相談内容必須 遺産相続協議書作成過程での問題です。
 代表のAと相続者Bは仲間です。それ以外の者は、きちんとした連絡も受けず、「印を押してください」という方向に追われています。Bが司法書士に直接連絡を取って何やら進めているのですが、内容が分かりません。代表に内容を問うても、答えようとしません。
 我々は司法書士に、AやBとどういう連絡や話があるのか問い合わせたいのです。協議書作成に直接かかわる問題だからです。司法書士は中立の立場と聞きます。代表AやBの利益を優先し秘密事項を作ることなく、そのままの経過や連絡を我々に話してくれるのでしょうか。きちんと話してもらえるような手立てはあるのでしょうか。司法書士が意図的に隠しごとをして他の相続者に不利益を与えた場合は、どの様に対処すれば良いのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

司法書士は中立の立場と聞きます。

代表AやBの利益を
優先し秘密事項を作ることなく、そのままの経過や
連絡を我々に話してくれるのでしょうか。
   ↑
司法書士も商売です。
依頼者の利益を優先するのは当然です。
法律に抵触しない範囲でなら、依頼者の利益を
優先すると思われます。

そういう訳で、依頼者でも無い人間の問い合わせに
応じるかは疑問ですし、依頼者以外の人間に
連絡をよこすことも期待できません。
連絡は、依頼者になすべきだからです。


”きちんと話してもらえるような手立てはあるのでしょうか。”
      ↑
他人任せでなく、御自分でも専門家を雇ったら
いかがでしょうか。
こういうのは、闘争の一種です。
先手を打って、金を使った方が有利になりますよ。


”司法書士が意図的に隠しごとをして他の相続者に
不利益を与えた場合は、どの様に対処すれば良いのでしょうか。”
     ↑
違法なことをすれば、不法行為に基づく損害賠償が
可能ですが、法律の範囲内であれば、難しいです。
仮に違法行為をしていても、それを立証出来なければ
どうしようもありません。

こういう大切な問題は、ネットなどで対応しては
いけません。
ちゃんとお金を払って、専門家と相談することを
お勧めします。
    • good
    • 0

まぁそりゃ報酬をもらう人の利益になりたいと思うのが人情でしょうけど…


でも遺産相続の協議はすべての財産と負債が対象ですからね。
隠しようがありません。
あえて言えば現金ですけど、司法書士がそれを隠してあることを知ったまま相続手続きはあり得ないでしょう。
もちろん仮に隠していたり、気づかなかった場合は再度遺産分割協議ですし。
それに何も自分の信用を失墜させてまで、たかだか1件の遺産分割には入れ込まないでしょう。

それは質問者さまに対しても同様で、依頼者に従って協議書を作成するのが仕事であって、自分の信用を失墜させてまで、AさんとかBさんがこんなこと話してましたぜ…なんてチクることはありません。

司法書士さんとしては「てめーらでちゃんと話し合ってから来い!」か、「じゃあ一度全員集まって話し合おうぜ」でしょう。
質問者さまにしても何もきちんとした連絡もなく、印鑑なんか押す必要ないんですから。
司法書士さんを通じて呼びかけるくらいならいいでしょうけど。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q土地家屋調査士の資格とって司法書士事務所に勤務すれば、年収UP?

土地家屋調査士の資格とって司法書士事務所に勤務すれば、年収UP?

ネットで見たのですが、
今まで外食産業に勤務していた人が35歳で土地家屋調査士の資格を取得し、
司法書士事務所に勤務したら、
年間の休日が128日で、残業もほとんどなくて
年収400万から730万にUPしたりしますか?

普通、この業界ではありえないのですが・・。

Aベストアンサー

土地家屋調査士の資格取得の釣りでしょ

Q一次相続では遺された配偶者が全部相続した方がお得?(一次二次トータルの相続税)

父・母・子2人の一般的なケースで、一次相続の振り分け次第でトータルの相続税(一次相続、二次相続も含めた相続税額)が大きく変わることがあるのでしょうか。
相続資産は預金のみ(簡略化するため)、金額が必要ならば3億円で。
具体的な事例でご教示いただきたくよろしくお願いいたします。

