はじめまして。10年前に母が肺腺癌の告知をうけて、手術こできない為、抗がん剤治療と放射線治療をし、その後イレッサを服用しています。現在もイレッサ服用で定期的に病院に行ってます。腫瘍マーカー数値が上がる事もありますが、最近の検査では正常な数値でした。
ここ数年10月頃になると咳をした再に痰に血が混じったものが出てきて病院に行くのですが、去年まではイレッサを飲んでいる影響て喉の皮膚が弱く血が混じると言われてたのですが、今年も数日前に痰に血が混じったので病院にいくと、放射線治療の影響てかさぶたがありそこから血が出てくると言われたそうです。今までそんなに症状こ出ていないのが不思議と言われたようです。かかりつけの病院ですが当直の先生で毎回主治医ではないみたいです。
先生は2、3日はこの症状が出るが大丈夫ですよと言われたみたいてすが、血が混じる度に母は不安で私に報告してきます。私はどうしてあげる事もできないのですが、放射線治療をするとこの症状が出るのは普通の事なのでしょうか?

質問者からの補足コメント

  • 今日母から連絡があり、少し胸が重たい感じがすると言ってました。たぶん気持ちのもちようかとは思うのですが・・・

      補足日時:2015/10/24 12:16

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

放射線治療はガンも殺すと同時に健康な細胞を殺すのです。

ガンも死ぬかもしれませんが、健康な細胞を殺すことになりますので、何10年も安心して生きることは絶対に出来ません。もしもお母様が高齢なら宣告された余命を好きな様に生きたらどうでしょうか?私の父は肺がんで余命3年と言われましたが70歳から80才まで生きました。母(93才)の胃がんがありますが全く普通に食生活をしています。
 「どうせ死ぬならガンがいい」
 この本を読まれて下さい。
http://www.amazon.co.jp/%E3%81%A9%E3%81%86%E3%81 …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q肺腺癌再発について。

肺腺癌が腫瘍マーカー(SLXとCEA)が異常値を示して発覚し、治療をして正常値に戻った場合は再発したら再び同じ腫瘍マーカーが上昇するんでしょうか?
それとも治療後に腫瘍マーカーが正常値のまま再発、転移もありえるんでしょうか?

Aベストアンサー

確かにスクリーニングという意味では腫瘍マーカーはあてにならないという意見もありますが、経過のフォローという意味で参考にする医師が大多数です。
同じ癌の再発ということであれば同じマーカーが再上昇する確率がかなり高いと思います。もちろん別の癌が新たにできた場合は話が別です。
肺内転移検索のCTや自費かもしれませんがPETと頭のMRIを定期的にやるのが一番確実です。

Q肺がん生検しなくても放射線治療できますか? 90歳の父に肺がんが見つかりました。放射線治療が良いみた

肺がん生検しなくても放射線治療できますか?
90歳の父に肺がんが見つかりました。放射線治療が良いみたいなのですが、生検と言って、針を肺にさして、細胞をとる検査をしなければ放射線治療できないということです。生検は、90歳にはリスクがあるそうです。生検をせずに放射線治療できるところ、ご存知でしたら教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

妻70歳で肺がんに亡くしました。

一番副作用が少ないという放射線治療20回照射もしましたが、骨が弱ってしまい背骨骨折で激痛、今度は、骨を強くする点滴を毎月。

抗がん治療も。ハッキリ申し上げて、何もしなのが一番よかったと。90歳のお父さんを苦しめずに、余命を家族そろって楽しく暮らすのが一番です。妻は肺のガン潰瘍45mmから13mmに縮小しましたが、ガンでは死亡せず、治療のための副作用に心臓が耐えきれずに、逝ってしまいました。治療を始めるまでは通常生活でしたが、治療を初めてすぐに、ガンでない痛み、下痢、嘔吐、やけどのような皮膚のただれ、それでも、治したい希望で抗がん治療に。3年半、苦しみまくり、最後の半年は、自分で起き上がることもできずに。

