私の父(58歳)は扁平上皮癌ステージ3Bと診断され、手術ができない箇所だったので放射線と抗がん剤での治療でした。抗がん剤の副作用により急性腎不全になり人工透析になるなどあまりいい治療とはなりませんでした。一度、腎臓を悪くしてしまうと抗がん剤の投与ができず自宅療養、緩和ケアで痛み止めを飲む状態でした。
退院してから半年ほどたち、胸水もたまり痛みもひどく扁平上皮癌のステージ4の状態になりました。腰痛を訴え病院で検査したところ腰への骨転移が発覚しました。
昨日、お医者さんから「月単位、週単位だと思うので今のうちに今後の事を話しておいた方がいいでしょう。」と言われました。
父は元々しっかりしている人ですし、母や私も今後についてはある程度考えられてはいます。

今回の質問は2点で、月単位、週単位と余命と宣告を受けた場合に数年生きる事があるのかという事。
もう1点は、どういった症状や様子になってきたら覚悟した方がいいのかという事です。

ネット上で他の方の質問や回答をみて大体理解しているのですが、父と同じような病状のケースはどうなのだろうと思い投稿しました。

具体的な内容を教えて頂けたら幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

私は56歳のガン患者です。


一般的に、1日の大半を寝室で過ごす場合は月単位(余命3ヶ月程度)
1日の大半をベッドの上で過ごす場合は週単位(余命1ヶ月)
などと言われます。
なので医師は、遠くない将来を考えてください(家族も覚悟してください)
と言われているのだと思います。

私の経験ですが、高齢(80歳以上)の方のように徐々にというよりも
ガン患者の死亡は、前日まで普通に話をしていたのに
急に容態が悪化して意識を失い。
そのまま・・・・・という方が多いですね。
(ある意味で苦しまなくて済みます)

とはいえ、人の死は神様しかわかりません。
あくまで目安です。

突然の事故などと違い、ある程度想定できるということは
相続(借金も含め)や葬儀の場所やお知らせする関係者の連絡先など
名簿を作っておくことは、子息としての仕事でしょうね。
(連絡を怠ると失礼です)
地域や宗教にもよりますが、最低でも50万円の現金は必要です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q扁平上皮癌の治療について

はじめまして。

昨日、父親が扁平上皮癌(進行具合=IV期)と宣告されました。

治療法としては手術・放射線治療はできず、抗がん剤での緩和治療しかありませんとのことでした。

父親本人は少しの可能性でもいいから他の治療法があれば試してみたいと言っております。

インターネット等で見ると①陽子線治療 ②ガンマナイフ(最近はピンポイントから広範囲に可能とネットに書き込み)での治療も有効的だと書いてありました。

父親本人は来週火曜日(6月16日)に再入院し抗がん剤治療を行ってしまうと白血球が減って他の治療に変えることが出来ないと担当医に言われたようです。

抗がん剤治療を待って他の治療を探したほうがいいのか非常に悩んでおります。

少しの可能性でもあれば、父親に他の治療法を試してもらいたいと思い投稿させていただきました。

詳しい方、医療関係、病院の先生などおりましたら回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

母は腎臓がんで亡くなったのですが、本人の強い意志により無治療でした。
医師は抗がん剤を勧めましたが副作用によりQOLが低下するくらいなら何もせず自宅でゆっくり過ごしたかったようです。
余命は半年でしたが4年間普通の生活を送ることができました。
亡くなる2週間前に入院したものの、モルヒネ等投与する必要もなかったので、最後まで意志の疎通が可能でした。
当初は母の決断に戸惑いましたが、もし抗がん剤を打っていたら好きな物を好きなだけ食べることも出来なかったでしょうし、抵抗力が落ちたところに風邪でも引いていたらと思うとこれで良かったんだと思った次第です。
アナウンサーだった逸見正孝さんはご本人の希望で手術をされたそうですが、診断された最初の段階で末期状態であることを告げていれば、違う選択もあったと奥さんの手記にありました。
もし私の母のように何もしないでいれば、アナウンサーとして2・3年は活躍できる可能性があったそうですよ。
内臓の大部分を切除したためにがん細胞な取り除かれても普通の生活は望めません。
その状態で生きながらえる方が良いのか、死を迎えるまで今まで通りの生活を送れる方が良いのか。
逸見さんの奥さんは後者を選びたかったと仰っています。

最後に、私自身は10年前に乳がんを罹患しています。
具体的な治療に入る前に血液を採取しNK細胞療法を受ける準備をしました。
手術や抗がん剤を投与した後の血液では効果がないと説明を受けました。
しかし治療の効果で完治したのか、治るべき乳がんだったのか、実際のところ分かりません。