「配偶者は税金がかからないから、(夫が先に死んだ場合)全部妻が相続した方がいいよね・・・」なんて話を聞きますがトータルで考えるとメリットデメリットはどうなるんでしょう。

Aベストアンサー

Moryouyouです。

ご指摘のとおりですね。

あちこちのホームページを確認していて
翻弄されてしまいました。A^^;)

もっと単純で、
法定相続の割合(1/2)か
相続財産の全体分の1.6億円の割合の
どっちか比率の高い方まで
相続税を控除します。
と言っているだけですね。

つまり、

3)2)にかかる相続税
  合計5720万= 母3340万+ 子1190万×2

 母の相続の税額軽減は以下のとおりです。
 (1) 1億6000万円か、
 (2) 配偶者の法定相続分相当額(1億5000万)

 4)配偶者控除額は以下の式で求めます。

  相続税 5720万 ×1億6000万 ÷  3億
         ●上記の多い方 ●相続額全体
  =3050万

Aつまり母が全て相続すると
  5720万 - ●3050万 = 約2670万円の納税が
  必要になります。

となるようです。


ですので、

3.トータルの相続税の比較

 A.母●2670万 + 子3000万×2=8670万

 B.母0万+子1190万×2 + 子920万×2
   =2380万 + 1840万 = 4220万

さらに差が広がり、
4450万の差となってしまいました。A^^;)

配偶者はとにかく1.6億か、半分までかを念頭に
おいて考えた方がよさそうです。

Moryouyouです。

ご指摘のとおりですね。

あちこちのホームページを確認していて
翻弄されてしまいました。A^^;)

もっと単純で、
法定相続の割合(1/2)か
相続財産の全体分の1.6億円の割合の
どっちか比率の高い方まで
相続税を控除します。
と言っているだけですね。

つまり、

3)2)にかかる相続税
  合計5720万= 母3340万+ 子1190万×2

 母の相続の税額軽減は以下のとおりです。
 (1) 1億6000万円か、
 (2) 配偶者の法定相続分相当額(1億5000万)

 4)配偶者控除額は以...続きを読む

Q司法書士って本当に年収1600万なの?

本屋で資格試験のガイドブック(電話帳みたい)を立ち読みしてたら「司法書士になれば年収1600万」という記述が目に飛び込んできました。本当ですか?資格を取りさえすれば破格の高収入というフレーズはそそられますが、これは人脈ゼロから到達しうる年収レベルなのですか?よく考えたら司法書士と弁護士って仕事内容がバッティングしたりしないのですか?

Aベストアンサー

他の回答者さんも仰ってますが、即開業即廃業と言うのは
珍しくも何ともありません。

開業して1,600万円!
それは、そのガイドブックの司法書士に対するキャッチコピー
であり、またその中に掲載されている各種資格学校の為の
宣伝文句でもあります。

確かに現実として、1,600万円稼いでいらっしゃる司法書士さんが
居るのは事実ですし、それ以上稼いでいる方もいらっしゃいます。

営業のできない弁護士さんより仕事でバッティングしないように
稼いでいる司法書士さんがいるのも事実です。

でも、そういった方々は・・・、

   「営業」

をいかに他の司法書士さんや弁護士さんと差別化していくかに
特化して、当たり前の事を当たり前のようにして、
地道にやられてきた方々です。
反面、2世として地盤を引き継いで維持されている方もいる
ようですが、やはり「営業」を知らないので恐らく落ちていく
のは必至かと思われます。

いずれにせよ、そのガイドブックというのはあくまで
資格学校の紹介記事しか掲載してませんので鵜呑みにしては
いけないと思いますよ。

参考までに。

他の回答者さんも仰ってますが、即開業即廃業と言うのは
珍しくも何ともありません。

開業して1,600万円!
それは、そのガイドブックの司法書士に対するキャッチコピー
であり、またその中に掲載されている各種資格学校の為の
宣伝文句でもあります。

確かに現実として、1,600万円稼いでいらっしゃる司法書士さんが
居るのは事実ですし、それ以上稼いでいる方もいらっしゃいます。

営業のできない弁護士さんより仕事でバッティングしないように
稼いでいる司法書士さんがいるのも事実です。

で...続きを読む

Q相続放棄者がいる場合の相続税法第12条非課税枠の計算について

相続放棄者がいる場合の相続税法第12条非課税枠について教えてください。
本人に子が3人(長男、次男、三男)いたとします。配偶者は既に他界。資産は1億円の預金と1500万円の終身保険(死亡受取人は3人、3分の1ずつ)のみ。
相続放棄しても死亡保険金は固有の財産のため受け取れる、12条は法定相続人が死亡保険金を受け取った時のみ使える点は理解しています。


