個人年金保険の提案を受けています。
毎月21.885円の保険料で、11年間掛けて受取額は300万円(年金額30万×10年)だそうです。
利率は103%、銀行に預けておくより得だと言われましたが
これは受け取り額を支払額で割っただけの利率です。
例えば銀行で一年福利で預けた場合と比べても得なんでしょうか?
同じ内容で銀行に預けた場合の受取額を調べる方法はありますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

少し乱暴ですが、


該当の個人年金の利率を計算した所、
年利 0.0573%となりました。

条件は以下のとおり
①11年後に一括で300万受取れるとして
②毎月21.885円の積立としています。
③税金は個人年金受取時、総合課税と
 なりますが、無視しています。

※通常なら利益分の15%以上となります。
 国民年金、厚生年金受給時には、
 そうした年金受給と合算されるので
 所得額により非課税となる場合も
 あります。

保険ですから積立中の生命保険の
要素も何かあるのでは?

上記条件で単純に現在の定期預金で
積立ということだと、
下記で見ると上回る金利のものは
結構ありそうです。
http://diamond.jp/articles/-/50932

もちろんまとまったお金を(積立でなく)
上記金利以上で一括で預けられるのなら、
その方が得でしょう。

老後資金としての年金を検討されている
のであれば、可能ならば、国民年金基金
なども検討されてもよろしいかと思います。

いかがでしょう?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

URLも拝見させていただきました。
ホントに、一括で払えたらいいですよね。
保険的要素は、受け取り期間に本人が亡くなっても残りの年金は家族などが受け取れるということくらいですね。
公的年金よりはメリットになりますが、預貯金と比べると相続税の面での計算になるので何とも言えませんが。
また、税額控除はありますが調べたところ年間約6.800円でした。
11年の払い込み期間があるので、74.800円の控除は大きいですね。
それを加味しても、利率的には 約0.064%?

国民年金基金についても調べてみたいと思います。

お礼日時:2015/11/08 16:51

源泉徴収は考慮しません。



>毎月21.885円の保険料で、11年間掛けて受取額は300万円(年金額30万×10年)だそうです。
>利率は103%、銀行に預けておくより得だと言われましたが

利率ではなく、返戻率は103.8%ですね。
http://mirukoko.net/kojin-nenkin/504.html

利率に換算すると、0.34%です。これは銀行預金と比較できる割合です。
一括払いなら率はもっと良くなります。

はっきり言うと、もっと良い個人年金がありますのでそちらを調べたほうがいいです。

質問者様が年金受給者であれば、銀行には年金定期預金があります。
0.34%はその年金定期と同じレベルです。

>また、提案されたのは「個人年金保険」なので残念ながら保障は付いていません。

個人年金は保障(特約)をつけると返戻率が落ちるのでおすすめしません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>もっといい個人年金があります。

調べてみます。
ありがとうございました!

お礼日時:2015/11/15 15:04

単純な金利だけでなく、


10年間の万が一に備えた補償ですよ。

総支払額2,888,820を一括で入金したとして
1.038倍、+111,180にもなります。

金利の良い仕組み預金でも
300万預けて10年後でも約169,690円(税引き後)です。
しかも最近は、満期日が3年で繰り上がることが多いです。

http://www.shinseibank.com/powerflex/structure/p …

http://teikiyokin.com/kiso/manki_hantoshi.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

>満期日が3年で繰り上がる
というのは具体的にどういう意味なのでしょうか?
ごめんなさい、専門用語がまったく分からないので。

また、提案されたのは「個人年金保険」なので残念ながら保障は付いていません。

教えてくださった貯蓄は一括で支払った場合の定期預金ですよね。
一括で支払う余裕はないので、月々21.885円の支払いになります。

年末調整の税金控除の対策にもなると言われたのですが、それで実際どのくらい税金が返ってくるのかも分かりません。
地道に貯金したほうがいいのでしょうかねぇ?