最後は、医師の診断中、息子も私も立ち会っているときに、心臓停止、医師は、まだ蘇生できる可能性はあり、と心臓マッサージを始めましたが、息子も、もう逝かせてあげてください、と。

何もしなければ、1年以内余命宣言でしたが、せめて自分の足で歩ける、食事もおいしく頂ける、体に優しい旅もできる期間が長かかったのに残念です。

標本採集の生検は、手術室で全身麻酔をして標本採集で手術と同じ。体の負担もすごいです。

妻70歳で肺がんに亡くしました。

一番副作用が少ないという放射線治療20回照射もしましたが、骨が弱ってしまい背骨骨折で激痛、今度は、骨を強くする点滴を毎月。

抗がん治療も。ハッキリ申し上げて、何もしなのが一番よかったと。90歳のお父さんを苦しめずに、余命を家族そろって楽しく暮らすのが一番です。妻は肺のガン潰瘍45mmから13mmに縮小しましたが、ガンでは死亡せず、治療のための副作用に心臓が耐えきれずに、逝ってしまいました。治療を始めるまでは通常生活でしたが、治療を初めてすぐ...続きを読む

Q肺腺癌(肺繊維症)の放射線治療

52才の父が2月末に肺腺癌の宣告を受けました。
遠隔転移は無いものの、同側のリンパ節転移があり、
また肺繊維症を併発しているため、手術・抗がん剤・放射線は
適用外とのことでした。しかし、今日、別の病院で放射線治療
を5月9日から行うことが決まりました。

質問は
肺繊維症を併発している肺癌の放射線治療の予後は一般的に
どうなのでしょうか?一気に肺機能が低下することもあるそうですが、
確率的にはどうなのでしょうか?
今までダメだと言われてきた治療法があっさりやることになり、
とても心配です。
医者からは最悪の場合、逆に旨く行った場合の、説明は受けましたが、
まだ迷いがあります。

どんなことでもかまいませんのでご存知の方教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

お父様の病状がだいぶ理解できました。」
抗癌剤の使用に関しては、低頻度ながら肺線維症の合併症が起きることがあります。腺癌という組織型が、抗癌剤に対する反応が得られにくいタイプであることから、使用することで得られる延命効果よりも、副作用で失う肺機能がQOL(生活の質)を低下させたり、場合によっては直接死につながるような重大な副作用が発生したりする可能性を重要視したということだと思います。さらにリウマチという疾患をお持ちということですが、(リウマチと肺線維症も関連している可能性が高いと思いますが)その場合、特にステロイドを使用しなければならないほどの活動性がある場合、当然、抗癌剤の副作用の発現はより強くなる可能性がありますから、確かに使用しにくいということはいえると思います。それよりは、局所療法である放射線療法の方が、むしろ副作用のリスクを低く抑えることができるだろうとの判断だと思います。放射線治療を単独で行うことは、決して珍しいことではありません。ただ、現在の肺癌治療は、様々な治療を組み合わせて、最大限の効果を得る(集学的治療といいます)という方針で進めますから、一般的に単独での治療頻度が少ないだけだと思います。治療方針というのは、患者さんの病状に応じて一人一人異なります。別の病気をお持ちである場合は、当然治療が制限されることは、やむを得ない事だと思います。それから、放射線科だから抗癌剤の治療を行わないということはありません。現在かかっておられる放射線科の先生も上記のような考えで、放射線の単独療法を考えておられるのだと思います。
リウマチのような合併症がある場合、抗癌治療しないほうが予後がよいのではないかという疑問についてですが、これはとても難しいことです。それは副作用の発現の予測が非常に難しいからです。ただ、早期に副作用の発現を発見できれば、ある程度、対処可能ですから、慎重に経過を見る必要があると思います。

お父様の病状がだいぶ理解できました。」
抗癌剤の使用に関しては、低頻度ながら肺線維症の合併症が起きることがあります。腺癌という組織型が、抗癌剤に対する反応が得られにくいタイプであることから、使用することで得られる延命効果よりも、副作用で失う肺機能がQOL(生活の質)を低下させたり、場合によっては直接死につながるような重大な副作用が発生したりする可能性を重要視したということだと思います。さらにリウマチという疾患をお持ちということですが、(リウマチと肺線維症も関連している可能性が...続きを読む

Q抗がん剤か放射線か?

