ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

先日、親戚が転倒して近くの整形外科に行ってレントゲン検査を受けたのですが、
「骨折はしてないと思うが、ここのクリニックにある機械では完全には分からない」という様な
事を言われたという連絡があったので別の整形外科へ行くことを勧めました。
そちらでも同じくレントゲン検査を受けたのですが、そちらでは
「レントゲン写真を見る限りでは、骨折してないようだが、念の為CT検査を受けたほうがいい」と
別のクリニックを紹介され(CTを置いていないので)、CT検査を受けに行ったそうです。
CT検査では、骨折が判明しました。
その後最初の整形外科(家から近く通院に便利なので)に再度CTの結果の写真を持って、受診し
「骨折していた」事を伝えたところ
「CTの写真をみると骨折しているようなので、再度レントゲンを撮る」ということになり、
再度のレントゲン検査では骨折が確認出来たそうです。
そもそもですが、骨折していてレントゲンでは映らない、分からないという事があるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

人間には200以上の骨があります。

この投稿では部位は書いていませんが、特に多いのは、手首より末梢(ようは指先)と足首より末梢(これも指先)で、コップをにぎる、体の重心を支えるなど、複雑な動きが求められるからです。骨というよりも手足に関しては、小さな石の固まりで、できていると思ってもらった方がわかりやすいかもしれません。
もちろんレントゲンよりCT、MRIのほうが見つけやすいかもしれませんが、その分費用は高いです。骨折と診断できない可能性もあります。

骨折に限らずあとから血液の再検査、写真の取り直しで病変が顕著に現れることも、すべての病気に当てはまることだと思います。
どうぞ、お大事になさってください。
    • good
    • 1

X線検査は骨折の診断に最も重要な手段です。

通常はX線検査だけしか行われません。しかし、小さな骨折や不顕性骨折では1枚の写真ではわからず、いろいろな角度で見ないといけないことが起きます。また、数日ないし数週間後のX線検査で(肋骨骨折など、仮骨形成が始まってから)確認できるようになる場合もあります。X線検査で確認できなくても骨折が疑われる場合には、CT検査やMRI検査を行う場合があります。(メルクマニュアルからの要約孫引きです)最初の医師のカンで発見に至ったというように理解されたら如何でしょうか。
    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q骨折には全治何週間くらいかかるのでしょうか?

骨折してから、ちょうど1週間になります。
骨折箇所は足の甲の小指側です。足の外側にポコッと骨が出てるところがありますよね、その横らへん?らしいです。(うまく説明できなくてすみません。)
医師により全治までの期間がまちまちで、どんなものかと思っています。
全治2~3週間という医師や4週間という医師まで。
また指は動かしてもよいとか絶対に骨折した方の足には体重をかけないようにとか。
・・・といっても実は、骨折して3日後くらいから痛みもないので、勝手に家で歩いたりしてたんです。
でも、この木曜に病院に行った時医師から注意されてしまいました。
その時、動いて腱がズレて手術になることもあると言われ、ションボリ。
仕事は事務職とはいえ、仕事に支障もあるし、何よりこの窮屈なギブスにウンザリ(笑)
気になるのが、その手術というのは、手術室で行うようなものでしょうか。
また、ギブスを外した後、リハビリとかあるのでしょうか。
すぐ歩けるようになるのでしょうか。
早く治す方法ってあるのでしょうか。
質問攻めで申し訳ありませんが、骨折のご経験のある方、なくても知識のある方、ご意見をお聞かせ下さい。

骨折してから、ちょうど1週間になります。
骨折箇所は足の甲の小指側です。足の外側にポコッと骨が出てるところがありますよね、その横らへん?らしいです。(うまく説明できなくてすみません。)
医師により全治までの期間がまちまちで、どんなものかと思っています。
全治2~3週間という医師や4週間という医師まで。
また指は動かしてもよいとか絶対に骨折した方の足には体重をかけないようにとか。
・・・といっても実は、骨折して3日後くらいから痛みもないので、勝手に家で歩いたりしてたんです。
...続きを読む

