アレルギー対策、自宅でできる効果的な方法とは?

問題
年利率4.6%で11ヵ月貸し付けたところ、期日に元利合わせて¥406,445を受け取った。元金はいくらであったか。
という、問題なんですが求め方がわかりません。
わかりやすく教えていただけると幸いです。
だれか分かる方教えて下さい。

質問者からの補足コメント

  • できれば電卓のキー操作も教えてもらってもいいですか?

    No.1の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2015/11/07 18:25

A 回答 (3件)

#1でおまんす。

電卓のキー操作ですか?
そうさなぁ。
(MC)でメモリクリア、Cで計算クリアして、
先ず金利を計算(最後の1は元金分)
0.046×11÷12+1=1.0421666(M+)でメモリに記憶
406445÷(MR)=390000.02

電卓で計算すると誤差が出ますがのぉ。
    • good
    • 1

年利 4.6%の11ヶ月分の利子は


4.6%÷12ヶ月×11ヶ月=4.2166%

       元本+利子
406,445円÷(1+4.2166%)
=406,445円÷1.042166
=390,000

となります。

分かりましたか?
    • good
    • 0

元金×(1+年利×(月数/12))=元利合計だから


元金=元利合計÷(1+年利×(月数/12))

406445/(1+.046*11/12)=390,000
この回答への補足あり
    • good
    • 1
この回答へのお礼

教えて頂きありがとうございます。

できればでよろしいのですが、電卓のキー操作も教えて下さい!

お礼日時:2015/11/07 18:27

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q固定金利や元金均等等の両者の関係

すみません、どなたか親切な方教えてください。
固定金利や変動金利と元金均等や元利均等の関係がわかっていません。
例えば変動金利で元金均等の場合は返済額は毎月一定で元金と利息の割合が変動するということでしょうか?
元金均等の固定金利とかお互いのグラフの組合せがよくわからないのです。

Aベストアンサー

固定金利と変動金利は、お金を借りるときの利率のお話です。
年利2%とか、1%優遇とか住宅ローンの広告でよくみるものです。
固定金利というのは最後の返済まで、借入の利率が一定で変化がないと言うことです。
最初に利率2%で借りたら、最後まで2%のままというものです。
変動金利というのは半年毎などに借入の利率が変化するということです。
ただし今は、10年固定金利で、それ以降は変動金利というようなものも多いです。

一方、元金均等と元利均等は、お金を返すときの返済方式のお話です。
元金均等返済とは、毎月の返済額には元金返済分と利息分が含まれるわけですが、そのうち元金返済分が毎月同じ額という返済方式です。
元金返済分は、借入額を返済回数で割って計算します。
毎月の返済額に含まれる利息分は、その月の元金残高に月利(年利の12分の1)をかけたもので、その利息と、一定額の元金返済額を足したものが毎月の返済額です。
元金残高が毎月一定額減りますので、利息分も月ごとに一定の割合で減ってゆきます。

元利均等というのは、毎月の返済額が一定額である返済方式です。
毎月の返済額は、借入額、利率、返済回数を元にちょっと面倒な式を計算して求めます。
その毎回の返済額には、利息分と元金返済分が含まれますが、その割合は毎月変わり、返済が進むにつれて元金返済分が増えます。
ただその割合は普段はあまり気にすることはないでしょう。
気にするとしたら繰り上げ返済をするようなときで、そのときは金融機関が用意してくれる返済予定表を見れば、返済額のうち、現在、どれくらいが利息で、どれくらいが元金返済分か分かります。
元金均等と元利均等では、圧倒的に元利均等で借りる方が多いです。

借り方の組み合わせとしては、次の四通りになります。
(1)固定金利で元金均等
(2)固定金利で元利均等
(3)変動金利で元金均等
(4)変動金利で元利均等

ややこしいのは元金均等返済にしても、元利均等返済にしても、変動金利で借りていて、その金利が変わったときでしょう。
質問者さんが混乱しているのもこのあたりだと思います。

変動金利の元金均等返済で借りていて、途中に金利が変わったときは、毎月の元金返済分は変わらず、利息分だけ、変わった利息に従って計算されます。

変動金利の元利均等返済で借りていて、途中で金利が変わったときは、その時点の元金残高と残期間と新しい金利を元に新たに毎月の返済額を計算し直します。
金利が上がったら、毎月の返済額も上がります。
またその返済額に含まれる元金返済分と利息分の割合も変わります。