私の母は3年前に子宮体癌の手術をし、その直後念の為腹部へ放射線治療をしましたが、その副作用で腸が団子状になってしまい2年前腸閉塞を起こし手術をしました。そして昨年11月癌の転移を医師に告げられショックの為か2日後脳内出血を起こし倒れ開頭手術を行い少しの麻痺と認知症がありながら、だいぶ元気になっております。そこで癌の治療をと思い先日PET検査を行い結果腹部静脈?動脈?への転移であること、幸い他の臓器への転移はないとのことでした。そこで悩んでますが、今後の治療は抗がん剤と放射線どちらを選べばということなのです。担当医は倒れる前は抗がん剤を勧めてのしたが、母が認知症と聞くと治療を渋りました。そしてPETの結果を見て今度は放射線治療を勧められました。担当医の説明はこうです。
1.認知症があると治療の意味が解らず継続が難しいのではないか。又病院側も、面倒みきれない。(公立の為人手不足ということで。)
2.抗がん剤の副作用で脳梗塞の恐れがある(一度脳内出血をしてるので可能性がある。
3.放射線なら副作用が少ない。
ということです。
しかし、こちらの意見としては
1.認知症は軽く手は全くかからず治療もおおよそ理解している。
2.以前の放射線治療での腸閉塞はきついものがあり、今度は少し部位が上といっても又なにかの弊害があるのではと、家族は不安になっている。
3.放射線しても転移したのだから、又同じことの繰り返しではないだろうか
その話担当医にしたら、家族がそう言われるならと抗がん剤の方向で日程をきめました。決まったものの母が倒れて以降の医師の態度に不信感が募っていて今回も突き放したようにいわれたので私の判断が正しかったのか不安でたまりません。一般的にこういった場合どういう治療を行うのが普通なのかお聞きしたくて質問しました。宜しくお願いします。

私の母は3年前に子宮体癌の手術をし、その直後念の為腹部へ放射線治療をしましたが、その副作用で腸が団子状になってしまい2年前腸閉塞を起こし手術をしました。そして昨年11月癌の転移を医師に告げられショックの為か2日後脳内出血を起こし倒れ開頭手術を行い少しの麻痺と認知症がありながら、だいぶ元気になっております。そこで癌の治療をと思い先日PET検査を行い結果腹部静脈?動脈?への転移であること、幸い他の臓器への転移はないとのことでした。そこで悩んでますが、今後の治療は抗がん剤と放射線どちらを...続きを読む

Aベストアンサー

放射線治療を以前に受けたということですが、おそらく前回行ったのは下腹部のあたりに対して、予防的に当てたものでしょう。そして今回再発してきたのは傍大動脈リンパ節(他にも呼び方はあると思いますが)と呼ばれる領域でしょう。この部分は前回の放射線治療を行っていない部分と思われます。ANo.2で指摘されているように同一部位への放射線照射は禁忌であるにもかかわらず、担当医が推薦したことを考えると、これも合致します。
>放射線しても転移したのだから、又同じことの繰り返しではないだろうか
放射線が当たっている部位には再発していません。放射線があたっていないところからがんが再発してきました。こう考えると、放射線治療も捨てたものではないと思いませんか?

