例えば 2,000万円を借りて、利息3%とし30年間で返済とした場合、
どのように計算すれば良いのでしょうか。

A 回答 (4件)

http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK2103W_R20C …
>これでわかった ローン金利の計算法

>(1000000*0.015*1.015^60)/(1.015^60-1)

>月利1.5%で100万円のお金を借り、元利均等返済方法によって60ヶ月(5年)で完済する場合、のべ返済額はいくらになるか、考えてみよう。公式(*)に数値を入れて毎月の返済額を計算すると、約2万5393円となる。

年利3%であれば、毎月の返済額を均等に支払うのであると、360か月、月の利息は1.03の12乗根となります。

計算は端数処理もすると、84320円を359回、最終回は84512円と出るので、合計30355392円の支払い、初回の支払いでの利息分は50000円、元金は34320円しか減りません。

エクセルなどを使うともっと簡単に計算できますが、仕組みを知るには引用のサイトの文章を見てください。複利計算、毎年3%の一定で毎月払いの均等支払いだと360回で上記の数字になりました。

ローン返済(毎月払い)などの検索をすると、計算だけなら自動でしてくれるサイトが出てきますし、実際には契約書の印紙税とか、保証金など、または、保証サービスの代金などがかかるでしょうし、追加の代金も出てきます。また、端数を日数単位で銀行などでは計算しますので、毎月の引き落としの曜日によっては若干の誤差も出てきます。

難しそうでも実際にパソコンなどで計算させると結構正確に計算する、自力で計算するのは大変な作業です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳細ページのご提示ありがとうございます。
難しいですね・・・。
でも参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2015/11/08 17:58

2000万円の1年目の金利は2000万円X3%=60万円ですよね


すなわち60万円返済しても金利だけしか返していない。
2000万円/30年=66万円これは元金を支払っただけ
年間126万円支払えば自ずとそれの近い数字が簡単にでませんか?

本来 複利計算ですので細かいところまで調べるなら、ほかのみなさんの計算式で一発に出ますが・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
なんか、良く使われる「金利」ですが、だいたいこれくらいだろ程度だったのですが、実際細かく計算するとなると大変ですね。。。

お礼日時:2015/11/08 17:59

http://keisan.casio.jp/
のがいいかな、細かく設定できる。「お金の計算」メニューから。
    • good
    • 0

http://www.loankeisan.com/
ではいかが。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

計算 お金」に関するQ&A: 清算 と 精算

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q繰上げ返済にかけられた20日分の利息?

住信SBIネット銀行で住宅ローンを組んでいます。
変動金利で0.865%、約定返済日は毎月27日です。

7/17に、150万円の繰上げ返済をしました。
繰上げ返済額を150万円と入力して実行画面に進むと、
返済額が「150万710円」と表示されました。
710円は、「未払利息当月残高」というものだと記載がありました。

計算してみると、150万円×0.865%/年÷365日/年×20日=710.95・・・円
なので、一部繰上げ返済額である150万円に、
前回の約定返済日6/27から今回の一部繰上げ返済日7/17までの20日間の利息が
かかっている、ということのようです。

一部繰上げ返済額は、その100%が元金充当になると思っていたのですが、
この710円は、どういうものだと理解すればよいのでしょうか?

Aベストアンサー

はい。ボランティアサイトとは、そういうものです。回答する方々もみんな同じです!あしからず。

Q元金均等返済と元利均等返済は「個人間の金銭消費貸借契約」においてはどちらを採用することが多いですか?

借りた金を返す場合の元金均等返済方式と元利均等返済方式ですが、銀行などでローンを組む場合の話はよくネット上の質問などにも出てきます。(後者、つまり元利均等返済方式でいくことが多いようですね・・・)
両者の違いについては、調べることである程度は理解できました。

ただ、まったくの個人間で金銭消費貸借契約を結ぶ際の契約書(別紙として計算書の添付など)においては、どちらの方式が採られることが多いですか?