もし本人が亡くなった時、
<質問1>三男が相続放棄(ただし死亡保険金500万円は受け取る)していた場合、どうなりますか?12条非課税枠は1000万円(長男と次男が受け取った分)のみという認識でよろしいでしょうか。

<質問2>三男が相続放棄、死亡保険金受取人は生前、長男100%に変更されていたため、長男が全て受け取った場合どうなりますか?12条非課税枠の計算時点では相続放棄した三男も数にいれてよいので、1500万円使えるという認識でよろしいでしょうか。

*設問に過不足あれば、追加してください。死亡保険金受取人は3等分できない等の質問の本筋に関係ない回答はご遠慮ください。

Aベストアンサー

1,放棄した者が受け取った生命保険金は、相続財産に加算されません。
 つまり、長男と次男が受け取った1,000万円が相続財産にみなし相続財産として加算されます。
2、 非課税限度額は1,500万円です。

Q勤務司法書士の収入

はじめまして。東京都在住の27歳男性です。

現在司法書士の勉強をしていて、将来的には司法書士事務所に勤めたい(独立に関してはいきなりは考えられない)と考えています。

他の質問を色々拝見したところ、勤務の司法書士は収入面で厳しいという意見が多いようです。そこで2つ質問があります。

(1)私の考えでは、資格を取って勤め始めたとして、当初年収400万程度、数年間働いて年収500万を超えればよしと思っているのですが、それでも高望みし過ぎでしょうか?現実はもっと厳しいでしょうか?

(2)資格無しで勤め始めた場合、初任給は20万いかないと思いますが、一般的に資格を取った時点で給料が5万程度あがる見込みと思っていていいのでしょうか?

事務所によって様々でしょうから回答が難しいかもしれませんが、勤めている方、勤めながら資格を取った方がいましたら是非回答をお願いいたします。

Aベストアンサー

ちょうどあなたと同じぐらいの年で、都内で勤務司法書士してます。
ぶっちゃけた話、初任給の平均は年300~350、よくて400です。
勤務で数年後に500は難しくはないです。
ただ、社会経験なしだと300~ですね。社会経験がある人の方が高いと思います。
社会経験がない人は1年は本当に使えないですので安くてもやむを得ないですが。

Q今年8月に実父が亡くなり、ゆうちょ等の相続手続き方法が知りたいのですが、相続人は配偶者の母(80歳)

今年8月に実父が亡くなり、ゆうちょ等の相続手続き方法が知りたいのですが、相続人は配偶者の母(80歳)、長女の私(51歳)、弟(49歳)の3人です。母はグループホームに入居しており、軽い認知症です。弟はバンコクで生活しており、航空費も高く簡単には帰国できません。遺言状(筆字)には相続人指定は母になっています。しかし印が押してありません。父の実印は手元にあります。達筆で一目で父の字と判別できます。これは有効なのでしょうか。また、管財人指定は長女の私と書いている文書もありますがこれも印がありません。弟は相続については辞退の了承を得ています。ゆうちょの金額は2400万円。住んでいた家屋の登記簿も手元にあります。名義変更して母が亡くなった後、更地を予定しています。
相続税の金額について、諸々の手続き方法などわかりませんのでご教示下さい。

Aベストアンサー

1、遺産の分割と相続税は切り離せない関連性がありますが、本例では「別のこと」として処理をされるのがわかりやすいです。

2、遺産分割について
 残された遺言は法的には無効です。
法的に無効とは、遺言が有効か無効かという点を裁判所で判断してもらうとしたら無効ですよと言う意味です。不動産の名義変更をする際や、故人の預金の払い戻しを請求する際も無効ですので、役に立ちません。
ただし「ただの紙切れ」ではないです。故人がどのような意思を持っていたかを相続人は知ることができますので、これに従って遺産分割協議をすればよいのです。

