私(30歳)が幼馴染の女友達(30歳)の8月中旬の結婚式・披露宴に招かれました。彼女と私の夫(30歳)は初対面なのですが、彼女が顔合わせしたいとのことで一緒に招かれました。

夫は春の季節に買ったスーツを3枚持っているだけです。一番新しいのは去年の2月に買った礼服と普通のスーツの兼用ができるもの(略礼服というのでしょうか?)で黒のシングル三つボタン、柄は無地です。これはその年の彼の弟の結婚式・披露宴で着ました。後のは古くて、12年前の大学入学時の入学式のために3月に買ったスーツで薄いグレーのシングル三つボタン、柄はグレンチェックで、もう一つは6年前の入社時の入社式のために3月に買った薄いグレーのシングル二つボタン、柄はピンストライプのものです。

後に書いたふたつは私の目からも流行はずれでイケてません。はじめに書いたブラックスーツでは真夏は暑いですよね?2月に買ったものを8月に着ないものですよね?

この機会に夏用のスーツを買った方がいいでしょうか?買うとしたらどのような機能の商品がいいでしょうか?

私自身は衿にステッチの入った夏用の涼しい黒いスーツにしたいのです。シングルとダブル、どっちがいいでしょうか?私の私見としては日常、使える流行の衿の小さい、ステッチの入ったシングルにしたらどうかと思ったり、長く着られるいいものでダブルを作ったらいいかもとも思って悩んでいます。

アパレル関係の方、お洒落な方、アドバイスをお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

petitprincessさんこんにちは



年齢から見てもこれからは冠婚葬祭で礼服を着る機会が多くなると思いますので
今から購入するのであれば冬用と夏用のWを一着づつ
購入して置くのがいいでしょう
礼服にはあまり流行は無いと思いますので体型が変わらない限り一生着られます

顔合わせには礼服でなくても普通のスーツでいいと思います
  
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。実は30にして、夫はまだ学生。私も学生なんです。ちょっと今、金欠なので夫が働き出したら冬用と夏用のWを一着づつ 買います。私達夫婦の住む世界は日本中でも、珍しい封建的なところなので、礼服もしきたりに従わなくてはなりませんし。

お礼日時:2001/06/16 18:48

夏でも、式場は冷房が効いています。


式場に向かうまでは、当然着ないですから、冬物でもかまわないと思います。

私も、夏の結婚式に冬物を着たことが有りますが、特に違和感は感じませんでした。

それに、人の服装などは案外見ていないものです。

新しく買われるのでしたら、店員に相談すればアドバイスしてくれるでしょう。
最近はダブルはあまり着なくなりました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。その通りですね。夫には手持ちのブラックスーツで行ってもらいます。家計も助かります(笑顔)。彼が働き出したら、また正式な礼服は購入することになると思います。

お礼日時:2001/06/16 18:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qチェーンステッチとシングルステッチ

この2つにはあたりに違いは出るのですか?

Aベストアンサー

変わりません。
あたりのあたる物は、履かれているジーンズ、古着のジャケット等を見ていただければわかるかと思いますが、生地の縫い代や、ボタン、スナップ等です。
裏からあたるから、あたりが出るのであって、縫い線じたいが出てるのではないというのが、わかるかと思います。
環縫い(チェーンステッチ)を使うのは、糸効率がいい。あるいは、取り外しやすい(これはメリットとはいえませんが)。ニット等では、伸縮性というメリットを利用する為です。後は、デザイン性ですね。
俗説では、チェーンの方があたりやすいといわれていますが...

Qスーツについて質問です。24歳男です。グレーと紺のスーツを近々買おうと

スーツについて質問です。24歳男です。グレーと紺のスーツを近々買おうと思います。
靴が黒しか持ってないんですが、グレーと紺のスーツに合わせても、問題ないですか?
紺とかグレーのスーツには茶系の靴を合わせるイメージしかないので、質問させていただきました。ビジネスファッションに詳しい方の回答お願いします。

Aベストアンサー

グレーには黒の靴が合いますよ。
最近の若い方が良くグレーに茶系を合わせていますが少しカジュアルに見えますね。
http://www.ethosclub.com/rep/03/1118/index.html
細かく言うと靴の形まで決めなくてはさまにならないようですし。。。
http://allabout.co.jp/gs/suit/subject/msub_cate12.htm

TPOに応じての対応が一番でしょうね。

Qスーツを買ったときに、祭り縫い?のようなステッチがあるのですが・・・

一ヶ月前くらいにスーツを買いまして、いざ着ようと思いましたら、祭り縫いのような感じで糸が通っているのですが・・・これはデザインなのか何か役割があってあるのか分かりません。

通っている場所は、上着の両肩、ポケット付近あとどこか思い出せません。ステッチの色はスーツの色とは別の色です。

今日の夜から友達の2次会がありまして着ないといけないので、よろしければ回答お願いします!