お礼日時:2015/11/08 15:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q貸付利率の計算方法

貸付利率・残高・日数から利息金額を計算する方法
(残高×貸付利率÷365×日数=利息金額)は、
分かるのですが、
利息金額・残高・日数から貸付利率を計算する方法が分かりません。

どなたか分かる方いらっしゃいましたら、教えてください。。

Aベストアンサー

数学的には、数式を逆算して
利息金額÷残高×365÷日数
で求められるわけですが、
実際の利息計算では小数点以下が切り捨てられているので、
計算結果の数字から適用利率を推測してください。

例)100,000円×0.05×30/365=410  の場合、逆算すれば
  410÷100,000×365/30=0.04988 
  これから0.05すなわち5%を類推する。

Q変額個人年金保険は、「個人年金保険料」ではない?

保険料控除申告について質問です。

変額個人年金保険の保険料については、「個人年金保険料」ではなく、「一般の生命保険料」の対象になるとのことですが、
それは、どういった理由なのでしょうか?

特約もなく、60歳からの支給ですので、年金に違いないと思うのですが・・・

Aベストアンサー

個人年金保険料控除を受けるための要件
1 年金受取人が、保険料を支払う本人かその配偶者であること。
2 保険料の払い込み期間が10年以上であること。
3 確定年金、有期年金の場合は、年金支払日の被保険者の年齢が60歳以上で、
支払期間が10年以上であること。
ですね

どれか要件を満たしてないんです

Q利率を知りたいので計算方法を教えて下さい

 宜しくお願い致します。

ある外貨の保険なんですが、

 30年間で100万円支払い、それが30年後に200万円になってると仮定して、その200万円を年金で30年間で総受取額が400万円になったと仮定して、

 この満期金額が200万円の利率の計算式は?
 
 また総受取額が200万円が400万円になるので利率の計算式は?

 保険なので複利運用されます。

 宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>この満期金額が200万円の利率の計算式は?

月払いとすると、毎月の支払い額は100万円÷30年÷12ヶ月=2,778円
ひと月当たりの利率をrとし、月複利とすると、計算式は、
200万円=2,778(1+r)+2,778(1+r)^2+2,778(1+r)^3+…+2,778(1+r)^(30×12)
ここで^の記号はべき乗(るい乗)を表しています。
この式は手計算では求められません。
ExcelのIRR関数で求めると、月利0.35%(年利4.2%)となりました。


>また総受取額が200万円が400万円になるので利率の計算式は?

総額400万円を30年間、毎月同額で受け取るとすると毎月の受取額は、400万円÷30年÷12ヶ月=11,111円
ひと月当たりの利率をrとし、月複利とすると、計算式は、
200万円=11,111/(1+r)+11,111/(1+r)^2+11,111/(1+r)^3+…+11,111/(1+r)^(30×12)
これも手計算では求められません。
ExcelのIRR関数で求めると、月利0.44%(年利5.3%)となりました。

>この満期金額が200万円の利率の計算式は?

月払いとすると、毎月の支払い額は100万円÷30年÷12ヶ月=2,778円
ひと月当たりの利率をrとし、月複利とすると、計算式は、
200万円=2,778(1+r)+2,778(1+r)^2+2,778(1+r)^3+…+2,778(1+r)^(30×12)
ここで^の記号はべき乗(るい乗)を表しています。
この式は手計算では求められません。
ExcelのIRR関数で求めると、月利0.35%(年利4.2%)となりました。


>また総受取額が200万円が400万円になるので利率の計算式は?

総額400万円を30年間、毎月同額で受け取...続きを読む

Q個人年金保険の予定利率引き下げ、解約か・継続か?

現在私が加入している個人年金の予定利率が引き下げになります。
(1.75%→1.25%)
加入期間はもうすぐ11年目になり、毎月1万円の積み立てです。

保険会社に電話で次のような質問をしました。
「現契約を解約し、新たに個人年金に加入するのと、現契約を継続するのではどちらが得か?」

保険会社の回答は「今すぐお金(一時金)が必要でなければ継続した方が得」ということでした。

現行の契約を継続するのと、一度解約し、新規契約するのとどちらが得なのでしょうか?
また、他に良い案はないものでしょうか?