Aベストアンサー

 お話から察すると、この骨折は「第5中足骨基部骨折」だと思います。この「第5中足骨基部」には「短腓骨筋腱」という腱が付着しており、足を内へ強く捻ってしまったりすると、この腱に引っ張られて骨ごと剥離してしまうことがあります。これがこの骨折のメカニズムです。今回ギプス固定をされているということから、恐らく骨折部の転位は少なかったのだと判断しますが、先ほどの話しにもあるように、常にこの部分は腱に引っ張られているので骨折後は十分な固定をしておかないと更にズレていくことがあります。完全にズレてしまえば主治医の先生の仰るように手術しなければ「偽関節」という状態になります。手術は通常腰椎麻酔(下半身麻酔)で行います。方法は長さ2cm程度のスクリュー(ねじ釘のようなもの)で固定するか、1~2mm程度のワイヤーを2本平行に刺し、更に細いワイヤーで8の字に縛る方法があります。この手術をすればギプスをする必要はありませんが、2~3週間は体重をかけることは出来ません。次にリハビリに関してですが、現在の固定が足先からすねの中央まで固定されていれば、当然足首の動きも制限されているわけなので、ギプス除去後の「足関節・可動域訓練」というリハビリをする必要があります。ただし、除去後すぐに可動域が良好である場合はその必要はありません。
 最後に骨折全般に言えることですが、ほとんどの場合、一度骨折した骨は元の硬さに戻るには約2~3ヶ月かかると言われています。ですが、機能的な問題がなくなるのには約1~2ヶ月程度と言われています。早く骨癒合させるには、骨折部を出来るだけ動かさない(骨折部をグラつかせない)ことが原則になります。「もう少しの辛抱」と思って頑張って下さい。

 お話から察すると、この骨折は「第5中足骨基部骨折」だと思います。この「第5中足骨基部」には「短腓骨筋腱」という腱が付着しており、足を内へ強く捻ってしまったりすると、この腱に引っ張られて骨ごと剥離してしまうことがあります。これがこの骨折のメカニズムです。今回ギプス固定をされているということから、恐らく骨折部の転位は少なかったのだと判断しますが、先ほどの話しにもあるように、常にこの部分は腱に引っ張られているので骨折後は十分な固定をしておかないと更にズレていくことがあります。...続きを読む

Q肋骨の骨折に必要な検査は?CT検査・心電図・血液検査は必要でしょうか?

私の主人の話です。右の肋骨?部分が数日痛むので、病院にいきました。以前も肋骨を骨折した事があったので、またかな?と思って病院にいきました。すると、いろいろ検査しますとのことで、心電図・CT・レントゲン・血液検査をされ、結論は肋骨に大きな骨折はないが、レントゲンに映らない所にあるかも?みたいな回答でシップと肋骨を固定するバンドみたいなのをもらいました。以前いった病院では、レントゲン検査だけでした。病院代が12000円!!!いろいろ検査したので、高いとは思いますが、このような検査が必要だったのでしょうか?

Aベストアンサー

結論
 胸のX-P一枚のみで十分です。
理由
 整形外科医は肋骨損傷 特に肋骨ー肋骨軟骨は見えにくい場合が 
 多々です。運動選手の試合中やスキー場での受傷などで胸部X-P
 が撮れない場合でも問診や痛みの部位や深さ とか  例えば押す、 咳をさせて見るなどの誘発テストで肋骨損傷か
 他疾患かは簡単に診断がつくからです。

 保険請求には検査が妥当で有る病名を記載しないと皆請求は保険で
削除されます。
心電図・CT・血液検査をやったならば 診療報酬明細書に
 なぜ心電図を、なぜCTを、なぜ血液検査を つまり検査用の病名を
 どんどんつけなくてはいけないのです。
 ちょっと考えてみたらわかるのですが、
 内科医なら肋骨損傷がわからないー>諸検査施行は仕方ない。
 逆に整形外科医ではわからない疾患で 心電図・CT・血液検査を要し
 要加療なら、それは整形外科では無くて他科の守備範囲になるからです。

Q右足首を骨折し、4週間のギブス固定後、レントゲンでは、骨はちゃんとつい

右足首を骨折し、4週間のギブス固定後、レントゲンでは、骨はちゃんとついていると言われました。しかし、足首から指までの腫れがひどく、鈍痛があり、動きも悪いため、(外して1ヶ月過ぎました)週3回整形外科で、足首を先生にギューギュー押さえてのばされてのリハビリに行っています。(ベッドに寝て、足の指を下側におさえて、筋肉?をのばすのですが、凄く痛いです、時間は2分くらいだと思います)そこでは、温めるようにいわれたのですが、足首に熱があるのと、温めたら痛くなるので、カイロプラクティックの先生には炎症があるから冷やすようにと言われたこともあり、仕事中もアイスパックを足首に当てて仕事しています。(保育士です)冷やすようになってから、少し腫れが引いたのですが、あまり変化はありません。このまま、整形に通った方がいいのか、接骨院に行って治療した方がいいのか、悩んでいます。