Aベストアンサー

デザインではないので、取ってから着るようにするものです。
多分、両肩、ポケット、背中のベント部分にあると思いますので、はずし忘れのないように。

Qダブルのスーツ、シングルのスーツって?

初歩的な質問ですみません!ダブルとかシングルのスーツってどういう意味ですか?
観察してみたんですが、カラー?(折れ曲がった、胸の前の部分)が2つあるからダブルではないですよね?
教えてください。

Aベストアンサー

男性ものの場合、着てる状態から見て、右身頃が内側(つまり左身頃が上)になりますよっ。女性モノの場合ボタンが逆についているので逆になります。ダブルといえば、ピーコートなどは元々、船乗りが左右どっちから風が吹いてきても大丈夫なようにとどっちを上にしても大丈夫なように出来ているんです。

ちなみにスーツなどの場合、スラックス(ズボン)の裾にもダブルとシングルがあります。シングルは裾が内側に一回(シングル)折り返されているもので、ダブルはそれがもう一度外側に折り返されています。二回(ダブル)折っているのでダブルです。でも、上着がダブルだからと言って下もダブルにする必要はありません。逆も然り。

Q着物の衿の後ろから長襦袢の衿が見えるのはNG?

着物の初心者です。

着物の衿のうしろがわ(うなじのほう)で、着物の衿よりも、長襦袢の衿が外側に出ているのは間違った着付けでしょうか?

私は、衿の後ろ側では長襦袢の衿は外側に出ないように、2~3mm内側に長襦袢の衿は隠すみたいに思っていたのですが、この前電車に乗ったら、はみ出ている(ほぼ、重なってる状態)のひとがいたり、「蟲師」というアニメで、キャラクターの女性の多くが、はみ出ている(かなり外側に!)姿で描かれていて、どっちが正しいのか分からなくなってきました。

それとも、はみ出て着ているのは、電車の女性の着付けが間違ってるのか、アニメの原画のひとが描くときの着物の知識がなかっただけなのか・・・とも思ったりして、混乱しています。(時代的なものもあるのでしょうか?

本来の正しい着付けはどうなのでしょうか?よろしくお願いいたします!

Aベストアンサー

#1の方が言われている半襟は「伊達えり」=「かざりえり」「重ねえり」と勘違いされているように思います。

半襟が長じゅばんにかけて、一種の汚れ止めと、おしゃれをかねた長じゅばんの襟のいわば「カバー」です。

よく気づかれましたね。
ご質問の答えですが、浮世絵を見てください。
必ず、うしろの襟が出ています。
さらに、絵巻などでの、平安時代から、全部襟の重ね、袖口の重ねは「見せる」のがテク。
しゃれから言うと、「重ねてみせる」のが技術ですから、
うしろから見てもちょこっと内側を見せる。
だから、袷の着物は袖口のふき、すそまわし(八掛・ハッカケといいます)もちょこっと見える様に仕立てるのです。

それと、一種の汚れ止めですから、「カバー=半襟」が先に
髪に触って、汚れを着物の襟につけないためには、内側にある、半襟がすこしははみ出していたほうが合理的なのです。

しかし、これも程度問題で、あくまでもちょこっとですから、
3mm-5mmでしょうか、伊達襟をするときはよりたくさんの「重ね」を見せるのですからそれぞれの見せ具合はほんのすこしずつ。

半襟を見せないような着付けになったのは、着付け教室が
流行るようになってからからです。
ですので、「伝統」としては、「見せる」。

着付け教室の着付けは、「着物で生活する」ための本来の着付けではありませんので、
合理的にはできていません、ウエスト補正のタオルぐるぐる、ヒップパッドとか。

ちょっと見せるという意味もテクも実はきちんと歴史的な
背景を伝えてないのです。

#1の方が言われている半襟は「伊達えり」=「かざりえり」「重ねえり」と勘違いされているように思います。

半襟が長じゅばんにかけて、一種の汚れ止めと、おしゃれをかねた長じゅばんの襟のいわば「カバー」です。

よく気づかれましたね。
ご質問の答えですが、浮世絵を見てください。
必ず、うしろの襟が出ています。
さらに、絵巻などでの、平安時代から、全部襟の重ね、袖口の重ねは「見せる」のがテク。
しゃれから言うと、「重ねてみせる」のが技術ですから、
うしろから見てもちょこっと内側...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報