3、遺産分割協議
 相続人全員で遺産をどのように分けるかを協議し、その結果を書面にします。
 署名押印(実印)します。印鑑登録証明書を添付します。

4、預金の払い戻し
 上記の遺産分割協議書があれば、故人の預金払い戻しはできます。
 ここで、別途必要になるのが、相続人を証明する「戸籍」です。
 というのは、故人の相続人は誰と誰かは、相続人間ではわかってるのですが、これを「赤の他人様」に証明しないと遺産分割協議書に登場してる相続人が全員であることがわからないからです。
 亡くなった人の出生から死亡までの連続した戸籍を取る必要があります。
これを相続人の確定手続きと言います。この際覚えられると良いですよ。

5、相続人のうち「いらない」という人
 相続財産がいらないという相続人もおります。ケースとしては2つに分かれます。
 (1)遺産分割協議のなかで「私はいらない」として、遺産分割協議書に署名押印をする。
  実際に遺産を貰わないので、相続を放棄したという言い方がされますが、次に述べる「相続放棄」とは別物です。
 (2)相続放棄
  相続があった事(死んだ事)を知った日から3か月以内に家庭裁判所に「相続放棄の申述書」を提出します。これが受理されると、法的に相続放棄をしたことが証明できます。
 故人が残した預金や不動産があるが、それ以上に借金があり、いっそ相続財産などいらないとする場合などは、遺産分割協議で「おれは、いらないから」と言って遺産分割協議が整うだけでは、債権者には対抗できません。
 債権者に対抗できないとは、「おれは死んだ人に金を貸していたので、相続人の誰かが払ってくれないとこまるぜ」と請求をしてきた者に「遺産分割協議で、その借金を負担する人はいないです」と言っても「そんなこと、あんたらが勝手に決めただけだ。知ったことではない」と言われるということです。法的にも遺産分割協議だけでは債務を放棄できません。
 家庭裁判所にて相続放棄の申述が受理されると「受理証」が発行されます。
これは「私は相続放棄しましたので、借金を請求されても払う義務はございません」と言える印籠になります。

6、相続放棄を家庭裁判所にしなくてもいい場合
 借金がないという場合で、故人の預金については、他の相続人が貰ってくれれば良いので、私はいらないという人は、家庭裁判所に相続放棄の申述をするまでもありません。
 既述のように遺産分割協議にて「いらないよ」と言い、遺産分割協議書に書面押印すれば良いだけです。



7、相続税
 遺産を相続すると、相続税の心配をしないとなりません。
 現在3,000万円+(600万円×法定相続人)の額が基礎控除額です。法定相続人が3人ならば
3,000万円+1,800万円=4,800万円までは相続税はかからないという計算です。

 遺産が預金だけでしたら、計算は簡単で、相続税が出るか出ないかはすぐわかります。
遺産に不動産がある場合には、不動産の評価が必要です。
固定資産税評価額ではなく、相続財産の評価は国税庁の基本通達(相続財産評価基本通達)によって行う必要があります。
 路線価とか倍率価格とか、陰地割合とか借地権割合、間口狭隘など多くの要素を踏まえて評価額が出ますので、これは専門家は税理士です。
 相続税の相談として税理士に依頼するのがベストです。

8、手続き
 遺産の確定、相続人の確定、遺産分割協議、遺産の名義変更(預金の払い戻しもこれです)、相続税の申告というのが、おおまかな手続きです。
 税理士に依頼すれば、処理してくれます。
 不動産の名義変更は申請書を法務局に提出しますが、この申請は税理士ではなく司法書士が行います。
 遺産分割で相続人間が喧嘩することがあります。争続というやつです。
この喧嘩の仲裁や、裁判までの手続きは弁護士が専門です。

初めから弁護士に依頼しても良いですが、弁護士で相続財産の評価ができる人は稀有です。
要は弁護士も相続税に関しては知り合いの税理士に外注に出すわけです。

相続ってあれこれとめんどくさく、それぞれに専門家が違いますということです。

簡単に専門家の説明を付けておきます。
税理士 相続税の申告書を作成する。相続財産の評価の専門家。
司法書士 不動産の名義変更を法務局に申請する書面を作成。
弁護士 相続人間での争いを解決するための仲裁、あるいは裁判手続きの開始