添付の図は、左が元金均等返済の返済額、右が元利均等返済の返済額と、それらに含まれる元金返済分(ブルー)と利息分(エンジ)を表しています。
途中で金利が上がった場合で、上に説明したことが分かると思います。

固定金利と変動金利は、お金を借りるときの利率のお話です。
年利2%とか、1%優遇とか住宅ローンの広告でよくみるものです。
固定金利というのは最後の返済まで、借入の利率が一定で変化がないと言うことです。
最初に利率2%で借りたら、最後まで2%のままというものです。
変動金利というのは半年毎などに借入の利率が変化するということです。
ただし今は、10年固定金利で、それ以降は変動金利というようなものも多いです。

一方、元金均等と元利均等は、お金を返すときの返済方式のお話です。
元金均等返済...続きを読む

Q元利均等返済は法的には単利?

法律では複利による借金は禁止されてます。ただ、住宅ローンでよく使われる元利均等返済は、示されてる利率に対し、何倍もの利息を払うことになり、結果的に複利に見えます。
法律的にはどういう解釈なんでしょうか?単利なんでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

>法律では複利による借金は禁止されてます。
禁止されていません。利息制限を越えなければ当事者間の合意で契約できます。

元利均等返済は明らかに複利です。
返済後の元金=1回前の残金+1回前の残金x利率ー返済額
の繰返しですから、利息に利息がつく複利になります。

casionのサイトで10年間3%で計算すると
1 2016/02 96,560 71,560 25,000 9,928,440
2 2016/03 96,560 71,739 24,821 9,856,701
3 2016/04 96,560 71,919 24,641 9,784,782

1回目
10,000,0000+10,000,000x(3%/12)-96560=9,928,440
2回目
9,928,440+9,928,440x(3%/12)-96560=9,856,701

http://keisan.casio.jp/exec/system/1256183644

QJavaScriptで年間カレンダーを表示させたい

サイトに、年間カレンダーを表示しているのですが、
現在テーブルで作成しており、
更新の時、日や曜日を再度作り直すのが大変です。

そこで、何か方法はないかと
JavaScriptのカレンダーのソースはいろいろ見てみたのですが、
月間のカレンダーの表示の仕方は分かったのですが、
年間カレンダーのものが見当たらず、困っています。

シンプルな今年1年間のカレンダーを一括表示できる参考ソース等が
ありましたら、教えてもらえないでしょうか?

また、スクリプトは初心者なので、分かりやすい説明だと助かります。

Aベストアンサー

http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/50978399.html
http://www2s.biglobe.ne.jp/~iryo/java/samp2/koyomi2.html
http://taeko.w-museum.com/wing/200903061328.html

探せばまだまだあるようです。

Q借り換え相談 元金残高700 毎年返済100 金利1.2%

借り換え相談 元金残高700万 毎年返済元利100万 金利1.2%が現在の概要。

有利な借入先はありますか

Aベストアンサー

おそらく住宅ローンだと思うけど 借り換えの手続きにかかる費用(抵当権の設定し直しの費用とか)で 10万単位の金は掛かるだろうから メリットはないと思うよ。

Q稼働日数について質問します。月平均稼働日数は、4月1日~3月31日と1

稼働日数について質問します。月平均稼働日数は、4月1日~3月31日と1月1日~12月31日のどちらを基準に数えればいいのでしょうか。それとも毎月稼働日数を数えた方がいいのでしょうか?前に、社労士さんに、1年の稼働日数を12か月で割った方が良いとアドバイスを受けた事もありましたが、以前に比べ、祝祭日が多くなり毎月の変動が大きくなったような気がします。実際のところ皆さんはどのようにしているのでしょうか。宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

> 月平均稼働日数は、4月1日~3月31日と
> 1月1日~12月31日のどちらを基準に数えればいいのでしょうか。
労務に関する処理に使うのであれば、御社の会計期間に合わせた方が良いです。
つまり、3月決算の企業であれば、4月1日~翌年3月31日の総稼働日数÷12=平均稼働日数

Q住宅ローンの残り全額返済すると元金減るのですか??