そもそも放射線治療は基本的に局所治療です。照射された部分にのみ効果がありますので、他の部位には効果がありません。今回放射線治療を選んで、転移が出た部分を治療したとしても、肺転移が新たに出てくる可能性はあります。また、副作用で腸閉塞の出る確率もありますし、下痢などを起こす可能性もあります。抗癌剤治療も大差ないとおもいますが。

>認知症は軽く手は全くかからず治療もおおよそ理解している。
抗癌剤治療のために入院すると、認知症は必ず進行します。必ず手が掛かるくらいに進行しますので、病院の言い分も適切であると思います。

もしも私の母だったとしたら、まずは放射線治療を外来通院で行い、次に再発あるいは効果不十分であったとしたら、ANo.2の方のおっしゃるような緩和治療かその前段階の病勢を少し抑える程度の抗がん剤を通院で使用したいかなと思います。

放射線治療を以前に受けたということですが、おそらく前回行ったのは下腹部のあたりに対して、予防的に当てたものでしょう。そして今回再発してきたのは傍大動脈リンパ節(他にも呼び方はあると思いますが)と呼ばれる領域でしょう。この部分は前回の放射線治療を行っていない部分と思われます。ANo.2で指摘されているように同一部位への放射線照射は禁忌であるにもかかわらず、担当医が推薦したことを考えると、これも合致します。
>放射線しても転移したのだから、又同じことの繰り返しではないだろうか
放射...続きを読む

Qこんにちは。私の父が肺がんの肺腺癌と診断されステージ4と言われました。

こんにちは。私の父が肺がんの肺腺癌と診断されステージ4と言われました。現在骨と脳に転移していて、先生からは余命二ヶ月と診断されました。現在は抗がん剤治療と放射線治療を行っています。右手右足が麻痺していて少し光が眩しいみたいなんですけどそれ以外は特に体調も悪くなく食欲もあり元気です。いきなり容態が急変したりするのでしょうか?本人は治す気満々で日々を送ってます。体格もよく53歳という若さなのでこのまま体力で長く生きてくれるのではと思っているのですがどうでしょうか?稀に末期でも回復したという話を聞きます。回答おねがいします。

Aベストアンサー

こんばんは。

ご本人もお若く、治療も続けておられるということで、ご家族様も信じられない気持かと思います。

ステージ4ということですが、骨と脳に転移していることから考えると、回復するのは難しいと思います。麻痺と光の眩しさは神経に影響が出ていると考えられます。
放射線治療で全ての転移がなくなればいいのでしょうが、おそらく進行のほうが早いと思われます。

今の状態からは除々に悪くなっていくと思います。
呼吸状態が悪くなり、食事も難しくなってくるかもしれません。

今、お父様に闘病意欲があれば、突然の治療中止は返って意欲の低下につながることもあります。

奇跡のような結果を期待するか、その場の現実を少しずつ受け止めていくかはご本人とご家族の自由です。

私個人としては、病状から余命がわかっているなら、最後は本人の思い通りに過ごさせてあげたいです。
病院で過ごす時間より、家族で過ごす時間を持ちたいです・・・ありきたりかもしれませんが。

お父様ご本人が治療に積極的なら、それを支えてあげるのもいいかもしれません。
ただ、ご家族は治るという期待だけでなく、余命を受け止める気持ちも持っていてくださいね。

こんばんは。

ご本人もお若く、治療も続けておられるということで、ご家族様も信じられない気持かと思います。

ステージ4ということですが、骨と脳に転移していることから考えると、回復するのは難しいと思います。麻痺と光の眩しさは神経に影響が出ていると考えられます。
放射線治療で全ての転移がなくなればいいのでしょうが、おそらく進行のほうが早いと思われます。

今の状態からは除々に悪くなっていくと思います。
呼吸状態が悪くなり、食事も難しくなってくるかもしれません。

今、お父様に闘病意欲が...続きを読む

Q私はSLEで毎日ステロイドを4ミリ服用しています。 その場合ガンになったら、放射線治療や抗がん剤、外

私はSLEで毎日ステロイドを4ミリ服用しています。
その場合ガンになったら、放射線治療や抗がん剤、外科手術療法をして治すことは可能でしょうか?
免疫力が低下していると、その様な治療は効果が得られないのでしょうか?

