プロが教えるわが家の防犯対策術!

お寺から、寄付の要請がありました。・・・一口5,000円・・・、とあります。寄付ですから、いくらでもよいはずですが、最低金額が示してあり、たびたびですから、無視したいのですが・・・
払うべきか、お寺を変えるべきか、分譲のお墓を買うべきか、この場合、皆さんの選択はどれでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

寄付と言う名のお布施の強要ですから、どうとらえるかは自由です


それで、その後の扱いが変わってきますから、どのようなおつきあいをするかですね。

布施をしないと急な葬儀に坊さんが来てくれない、と言うのがあります。
    • good
    • 2

>>一口5,000円・・・、とあります。

寄付ですから、いくらでもよいはずですが、最低金額が示してあり、たびたびですから、無視したいのですが・・・

この頃みなさん判ってきて、反対はしない・・・、と言う対応に対処するためです。
お心でいくらでもと言うと5円を寄付する人が増えてきました。
ご縁が有るようにと。
でも、実は反対の意思表示なんです。
寺の寄付を伴う事業は、完了後、寄付者一覧を作り、本堂などに掲げます。
そのとき、ある金額以下の場合、その一覧に名前を書いて金額を書くだけでそれなりの金がかかり、赤字になります。
それを狙っています、反対ではないので、寄付は、気持ちだけします、ご縁があるように。
(実質的な反対運動なんです)

なので、一口いくらとして、何口でもどうぞ、一口の下は0口です。
という論法で赤字を防ぎます。
檀家としては、0口では名前が残りませんので、居なかったことになります。
判る人には判る方法で名前を刻ませたい、寺側は黒字にならない寄付は無かったことにして。
狐と狸の騙し合いです。

>>払うべきか、お寺を変えるべきか、分譲のお墓を買うべきか、この場合、皆さんの選択はどれでしょうか?

払わなくても良いかと思いますし、寺との関係はこちらからは積極的には動かない。
出来ればフェードアウトを狙う。
    • good
    • 1

「寄付」ということですから、その目的があるはずです。


建物の修繕や新たに何かを建立するとか。

その目的に納得できれば寄付すれば良いし、納得できなければ寄付しない。
ただそれだけです。

金額設定は「お気持ちを」と言ってしまうと、戸惑う人が多いので、あらかじめ提示しているだけだと思いますよ。
別に5,000円という金額に拘る必要はありません。

仏事に関することは「お布施」です。
普段、お寺さんとどのような関係にあって、どう考えているのか、その現れです。

その寄付依頼を無視したとしても、仏罰が下るということはありません。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。数年に1,2回なら、わかるのですが、たびたびですからお尋ねしました。お寺も改修済み 年会費も支払い済み、でした。先代がいなくなってから、寄付が多く言ってきたので質問してみました。参考の為、今度の名目はペンキ塗りでした、。

お礼日時:2015/10/20 11:54

#1さんが大体の事を書いていらっしゃいますが、お寺とは?という事です。


お寺というものは檀家が支えている構造なのですよ。
お坊さんが葬式、法事でお金を稼いで、それだけで維持しているというものではないのです。
寄付ですか?名目は?
5,000円ともなれば護持費、あるいは宗務費ではないですか?
これはお寺に位牌を預けていれば、必然的に掛かってくるものですよ。
更にお墓までお寺にあれば(私は田舎ですから地域の共同墓地です)その管理料も掛かる事でしょう。
お寺を変えても同じ事です。
そして現状ご先祖様の位牌などがあればお寺を変えるなどかなり厄介です。
分譲のお墓?菩提寺はどうするのでしょうか???
まあ、確かに宗派によって、ある程度維持費は違ってくるようですけどね。
    • good
    • 2

No1さんに同感


それぐらいたいした金額ではないと思うのですが。
代々の菩提寺だったらそんなことはとてもとても言えません。

誰ですか?
お寺を壊すのは。
これが日本人の心も壊してしまいます。
ご先祖供養こそこの国の力であります。
    • good
    • 2

此処で、意見を求めても皆さん事情は様々だと思いますよ。



先祖代々の菩提寺なら、そう簡単にお寺さんを変えるわけにはいかないでしょう。
また、墓地もお寺さんの管理か否か、宗旨の問題もあるでしょう。
私は、浄土宗で受戒・五重相伝を受けて戒名も授かっているので、そう簡単に宗旨替えはできません。