分かりにくい文章ですが、よろしくお願いします。
現在30年ローン返済中で19年目になります。
償還予定表を見ると平成26年3月24日時点で残元金が10,205,560円でした。

只今 賃貸マンションへの引っ越しを考えており
マンションを売却してそのお金で残金の支払いをしたいのですが
マンションが売れたとしても800万ちょい程だと思います。その為200万ほど用意しなければ
いけないのですが貯金は100万しかありません。

その話を母にすると、母いわく「ローンの途中で全額返済したら利息の分がなくなるから実際には
元金が減る」と言います。(100~200万くらい)
その話が本当ならすごく助かりますが、ネットで調べてもよく分かりません。
私は、残元金が減るのではなく、将来払わなくてはならない利息分を払わなくてよくなるだけ
じゃないのかなと思うのですが・・。

実際はどうなんでしょうか。

ローンの詳細です↓
期間 平成7年10、25~平成35年10、24
融資金額(1)11,400,000円
利率 3.25% 
毎月 51,853円
融資金額(2)8,000,000円
利率 3.3%
毎月 36451円
元利均等払いです。

わかりやすく教えて頂けませんでしょうか。よろしくお願いします。

分かりにくい文章ですが、よろしくお願いします。
現在30年ローン返済中で19年目になります。
償還予定表を見ると平成26年3月24日時点で残元金が10,205,560円でした。

只今 賃貸マンションへの引っ越しを考えており
マンションを売却してそのお金で残金の支払いをしたいのですが
マンションが売れたとしても800万ちょい程だと思います。その為200万ほど用意しなければ
いけないのですが貯金は100万しかありません。

その話を母にすると、母いわく「ローンの途中で全額返済したら利息の分がなくなるから実際に...続きを読む

Aベストアンサー

特に詳く説明するまでもなく、質問者さんのお考えが正しいです。

なので一年ぐらい頑張ってお金を貯めて下さい。

仮にお金があったとしても、今は売り時でもなければ、買い時でもありません。

秋以降の国会で消費税を10%に引き上げるため、今後安部政権が景気対策として、住宅関連の減税や補助金などの施策を打ち出して来ると思われます。

すると期間限定の減税や補助金を目当ての駆け込み購入者が増えて、あなたの家も高く売れる可能性が出て来ます。

更に、あなたがマンションを購入する際にも、優遇税制が受けられるのでお得だと思います。

購入するマンションも高くなってしまうのではないかと心配されるかも知れませんが、高くなっても高く売れれば同じなので、新しく買うマンションの優遇税制の分だけお得になりますから。

買い替える時に新しく組むローンに様々な諸経費をやや多めに上乗せして、初期費用の不足分の補てんに使う事も可能です。
(100から150万円ぐらいが限度でしょうが)

Q日本の1年間の行方不明者は約10万人でそのうち発見されない行方不明者は約1000人 この1000人は

日本の1年間の行方不明者は約10万人でそのうち発見されない行方不明者は約1000人
この1000人は一体どうなってしまったんですか...

Aベストアンサー

その多くは世捨て人と化したと思うな。詰まり自主的。

>>>>> 神奈川県警察では、身元の捜査をしても判明しない身元不明遺体が、年間約100人発見されています。

神奈川だけでも結構な数が出ている。

また、こんな一文もある:

>>>>> 相談時にご用意いただきたい物

行方不明者の写真・血液型・歯の治療状況(デンタルチャート)など、身体特徴のわかる資料をできるだけ多くご持参ください。

つまり、警察は積極的には身元を探らない様である。いや、探れない、と言った方が良いのだろうか。身寄りが居ないと届も出ず、こんな状態になるのだろうと推測出来る。

1億2千万分の10万。0.0008%。

1,000人に1人は多いか少ないか。1,000円で消費税1円なら誰でも喜んで払うけど、こと人間と成ると。

Q住宅ローンの返済について教えてください。 借入金額、年利、返済期間、返済開始からどのぐらい経過でいく

住宅ローンの返済について教えてください。
借入金額、年利、返済期間、返済開始からどのぐらい経過でいくら返済するかによって、期間短縮型ならどのぐらい縮まるか算出されると思います。

2回以上返済する場合、どう考えればいいでしょうか。
期間短縮型で、例えば返済開始から5年後に500万円、10年後に500万円を返済するとした場合、どういう計算になりますか?

お分かりの方ご教示ください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

質問の意味合いは繰上げ返済した場合
どういった計算になるか?ですかね?

