、原始フットボールでのオフサイドというのは、明確に「得点を防止する」ルールでした。こういった原始フットボールのゲームというのは収穫祭などの祭事として行われ、通常はどちらかが得点すると終わりでした。ですから、出来るだけ点が入らないように、参加者が長く騒擾を楽しめるように作られたルールがオフサイドです。

それでも、サッカーでオフサイドの歴史は緩和の歴史です。
当初はオフサイドはキーパーとボールの間に二人必要でした。それが一人になり、さらにプレーに関係しなければオフサイドにならないという状況が現在です。次に来るのはオフサイドゾーンの緩和(NASLで施行されたセンターラインから35mまでの緩和等)か、オフサイドの完全撤廃でしょう。

オフサイドが撤廃されれば、撤廃当初はディフェンスシステムの混乱もあって得点が増えると思いますが、暫くするとゾーンが見直されてディフェンスが整備され、元通り1点2点しか入らないゲームがほとんどになるかと思います。

実際、フィールドホッケーはあまりに点が入らないため、オフサイドを完全廃止し、当初は得点が増えましたが、いつのまにか元通り多くの試合が1-0程度で決まるという状況になっています。
攻撃有利にして得点を増やそうという方向のルール改正はほとんどの球技で行われています。当初は効果があっても、暫くするとディフェンスが整備されて元の木阿弥というのはほとんどの球技のルール改定の歴史的必然なのかもしれません。

もうひとつ思い出しましたが、野球では、バントやスクイズ確実なシチュエーションで、センターがピッチャーの横で守ったという例もあります。

蛇足が付いていましたので

元々、原始フットボールでのオフサイドというのは、明確に「得点を防止する」ルールでした。こういった原始フットボールのゲームというのは収穫祭などの祭事として行われ、通常はどちらかが得点すると終わりでした。ですから、出来るだけ点が入らないように、参加者が長く騒擾を楽しめるように作られたルールがオフサイドです。

それでも、サッカーでオフサイドの歴史は緩和の歴史です。
当初はオフサイドはキーパーとボールの間に二人必要でした。それが一人になり、さらにプレーに関...続きを読む

Q本田ってMFですよね、でもFW!DFもシュートするし・・・

本田ってMFですよね、でもFW!DFもシュートするし・・・
良くわからないのです!!!
サッカーってそれぞれの役割ってあって無いものなのでしょうか?
本田は攻撃的な中盤というイメージがありました。
たまたま、対カメルーン戦ではゴールを決めましたが、彼の本来の良さは、FWでは発揮できないのでは?と思いました。FWなのに、かなり中盤まで下がってましたよね~
オランダ戦では、DFの人がシュートしてたし・・・
柔軟性があると言うべきなのでしょうか?
サッカーのことは良くわかりませんが、バレーボールで言うと、リベラ?でしたっけ守備しかできない人がスパイクを打ってるみたいなイメージがあるのですが、そういうのもありなのですね。
また、本田は、明らかに疲れているというイメージがあるのに、監督は交代させない。
と言うか、それほど、機能していないように思えるのです。
必要最低限、働かない。逆に松井は働き過ぎて、見ていてかわいそうでした。
もっと、現実的というか、機能的なことはできないのでしょうか?
私は、大阪のおばちゃんなので、本田のことは応援しています。
でも、彼をもっと機能的に働かせる方法は無いのかと、ずっと思っているのです。

本田ってMFですよね、でもFW!DFもシュートするし・・・
良くわからないのです!!!
サッカーってそれぞれの役割ってあって無いものなのでしょうか?
本田は攻撃的な中盤というイメージがありました。
たまたま、対カメルーン戦ではゴールを決めましたが、彼の本来の良さは、FWでは発揮できないのでは?と思いました。FWなのに、かなり中盤まで下がってましたよね~
オランダ戦では、DFの人がシュートしてたし・・・
柔軟性があると言うべきなのでしょうか?
サッカーのことは良くわかりませんが、バレーボールで...続きを読む

Aベストアンサー

追記です。

ロシアでプレーしている本田は前(相手ゴール)を向いてプレーしているシーンが多いです。
その場合、ドリブル、パス、シュートと選択肢が多彩です。

日本では、最前線にいるため、相手DFがマークについており、前を向いてプレー出来ません。
そのため、ドリブルしようにも相手DFに囲まれる、シュートも打てず、パスして攻撃の起点になります。
しかし、本田がそこにいるため、松井なり大久保のマークが少なくなり、自由に動けるわけです。

不慣れなポジションで日本代表の為によくやっていると思います。

Qカズ・ゴン召集のジーコ監督はどうよ?