で、寄付の件ですが、多分に檀家総代の決定じゃないかと?
つまり、お寺は檀家の共有財産で、本堂の改修とか運営に掛かる経費は檀家で共同負担するとの考え方もあります。
    • good
    • 4

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qお寺の本堂建て直しに100万円の寄付を依頼されました

今は母一人の田舎の実家に
檀家になっているお寺(浄土宗)から
本堂と門の建て直しにあたって100万円の寄付のお願いがありました。
母の話によると檀家は一律100万円、
お墓だけある人は一口10万円での寄付を募っているとのこと。
私はお寺のシステム自体よくわかっていないので
お墓がある家はすべて檀家だと思っていたのですが、
違うのでしょうか。

また、寄付があまりにも高額なのにも驚いています。
母は70歳。多少の不動産所得はありますが、
基本は年金暮らしの老人にポンと100万円を出せる余裕などありません。
そうなると当然子どもである私がお金を出すしかないのでしょうが、
ごく普通の会社員である私にもかなり大きな負担です。
こういった寄付は個人の生活レベルや収入などお構いなしに
請求されるものなのでしょうか?

お寺の関係者の方、また寄付の経験のある方など、
ご回答いただけると幸いです。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

曹洞宗の僧侶です。
100万円というのは大金ですね。最近のお寺業界の相場(?)から見ても、一律100万円というのは高い方だと思います。
必要な費用を檀家数、墓地使用者数で割ってみたらこうなった、という額なのでしょうが、私が当事者であれば、お願いを躊躇する額です。
もっとも、大抵の場合、お寺の建物は住職個人のものではなく、宗教法人の持物です。また、その建築費用は檀家さんだけではなく住職個人も相当の額(通常は全体予算の3分の1~半額くらい)を寄付しているはずですので、「坊主丸儲け」というわけではないのです。最近、私の知っているお寺さんでも庫裏の新築がありましたが、そこの住職さんは個人で3000万円の借金をして予算の半分を寄付しています。別のお寺さんでは本堂の改築に奥さんの虎の子の預金を全部つぎ込んだという話を聞いています。

ある程度きちんと法要を営むことのできる本堂を伝統工法で作ろうと思えば、最低でも1億円はかかります。これは建物だけの金額で、什物や荘厳を含めれば、およそ2億円になります。山門はいわば「吹きさらしの小屋を途轍もなく頑丈に作る」ような工事になりますので、建築物の規模にしては費用がかかり、坪単価でみると本堂よりかかるかもしれません。

お寺の檀家さんが何軒あるのかにもよりますが、基本的にはお寺の改築、新築の費用を分担するのは、檀家の義務になります。ですから金額を決める時にも、お寺さんが一方的に額を決めるのではなく、檀家さんの集まり(総会など)に提案し、合議によってその額を承認しているはずです。総会で承認された以上、後になってイロイロ言われても…というのがお寺さん側の言分になると思います。

とは言っても「ない袖は振れない」のも止むを得ない現実ですので、どうしても無理な金額であれば、率直にお寺さんに相談されてはいかがでしょうか。分割払いや、お母様とkuromaru3さんで分担して出すなど、何か可能にする方法を検討されることをお勧めします。もし、これを嫌って離檀、お墓の移転などということになれば、その費用は100万円以上かかるのが普通です。慌てないでよくお話し合いをされる事が一番と思います。

曹洞宗の僧侶です。
100万円というのは大金ですね。最近のお寺業界の相場(?)から見ても、一律100万円というのは高い方だと思います。
必要な費用を檀家数、墓地使用者数で割ってみたらこうなった、という額なのでしょうが、私が当事者であれば、お願いを躊躇する額です。
もっとも、大抵の場合、お寺の建物は住職個人のものではなく、宗教法人の持物です。また、その建築費用は檀家さんだけではなく住職個人も相当の額(通常は全体予算の3分の1~半額くらい)を寄付しているはずですので、「坊主丸...続きを読む


人気Q&Aランキング