参考になれば良いのですが。
どうぞお大事に。

母は腎臓がんで亡くなったのですが、本人の強い意志により無治療でした。
医師は抗がん剤を勧めましたが副作用によりQOLが低下するくらいなら何もせず自宅でゆっくり過ごしたかったようです。
余命は半年でしたが4年間普通の生活を送ることができました。
亡くなる2週間前に入院したものの、モルヒネ等投与する必要もなかったので、最後まで意志の疎通が可能でした。
当初は母の決断に戸惑いましたが、もし抗がん剤を打っていたら好きな物を好きなだけ食べることも出来なかったでしょうし、抵抗力が落ちたところに...続きを読む

Q大腸癌から肺に癌が転移し医者から多発性転移癌の事 2回 手術しましたが両肺に転移し、しかも肺の中心部

大腸癌から肺に癌が転移し医者から多発性転移癌の事
2回 手術しましたが両肺に転移し、しかも肺の中心部
に癌が多数あるとの事 手術不可能と医者から宣告があり、今の所 抗ガン剤 放射線の治療は受けていません。副作用が怖くて 一歩踏み出せません。
今の所、日常的に痛みも無く 生活をしています。
発症して 2年 経ちます。

Aベストアンサー

私も何時もメキシコの爺ちゃんのご意見を参考にさせて頂いて居ます。
今回メキシコの爺ちゃんの奥様の闘病生活が詳しく分かり、とても参考になりました。抗がん剤は拒否されたのですね。そうして最初45mmの癌が11mmに!
この3年間に何が奥様に起こったのでしょう?

ご質問者の欄に変な質問をして、とても申し訳ありません。しかしそれを聞くことがご質問に取っても良いことだと思います。

私は基本的に副作用や苦痛の生じる癌治療はしない方が良いとの考えです。その副作用や苦痛で寿命がちじまったり癌が大きくなる事があるからです。手術や抗がん剤は避けるべきです。

副作用のないサプリメントや遠赤外線等が良いと思っています。

Q肺癌(扁平上皮癌)IIIAの最善の治療法は?

肺癌(扁平上皮癌)IIIAの最善の治療法は?
 私の父親(64歳)が最近肺癌のため、右下葉の摘出手術を受けました。
 手術前は病気の進行度はIBだったのですが、手術後は縦隔リンパに転移が見つかりIIIAになってしまいました。遠隔転移はないそうです。
 ちなみに、癌の腫瘍は下葉とともに摘出しましたが、縦隔リンパは1つだけ検査のために採っただけです。
 あと、以前に肺炎にかかっていたらしく左下葉に肺炎痕があるため、肺の機能低下につながるとの理由で放射線治療は出来ないと医師から言われ、今後は抗がん剤治療を実施する予定です。
 そこで今後の治療についてなのですが、
(1)重粒子線治療
(2)縦隔リンパが摘出可能であれば再手術
(3)放射線ではあるが定位放射線照射(ピンポイント照射)
 (1)から(3)の中で可能な治療方法はありますか?
 また、最善の治療方法は何があるでしょうか?
 医師から『5年後の生存率は抗がん剤治療を行っても20%くらいでしょう』と言われ、いろんな治療方法を検討しています。 

Aベストアンサー

ご家族がご病気で心労もたえないと存じます。

放射線治療ができないと言った医師は、胸部外科医ですか?それとも放射線腫瘍医でしょうか。

胸部外科医は手術が専門で、放射線治療は専門外です。ですので、もし「できない」といった医者が胸部外科医であったならば、放射線治療を専門とする放射線腫瘍医にご相談なさるのがいいと考えます。
画像を見ないと何とも言えませんが、縦隔だけの照射であれば、それほど肺には照射せずに済むかもしれません。

また、NCCNという組織が公表している標準治療として、手術をして縦隔にリンパ節があった場合は化学療法に加え、放射線治療を併用することとなっています。

繰り返しになりますが、とりあえず、放射線腫瘍医にご相談なさるのが、現時点では最善だと考えます。

Q乳癌で、手術をするか否かについての選択。 2016年春に、乳癌ステージⅣ 肝臓転移とリンパ節転移あり

乳癌で、手術をするか否かについての選択。

2016年春に、乳癌ステージⅣ 肝臓転移とリンパ節転移ありの診断を受けました。her2陽性、ホルモン陰性です。

1年間の抗がん剤と分子標的薬投与の結果、petCT上、肝転移とリンパ節の転移が消失しました。現在、原発巣である乳癌のみ残存しています。(1.8センチ程度)

担当医より、原発巣である乳癌を取るか否かについての説明がありました。
ステージⅣであったため、原発巣をとることが完治したわけではないとのことです。しかし、再度再燃した時に、花咲き乳癌や乳癌からの出血などのリスクを考えると、今取っておくのも悪くはないそうです。そして、摘出するのであればサイズが小さい今が取りどきでもあると話がありました。また、リンパ節カクセイすることで腕のむくみが改善できるかもしれないともいわれました。(片腕が現在かなり浮腫んでいます。)