Aベストアンサー

医学上の急性期の考え方は、外傷によって交感神経が刺激され、受傷部位が腫脹して疼痛や神経症状や運動障害が発生してから、細胞の第一次修復が終了するまでの期間を言います。

傷病名によってもその期間は異なりますが、脱臼・骨折・神経の損傷がある場合は3~4週間程度であって、軽度な打撲・捻挫の場合は1~2週間の場合もあります。

一般論ですが、4週間経過して骨癒合(骨がつながった)したのであれば、骨の強度的には回復していると言えるのでしょう。

ただし、骨がつながると言っても、変形癒合していたり、関節の可動域に問題があったりして、関節の動きが悪くなっていることも予想されます。

こういうケースの場合、後遺障害が残る可能性もありますから、主治医の許可無く接骨院等で治療を受けることはお勧めできません。

「基本として医業類似行為(病院等の医療機関以外の鍼灸院や整骨院等)は、医師の事前の同意が必要であるが、当該同意が無い場合でも、接骨院の場合は治療の有効性が確認される限り、損害賠償上の治療行為として認める」とは、柔整師法に定められているのではなく、接骨院治療に対する裁判所の考え方です。

また、カイロプラクティックには医学的な根拠が乏しいため、基本的に認定対処とされません。

足首の状態や経過期間から判断しても急性期は過ぎていると考えて良いでしょう。

しかし、関節可動域回復訓練を行う場合、どうしても炎症が発生することが多いことも事実です。

そのために患部が熱っぽくなったり、腫れたりすることもあります。

しかし、関節可動域回復訓練を中止すると、最終的に関節可動域に大きな問題が残ってしまう危険性があります。

炎症がひどいときは一時的に患部を冷やすことはあっても、この時期には暖めることが医学的な常識といえます。

辛いでしょうが、関節の骨折の治療とはこういうものです。

医療機関では、こうした炎症を抑える薬剤の投与も可能です。

むやみに整骨院に通われると、骨癒合の状態や軟部組織の状態を確認しないまま、強引な施術が行われる危険性もあります。

整骨院には、診察権は認められていますが、診断権は認められていませんし、後遺障害診断書等の作成権限もなく、病態を証明する権限もありません。

どこで治療を受けられるのかは質問者さんのご自由ですが、大きな医療機関の医師は「整骨院などは健康な人が行くところである」と言っています。

軽い打撲・捻挫の場合の治療は、自分の体が治っていくことを助ける目的の治療であって、極端な言い方をするなら、治療を受けなくても、そういう怪我は人体の元々の自然治癒力で回復するのです。

そういう意味では、軽い打撲・捻挫はどこで治療を受けてもそれほど差異はありません。

質問者さんの場合は、そういう病態ではないと考えますので、私は整形外科で治療を受けられることをお勧めします。

医学上の急性期の考え方は、外傷によって交感神経が刺激され、受傷部位が腫脹して疼痛や神経症状や運動障害が発生してから、細胞の第一次修復が終了するまでの期間を言います。

傷病名によってもその期間は異なりますが、脱臼・骨折・神経の損傷がある場合は3~4週間程度であって、軽度な打撲・捻挫の場合は1~2週間の場合もあります。

一般論ですが、4週間経過して骨癒合(骨がつながった)したのであれば、骨の強度的には回復していると言えるのでしょう。

ただし、骨がつながると言っても、変形癒合し...続きを読む

Q足の骨折(正確にはひび)は最短でどのくらいで治るでしょうか?

足の骨折(正確にはひび)は最短でどのくらいで治るでしょうか?