弁護士は税理士業務ができますが、相続税申告書を作成できる弁護士は極めて稀有です。

1、遺産の分割と相続税は切り離せない関連性がありますが、本例では「別のこと」として処理をされるのがわかりやすいです。

2、遺産分割について
 残された遺言は法的には無効です。
法的に無効とは、遺言が有効か無効かという点を裁判所で判断してもらうとしたら無効ですよと言う意味です。不動産の名義変更をする際や、故人の預金の払い戻しを請求する際も無効ですので、役に立ちません。
ただし「ただの紙切れ」ではないです。故人がどのような意思を持っていたかを相続人は知ることができますので、これに...続きを読む

Q合同事務所勤務は司法書士法倫理違反になる可能性あり

知り合いの書士に、
他士業との合同事務所に勤務する場合、
司法書士法倫理違反となる場合があるので、
注意が必要、と言われたのですが、
どういう意味ですか?

いかにして司法書士法倫理違反になるのでしょうか?

Aベストアンサー

倫理に関する事項なので,司法書士会で何かを聞いたのだと思います。

会がどういった理由付けでそれを説明したのかわかりませんけど,
『司法書士倫理』にはこんな規定があります。

(自由独立)
第5条 司法書士は、職務を行うにあたっては、職責を自覚し、自由かつ独立の
 立場を保持する。

司法書士同士での共同事務所や司法書士法人については,
同倫理の第80条や第85条に遵守のための措置が規定されており,
各司法書士の独立性は,それで保障されているとされているのかと思われます。

ですが,他士業との関係に関する規定はありません。
そして他士業との合同事務所では,力関係からその他士業者の指揮下に入り,
独立性が損なわれる可能性があるように思われます。

登記関係者にはお馴染みの『登記研究』誌の何号だったか忘れましたが,
「司法書士は,土地家屋調査士の補助者になれない」という質疑応答が
あったように記憶しています。
質疑応答なのでその理由は明らかではないのですが,
これもその辺りのことから書かれていたのかもしれません。

司法書士ではない僕には想像するしかなく,
その司法書士に確認してみないとはっきりとはわかりませんが,
その「自由かつ独立の立場の保持」辺りではないかなと思います。

参考URL:https://www.shiho-shoshi.or.jp/about_shiho_shoshi/ethic/ethic01.html

倫理に関する事項なので,司法書士会で何かを聞いたのだと思います。

会がどういった理由付けでそれを説明したのかわかりませんけど,
『司法書士倫理』にはこんな規定があります。

(自由独立)
第5条 司法書士は、職務を行うにあたっては、職責を自覚し、自由かつ独立の
 立場を保持する。

司法書士同士での共同事務所や司法書士法人については,
同倫理の第80条や第85条に遵守のための措置が規定されており,
各司法書士の独立性は,それで保障されているとされているのかと思われます。

ですが,他士業...続きを読む

Q相続放棄の手続きは素人でもできますか?普通は弁護士さんや司法書士さんに頼むものと聞きましたが

相続放棄の手続きは
素人でもできますか?

普通は弁護士さんや司法書士さんに
頼むものと聞きましたが、出来るだけ
費用を済ませられたらと思ってます。

Aベストアンサー

個人でも簡単にできます。
「相続放棄 手続き」で検索すると 裁判所の公式ページが見つかります。(民間業者のページは無視してください)
そこに 必要書類 申述書の見本等があります。わざわざ弁護士に頼まなくてもできます。
ただし、自分は遺産がいらないから相続放棄するというのではなく、亡くなった人に膨大な借金があるから相続放棄する場合には それらの債権者への対応も必要ですから 弁護士を入れたほうが無難です。

Q各都道府県別の司法書士と行政書士の売上(年収)と連絡先一覧

各都道府県別に司法書士会、行政書士会があると思いますが、
その各会に登録されている、各司法書士と各行政書士の各売上(各年収)と各連絡先の一覧が資料としてほしいのですが、一般の人にも公開されていますでしょうか?手に入れる方法はありますでしょうか?

