先日腎臓に嚢胞があるということで造影MRIの検査をしたところ、複雑性腎嚢胞と診断されました。
とりあえず悪性の癌ではないということで経過観察になり、次回は大学病院でMRIの検査を3ヶ月後に受けることになりました。
この病気について調べてもあまり説明がなく、どんな病気か分からず不安です。
知っている方教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

http://oihiodf.blog.shinobi.jp/
過去の類似質問です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q前立腺 の MRI (造影剤)検査をしますが

数日後、前立腺癌の疑いでMRI検査をします。
造影剤を使っての検査ということで、同意書を書くようにと言われています。
検査が決まった際にちゃんと聞いておけばよかったのですが、
検査の進め方を知りたいのです。
造影剤はどこから入れるのか、検査後は普通に行動できるのか(ゴルフの打ちっぱなしに行こうと思っています。)。造影剤はどこからか出てくる(バリュームのように排便にて排出されるのか。)のか。
などなど検査の手順などを教えてもらえると嬉しいです。

Aベストアンサー

通常はガドリニウム製剤を使います。透明な液体で、10ml程度、静脈より注射します。
それぞれの病院のプロトコルによりけりですが、まず、普通に撮影をしてから注射をして、また撮影します。
喘息の患者さん・腎機能の悪い方には使えません。
薬は約1日でほとんどが尿として排泄されます。
検査後の制限はありません。
しいて言えば、どうしても腎臓から尿にこされるときに多少腎臓を木津つけるので、3日ほど水分を多くおとりになるといいと思います。

Q「造影剤 MRI」は、相当危険な検査?

近々、「Gd脳造影MRI」を撮ることになりました。

医師からは、特に詳しい検査に対する副作用の説明はありませんでした。

ところが、承諾書にサインする際の看護師の説明によると、重篤な副作用が、まれに起こるようなことがあると説明を受けました。

体質によるから、実際に検査をやってみなければ、わからないそうです。

私は、過去に全身麻酔と局部麻酔で、2度の手術を経験していますが、特に問題はありませんでした。
胃カメラなどの注射でも問題はありませんでした。
それに、食物アレルギーや過去に薬品によるアレルギーをおこしたことは、ありません。

ですが、やった事のない検査にかなり、不安感があります。

しかし、どうしてもこの検査は行わなければなりません。

MRIの造影剤はCTの造影剤とは違って、副作用が少ない方だと聞いたことがあります。

この、造影剤による検査は、他の検査(心臓カテーテル等)に比べて結構、危険な頻度の高い検査なのでしょうか?

どなたか、詳しい方や若しくは経験のある方、教えてください。
宜しく、お願いします。

近々、「Gd脳造影MRI」を撮ることになりました。

医師からは、特に詳しい検査に対する副作用の説明はありませんでした。

ところが、承諾書にサインする際の看護師の説明によると、重篤な副作用が、まれに起こるようなことがあると説明を受けました。

体質によるから、実際に検査をやってみなければ、わからないそうです。

私は、過去に全身麻酔と局部麻酔で、2度の手術を経験していますが、特に問題はありませんでした。
胃カメラなどの注射でも問題はありませんでした。
それに、食物アレルギーや...続きを読む

Aベストアンサー

No.3の方も回答されていますが、MRI検査は、他の検査(心臓カテーテル等)に比べると安全な検査といえます。

最近は、病院側としてどんな検査であれ、検査を行う場合には、検査の内容、有用性、合併症や副作用、代替検査の有無などを十分に説明をすることになっています。

今回の場合は、造影MRIということですから、Gdという造影剤を使用するため、看護師から造影剤の副作用についての説明があったのだと思います。

たしかに、MRIの造影剤も病状・体質によっては重篤な合併症がおこりえます。しかし、mey_3さんがおそらく心配されている命の危険になるような合併症は約10-20万人に1人の割合(0.0005%-0.001%)といわれています。これは、かなり低い頻度です。ですから造影MRI検査はかなり安全な検査の部類にはいると考えてよいと思いますよ。

ちなみに喘息の方は、MRIの造影剤の副作用の生じる頻度が10倍になるともいわれており、原則として喘息の方は、造影剤を使用するMRIは可能な限り避けるようにしています。

mey_3さんは、喘息をお持ちではないですよね?。とりあえず今までの種々の検査でとくに問題が認められず、また食物アレルギーももっていらっしゃらないとのことですから、検査を受けられてもまず問題ないと思います。

なお、MRIの検査中も、mey_3さんの言葉は検査の担当者に常に届いていますから、体調の変化があれば、その旨を伝えれば、すぐ担当者がきてくれますよ。

No.3の方も回答されていますが、MRI検査は、他の検査(心臓カテーテル等)に比べると安全な検査といえます。

最近は、病院側としてどんな検査であれ、検査を行う場合には、検査の内容、有用性、合併症や副作用、代替検査の有無などを十分に説明をすることになっています。

今回の場合は、造影MRIということですから、Gdという造影剤を使用するため、看護師から造影剤の副作用についての説明があったのだと思います。

たしかに、MRIの造影剤も病状・体質によっては重篤な合併症がおこりえます。しかし、me...続きを読む

QMRIの撮影(MRA、造影MRI)