以下に例示します。
2000万を金利1%で20年返済のローンを
組み、5年、10年で500万ずつ繰上げ
返済した場合です。

計算方法は、
残高
+利息(残高の1月分)
-返済額
=翌月の残高
の繰り返しで、

繰上返済時
残高
+利息(残高の1月分)
-返済額
-繰上返済(500万)
=翌月の残高
とする形になります。

20年の返済が繰上げ返済で
10年になりました。

月数  残高   利息   返済額 利率
1 ¥20,000,000 ¥16,667 ¥89,952 1.00%
2 ¥19,926,715 ¥16,606 ¥89,952 1.00%
3 ¥19,853,368 ¥16,544 ¥89,952 1.00%
4 ¥19,779,961 ¥16,483 ¥89,952 1.00%
5 ¥19,706,492 ¥16,422 ¥89,952 1.00%
6 ¥19,632,962 ¥16,361 ¥89,952 1.00%
7 ¥19,559,371 ¥16,299 ¥89,952 1.00%
8 ¥19,485,718 ¥16,238 ¥89,952 1.00%
9 ¥19,412,004 ¥16,177 ¥89,952 1.00%
10 ¥19,338,229 ¥16,115 ¥89,952 1.00%
11 ¥19,264,392 ¥16,054 ¥89,952 1.00%
12 ¥19,190,494 ¥15,992 ¥89,952 1.00%

48 ¥16,488,739 ¥13,741 ¥89,952 1.00%
49 ¥16,412,527 ¥13,677 ¥89,952 1.00%
50 ¥16,336,252 ¥13,614 ¥89,952 1.00%
51 ¥16,259,914 ¥13,550 ¥89,952 1.00%
52 ¥16,183,512 ¥13,486 ¥89,952 1.00%
53 ¥16,107,046 ¥13,423 ¥89,952 1.00%
54 ¥16,030,517 ¥13,359 ¥89,952 1.00%
55 ¥15,953,923 ¥13,295 ¥89,952 1.00%
56 ¥15,877,266 ¥13,231 ¥89,952 1.00%
57 ¥15,800,545 ¥13,167 ¥89,952 1.00%
58 ¥15,723,760 ¥13,103 ¥89,952 1.00%
59 ¥15,646,912 ¥13,039 ¥89,952 1.00%
60 ¥15,569,999 ¥12,975 ¥89,952 1.00%
★500万繰上げ返済
61 ¥10,493,022 ¥8,744 ¥89,952 1.00%
62 ¥10,411,814 ¥8,677 ¥89,952 1.00%
63 ¥10,330,538 ¥8,609 ¥89,952 1.00%
64 ¥10,249,195 ¥8,541 ¥89,952 1.00%
65 ¥10,167,784 ¥8,473 ¥89,952 1.00%
66 ¥10,086,305 ¥8,405 ¥89,952 1.00%
67 ¥10,004,759 ¥8,337 ¥89,952 1.00%
68 ¥9,923,144 ¥8,269 ¥89,952 1.00%
69 ¥9,841,461 ¥8,201 ¥89,952 1.00%
70 ¥9,759,710 ¥8,133 ¥89,952 1.00%
71 ¥9,677,891 ¥8,065 ¥89,952 1.00%
72 ¥9,596,004 ¥7,997 ¥89,952 1.00%

96 ¥7,610,111 ¥6,342 ¥89,952 1.00%
97 ¥7,526,501 ¥6,272 ¥89,952 1.00%
98 ¥7,442,821 ¥6,202 ¥89,952 1.00%
99 ¥7,359,071 ¥6,133 ¥89,952 1.00%
100 ¥7,275,252 ¥6,063 ¥89,952 1.00%
101 ¥7,191,363 ¥5,993 ¥89,952 1.00%
102 ¥7,107,403 ¥5,923 ¥89,952 1.00%
103 ¥7,023,374 ¥5,853 ¥89,952 1.00%
104 ¥6,939,275 ¥5,783 ¥89,952 1.00%
105 ¥6,855,106 ¥5,713 ¥89,952 1.00%
106 ¥6,770,866 ¥5,642 ¥89,952 1.00%
107 ¥6,686,557 ¥5,572 ¥89,952 1.00%
108 ¥6,602,177 ¥5,502 ¥89,952 1.00%
109 ¥6,517,727 ¥5,431 ¥89,952 1.00%
110 ¥6,433,206 ¥5,361 ¥89,952 1.00%
111 ¥6,348,615 ¥5,291 ¥89,952 1.00%
112 ¥6,263,954 ¥5,220 ¥89,952 1.00%
113 ¥6,179,222 ¥5,149 ¥89,952 1.00%
114 ¥6,094,419 ¥5,079 ¥89,952 1.00%
115 ¥6,009,546 ¥5,008 ¥89,952 1.00%
116 ¥5,924,602 ¥4,937 ¥89,952 1.00%
117 ¥5,839,587 ¥4,866 ¥89,952 1.00%
118 ¥5,754,501 ¥4,795 ¥89,952 1.00%
119 ¥5,669,344 ¥4,724 ¥89,952 1.00%
120 ¥5,584,117 ¥4,653 ¥89,952 1.00%
★500万繰上げ返済
121 ¥498,818 ¥416 ¥89,952 1.00%
122 ¥409,282 ¥341 ¥89,952 1.00%
123 ¥319,671 ¥266 ¥89,952 1.00%
124 ¥229,985 ¥192 ¥89,952 1.00%
125 ¥140,225 ¥117 ¥89,952 1.00%
126 ¥50,390  返済完了