Aベストアンサー

もしかして勘違いされているかもしれませんので、一応書きますと、

「予定利率」とはそのときに預けたお金をその利率でずっと運用します。

という意味です。
「予定利率を引き下げる」というのは、次の2つの場合があります。

a)今後預けるお金については引き下げられた予定利率で運用します。
  過去預けた分ついてはそのときの予定利率でそのまま運用します。

b)過去預けた分の予定利率まで引き下げます。

で、普通はaを意味します。というのも昔はbのようなことはそもそも認められていなかったし、去年ようやくbが出来る法律は出来ましたが、どの保険会社も適用するようなことは言っていません。
ご質問者の保険会社がbの暴挙(?)を行うとはとても思えませんが、、、(簡単には出来ず保険会社が破綻しそうなときにのみ可能ですから)

Q利息再計算時の遅延利率

過払い請求する為に利息を再計算しています。
返済期日が遅れた為、遅延利息が発生した場合、利息再計算する場合はどのようにして計算すれば良いのでしょうか?

また、利息制限法に基づいて、遅延利息も計算する場合、遅延利率は何%になるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

遅延損害金は無視して、遅延した部分も、通常の法定利率で計算してかまいません。

元金がマイナスになる前であっても、契約に比べて過剰な返済をしているのですから、違法な利率に基づいて計算された返済額・返済期日に遅れたからといって、直ちに遅延とみなせるか疑問があります。

そういったことを考慮すると非常に面倒なことになるので、貸金業者も通常、遅延損害金の主張はしません。

Q個人年金保険や年金共済の控除について

ちょうど年末調整の時期になって思ったのですが、年金保険に入ってないと税金が返ってこないから損?なんて・・・
サラリーマンのダンナ40才が個人年金保険に入ってません。
もしも年金保険に入ってたら最大で10万円の控除をしてくれるというのは分かってるのですが、控除された後に戻ってくる額がどれくらいなのか例での計算方法をおしえて欲しいです。
例えば年収400万だったら。500万だったら。という感じで。
漠然すぎてそういうのはできませんか?
ちんぷんかんぷんなことを言ってたらすみません。

Aベストアンサー

既に他の方が書かれている通り、最大で10万円というのは、一般分で控除額が最大5万円(支払い保険料で言えば10万円以上、以下同じ)、個人年金分で同じく控除額が最大5万円で、合わせて10万円という事になります。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/1140.htm

ですから、新たに個人年金保険に入られた場合に増える控除額は最大5万円という事になります。

実際の税額は、所得によりますが、給与収入500万円であれば、それから給与所得控除額や、社会保険料控除等の所得控除額を控除して課税所得金額を求めますので、税率区分で言えば10%で変わりない事となります。
今年については、定率減税が10%減額がありますので、実質は控除額の9%が所得税が減る目安になると思います。
(仮に5万円であれば、4,500円という感じです)
http://www.taxanswer.nta.go.jp/1410.htm
http://www.taxanswer.nta.go.jp/2260.htm

Q利息から利率の計算

お恥ずかしいのですが、今キャッシングでお金を借りています。
利息制限法を知り計算したいのですが、相手から送られて来た証明書には利息が計算されており、利率が書いてありませんでした。取引金額、利息金額、残高で利率はでますか?

Aベストアンサー

期間が要ると思います。

以下はいかがでしょうか。

http://reikun.fc2web.com/risoku.html

Q毎月の保険料について

いつもお世話になっています。
31歳会社員で主婦です。
夫は32歳でもうすぐ6歳になる娘がいます。

普段から気になってはいるけど、なかなか他人には聞きづらいのでここで質問させて下さい。

我が家は毎月の保険料が高いとおもっているのですが他のご家庭ではどのくらいなんでしょうか。

夫生命保険1万、夫個人年金保険1万2千、妻生命保険1万、妻個人年金保険1万3千、子供学資保険1万5千、子供生命保険3千、車保険3千、合計5万以上です。

夫も私も毎月の手取りは25万くらいで二人で50万ほどです。
年収は二人合わせて1千万くらいです。
4500万で買ったマンションのローンと管理費などで15万、単身赴任している夫への送金10万、その他カード支払い分、食費、光熱費、雑貨費、保育園代などがかかっています。
ボーナス月にはプラス20万ローン支払いがありますし、固定資産税も年間14万くらいかかっています。

こんな収支状況での5万以上の保険代はバランス的にどうなんでしょう。
ちなみに掛け捨てではなくすべて貯蓄型?です。
旦那の母が保険外交員なのでそこで加入している分と私の先輩のつながりで加入しているのでどちらも解約はしづらいのですが、それ以上に途中解約は損だと思っています。