一般にMRA(MRアンギオ)とMRIの造影とは全く異なった検査なのでしょうか?アンギオは造影剤を使用しないのですか?MRIでは他にどういった検査があるのですか?よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

医用放射線画像解析の研究者です。

アンギオとは、もともと動脈に造影剤を注入してX線撮影を行い、動脈の形をとらえる検査でした。
映画「エクソシスト」に、頚動脈に針を刺して脳血管造影撮影をするシーンがでてきます。
デジタル技術が進んで、静脈からの注入でも動脈の撮影が出来るようになり、さらにCTにも応用して、立体的な動脈の様子が解るようになりました。
ちなみに、静脈造影撮影はベノグラフィーといいますが、最近では動脈と同時に検査を行う場合が多く、同じようにアンギオグラフィーと言うようになってきています。

さて、医療用のMRIは、強い磁力によって被検者の水素原子の分布を捉える検査です。
MRIは面白いことに、傾斜磁場や放射する高周波をコントロールすることによって、特定の臓器(たとえば脳血管)だけを捉えて画像にすることが出来ます。
この場合、とくに薬品など使う必要が無く、非侵襲的な検査です。
他にはMRCP(胆のう・胆管系検査)等があります。
MRIの造影剤もありますが、ごく特殊な目的につかわれ、MRIアンギオには用いられません。
下に、GE社のMRIに関するURLを載せておきました。
ご参考になさってください。

参考URL:http://www.gemedical.co.jp/rad/mri/whats_mr.html

医用放射線画像解析の研究者です。

アンギオとは、もともと動脈に造影剤を注入してX線撮影を行い、動脈の形をとらえる検査でした。
映画「エクソシスト」に、頚動脈に針を刺して脳血管造影撮影をするシーンがでてきます。
デジタル技術が進んで、静脈からの注入でも動脈の撮影が出来るようになり、さらにCTにも応用して、立体的な動脈の様子が解るようになりました。
ちなみに、静脈造影撮影はベノグラフィーといいますが、最近では動脈と同時に検査を行う場合が多く、同じようにアンギオグラフィーと言...続きを読む

Qカテーテル検査で冠動脈造影した造影剤はどこへ?

今更人に聞けないのでこの場で質問。

冠動脈造影するために、冠動脈に流した造影剤は、冠静脈へ流れるのでしょうか?

その後、造影剤は冠静脈から腎臓へ行き代謝だれるのでしょうか?

Aベストアンサー

冠静脈洞→右心房→....→全身

参考URL:http://www.keio-cardiovascular-image.com/education/kaibou/3.html

Q13日に検査なんです(T_T) MRI検査について、教えてください!!

下垂体腫瘍、または脳動脈瘤の疑いで、脳MRI検査を受けることになりました。
造影剤も使うようです。
私は、注射が大の苦手なのですが、

1、造影剤は、何処から注射するのでしょうか?
(足の付け根という噂を聞いて、早くも意識が遠のいています・・・)
2、また、通常は造影剤を使わない事が多いとも聞いたのですが、
このような病院(又は医師)を信用してもいいのでしょうか?!(考えが飛躍している感もありますが。。。すみません)

3、麻酔をするのでしょうか?また、副作用は?時間はどれくらい?費用はどれくらい?保険は適用されますか?

とても不安です・・・・。
専門の方、経験者の方、注意すること、アドバイス等もあわせて詳しく教えてください!どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

何をされるかわからないときって、確かに不安ですよね。
MRIは磁場によって(磁石の力ですね)体の輪切りの画像を取るもので、
撮っている最中は、痛くも痒くもありません。安心してください。

1:造影剤は、基本的には手の甲から刺すことが多いと思います。
  まあ、これは病院によっても多少違うかもしれませんが・・
  造影剤を注入されている途中は、冷たいものが手の先から
  肩まであがってくるような感じがあって、多少不快感はある
  かもしれませんが、すぐにおさまります。

2:動脈瘤の疑いということですので、血管の詳しい状態を調べる
  ためには、造影剤を使わなければなりません。
  使わないほうが、信用置けないと思いますね。

3:麻酔は、成人の場合には基本的にしないで行います。
  造影剤の副作用としては、吐き気、蕁麻疹、その他ショックなども
  報告されていますが、頻度は低いです。
  時間は、20~30分かかります。
  費用については詳しいことはわかりませんが、保険は適応になりますよ。

私も上司の実験のデータ集めのために造影MRIを受けたことがあります。
はじめはmi-loさんのように緊張していましたが、MRIの機械の中で、
不覚にも居眠りをしてしまいました・・・
多少音はうるさいですが(コンコンコン・・ていう音が耳障り)、痛いのは
はじめの注射だけです。
安心して検査を受けてください。
また、結果に異常が無いことをお祈りしています。

何をされるかわからないときって、確かに不安ですよね。
MRIは磁場によって(磁石の力ですね)体の輪切りの画像を取るもので、
撮っている最中は、痛くも痒くもありません。安心してください。

1:造影剤は、基本的には手の甲から刺すことが多いと思います。
  まあ、これは病院によっても多少違うかもしれませんが・・
  造影剤を注入されている途中は、冷たいものが手の先から
  肩まであがってくるような感じがあって、多少不快感はある
  かもしれませんが、すぐにおさまります。

2:...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報