いかがでしょうか?

質問の意味合いは繰上げ返済した場合
どういった計算になるか?ですかね?

以下に例示します。
2000万を金利1%で20年返済のローンを
組み、5年、10年で500万ずつ繰上げ
返済した場合です。

計算方法は、
残高
+利息(残高の1月分)
-返済額
=翌月の残高
の繰り返しで、

繰上返済時
残高
+利息(残高の1月分)
-返済額
-繰上返済(500万)
=翌月の残高
とする形になります。

20年の返済が繰上げ返済で
10年になりました。

月数  残高   利息   返済額 利率
1 ¥20,000,000 ¥16,667 ¥89,952 1.00%
2 ¥19...続きを読む

Q所定労働日数が給与明細で254日となっていた場合、年間の公休日は111

所定労働日数が給与明細で254日となっていた場合、年間の公休日は111日と考えて良いでしょうか?
週休2日と契約では聞いているのですが、月の公休日数を決めているのは従業員で、今月は8日でいいのかな?などとアバウトに決められているところに
明細に年間所定労働日数が254とあり、それで計算されているようなので
年間休日が111日になるように月の休日日数も決めてもらいたいと強く思いました。
連休がとれないし、土日祝日も手当はないし、もちろん夏休み冬休みもなく、ストレスが溜まるので、
従業員一同、一日でも休みを多く欲しいと願っています。

どうか、教えてください。

Aベストアンサー

misachiさん、

>やはり111日とっても良いのですよね?
来月からシフトを組むとき、休みが年間111日になるよう提案してみます。
(ある程度シフト作りに口出しできるので)

名回答です。会社には、(契約上?)年間の休日が111日にする義務があります。

契約書(口頭契約ですか?)や労働条件通知書等が無いのでしょうか?(労働条件の明示が無ければ労働基準法第15条(労働条件の明示)違反です) それが(あいまいになっている)一番の問題点です。

Q元金利返済と元金均等返済について

このたび、住宅ローンを組むにあたって、元金均等返済でいこうとおもいますが、
なぜ、世間一般の大半の方は、元金利返済を選択しているのでしょか?

総支払額は、元金均等返済の方が安いのに…
元金利返済で、繰り上げ返済する方がお得になるのでしょうか?
詳しい計算は、不動産の方にききましたが、当社では、事例がないに等しいので、シュミレーションできませんと言われました。

皆さんのご意見をお聞かせ願います。

Aベストアンサー

「元利均等返済」と「元金均等返済」の違いは誰でも判るはずですが、個人の都合でどちらかしか選べないのが実情でしょう。

今の家賃支払いが、この程度だから、家賃を支払うならマイホームを買ってしまえという人には「元利均等返済」しか選択が無いでしょう。
また、子供さんは幼く、今後、教育費がかかると予想される場合もこちらでしょう。

「元金均等返済」は、たっぷり頭金が払えて固定金利で借りる方でしょうね。
本当はローンを借りなければベストなのに、借りざるえを得ない人です。

一番良いのは、キャッシュ一括払い。
ローン手数料や保証料・団体生命保険料、ローン会社指定の火災保険、抵当権設定手数料が不要です。
注文住宅なら、つなぎ融資も不要だし、公庫仕様書などにも縛られる事無く、自由に建てれます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報