上記保険料以外としては5万5千円を毎月強制積立貯金していますが、保険料の支払い割合を減らして貯金にまわすべきでしょうか。
それとも保険=貯金(貯蓄)とみなして現状維持でも大丈夫なものでしょうか。

個人年金や学資保険は貯蓄性が高いですが、生命保険は支払った分が全て戻るわけではないので心配です。

いつもお世話になっています。
31歳会社員で主婦です。
夫は32歳でもうすぐ6歳になる娘がいます。

普段から気になってはいるけど、なかなか他人には聞きづらいのでここで質問させて下さい。

我が家は毎月の保険料が高いとおもっているのですが他のご家庭ではどのくらいなんでしょうか。

夫生命保険1万、夫個人年金保険1万2千、妻生命保険1万、妻個人年金保険1万3千、子供学資保険1万5千、子供生命保険3千、車保険3千、合計5万以上です。

夫も私も毎月の手取りは25万くらいで二人で50万ほどです。
年収...続きを読む

Aベストアンサー

保険はいざという時に大きな出費がないように掛けておくべきものです。なので保険料だけで判断することは出来ず、必要な保険金額で掛けるものです。また、その保険料が掛け捨てでなく、積み立て部分があるならそれを除かないと判断出来ないのもあります。なお、十分な貯蓄があるなら、保険自体が必要ないという考え方もあります。

自分で判断出来ないなら、ファイナンシャルプランナー等に相談するのも良いでしょうか。

Q引き直し計算の利率入力について

こんにちは。
引き直し計算の利率の入力について教えて下さい。

最初、10万以下の借り入れから始まり、借入金の合計が9万の時に枠が増え、その時の取引履歴は一度9万返済し、返済したその日に再度9万借り入れと取引履歴に印刷されていました。
それから3万借り入れして借入金の合計は10万を超え、その後1万返済しています。

10万以上になったら、入力する利率は20%から18%になると思うのですが、外山式で金額を入力していたら(金額と日付を入力すると、利率が自動的に変わるのですが)3万借り入れ時の利率は20%のままで、1万返済時に利率が18%になっていました。
名古屋式は利率をこちらで入力する必要がありますが、利率が18%になるのは外山式と同じく1万返済時なのか、それとも10万以上になった3万借り入れ時なのかがわかりません。

どなたか詳しい方がいらっしゃったら教えて下さい。

Aベストアンサー

始めまして
最終貸付残高は幾らですか?
トータルで枠も含めて幾らか。
例えば最初は5万借りて完済し10万以上の枠になった場合18%の利率になると思うのですが?
私は弁護士さんにそう伺っています。
ですので、自然と
1年の利息=借金額×18%
1日の利息=1年の利息÷365日
1ヶ月の利息=1日の利息×日数(各社異なる)
これで利息の計算が出来るはずです。

参考サイト載せておきます。
私の計算方法でも参考サイトでも同じ結果になります
計算法は参考サイトのほうが簡単だと思います

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1419391.html

Q変額個人年金保険の保険証券に書いてある『ユニット数』って何?

変額個人年金保険を契約してみました。
保険証券には『ユニット数』なるものが書かれています。
このユニット数とは何のことですか。
それから「長期運用による複利効果…」という説明を受けました。
複利効果とは、このユニットの数が増えて行くことなのですか。

Aベストアンサー

> 保険証券には『ユニット数』なるものが書かれています。
 私もよく分かりませんので、こちらをご参考になさってください。
http://www.tmn-financial.co.jp/product/vul_pl/VUL_PL-gaiyou.html

> それから「長期運用による複利効果…」という説明を受けました。
 配当金や利息を再投資に廻す事で、最終受取額が大きくなるのが「複利効果」。例えば年7%の運用率で10年間運用すると、受取額は当初元本の約2倍になりますが、毎回、配当金を受けていると受取額は当初元本の1.7倍です。 
更に、短期で考えた場合は、色々なリスクにより実質価値が目減りする危険性が高いが、長期期間で見た場合には(簡単な統計上)リスクは分散されるので、安定した運用となるという考えがそこに加わっております。


人気Q&Aランキング