主治医からも、何が正しい選択なのかははっきりと言えないとのことを言われます。
他、原発乳癌を摘出することでのメリット、デメリットはあるでしょうか?
決めきれずに悩んでおります。

以上は母の話になります。ご意見ありましたら何なりとお願いいたします。

乳癌で、手術をするか否かについての選択。

2016年春に、乳癌ステージⅣ 肝臓転移とリンパ節転移ありの診断を受けました。her2陽性、ホルモン陰性です。

1年間の抗がん剤と分子標的薬投与の結果、petCT上、肝転移とリンパ節の転移が消失しました。現在、原発巣である乳癌のみ残存しています。(1.8センチ程度)

担当医より、原発巣である乳癌を取るか否かについての説明がありました。
ステージⅣであったため、原発巣をとることが完治したわけではないとのことです。しかし、再度再燃した時に、花咲き乳癌や乳癌...続きを読む

Aベストアンサー

年齢が若いので
他の場所へ転移したら
手術ができなくなります
また
結果的にも手術をしなかった方が良かったとは
なりません
したがって
言い方は悪いですが
チャンスに掛けます
早い機会に手術に踏み切るのが
正解と思われます

Q◆ 扁平上皮癌 (食道)リンパ節転移あり の治療について◆

 
 ◆ 口から18センチの辺りに、7センチ程の腫瘍ができています。
   ステージ4のAです。余命1年の宣告を受けています。
   担当医からは、
   6週間の入院による放射線治療を勧められています。
   難しい様ではありますが、できることならば、
   手術完治を望みます。
   無理ならできる限りの延命処置をとりたいとも思います。
   東海地方を中心にその分野に明るい病院を探しています。
   どなたか教えていただけないでしょうか。



   何卒、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご希望に添えず残念ですが、食道癌StageIVaでは、基本的に手術は選択肢に入りません。

手術をしても完治しないどころか、延命のメリットに乏しいことがわかっているからです。
参考URLにはアメリカでの最新の食道癌の治療が乗っていますが、化学療法、放射線療法などが主体となります。

治療法についての相談は、まず県のがんセンターや大学病院などにセカンドオピニオンを受けてみられることをお勧めします。それぞれの病院のホームページで相談窓口の電話番号があるはずですので、お問い合わせの上、主治医に紹介状を書いてもらってください。一日も早く、nonna0510さんの納得できる治療法が見つかることをお祈りいたします。

複数の医師の意見が一致する場合、通いやすい病院が一番だと思います。

参考URL:http://cancerinfo.tri-kobe.org/for_patient/pdq/summary/JP/CDR0000062960.html#_205

Q肺癌 小細胞癌の末期 腎癌に転移あります。肝臓にも、転移しだしたみたいです。肺の腫瘍は、現在は小さ

肺癌 小細胞癌の末期 腎癌に転移あります。肝臓にも、転移しだしたみたいです。肺の腫瘍は、現在は小さくなっておとなしくしてくれているようですが…。あとどれ位生きられますかね…。レスキュードーズのオプソやフェンタニル 疲れます

Aベストアンサー

医師より末期余命三ヶ月と言い渡されていない場合

小細胞肺癌の末期と診断されてから

どれだけ経過しているか分かりませんが

発覚してから一年前後の寿命とみます

現在動ける状態にあれば

やるべきことがあれば早急にやるのが良いです

Q肺扁平上皮癌の胃痛について

父(76歳)は昨年暮れに扁平上皮がんと診断されましたが、年齢と体力を勘案してすべての治療をしないということになりました。家族としては出来るだけ長く生きていて貰いたいと願っていますが、先月に入って脳への転移が見つかりました。脳の転移箇所には放射線治療が有効であるということになり、体力の損失もさほど無いという説明で、今月中旬より治療に入ることになりましたが、以前より胃痛がひどく食物を吐くことが多いのですが、胃カメラを見た限りでは胃に異常が見つからず医師も分からないということでした。放射線治療まで出来る限り体力をつけさせたいのですが、検査結果に異常が無くても胃痛や吐き気があるのにはどのような原因があるものなのでしょうか。
専門の方にご解答いただければ幸いです。

Aベストアンサー

ご家族の心中お察しします。

「吐き気」に関しては、以下の参考URLは参考になりますでしょうか?
「吐き気」
この中で「脳出血」のように出血部位にもよるでしょうが、脳に障害が出ると「吐き気」の症状が出る場合があるようです・・・。
⇒つまり、脳転移部位によっては、「吐き気」の症状が出るのではないかと推測しますが・・・?
⇒主治医に確認されてはいかがでしょうか?