先々週くらい前に交通事故事故に逢って、足の指にひびが入ってしまいました。医師は2~3ヵ月ほどで完治と言っていたのですが、最近はあまり痛みを感じることもなくなったし、来週くらいからは大学も新学期が始まるし、何よりバイトに行けないと経済的にとても困ることになるのでバイトに行ってしまおうかと考えています。
医師が2~3ヵ月で完治と言ったのは運動など激しい行動ができるようになるまで、ということなのでしょうか?
というか、私の知り合いが足の指にひびが入った時は2~3週間くらいで普通に歩きまわっていたような気がします。
骨折の程度にもよると思いますが、最短でどのくらいでバイト復帰しても大丈夫なのか分かる方がいらしたら教えてほしいです(><)!
ちなみにバイトはマックです。ちょっと動き回ることもありますが重い物を持ったりすることはないので負担も少ないかな?と…

Aベストアンサー

 骨折の程度にもよりますが、ヒビ程度だったら
1~2ヶ月で痛みは無くなります(ただし固定せず)。
 左手薬指第1間接完全骨折:スパイラル(ケーブル用)を巻いて
翌日にはバイク乗ってました、キーボード打つのが大変でしたが、
1ヶ月ぐらいから痛みは取れ、2ヶ月前にスパイラル外しました。
 右足腓骨骨折(ヒビ):階段を降りるのがかなりキツいですが、
松葉杖も使わず通常に仕事、3週間は顔をしかめてばかり。
1ヶ月を過ぎて2ヶ月ごろから徐々に階段を下りるときもさほどです。
2ヶ月をすぎれば大丈夫でした。
 その他:手の甲なども気にせず仕事してました。
 ギブスで固定せず痛みも無ければ大丈夫ですよ、ただし
靴と靴下は厚めを履いた方が無難です。
 食事も気をつけて牛乳飲んだりシラスを食べたり
カルシウムたっぷりを気をつけました。
 普通に動作出来れば治るの早いです、くれぐれも
同じ所を打たない様に、痛すぎるよ!

Q手と足のMRI、CTについておしえてください

手、足をケガしてしまい、病院に通っています。
1)レントゲンだけでなくCTかMRIをとることになったのですが、手や足の場合CTとMRIとではどっちでとったほうがいいのでしょうか。レントゲンでとるより具体的になにがわかるのでしょうか。

2)CTの場合、MRIの場合のメリットデメリットをおしえてください。

Aベストアンサー

1)疾患によって適応が違います。
一般的に骨(骨折およびその疑い)ならCT、筋肉、関節ならMRI

2)CTのデメリット・・・被曝する(1回や2回の検査では気にする事はないが)
横断面(輪切り)の画像しか得られない(再構築できますが)
メリット・・・空間分解能に優れている(細かいものまでみえる)

MRIのデメリット・・・骨の検査には不向き(骨腫瘍などは別です)
メリット・・・任意の断面が得られる。関節の構造などが良くわかる。

などです。

どのような目的で検査をするのかわかりませんので詳しくお答えしようがありません。

Qシーネとギプスの違い

シーネ固定と、ギプス固定の違いを教えてください。よく、看護婦さんがシーネ巻き変え、とか言ってますけど、どういうことなのかなぁと思いまして。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

医用画像解析の研究者です。
以前病院に勤務しておりました。

シーネは、骨折の際、患部の固定を行うための添え木のことをさします。
医療では副子と呼びます。
ボール紙・木・竹・金属板・針金・ギプスなどが材料に用いられます。
一般的には、ハシゴ状の針金に包帯を巻いたラダーシーネ、アルミ板にウレタンを貼り付けたアルミシーネを多く使用しています。

ギプス(Gips)はドイツ語の「石膏」から来た言葉で、患部全体を覆います。
最近は、石膏ではなくプラスチック製を多く使用しています。
軽く、X線写真診断にも影響が少ないすぐれものです。
半分に切って蓋のようにしたギプスシャーレなんて言うのもあります。

一般に、シーネ固定は単純な骨折や捻挫、手先、足先、首、鼻など、比較的短期間の固定に用いられます。
ギプス固定は、2関節以上にまたがる固定、複雑骨折や重篤な捻挫、靭帯損傷など、長期にわたっての固定に多く用います。

Q骨のヒビ(仮定)を放置したらどうなりますか?