Aベストアンサー

行政書士会では会員の年収は全く把握していません。
連絡先については、
http://www.gyosei.or.jp/search/search.cgi
上記に公表されていますが、あくまで検索システムという形になっています。

司法書士については、連合会のホームページに記載がないようですので、各都道府県の司法書士会がホームページに掲載しているかどうかですね。「司法書士 会員名簿」で検索すると、結構出てきます。

どうしても一括で情報が欲しいという事でしたら、それぞれ、日本行政書士会連合会、日本司法書士会連合会に問合せをしてみてください。
基本的には個人情報だから・・・というような物ではありませんから、氏名・事務所所在地・電話番号程度の情報開示はしてもらえるかもしれません。

---
行政書士

Q相続放棄と相続順位、相続代位

初めて質問させていただきます。よろしくお願いいたします。

親戚の人の中に借金を残して死んだ人がいます。その妻と子はすぐに相続放棄をしました。
その人の親は、すでに死んでいます。兄弟姉妹に相続が廻ってきました。その人の兄弟姉妹は一部がすでに死んでいます。
ここから先がよく分かりません。
その人の兄弟姉妹ABCDE5人のうちABが死亡しているとします。
(質問1)この場合、相続が発生するのは、CDEだけですか?
CDEが、当然、相続放棄をする、つまり同一順位の相続人がいなくなって、初めて次の順位の相続人に相続が移るのですか?それとも、ABの子は、親の権利義務を代位して相続し、CDEと、ABの子は同時に相続するのですか?
(質問2)CDEが相続放棄をして、ABCDEがいなくなったとします。
ABCDEの子供達a1,b1,c1,d1,e1の相続順位で全員が相続を放棄した場合、a1,b1,c1,d1,e1の子供達a2,b2,c2,d2,e2以下にも相続はいくのですか?行くとしたらどこまで下に相続はいくのですか?
(質問3)前記質問2において、ABCDE、a1,b1,c1,d1,e1やa2,b2,c2,d2,e2の中に結婚している人と、結婚していない人がいる場合、結婚している人の配偶者はどうなるのですか?相続放棄により配偶者も相続人になるのですか?

初めて質問させていただきます。よろしくお願いいたします。

親戚の人の中に借金を残して死んだ人がいます。その妻と子はすぐに相続放棄をしました。
その人の親は、すでに死んでいます。兄弟姉妹に相続が廻ってきました。その人の兄弟姉妹は一部がすでに死んでいます。
ここから先がよく分かりません。
その人の兄弟姉妹ABCDE5人のうちABが死亡しているとします。
(質問1)この場合、相続が発生するのは、CDEだけですか?
CDEが、当然、相続放棄をする、つまり同一順位の相続人がいなくな...続きを読む

Aベストアンサー

ANo.1です。補足にお答えします。

文面からは、
「B→b1→本件被相続人」
の順で他界していると思われます。
この場合、被相続人死亡時に兄弟姉妹であるBもその代襲相続者たるb1も既に故人のため、
法定相続人にはなりえませんが、
兄弟姉妹の代襲相続は(Bからb1への)1代限りという規定により、
b2以下に相続が行くことはありません。
逆に"b1からみた代襲相続"が発生するのは、
例えばBの遺産相続で、Bより先にb1が亡くなっている場合などです。
この場合はb2がb1を代襲して法定相続人になりますし、
子の相続なので、b2も亡くなっていてその子b3がいればb3が法定相続人になります。

念の為、もしも
「B→本件被相続人→b1」
の順だった場合は、話が別です。
被相続人死亡時にb1は存命ですから、Bを代襲して相続人になっています。
そのままb1が相続放棄せずに世を去っていた場合などで、
被相続人の負債を既に相続していることになるケースもあり、
その場合は負債分をもb2が相続していることになります。
b2死亡時にはその債務はb2の相続人に承継されます。
「数次相続」といわれるケースです。

ANo.1です。補足にお答えします。

文面からは、
「B→b1→本件被相続人」
の順で他界していると思われます。
この場合、被相続人死亡時に兄弟姉妹であるBもその代襲相続者たるb1も既に故人のため、
法定相続人にはなりえませんが、
兄弟姉妹の代襲相続は(Bからb1への)1代限りという規定により、
b2以下に相続が行くことはありません。
逆に"b1からみた代襲相続"が発生するのは、
例えばBの遺産相続で、Bより先にb1が亡くなっている場合などです。
この場合はb2がb1を代襲して法定相続人になります...続きを読む


人気Q&Aランキング