脳転移部位のみ治療であれば、難しいのもしれませんが、ホスピス等の施設の利用も考慮されてはいかがでしょうか・・・?

ご参考まで。

参考URL:http://www.twin.ne.jp/~yoshi-k1/hakike.htm

Q癌に詳しい方??? 4年前大腸癌の手術をした父が、昨日朝よ

癌に詳しい方??? 4年前大腸癌の手術をした父が、昨日朝より苦しそうなしゃっくりをしています。今も止まりません。癌と関係あるのでしょうか。

Aベストアンサー

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1414188964
しゃっくりは横隔膜の痙攣?
どうも因果関係がありそうです

Q扁平上皮癌のアポトーシス

今、研究テーマの選定中でアポトーシスを選ぼうと思います。ただ、悪性腫瘍である扁平上皮癌になぜアポトーシスが起こるのでしょうか?悪性腫瘍は発育が早いし起こらないほうが発育が早いと思うのですが・・・。あとアポトーシスは発育速度と関係がるのでしょうか?、またアポトーシスにはいろんなカスケードがあるようなのですが扁平上皮癌に多いようなアポトーシス誘導の機構はあるのでしょうか?知っているかたどうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

アポトーシスは不要になったり、変異を起こした細胞などを除去するために細胞分裂を制御する遺伝子や、細胞の化学組成的変化などによっておこる現象なので、当然癌細胞にも起こります。
がん細胞の永久分裂能力や衰えない並外れた分裂速度に比べて癌組織全体の増殖は緩慢です。これから、多くの癌細胞が細胞死を起こしていることがわかります。しかし、組織の中心の細胞は栄養や酸素の不足でネクローシスをおこすことがあり、アポトーシスのみが細胞死の原因とは断定できません。
アポトーシスはp53遺伝子やc-myc遺伝子産物やこれらの相互作用によって起こるといわれています。c-mycについてはMaxタンパク質との複合体を形成することや、逆に発現に低下によってアポトーシスが起こるともいわれています。この遺伝子はbcl-2という遺伝子により抑制され細胞は癌化されるといわれています。
このような過程を経てプロテアーゼやエンドヌクレアーゼが誘導されます。プロテアーゼによりさいぼうの凝縮、断片化、エンドヌクレアーゼとの相互作用によってDNAの断片化と核の凝縮がおこります。
又、アデニレートシクラーゼによりATPから合成されるcAMPによるPKAの活性化やPI代謝回転の産物による小胞体からのカルシュウムイオンの放出によって上記の二種の酵素が活性化されます。
外的な要因としてはT細胞によるレセプター(TCR)を介した腫瘍壊誘引サイトカインであるTNFの細胞内放出の誘導などがあげられます。
このようなアポトーシスの経路は一般的なカスケードであり、扁平上皮癌特有のものではありませんし、固有の経路が発見されるほど研究は進んでないと思います。細胞の内的、外的条件によって経路は様々なのでいまだ明らかにされてない部分が多く、十分説明できないところや、ここに書ききれない部分も多くありますが参考にしてみて下さい。 

アポトーシスは不要になったり、変異を起こした細胞などを除去するために細胞分裂を制御する遺伝子や、細胞の化学組成的変化などによっておこる現象なので、当然癌細胞にも起こります。
がん細胞の永久分裂能力や衰えない並外れた分裂速度に比べて癌組織全体の増殖は緩慢です。これから、多くの癌細胞が細胞死を起こしていることがわかります。しかし、組織の中心の細胞は栄養や酸素の不足でネクローシスをおこすことがあり、アポトーシスのみが細胞死の原因とは断定できません。
アポトーシスはp53遺伝子やc-...続きを読む

Q大腸癌で肝臓に転移してます(ステージ4)。今後の可能性は?

母(62歳)に癌が見つかりました。大腸癌ステージ4で肝臓に転移してます。昨年末より抗がん剤投与2回終え、来週あたり手術予定です。
大腸癌は経過しているものの手術で取れるかも、とのこと。肝臓は小さいものが2個でこちらも手術予定です。

ステージ4なのに、手術で摘出可能(=治る)なものなのでしょうか?それとも延命治療になるのでしょうか?

今後の可能性はとして一般的にどのようなことが考えられますか。宜しくお願い致します!

Aベストアンサー

大腸がんの肝転移は根治的全摘術の適応となります。
肝の転移巣が小さくて助かりましたね。

教科書的な知識なのですが、他の悪性腫瘍のステージ4とは格段に生存率が違うと思います。
肝転移再発の場合でも手術適応があります。

担当のドクターにも遠慮なく聞いてみて下さい。
患者さんの疾病理解はドクターにとっても助かりますので。
術後の生活についても(人工肛門を造設した場合など)聞いてみるといいと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報