いつもお世話になっております。

さきほど、親指の付け根の骨(足の甲側)に重さ7キロぐらいの物を勢いよく落としてしまいました。骨折未満打ち身以上の痛みで、地味な痛みが継続する程度。ただ過去の骨折と比べて、腫れも内出血も全く皆無なので怪我したようには見えない程です。時間も時間なので、応急処置として保冷剤あて、テーピングで固定しています。今はテーピングのお陰で歩いても痛みはあまりありません。重いものを落としてしまった箇所を軽く押して「痛いかな」と感じる程度まで回復しました。痛みが響くところも一箇所のみで、他に痛みを感じるところはありません。テーピングをしたら地味に継続していた痛みもなくなりました。
足の指も痛みもなくパタパタ動かせるし、骨折ほど痛くなく対処に困ります。過去に骨折、捻挫、じん帯損傷、打撲など数え切れないくらいやりました。が、過去に類がないくらいの地味な痛みと全く外傷ない、ピンポイントで一箇所のみなので病院に行くのもためらわれます。ただ普通に歩こうとするとどこかに体重をかけているのを微妙に感じたり、痛い箇所の骨に何らかの違和感を感じる程度(テーピングすれば特に感じない)打撲とも骨折とも程度が違うと知覚できるだけ。
ただ、このままテーピングし動かさずにいたら2,3日もしないうちに治ってしまいそうな気もします。テーピングをしているので、普通に歩けますが、走ったりふんばったりはまだ避けたいぐらいです。
きっとこのまま病院に行っても、足の指の骨折時のようにシップ貼って「はい、終わり」で帰ってきそうなので、せっかく病院に行ってもあれなら、行かなくてもという気もしてしまいます。(そういう経験が何度もあるので)自己判断で、ちょっと骨にヒビが入ったぐらいな気がしているのですが、ヒビは放置しているとどうなりますか?問題の箇所が、思いっきり力をいれて踏ん張るところの部分の骨の反対側(足の甲)なので、変に置して怖いことになったらとも思うのですが、案外早く治りそうなのでこのまま様子をみたくなります。

素人判断なので誰かに判断を仰ぎたくなりました。簡潔で分かりやすい文章でなく、すみません。
同じように重いものを足に落としてしまった人や、足にヒビを入れた経験がおありの方などなど、何か思い当たることがありましたら教えてください。
お願いします。

いつもお世話になっております。

さきほど、親指の付け根の骨(足の甲側)に重さ7キロぐらいの物を勢いよく落としてしまいました。骨折未満打ち身以上の痛みで、地味な痛みが継続する程度。ただ過去の骨折と比べて、腫れも内出血も全く皆無なので怪我したようには見えない程です。時間も時間なので、応急処置として保冷剤あて、テーピングで固定しています。今はテーピングのお陰で歩いても痛みはあまりありません。重いものを落としてしまった箇所を軽く押して「痛いかな」と感じる程度まで回復しました。痛みが...続きを読む

Aベストアンサー

足の指を椅子にぶつけて亀裂骨折したことがあります。
俗に言うヒビですね。
打撲だと思っていたけど3日たっても痛みが治まらず
初めなかった内出血がいつのまにかできていたので病院に行きました。
レントゲンの結果、そう診断されました。
ホットプレートの耐熱ガラスの蓋を
足の甲に垂直に落としたこともあります。
絶対、骨折してると思いましたが
打撲だけでした。

ヒビは動かすことによって
隙間が開いていくそうです。
固定して動かさないようにしたほうがいいです。

足の甲ですよね。
そこらあたりはシーネで固定されます。
状態によってはギプス・・・かも。

痛みが続き腫れが引かないようなら
レントゲンを撮ってもらったほうがいいと思いますよ。
お大事になさってください。

Q骨折を放置しておいたら?

先週の土曜日の夜、手の平をぶつけてしまいました。その時かなりの間激痛が走り、ぶつけた箇所が膨れてしまったので(たんこぶ?)とりあえずシップをして寝ました。
翌朝にははれもなくなり、痛みも引いていたのでそのままにしておきました。

しかし週明け、その箇所を触ったら痛かったので「もしや骨でも折れてたら・・・」と思ったのですが、腫れも無いし、痛みも触った時だけ。手を動かすとにも何に支障も無かったので、「ただの打ち身だろう」と今まで放っておきました。

が、今見たらその箇所が少し盛り上がっているんです!明らかに、というほどではないですが、反対の手と比べると良く分かります。触った時の痛みも少々あります。
これはもしかして、実は骨が骨折していて、変な風にくっついてしまったのでは・・・?と心配になりました。

もし骨折・骨のひびなどを放置しておいたらどのようになるのでしょうか?また骨折した状態は常にその箇所が痛いのでしょうか?過去骨折の経験がないため分かりません。
一応週明けに病院へ行ってみようと思いますが、骨折だった場合放置していたらどのようになるのかを教えてください。手術とかなったら怖いし、手を使う仕事をしてるので差し支えがあっても困るので・・・。