Aベストアンサー

普通は「元金均等返済」でしょうね。

元利均等はなかなか元金が減らないというのが特徴です。
元金均等方式では元金が「直線的」に減っていくのに対し、「元利均等」は最初のうちは支払額のほとんどが利息で元金はほとんど減らず、ある一定の時期を過ぎたあたりから「曲線的」に急速に元金が減っていきます。

その代り、元金均等は最初のうちは利息の支払額が多いため元利合計額が大きく膨らむことになり、債務者の負担が大きくなるのも特徴です。

つまり貸した側が出来るだけ早く回収したいのなら、元金均等にして元金部分を出来るだけ多く減らしていく、しかし借りた側は最初のうちは支払う元利金合計が大きく大変ということになります。

Q3年ごとに100万づつ繰り上げ返済

住宅ローンで2300万円を
・元利均等方式
・35年ローン
・固定金利2.5%
ボーナス返済ナシで借りています。
毎月1日が返済日で平成23年5月1日で8年6カ月目でした。

今後3年ごとに100万円ずつ期間短縮型で繰り上げ返済していった場合
最終的に完済となるのは平成何年の何月頃でしょうか?

おおよその目安で構いませんので教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

2,300万円を2.5%固定で35年なので、月々の返済額は約82,500円です。
現在、8年6ヶ月の支払いが完了しているので、ローン残高は約1,958万円となっているはずです。

繰上げ返済をするのは3年ごとということで、
8年7ヶ月後
11年7ヶ月後
14年7ヶ月後
・・・と繰り返していったとすると、繰上げ返済回数は6回で、完済は26年11ヶ月後となります。
今から18年5ヶ月後なので、2029年10月ですね。

エクセルで、簡単にローン返済表を作れますよ。
いろいろ計画を立てやすいので、作ってみては?

しかし、いまどき2.5%固定で返していくのですか?
変動は、ここ10年以上、1%弱ですよ。

Q住宅ローンの前倒し返済について

先日結婚したのですが、奥さんが幾らかの貯金を持っており、
住宅ローンの前倒し返済に充てることになりました。

ただ、少し調べてみたら、夫婦間で送金した場合、
金額が110万円以上だと贈与税がかかるということで、
少し悩んでいます。。。

贈与税がかからないようにするために、
ATMで出金・入金を繰り返すしかないのと思うのですが、
いかがでしょうか?

もし良さそうな方法がありましたら、ご教授ください。

Aベストアンサー

繰上げ返済をされるなら、よく検討されて繰り上げ返済された方が良いですよ、
へんな言い方ですが残りのローン期間によっては、そんなに得しないときも有りますし、
職業・年齢・環境・マンション・戸建て・収入・残金によって色々変ってきますが
現金を残して置いた方が良いときも有りますし
10年の住宅減税の申告対象とか、銀行根本的に変えてしまうとか
その時に、お金混ぜるとか銀行代えると結構得するときも有るみたいですよ、
僕は、30年均等の5年固定ローンを最初に組んで、¥86,000-位支払い
5年目でどんな固定年数組んでも返済が10万を、超えるのが分かっていたので
そのとき200万繰上げ返済して¥90,000-位の支払い
後、22年ほど有りますが、このまま世の中の金利があまり上がらなければ
毎月の支払いが約¥90,000-強位でいけそうです。
実は後3年で銀行代えようと思ってます。今給与証明が事情があり金額少ない為銀行代えれないのです。
借り換えなら農協なら年収¥500-万、ジャパネットBK¥550-万位あれば
とってもお得なローン組めますよ多分¥1,500-万以上残金あれば得だと思いますよ
これ以上国債バンバン発行されて基本金利が4%の声なんか聞きだすと、
金利上昇で毎月の支払いが約¥100,000-超えちゃいそうですけど、
僕的には、月¥100,000-超はちょこっと生活的にえらいので、
これは、僕の考え方でファイナンシャルプランナーでもなんでもないのでそこの所だけは宜しく
以下の件は
(贈与税気にしなくても良いような気もしますが)
何とでも成るような勝手な解釈ですけど

繰上げ返済をされるなら、よく検討されて繰り上げ返済された方が良いですよ、
へんな言い方ですが残りのローン期間によっては、そんなに得しないときも有りますし、
職業・年齢・環境・マンション・戸建て・収入・残金によって色々変ってきますが
現金を残して置いた方が良いときも有りますし
10年の住宅減税の申告対象とか、銀行根本的に変えてしまうとか
その時に、お金混ぜるとか銀行代えると結構得するときも有るみたいですよ、
僕は、30年均等の5年固定ローンを最初に組んで、¥86,000-位支払い
5年目...続きを読む

Q住宅ローンの繰り上げ返済を10年繰り返すと?