 カズとゴンの召集を示唆しているジーコ監督の意図って何?。
 っていうか、今更使えると思えません。両者とも故障持ちで今シーズンもまともにピッチでプレイしていると思えません。
 ジーコのファンサービス的意図と玄人好きな好みで選出を考えているような気がしますが、皆さんどうでしょうか?。

Aベストアンサー

私はその二人のツートップが本当に大好きでした。
でもその記事をよんだとき
「こんなに馬鹿にされてくやしくないの!!」と
本気で怒りました。

私には「もうあいつら代表選出もないしそろそろ
現役もおえるだろうし今の選手やすませたいから
ご苦労さん試合にでもするか」とおもえます。
だってどう考えても「今現在の実力選考」じゃ
ないですもん。

他の選手の名前みました?素さん、ナラハシ
相馬さん。秋田。
実力でなく、慰労の気持ちで代表によばれて
嬉しいものですか?少なくともお客さんは代表の
試合にお金を払ってみにくるんですよ。

なんかね、ファンを馬鹿にしてるでしょ、的に
感じましたね。
それでも呼ばれた選手は「光栄です」っていってくれる
んでしょうね。
実力ではなく過去のネームバリューで呼ばれて
屈辱におもえますけど。

私はフランスのときの代表が一番好きです。
トルシェのときはぼろくそにいってました。
が、今この状態になると
「少なくともトルシェのときはどんな試合をするだろう」
ってわくわく感はありました。今試合つまんない
です。

ちなみにその人たちを呼ぶならば昔作ったように
B代表を選考して今のA代表サブ+B代表で
試合したほうが将来の為には有意義かと。

私はその二人のツートップが本当に大好きでした。
でもその記事をよんだとき
「こんなに馬鹿にされてくやしくないの!!」と
本気で怒りました。

私には「もうあいつら代表選出もないしそろそろ
現役もおえるだろうし今の選手やすませたいから
ご苦労さん試合にでもするか」とおもえます。
だってどう考えても「今現在の実力選考」じゃ
ないですもん。

他の選手の名前みました?素さん、ナラハシ
相馬さん。秋田。
実力でなく、慰労の気持ちで代表によばれて
嬉しいものですか?少なくともお客さ...続きを読む

Q2.5列目って、MF? DF?

お世話になっております。
最近、Jリーグのテレビ観戦に
面白さに目覚めた、
サッカーど素人です。

本日、日本代表の香川選手のポジションが
2.5列目であるという記事を目にしました。

実は以前より、
小生、○列目という表現に、
常日頃とまどっております。

で、小生の頭は、
パニック状態に……

いろいろとWIKIや過去質問等拝読しているのですが、
それでもチンプンカンプンの部分があります。

以下、小生の認識を綴りますので、
あっていればOKだと、
間違っていれば、
その点を具体的にご指摘いただければ
幸いに存じます。

質問1
一列目とはFW、
二列目とはMF
三列目とはDF、を意味する。

質問2
1.5列目とは、攻撃的MFを指し、
2.5列目とは、守備的MFを指す。

そして、
以下、○列目という表現に関して、
湧き出でた疑問を綴りますが、

質問3
たとえば、フランスW杯時、
名良橋選手や、相馬選手は、
「何列目」の選手だったのでしょうか。
素人目には、
常日頃はMFだと思えたのですが、
3戦目終盤は、サイドバックのように思えたのですが。

質問4
で、ふと思ったのですが、
DFって、全員3列目と表現されるのでしょうか?
トルシエ監督時の日本代表ならば、
どことなくそれで得心がいくのですが、
第一次岡田ジャパンのように、
井原選手のようなリベロを置くのならば、
あくまで素人考えですが、
(本質問1が正解だという前提において、ですが)
3.5列目とか、
名良橋選手や相馬選手の場合、
3列目の前の2.8列目という表現が、
あってもいいような気がします。

質問5
○列目という表現は、
世界各国共通のものでしょうか?
もしくは日本独特のものでしょうか?