ちなみにぶつけた箇所は手の甲、人差し指の下から手首のぐりぐりしているところの中間点くらいです。ぶつけてない方の手で確認すると、確実に骨がある場所でした。
(ぶつけたくらいで骨が折れるのか・・・?という話もありますが、ぶつけたというより打ち付けたという感じでした)

先週の土曜日の夜、手の平をぶつけてしまいました。その時かなりの間激痛が走り、ぶつけた箇所が膨れてしまったので(たんこぶ?)とりあえずシップをして寝ました。
翌朝にははれもなくなり、痛みも引いていたのでそのままにしておきました。

しかし週明け、その箇所を触ったら痛かったので「もしや骨でも折れてたら・・・」と思ったのですが、腫れも無いし、痛みも触った時だけ。手を動かすとにも何に支障も無かったので、「ただの打ち身だろう」と今まで放っておきました。

が、今見たらその箇所が少し...続きを読む

Aベストアンサー

骨の異常(骨折)は大変な痛みを伴います。

私は中学生の頃にバスケットボールで突き指したようになったのですが、今までの突き指と違ってその指を少し動かすだけで掌の付け根?まで電気が走ったような激痛が走りました。まさか骨折とは思わなかったのでそのまま指をグルグル巻きにするように湿布をして数日したら痛みは引きました。
しかし、指を何かに押さえるようにすると、その箇所(指の爪の付け根あたり)が痛むのが続いたため、突き指?した時から4ケ月後に病院に行ってレントゲンを取ったら、「ああ、もうくっついてますがヒビ(いわゆる亀裂骨折)が入ってましたね。」と言われました。そしてちゃんとギブス等で固めて治療しなかったために痛みが残ってると言われ、約1ケ月通って毎日マッサージをしてもらい、それで完治しました。

貴方の激痛がどの程度かはわかりませんが、やはりきちんと病院に行って調べてもらう事をお薦めします。今のうちきちんと対応しておいた方がいいです。

Q骨にヒビが入った時の症状を教えて下さい

今日の午前11時頃、左足の、上側の部分を、テーブルの角に、強くぶつけてしまいました。(丸く赤く腫れているのは、蚊に刺された部分です)

それで、ぶつけた時は、全く痛みは無かったのですが、今になって、ぶつけた部分を、指で、強く押すと、少しだけ痛い(我慢できる痛みです)のですが、これって、骨にヒビが入ったのでしょうか?

ちなみに歩いても痛みは無いです。



あと骨にヒビが入った時ってどんな症状が出るんですか?痛みはどのくらいなんですか?


至急回答お願いします。

Aベストアンサー

足の骨折2回、左手の骨折1回、肋骨の骨折2回
尾骨骨折1回、アキレス腱断裂1回の経験がある
私が答えましょう。
>骨にヒビが入った時ってどんな症状が出るんですか?
痛みはどのくらいなんですか?
骨折(剥離骨折も含む)した時は、その瞬間すごく痛い。
痛くて息が止まります。顔面が蒼白になり冷や汗が出ます。
その後腫れてきます。
貴方の場合は骨にヒビが入った症状では無いですね。

QレントゲンとCTの違いって…

先日病院の検査で、レントゲンとCT(両方とも胸)を撮りました。
私の解釈だと、「CTはレントゲンの高性能版」なので、CTを撮るならレントゲンは不要な気がするのですが、違うのでしょうか?
CTでは見えないことがレントゲンでは判る、ということがあるのでしょうか。

Aベストアンサー

CTは輪切りになるので、たとえば脳など、骨に囲まれた部分でも内部がわかります。
一方、通用のレントゲンは、透過ですから、骨の影響のない部分などを見るには優れています。

もうひとつ、CTはいろんな方向からX線を出し、通り抜けた強さにより、計算して各部分の透過率を求めます。イメージとしては、写るものを格子状にわけ、それぞれのX線透過率を、連立方程式を解くようにして求めています、解像度、通常のX線撮影より落ちます。また、CTは一定間隔でのスライス、あるいはらせん状に写しますが、その際隙間が出来てしまいます。スライス間隔より小さなものは写らないことがあります。

ということで、どちらか一方があればよいものではなく、お互いに補完しあうものですね。


人気Q&Aランキング