一昨年、マンションを購入して
銀行から2500万の10年固定、35年ローンを組みました。

それで、去年と今年、100万づつ繰り上げ返済し
返済期間が約2年づつ合計4年縮まりました。

100万ぽっちで2年も縮まるんだと
ちょっとした驚きでしたが
10年固定の間は頑張って100万づつ
繰り上げ返済して行きたいと思っています。

それで、ふと、思ったのですが
難しい計算は分からないので
どんぶり勘定で考えたのですが
固定金利の10年間、毎年100万繰り上げ返済すれば
1年で2年縮まるという事は
10年で20年縮まって
35年-20年で残り15年ですよね
で、10年経っているので
15年-10年で残り5年ということは
10年後には残り5年のローン
ってことになるのでしょうか?

すっごいアバウトですが
基本的な考え方はこれであってますか?

この考えが浮かんでからいろいろネット調べたのですが
シミュレーションとか検索しても
10年固定とか、繰り上げ返済とかに
対応しているものが見つからなくて
すっきりしません。

どなたかアドバイスお願い致します。

Aベストアンサー

>去年と今年、100万づつ繰り上げ返済し返済期間が約2年づつ合計4年縮まりました。

そうですね。
繰上げ返済は、元本満額の返済になります。
元利金等方式のローンだと、返済金の内訳は当初利息が8割・元本は2割に過ぎません。
ところが、繰上げ返済を行なうと「返済内訳は、元本10割」となります。

>100万ぽっちで2年も縮まるんだと、ちょっとした驚きでしたが

ローン返済初期には、先に書いた様に「元本のに返済」ですから大幅な期間短縮が可能です。
昔からの「繰上げ返済」「借り換え」は、国民の85%以上を占める貧乏人・超貧乏人の生活の知恵です。^^;
(民主党海江田大臣「年収1500万円は、金持ちでない。庶民だ」)
民主党公認超貧乏人の私(年収1500万円には、程遠い)も、繰上げ返済+借り換えで大幅期間短縮を行ないました。

>10年経っているので15年-10年で残り5年ということは10年後には残り5年のローンってことになるのでしょうか?

ブッブー。残念。切腹!(この侍、何処に行ったのでしようか?)

>すっごいアバウトですが基本的な考え方はこれであってますか?

基本的には、合っています。
が、繰上げ返済回数とローン返済期間短縮は比例しません。
ローン返済後期になれば、繰上げ返済の効果は無くなります。
返済金の内訳は、利息が2割・元本は7割になっています。
元本が大幅に増額になりますから、期間短縮は望む事は出来ません。

そこで、今借りている金利より非常に安い住宅ローンがあれば「借り換え」を実行して下さい。
銀行によっては、色々と諸経費が必要な場合があるので(逆に返済額が増えるなど)注意が必要ですがね。
借り替えた方が、「お得」だと借り換えを実行。
そして、繰上げ返済を実行します。

私の場合、4000万円を借りました。
が、毎年繰上げ返済と借り換えで15年ほどで完済しました。^^;
若かったので、ローン完済まで毎月100時間以上の残業(時間外)しましたね。
(労働基準法一部適用外の職種なので、100時間を越えても違法じゃないのです。今でも)
残業(時間外)手当全ては、全て繰上げ返済にまわしましたね。
当時の融資担当者(今は、支店長)は、「この融資は、儲からなかった!」と合う度に嫌味を言われます。^^;
質問者さまの場合、お子様はいるのでしようか?
若しいるのでしたら、子供手当てを住宅ローン繰上げ返済に充てて下さい。
ポンコツ民主党は、「子供手当ては、支給する事が目的だ。受給世帯が、何に使っても関与しない」と国会で答弁しています。
老人の年金支給額を減額してまで、子供手当て支給を行なっています。
ポンコツ民主党政権の不思議な理論を尊重して、子供手当てで借金を返済して下さい。(満点大笑い)
最悪「子供には、借金を残したくない」と屁理屈を告げれば良いのです。

>去年と今年、100万づつ繰り上げ返済し返済期間が約2年づつ合計4年縮まりました。

そうですね。
繰上げ返済は、元本満額の返済になります。
元利金等方式のローンだと、返済金の内訳は当初利息が8割・元本は2割に過ぎません。
ところが、繰上げ返済を行なうと「返済内訳は、元本10割」となります。

>100万ぽっちで2年も縮まるんだと、ちょっとした驚きでしたが

ローン返済初期には、先に書いた様に「元本のに返済」ですから大幅な期間短縮が可能です。
昔からの「繰上げ返済」「借り換え」は、国民の85...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報