Aベストアンサー

私もSLEで腎臓がんになり、片方の腎臓を摘出しています。
手術は普通に受け、回復は人より早めでした。傷口の治りは多少悪かったですが。
ただ、副腎が開店休業になっていて、ふつうの人は出る副腎皮質ホルモンが出なくて、術後かなり体がだるかったです。
聞いた話ですが、抗がん剤の種類によっては、免疫の活動を活発にさせるものがあるそうです。SLEの治療と相反するものなので、この手の薬は使えないそうです。
SLE以外でも免疫力が低下する病気はあると思います。
4ミリであればそんなにも免疫力の低下について気にしなくてもよいと思いますよ。

Q肺腺癌放射線治療後の症状

はじめまして。10年前に母が肺腺癌の告知をうけて、手術こできない為、抗がん剤治療と放射線治療をし、その後イレッサを服用しています。現在もイレッサ服用で定期的に病院に行ってます。腫瘍マーカー数値が上がる事もありますが、最近の検査では正常な数値でした。
ここ数年10月頃になると咳をした再に痰に血が混じったものが出てきて病院に行くのですが、去年まではイレッサを飲んでいる影響て喉の皮膚が弱く血が混じると言われてたのですが、今年も数日前に痰に血が混じったので病院にいくと、放射線治療の影響てかさぶたがありそこから血が出てくると言われたそうです。今までそんなに症状こ出ていないのが不思議と言われたようです。かかりつけの病院ですが当直の先生で毎回主治医ではないみたいです。
先生は2、3日はこの症状が出るが大丈夫ですよと言われたみたいてすが、血が混じる度に母は不安で私に報告してきます。私はどうしてあげる事もできないのですが、放射線治療をするとこの症状が出るのは普通の事なのでしょうか?

Aベストアンサー

放射線治療はガンも殺すと同時に健康な細胞を殺すのです。ガンも死ぬかもしれませんが、健康な細胞を殺すことになりますので、何10年も安心して生きることは絶対に出来ません。もしもお母様が高齢なら宣告された余命を好きな様に生きたらどうでしょうか?私の父は肺がんで余命3年と言われましたが70歳から80才まで生きました。母(93才)の胃がんがありますが全く普通に食生活をしています。
 「どうせ死ぬならガンがいい」
 この本を読まれて下さい。
http://www.amazon.co.jp/%E3%81%A9%E3%81%86%E3%81%9B%E6%AD%BB%E3%81%AC%E3%81%AA%E3%82%89%E3%80%8C%E3%81%8C%E3%82%93%E3%80%8D%E3%81%8C%E3%81%84%E3%81%84-%E5%AE%9D%E5%B3%B6%E7%A4%BE%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E8%BF%91%E8%97%A4-%E8%AA%A0/dp/4800202868

Q腫瘍マーカーの数値を減らすには いつもお世話になっております!内の親戚に乳がんをやり抗がん剤放射線治

腫瘍マーカーの数値を減らすには
いつもお世話になっております!内の親戚に乳がんをやり抗がん剤放射線治療を終わり今ホルモン剤治療みたいですが腫瘍マーカーの数値がいっこうに減らずにいまして数値を減らすにはどうしたらいいんでしょうか?食べ物なんかで癌にいい食べ物はありますでしょうか?教えて頂けるとありがたいです!よろしくお願いします!