小生、
物理的には、
豆腐をぶつけられても
かち割れれてしまいそうな、
軟弱な頭を持っておりますが、
考え方においては、
「石頭」どころか「岩頭」であると、
フットボールには絶対に向かない、
柔軟性に欠ける頭脳であることは、
自認しております。

もちろん、
おバカな質問であるとは、
重々承知です。

その上で、
サッカーにお詳しい皆様に
御回答願えるならばと、
切に望みます。

よろしくお願いいたします。

お世話になっております。
最近、Jリーグのテレビ観戦に
面白さに目覚めた、
サッカーど素人です。

本日、日本代表の香川選手のポジションが
2.5列目であるという記事を目にしました。

実は以前より、
小生、○列目という表現に、
常日頃とまどっております。

で、小生の頭は、
パニック状態に……

いろいろとWIKIや過去質問等拝読しているのですが、
それでもチンプンカンプンの部分があります。

以下、小生の認識を綴りますので、
あっていればOKだと、
間違っていれば、
その点を具体的にご指摘いただけれ...続きを読む

Aベストアンサー

何列目という表現は、サッカーの戦術的なポジション表現だと思いますが、当初はあまりそのことに拘らずに、純粋に楽しんでもらった方がいいと思います。

サッカーの戦術の組み立ては、まず、どこにチームの良さ、ストロングポイントがあるかを見極めるところから始まります。それは、個人技、身体能力など選手個々の特徴も把握しながら、攻撃、守備の基本形を作ることです。それでようやく、そのチームに最もふさわしい「選手の配置」が決まります。戦い方が定まる前から何列目という陣形がある訳ではないですし、そもそも、それは試合開始の時や攻守の切り替えの時に基本とする陣形の配列であって、試合中は相手の動きへの対応もあり、常に陣形は動くので、そこに拘りすぎた見方は、あまり適切には思いません。

そして、何列目は、1列目はFW、2列目はMF、3列目DFなどと全部同じ役割をしているものでもありません。大雑把に言えば、最終列がDFライン(特に中央のDF)になるということだけが、世界的共通点であって、その最終列が3列もあれば、4列、5列もあるものです。1列目でも、例えば日本代表の岡崎選手は、以前、3トップの右にいても、最もチーム貢献していたのは相手へのプレッシングであって、得点ではありませんでした。それをFWと括るのは、どうなんでしょうか。チームの戦い方(守備や攻撃の方法)、狙い、選手個々の能力といったことの積み重ねとして、戦術があり、陣形があり、基本隊列がある、そんな理解がいいと思います。

ただ、2.5列目という表現自体は、監督の意図があっての表現であり、無意味なものでもありません。メキシコ、スペインなどで活躍した外国人監督が使っているのですから、世界的にも使われているのでしょう。
香川選手を2.5列目に配列したいということは、香川選手に、敵を背負わない位置でボールを持たせ、後ろからの攻撃参加によって輝かせたい狙いがあるのでしょう。成功するかは、やってみないとわかりませんが。
一般論としては、1列目がFWであり、最もゴールマウスに近いラインですので、期待されるのはゴールでしょう。ただし、ファーストディフェンダーとしての役割、サイドで起点を作る役割なども人によっては与えられます。1.5列目は、1列と2列の間、それは、相手の列の間にポジションを取ることで、出来るだけボールを受けやすくしながら、ゴールを狙いなさいというポジションでしょう。2列目はMFラインで、攻撃・守備のどちらにも参加すべきポジションです。ここが一番流動的になりやすいポジションです。相手もいろいろな動きをして来ますし、攻撃の工夫から、ポジションチェンジもよくしています。3列目あたりからは、ディフェンシブMFを置くかどうか、陣形によってはDFラインとなることもあるでしょう。人々が着目するのは、最終ラインが何人か、DFラインの前に、もう1列、ディフェンシブMFのラインを作るか、だと思います。3.5列目という表現は、あまり使われていないので、論点が違うんだと思います。

選手は、基本陣形を理解していないと、試合中にどこにいるべきか迷ってしまうことがありますし、チームとしての狙いどころを意図する配列として、頭に叩きこむのでしょうが、見る人がそんなに拘る必要はないと思いますね。

何列目という表現は、サッカーの戦術的なポジション表現だと思いますが、当初はあまりそのことに拘らずに、純粋に楽しんでもらった方がいいと思います。

サッカーの戦術の組み立ては、まず、どこにチームの良さ、ストロングポイントがあるかを見極めるところから始まります。それは、個人技、身体能力など選手個々の特徴も把握しながら、攻撃、守備の基本形を作ることです。それでようやく、そのチームに最もふさわしい「選手の配置」が決まります。戦い方が定まる前から何列目という陣形がある訳ではないですし...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報