Aベストアンサー

マーカーを下げる食べ物や、医学的に確実な、自分でできる方法は考えにくいと思います。

Q肺腺癌ピンポイント照射後の経過について。

73歳の母はマック症で通院中右下葉にある影が大きくなり去年の1月の腫瘍マーカーCEAが12、SLXが170になり、検査の結果、肺腺癌、EGFR遺伝子変異あり、3cm強で転移なしでしたが肺機能が弱く、去年4月に4日間根治目的としてピンポイント照射し1ヶ月後には一回り小さくなり腫瘍マーカーも正常値に戻りました。その後2ヶ月過ぎた辺りから咳も出来ない程背中の肋骨辺りが痛いと訴えたのですが、放射線の影響かもしれないが、今はレントゲンを見ても肺炎の様になっていてちゃんと見えないから痛みに関しては対処療法しかないと言われ痛み止めを処方されました。母はサラシを巻けば痛くないと言って薬もほとんど飲まず、痛みも数日をピークに治り始め違和感だけが残った矢先の12月、ctで少し大きくなってきているから再発疑いと回答が来ましたと言われ、petでは再発にしては光り方が淡いので炎症だろうとの回答で再度毎月経過観察。
そして今月ctでまた少し大きくなっている様に見えるので再発疑いと回答があったと言われました。今月に至るまで腫瘍マーカーは正常値のままです。ただ今月はCRPが2.6で、白血球も少し上がっており、母自身は自覚症状はないのですが今までなかった数値なのと前に言った母の背中の肋骨辺りの違和感も指摘され、ちょうど母が言っている肋骨の場所に影がかぶってる様にも見えるので骨転移も考えないといけないと言われました。
母は納得がいかず、今は違和感と言っても痛みはなく、仰向けで寝て呼吸をすると肩凝りで腕を回した時の様に筋が当たる様にコリコリするだけで仰向けで寝てる以外は違和感もないと言ってましたが主治医には伝わらず、痛みがあった5ヶ月前にPET検査したのに転移の所見なしだったのにと疑問を伝える途中で話を遮られてしまいました。
結局主治医の回答は今は炎症反応が出てるから抗生物質を2週間飲んで再度ctを撮り、それでも大きさが変わらない様であれば抗がん剤と言われました。
私は腫瘍マーカーも正常値で骨転移の末期なんてあるんですか?と聞いても主治医は「放射線科が再発って回答してるから。ピンポイント照射から1年経ってるし炎症だとは考えられない。陰影が変化すると言うことは再発しかないと思います。ただ母の場合は肺マック症もあるから抗がん剤は慎重に使わないといけないし、早く使えばいいって物でもないから様子見ながらでもいい」との事でした。いつもこちらが質問すると遮られてしまって聞きたい事も聞けないまま診察が終わってしまい、診断も主治医の意見はなく、放射線科の回答によって二転三転する事が多々あり、このまま主治医の言われるがままでいいのか不安です。長々と書いてしまってわかりにくいかと思いますが色々な方の意見を参考にさせて頂きたく質問させて頂きました。宜しくお願いします。

73歳の母はマック症で通院中右下葉にある影が大きくなり去年の1月の腫瘍マーカーCEAが12、SLXが170になり、検査の結果、肺腺癌、EGFR遺伝子変異あり、3cm強で転移なしでしたが肺機能が弱く、去年4月に4日間根治目的としてピンポイント照射し1ヶ月後には一回り小さくなり腫瘍マーカーも正常値に戻りました。その後2ヶ月過ぎた辺りから咳も出来ない程背中の肋骨辺りが痛いと訴えたのですが、放射線の影響かもしれないが、今はレントゲンを見ても肺炎の様になっていてちゃんと見えないから痛みに関しては対処療法...続きを読む

Aベストアンサー

CRP定量が増加2.6ならそんなに気になる数値ではないですよね、身体の何処かに炎症が有ると言う事です、肺癌は骨と脳、副腎に転移しやすいと言われています、PET-CT検査もしているみたいですが肺炎と脳はPET-CTの検査ではあてにならないです、やはり普通のCTになります、本当は手術が一番良いのですが肺機能が悪く手術出来ないのですね。骨への転移の話が出て来ますがやはりPET-CTよりは骨シンチをした方が確実ですよ。気管支鏡検査はしたのですよね?抗がん剤は本当は使用しないのが一番ですがね?

Q放射線治療と抗癌剤の点滴について

癌治療のひとつで放射線治療と抗癌剤の点滴がありますが具体的にこの二つの治療をすることにより癌細胞に対してどのような効果があるのでしょうか?

Aベストアンサー

・放射線治療とは、X線やγ線などの電磁波を、ガン細胞に照射して死滅させる方法

・抗がん剤(化学療法) 先週、薬剤師に説明を受けた資料から
「細胞の増殖を抑えて 腫瘍の発育を抑える」
(→正常な細胞も影響されるので髪の毛が抜ける)


人気Q&Aランキング